「ルーシー・リュー」タグアーカイブ

新世紀SFアクション『フューチャーワールド』スーキー・ウォーターハウス場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 『マッドマックス』シリーズ、『ブレードランナー』シリーズに続く、戦慄の新世紀SFアクション『フューチャーワールド』が6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開する事が決定し、この度、本作に出演している人気モデル、スーキー・ウォーターハウスの場面写真が解禁となりました!

そして!!
本作の鍵となる美しきアンドロイドのアッシュを演じるのは人気モデル、スーキー・ウォーターハウス。
ウォーロードによって永い眠りから目覚め、命令であれば何でも従う従順な美しきアンドロイドを体当たりで演じています。スーキー自身は、ロンドン出身で国際的に有名な整形外科医の父を持ち、彼女を含めた三姉妹全員がモデルという超セレブ!ベビーフェイスでありながら幼少期から始めた空手は茶帯をもち、本作でも圧巻のアクションを披露!プライベートでは人気俳優のブラッドリー・クーパーとの17歳差の真剣交際で結婚間近と注目を集めるも破局、現在は『レスラー』、『ブラック・スワン』で知られるダーレン・アロノフスキー監督との23歳差(!)の熱愛が噂されています。近年はモデルだけでなく女優としても活躍し、『あと1センチの恋』や『ダイバージェント』シリーズ、『高慢と偏見とゾンビ』などに出演、今後はポケモンの実写版『Detective Pikachu(原題)』(19年公開予定)などの話題作も控えています。
この度、解禁となる場面写真では、大胆にダメージ加工されたファッションで椅子に座る姿や裸にブランケットを巻き、思いつめた表情のセクシーなアッシュの様子が映しだされています。

映画情報どっとこむ ralph フューチャーワールド

公式サイト:
http://fw-movie.com/

本作は、第75回ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験もある実力派俳優のジェームズ・フランコが主演・監督を務め、第三次世界大戦後の荒廃した未来世界を舞台に、本能を剥き出しにした人間たちの生き残りをかけた戦いを壮大なスケールで描くSFアクションです。

灼熱の砂漠を舞台に、残された資源や土地を暴力で支配する傍若無人な侵略者、ウォーロード役に、『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』で人気を博し、シリアスな役からコメディ作品まで幅広く演じる注目の俳優ジェームズ・フランコ。薬物が蔓延した<ドラッグ・タウン>を統治する女王ドラッグロード役に『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズで絶大な人気を誇るミラ・ジョヴォヴィッチ。平和主義の人々が集う避難所<オアシス>のリーダー、クイーン役に、日本でも大ヒットを記録した『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズのルーシー・リュー。その他にもヒップホップ界の生きる伝説、カリスマ・ラッパーのスヌープ・ドッグや「ウータン・クラン」のメソッド・マンなどハリウッドを代表する豪華スターたちが集結!

物語・・・
水もガソリンも秩序も失った、第三次世界大戦後の荒廃した未来――。平和主義の人々が暮らす避難所<オアシス>を統治するクイーン(ルーシー・リュー)は難病に倒れ、その特効薬が遥か遠方の地“命の寺”にあることを知った息子のプリンス(ジェフリー・ウォールバーグ)は、一丁の銃を手に、旅立つことを決意する。だが、その道中、残された土地と資源を支配している傍若無人な侵略者ウォーロード(ジェームズ・フランコ)と美しくも破壊的なロボットのアッシュ(スーキー・ウォーターハウス)に出会ってしまい、荒れ果てた土地を進む、命知らずの旅へと巻き込まれていく──。

***********************************

監督:ジェームズ・フランコ、 ブルース・ティエリー・チャン  
出演:ジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』)/スーキー・ウォーターハウス/ジェフリー・ウォールバーグ/ルーシー・リュー(『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズ)/ミラ・ジョヴォヴィッチ(『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズ)他
2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/88分
配給:プレシディオ
©2018 FW PRODUCTIONS, LLC


スヌープ・ドッグ&メソッド・マン!ヒップホップ界の伝説共演!『フューチャーワールド』


映画情報どっとこむ ralph 『マッドマックス』シリーズ、『ブレードランナー』シリーズに続く、戦慄の新世紀SFアクション『フューチャーワールド』が6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります!

この度、本作に出演している伝説的ラッパーのスヌープ・ドッグ、メソッド・マン(ウータン・クラン)の場面写真が解禁となりました!


灼熱の砂漠を舞台に、残された資源や土地を暴力で支配する傍若無人な侵略者、ウォーロード役にジェームズ・フランコ。

薬物が蔓延した<ドラッグ・タウン>を統治する女王ドラッグロード役にミラ・ジョヴォヴィッチ。

平和主義の人々が集う避難所<オアシス>のリーダー、クイーン役に、ルーシー・リュー。


本作の鍵となる美しきアンドロイド、アッシュ役を注目のモデル、スーキー・ウォーターハウスが体当たりで熱演。ハリウッドを代表する豪華スターたちが集結しています!



映画情報どっとこむ ralph そして!

本作にはジェームズ・フランコとも親交があるヒップホップ界の生きる伝説も出演!

女性たちを奴隷として働かせる酒場”ラブ・タウン”を経営するラブロード役には、ヒップホップ界の番長として数々の伝説をもち、人気歌手のファレル・ウィリアムスやケイティ・ペリーとのコラボレーションでも注目を集める、カリスマ・ラッパーのスヌープ・ドッグ!

ウォーロード率いる悪の軍団の一員で、顔の刺青とド派手なファッションが印象的なタトゥー・フェイス役をRZA率いる世界的ヒップホップ・グループ「ウータン・クラン」の中心的メンバーであり、『靴職人と魔法のミシン』(15)など俳優としても活躍中のメソッド・マンが演じています。

アメリカの東西海岸を代表するラッパーが共演する本作に是非ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph
フューチャーワールド

が6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります!

公式サイト:
http://fw-movie.com/

物語・・・
水もガソリンも秩序も失った、第三次世界大戦後の荒廃した未来――。平和主義の人々が暮らす避難所<オアシス>を統治するクイーン(ルーシー・リュー)は難病に倒れ、その特効薬が遥か遠方の地“命の寺”にあることを知った息子のプリンス(ジェフリー・ウォールバーグ)は、一丁の銃を手に、旅立つことを決意する。だが、その道中、残された土地と資源を支配している傍若無人な侵略者ウォーロード(ジェームズ・フランコ)と美しくも破壊的なロボットのアッシュ(スーキー・ウォーターハウス)に出会ってしまい、荒れ果てた土地を進む、命知らずの旅へと巻き込まれていく──。

***********************************

監督:ジェームズ・フランコ、 ブルース・ティエリー・チャン  
出演:ジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』)/スーキー・ウォーターハウス/ジェフリー・ウォールバーグ/ルーシー・リュー(『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズ)/ミラ・ジョヴォヴィッチ(『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズ)他

2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/88分
配給:プレシディオ
© 2018 FW PRODUCTIONS, LLC


ジェームズ・フランコ VS ミラ・ジョヴォヴィッチ 新世紀SF『フューチャーワールド』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『マッドマックス』シリーズ、『ブレードランナー』シリーズに続く、戦慄の新世紀SFアクション『FUTURE WORLD(原題)』が、邦題を『フューチャーワールド』として6月23日(土)新宿バルト9ほか全国公開する事が決定しました。

人類の行き着く先は”楽園”か、それとも。

本作は、第75回ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験もある実力派俳優のジェームズ・フランコが主演・監督を務め、第三次世界大戦後の荒廃した未来世界を舞台に、本能を剥き出しにした人間たちの生き残りをかけた戦いを壮大なスケールで描くSFアクションです。



灼熱の砂漠を舞台に、残された資源や土地を暴力で支配する傍若無人な侵略者、ウォーロード役に、『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』で人気を博し、シリアスな役からコメディ作品まで幅広く演じる注目の俳優ジェームズ・フランコ。

薬物が蔓延した<ドラッグ・タウン>を統治する女王ドラッグロード役に『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズで絶大な人気を誇るミラ・ジョヴォヴィッチ。

平和主義の人々が集う避難所<オアシス>のリーダー、クイーン役に、日本でも大ヒットを記録した『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズのルーシー・リュー。

また、映画祭ノミネートなど経験豊かなチームが造形を手がけた、本作の鍵となる美しきアンドロイド、アッシュ役を注目のモデル、スーキー・ウォーターハウスが体当たりで熱演。

この度、解禁となったポスタービジュアルには、劇中で敵対するグループのリーダーを演じたフランコ、ミラ、ルーシーの三名がそれぞれ印象の異なる表情を浮かべ

「人類の行き着く先は”楽園”か、それとも――」

というコピーを表すかのように、フランコ演じる侵略者、ウォーロードが角の生えたマスクを被りながらバイクに乗り、悪の軍団を引き連れ、熱砂を疾走する様子も描かれています。

公式サイト:
http://fw-movie.com/

物語・・・
水もガソリンも秩序も失った、第三次世界大戦後の荒廃した未来――。平和主義の人々が暮らす避難所<オアシス>を統治するクイーン(ルーシー・リュー)は難病に倒れ、その特効薬が遥か遠方の地“命の寺”にあることを知った息子のプリンス(ジェフリー・ウォールバーグ)は、一丁の銃を手に、旅立つことを決意する。だが、その道中、残された土地と資源を支配している傍若無人な侵略者ウォーロード(ジェームズ・フランコ)と美しくも破壊的なロボットのアッシュ(スーキー・ウォーターハウス)に出会ってしまい、荒れ果てた土地を進む、命知らずの旅へと巻き込まれていく──。


監督:ジェームズ・フランコ、 ブルース・ティエリー・チャン  
出演:ジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』)/スーキー・ウォーターハウス/ジェフリー・ウォールバーグ/ルーシー・リュー(『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズ)/ミラ・ジョヴォヴィッチ(『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズ)他
2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/88分
配給:プレシディオ
© 2018 FW PRODUCTIONS, LLC