「ルパート・サンダース」タグアーカイブ

『ゴースト・イン・ザ・シェル』衣装製作現場の裏側特別映像が到着


映画情報どっとこむ ralph 実写映画化決定のニュースは世界中を駆け巡り、その動向は世界中から注目を集めていた、SF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』。

ゴースト・イン・ザ・シェル』が、4月7日(金)に全国公開となります。


この度、「俳優は衣装に袖を通して初めてキャラクターになりきれる」と熱弁するほど、ルパート・サンダース監督がこだわリ抜いた衣装の製作現場の裏側を映し出す特別映像が到着しました。



「攻殻機動隊」の大ファンであるルパート監督がシリーズへの敬意を払いつつ独自のビジョンを形成し、圧倒的スケールと世界観でSF映画の新たな歴史を刻んだ本作。衣装デザインを担当したバート・ミューラーが

ミューラー:衣装は監督の視覚センスが根底にある。

説明するように、デザインのあらゆる面に携わったというルパート監督が

ルパート監督:俳優は衣装に袖を通して初めてキャラクターになりきれるんだ。

と強調していることからも、映画をつくる上で衣装に対して並々ならぬこだわりをもっていることがわかります。また、カートと共に衣装デザインを担当したバート・スワンソンが

スワンソン:アニメ版『攻殻機動隊』に敬意を表しつつ、同時に特徴的で記憶に残るものを目指した。

と語っていることからも、ルパート監督のビジョンを形にしようとチーム一丸となって本作に取り組んだ様子も窺える本映像。

映画情報どっとこむ ralph
特にスタッフ陣が注力したのが芸者ロボットの衣装。

「伝統的、そして非伝統的な要素を混在させた。特に“帯”はとても伝統的だ。帯は従来の手法で作ったが、デザインは独自のものだ。電気回路のような模様で顔にも同じものがある」

と日本文化を基礎に新たなアイデアを加えたことを明かすカートとバートですが、

続けて

「芸者(ロボット)のマスクはシリコンも考えたが、髪の毛も含めて硬質のものになった。美しい仕上がりだ」

とも語っていて、より妖艶さと不気味さが見事にマッチした芸者ロボットについて

ルパート監督:恐ろしいキャラクター!

とその渾身の出来に自信を覗かせています。

ルパート監督:芸者が着ける固いマスクの髪の部分には、ファンがあって、風がおくられる。

と演者の為の工夫も凝らしたことを明かすルパート監督ですが、映像内では、芸者ロボットを演じた福島リラがマスクと衣装を身に纏い、実際に演じている場面も確認できます。

映画情報どっとこむ ralph
少佐の代名詞ともいえる、姿を消すことができるスーツ“光学迷彩”は、5度のアカデミー賞受賞経験を持つ特殊効果担当のサー・リチャード・テイラーのチームの協力のもと製作。

機能的かつスタイリッシュな仕上りとなった光学迷彩を見たカートは

カート:まさに衣装にとっての新たなテクノロジーだろう。これを着たヨハンソンは魅力的だ。

と絶賛!初めて全身シリコン製のスーツを作ったリチャードもまた

リチャード:アーティストとして、私たちはこのプロジェクトに参加せずにいられなかった。観客は魅力的なキャラクターに溢れた独自でダイナミックな世界を目にする。他に類を見ないだろう。

と喜びを語っています。

映画情報どっとこむ ralph ゴースト・イン・ザ・シェル

公式サイト:http://ghostshell.jp/
公式twitter:@ghostshell_JP

Introduction
近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。
自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。―本当の自分は誰なのか?
犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。

***********************************

監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール 
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ ほか

邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL
公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.


『ゴースト・イン・ザ・シェル』<数量限定>限定シネマイレージカード登場!!


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月には、東京で世界最速のワールドプレミアが開催され、スカーレット・ヨハンソン、ピル—・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が満を持して来日!

ビートたけしら日本人キャストとともに記者会見およびレッドカーペットに登場し、全世界へむけ本作の完成とお披露目を華々しく宣言した豪華絢爛のイベントが脚光を浴び、

期待がさらに高まっている『ゴースト・イン・ザ・シェル』が、4月7日(金)に全国公開となります。


そして!!
この度、本作の公開を記念して、TOHOシネマズで好評を博している、TOHOシネマズの会員カード“シネマイレージカード”に、『ゴースト・イン・ザ・シェル』海外版オリジナルデザインの “シネマイレージカード”が、2017年3月25日(土)より、数量限定で発行開始することが決定いたしました!!

日本のコミックをイメージした、超絶クールな仕上がりとなっている本デザイン。
数量限定です!


映画情報どっとこむ ralph TOHO シネマズ『ゴースト・イン・ザ・シェル』オリジナルデザイン“シネマイレージカード”概要

【発行開始】:3月25日(土)~
【実施劇場】:全国のTOHOシネマズシネマイレージサービス対象劇場にて実施
※一部劇場を除く
【入会金】:500円
※数量限定となります。ご了承下さいませ。
※実施劇場はTOHOシネマズホームページにてご確認下さい。

▼「ゴースト・イン・ザ・シェル」限定シネマイレージカードの詳細はこちら

映画情報どっとこむ ralph 【Introduction】

近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課が
サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。
自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。―本当の自分は誰なのか?
犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。



ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL

公式サイト:http://ghostshell.jp/
公式facebook:@GhostInTheShellMovieOfficial/
公式twitter:@ghostshell_JP

***********************************

監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール 
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハンandジュリエット・ビノシュ

公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ
(c) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
       


『ゴースト・イン・ザ・シェル』押井守が本作に太鼓判映像


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月。
東京で世界最速のワールドプレミアが開催され、スカーレット・ヨハンソン、ピル—・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が満を持して来日!ビートたけしら日本人キャストとともに記者会見およびレッドカーペットに登場し、全世界へむけ本作の完成とお披露目を華々しく宣言した豪華絢爛のイベントが脚光を浴び、期待がさらに高まっている『ゴースト・イン・ザ・シェル』が、4月7日(金)に全国公開となります。

この度、撮影現場に訪問した『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の押井守監督が、

押井監督:間違いなく今までの攻殻の中でいちばんゴージャスな作品。

と興奮を隠しきれない様子でコメントを寄せる特別映像が到着しました!!

押井監督: 『攻殻機動隊』の歴史に名を連ねることを誇りに思っている。彼らにも私たちのプロジェクトの一部になってもらうことを願っていた。

と語る、攻殻機動隊シリーズの大ファンであると公言するルパート監督ですが、製作に関わるスタッフ陣は、脚本、製作、そして撮影を通して、インスピレーションを得るべく、何度もコミックとアニメに立ち返ったといい、香港での撮影現場には押井監督やテレビシリーズの監督である神山健治を招待。

映画情報どっとこむ ralph 本映像では、その時の現場の様子の一部が映し出されています。



映像内では押井監督に対しリスペクトを込め、

ルパート監督:彼が想像した世界は本当に壮観だ。

と語り、そんなルパート監督の作品づくりにおける真摯で情熱的な姿勢にはスカーレット・ヨハンソンも感銘を受けた様子で

ヨハンソン:ルパートにはビジョンがある。今までにない体験だったわ。

と振り返っており、押井監督もまた、実際に撮影現場を訪れたことで心に響くものがあったようで、

押井監督:ルパートは彼のバージョンの物語を作っている。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph
続けて押井監督は

押井監督:スカーレット・ヨハンソンの素子(※本作では“少佐”)を、1本通して最後まで観てみたい。僕が想像した以上に、(少佐の)役になっていると思います。間違いなく今まで作られた”攻殻”の中で、一番ゴージャスな作品になると思います。

と断言!さらに、心と体が統一されていないキャラクターを表現するスカーレットの能力に

押井監督:少佐には凶暴で、好戦的な側面もあるが、不安に苛まれてもいる。彼女はまったくの人間でもなければ、まったくのロボットでもない。スカーレットはそれを目で表現することができる。彼女は僕が描いたキャラクターとかなり近い。この役は彼女のための役で、他の誰も演じることができなかっただろう。

と賛辞を送っています。

映画情報どっとこむ ralph 攻殻機動隊シリーズにおいて、大きな説得力を持つ人物の1人である押井氏が太鼓判を押す本作。

ルパート監督が最後に「誰も見たことのない世界だ」と豪語する、史上最もゴージャスな”攻殻”=『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開が待ちきれなくなること間違いなし!

ゴースト・イン・ザ・シェル

公式サイト:http://ghostshell.jp/
公式twitter:@ghostshell_JP

Introduction
近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。
自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。―本当の自分は誰なのか?
犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。

***********************************

監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール 
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ ほか

邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL
公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
     


とある有名人の顔面をハック!動画映像『ゴースト・イン・ザ・シェル』


映画情報どっとこむ ralph かねてより「私のお気に入りの作品」だと公言するスティーブン・スピルバーグが2009年に実写映画化権を獲得、ハリウッド実写映画化決定のニュースは世界中を駆け巡り、その動向は世界中から注目を集めていた、SF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の映画化。

ゴースト・イン・ザ・シェル』が、4月7日(金)に全国公開となります。

先日主演のスカーレット・ヨハンソンやビートたけしらが出席した六本木でのワールドプレミアが大変盛り上がった本作ですが・・・
プレミアの模様

この度、最先端プロジェクションマッピング技術を駆使した、本作をイメージした謎の顔面ハッキングティザー映像を解禁いたします!!

電脳化、全身義体などが日常化している近未来を舞台に、パソコンの機能を備えた脳と機械の身体を持つ自分の自分たらしめる魂(=映画版、アニメ版では“ゴースト”と表現)はどこにあるのかというテーマも含まれる本作。
フェイシャルマッピングは、海外ではデジタルメイクアップと呼ばれることがあり、<化粧>という行為自体が、人の思考世界“ゴースト”と深い関係性を持っていることから、最先端のテクノロジーを駆使する映像クリエイティブカンパニー “P.I.C.S.” とのプロジェクトが実現!

映画業界とのコラボーレーションは初の試みとなります。

映画情報どっとこむ ralph そして、今回のプロジェクトでは、”P.I.C.S.” がハッカーとなり、とある有名人の顔面をハック!
解禁された映像では、その有名人の顔が様々なものにハッキングされる様子が映し出されています。



近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課が
サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。
自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。―本当の自分は誰なのか?
犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。

公式サイト:
http://ghostshell.jp/

公式twitter:
@ghostshell_JP

過去記事:ワールドプレミア記者会見

eigajoho.com/?p=66270

***********************************

監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハンandジュリエット・ビノシュ

邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL
公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.


『ゴースト・イン・ザ・シェル』押井守監督版声優陣が吹き替え決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ゴースト・イン・ザ・シェル』が、4月7日(金)に全国公開となります。
この度、押井守の監督映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』での集結から22年、その続編にあたる『イノセンス』や神山健治のTVアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」などで声優を努めた、田中敦子さん(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役)、大塚明夫さん(バトー役)、山寺宏一さん(トグサ役)がハリウッド実写版にて、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』から6年ぶりに同役で吹き替えを務めることが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 現在公開されている日本版の予告映像では、タイトルコールを田中敦子さんと山寺宏一さんが担当しており、正式に発表はしていないものの、ファンは即反応!SNS上では密かに話題を呼んでいました。吹き替え版がつくられる際には、是非アニメ版のキャストを!という声が多くあがっていましたが、今回そんなファンの期待を裏切らない粋なキャスティングが実現!

日本で生まれた漫画やライトノベル、小説などを原作とし、ハリウッドで実写映画化されてきた作品の中で、アニメーション作品で声優を務めたキャストがハリウッド作品の実写映画においても同じ役で吹替を務めるということは、史上初の試みとなり、『攻殻』ファンのみならず、日本のアニメ界においても、このような“逆輸入”作品でのキャスティングは非常に画期的な取り組みです。

映画情報どっとこむ ralph 今回再び同メンバーが集結したことについてキャスト陣は

田中敦子さん:少佐役:
ハリウッド版をオリジナルキャストで吹き替えられたことを心から嬉しく思っています。目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした。1995年の映画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』あの時からずっと草薙素子が側にいてくれました。でも相棒と言うのはおこがましいし、彼女は一番近いようで遠い存在でもあります。公安9課のメンバー(キャスト)は私の人生の宝物だと感じています。

大塚明夫さん:バトー役:
久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました。アニメがそのまま実写になったようなシーンもずいぶんあって、制作の方々の、原作やアニメ版に対してのリスペクトが伝わってきて、嬉しかったです。

山寺宏一さん:トグサ役:
他のメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました。


それぞれ感無量の様子でアフレコ収録の現場を振り返っています。しかしそんなキャスト陣に対して、

押井守監督:
大好きな作品の大好きなメンバーなので、実写化されたことでこういうチャンスを頂けて非常に嬉しく思います。自分の参加したアニメの作品が海外で実写化され、それを吹き替えるという経験は初めてだったので、ちょっと不思議でしたね。他のメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました。
世界的に評価の高い作品に参加できる事をすごく誇りに思いますし、世界に自慢したい作品です。
今回、そのことを改めて強く感じました。

この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じて欲しいです。
皆さんプロですから、不安はありませんし、楽しみとしか言いようがないですね。
実写版の吹き替えがどうなるのか、お手並み拝見です。

とコメントを寄せています。


北米ではいよいよ3月31日に公開を迎える本作ですが、公開に先駆け、日本を筆頭にワールドプレミアがスタートすること、
それに伴い、スカーレット・ヨハンソン、ピル—・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督の来日が決定したことが発表され大きな話題を呼んでいる本作。

ファンが歓喜に沸くこと間違いなしの吹き替え版と共に、全世界待望のSFアクション超大作に引き続き是非ご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph イントロ・・・
近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。

自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。―本当の自分は誰なのか?

犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。


ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL

公式サイト:
http://ghostshell.jp/
公式twitter:

***********************************


監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール 
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハンandジュリエット・ビノシュ ほか

公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.