「ルカ・グァダニーノ」タグアーカイブ

森山未來、みうらじゅん、石野卓球ら著名人から『サスペリア』どハマり絶賛コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督が、あの伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、2019年1月25日(金)より全国ロードショーとなります。

70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作。本年度ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映されると、すべての想像を超えた衝撃的すぎる内容に歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、<本年度最大の問題作>と大きな話題に。

監督は、77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファン。
オリジナルの設定やキャラクターをベースに、まったく新しい予測不可能な物語として構築。そして音楽を全プロデュースしたのは、劇判初となるレディオヘッドのトム・ヨーク。時に呪文の様に重なり合う音楽や、恐怖や哀愁を伝えるメロディーが作品に不穏な彩りを添え、かつてないホラー映画を誕生させました。

映画情報どっとこむ ralph この度、画家のヒグチユウコが、サスペリアへの想いが溢れ、描き下ろしたオリジナルイラストを制作。

本映画の製作サイド公認の「日本限定 ヒグチユウコ画ポスター」が完成いたしました!

ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”に夢と希望を胸にアメリカからやってきた主人公・スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)とカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の2種のイラストによるポスターが到着。先日来日したグァダニーノ監督にこのポスターを提供すると、「素晴らしい!!サインしてくれ!」とヒグチ氏のポスターを絶賛し、実際に持って帰国されました。


このイラストによるポスターに加え、デザイナー大島依提亜氏による「日本限定デザインポスター」も到着。

映画情報どっとこむ ralph そして!

ルカ・グァダニーノ監督が生まれ変わらせた新『サスペリア』に、著名人からの興奮と絶賛のコメントの数々が到着しました!

著名人からのコメント ※敬称略 順不同

森山未来(俳優・ダンサー)
この映画でおそらく最も重要な役割を担っている振付家、ダミアン・ジャレと何度か仕事をしている身としては、彼のプリミティブかつデモーニッシュな世界観がこんなにも生きる映画はもうないのではないかと思わせるほど。海外のコンテンポラリーダンス事情を少しでもわかる人にとっては、恐ろしいながらも何を観ているのだかわからなくなってきてなんだか笑けてくる、呪われた舞踏団を率いるなんとかバウシュの気持ちいいほどのぶっとびホラー。

夏木マリ(歌手・俳優・演出家)
大好きな世界
監督はグァダニーノ、
そして、ティルダ・スウィントン
トム・ヨーク、ダミアン・ジャレ
と来たら、エネルギーが凄まじいこと間違いなかった。
破壊と構築のアート
完全保存版をありがとう。

みうらじゅん(イラストレーターなど)
どれだけ観客を不安タスティックな気持ちにさせるか?
それがホラー映画の使命であるからして、サスペリアは堂々、不安タスティック映画祭最優秀作品賞を与えられるであろう。

石野卓球 (DJ / Producer)
決して皆んなで観た方がいいです。

Koji Nakamura (ミュージシャン)
新たに生まれ変わったサスペリアの新しい恐怖を深く味わうには、何度も映画館に足を運ぶ必要があるかもしれない。散りばめられた恐怖を繋げ合わせるように。

小島秀夫(ゲームクリエイター)
あのルカ・グァダニーノ監督の最新作だが、「君の名前で客を呼んで」はいけない。「サスペリアの名前で僕を呼んで」もいけない。
本作は、カップル向けホラーとは違う。まさにバレエ・ダンサーの如く、醜悪と美のギリギリの境界線を突いてくる、ルカ監督からダリオ・アルジェントへの返信(ラブレター)”Re:suspiria”なのだ。だから、”君”は、オリジナル版以上にトラウマを負うことになる。決して軽い気持ちで観ないように。ルカ好きの”僕”は、ひとりで観る。それ程までに悍ましい。

町山智浩(映画評論家)
タランティーノがこれを観て泣いたと聞いて、何言ってやんでえ、そんな映画じゃないだろ、と思ったが、実際に観たら、涙が頰を……。

瀧本幹也 (写真家)
まるで上質なアート作品や舞台を観ているよう!大胆な構図と不安を誘うカメラワークに魅了された!

西村佑子(魔女研究家)
ドイツ赤軍によるハイジャック事件と「再生」を求める「太古の母たち」の幻想世界とが見事に交錯。「唯一の母」の誕生は女性へのオマージュか。ホラーの枠では括れない作品。

ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン/美術家)
作品世界の恐怖ではない。 『君の名前で僕を呼んで』を世に出した人物が、この映画を産んでしまった恐怖と驚嘆に襲われる。

鶴田法男(映画監督)
映画作家が優れた作品のリメイクに挑んだときの姿勢としては非常に正しいけれど、観客を困惑させる悪魔のような作品がこのルカ・グァダニーノ監督の『サスペリア』だ。

映画情報どっとこむ ralph サスペリア

公式サイト:
gaga.ne.jp/suspiria

2019年1月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


物語・・・
1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved 


決してひとりでは見ないでください。『サスペリア』ティザーポスターが解禁


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督最新作は、あの伝説の傑作『サスペリア』(77年)の再構築。今作のタイトルにおいても、『サスペリア』(ギャガ配給)に決定。この度、ティザーポスターが解禁となりました。公開は2019年1月より全国ロードショーとなります。


――決してひとりでは見ないでください。――


今回解禁されたポスターは、真っ赤に染まった空間の中に、本作『サスペリア』の頭文字Sが毒々しく浮かび上がり、その不穏さから既に恐ろしい雰囲気が漂っています。メインコピーの「決してひとりでは見ないでください。」は、41年前のオリジナル版『サスペリア』公開時とまったく同じものを採用。映画鑑賞の常識を覆すようなこのコピーは、当時大人から子供まで一世を風靡したことでも知られるが、今回は文字が逆になるなどいびつな表現が、何かを表しているのかどうか、センセーショナルさを感じさせます。

さらに、本作の公開前に、12月には監督のルカ・グァダニーノの来日が決定です!!!

映画情報どっとこむ ralph サスペリア

公式サイト:
gaga.ne.jp/suspiria


70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作。

本年度のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されるや、上映後は観客総立ちの約8分間という圧巻のスタンディングオベーション!

しかし予想を超えるほどの衝撃的すぎる内容ゆえ歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、レビューサイトでも様々な議論が飛び交うなど、大きな話題に。

また、『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたルカ・グァダニーノ監督。

77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファンでもある監督の渾身の本作は、そのオリジナル版の監督であるダリオ・アルジェントも絶賛の太鼓判を押し、試写でいち早く観たクエンティン・タランティーノ監督はその完成度の凄さに、涙しながらルカ監督にハグをしたというニュースが駆け巡るなど、世界中で話題となっております。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ
©Courtesy of Amazon Studios
  
  


新宿シネマカリテにて『君の名前で僕を呼んで』歴代興行収入1位作品に!


映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテにて、『君の名前で僕を呼んで』が、同劇場の最高興行収入を更新し、歴代興行収入1位作品となりました。

劇場に2度3度と足を運ぶリピーターも多く、中には「10回以上劇場に足を運んでいる」という強者もおり、本作の人気の高さが伺えます。そして、公開から48日目にあたる6月14日、今年『グランド・ブダペスト・ホテル』を抜き同館の歴代興行収入記録を塗り替えた『勝手にふるえてろ』の興行収入25,353,900円を上回る25,545,200円を記録。同館の歴代興行収入1位を達成しました。


新宿シネマカリテの番組編成担当によると、

「公開直後に迎えたGW期間中は9日間連続で全回満席。GWが明けた平日も満席が続出し、豪華版パンフレットは入荷する度に即完売するなど、熱心な女性のお客様に支えられたことが大きかったのかと思います。ご覧になった方の反応も非常に良く、リピーターが多かったことも記録を更新した一因となりました。吹替版も大変ご好評いただきまして、字幕・吹替どちらもご覧になるお客様も多く見受けられました。『勝手にふるえてろ』に続き、今まで当館のことを知らなかったであろう新規のお客様が増えたことも、劇場として非常に喜ばしく、そういった意味でも思い出深い作品となりました。おかげさまでシネマカリテも5月の月間成績がオープンからの最高額となりました!」

と本作の興行についてコメント。

本作が熱心なファンの方たちに支持され、大きな話題となり、いかに劇場が賑わっていたのかが分かります。

映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテでは現在も本作を上映中。
今後も引き続き記録を更新していきそう!

君の名前で僕を呼んで
cmbyn-movie.jp

物語
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。


***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     


『君の名前で僕を呼んで』アーミー・ハマーへ ティモシー・シャラメ ざわつく恋心を語るコメンタリー映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 現在、公開中の『君の名前で僕を呼んで』。
賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です。

今回、主人公・エリオ(ティモシー・シャラメ)が、オリヴァー(アーミー・ハマー)へ恋心を抱いている事にはじめて気づく重要なシーンのコメンタリー映像を解禁!

主演のティモシー・シャラメが「ここはすごく重要なシーンだ」と語る本シーンは、原作では数ページにわたって繊細に描かれる場面だが、映画ではわずかな時間の触れ合い
ながら原作を忠実に再現している!

真っ昼間、野外でバレーボールを楽しんでいるエリオやオリヴァーと地元の人々。強い日差しの中、エリオがテーブルから取ってきた水を友達に渡そうとしたその瞬間、走ってきて横取りするオリヴァー。そのままエリオの肩に手をおき水を飲む。咄嗟にパッと離れるエリオだが、追ってきたオリヴァーは優しくエリオの肩に触れ、マッサージをする。

シーン自体は一見すると何気ない一瞬のふれあいだが、ティモシー・シャラメは、「ここはすごく重要なシーンだ。彼に惹かれていると感じる瞬間。戸惑う瞬間。このシーンにはかなり緊張してた。なぜなら原作は、2人のこの一瞬のふれあいを何ページも使って描いていたからだ。」と、本シーンについて語っている。

突然触れられた驚き、戸惑い、嬉しいのか、困惑しているのか、揺れているエリオの心情を、絶妙な表情と仕草で見事に表現しているティモシー・シャラメの演技力も光る、『君の名前で僕を呼んで』の中でも指折りの名シーンです!意図してなのか、意図せずにか、何気なくティモシーにタッチするオリヴァーの仕草も、混乱しながらも少し喜んでいるかのようにも見えるエリオの仕草も、見ているだけでドキドキが止まらない、ざわつく恋心を描いたシーンの裏側を語る貴重なコメンタリー映像となっています!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』

原題:Call Me By Your Name     
cmbyn-movie.jp

【INTRODUCTION】
世界各地の映画賞を多数受賞、アカデミー賞4部門にノミネートされ、見事脚色賞を受賞した本作。主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、「ディカプリオの再来」の再来と言われ今最も注目されている新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。刊行時から話題を集めた原作を脚色したのは、現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描きました。監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作です。

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)

出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか

2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム 
©Frenesy, La Cinefacture
   


『君の名前で僕を呼んで』リピーターキャンペーン実施決定!!


映画情報どっとこむ ralph 第 90 回アカデミー賞で 4 部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリ ー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

ゴールデン・グローブ賞主要 3 部門ノミネートを含む 92 部門の授賞&308 部門ノミネ ート、「映画レビューサイトのロッテントマトによる2017年度ベスト・レビュー映画NO.1輝かしい実績を持つ本作は、80年代の 北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれています。いよ いよ日本では明日 4 月 27 日(金)より公開となります。

いよいよ 4/27(金)の公開が間近に迫る映画『君の名前で僕を呼んで』。 本作を一足先にご鑑賞いただいた皆様から「こんなに美しい映画に出会ったのは 初めて。何度も観たいと思えた作品」」という声を多数いただき、また吹き替え版 上映についても「字幕と吹き替えと両方観たい」という熱い声も多数いただき、リ ピーターキャンペーンを実施することが決定いたしました!

劇場鑑賞券 2 枚一口でご応募いただいた方から先着 1000 名様にティモシー・ シャラメとアーミー・ハマーの貴重なオフショットをおさめた日本限定『君の名前で僕 を呼んで』オリジナルカード 4 枚セットを、
劇場鑑賞券 4 枚一口でご応募いただいた方から抽選で 10 名様に『君の名前で僕を呼んで』ポスター(B2サイズ)をプレゼント。

映画情報どっとこむ ralph リピーターキャンペーン

【応募締切】 2018 年 6 月 1 日(金)消印有効

【必要事項】 お名前、ご住所、年齢、電話番号、ご職業、劇場鑑賞半券 2 枚または 4 枚

【応募先】 〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1-11-2 代々木コミュニティビル 3F 「君の名前で僕を呼んで」プレゼントキャンペーン係

【注意事項】 ※ご応募できる半券は、作品名「君の名前で僕を呼んで」、鑑賞日時が明記された入場券の半券のみとなります。 ※前売り鑑賞券(ムビチケ)ではご応募できません。劇場にて当日券とのお引き換えの上、ご応募ください。 ※劇場鑑賞半券が剥がれているもの、確認できないものは全て無効とさせて頂きます。 ※全国キャンペーンとなりますので、どの劇場の半券でも応募可能です。 (複数の劇場の半券が混ざっていてもかまいません。) ※同日、同時刻の上映回半券については、複数枚でも一口として集計させて頂きます。 ※ご応募頂いた半券のご返却は出来兼ねます、予めご了承ください。 ※先着 1000 名様(オリジナルカード)、抽選 10 名様(B2 ポスター)の発表は発送をもってかえさせて頂きます。 ※応募事項が不明な場合は無効とさせて頂きます。 ※応募内容についてのご質問やお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 ※ご応募頂いた個人情報に関しましては、本キャンペーンのプレゼント発送のみに使用させて頂きます。 ※応募締め切り前でも先着に達した段階で締め切りとなりますのでご了承ください。 ※同日配送で先着に達した場合は、抽選とさせていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』
原題:Call Me By Your Name

cmbyn-movie.jp

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策し たり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)

出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール他 2017 年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132 分/PG12

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
©Frenesy, La Cinefacture