「ルカ・グァダニーノ」タグアーカイブ

初めて知る恋へと・・・『君の名前で僕を呼んで』ポスタービジュアル&場面写真が到着!


映画情報どっとこむ ralph 80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた『君の名前で僕を呼んで』が4月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテ 他にて全国公開いたします。

この度、ブルーの背景が目を奪う海外版のビジュアルの素晴らしさを生かした日本版ポスタービジュアルと、エリオ(ティモシー・シャラメ)とオリヴァー(アーミー・ハマー)によるツーショットを切り取った場面写真が新たに到着。

ポスターに入っているキャッチフレーズは、「何ひとつ忘れない」。ふたりの恋の切実さが伝わってくるようなこの言葉、実は劇中のある登場人物の台詞。
場面写真も、ふたりが二度と訪れない時間の中で経験するひと夏の恋の痛みと喜びを感じさせる魅力的なショットばかり。

映画情報どっとこむ ralph 美しい北イタリアの雰囲気も印象的です。

オブザーバー紙が「息をのむ程の美」と称す

君の名前で僕を呼んで
原題:Call Me By Your Name
cmbyn-movie.jp

4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
オスカー前哨戦の賞レースに彗星のごとく現れると、多数の賞をさらって話題を集め、先頃発表されたアカデミー賞ノミネーションでは、作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされました。主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、今や初主演にしてオスカー主演男優賞最年少も期待される新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。アカデミー賞脚色賞にノミネートされ、受賞すれば最年長受賞となる現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描きました。監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作です。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎsのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:アンドレ・アシマン 「Call Me By Your Name」
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『Lady Bird(原題)』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム

2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12

©Frenesy, La Cinefacture


『君の名前で僕を呼んで』第90回アカデミー賞 4部門ノミネート


映画情報どっとこむ ralph 80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた『君の名前で僕を呼んで』。昨年11月24日に全米公開されると、男女を問わず、世代を問わず、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出すような、まばゆい傑作と絶賛され大ヒット。

オスカー前哨戦の賞レースに旋風をまきおこし、これまでですでに世界各地の映画賞で192ノミネート&51受賞、アカデミー賞最有力と大きな注目を集める話題作となっています。

そして、本日発表された、第90回アカデミー賞において、『君の名前で僕を呼んで』が作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされました。

<第90回アカデミー賞ノミネート 現地ロサンゼルス時間1月23日(火)22:22発表>
作品賞
主演男優賞(ティモシー・シャラメ)
脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)
歌曲賞(「ミステリー・オブ・ラブ」-作詞・作曲スフィアン・スティーヴンス)

主演男優賞にノミネートされたのは、現在22歳になるティモシー・シャラメ。『インターステラー』でマシュー・マコノヒーの息子役を演じて注目され、初主演となる本作で、ニューヨーク、ロサンゼルスを始め、全米各地の映画批評家協会賞で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞。アカデミー賞で受賞すれば、29歳で受賞した「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディの記録を大幅に破り、主演男優賞の史上最年少受賞となります。脚色賞にノミネートされたジェームズ・アイヴォリーは『日の名残り』などで知られる名監督で、現在89歳。本作では脚色のみを担当しました。受賞すれば、2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞となります。

映画情報どっとこむ ralph そして、公開が4月27日に決定!

君の名前で僕を呼んで

原題:Call Me By Your Name     
cmbyn-movie.jp

【INTRODUCTION】
世界各地の映画賞を多数受賞、アカデミー賞4部門にノミネートされた本作。主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、今や初主演にしてオスカー主演男優賞最年少も期待される新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。刊行時から話題を集めた原作を脚色したのは、現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描きました。監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作です。


物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎsのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:アンドレ・アシマン 「Call Me By Your Name」
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『Lady Bird(原題)』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 配給:ファントム・フィルム 

撮影: Sylvain Gaboury


『Call Me By Your Name』ゴールデングローブ賞3部門でノミネート


映画情報どっとこむ ralph この度、11月24日に全米公開となり、大ヒットを記録している話題作『Call Me By Your Name』(原題)が、来年2018年春にTOHOシネマズ シャンテ他で全国公開されます。

アーミー・ハマーと新星ティモシー・シャラメ*の共演、スタッフには脚色に今年89歳になった巨匠ジェームズ・アイヴォリー、監督にルカ・グァダニーノがクレジットされる本作は、全米で軒並み高評価のレビューが並び、賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前哨戦であるゴッサム賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞を制覇、アカデミー賞最有力候補作として話題沸騰中!

本日発表された、オスカーを占う賞レースの中でも、特に注目を集める、ゴールデングローブ賞において、主要部門の作品賞(ドラマ部門)・主演男優賞(ドラマ 部門/ティモシー・シャラメ)・助演男優賞(アーミー・ハマー)と、3部門でノミネートされました!(授賞式は、日本時間・1月8日AM10時~予定)。作品賞+W男優賞男優賞にノミネートし、賞レースを牽引する注目作として、アカデミー賞ノミネートにもさらなる期待がかかります!

【現時点(2017.12.11)までの主な受賞・ノミネート】
★第75回 ゴールデングローブ賞
作品賞、主演男優賞(ドラマ 部門/ティモシー・シャラメ)、助演男優賞(アーミー・ハマー)
主要3部門ノミネート!!!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

★第27回 ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード
作品賞、ブレイクスルー俳優賞(ティモシー・シャラメ) 受賞!!!
★第43回 ロサンゼルス映画批評家協会賞
作品賞、監督賞(ルカ・グァダニーノ)、主演男優賞俳優賞(ティモシー・シャラメ) 受賞!!!
★ナショナル・ボード・オブ・レビュー
優秀作品、ブレイクスルー演技賞 (ティモシー・シャラメ) 受賞!!!
★第83回ニューヨーク映画批評家協会賞
主演男優賞賞(ティモシー・シャラメ) 受賞!!!
第33回インディペンデント・スピリット賞
作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、撮影賞、編集賞 合計6部門ノミネート
第23回 ブロードキャスト批評家協会賞
作品賞、監督賞、主演男優賞(ティモシー・シャラメ)、ダブル助演男優賞(アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ)、脚色賞、撮影賞、主題歌賞 合計8部門ノミネート

*ティモシー・シャラメ(TIMOTHÉE CHALAMET)は過去作品では、ティモテ・シャラメと表記されて来ましたが、本人自らの読み方・全米メディアの読み方に合わせ、ティモシー・シャラメといたしますので、今後ご統一くださいますようお願いします。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ 
脚色:ジェームズ・アイヴォリー
原作:アンドレ・アシマン
出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
©Frenesy, La Cinefacture
   


ゴッサム賞 作品賞・ブレイクスルー俳優賞ダブル受賞!『Call Me By Your Name』話題騒然の期待作


映画情報どっとこむ ralph 11月24日に全米公開となり、既に『それでも夜は明ける』(15)、『ムーンライト』(16)などの昨今のアカデミー賞作品賞受賞作の興行成績を上回り(初週末スクリーンアベレージ比較)大ヒットを記録している話題作『Call Me By Your Name』(原題)。
この度、独立系映画の製作に携わる人々を支援する、インディペンデント・フィーチャー・プロジェクト(IFP)主催「第27回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード」にて作品賞・俳優賞(ティモシー・シャラメ)と2冠を達成いたしました!

ゴッサム賞はアカデミー賞の前哨戦として注目されていて、歴代では『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)、『スポットライト 世紀のスクープ』(15)、『ムーンライト』(16)と3年連続で同賞の作品賞に輝いた作品が、アカデミー賞の作品賞を受賞するという結果になっています。

と言うことで、本作への期待も高まります。

要注目の映画であることに間違いなしのようです!

映画情報どっとこむ ralph インディペンデント・スピリット賞
作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、撮影賞、編集賞
合計6部門ノミネート
第27回 ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード
作品賞、脚本賞、ブレイクスルー俳優賞
合計3部門ノミネート ⇒ 作品賞、ブレイクスルー俳優賞(ティモシー・シャラメ) 受賞!!!

映画情報どっとこむ ralph Call Me By Your Name
2018年春 TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ
原作:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム


レイフ・ファインズのインタビュー映像到着『胸騒ぎのシチリア』


映画情報どっとこむ mari 先日『サスペリア』のリメイクが発表され、話題になっているルカ・グァダニーノ監督の公開中の新作『胸騒ぎのシチリア』。

本作は、シチリアの美しい孤島を舞台に、声を失った歌手マリアンと、彼女をとりまく、年下の恋人、昔の男、昔の男の娘と名乗 る謎の美女が、愛と欲望にかられ、嫉妬と誘惑の果てに、あってはならない事件を巻き起こすという、ひと夏のヴァカンスを描 いた物語。

この度、ザ・ローリング・ストーンズの歴史を作ったと自負する音楽プロデューサーで、主人公の元カレ・ハリーを演じたレイフ・ ファインズのインタビューが到着!『シンドラーのリスト』や『イングリッシュ・ペイシェント』で知られる名優レイフ・ファインズが、 従来の二枚目俳優としての殻を破り、破天荒な“主人公の昔の恋人”として、物語を揺り動かす狂言まわしを務めている。 話題をさらった見事なダンスシーンについてもはにかみながら語っています。
%e8%83%b8%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%81%e3%83%aa%e3%82%a201 そして、レイフは本作でアカデミー賞の前哨戦とし て注目を集めるインディペンデント・スピリット賞にて助演男優賞にもノミネート!発表は2月25日となります。

映画情報どっとこむ mari

明るくにぎやかで人を楽しませる一方、昔の恋人に魂の救済を求める男。 大胆にイメージを脱却したレイフ・ファインズ自らが語る新境地。

レイフが演じたハリーは、ザ・ローリング・ストーンズの音楽プロデューサーで、彼らの歴史を作ったと自負する男。そしてロックスター・マリ アン(ティルダ・スウィントン)のプロデューサーでもある。物語が進むにつれ、じつは彼らが恋人でもあった過去がフラッシュバックするのだ が、このハリーという男、とにかく喋り捲る。一方マリアンは声帯を手術し声が出せないという設定で、二人の対比が鮮やかだ。

レイフ:当 初マリアンにはセリフがあったが、ティルダは話すべきではないと感じた。彼女は静養中でハリーの友人でもある年下の恋人とも話せない。 そこにハリーが現れ、彼女を取り戻そうと騒動を起こすんだ。

と語り、「声」がその後起こる人間関係へ大きく影響することを示唆する。 物語の舞台となったシチリア州パンテッレリーア島について

レイフ:常にいろんな方向から風が吹いている。南地中海での撮影はすばらしい経 験だったが暴風が吹き荒れていて撮影するには大変な環境だった。

と撮影を振り返った。 話題をさらったダンスシーンについては

レイフ:“ハリーはダンスがうまい”と脚本に書かれていた。僕はほろ酔いで少し踊ることはあってもダン スには自信がなかった。振付ではなく即興だよ。実際に『エモーショナル・レスキュー』が流れ、スタッフも含めみんな楽しんだと思う。

とはに かんだ笑顔を見せた。 また、ティルダ・スウィントンとルカ・グァダニーノ監督はタッグをくんで21年という長きにわたるパートナーだが、レイフとルカ監督は初の 顔合わせ。ルカ監督について

レイフ:オープンで柔軟性がある。と同時に確固たる考えをもっている。ルカとティルダに創造的な絆があるのは当然 だが、ティルダは開放的なので疎外感は感じなかった。全員が一丸となって意見を言い合えるオープンな現場だったよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
世界的な人気を誇るロック歌手のマリアン(ティルダ・スウィントン)は、痛めた声帯と心を癒す為、年下の恋人のポール(マティア ス・スーナールツ)とシチリアのパンテッレリーア島で優雅な時間を過ごしていた。ところが、マリアンの元彼でカリスマ音楽プロデューサーの ハリー(レイフ・ファインズ)が、セクシーな娘ペン(ダコタ・ジョンソン)を連れて押しかけてくる。彼らの欲望と嫉妬の果てに、とある朝、プール の底に何者かが沈んでいるのが発見された・・・。マリアンはこの旅で、自分にとって必要な愛を、大胆に掴み取る。
%e8%83%b8%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%81%e3%83%aa%e3%82%a2sub1
胸騒ぎのシチリア

新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開中!

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『ミラノ、愛に生きる』
出演:ティルダ・スウィントン『フィクサー』/レイフ・ファインズ『グランド・ブダペス ト・ホテル』/ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』/マティアス・スーナールツ『リリーのすべて』

2015 年/イタリア・フランス/英語/125 分/ビスタ/カラー/5.1ch/PG12
原題:A Bigger Splash
日本語字幕:石田泰子
配給:キノフィルムズ/木下グループ

© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED