「ルイ14世の死」タグアーカイブ

ジャン=ピエール・レオ主演 アルベルト ・ セラ監督作品 『ルイ14世の死』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 『ルイ14世の死』は、ヨーロッパで「21世紀の前衛」と称される異才アルベルト・セラ監督×伝説のジャン=ピエール・レオ主演による注目の作品。セラ監督の長編第4作で、日本の劇場初公開作が5月26日(土)に公開となります。

その題材は、フランスの王ルイ14世(1638-1715)。“太陽王”と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿をつくったこの歴史的人物を演じるのは、ジャン=ピエール・レオ。ヌーヴェルヴァーグの申し子と呼ばれ、今年74歳になる伝説の俳優が、どんなルイ14世を演じるのかと思いきや、なんとセラ監督は死の床の数週間だけに焦点をあて、左脚の壊疽から死に向かう王=レオは、ほぼベッドの上。

セラ監督は、宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ 14世宮廷日誌」をもとに、死にゆく王と、その周りの医師や側近、貴族たちをまるで昆虫を観察するように仔細に描きます。フランス南東部にある城の中に5週間かけて作ったセットは当時の国王の寝室の空気感までもが再現され、監督自身が語る「過去を現実として生きるような映画」となっています。

映画情報どっとこむ ralph このたび完成した予告編では、
来賓の貴族たちに帽子を脱いでみせるだけで拍手がおこったり、ボルゾイというかつて王室で人気だった種の愛犬と戯れたり、後のルイ15世となる幼子を抱き寄せ「偉大な王になれ」と囁く姿など、今年74歳を迎えるジャン=ピエール・レオの存在感を映し出します。左脚の壊疽から死に向かう王の姿を、ロウソクの火が照らしだす絢爛たる美術や豪華な衣装とともに、貴族たちの陳腐さをも見ることができます。久々に「こんな映画見たことない」という驚きを感じられる映画ファン待望の魅力を想像させる予告編となっています。

また予告編の最後には、『ルイ14世の死』公開記念として開催される、セラ監督の全旧作長編+セラ監督のお気に入り映画による特集上映の案内も。なんともカッコいいセラ監督自身の姿も登場しています。


映画情報どっとこむ ralph 『ルイ14世の死』公開記念特集上映<21世紀の前衛/アルベルト・セラお前は誰だ!?>開催決定!

セラ監督過去作+セラ監督お気に入りセレクションを上映。(詳細は後日発表します)

会期:5月19日(土)~25日(金) 
会場:シアター・イメージフォーラム(東京都渋谷区渋谷2-10-2)

上映作品:アルベルト・セラ監督過去作 『騎士の名誉』『鳥の歌』『私の死の物語』『主はその力をあらわせり』『キューバ・リブレ』 + セラ監督お気に入りセレクション『狂乱の大地』(クラウベル・ローシャ監督)、『牡牛座 レーニンの肖像』(アレクサンドル・ソクーロフ監督)ほか3作品予定

アルベルト・セラ、5/24~27来日決定!
初日舞台挨拶やトークを予定しているそうです!

映画情報どっとこむ ralph
ルイ14世の死

物語・・・
ルイ14世の苦しみは1715年8月9日に始まり、9月1日に終わった。その死は、72年に及ぶ、フランスの歴史において最も長い治世の終わりを意味した。1715年8月、ルイ14世はまもなく77歳となろうとしていた。そしてその体には、心不整脈から引き起こされた左脚の塞栓症によって壊疽がはじまろうとしていた。

5/26(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14/

公式Twitter:
@louis14_movie 

***********************************

監督:アルベルト・セラ 
出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ 
原題:La Mort de Louis XIV|2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語 
配給:ムヴィオラ
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016

セラ監督写真:©RomanYnan


日本初登場アルベルト・セラ監督×ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、日本初登場アルベルト・セラ監督×ヌーヴェルヴァーグの申し子ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』を、5月、シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開することが決定。合わせてメインビジュアルが到着しました。


時空を超える異才が描く、偉大なる“太陽王”の豪奢で陳腐な死。

これは一体・・・!?

風車の出てこないドン・キホーテ物語『騎士の名誉』(2006カンヌ国際映画祭監督週間)やカサノバとドラキュラが出会う『私の死の物語』(2013ロカルノ国際映画祭最高賞)などで世界を呆然とさせてきたカタルーニャ出身の異才アルベルト・セラ監督。

古典や歴史上の著名な人物を題材にしながら、「恐るべき」というべき躊躇ない現代性で、誰も見たことのない、時空を超える映画を創造しつづけている。その才能は映画のみならず、戯曲の執筆、舞台の演出、映像によるインスタレーション、パフォーマンスなども自由に手掛け、ヨーロッパで「21世紀の前衛」と称される異才の、その驚くべき作品が、ついに日本で劇場初公開となる。

映画情報どっとこむ ralph アルベルト・セラの長編劇映画4作目にあたる『ルイ14世の死』の題材は、フランスの王、ルイ14世(1638-1715)。“太陽王”と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿をつくったこの歴史的人物には、ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェルヴァーグの申し子と呼ばれ、今年74歳になる伝説の俳優が、どんなルイ14世を演じるのかと思いきや、なんとセラ監督は死の床の数週間だけに焦点をあて、左脚の壊疽から死に向かう王=レオは、ほぼベッドの上。セラ監督は、宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ 14世宮廷日誌」をもとに、死にゆく王と、その周りの医師や側近、貴族たちをまるで昆虫を観察するように仔細に、ドラマチックなクライマックスを排除した大胆さで描いている。

絢爛たるヴェルサイユの王の寝室で、ロウソクの火が照らしだす美術や衣裳とともに、食欲も失せた王がビスケットを口にしただけで「ブラヴォー!」と叫ぶ貴族の陳腐さをも映しだす。
恐るべき現代性で、18世紀の王の死に新たな血肉を与えて時空を超える、誰も見たことのない傑作。

ルイ14世の死
原題:La Mort de Louis XIV

5月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14

***********************************

監督:アルベルト・セラ
出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ

2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語

配給:ムヴィオラ
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016
©RomanYnan
    


広島国際映画祭:諏訪敦彦監督×アルベルト・セラ監督トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 南仏を舞台に、老俳優が屋敷で出会った子供たちと共に映画を作り、心を通わせていく心温まるストーリー。

ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、2018年1 月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開となります。

この度、ジャン=ピエール・レオーが今作の前に主演を果たした『ルイ14世の死』(2018年5月日本公開)のアルベルト・セラ監督の特集上映がアテネ・フランセ文化センターで行われ、『ルイ14世の死』の上映後に、ともにジャン=ピエール・レオーを主演に映画を撮ったアルベルト・セラ監督と諏訪敦彦監督のトークイベントが開催されました。
広島国際映画祭関連企画 アルベルト・セラ監督特集
日時:12月2日(土) 上映開始
場所:アテネ・フランセ文化センタ—
登壇:諏訪敦彦監督、アルベルト・セラ監督
通訳:福崎裕子

映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演にした2作を互いに大絶賛!

自作への影響を懸念して、今日まであえて鑑賞を避けてきたという諏訪監督。見たばかりの『ルイ14世の死』の感想を聞かれ、

諏訪監督:本当に素晴らしかった。両作品は同じ“死”をテーマに描いているのに、結果がすごく違う2本で、そこがとても面白い。実は撮影時にジャン=ピエールから「“いったい死をどう演じたらいいのか?”と相談を受けていました。実際に“死”を目の前で演じてみせて、“これでいいか?”と聞いてきたり(笑)。セラ監督の映画が素晴らしいのは、ジャン=ピエール・レオ―という人間の特質が“ルイ14世”に結びつく構造を作っているところ。“王の死”にまつわる物語を徹底して描き、それに対抗する話を用意しなかったからこそ、この作品は成功しているのだと思います。

と、解説した。それに対し、

セラ監督:“国王の死”を悲劇的に描く単なる歴史ドラマではなく、“死”や“宮廷”の陳腐さを描きたかった。

と、セラ監督が『ルイ14世の死』のテーマを語った。
ジャン=ピエール・レオ―出演作はもちろん、トリュフォー、ゴダールなどのヌーヴェルヴァーグ作品に影響を受けてきたという諏訪監督の作品に対し、

セラ監督:『ライオンは今夜死ぬ』には諏訪監督のジャン=ピエールに対する敬意や畏怖が強く反映されていると思った。撮影時、私とジャン=ピエールの間には“ルイ14世”という偉大なる仲介者がいたので制作は比較的スムーズに進んだが、諏訪さんの映画はまったく無名のイメージから始まり、年齢をとった彼のイメージや過去に向かう姿も描いている。そういう意味では『ライオンは今夜死ぬ』の方がとても挑戦的で、ジャン=ピエールの新たな一面を引き出すことに成功した素晴らしい作品だと思いますよ!

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 「監督とカメラが恋人!」「共演者を追い出す!」両監督が苦戦した名優のこだわりぶり!
『ルイ14世の死』撮影時は3~4台のカメラを使用し、さらに王の寝室のシーンがほとんどなので撮影現場は暗かったという。

セラ監督:ジャン=ピエールはかなり混乱していましたが、その“撮影システムへのジャン=ピエールの混乱”が“死を前にしたルイ14世の混乱”に上手く繋がっていきました。

諏訪監督:撮影が始まってまず驚いたのはジャン=ピエールは本当にカメラに向かって演技をする、“監督とカメラが恋人”のような俳優だということ。3台のカメラがあるということはジャン=ピエールにとって3人の恋人が現れたようなものだから相当混乱したでしょうね(笑)。その話を聞いて、『ライオンは今夜死ぬ』でもジャン=ピエール演じる主人公が2台のカメラを前に困惑するシーンを取り入れてみたんです。ジャン=ピエールらしいエピソードになったと思います」

と、諏訪監督が撮影時のエピソードを語った。

また、神経質な一面があるジャン=ピエールについて、

セラ監督:誰であれ、自分に近づく俳優を“イヤだ、イヤだ”と言って撮影現場に入れることさえ拒否するんです。でも、後ろめたさがあったのか、共演者のうちの1人がいい奴だとわかったら、きちんと謝って“その役柄が嫌いだからやったんだ”と言い訳をしたりしていましたが(笑)」と、セラ監督が観客の笑いを誘った。

諏訪監督:「『ライオンは今夜死ぬ』の場合は、そんなジャン=ピエールと6人の小学生たちとの共演ですからね。ジャン=ピエールが突然、“出てけ!”と言って彼らを追い出したこともあります(笑)

と、名優を主演にした苦労話で盛り上がった。


映画情報どっとこむ ralph 「青年ジャン=ピエール・レオ―を演じつつけている」知られざる孤独な素顔と俳優としての原動力とは

撮影を通して両監督が強く感じたのは、
セラ監督:過去の自分から抜け出したい」とジャン=ピエールが強く思っていること。“現代の映画に居場所を見つけたい”、“強い存在でありたい”と思うのに、“自分のイメージを壊してはいけない”、“悪い演技をしたり、間違えてはいけない”と、過去の自分の存在が大きなプレッシャーをかけている。そして、お金を稼ぐことはあまり興味がなく、作品の本質を見極めて出演作を決めてきた人。

と話すと、それに対し

諏訪監督:大作に出演したいというより、アーティスティックな作品に出演したいという欲がある。『ライオンは今夜死ぬ』の企画を進めているときに“どんな役をやりたいのか?“とジャン=ピエールに尋ねると“年老いた役をやりたい“と言われた。見た目は十分に年齢をとっているのに、自分自身は年老いた役を演じているつもりがない。ある意味で青年ジャン=ピエール・レオ―を演じつつけているのだと思います。そして、あれだけのキャリアがあるのに常に不安を抱えていて、リラックスすることを知らない。でもそれがジャンの俳優としての大きなエネルギーであり、演技を支えているのだと思います。

と、ジャン=ピエールの知られざる素顔を語った。


同じ俳優とテーマを扱っていても、大きく異なった2作品。

セラ監督:本当の映画作家の視点がみえる両作品をぜひ見比べてみてはいかがでしょうか。

と結び、大いに盛り上がったトークイベントを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ルイ14世の死』
原題:La Mort de Louis XIV
2018年5月シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

物語・・・
1715年、8月。太陽王ルイ14世は散歩から宮中に戻ると足に激しい痛みを感じる。それから数日後、王は政務につくが、夜になると痛みは増し、高熱に襲われる。彼はほとんど食べ物を口に運ぶこともなくなり、だんだんと衰弱していく。豪奢な一室で彼の信奉者と医者たちに取り囲まれ、フランスで最も偉大と称えられた王の緩慢な死。

監督・脚本:アルベルト・セラ
脚本:ティエリー、ルナス
出演:ジャン=ピエール・レオー、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ、ベルナール・ベラン、ジャック・エンリック
2016年/115分
配給:ムヴィオラ


『ライオンは今夜死ぬ』
2018年 1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

物語・・・
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子どもたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。


監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン

2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド

© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END
***********************************