「リリー・フランキー」タグアーカイブ

ジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー来日『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア


ジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー来日『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア

映画情報どっとこむ ralph 『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国公開いたします。

美術史上最も人気の高い画家のひとり、フィンセント・ファン・ゴッホ。生前に才能を認められず、孤独と共に生きたドラマティックな人生は何度も映像化されてきたが、本作はこれまでと全く異なるアプローチで、なぜゴッホの絵がこれほどまで長い年月にわたり、多くの人々の心をとらえて離さないのか、その核心に迫る作品です。

監督は、アカデミー賞4部門ノミネート『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才ジュリアン・シュナーベル。主演は、シュナーベル監督に「この役は彼しか考えられなかった」と言わしめた名優ウィレム・デフォー。本作で第75回ヴェネチア国際映画祭最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たしました。

公開に先立ち、ジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォーが来日し、ジャパンプレミア来日舞台挨拶を実施、花束ゲストにリリー・フランキーさんが登場しました。

日時:9月26日(木)
会場:新宿ピカデリー
登壇:ウィレム・デフォー ジュリアン・シュナーベル監督 
花束贈呈ゲスト:リリー・フランキー

映画情報どっとこむ ralph 大勢の観客が集まる中、登場したジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー。

シュナーベル監督:ARIGATO!ご来場いただきありがとうございます。ゴッホは日本に来ていたがったので、私が代わりに来ました。(隣にいるデフォーを指しながら)ある意味でゴッホを隣に一緒に連れてきています。麦わら帽子をかぶっていませんが。(笑)そして、妻のルイーズを紹介させてください。美女と野獣ですね。私は30年前に日本に来たことがあります。世田谷美術館で展覧会があって、それで来日しました。その時は歌舞伎の絵を描きました。

が挨拶し、会場を沸かせた。

デフォーさん:この作品をみなさんと分かち合えること嬉しいです。映画のプロモーション以外では日本に来ていましたが、特にこの作品で来られて嬉しく思います。
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア とデフォーが挨拶をし、ジャパンプレミアはスタートした。

ゴッホをテーマに作品を撮ることになったきっかけを尋ねられると、

シュナーベル監督:作らざるをえなかったんです。最初はゴッホの映画は作りたくなかったんです。既にたくさんの映画が作られていたので、必要ないと思ったんです。ですが、必然的にやらなければならないということになりました。彼の作品は純粋なものに至るまでの乗り物で、妥協が一切ない。それが芸術の本質だと思います。“それをやりたい”という欲望だけ。この映画を作るプロセスの中で、芸術を作るプロセスの映画作りました。絵画であれ、演技であれ、映画作りであれ、そのものを芸術に差し出します。アートがあって、それ以外があるということです。皆さんは映画をご覧になって、ゴッホについての映画ではないと思うでしょう。この作品はみなさんご自身の映画です。ゴッホを見る映画ではありません。これがこの映画を作るのに十分な理由でした。

と力説。
『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア また、デフォーがゴッホを演じたことについて尋ねると、

デフォーさん:僕はジュリアンを長年知っていて、友人関係です。撮影に入ったら絵を描かなければならないということを知りました。実際にゴッホがいた場所で撮影できるということも知りました。この映画ではジュリアンに絵を描くというプロセスを教えてもらって、絵を描く、という概念が変わりました。それが役作りの本質になりました。(30も離れているゴッホと自分との)年齢差のことは全く考えませんでした。彼は若い男ではなかったからです。

とデフォーが答えると、

シュナーベル監督:僕も全く考えなかったよ

と賛同。シュナーベル監督の現場の様子に関しては

デフォーさん:先ほどは“絵を描くことの”見方が変わったと申しましたが、光を描くということを教わりました。1マークずつ筆を使ってつけていく、マークを重ねていきます。お互いに振動しあって、語り始める。そこから何かが生まれてくる。絵を描くことは一つの印を重ねていくものだと知った。ものを見たときに形状ではなくて、光を見るようになりました。これを経験するということが、映画作りでありました。作品自体も実際のゴッホがいた風景に身を置いて、風景を見ながら、ゴッホとはどんな人だったのか、それを表現したものがこの映画になっています。

と振り返った。

デフォーにゴッホ役を依頼した理由に

シュナーベル監督:ウィレムは素晴らしい役者で、信頼している人で、彼みたいな人は必要ですが、彼みたいな人はいません。自分ではゴッホはできません。彼は私の次に“いい人”です。彼とは30年来の友人で信頼しあって、お互いを頼りにしているので、信頼を持って作り上げることができました。彼は自分を失望させることはしませんでした。同時に、私には責任があると思いました。このテーマを取り扱うのであれば、彼はこういうことができるというのを見せるのが私の責任だと思いました。それをやる中で、彼が私が見たことない人に変身しました。映画を見る以外に何か重要なことがありますかね?

と、映画を早く観客にみせたいご様子。

映画情報どっとこむ ralph ここで特別ゲストのリリー・フランキーさんがゴッホの作品「ひまわり」を連想させるような黄色い花束を手に登場し、デフォーとシュナーベル監督に渡した。
『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア リリーさん:リリーと言います。本当に僕の尊敬するお二人と、皆さんにお伝えしなければならないのですが、今日花束を持ってきたのが、女優さんではなくてすみません。

と観客にあいさつをし、会場を沸かせた。

シュナーベル監督と、デフォーの印象を尋ねられると、
『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア リリーさん:僕も監督の映画から、音楽から、アートからものすごく影響を受けていますし、デフォーさんの映画からは、役者を超えた人間の可能性を教えてくれます。なので今日は本当に嬉しいですし、最近私は家で寂しい生活をしているのですが、今日は2人に会えて、ゴーギャンがゴッホのいるアルルに来てくれた時のような気持ちです。

と、映画に絡め話し、監督とデフォーも嬉しそうな様子。そんなリリーさんにシュナーベル監督は

シュナーベル監督:『万引き家族』は本当に素晴らしかったです。褒め言葉を素直に受け取るのは大変だと思いますが、私はそんなに軽々しく言う人ではないですよ。素晴らしい演技、深い演技でした。

と大絶賛。

リリーさん:本当に監督にそう言ってもらえて嬉しいです。日本人は美術館によく行く民族ですが、印象派、とりわけゴッホはみんな好きだと思います。映画を見たのは3日前ですが、未だに映画の中から出てこれないというか、今でもゴッホの絵の中にいるのか、ゴッホの目線の先にいるのか、わからないです。

と作品について話すと、

シュナーベル監督:あなたの気持ちよく分かります。だからここに来て、日本の方と映画を見たかったんです。この映画すでに何回も見ています。でも絶対今日日本の皆さんと映画を見たかったんです。

と、意気投合した様子。

MCからリリーさんも「絵を描いていらっしゃいますが・・」と話しを振られると、

リリーさん:監督の前で僕の話、しないでください!俺おでんの絵を書いているだけですから!

と慌てた様子で会場の笑いを誘いつつも、

リリーさん:ゴッホは色々な画家の中で一番知っているつもりだったんですけど、お二人のゴッホを、お二人の目を通して見ることができて。デフォーさんが日の出を待ってスケッチに出かけるときに、そのときに微笑んだゴッホの顔が、ゴッホの寂しいエピソードを救ってくれました。

と言うリリーさんに、

デフォーさん:本当に美しい言葉で、ずっと聞いていたいです。

とにこやかなデフォーさん。

シュナーベル監督:『そこは映画の中でも特に重要なシーンで、私はゴッホはかわいそうな人だとは思っていないんです。別に映画を分断するつもりはないですが、あの瞬間、ゴッホはまさに自分のいたい場所にいたんだということが分かります。誰にとってもあの瞬間を見つけるのは難しいです。ここで、妻のルイーズに感謝しなければならない。あの場所に連れて行ってくれたのがルイーズなんです。
『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア と客席にいた妻に感謝を述べ、会場からも拍手が起こった。

そんな話しを聞いていたデフォーは感激しつつ、

デフォーさん:自分のお葬式にいるような気持ちになってきました。

と話し、会場の笑いを誘った。
『永遠の門 ゴッホの見た未来』来日ジャパンプレミア
最後にシュナーベル監督がリリーさんに

シュナーベル監督:『私も年中映画を作っているわけではなく、最後に映画を作ったのは7年前でしたが、もし映画をまた作る機会があれば、是非ご一緒したいです。

とラブコールを送り、

リリーさん:それでは毎日長生きするように心がけますね。

と返し、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
原題At Eternity’s Gate

11/8(金)より新宿ピカデリーほか、全国ロードショー!

永遠の門 ゴッホの見た未来
<STORY>
パリでは全く評価されなかったゴッホは、「新しい光をみつけたい」と南フランスのアルルへ向かう。まともな人間関係が築けず常に孤独なゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活もゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか。

***********************************

監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』
脚本:ジャン=クロード・カリエール『存在の耐えられない軽さ』
出演:ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』、ルパート・フレンド『スターリンの葬送狂騒曲』、マッツ・ミケルセン 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、オスカー・アイザック 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、マチュー・アマルリック『潜水服は蝶の夢を見る』、エマニュエル・セニエ 『潜水服は蝶の夢を見る』 
配給:ギャガ、松竹
2018/イギリス・フランス・アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/111分
© Walk Home Productions LLC 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池田エライザ初監督作品のタイトルが『夏、至るころ』に決定&キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 女優の池田エライザが監督を務めるオリジナル映画シリーズ『ぼくらのレシピ図鑑』第2弾の作品タイトルとキャストが決定しました。

タイトルは『夏、至るころ』

福岡県田川市を舞台に幼馴染の少年2人と不思議な少女が出会ったひと夏の胸騒ぎを、美しい田川の風景と力強い和太鼓が奏でる情緒的な音楽にのせて描きます。

本作品を彩るキャスト陣は映画初主演の倉悠貴、全国2012人のオーディションから選ばれた今作がデビュー作となる新人・石内呂依、AbemaTV「恋愛ドラマな恋がしたい3」やCM「ほっともっと」で人気沸騰中のさいとうなりといったフレッシュな顔ぶれが並びます。

また、主人公の父親役に現在公開中の映画「アンダー・ユア・ベッド」や江口カン初監督映画「ガチ☆星」の主演を務めた安部賢一、母親役に映画「歓待」「ほとりの朔子」「欲動」「マンガ肉と僕」「雪女」など自身もプロデューサーや監督として海外で評価の高い杉野希妃、祖父役に映画「万引き家族」「そして父になる」など是枝監督作品常連のリリー・フランキー、祖母役に昨年の映画『鈴木家の嘘』で第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞した日本を代表する映画女優の原日出子、祖父役のリリー・フランキーを昔からよく知るペットショップの店長役に1970年代の名曲「プカプカ」のミュージシャン・大塚まさじなど豪華俳優陣が脇を固めます。

池田エライザ初監督『夏、至るころ』倉悠貴 石内呂依 さいとうなり 倉悠貴、石内呂依、さいとうなり

池田エライザ初監督『夏、至るころ』安部賢一、リリー・フランキー、原日出子、杉野希妃、大塚まさじ 安部賢一、リリー・フランキー、原日出子、杉野希妃、大塚まさじ

映画情報どっとこむ ralph <池田エライザ監督コメント>

池田エライザ監督
●タイトル決定に関してのコメント

池田監督:高校三年生。この夏が始まれば、この夏が終わってしまう。言語化できない気持ちを抱えた少年たちが、雲の高い空の下で今日も頭を抱えて生きている。そんな2人の高校生の心が、夏の魔法に魅せられ、世界が彩り豊かになっていく瞬間を切り取ろう。忘れられない思い出が生まれる瞬間に寄り添おう。そういう思いで、「夏、至るころ」というタイトルをつけました。そして、そんな少年達を優しく包み込む素敵な大人たちに、これまた素敵な役者様が集まってくださりました。皆様の心に触れるのが楽しみです。

●メインキャスト3名を選んだ理由

池田監督:倉くんの陰と陽の狭間で漂うような立ち姿に、主人公の翔と同じ匂いを感じます。無限大な可能性を持つ彼に丁寧に向き合いたいと思います。ろいくんのお芝居を初めて見た時、素直に悔しいなあと思いました。技術的なことだけではなく、彼の今までの人生が創り上げた魅力がたっぷりと溢れ出していたからです。撮りこぼしてしまわぬようにスクリーンに出来る限り彼の素晴らしさをおさめたいと思います。なりさんは、見ている私たちを良い意味で不安にさせてくれます。次はどんな顔を見せてくれるのだろうか。なにを言い出すのだろうか。そんな彼女に心から惹かれました。この3人が起こす化学反応を一番近くで見ることが出来ることが幸せです。

映画情報どっとこむ ralph メインキャストの倉悠貴さん、石内呂依さん、さいとうなりさんからコメントも届いています。

<倉悠貴さんコメント>

倉さん:このお話を頂いて、主演という大役に驚きつつもとても嬉しかったのを覚えています。翔という男の子は、自分が何になりたいのか、どうなりたいのか分からず、心に葛藤がある高校生です。翔の心の揺らぎや感情と丁寧に向き合いながら、演じたいと思っています。撮影はこれからですが、監督はじめ、田川市の方々、スタッフやキャストの皆様と協力して、素晴らしい作品になるよう、全身全霊で頑張ります。

Profile 倉悠貴(くら ゆうき) SMA所属
1999年12月19日生まれ 19歳 大阪府出身。
今年放送された月9ドラマ「トレース 科捜研の男」(フジテレビ)」で俳優デビュー。
また4月クールのドラマ「his 恋するつもりなんてなかった(メ~テレ)」では同性愛の少年を好演し、その演技力に注目が集まっている。


<石内呂依さんコメント>

石内さん:今回この映画に出演するにあたって、お芝居をすることも、映画に出演させていただくのもはじめての経験で、オーディションに合格したときは本当に夢のようでした。たくさんの応募者がいるなかで、平川泰我という役をいただけて池田監督にはとても感謝しています。そして、実際にお芝居をやってみてまだまだ未熟な部分はたくさんありますが、この映画に関わっている方々の力を借りつつ、自分なりに楽しくいい作品を創り上げていきたいと思っています。

Profile 石内呂依(いしうち ろい)
2000年9月9日生まれ 18歳 福岡県出身。
本作のために広く一般から募集したオーディション『The New Era Audition2019』で応募総数2012人から選ばれる。


<さいとうなりさんコメント>

さいとうさん;都役を勤めさせていただきます、さいとうなりです。わたしが演じます都は、自分と重なる部分が多く、都さんと出会えたことに不思議な縁を感じています。そして今回、福岡県田川市という素晴らしいロケーションが舞台になる作品ということで、田川市の豊かな自然に身を任せて等身大でお芝居を楽しめたらなと思います。どんな景色が私たちを待っていてくれるのか本当に楽しみです!

Profile さいとうなり セントラル所属
1994年7月8日生まれ 25歳 東京都出身。
モデルやインスタグラマーとして活躍する傍らで『となりの怪物くん』(18)『走れ!T校バスケット部』(18)『としまえん』(19)などに出演。
18年に「パズドラ銀魂コラボ」19年に「ほっともっと」のCMが話題となり注目を集める。そのほかに、AbemaTV「恋愛ドラマな恋がしたい3」やABC朝日放送の「ザキ山小屋」に番組を盛り上げる山ガールとしてレギュラー出演している。


映画情報どっとこむ ralph 「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」とは?
2018年にスタートした地域の「食」や「高校生」とコラボした美味しい青春映画制作プロジェクト。従来の商業映画と違い、企画の段階から自治体や市民の参加型であることが特徴。地元の食材や風景がたくさん登場する、世界に1つしかないオリジナル脚本による作品づくりを行います。

第1弾は兵庫県加古川市を舞台にした映画『36.8℃サンジュウロクドハチブ(安田真奈監督・脚本)』。地元公開後、東京、大阪、名古屋、九州地区で上映され、小体作品ながらスマッシュヒットとなりました。その後も映画祭や学校を中心に各地域での上映が続いています。―1本の映画をつくり上げた時間(過程)が、地域にとってかけがえのない財産になる―「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」の映画づくりが大切にしているコンセプトです。

ぼくらのレシピ図鑑公式HP
http://bokureci.eiga24ku.jp  

シリーズ第1弾『36.8℃サンジュウロクドハチブ』
http://sanrokuhachi.jp/

映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ初監督『夏、至るころ』
『夏、至るころ』

本映画は福岡県田川市にて8月中旬以降にクランクイン。

公開は2020年夏を予定

***********************************


原案:監督:池田エライザ 脚本:下田悠子 
監督補:金田敬 撮影:今井孝博 
照明:長沼修二 
録音:菰田慎之介 
美術:松本慎太朗 
衣裳:木谷真唯 ヘアメイク:釜瀬宏美 
助監督:佐藤吏 制作:酒井識人 
音楽:西山宏幸 
プロデューサー:三谷一夫 
企画・田川市シティプロモーション映画製作実行委員会・映画24区
製作:映画24区 
企画協力:ABCライツビジネス




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾 バラエティーモードONに!映画『凪待ち』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演、白石和彌監督『凪待ち』が、いよいよ6月28日(金)に公開となりました!

香取慎吾さんと白石一彌監督は撮影地の石巻で舞台挨拶&記者会見を行った後、

舞台を東京六本木に移して、初日舞台挨拶が、香取慎吾さん、恒松祐里さん、西田尚美さん、吉澤健さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさん、そして白石監督登壇して行われました。

宮城県石巻市を舞台に、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描く、衝撃のヒューマンサスペンスですが、舞台挨拶はゆるーく和気藹藹なバラエティーモードに。
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶
『凪待ち』初日舞台挨拶概要
日程:6月28日(金)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられ、香取さんを先頭に客席を通って登場するキャストと監督。
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶 白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶
香取さん:いよいよ公開のこの日を迎えられました。本当にうれしく思っています。こんなに多くの方達に来ていただいて幸せです。
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶
とのご挨拶からイベントはスタート。

恒松さん:香取さんの大きな背中に怒りをぶつけたり、哀しみを共有したり、いろんな表情をぶつけた作品でした。どんなどん底でも小さな希望はあると思わせてくれる作品です。
恒松祐里『凪待ち』初日舞台挨拶
西田さん:撮影が1年ほど前。昨日写真を見返していたらこの日が来るまで長かったんだなと感じました。映画だなと。ヒシヒシ感じています!
西田尚美『凪待ち』初日舞台挨拶
吉澤さん:多くの人に観てもらいたい。観せたい映画です。それがこの映画にかかわった全ての人の想いです。熱い思いを受け取ってください!
吉澤健『凪待ち』初日舞台挨拶
音尾さん:映画の途中で出てくる謎の男役です!白石監督の映画には何度も呼んでいただいて、監督の撮る映画の住人に、香取さんがなっていてすごさを感じました。
音尾琢真『凪待ち』初日舞台挨拶
リリーさん:やっと初日を迎えることが出来ました。香取さんが出てきた大歓声からどんどん歓声が小さくなって。。。最後、監督の時には「凪」の状態。(爆笑)日常の中に突然起きるとんでもない絶望と、その中からの再生。慎吾さんの演じる男の色っぽさ。白石監督の哲学をまとったなと。決して派手な映画ではありませんが、観ていただきたいなと。
リリー・フランキー『凪待ち』初日舞台挨拶
白石監督:ちょうど一年前に、大好きなキャストとスタッフと共に釣った映画がやっと初日。沢山の人に観ていただきたい映画です。
白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph ここで、登壇者が考案した『凪待ちクイズ』を登壇者が答えるバラエティー的なコーナーに突入!

香取さん:凪待ちクイズ!
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶 と、それまで落ち着いた男がバラエティーモードに!

西田さん考案のクイズ:私の〇〇されたシーンで、撮影がなかったのに、見学に来たのは?

香取さん:いいんですか?

リリーさん:それ言っていいの?まだ見てないのに。なるべくなら言わない方が。。。
香取慎吾、西田尚美、音尾琢真『凪待ち』初日舞台挨拶 中々、答えが出ないと言うことで、お客さんに香取さんが聞くと、「リリーさん」との回答!
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶 そして、正解はリリーさん!

と、なぜか当たってしまうミラクル発生。

続いて恒松さんは、『撮影の合間に西田さんとカフェに行って、忘れてしまったことは?』と言う問題!

リリーさん:石巻にカフェあった?
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶 の冗談にお洒落なのいっぱいあるとそうツッコミ。

西田さん:祐里ちゃんに凄い誘われて行ったんですよね・・・・・。

香取さん;えー結構行ってたんですか?僕全くそんな時間なくて。。。

と、ちょっぴり恨み節。

リリーさん:心とか?

音尾さん:台本

恒松さん:お財布に普段、、いや、カバンに普段入っているもの!

と答えを言ってしまい。
香取慎吾、恒松祐里、リリー・フランキー『凪待ち』初日舞台挨拶 香取さん:お財布!

リリーさん:出題者がポンコツ!


音尾さんは石巻で釣りに行ったのはどこでしょう!と言う設問は誰も回答できず。答えは旧北上川。
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶 リリーさんは、撮影中一番たくさん飲みに行ったのは誰?

監督:太田さんです!
『凪待ち』初日舞台挨拶 リリーさん:石巻在住の太田君。よく知らない人ですが、誘いにくるんで。未だにあの人だれかわからないんです!

吉澤さんは、僕の一番好きなシーンはどこでしょうか?は、まだ初日なので答えは自主規制。


香取さん:撮影終わりに、何者かが僕を狙っていました!

音尾さん;僕? (ブー)

西田さん&恒松さん:私たちも見ました!鹿!(ピンコンンコーン)
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美『凪待ち』初日舞台挨拶 香取さん:正解!真っ暗な中で数十匹がこっちを見てて。怖くて怖くて。

最後は

白石監督:このメンバーで次回作を創るとしたらどんな映画?

音尾さん:凪待ち2でしょ。

恒松さん:やくざ物。(ブー)

西田さん:サスペンス(ブー)

音尾さん:アニメーション(ブー)

香取さん:西田さんのゾンビ映画(ブー)


答えは・・・
『凪待ち』初日舞台挨拶 白石監督:全員歌って踊るミュージカル!(大拍手)楽しい映画創りたいんです!

と、期待をもたせて、ゆるゆるな舞台挨拶が終了!
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶
自撮りも!
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督『凪待ち』初日舞台挨拶
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』

2019年6月28日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
『凪待ち』ポスタービジュアル 【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。
少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。
そのあと、亜弓は何者かに殺害された。
恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。
次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

***********************************


出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

誰が彼女を殺したのか 香取慎吾 映画『凪待ち』ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph このたび、6月28日(金)公開・キノフィルムズ配給映画『凪待ち』の、ポスタービジュアルが解禁!

本作は、『人類資金』『クソ野郎と美しき世界』の香取慎吾(かとりしんご)主演、『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』などの白石和彌(しらいしかずや)監督の初タッグによる衝撃のヒューマンサスペンス。『雪に願うこと』『クライマーズ・ハイ』の加藤正人(かとうまさと)の脚本によって、2018年6月~7月、宮城県石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで堕ちきった男(郁男役・香取)のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いている。
香取慎吾『凪待ち』ポスタービジュアル 今回、解禁となるビジュアルは、スリリングで終始緊張感漂う本作のストーリーをイメージ。
うつむき気味な主演・香取の表情は、終始心に闇を抱える男・郁男の有り様が伺える。ロケ地となった石巻の港を背景に、鬼気迫るキャスト陣の表情も、本作の衝撃のラストを彷彿とさせる者になっています。。

映画情報どっとこむ ralph また、30秒バージョンの予告編も併せて解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』

6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

香取慎吾 吉澤健『凪待ち』 恒松祐里 吉澤健『凪待ち』
【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。そのあと、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

***********************************

主演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾主演、白石和彌監督『凪待ち』6月28日公開決定&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演、白石和彌監督による映画『凪待ち』の初日が2019年6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーが決定しました!

併せ場面写真も到着しました。
香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾、吉澤健『凪待ち』 恒松祐里、吉澤健『凪待ち』 香取慎吾、恒松祐里、西田尚美『凪待ち』 香取慎吾 リリー・フランキー『凪待ち』
毎日をふらふらと無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻に戻る決心をした。

そこには、末期がんであるにも関わらず、石巻で漁師を続ける亜弓の父・勝美がいた。
亜弓の娘・美波(恒松祐里)は、母の発案で引っ越しを余儀なくされ不服を抱いている。

美波を助手席に乗せ、高速道路を走る郁男に美波の声が響く。
「結婚しようって言えばいいじゃん」半ばあきらめたように応える郁男。
「言えないよ。仕事もしないで毎日ぶらぶらしてるだけのろくでなしだし…」
実家では、近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話を焼いていた。

人なつっこい小野寺は、郁男を飲み屋へ連れていく。

そこで、ひどく酒に酔った村上(音尾琢真)という中学教師と出会う。

村上は、亜弓の元夫で、美波の父だった。
新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだす。
そんな折、郁男は、会社の同僚らの誘いで競輪のアドバイスをすることに。
賭けてはいないもののノミ屋でのレースに興奮する郁男。

ある日、美波は亜弓と衝突し家を飛び出す。その夜、戻らない美波を心配しパニックになる亜弓・・・・。


映画『凪待ち』の初日が2019年6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。



***********************************


出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS
2018年 6月中旬クランクイン 7月中旬クランクアップ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾 開口「優しさが辛かった」『凪待ち』完成披露記者会見


映画情報どっとこむ ralph 『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』などの話題作でその名を轟かせている白石和彌監督の最新作『凪待ち』が、本年6月に公開!
石巻市を舞台に、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描く、映画史上最も切ない暴力を描く衝撃のヒューマンサスペンスです。

2018年6月~7月、岩手県石巻市を中心に撮影された本作の完成報告会見が行われ、白石監督、主演の香取慎吾さん、共演の恒松祐里さん、吉澤健さん、リリー・フランキー、さんそして赤城聡プロデューサー登壇しました。

白石和彌監督、香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、赤城プロデューサー『凪待ち』完成披露記者会見
『凪待ち』完成披露記者会見
日程:4月23日(火)
登壇:白石和彌監督、香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、赤城プロデューサー
場所:キノフィルムズ試写

映画情報どっとこむ ralph 冒頭、本日解禁となった90秒予告編が流れ・・・。


監督とキャストのみなさんが登場、一言ご挨拶。
白石和彌監督、香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、赤城プロデューサー『凪待ち』完成披露記者会見 香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見
映画情報どっとこむ ralph 主演の香取さんは、毎日をふらふらと無為に過ごしている郁男を演じて。。開口一発

香取さん:辛かったです。周りの役から優しい言葉を掛けられれば掛けられるほど。辛い映画でした。
香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見 と、振り返る香取さん。そんな、香取さんと共演したことに

恒松さん:香取さんはスターなので、その香取さんと御一緒できるのはうれしかったですし、白石監督の映画は全部観ていて・・・そのお二人のタッグに、光栄です。香取さんは郁男になってるとき以外は、明るくて優しいお兄ちゃん的なんです。撮影現場に居易かったですね。
恒松祐里『凪待ち』完成披露記者会見 香取さん:いいですよ!もっと言って!

と、おどけて見せ、

吉澤さん:香取さんお芝居はとてもナチュラルで、いいなと思いました。彼の義理の父親的な感じで、年齢的にも親子の年代で、そういうところもね。僕には子供いますが、みんな女なので、香取さんの息子みたいで楽しかった!
吉澤健『凪待ち』完成披露記者会見 と、振り返ります。さらに、

吉澤さん:監督とは、(白石助監督時代)25年前からの付き合いなんで、わかってくれてるんでね。やり易い。そして、今時珍しい監督です。凄く粘るんです・粘ります。底が、凄いところですね。

と、太鼓判。

リリーさんと香取さんとリリ―さんも24年も前からの知り合い。
リリー・フランキー『凪待ち』完成披露記者会見 リリーさん:ラジオの構成作家時代からね。裏方としてお会いしていた香取さんと役者で接するのは照れくさいね。ミニドラマで草彅くんとかと、初見でラジオドラマやってくれてて、読みながら雰囲気を創ってく。凄かったな。で、今回、20年位経って、香取慎吾の凄さを目の当たりにしました。何しろ色っぽいです。

香取さん:うれしいです。リリーさんとの共演もうれしかったですし、裏方だったリリーさんが俳優になって、、それを何年も観ていて、 共演で着てほんとうに嬉しいです!
香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見 と、共演に喜ぶお二人。


赤城Pと白石監督のタッグは、『凶悪』『日本の一番悪い奴』に続き、

監督:思いは?今まで、エンターテインメントを創ってきましたが、舞台を石巻にしたことも含めて、そして、香取さんと言うスーパースターを起用したのでエンタメ感出さなくても良いかなと。いつもより暴力やえぐさがない。その代わりに、心の救済とか。そういうものを人間ドラマとして作りました。今までの位置づけから見ると新しい挑戦でした!
白石和彌監督『凪待ち』完成披露記者会見
赤城P:凶悪、日本を創って、本作。その間も、いくつか複数の、企画を進めていて。この凪待ちのコンセプトはある日、理不尽なことで、降りかかったことにどうやって生きて再生していくか。香取さんと撮れるということで、コンセプトが使えるなと言うことで、オリジナル脚本、白石一彌らしくない作品ですが、香取さんとにとっても、お客さんには新しく見えるかもしれません。
赤城プロデューサー『凪待ち』完成披露記者会見
映画情報どっとこむ ralph Q:恒松さんと吉澤さんとのシーンでの印象は?

香取さん:吉沢さんとのシーンでは、役の優しさが痛いところがいっぱいありました。郁男に対して一瞬見つめられるだけで、「駄目でもいいんだよ」と、心の声がいたい。だから、目が合わせられなかったですね。
香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見 と、すると、

吉澤さん:胸の中では響き合ってました。

と、回答。通じ合っていたことを明かします。続けて

香取さん:恒松さんは、ちょっとほっとする瞬間。ゲームとかしてたり、映画の中でも、娘のような友達のようなで、他では見せない彼女とのシーンはほっとできる時間でした。

お祭りのシーンは?

香取さん:すがる思いでした。リリーさんしかいない。

リリーさん:アクション凄いですよね。長回しでね、あれを成立させられる慎吾ちゃんは凄かった。
白石和彌監督、香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、赤城プロデューサー『凪待ち』完成披露記者会見 との絶賛に、

香取さん:アクションも殴る蹴る殴られる蹴られる。本当に当たっちゃったらしょうがないですしね。当たってなくてNGが一番嫌!看板のところはあてていこうと。凄いカットだったんで、本当にやってやろうと。そして、リリーさんの心に助けられました。

と回顧。

リリーさん:白石監督作品ですが珍しくいい人で出してもらってましたから!

に、場内記者大爆笑。

Q:体のダメージは、、また、撮影の準備は?

香取さん:事前の準備は一切しませんでした。その時に僕が出来る一番をするしかないと思っているので、アクションでのダメージは、本当に血だらけでした。それは仕方がないです。

白石監督:僕がやらせてる感じ?香取さん頭が良いんで、怪我しない様に打ち合わせしていました。怪我しないことも俳優の素質です。
白石和彌監督『凪待ち』完成披露記者会見
Q.白石監督&香取さんの新たな面を出したのでは?

白石監督:僕は、この映画の前に企画したもので、成立したら香取さんとおもっていて。いつかは!と。オファーを受けてもらって本当にうれしかったです、初日の、ファーストシーンから続々しっぱなし。想像を通り越して笑けてくるぐらい良くて。特にお金を借りるシーン。香取さんがお金を借りくとないともおもうんですが、借りた後の「すみません」感。なんでできるんだろうと。そして、役所さんとかのレベルの色気。またお願いしたい。

と、大絶賛。

香取さん:嬉しいですね。監督が今まで作られてきたものと、今までにない香取慎吾。でも人は誰でも狂気や闇の部分を持っていて、そっち方向も好きだったので、香取慎吾として新しいこと、というより好きな方面が、やっと出来た!の方があります。引き出されました。有難かったです。

Q:冒頭で行った辛かった!の真意は?

香取さん :僕としてではなくて、郁男として。監督の姿についていこうという白石組が、楽しかったですが、役柄としては、つらかったです。でも、気持ちよかったです。

最後に・・・
香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見 香取さん:ずっとこの公開を待っていました、石巻と郁男という再生しなければなものが、詰まった映画になっています。いつでも誰でも前向きになれるわけでは無いですが、生きている限り前向きでなければイケナイ。この男を見て、前向きに思ってくれたらと思います。

白石監督:人間どんなタイミングでも、人生転げ落ちることもあると思います。でも生き方次第で、何とかやり直せる可能性もあると思います。この映画を観てやり直せると思ってくれる人がいるかもしれない。出来るだけ多くの方の観ていただきたいです。

と、記者会見を締めました。

白石和彌監督、香取慎吾『凪待ち』
香取慎吾主演『凪待ち』

2019年6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー


***********************************


出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー
監督:白石和彌 脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ ©2018「凪待ち」FILM PARTNERS
2018年 6月中旬クランクイン 7月中旬クランクアップ





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演:香取慎吾 × 監督:白石和彌 映画『凪待ち』予告編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演 x 白石和彌監督による『凪待ち』(なぎまち)の、本年6月公開が決定。

『雪に願うこと』『クライマーズ・ハイ』の加藤正人さんの脚本によって、2018年6月~7月、岩手県石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いた衝撃のヒューマンサスペンス。


「こんな香取慎吾、見た事が無い」と、マスコミ陣が口を揃える主演・香取(郁男役)さんの、“悲しみ”と“狂気”が交錯する演技に誰もが目を惹く本作の予告編映像が完成しました。

また、恋人の娘役の美波役・恒松祐里さんの香取と見せるガチンコな演技力には、監督が以前から注目していたというその才能を観る事ができる。郁男の恋人・亜弓を演じた西田尚美さんは、「現場に西田さんがいるととても安心した」という香取さんの言葉からも分かる通り、姉さん女房としての役どころにぴったりとはまっている。

また、監督が若松孝二監督の助監督時代のスターとして見てきた吉澤健さんも、石巻で郁男や美波とともに暮らし始める亜弓の父親役として登場し、本作の重要な役どころを努めた。

白石組常連としてお馴染みの音尾琢真さんは、亜弓の元旦那・美波の実父として石巻に住む男を演じ、本作でもその味のある芝居は健在。そして、香取さんが現場で思わず高揚する気持ちを押し殺したというリリー・フランキーさんの方言まじりのリアリティある演技に息を飲むことは間違いなしです。



未来記事:
ちょうどこの記事が出る時間に記者会見。
行ってきましたので、こちらもどうぞ!
『凪待ち』完成披露記者会見
⇒ http://eigajoho.com/150044


映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』(なぎまち)

2019年6月TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー


【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻に戻る決心をした。そこには、末期がんであるにも関わらず、石巻で漁師を続ける亜弓の父・勝美がいた。亜弓の娘・美波(恒松祐里)は、母の発案で引っ越しを余儀なくされ不服を抱いている。美波を助手席に乗せ、高速道路を走る郁男に美波の声が響く。「結婚しようって言えばいいじゃん」半ばあきらめたように応える郁男。「言えないよ。仕事もしないで毎日ぶらぶらしてるだけのろくでなしだし…」実家では、近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話を焼いていた。人なつっこい小野寺は、郁男を飲み屋へ連れていく。そこで、ひどく酒に酔った村上(音尾琢真)という中学教師と出会う。村上は、亜弓の元夫で、美波の父だった。新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだす。そんな折、郁男は、会社の同僚らの誘いで競輪のアドバイスをすることに。賭けてはいないもののノミ屋でのレースに興奮する郁男。

ある日、美波は亜弓と衝突し家を飛び出す。その夜、戻らない美波を心配しパニックになる亜弓。落ち着かせようとする郁男を亜弓は激しく非難する。

「自分の子供じゃないから、そんな暢気なことが言えるのよ!」激しく捲くし立てる亜弓を車から降ろし、ひとりで探すよう突き放す郁男。

だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。郁男と別れたあと、防波堤の工事現場で何者かに殺害されたのだった。突然の死に、愕然とする郁男と美波――。「籍が入ってねえがら、一緒に暮らすごどはできねえ」年老いた勝美と美波の将来を心配する小野寺は美波に言い聞かせるのだった。

一方、自分のせいで亜弓は死んだという思いがくすぶり続ける郁男。追い打ちをかけるかのように、郁男は、社員をトラブルに巻き込んだという濡れ衣をかけられ解雇となる。「俺がいると悪いことが舞い込んでくる」行き場のない怒りを職場で爆発させる郁男。恋人も、仕事もなくした郁夫は、自暴自棄となっていく。

***********************************

香取慎吾
恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾『凪待ち』追加キャストに西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー


映画情報どっとこむ ralph 『凪待ち』(なぎまち)の追加キャストが発表となりました!

本作は、『孤狼の血』『彼女がその名を知らない鳥たち』など、今、日本映画界で最も勢いのある白石和彌が監督を、『クソ野郎と美しき世界』『人類資金』などエンタテイメントから人間ドラマまで幅広い役柄をこなすだけでなく、オリジナリティ溢れるアートでも才能を発揮しつづける香取慎吾が主演を務める、白石和彌と香取慎吾が初のタッグで挑む、「喪失と再生」を描く魂震わす人間ドラマです。

ヒロインには、『くちびるに歌を』『散歩する侵略者』の恒松祐里。脚本は白石監督とは『火花』(Netflix)でも組んだ、『クライマーズ・ハイ』『ふしぎな岬の物語』の加藤正人が担います。

映画情報どっとこむ ralph そして今回、本作の追加キャストが解禁。

映画・ドラマ・モデルと幅広い分野で活躍し、そのライフスタイルも注目され同世代の女性から支持を得ている西田尚美、『龍三と七人の子分たち』や白石組常連の吉澤健、『孤狼の血』など白石組の名バイプレイヤー・音尾琢真、『万引き家族』『そして父になる』など数々の話題作に出演し見事な存在感を放ち続ける俳優リリー・フランキーが決定しました。 各人からコメントが到着しました。
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー『凪待ち』
●西田尚美(にしだなおみ)コメント&プロフィール
※郁夫の恋人・亜弓役

私は白石監督の「凶悪」がとても好きだったので今回ご一緒出来たことが本当に嬉しかったです。香取さんとご一緒出来たことも。香取さんは、なんというか…そこにいるだけで何か凄いんですよね。エネルギーとかパワーみたいなものをたくさん頂いた気がします。「凪待ち」に出てくる人たちは、なんとも人間くさい。どうしようもないのだけど、ほっとけない。なんだか憎めない。本当にどうしようもないのに、何故だか愛おしく、手を差し伸べたくなりました。私もどうしようもないダメ人間です。


●吉澤健(よしざわけん)コメント&プロフィール
※亜弓の父・勝美役

稀有。この私の役の事です。表現する者として、その人生の質量が問われる様な役でした。私は役者である事を三度辞めて、三度復活した者ですが、この様な役に出会えるとは思ってもみませんでした。続ける事が大事なんだとよく云いますが、あれって本当なんですね。お蔭様で時分の花、咲かす事が出来ました。70才を過ぎて滲みでるもの、出たと自負しております。監督、脚本はじめ、スタッフの皆様、本当に有難う御座いました。

●音尾琢真(おとおたくま)コメント&プロフィール  ※亜弓の元亭主・村上役
尊敬する白石和彌監督と、僕のスーパースター香取慎吾さんの新たなタッグが実現したことに感謝しています。香取さんは石巻で撮る白石監督の世界に完全に溶け合っていた。凪の海が荒れていくように、心がざわざわと興奮しています。派手ではありませんが、1カットごとに丁寧に精魂込めて、スタッフ・キャストが作り上げた映画を楽しんでいただければ幸いです。誰かの生きる希望になれますように。

●リリー・フランキー コメント&プロフィール
※郁夫を気に掛ける製氷工場の社員・小野寺役。

僕はゆっくりしていたスケジュールで石巻を満喫させていただき町の人にも良くしていただいて、白石さんの撮影、相変わらず好きでした。慎吾ちゃんと共演できてよかった。すごく彼が色っぽかった。やりやすかったです。小野寺という役は面白い役でした。難しかった点はいい人に見えなきゃいけない。いい人に見えすぎてもいけないというところでした。慎吾ちゃんの体から出てきてる熱量、雰囲気がすごい!監督と飲みながら話してすごくいい映画になりそうだ、というお話をしていました。今の慎吾ちゃんじゃなきゃできない、白石さんの中で傑作ができた。台本読んだ時の静かなオフビートなもの、人間の中の思いというようなものうごめいている。純文学的なものもぜひ皆さんご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』

あらすじ
人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く、魂震わす物語。
香取慎吾が演じるのは、パートナーの女性とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―

***********************************

出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
2018年 6月中旬クランクイン 7月中旬クランクアップ  
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS 
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ