「リリー・フランキー」タグアーカイブ

櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰『ラプラスの魔女』の超豪華追加キャスト発表!!映像も解禁


映画情報どっとこむ ralph 先日、東野圭吾デビュー30周年の記念作品「ラプラスの魔女」が超豪華キャスト&スタッフで三池崇史監督が映画化することが発表になりましたが、11月1日映像初解禁&豪華追加キャスト発表となりました!

そして、今回が初共演となる櫻井翔さん、広瀬すずさん、福士蒼汰さんに続き・・・、

豊川悦司さん、玉木宏さん、志田未来さん、佐藤江梨子さん、TAOさん、高嶋政伸さん、檀れいさん、リリー・フランキーさんというまさしく全員が主役級のキャストが勢揃い!この超豪華チームが2018年日本映画に旋風を巻き起こします!!

更に、最新映像、ポスター、ちらしビジュアルが11月3日(金)より全国劇場で放映、掲載になる前に初解禁することになりました。


【櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰】のスタイリッシュな衝撃をもたらすミステリー超大作が遂に動き始めます!
映画情報どっとこむ ralph ●青江 修介(あおえ・しゅうすけ)役・・・櫻井翔(主演)(35)
「自然科学的に絶対に不可能な事件」の調査を警察から依頼され、
真相に迫る生真面目な大学教授。地球化学者の専門家。

●羽原 円華(うはら・まどか)役・・・広瀬すず(19)
自然現象を次々と言い当て、青江を翻弄する謎の女。

●甘粕 謙人(あまかす・けんと)役・・・福士蒼汰(24)
羽原円華が探している青年。
          
●桐宮 玲(きりみや・れい)役・・・TAO(32)
羽原円華のボディーガード。

●武尾 徹(たけお・とおる)役・・・高嶋政伸(51)
羽原円華のボディーガード。

●奥西 哲子(おくにし・てつこ)役・・・志田未来(24)
青江修介の助手。

●水城 千佐都(みずき・ちさと)役・・・佐藤江梨子(35)
硫化水素中毒死した水城義郎の妻。

●羽原 美奈(うはら・みな)役・・檀れい(46)
羽原円華の母親。円華の幼少期に死去。

●中岡 祐二(なかおか・ゆうじ)役・・・玉木宏(37)
不可解な事件を追う警視庁麻布北署の刑事。

●羽原 全太朗(うはら・ぜんたろう)役・・・リリー・フランキー(53)
羽原円華の父親であり、脳神経外科の医師。

●甘粕 才生(あまかす・さいせい)役・・・豊川悦司(55)
甘粕謙人の父親であり、元映画監督。


映画情報どっとこむ ralph ストーリー

かつてフランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスは言った。
ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するならば、その知性には未来が全て見えているはずであると。
全てを知り、未来を予見する者…神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。

もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定する。ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華(広瀬すず)が、青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。それは奇跡か、偶然か…。なりゆきで円華と行動を共にすることなった青江は、彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。一方、警察は「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めた。そして、ついに第三の事件が発生する…。

映画公式サイト:
www.laplace-movie.jp/

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(KADOKAWA 刊)

配給:東宝(株)
制作プロダクション:東宝映画 OLM
制作協力:楽映舎
撮影期間:2017年3月中旬~4月末(東宝スタジオほか)
Ⓒ2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会


監督:三池崇史


北原里英 拉致・監禁&縛られポスター解禁!『サニー/32』


映画情報どっとこむ ralph 今年8月、キャプテンを務めるNGT48・並びにAKB48グループからの来春卒業を発表し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英さんが女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』。

この度、本作の超“凶悪”なポスタービジュアルが解禁。
また、公開日が2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開を経て、2月17日(土)より全国公開が決定。

映画情報どっとこむ ralph 現役国民的アイドル・北原里英が女優覚醒か!?

本作は、今、日本映画界でもっとも勢いのある白石和彌監督と脚本・髙橋泉さんの『凶悪』タッグによる完全オリジナル作品。

本作で北原さんが演じるのは、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理。

物語・・・・
彼女の24歳誕生日にピエール瀧さん&リリー・フランキーさん演じる“サニー”の狂信的信者に拉致・監禁されるところから始まります。“サニー”とは「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女の愛称。

誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)の二人は赤理(北原)を“サニー”と呼び、強烈なキャラクターたちの群像劇がサスペンスフルに展開していく中、人間の弱さと強さ、さらにはネット社会の危うさまでをも内抱している物語は、予想を超えた結末に向けて走り出していきます。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となるポスターで注目を惹くのは、今や日本映画界の顔となったピエールさん&リリーさんの2人。不気味に笑みを浮かべるリリー・さんとは対照的に表情一つ変えず、北原里英さんのみ縛られた異様な写真を持ち、こちらをじっと見つめるピエールさん。二人の姿はまさに超“凶悪”!

この二人に拉致・監禁され、極限まで追い込まれた北原里英さんは捨て身で撮影を乗り切り、本格女優として覚醒した姿を見せています。

さらに本作での役どころが未だ明かされていない実力派女優・門脇麦さんの存在や、白石組の常連で、毎作品毎に個性的な役どころで出演し、強い印象を作品に残す音尾琢真さん、さらには北原さん演じる主人公の同僚に駿河太郎さんら、確かな演技力を持つ出演陣にも注目です。

サニー/32

2月9日(金)新潟・長岡先行公開
2月17日(土)全国公開

***********************************

北原里英

ピエール瀧・ 門脇 麦 ・ リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波純

スーパーバイザー:秋元 康
脚本:髙橋 泉 音楽:牛尾憲輔 監督:白石和彌

主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子

製作:永山雅也・間宮登良松・三宅容介
エグゼクティヴプロデューサー:千葉善紀
企画:石田雄治
プロデューサー:高橋信一・押田興将

撮影:灰原隆裕 美術:多田明日香
照明:谷本幸治 録音:浦田和治
装飾:佐々木健一 音響効果:柴崎憲治

編集:加藤ひとみ キャスティング:安生泰子 衣裳:高橋さやか
ヘアメイク:有路涼子 助監督:佐和田 惠 制作担当:宮森隆介

企画・製作幹事:日活
製作:日活・東映ビデオ・ポニーキャニオン
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 配給:日活

協力:新潟県フィルム・コミッション協議会・長岡フィルムコミッション
Ⓒ2018『サニー/32』製作委員会


リリーから清野菜名に最優秀⼥優賞!『パーフェクト・レボリューション』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ⾝体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕ 障害者はただの⼈間なんです︕

ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

主演リリー・フランキーさん、ヒロイン清野菜名さんが体当たりの演技で挑んだ、熊篠慶彦さんの実話を基にした映画『パーフェ クト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となりました。

その初⽇を記念して舞台挨拶が行われ、リリー・フランキーさん、清野菜名さん、松本准平監督、企画・原案の熊篠慶彦さんが登壇しました。


『パーフェクト・レボリューション』初日舞台挨拶
日時:9月29⽇(⾦)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:リリー・フランキー、清野菜名、松本准平監督、熊篠慶彦(企画・原案)

映画情報どっとこむ ralph 車椅子生活を送りながら障害者への理解を訴えるクマ役のリリーさんは、原作でモデルの熊篠さんとは10年来の仲だそう。
リリーさん:初⽇を迎え られて感無量。熊篠君にしてみれば、この映画ができたことでこれまでしてきた活動や伝えたかったことが伝わると思います!でも・・・・⻑い期間映画館でかかる作品ではないと思うので、初⽇に来れば確実に⾒ていただける映画です。

と自虐な話を。そして、本作の企画・脚本もしている松本監督は
松本監督:熊篠さんに5年前に出会って、脳性まひへの考え方を根本からブチ壊されました。そして、彼の実話が本当に面白かったので。普通の超エンターテインメントラブストーリーに仕上げました!楽しんでください。

と話す監督に、リリーさん。

リリーさん:監督だったんですね。TOHOシネマズの方?かと思った(笑)

とサラリーマン風な、出で立ちにツッコミ!


熊篠さん:自分の映画化なんてドッキリじゃないかと・・今日まで思ってました。今⽇を迎えて本当に本当なんだと思えました!

と感無量のよう。
熊篠さんの愛機(高機動型車いす)は、通称:赤い彗星号。リリーさんも本機を映画の中で使っていたそうです。
車体横にはスポンサーのTENGAさんのロゴも。そして、後部には本作のポスターを貼り、移動時は宣伝活動もしているそう!ある意味痛車仕様!?

そして、クマに熱烈な愛を注ぐ⼈格障害を抱えるミツ役の清野さんは
清野さん:クマとのラブシーンの前には、リリーさんと2⼈でモンダミンを使って準備をしました!

と自分が出演するCMを盛り込みながらラブラブな舞台裏を紹介しつつ

清野さん:クマピーの自分がやりたいことをまっすぐに貫いているところが、ミツとしても 自分としても惚れました。クマとミツには誰にも邪魔できない関係性がありますから。

と今回の役への想いがこぼれます。そんな清野さんにリリーさんは
リリーさん:清野さん自体が⽣き物として瑞々しく、お芝居をしていると引っ張られ、ミツを⾒ているだけで涙が出たり、しんどくなるんですね。清野さんが素晴らしい⼥優さんであるという証拠。さすが、こういうお芝居をしていたら『トットちゃん』が決まるはず。しかし最近はどうかと思うくらいCMで清野さんを⾒るよね。

とブレイクに納得したそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、清野さんから劇中で出てくるハートをイメージして、ハートバルーンが3⼈へプレゼント!しかし大きすぎて、キャストが見えなくなるという事件が発生!

リリーさんからは10 月14⽇に23回目の誕生日を迎える清野に花束をプレゼント。
リリーさん:誕生日もそうなのですが・・・・清野さんはこの映画でたくさんの賞をもらうと思います! まずは最初に我々で『パーフェクト・レボリューション』最優秀⼥優賞をあげます!

と清野さんを喜ばせ、その清野さんは 花束を片手に満面の笑み!

最後に

清野さん:映画の内容だけを聞いたら重たい映画のように感じるかもしれないけれど、実際は面白くポップな映画になっています。周りの皆さんにも宣伝してください。

リリーさん:友達の熊篠君と松本監督が⻑い時間をかけて完成させた映画。障害者の性が話題になってはいるけれど、映画として純粋に楽しんでもらえれば。

と、イベントを締めました!
が、名古屋から来てくれたファンに握手しに観客席を登って行く清野さん。いい子だ~!

映画情報どっとこむ ralph 『パーフェクト・レボリューション』

公式サイト:
perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕


9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿他全国公開中!

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
     


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 障害者への理解を求める活動を続ける熊篠慶彦さんの実体験をもとに、車椅子生活を送るクマ(リリー・フランキー)と、精神に障害のある美少女・ミツ(清野菜名)のハチャメチャな恋を描いた幸せエンターテインメント映画『パーフェクト・レボリューション』が9月29日(金)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となります。

この度、公開に先立ち、9月7日(木)に舞台挨拶付き完成披露試写会が行われ、リリー・フランキーさん、清野菜名さん、小池栄子さん、松本准平監督、熊篠慶彦さんが登壇。

そして!リリーさん自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場いたします。

『パーフェクト・レボリューション』 完成披露試写会 舞台挨拶
日時:9月7日(木)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:
リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子
松本准平監督、熊篠慶彦(企画・原案)、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)

映画情報どっとこむ ralph リリーさん:沢山の方に来ていただいて、モデルの熊篠君が今日来ていて。ハワイの市長みたいだね。

熊篠さん:暑い予定だったんでね。

リリーさん:そう、足元のお悪い中いらっしゃっていただいてありがとうございます。

と、最初から息の合ったお二人。実は二人は10年前からのお知り合いだそうで

リリーさん:ノアールと言う団体で活動されている、当たり前ですけど障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。なんで、それを声高に言わなきゃいけないか。それは健常者がそう思っていないずれがある。その活動に共感して・・・。でも、なかなか伝わらない。映画自体は面白いエンターテインメントですが、こうやって皆さんに聞いていただけるのは嬉しいですね。

役作りなどを聞かれると・・・

リリーさん:映画になると聞いて何か手伝いたい、トークイベントでも何でもいいからと思ったら熊篠君の役で。もともと知ってる人なんで役作りは苦労しなかったですね。電動車いすの使い方は練習しました。1台欲しいなと今思ってます。ずっと、車いすに座ってたんで、今日菜名ちゃんと立って並んだら違和感です。

そう言われた清野さんは、今回の役のオファーの時に監督から台本とお手紙をいただいたそうで

清野さん:初めて監督にお手紙をいただいたんで嬉しくて。台本読んだら面白くて。頭の中で勝手に動き出してて興味しかなくて。実際楽しみました。
手紙をもらえなかった、リリーさんと小池さんは不満げ。

映画情報どっとこむ ralph 介助師役の小池さんは

小池さん:クマを家族のように思いながら寄り添って居る役。そこにミツが来て、だんだん愛がはぐくまれていく様子が楽しかったですね。
リリーさん:僕、お風呂入れてもらいました。小池栄子に髪を洗ってもらうのは、ある意味男として上がりです!(笑)
本作のモデルでもある熊篠さんはリリーさんが自分にそっくりで、

熊篠さん:遠目に見たら、脳性まひのおっさんにしか見えない。形態模写みたい。

リリーさん:プロの人に褒めてもらえると嬉しいです。

小池さん:二人は居心地の良さが似てますよ。ゆるい空気感ですね

印象に残ったエピソードを尋ねられると、3人とも

小池さん:海のシーン。結構でしたよ。

リリーさん:3人で2月の海に。

監督:小池さんが率先して入って行って、男前だなーと。

清野さん:本当に寒かったですね。

と、雪予想の日に海に入るという監督の鬼演出エピソードが暴露されました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、リリー・フランキー自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場
峯田さん:リリーさんからメール来て、お願いしまーす!って返しました。

リリーさん:もともと使う予定だった曲は使用料が高くて。。。メールしたら7秒ぐらいで返ってきて。

と、驚きのエピソードを明かしました。


最後に・・
清野さん:内容が暗いかなと思うかもしれませんが、楽しくハッピーな映画になってますので、構えずに楽しんでください!

リリーさん:障害者テーマだと、重いんじゃないかと。思われがちですが。熊代君も監督もそこじゃなくて。障碍者が主人公の映画でもポップなもの。そういうのが不謹慎だという方もいらっしゃるかもしれませんが、それこそが差別だと思います。日本じゃなかなかったものになっています。レボリューションだと思います!

最後は、劇中クマの電動車いすにミツが乗って疾走するシーンを再現!
清野さんが熊篠さんの車いすに乗って退場しました!


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。
無謀だなんて、誰が決めた?

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

パーフェクト・レボリューション』 

公式HP 

9月29日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開!

***********************************

配給:東北新社
レイティング:PG12
117分
(C)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会