「リディアン・ヴォーン」タグアーカイブ

ハンギョン10年ぶり来日記念『サイバー・ミッション』イベントに大親友ジェジュン登場!


映画情報どっとこむ ralph 豪華アジアスター集結で話題の中国映画『REBORN』(原題)が邦題を『サイバー・ミッション』とし2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開となります。

そして! この度、映画公開と主演ハンギョンの10年ぶりとなる来日を記念して、本日1月24日(木)に東京・新宿ピカデリーにて、ウェルカ ムハンギョンイベントが行われました!

イベントには本作主演のハンギョンと、その大親友であるジェジュンさんが特別応援 団長として登壇!
二人の仲の良さが伺えるエピソードや、撮影の裏話などを披露し、集まった249名のファンと一緒に大いに盛り上がりました!

日付:1月24日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:ハンギョン、ジェジュン

映画情報どっとこむ ralph 本作主演であるハンギョンが登壇すると、場内は大歓声に包まれました。

ハンギョン:「コンニチハ!ハジメマシテ!」

と日本語で挨拶。

ハンギョン:「10年ぶりの来日ということでわくわくしています。自分の映画作品を持って日本に来れたことをとても嬉しく思います。」

と挨拶。会場には感動のあまり涙する方も。

ハンギョン:「これからもっと日本に自分の出演している映画を紹介したいし、日本のチームと仕事をしたいです。」

と今後の仕事への意欲をのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph そして本作の特別応援団長として大親友のジェジュンが登壇すると、会場は再び割れんばかりの拍手が響き渡りました。明日からの公開を記念して、ジェジュンからハンギョンに「オメデトウ!」と花束を贈呈。ハンギョンも「アリガトウ!」と日本語で迎えました。

ジェジュン:「今回は映画の宣伝に少しでも力になれたらと思って駆けつけました。僕もまだ作品を見れていないのですが、明日見にいこ うかな!」

というジェジュンのコメントに、

ハンギョン:「今日ジェジュンが来てくれてとても嬉しく思います。日本で会えたこと、 作品のために来てくれたということがとても嬉しいです!」

と感無量の様子でした。

ハンギョン:「会うのがすごく久しぶりだったので、一緒に日本酒でも飲みに行きたかったのですが、今日はなぜか一緒に陶 芸教室に行くことになりました(笑) 日本のファンの皆さんのためのプレゼントを作ってきました。しかも日本酒のおちょこで す!」

とコメントすると、

ジェジュン:「1人1個のおちょこを作って、それぞれの個性が出た作品になりました。今回時間がなく て1名様分しか作れなかったのですが、時間があればたくさん作りたかったです。」

とファン思いの一面が見られました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、先日解禁となったメイキング映像2本を上映。


迫力のアクションシーンに会場も息を呑んで見守りました。

ハンギョン:「今回はアクションシーンがたくさんあり、危険なシーンもありました。8階から飛び降りたりして傷だらけになること もありましたし、電車を追いかけて走りっぱなしの場面もありました。大変でしたが、自分で演じたことでリアルなシーンが撮れ たと思うので、傷だらけになりながらも挑戦して良かったと思います!」

と撮影の裏側を語りました。自身もアクションに挑戦し たことがあるというジェジュンも、

ジェジュン:「あれはセットじゃなくて本物の建物から飛び降りたのだとハンギョンに聞きました。男前ですごい!」

と感心しきりの様子でした。自身のアクション作品については

ジェジュン:「さっき見たシーンほど危ないシーンはなかったけど… でも高いところは好きなので、いつかあんなシーンにもチャレンジしたいです」

とコメントし、会場からは拍手が起こりました。

次に、北京で行われたプレミアイベントの映像が日本で初公開。
ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、 山下智久の4名が揃った貴重なプロモーション映像に会場も大興奮!このイベントのあとハンギョンと山下が火鍋を食べに行き、その時にジェジュンとテレビ電話したという、キャストの二人と特別応援団長の仲良しエピソードが披露されました。

ハンギョン:「私達3人はとても仲が良いので、山下さんと2人でいるときにジェジュンに電話しようということになったんです。英語・ 日本語・韓国語のまざった電話になりました。その後は僕の自宅で山下さんとお酒を飲みました」

と語ると、

ジェジュン:「その 時東京タワーの近くで1人でお酒を飲んでいて、1人でさみしいなと思っていたら電話がかかってきて嬉しかったです!でも、その様子が配信されていたのに全く知らされてなくて、すごくびっくりしたんですよ。」

と当時の様子を振り返りました。また、

ハンギョン:「山下さんがイベントのために北京に来てくれて、一緒にお酒を飲めて良かったです。英語・日本語・中国語を併用 しないといけなくて、言葉の違いで認識のずれが生じることはあったけれど、それでも本当に楽しかったな。最終的には簡単 な英語とボディランゲージでコミュニケーションがとれるようになって、通訳もいらなくなりました。」

というエピソードも語られました。

続いてハンギョンの別の作品の話題に。『おくりびと』でお馴染みの滝田洋二郎監督の初の中国語映画「聞煙」にも主演するハンギョンは、

ハンギョン:「この映画もぜひ日本のファンの方に届けたいです。とても心温まるストーリーの映画になっています」

と紹介 しました。

さらにもう1本、ハンギョンの本邦初公開となる

ハンギョン:「HanGing30(ハンギング・サーティー)」の日本版ミュージックビデオが上映されました。こちらは初のJ-POP作品で、日本語の歌詞の楽曲となっています。もっと早く日本のみんなに紹介したかったのです が、今回の映画に合わせて公開となりました。」

と紹介。クールな映像に会場中が魅了されました!

ジェジュン:「僕ももちろん 見ました。MVのクオリティが高くて映画みたいです!」

と賞賛を送りました。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後には、事前にSNSで集めた質問を二人にお答えいただく、Q&Aコーナーを実施!

「初対面のお互いの印象は?また仲良しエピソードも教えてください」という質問に対して、

ハンギョン: 「初めてジェジュンに 会ったのは韓国でした。同じ寮に住む練習生という関係で、カフェに行ったり漫画喫茶に行ったり、悪いことをいっぱい一緒に しました(笑)」

と話すと、

ジェジュン:「別に悪いことしてないでしょ!」

とツッコむ場面もみられました。


60秒で世界を救え!オタク系最強ホワイトハッカーVS 最凶ブラックハッカー

映画『サイバー・ミッション

2019年1月25日(金)より 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式HP:
cyber-mission.net
公式Twitter:
@cybermission_PR

オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”(リディアン・ヴォーン)が裏世 界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの 美少女スー・イー(リー・ユエン)を使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。 程なくして彼のバックにはモリタケシ(山下智久)という裏世界の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく・・・。果たしてハオミンはモリを阻止し、世界を救うことが出来るのか!?


未来記事:
『サイバー・ミッション』初日舞台挨拶
撮影の事、コミュニケーションのことなど色々語って盛り上がったイベント。
http://eigajoho.com/139404


***********************************

監督:リー・ハイロン
アクション監督:ニコラス・パウエル
出演:ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久
2018年 / 99分/ 中国・香港/ シネスコ/ 5.1ch / 翻訳者:岡田理枝
配給:プレシディオ
提供:プレシディオ、VAP
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久『サイ バー・ミッション』メイキング解禁!


映画情報どっとこむ ralph 豪華アジアスター集結で話題の中国映画『REBORN』(原題)が邦題を『サイバー・ミッション』に改め、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開!

そしてこの度、超本格アクションの撮影裏を捉えた「アクション編」、メインキャスト4名がお互いの印象を語る「豪華 キャスト編」のメイキング映像2種が解禁!!


本格的なアクションシーンの裏側を捉えた「アクション編」では、本作でアク ション監督を務めたニコラス・パウエルがハリウッド流の演技指導をする様子が収められ、よりリアルなアクションに挑むキャスト陣の真剣な表情が確認できる。また主演のハンギョンがビル8Fの高さから飛び降りるシーンや、 本作で初の悪役に挑んだ山下智久が街中を走る車の間を駆け抜けるシー ン、向かい側のホームに止まる電車に飛び乗るシーンなどスリリングな撮 影風景も収められてる。

アクション編:


また、「豪華キャスト編」では、メインキャスト4名がお互いの印象や撮影で の裏話について語る様子が収められた。映像内には撮影の合間に仲良く 談笑するキャスト陣の姿が捉えられ、言葉の壁を感じさせない、抜群の チームワークを発揮している様子に注目だ。

豪華キャスト編:


映画情報どっとこむ ralph さらに、本作で迫力満点なアクションに挑んだハンギョン、リディアン・ ヴォーン、リー・ユエン、山下智久のメインキャスト4名と、 『バイオハザードV:リトリビューション』『ボーン・アイデン ティティー』などのアクション監督として世界的に知られるニコラス・パウエルより、本作のアクションシーンについて コメントが到着した。

●ニコラス・パウエル(アクション監督)

私は、これまで携わってきた作品(例えば、「ブレイブハート」「グラディエーター」「ラスト・サムライ」「ボーン・アイデンティティー」など)でも、(スタントマンではなく)役者にできるだけ多くのアクションをやってもらうようにしてきました。その方が、リアリティがあって、観客が感情移入しやすいと思うからです。今回も私たちはとても幸運だったのが、ハンギョンは、元からとても身体能力が高く、これまでのダンサーや振り付け師、その他の様々な経験が功を奏してか、覚えるのが非常に早かったです。リディアンは、かなりの時間をかけて努力していました。リー・ユエンもそうですね。特に戦闘シーンがありましたから。今作では世界中からスタッフを呼び寄せてチームを組みました。ヨーロッパ人もいれば、カナダ人、中国人もいました。様々な国籍のスタッフが寄り集まって、シーンを作り上げていきました。大変な現場でしたが、うまくやったと思います。中でも、時間とお金をしっかりかけた、カーチェイスのシーンや、アクションシーンでは、観客の皆さんにも満足してもらえる仕上がりになったと思います。

●ハンギョン(リー・ハオミン役)
マレーシアでの撮影の時にビルから飛び降りるシーンの撮影をしたのですが、あのシーンは実はすごく怖かったんです。勝手にあのシーンはスタントマンがいるものだと思っていたけど、役者本人が演技をした方がいいものが撮れるだろうって。結果として、ほとんどスタントマンを使わずに撮影をすることができました。リハーサルで全身傷だらけになりましたが、本番は何事もなく撮影することができました。

●リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ役)
擦り傷ができるようなシーンが多く過酷な撮影でしたが、多くのハリウッド作品を手がけたアクション監督に演技指導をしてもらい、本当に色々なことを学ぶことができました。こんなにも多くの人が集まって一つの作品を作り上げるという、とても興味深い経験でした。

●リー・ユエン(スー・イー役)
私にとって一番印象に残っているのは、アクションシーンで鼻を怪我したこと。撮影で怪我をしたのは今回が初めてで、大きな怪我でしたが、それだけ一生懸命取り組みました。

●山下智久(モリタケシ役)
マレーシアで雨の時期でもあったので、すごい湿度が高くて何もしなくても汗が吹き出てくるくらいの暑さの中で町中を走り抜けたりとか、車の上を駆け抜けたりとか、とにかくすごい運動量だったので、体力的にすごく大変でした。ここまで本格的なアクションは初めてで、命がけだなと思いながらやってました。

映画情報どっとこむ ralph 60秒で世界を救え!オタク系最強ホワイトハッカーVS 最凶ブラックハッカー

『サイバー・ミッション』

2019年1月25日(金)より 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”(リディアン・ヴォーン)が裏世 界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの 美少女スー・イー(リー・ユエン)を使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。 程なくして彼のバックにはモリタケシ(山下智久)という裏世界の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、 ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく・・・。果たしてハオミンはモリを阻止し、世界を救うことが出来るの か!?

公式HP:
cyber-mission.net

公式Twitter:
@cybermission_PR

***********************************

監督:リー・ハイロン アクション
監督:ニコラス・パウエル
出演:ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久
2018年 / 99分/ 中国・香港/ シネスコ/ 5.1ch
翻訳者:岡田理枝
配給:プレシディオ / 提供:プレシディオ、VAP
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『サイバー・ミッション』ハンギョン(元SUPER JUNIOR)10年振りに 来日決定!&WEB限定映像が到着!


映画情報どっとこむ ralph 豪華アジアスター集結で話題の中国映画『REBORN』(原題)が邦題を『サイ バー・ミッション』に改め、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開いたします。

本作は、未曾有のサイバーテロを防ぐために立ち上がったオタク系ホワイトハッカーと、サイバー犯罪を企てる国際的ブ ラックハッカーのハッキング&アクションバトルを描くタイムリミットサイバーアクション。主役のホワイトハッカー・ハオミン 役には、元SUPER JUNIORのハンギョンさん。

ブラックハッカーのチャオ・フェイ(ゼブラ)役には『モンガに散る』『GF*BF』の台湾 スター、リディアン・ヴォーンさん。

チャオ・フェイのパートナーでもある美しき犯罪者スー・イー役には、雑誌「Ray」のモデルとして活躍していたリー・ユエンさん。

そして、サイバーテロリストのボス・モリ役には、山下智久さんが初の海外進出作品と して初の 悪役にも挑戦し、流暢な英語と中国語を披露している。

また、 『バイオハザードV:リトリビューション』『ボーン・アイデンティ ティー』のアクション監督ニコラス・パウエルがハリウッド仕込みのアクション演出をするなど、豪華キャスト&スタッフが集 結したサイバーアクション大作となっている。


映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、本作の日本公開を記念して、主役を務めるハンギョンが来日することが決定!
ハンギョンさんが来日するのは、韓国の人気アイドルグループSUPER JUNIORのメンバーとして2008年に来日して以降、約10年振り。また俳優として単独来日するのは今回が初!本作で天才ハッカー役を演じるにあたり、撮影前からハッキングに関する専門用語を覚える など役作りに力を入れてきたハンギョン。

見所の一つでもあるアクションシーンの撮影では、ビル8Fの高さから飛び降りる など怪我の絶えないスリリングな撮影にも挑戦している。久しぶりの日本のファンとの交流をハンギョンも楽しみにしているようで、今から期待が高まる。

ハンギョンさんコメント:スウィートで思いやりに溢れる日本のファンのみんなのことが大好 きです。みんなにに会えるのを楽しみにしてます。 みんなもそう思ってくれてると嬉しいな!

映画情報どっとこむ ralph 60秒で世界を救え!オタク系最強ホワイトハッカーVS 最凶ブラックハッカー

サイバー・ミッション

公式HP:
cyber-mission.net
公式Twitter:
@cybermission_PR


オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”(リディアン・ヴォーン)が裏世 界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの 美少女スー・イー(リー・ユエン)を使い接触を図ってくる。

ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。 程なくして彼のバックにはモリタケシ(山下智久)という裏世界の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、 ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく・・・。果たしてハオミンはモリを阻止し、世界を救うことが出来るのか!?

***********************************

監督:リー・ハイロン
アクション監督:ニコラス・パウエル
出演:ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久
2018年 / 99分/ 中国・香港/ シネスコ/ 5.1ch
翻訳者:岡田理枝
配給:プレシディオ
提供:プレシディオ、VAP
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハンギョン、リディアン・ヴォーン、 リー・ユエン、山下智久『サイバー・ミッション』ポスター&予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、豪華アジアスター集結で話題の中国映画『REBORN』(原題)の邦題を『サイバー・ミッション』に改め、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開することが決定しました!


主役のオタク系ホワイトハッカー・ハオミン役には、元SUPER JUNIORのハンギョン。

ブラックハッカーの チャオ・フェイ(ゼブラ)役には『モンガに散る』『GF*BF』の台湾スター、リディアン・ヴォーン。

チャオ・フェイ のパートナーでもある美しき犯罪者スー・イー役には、雑誌「Ray」のモデルとして活躍していたリー・ユエン。

そして、サイバーテロリストのボス役には、山下智久が初の海外進出作品として初の悪役にも挑戦し、 流暢な英語と中国語を披露するなど、アジアを代表するスターたちがスクリーンを華やかに彩ります。

また、『バイオハザードV:リトリビューション』『ボーン・アイデンティティー』のアクション監督ニコラス・パウ エルがハリウッド仕込みのアクション演出をしているのも見所の一つだ。来たるサイバー戦国時代に備え、 必見のハッキング&アクションバトルで息つく暇も与えないタイムリミットサイバーアクションの誕生!

映画情報どっとこむ ralph メインキャストたちからコメントが到着しました !

【ハンギョン】
8Fの高さから飛び降りたりと怪我の絶えないスリリングな撮影で、何度か危ない動きもありましたが、一人一人がテス トしてお互いにアドバイスをしながらやりました。夜ホテルに帰ると打撲の痣だらけになってました。また、天才ハッカーという役どころな ので、専門用語を覚えるのには苦労しました。ハッカー独特の習慣もあるので、撮影前に彼らを理解するために多くのハッカーにも 会って話をしました。演技に役立っていると嬉しいです。是非みてください。

【リディアン・ヴォーン】
ビルから飛び降りたり、擦り傷ができたり、痣ができたり過酷な撮影でした。そんな撮影を経て我々4人も特別 な関係になったと思います。やっと皆さんに映画をお届けできることにとてもワクワクしています。ぜひ映画をご覧になってください。

【リー・ユエン】
なぜかよくわからず彼らと国際犯罪に関わってしまいました。撮影中鼻をぶつけて曲がってしまい、そのあとのシーン で怪我をする予定だったのですが、怪我のメイクをしないですみました(笑)

【山下智久】
初めての悪役という新しい挑戦をしているので、是非いままでの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています。作 品の中身としては、アクション大作になっていると思います。少し先の話にはなると思うんですが、ある意味リアリティがあるというか、皆さ んの身近にあるデバイスを使ったり、いつ起こってもおかしくない話なんじゃないかとイマジネーションを掻き立てられるような作品です。良い意味でも悪い意味でもそういうことを想像しながら見てもらえると非日常を体験してもらえるかなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 凄腕ハッカーを雇い、サイバー犯罪を企てる悪の組織から世界を救うために立ち上がったのは、なんとハッカーに憧れるヲタク少年! 天才同士の頭脳プレーとハリウッド仕込みのアクションは必見!

かつてのハッカー映画とは違い、サイバー犯罪は現実社会で 起こり得る身近な脅威となった。本作の戦いはとてもリアルで、 自分の身に起きても不思議でない危うさが臨場感をもって描か れている。60秒というカウントダウンと共に進む予告編は、ス ピーディーで、事件が加速していく高揚感を感じさせるスリリン グなものとなった。





60秒で世界を救え!オタク系ホワイトハッカーVS 国際的ブラックハッカー

公式HP:
cyber-mission.net

公式Twitter:
@cybermission_PR

***********************************

監督:リー・ハイロン アクション監督:ニコラス・パウエル 出演:ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久 2018年 / 99分/ 中国・香港/ シネスコ/ 5.1ch
翻訳者:岡田理枝
配給:プレシディオ
提供:プレシディオ、VAP

©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ