「リジー・キャプラン」タグアーカイブ

『マリアンヌ』の見所がギュギュっと詰まった特別映像到着


映画情報どっとこむ ralph ブラッド・ピットがアカデミー賞(R)監督ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』が2月10日(金)に公開。
この度、マリオン・コティヤールとロバート・ゼメキス監督が本作の見所を語る特別映像が到着いたしました!

戦時下という激動の時代、極秘諜報員とフランス軍レジスタンスという決して交わることのない人生を歩んできた二人が、運命に導かれるように引き寄せられる。やがて愛を育むも、突然告げられた妻マリアンヌ(マリオン・コティヤール)に向けられたまさかの疑惑―。信じたい愛の為に無実の証明に奔走するものの、渦巻く疑念に揺れ動くマックス(ブラッド・ピット)。果たして妻は一体何者なのか?


映画情報どっとこむ ralph 本作を「ロマンティック・スリラー」と位置づけ「目が離せないストーリー展開で、最後まで引き込まれるでしょう」と自信をのぞかせるゼメキス監督と「エンターテインメント作品で、衝撃的でサスペンス感がある作品です」と語るコティヤールのインタビューと共に、本作の見所がギュギュっと詰まった本映像。また、本年度の第89回アカデミー賞(R)衣装デザイン賞にノミネートされた、目を見張るほどに美しい衣装の数々に身を包むブラピとマリオンの姿や情感たっぷりに愛を確かめ合う場面では「二人の間には映画を超えた真実の愛があるのでは?」と疑いの目が向くほど情熱的でエモーショナルな演技を披露している二人の姿も確認できます。

映画情報どっとこむ ralph 全てが明かされた先に涙の物語!

マリアンヌ

が2月10日(金)に公開。

***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』

主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン、マシュー・グード

原題:「ALLIED」  
全米公開:2016年11月23日  
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
     


『マリアンヌ』マリオンのコメント映像入り特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 衝撃的な真実に向き合いながらも愛する人を信じて運命に立ち向かう2人が繰り広げる切ないラブストーリー

『マリアンヌ』が2月10日(金)に公開となります。


この度、ブラッド・ピット×マリオン・コティヤール×ロバート・ゼメキス監督という超豪華な初顔合わせの三人がもたらした化学反応に期待が高まる特別映像が到着しました!



映画情報どっとこむ ralph 夫・マックスを演じたブラッド・ピットと、妻・マリアンヌを演じたマリオン・コティヤール、そして監督のロバート・ゼメキス、いずれもハリウッドで名実ともに確かなキャリアを築いている三人は、なんと本作が初顔合わせ。

実力確かな主演二人は、マックスとマリアンヌのあいだに展開されるミステリーを支えるに相応しく、初共演とは思えないほど息の合った演技を披露しています。

ラブストーリーを撮る際には化学反応をいつも期待するというゼメキス監督も、

ゼメキス:優れたキャストがいたからこそ、この素晴らしい作品が完成した。見事なキャストたちだったよ。大変感銘を受けたね。

と賛辞!
妻に向けられた二重スパイの疑惑と、信じたい愛との間で苦悩する夫・マックスを演じた主演のブラッドについてゼメキス監督は、

ゼメキス:彼は極秘諜報員(の役)だよ。自分自身に投影して、苦しみや痛みを表現していた。

と、揺れ動く感情を繊細に表現した演技を絶賛。さらに、疑惑のかかる妻・マリアンヌを演じたマリオンについても

ゼメキス:たくさんの顔を持つ女性だ。

と複雑なキャラクターを演じきれる表現力と美しさを称えています。

映画情報どっとこむ ralph 一方、マリオンは自身が演じた”マリアンヌ”という女性について

マリオン:ミステリアスな役柄なの。複雑で深みのある女性だわ。マックスとの関係がとても気に入ったわ。

と明かし、互いに否定はしているものの、劇中で「演技を超えた本物の愛があるでは?」と噂が立つのも納得なほど、ブラッドとともに情感のこもった熱演を見せています。

マリオン:これは普遍的なラブストーリーだわ。それを監督が見事に映像化してるの。

と語り、ロマンチックなムードを丁寧に拾い上げる名匠ゼメキスの手腕の虜になった様子。

優れた作品にするためのアプローチに余念のない、ブラピのプロデューサーとしての才能豊かな一面が垣間見られるエピソードであり、マリオンを加えた三人が織りなす、俳優と監督という関係性を超えた新たな化学反応にいっそう期待が高まるばかりです!!


***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』

主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン、マシュー・グード

原題:「ALLIED」  
全米公開:2016年11月23日  
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
     


ロバート・ゼメキス自信をのぞかせる『マリアンヌ』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph ブラッド・ピットがアカデミー賞(R)監督ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』が2月10日(金)に公開。
今までにないブラッド・ピットの大人の男性の色香と包容力を感じさせ女性だけでなく新たに男性も魅了されるとともに、マリオン・コティヤールもアンニュイな母国フランス語を駆使し、謎の女“マリアンヌ”を演じており、主演二人の演技に高い評価と注目が集まっています。

そして・・・

この度、数々の名作を世に送り出してきたロバート・ゼメキス監督が、これまで描いたことのなかった”時代物ロマンス”に初挑戦し、作品への自信と映画作りの醍醐味を語り、マリオン・コティヤールも撮影を振り返りながら、ゼメキス監督に敬意を表すコメントを寄せる特別映像が到着しました!


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを筆頭に、第67回アカデミー賞(R)で作品賞・監督賞を受賞した『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)など、これまで傑作として名高い数々の作品を撮ってきた名匠ロバート・ゼメキス監督ですが、意外なことに時代物ロマンスは初挑戦。

脚本を読んだゼメキス監督はすぐに監督に立候補!!

ゼミキス監督:映画作りの醍醐味は、観客の心を揺さぶる事だ。インパクトのある脚本は観客の共感を得られるはずだよ。

と自信をのぞかせるように、ストーリーテラーとしても定評のあるゼメキスが惚れ込んだ脚本を、自らの豊富な経験と技術力を発揮していることが本映像からも確認することが出来ます。


さらに、本作がゼメキスとの初タッグとなったマリオン・コティヤールは、

マリオン:登場人物やストーリーについて、監督と何度も話し合ったわ。役作りをする上でとても参考になったの。監督の優れたビジョンにより見事な作品になったわ。

と語ります。



映画情報どっとこむ ralph 衝撃的な真実に向き合いながらも愛する人を信じて運命に立ち向かう2人・・・。

このラブストーリーは・・・・・涙ものです。

『マリアンヌ』
原題:ALLIED

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス――決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装い、敵の裏をかき、ドイツ軍大使を狙う作戦だった。そして終戦を迎え、ロンドンで再会したふたりだったが、彼らには決して人には言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。

***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』
主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン 、マシュー・グード
  
全米公開:2016年11月23日  
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


『マリアンヌ』夫婦の日に山口もえ、東MAXブラピ再現で・・・


映画情報どっとこむ ralph ブラッド・ピットがアカデミー賞監督ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』が、2017年2月10日(金)に公開となります。

タイトルの秘密を抱える女である“マリアンヌ”を、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でアカデミー賞主演女優賞に輝いた実力派マリオン・コティヤールが務める本作は、衝撃的な真実に向き合いながらも愛する人を信じて運命に立ち向かう2人が繰り広げる切ないラブストーリーです。

この度、2月2日”夫婦の日”に公開直前イベントを開催。それぞれ家族ぐるみで仲の良い夫婦同士ということで、タレントの山口もえさんと東貴博さんの二人が登壇しました!


『マリアンヌ』公開直前イベント

日時:2月2日(木)
会場:神楽座
登壇:山口もえ、東貴博

映画情報どっとこむ ralph 先日、第3子の妊娠を発表し今まさに幸せの絶頂にある山口もえさんは、本作でマックス(ブラッド・ピット)と恋に落ち結婚、かわいい子供を授かり幸せ絶頂を迎える妻マリアンヌ(マリオン・コティヤール)とよく似た境遇であることから、マリアンヌをイメージした美しい衣装で登場。

また東MAXこと東さんは、劇中でブラピが演じる役名・マックスにちなみ日本版マックスとしてブラピに勝るとも劣らないダンディな衣装で登場しました。

映画の感想を問われ

山口さん:本当にいい映画だったので、夫ともう一度観に行きたいです。1940年代という時代は、自分の意志だけでは生きられず、つかなくてはならないウソや偽りの中で格闘しながら、楽しみと幸せを見つけて生きていたんですよね。ぜひ今の方々に観ていただきたいです。守るものができた女性はここまで強くて、時代が違ったら本当に幸せな家族だったのに、と思うと切ないです。

と見どころをアピール。

東さん:下町のブラッド・ピット、東MAXです。スパイ同士ということで冷静沈着にミッションを進め、感情を乗せちゃいけないのに、愛に捕まったらどんどん突き進んでいく姿に泣けました。こんなに愛に満ちた映画は最近なかなかお目にかかってなかったです。安めぐみと付き合ってからというもの、まさに僕もいまそういう感じです。出産シーンや、初めて子供が歩いたシーンは自分たちの時を思い出してリンクして涙が止まらなかったです。

と深く共感したことをアピールしました。

映画情報どっとこむ ralph 東さんと安めぐみさんの結婚式がきっかけで、山口さんは爆笑問題の田中さんと交際を始めたという経緯のあるお二人だけに、家族ぐるみで付き合いもありお互いの夫婦の絆を感じさせる仲睦まじいエピソードを披露。

さらには、最愛の妻に重大な秘密が発覚することがキーポイントとなる本作になぞらえ、夫・田中裕二さんに秘密にしていることを問われ

山口さん:東さんの披露宴の時に、夫と連絡先を交換したんですが、その紙の切れ端を今でも大事に持っています。通帳と同じ袋に大事に入れてます。

と幸せMAXなエピソードを告白すると、

東さん:とんでもない秘密が出てくるかと思ったらいい話!俺も安から最初にアドレスをもらった紙の切れ端、持ってます。

と同じく幸せMAXであることが判明!互いにパートナーへの愛情たっぷりの秘密を明かす暴露トークも飛び出し会場は大盛り上がり!


イベント後半には、日本版マックスを豪語する東さんが、いかにブラピ演じるマックスになり切っているかを証明すべく難題に挑戦!
判定員として山口さんが見守る中、劇中でマックスが話す流暢なフランス語のセリフや、重要なシーンでマックスが美しい涙を流すシーンの再現に挑むも、散々な結果に!?

山口さん:すごく良かったです。私ももらい泣きしそうでした。

となんとかフォロー。終始和やかなイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 愛する妻に向けられた、信じられない“疑惑“ 72時間以内に疑いを晴らせなければ、妻の命はこの手で奪うことになる

『マリアンヌ』
原題:ALLIED

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス――決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装い、敵の裏をかき、ドイツ軍大使を狙う作戦だった。そして終戦を迎え、ロンドンで再会したふたりだったが、彼らには決して人には言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。


***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』
主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン 、マシュー・グード
  
全米公開:2016年11月23日  
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
    


ロバート・ゼメキスらコメントを寄せる『マリアンヌ』特別映像


映画情報どっとこむ ralph ブラッド・ピットがロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』が2月10日(金)に公開となります。

秘密を抱える女である“マリアンヌ”をマリオン・コティヤールが務める本作は、衝撃的な真実に向き合いながらも愛する人を信じて運命に立ち向かう2人が繰り広げる切ないラブストーリーです。

試写をみたマスコミの中でも話題です。

映画情報どっとこむ ralph
この度、まるで1940年代にタイムトラベルしたような本作のクラシカルな世界観にフォーカスし、主演のマリオン・コティヤール、監督のロバート・ゼメキスらが自信たっぷりのコメントを寄せる特別映像が到着しました!



本作の世界観を作り上げるうえでの最大の課題は、物語の舞台となる1940年代の都市をいかに再創造するかであり、それは作品全体の出来を決定づける重要なポイントでした。今回解禁された映像には、それらが見事に再現されたムードたっぷりの本編映像に加え、絢爛豪華に作り込まれたセットで撮影に臨むブラッド・ピットとマリオン・コティヤール、こだわりのセットで演出に熱を込めるロバート・ゼメキスのメイキングシーンが映し出されています。


ゼメキスは、美術担当ゲイリー・フリーマンと緻密に構想を練り、細部まで時代に忠実な点を詰め込みつつ、色に遊びを入れながらより華やかで現実感の伝わる雰囲気を目指し、撮影セットをイチから作り上げました。撮影期間を通して作ったセットはおよそ80個!ゼメキスは、膨大な数とハイクオリティなセットによって1940年代の都市を見事に蘇らせた美術チームと、その雰囲気に相応しく上品で洗練された衣装・メイクで彩りを加えた衣装・メイクチームの働きぶりを絶賛しています。

「衣装デザイナーもメイクアップアーティストも素晴らしかった。この時代を蘇らせたんだ。制作チームはこの時代を忠実に再現したよ。まさにタイムトラベルだよ。」

中でも、戦時中、最も優雅でエキゾチックな都市のひとつだったカサブランカを再創造したセットは本作の目玉。興味深いことに当時のカサブランカは渇いたアフリカの一都市ではなく、いたるところにフランス様式が組み込まれた実に華やかな雰囲気に包まれていたと言われており、そんな光り輝くカサブランカの象徴として登場する、高さ約4.2メートル、重さ約680キロの巨大なベネチアンシャンデリアが本映像でも確認できます。熟練の美術担当フリーマンが「あんなシャンデリアは今まで見たことがない」と自画自賛するほど前代未聞のセットを作り上げたのです!

映画情報どっとこむ ralph 実に鮮やかで、これまで見たことがない規模のセットで行われた撮影を振り返ったマリオン・コティヤールは、「1940年代は華やかな時代よ。ファッション、ヘアメイクも素敵だったわ。細部まで忠実に再現されていて驚いたわ。」と感動したことを明かしています。


1940年代の街並みの中で、ブラピ&マリオンが魅せる美しき「涙」の物語を、ぜひ劇場で!

マリアンヌ
原題:「ALLIED」

2月10日(金) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 他 全国公開

***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』
主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン、マシュー・グード

(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.