「ラミ・マレック」タグアーカイブ

『パピヨン』チャーリー・ハナム動画インタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと、大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックの最旬スターがタッグ!!45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されます。
パピヨン 作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。この世界的なベストセラー自伝小説は1973年『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され、パピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情は多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録した。


そして2019年、再びパピヨンが還ってくる――。
パピヨン パピヨン パピヨン
映画情報どっとこむ ralph そして!!!
主演のチャーリー・ハナムの動画インタビュー映像を公開!

主人公パピヨンのニックネームの由来に始まり、パピヨンの意外なバックボーン、
そしてスケジュールや予算の関係でラミ・マレックの出演が危ぶまれた時「あきらめるな!この映画を実現させよう!!」と映画のパピヨン彷彿とさせる「不屈」さをみせ、ラミとの共演が叶ったことを熱く語っており、撮影が始まる前から『パピヨン』魂を持っていたことを伺わせる。また、「人は試練に耐えたいと思っている」と一瞬Mっ気を覗かせたのかと思いきや、「他の人と深く結びついて、味方と一緒に困難に立ち向かいたい!」とアニキな発言。刺激的なアクションだけでなく、友情と兄弟愛にあふれ、前向きに気持ちになる、とハナムも太鼓判を押している『パピヨン』の公開が待ち遠しい。



映画情報どっとこむ ralph 『パピヨン』
原題:Papillon

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

HP:
http://www.transformer.co.jp/m/Papillon 

TWITTER:
@PapillonRebirth


<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

***********************************

監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』
2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch
/ G / 日本語字幕:松浦美奈 
提供:トランスフォーマー+シネマライズ
配給:トランスフォーマー
原作『パピヨン』出文庫より発売
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ラミ・マレック38歳の誕生日!『パピヨン』自由への取引提案動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開になる。

本日は、主人公パピヨンと固い友情で結ばれる詐欺師ルイ・ドガを演じたラミ・マレック38歳の誕生日。

これを記念して本編より、脱獄するためにドガがパピヨンへ「自由への取引」を提案した動画が解禁となりました!
『パピヨン』
映画情報どっとこむ ralph 1981年生まれ、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれ育ったマレックは、『ナイトミュージアム』(06)のアクメンラー役で映画デビューを果たす。天才ハッカー、エリオット・オルダーソンを演じた「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」(15-)で高い評価を受け、エミー賞を受賞。伝説のバンド“クイーン”を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でフロントマンのフレディ・マーキュリーを演じ、見事アカデミー賞®主演男優賞を受賞した。最近では人気シリーズ『007』の最新作『BOND25』(20)への出演が決定。今最も“旬”な俳優として、世界の注目を集めている。

そんなマレックが『パピヨン』で演じるのは、主人公パピヨン(チャーリー・ハナム)の囚人仲間である偽札作りの天才ルイ・ドガ。彼らが送られた南米ギアナの流刑地では、金を持つ者が勝者となる。ドガの隠し金に目を付けたパピヨンは、彼の護衛を申し出る。打算で手を組んだ二人だったが、過酷な流刑地を生き抜くうちに互いへの情と信頼が芽生え始める。
パピヨン ラミ・マレック 1973年版『パピヨン』では、この役をオスカー俳優のダスティン・ホフマンが演じ、パピヨン役のスティーブ・マックイーンとの「熱い男の友情」に多くの人々が涙した。この大役を演じるにあたりマレックは 「『パピヨン』は子供の頃の僕に消えない印象を残した作品だったから、この物語の再解釈は非常に刺激的になるに違いないと感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経ったと思う」と述べた。またドガの役作りについては、 「僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きなんだ。ルイはアイコン的な役だから、可能な限り彼のやったことを遠ざけようとするのが普通だけど、僕はこのキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。彼の抜け目のなさと白アリのようなサバイバル能力を強調することは、僕にとって本当に楽しいことだった。ルイは、ほとんどの人が共感できるようなキャラクターだと思っているよ。彼は地球上で最も哀れで惨めな状況の一つに投げ込まれ、生き残るために自分のやり方で戦わなければならないんだ」
パピヨン ラミ・マレック
映画情報どっとこむ ralph 今回、お披露目された本編映像は、流刑地に送られるドガとパピヨンが取引を交わすシーンの一部。
ドガは若く屈強なパピヨンをボディガードとして雇うが、脱獄を目論む彼と一緒に行動する気はない。計算高く抜け目ないドガは賄賂で釈放されるチャンスを狙っており、荒っぽい行動に出ようとするパピヨンに対して見下すような態度を取る。パピヨンにとってもドガはただの金づるであり、尊大な彼に対して心を開くことはない。


映画情報どっとこむ ralph ギスギスした二人の関係がどのように変化していくのか是非劇場へ!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

HP:
@Papillon 
TWITTER:
@PapillonRebirth

<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

***********************************


監督:マイケル・ノアー / 脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』
2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:Papillon / G / 日本語字幕:松浦美奈 
提供:トランスフォーマー+シネマライズ
配給:トランスフォーマー
原作『パピヨン』出文庫より発売

© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ダニエル・クレイグ 007遂に始動『BOND 25(仮題)』 ローンチイベントでラミ・マレックが参戦発表


映画情報どっとこむ ralph Are you ready to back the worK?

007:With pleasure.

2020年に、「007」シリーズ待望の最新作『BOND 25(仮題)』が全国公開となります。
この度、謎に包まれた最新作の新情報が明らかとなるローンチイベントが「007」シリーズのゆかりの地のひとつであり、記念すべきシリーズ第一作目の『007/ドクター・ノオ』(63)のロケ地、ジャマイカの海辺のビラで行われ、4月25日(木)21時10分頃(日本時間)から全世界同時にライブストリーミングされました。
本国公式YOUTUBE:
HTTPS://WWW.YOUTUBE.COM/USER/JAMESBOND007
本国公式TWITTER:
HTTPS://TWITTER.COM/007

映画情報どっとこむ ralph まずイベントには、「007」シリーズを牽引してきた製作のバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、本作の監督に抜擢された日系アメリカ人のキャリー・フクナガ監督が登壇。

ジャマイカで実施されたイベントについて、

バーバラ:ジャマイカは、原作者であるイアン・フレミングが物語の執筆の拠点とし、 “ジェームズ・ボンド”を生み出した場でもあるので、007にとっては聖地と言えます。記念すべき25作品目で、ここへ戻ってくることができて私たちは特別な想いです。

とコメントし、

バーバラ:前作で英国諜報員を卒業したボンドは、最新作ではここジャマイカの豪華なおうちでリラックスしているの。そこから物語がスタートしていくのよ。

と、ジャマイカから最新作の物語がスタートしていくことを明かした。また、タイトルは現時点では未発表となった。

その後、最新作に登場するキャスト陣が続々と発表。続投キャストとして、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト。さらに新キャストとしてアナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレックが出演することが明かされた。

今回のイベントに惜しくも参加が叶わなかったラミ・マレックからは特別にメッセージ映像も到着!

ラミ:こんにちは、ラミ・マレックだよ。みんなは素敵なジャマイカにいるんだってね。ちっとも嫉妬なんてしていないよ…僕は別の仕事でニューヨークだけどね…。最新作のキャストとクルーたちに会えることをすごく楽しみにしているよ!そして…Mr.ボンド君。25作品目のミッションは決して簡単に乗り越えることはできないだろう…。

と、「007」シリーズに出演することに喜びを露わにするとともに、意味深なメッセージを寄せている。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、前作から引き続きジェームズ・ボンド役の主演ダニエル・クレイグ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチがQ&Aトークセッションに登壇。
ダニエルは、”25作品も続く「007」シリーズが何故これほどまでにも愛されているのか?”との質問に、

ダニエル:「007」シリーズは、僕自身子供のころから家族と一緒に観ていた大好きな作品だ。原作者のフレミングによって作りこまれたキャラクターや設定、舞台背景が、映画でもしっかりと踏襲されていることで、ボンドというキャラクターは違った役者が演じても、一貫性が保たれている。それが、ファンが長年経ってもついてきてくれる理由なんだろうね。

と分析。

続けて、本作で記念すべき25作品目を手掛けることになって

キャリー監督:僕にとって、ダニエルが一番お気に入りのボンドなんだ。だから、今作はこれまでの作品のなかで“最高の007だ”といわれるもの仕上げ、ダニエルに有終の美を飾らせてから、次にバトンタッチしたい。僕はこの映画でベストを尽くしているから、きっと次の監督にはハードルが高くなってしまうと思うよ(笑)

と自信をのぞかせた。

最後に、ダニエルは“お気に入りのボンドカーは?”と問われ、

ダニエル:アストンマーティン・db5だよ。

と笑顔で答え、和やかなムードのなか会見は幕を閉じた。
映画情報どっとこむ ralph レア・セドゥやベン・ウィショーといった続投キャストに加え、ラミ・マレックをはじめとする豪華新キャスト陣の参戦も発表され、ますます期待が高まる『BOND 25(仮題)』は2020年に日本全国で公開です!

あらすじ
ボンドは現役を退き、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。
しかし、それは長くは続かない。ある日、旧友でもあり、CIAエージェントのフェリックス・ライターは、誘拐された科学者を救い出してほしいとボンドのもとを訪ねる。その想像を超える過酷なミッションよって、ボンドは危険な最新技術を操る正体不明の敵へと導かれていくのであった…。

ダニエル・クレイグ
レイフ・ファインズ
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
レア・セドゥ
ベン・ウィショー
ジェフリー・ライト

ここから新キャスト

アナ・デ・アルマス
ダリ・ベンサーラ
デヴィッド・デンシック
ラッシャーナ・リンチ
ビリー・マグヌッセン
ラミ・マレック
***********************************

出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック
監督:キャリー・フクナガ
脚本:ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、
キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・g・ウィルソン
配給:東宝東和 2020年全国公開




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

チャーリー・ハナム&ラミ・マレック『パピヨン』本ビジュアルと予告編が完成!


映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される。

作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。この世界的なベストセラー自伝小説は1973年『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され、パピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情は多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録した。

そして2019年、再びパピヨンがチャーリー・ハナムとラミ・マレックで還ってくる。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編映像では、無実の罪で投獄される“パピヨン”が、ラミ・マレック演じる偽札作りの天才ドガに脱獄を持ちかけるなどの囚人たちの駆け引きや、脱獄不可能とされる南米ギアナ【悪魔島】からの脱出や、看守の隙をみての逃亡など、緊迫したシーンが続く。



本ヴィジュアルでは、チャーリー・ハナムとラミ・マレックが、男同士の熱いタッグを組み、命をかけた脱獄を繰り広げる様が描かれる。絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たちの姿に日本は再び、胸を熱くする!

映画情報どっとこむ ralph 『パピヨン』

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
HP:
http://www.transformer/m/Papillon
TWITTER:
@PapillonRebirth

STORY
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な友情で結ばれてゆく…。

***********************************


監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』
2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:Papillon / G / 日本語字幕:松浦美奈 
配給:トランスフォーマー / 提供:トランスフォーマー+シネマライズ / 原作『パピヨン』河出書房新社より発売
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

発売まで後3日、劇場版にないライヴ・エイド完全版入り『ボヘミアン・ラプソディ』!!


映画情報どっとこむ ralph イギリスの伝説的ロックバンドQUEEN(クイーン)のボーカル、故フレディ・マーキュリーの半生を描き、観客動員数900万人を超え、国内累計興行収入128億円(2019年4月9日現在)を突破!2018年公開作品興収ランキングNo.1を記録し2019年春現在もまだ絶賛公開中の『ボヘミアン・ラプソディ』。
劇場では観られなかったライヴ・エイド完全版(本編未収録の2曲を追加した21分ver)の他、豪華特典を収録したブルーレイ&DVDがついに、4月17日(水)に日本発売決定!
映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった日本版の初回生産分の豪華特典は、日本だけの「クイーン」ポストカードセットが封入されている。年代別で魅せる「クイーン」の貴重な写真が楽しめる。さらに、クイーンの4人を写真と共に紹介した、デジタルブックレットを期間限定でプレゼント!まだ母国イギリスでもスター扱いされていなかった1975年に初来日し、日本のファンに熱烈な歓迎を受けたことから親日家となったクイーンからの「お返し」ともいえるような日本版のみの特別豪華特典をぜひゲットしよう。

★第91回アカデミー賞において主演男優賞<ラミ・マレック>を含む最多4部門を受賞!
世界的大スター、フレディ・マーキュリーという非常に難しい役柄に挑み、世界中から賞賛を浴びたラミ。ビジュアルだけでなく、内面を秀逸に表現し、フレディに再び命を吹き込んだ。

★英語字幕付き「ライヴ・エイド完全版」!
劇場版ではカットされた2曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「愛という名の欲望」を追加した全6曲の”ライヴ・エイド完全版”を特別収録!さらに英語字幕付きなので、自宅で一緒に歌ってクイーンを堪能しよう!

★ボヘミアン・ラプソディの全てがわかるメイキング映像!
ウェンブリー・スタジアムの再現メイキングほか、キャストやブライアン・メイ&ロジャー・テイラーのインタビューなども収録!知られざる映画の撮影風景を目撃せよ!

★さらに初回生産分日本オリジナル特典を封入!
特製「クイーン」ポストカードセット付き! さらに、メンバーを写真と共に紹介した、デジタルブックレットも期間限定配信プレゼント!そしてブルーレイは日本のみのピクチャーレーベル仕様!!

映画情報どっとこむ ralph 『ボヘミアン・ラプソディ』
原題:Bohemian Rhapsody





***********************************

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ 全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
©2018 Twentieth Century Fox
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ