「ラミ・マレック」タグアーカイブ

発売まで後3日、劇場版にないライヴ・エイド完全版入り『ボヘミアン・ラプソディ』!!


映画情報どっとこむ ralph イギリスの伝説的ロックバンドQUEEN(クイーン)のボーカル、故フレディ・マーキュリーの半生を描き、観客動員数900万人を超え、国内累計興行収入128億円(2019年4月9日現在)を突破!2018年公開作品興収ランキングNo.1を記録し2019年春現在もまだ絶賛公開中の『ボヘミアン・ラプソディ』。
劇場では観られなかったライヴ・エイド完全版(本編未収録の2曲を追加した21分ver)の他、豪華特典を収録したブルーレイ&DVDがついに、4月17日(水)に日本発売決定!
映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった日本版の初回生産分の豪華特典は、日本だけの「クイーン」ポストカードセットが封入されている。年代別で魅せる「クイーン」の貴重な写真が楽しめる。さらに、クイーンの4人を写真と共に紹介した、デジタルブックレットを期間限定でプレゼント!まだ母国イギリスでもスター扱いされていなかった1975年に初来日し、日本のファンに熱烈な歓迎を受けたことから親日家となったクイーンからの「お返し」ともいえるような日本版のみの特別豪華特典をぜひゲットしよう。

★第91回アカデミー賞において主演男優賞<ラミ・マレック>を含む最多4部門を受賞!
世界的大スター、フレディ・マーキュリーという非常に難しい役柄に挑み、世界中から賞賛を浴びたラミ。ビジュアルだけでなく、内面を秀逸に表現し、フレディに再び命を吹き込んだ。

★英語字幕付き「ライヴ・エイド完全版」!
劇場版ではカットされた2曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「愛という名の欲望」を追加した全6曲の”ライヴ・エイド完全版”を特別収録!さらに英語字幕付きなので、自宅で一緒に歌ってクイーンを堪能しよう!

★ボヘミアン・ラプソディの全てがわかるメイキング映像!
ウェンブリー・スタジアムの再現メイキングほか、キャストやブライアン・メイ&ロジャー・テイラーのインタビューなども収録!知られざる映画の撮影風景を目撃せよ!

★さらに初回生産分日本オリジナル特典を封入!
特製「クイーン」ポストカードセット付き! さらに、メンバーを写真と共に紹介した、デジタルブックレットも期間限定配信プレゼント!そしてブルーレイは日本のみのピクチャーレーベル仕様!!

映画情報どっとこむ ralph 『ボヘミアン・ラプソディ』
原題:Bohemian Rhapsody





***********************************

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ 全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
©2018 Twentieth Century Fox
   


45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』新旧場面写到着


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』6月21日・金 TOHOシネマズ シャンテ他全国公開。

リメイク版でのチャーリー・ハナム&ラミ・マレックの入魂の演技は、オリジナルスチールと見比べても遜色なく、その気迫を感じさせる。また、二人が並んだその姿は、若き日のマックイーンとホフマンを彷彿とさせ、日本版ポスターが公開になると、二人の激似ぶりが話題となりました。

映画情報どっとこむ ralph この度、1973年公開の『パピヨン』に主演した伝説のスター スティーブ・マックイーンの誕生日3月24日(日)午後2時に、オリジナル版スチール&本作の追加スチールが解禁。

オリジナル『パピヨン』

新作『パピヨン』


また、日本では長らく絶版だった原作本が河出書房新社より4月中旬に文庫本で復刊予定。

本書は原作者であるアンリ“パピヨン”シャリエールの実体験を基にした、驚くべき回顧録として69年に出版されると一千万部以上の世界的な大ベストセラーとなりました。今回の映画化では、この原作とダルトン・トランボによる73年版の脚本をベースにしており、オリジナル版にはない独自のエピソードも追加されています。


映画情報どっとこむ ralph 絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たちの姿に、日本は再び、胸を熱くする!

『パピヨン』

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

HP:
http://www.transformer/m/Papillon 

TWITTER:
https://twitter.com/PapillonRebirth


<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”(チャーリー・ハナム)と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガ(ラミ・マレック)と出会い、やがて二人は奇妙な友情で結ばれてゆく…。

***********************************

監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』

2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:Papillon / G / 日本語字幕:松浦美奈 
配給:トランスフォーマー / 提供:トランスフォーマー+シネマライズ / 原作『パピヨン』4月河出書房新社より発売予定
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

オリジナル『パピヨン』情報
(1973年/フランス=アメリカ合作/監督:フランクリン・J・シャフナー/出演:スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン)ブルーレイ:KIXF-4210/¥2,500+税 
DVD:KIBF-4445/¥1,900+税
企画協力:フィールドワークス
発売・販売:キングレコード
(C) 1973 Cinemotion N.V.


オスカー主演男優賞受賞ラミ・マレックxチャーリー・ハナム 脱獄映画の金字塔『パピヨン』


映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されることが決定。あわせて日本版ヴィジュアルが公開された。

作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。この世界的なベストセラー自伝小説は1973年『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され、パピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情は多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録した。

そして2019年、再びパピヨンが還ってくる――。

今回、公開になったメインヴィジュアルは、パピヨンとドガが並んだ1973年版のポスターにオマージュを捧げながらも、よりスタイリッシュにアップデートされている。

パピヨンを演じたハナムはヒット作の続編『パシフィック・リム2』のオファーを断り、本作を優先させた。「僕はマイケル・ノアー監督の大ファンで、ずっと一緒に仕事をする機会を熱望していた。それに、『パピヨン』は僕の青春時代にとって、非常に重要な作品だったんだ」と語る。制作陣にとってもハナムは、より原作のキャラクターに近い若い“パピヨン”像だったという。

ドガ役には当初からマレックが候補のトップに挙がっていたが、多忙なスケジュールのせいで、一時は出演が危ぶまれた。ハナムは「僕にとってラミ以外の選択肢はなかった。彼がドガを演じるというアイデアに固執するようになり、いよいよラミの出演が不可能な状況になりそうになった時、彼に電話をかけ、“ブラザー、やり抜こう!この映画を俺たちで実現させるんだ!”と言ったんだ。その時、僕らはお互いをよく知らなかったし、彼にとってはある種のプレッシャーだったと思う。でも、ありがたいことにラミは僕を受け入れてくれたんだ」マレックにとってもオリジナル映画は、思い出深い作品だった。「『パピヨン』は僕に強い影響を与えた作品だったので、この物語のリメイクは非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経っている。僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きだ。そして僕は、このキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。ドガを演じることは本当に楽しいことだった」ノアー監督は「彼らはお互いの素晴らしさを引き出しあった。それが今回の映画化において、私が最も誇りに思うことの一つです」とハナムとマレックの息の合った脱獄コンビぶりを語る。

映画情報どっとこむ ralph また本作の公開に先駆け、日本では長らく絶版だった原作本が河出書房新社より4月に文庫本で復刊予定。絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たちの姿に日本は再び、胸を熱くする!


映画『パピヨン
原題:Papillon

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロード

HP:
http://www.transformer/m/Papillon 

TWITTER:
@PapillonRebirth

<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

***********************************

監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』
2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch / G / 日本語字幕:松浦美奈 
配給:トランスフォーマー
提供:トランスフォーマー+シネマライズ / 原作『パピヨン』4月河出書房新社より発売予定
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 


主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックに!「第91回アカデミー賞授賞式」


映画情報どっとこむ ralph 只今、 ロサンゼルスのドルビー・シアターで開かれている「第91回アカデミー賞授賞式」が、WOWOWにて生中継中です。

授賞式もいよいよ終盤へ。

主演男優賞は、「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックが、初ノミネーションでの初受賞という快挙となった。

驚きの表情でステージにあがったラミは、

オーマイガッ!
母さんが会場のどこかにいるはず、家族のみんなもありがとう。
これは素晴らしい瞬間だ。
自分がここまで来れたこと、サポートしてくださった人、製作陣のみなさんに感謝します。
最初は僕は、(フレディ役の)第一候補じゃなかったけど、このような結果を出せてよかったです。
クイーンのみなさん、あなたたちの伝説の一部にしてくださったこと、一生この御恩は忘れません。
映画のキャスト、クルーのみなさん、あなたたちがいなければ自分がここに立つことはなかった
子供のころのラミ、クセっ毛で目がまん丸のアイデンティティに悩んでいた子供時代のぼくのような子供が、自分の声を発見するように、僕たちの映画は、ゲイで移民で悩んでいる主人公が、自分自身であろうとする物語です。
僕は、エジプト移民で、エジプト系アメリカ人の第一世代です。まさにここに自分の物語が描かれています。僕のことを信じてくださったみなさんに感謝します。この(オスカー)受賞は一生の宝です。
最後にルーシー・ボイントン(フレディの恋人役)、君はこの映画のハート(良心)であり、才能があるあなたは僕の心も虜にしました。本当にありがとう。


と熱いスピーチを披露し喝采が上がった。

© 2018 Twentieth Century Fox

生中継!第91回アカデミー賞授賞式 WOWOWプライムにて現在放送中
放送日:本日2019年2月25日(月)夜9:00[字幕版]
番組HP:
https://www.wowow.co.jp/academy/

AWARD photo:Getty Images

***********************************




『ボヘミアン・ラプソディ』動員500万人&70億円突破!


映画情報どっとこむ ralph 伝説のバンド<クイーン>。

常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が、ついに興行収入70億円を突破しました!
公開8週目に入り、12月29日(土)までの累計動員は5,081,356人、累計興行収入は70億1120万円に達しました!

3連休~クリスマス~年末も落ちが少なく、お正月に向けてますますの快進撃が期待され、最終興行収入は80億以上が確実で、2018年洋画興行収入ランキング第1位の座に着くのは目の前となっております。

2019年も『ボヘミアン・ラプソディ』は日本中を席巻し、まだまだ“ショウ・マスト・ゴー・オン!”が続きます!!

映画情報どっとこむ ralph ボヘミアン・ラプソディ

大ヒット上映中




過去記事: 映画の中の
『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック、グウィリム・リー、ジョー・マッゼロ来日記者会見
映画の中のQueenとは全然違うのです。役者って凄い。↓↓
http://eigajoho.com/131267


映画情報どっとこむ ralph 記者:
40歳代後半以上70歳代なら、最初違和感を感じるかもしれませんが、中盤には完全にフレディーにしか見えなくなります!後半には一緒にこぶし振り上げ、足鳴らしたくなるはず!涙ものです。

劇場も観に行きましたが、親子連れ、上司と部下、それとも・・・な、歳の差二人組が目立ったのも印象的でした。

お正月の帰省で、父母、祖父母と観に行くのも盛り上がるかも!
因に、ご存命なら72歳です。

***********************************

監督:ブライアン・シンガー
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)

出演:ラミ・マレック/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ

全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox