「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」タグアーカイブ

『ラブ&マーシー』サウンドトラック発売が緊急決定!


オリジナル・サウンドトラック発売が緊急決定!
60年代のブライアン演じるポール・ダノによるカバー曲も収録

時代を超えて愛され続ける名曲を生み出したザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて大ヒット公開中です。

この度、UNIVERSAL MUSIC JAPANより待望のオリジナル・サウンドトラックのリリースが緊急決定!
LM_01042_CROP
感動必至のエンディング・ソング「ワン・カインド・オブ・ラヴ」、ザ・ビーチ・ボーイズのオリジナル曲3曲に加えて、60年代の若きブライアンを演じたポール・ダノが劇中生歌を披露している「神のみぞ知る」のカバーも収録。また、アッティカス・ロスによるスコアなどが収録される。すでに映画を観た人もこれからの人もこの夏必聴の1枚となること間違いなし!

デジタル・リリースは8月14日予定。

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』オリジナル・サウンドトラック
トラックリスト:
1. The Black Hole – Atticus Ross and Leopold Ross
2. Don’t Worry Baby – The Beach Boys
3. Silhouette – Atticus Ross and Leopold Ross
4. God Only Knows – Paul Dano
5. God Only Knows – The Beach Boys
6. Believe – Atticus Ross, Leopold Ross and Nick Chuba
7. Good Vibrations – The Beach Boys
8. Losing It – Atticus Ross
9. I’m Right Here – Atticus Ross and Leopold Ross
10. The Bed Montage – Atticus Ross, Leopold Ross, The Beach Boys, The Four Freshmen
11. Intersection – Atticus Ross
12. Love and Mercy (Live) – Brian Wilson
13. One Kind of Love – Brian Wilson

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』オリジナル・サウンドトラック詳細
http://www.universal-music.co.jp/brian-wilson/news/2015/08/7

ラブ&マーシー
物語・・・
ラブ&マーシーロゴ1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。

********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ

監督・製作:ビル・ポーラッド 
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 
音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分
原題『LOVE & MERCY』
PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
公式サイト:loveandmercy-movie.jp
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ラブ&マーシー』公開前に見ておきたい企画展at代官山蔦屋


時代を超えて愛され続ける名曲を生み出したザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

公開まであと2週間を控えた7月18日(土)より代官山蔦屋で本作公開を記念した企画展がスタートしました!

展示1
ブライアンが愛用していた型を再現したモデルで映画本編でも使用されている>や、ザ・ビーチ・ボーイズの代名詞ともいえるボールドストライプシャツのほか、キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」などアナログレコードを展示する。また、本作の場面写真の数々をパネルとしても掲出。

映画公開前にブライアンや映画の世界に触れられる貴重な機会となっています。

●場所: 代官山蔦屋書店音楽フロア(東京都渋谷区猿楽町17-5)
●期間: 7/18 (土)~8/9(日)
●展示内容:『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』パネル
フェンダー社・アメリカンヴィンテージ63年型(白)、ガーベル新潟・ボールドストライプシャツ(赤)      キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」、ニューアルバム「ノー・ピア・プレッシャー」などアナログレコード


映画の物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。
ラブ&マーシー
********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド 脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/原題『LOVE & MERCY』/PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
公式サイト:loveandmercy-movie.jp
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』予告解禁!!


ザ・ビーチ・ボーイズの中心的メンバーであるブライアンウィルソンの知られざる半生を2人1役で描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

ですが、8月1日(土)公開を控え、ついに待望の日本オリジナル予告が解禁となります!
ラブ&マーシー
ビートルズにライバル心を燃やし新作制作に打ち込む姿などを捉えると同時に、本作はブライアン・ウィルソンというひとりの人間そのものに焦点を当てた人間ドラマとしての側面が大きく、今回はそれがとても伝わる構成になっています。ブライアンが「神のみぞ知る」を歌うシーンは、撮影前に入念なボイストレーニングを行ったダノによる代役なしの“生歌”だ。



物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった。

ラブ&マーシーs1
ラブ&マーシー 終わらないメロディー

8月1日(土)公開です!

公式サイト:loveandmercy-movie.jp

********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ

監督・製作:ビル・ポーラッド 
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 
音楽:アッティカス・ロス

2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分
原題『LOVE & MERCY』/PG12
監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA

© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』に絶賛コメント続々!


ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

ラブ&マーシー_メイン
いち早く本作を鑑賞した、各界のトップランナーである著名人GREAT3、Chocolat & Akitoの片寄明人氏、TOWA TEI氏、サエキけんぞう氏ほかから絶賛コメントが次々と寄せられています。

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』に寄せられたコメント一覧

新井仁(NORTHERN BRIGHT、SCOTT GOES FOR,、RON RON CLOU)
今まで本で読んだり当時の写真を見ながら膨らませていた妄想がひとつに繋がりました。特にレコーディングシーンで徐々に曲が形になって行く様には鳥肌が!ビーチボーイズファンはもちろん、全音楽ファン必見です!

片寄明人(ミュージシャン、音楽プロデューサー、GREAT3、Chocolat & Akito)
「神に捧げるティーンエイジ・シンフォニー」を創った天才の苦悩。その音楽同様、心の奥底へスピリチュアルに突き刺さる「愛と慈悲」に満ちた名作です。

越谷オサム(作家)
全編に息づく、スタッフ・キャストからブライアン・ウィルソンへの「ラブ&シンパシー」。何度でも観たくなる。

サエキけんぞう(作詞家、アーティスト)
天才には闇がある。ブライアンの禁断の日々が、カリフォルニアの青い空の下で感動的に蘇った。60年代クリップを実写で再現というアイデアもグッド!

ショコラ(ミュージシャン、Chocolat & Akito、Corcheaデザイナー)
たくさんの人に知ってもらいたい物語。ブライアンの純粋さに涙をハンカチでおさえました。なんにも心配ないよって安心させてあげたい…。

TOWA TEI(ニュー・アルバム ”CUTE”)
天才でエクストリームな人生は魅力的。しかもエンタメ業界の光と影なら尚更。歌もイケるポール・ダノの怪演完璧。60’sファッションやミッドセンチュリー・インテリアは目に、マニアックなレコーディング・シーンは耳にも快感。


能地祐子(音楽評論家)
なぜ自分がこんなにもブライアン・ウィルソンの音楽に心を奪われ続けているのか。その答えが映画の中に全部あった。ポール・ダノとジョン・キューザックは、ブライアンの魂そのものを演じているかのようだ。

萩原健太(音楽評論家)
写真でしか見たことがなかった有名シーンが動いてる!
それだけでもファン必見です。が、内容も深い。ここに描かれた苦悩と孤独感を噛み締めてから改めてブライアンの音楽に接すると、また違った世界が見えてくるはず。

森 勉(ペット・サウンズ・レコード店長)
歴史的名盤『ペット・サウンズ』を録音中のスタジオに忍び込めたら…という夢が疑似体験できる場面たっぷりの演出がうれしい。本物のブライアン・ウィルソンが乗り移ったようなポール・ダノの演技も見事。

湯川れい子(音楽評論家)
ビートルズからの猛攻撃に対して、アメリカン・サウンドを1人で創って対抗したとも言える才能の持ち主です。


ものがたり
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった。

ラブ&マーシー_s5
ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

公式サイト:loveandmercy-movie.jp

********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ

監督・製作:ビル・ポーラッド 
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 
音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分
原題『LOVE & MERCY』/PG12/
監修:萩原健太 
翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ブライアンに似すぎ!?『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』


ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

ラブ&マーシー_メイン
バンドの絶頂期にあった60年代と、長い闇の中から再び希望をもたらす80年代というブライアンの異なる時期を2人1役で演じ分けるという大胆な手法で描く本作で、60年代のパートを担うのは、アメリカ人若手演技派俳優の代表格といえるポール・ダノ。

『リトル・ミス・サンシャイン』や『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で注目され、『ルビー・スパークス』、本作の監督であるビル・ポーラッドがプロデューサーを務めた『それでも夜は明ける』など、クセのあるキャラクターは観る者に強烈な印象を与える。今後も今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「Youth」(原題)の公開が控えるなど、アート系の監督から引っ張りだこの活躍。

その彼が、本作で初めて実在する人物を演じ、新境地に挑んでいます。

ラブ&マーシー_サブ6
今回、ダノが31歳の誕生日を迎えた本日6月19日、ブライアン本人とのそっくり振りが分かる比較画像を解禁!14キロ増量という容姿面でのアプローチにとどまらず、ブライアンとして劇中歌うシーンでの生声、ちょっとした表情などに至るまで「なりきり演技」です。

Wブライアン
度々登場するブライアンとして歌うシーンでは、代役なしで本人の歌声そっくりな“生声”を披露。さらに、本作でもその制作過程を丹念に描くポピュラー・ミュージック史上不朽の名盤「ペット・サウンズ」制作に関わったミュージシャンからベースやピアノの弾き方の特訓まで受けたという。ダノは、本作について「この役に取り組むことにヤバイぐらいに夢中になって楽しんだ。心を奪われたよ。」と語っている。演技派が徹底した役作りで魅せる “なりきり演技”にぜひ注目してほしい。つきましては、本
ニュースをご掲載いただきますよう、ご検討をよろしくお願いいたします。

物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった。


ラブ&マーシー 終わらないメロディー
原題『LOVE & MERCY

8/1(土)、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ

公式サイト:loveandmercy-movie.jp


********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ
製作総指揮 :アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン
音楽:アッティカス・ロス

2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/
PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子

配給:KADOKAWA
(c) 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ