「ライリー・キーオ」タグアーカイブ

ラース・フォン・トリアー監督最新作 『ハウス・ジャック・ビルト』日本公開&邦題決定!ポスター解禁!


ラース・フォン・トリアー監督最新作 『ハウス・ジャック・ビルト』日本公開&邦題決定!ポスター解禁!

映画情報どっとこむ ralph 『奇跡の海』、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『アンチクライスト』、『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』といった話題作を世に送り出し、 輝かしい受賞歴を誇る一方、あらゆるタブーに切り込みセンセーショナルな反響を巻き起こしてきた鬼才ラース・フォン・トリアー。問題発言によるカンヌ国際映画祭追放処分を受けてから 7 年。

昨年開催した第 71 回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティショ ン部門で、待望のカムバックを果たした最新作『The House That Jack Built(原題)』が、邦題『ハウス・ジャック・ビルト』として 6 月 14 日(金)に日本公開されることが決定!

併せて、日本オリジナル版のポスタービジュアルも解禁します!

映画情報どっとこむ ralph 1970 年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっ かけからアートを創作するかのように殺人に没頭する・・・。彼の5つのエピソードを通じて明かされ る、 “ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12 年間の軌跡。

ラース・フォン・トリアー監督の元集結したのは、『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネ ートされたマット・ディロン、『ベルリン・天使の詩』で知られ惜しくも先日死去した名優ブルーノ・ガ ンツ、『ニンフォマニアック Vol.1』に続いての出演となったユマ・サーマン、『アンダー・ザ・シルバ ーレイク』のライリー・キーオといった超豪華キャスト陣。見事なアンサンブルをみせ、観る者の常 識を根底から揺さぶり、感性を刺激する鬼才の最新作に一役も二役も買っている。

カンヌ国際映画祭では途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オ ベーションが鳴りやまないという賛否真っ二つの異様な興奮に包まれた本作。アメリカでは、あま りの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されるという衝 撃と戦慄の大長編。先立って 11 月 28 日にノーカット版を 1 日限定 140 館で上映したところ、 全米興収ランキングでデイリー11 位を記録し、物議を醸した。そんな無修正完全ノーカット版が レイティング R18+にて日本上映実現! ラース・フォン・トリアーの完全復活作品となる本作に相応しい待遇に映画ファンなら興奮必至!

さらに、 家(ハウス)の形がくりぬかれた真っ赤でポップなデザインが印象的な日本オリジナル版ビジュアルも到着!しかし、その見 た目とは対照的に向こうには怪しい目でこちらをのぞき込む主人公ジャックの姿が!そのギャップと一瞬で目を引くデザインにキャ ッチコピー同様思わず「ゾッとするほど、魅力的」と感じてしまうこと間違いなし。 果たして、そのキャッチコピーに秘められた本当の意味とは?殺人鬼ジャックが 12 年間の告白で語る衝撃の内容とは…!?

映画情報どっとこむ ralph また、邦題を決定するにあたり、権利元を通じてトリアー監督に確認をしたところ、「本作においては、タイトル自体とても重要で、そ れを変えることは映画そのものを変えてしまうことにもなりかねない」と回答。ただし、公用語に冠詞(the)や関係代名詞(that)を持 たない国でのタイトルについてはそれらを削除することが許可され『ハウス・ジャック・ビルト』が正式な邦題として決定した!

ハウス・ジャック・ビルト
原題:The House That Jack Built

新宿バルト 9、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国公開

公式 HP:
HouseJackBuilt.jp

公式 Twitter&Facebook:
@HJB2019


***********************************

監督/脚本:ラース・フォン・トリアー
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『ニンフォマニアック』ほか

出演:マット・ディロン、ブルーノ・ガンツ、ユマ・サーマン、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス

配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
全米公開:11 月 28 日
R18+
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『イット・カムズ・アット・ナイト』最強の製作スタッフが誘うトラウマ的世界


映画情報どっとこむ ralph 『イット・フォローズ』の製作陣が仕掛ける、極限心理スリラー『イット・カムズ・アット・ナイト』が11月23日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります。


本作は『イット・フォローズ』の製作陣と2012年の設立以降『ムーンライト』、『エクス・マキナ』、『ア・ゴースト・ストーリー』など刺激的な話題作を放ち続ける気鋭スタジオA24が製作。監督は全米のインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持ち、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛された88年生まれの新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。主演は『ザ・ギフト』で長編初監督と主演を務めた実力派俳優ジョエル・エドガートン。監督の才能に惚れ込み、製作総指揮としても本作に参加した。よくあるホラー・スリラー映画とは少し違う角度から襲ってくる恐怖に目が離せなくなること間違いなしの極限心理スリラーがいよいよ日本に上陸します。

映画情報どっとこむ ralph 新人作曲家ブライアン・マコーマーが誘うトラウマ的世界&数々のインディペンデント映画を彩る最強のプロデューサー2人!

劇中に流れる恐怖をあおる音楽が秀逸な本作。静かだがじわじわと恐怖が迫ってくる音楽がトラヴィスの苦しい精神を表現し、観客をトラウマ的世界へと引き込んでいく。本作で音楽を担当しているのは、作曲家・演奏家兼生物学者と異色の経歴を持つブライアン・マコーマー。ペンシルベニア大学でライム病の分子生態学を学ぶ傍ら、グラミー賞ノミネートのバンド、ダーティープロジェクターズの元メンバーという経歴を持つ。ドラマーとしては、アラーム・ウィル・サウンド、ビョーク、デヴィッド・バーン、ドゥードゥー・ンジャイ・ローズ、ミラ・カリックス、ザ・ルーツ、セイント・ヴィンセント、イェーセイヤーらのレコーディングに参加している。2013年、活動の中心を映画音楽に移し、シュルツ監督の『Krisha』(14)の音楽を手掛け、フィルムメーカー・マガジンがインディペンデント映画の新鋭25人に選出。2017年にはアメリカン・インディペンデント・フィルム・アワードで最優秀作曲賞を受賞している。前作『Krisha』に続いてブライアン・マコーマーを登用して

シュルツ監督:『Krisha』の時には音が際立つような音楽にしましたが、本作では観客を引き込むような没入感を意識していたので、あまり音だけが目立つような作りにはしなかったんです。意識すればこういう音を使っているんだなと分かるくらい、肌で感じる程度、そしてキャラクターにそぐうようなサウンドデザインを心掛けました。

と、前作とは違ったアプローチの音楽を依頼したことを明かした。

そして、本作でプロデューサーを務めるのはデイヴィット・カプランとアンドレア・ロア。
数々の雑誌のランキングや賞で名前が挙げられ、名プロデューサーとして注目されている。デイヴィット・カプランは、ニューヨークを拠点にする制作会社アニマル・キングダム創設者の一人で、これまで手掛けてきた作品に『ショート・ターム』(13)、『イット・フォローズ』(14)、『浮き草たち』(16・Netflix配信)等がある。もう一人のプロデューサー、アンドレア・ロアは、これまでジム・ジャームッシュ、スティーブン・ソダーバーグ、ジョン・ウォーターズ監督作品など数々のインディペンデント映画に携わっている。

シュルツ監督:A24のスタッフが脚本を読んで、デイヴィット・カプランと組んだらどう?と勧めてくれたのが最初でした。そしてデイヴィットがアンドレア・ロアを連れて来たんです。2人とはとてもいいコラボレーションが図れました。

と、名プロデューサーと組むことになったきっかけを語ってくれています。

映画情報どっとこむ ralph これら最強の製作スタッフに支えられ、正体不明の“それ”へと追いつめられる、極限の心理スリラーが完成した。
彼らを追いつめる“それ”とは一体・・・

是非、劇場で!


『イット・カムズ・アット・ナイト』

STORY 夜やってくる“それ”の感染から逃れるため、森の奥でひっそりと暮らすポール一家。そこにウィルと名乗る男とその家族が助けを求めてやって来る。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開いていたことが発覚。誰かが感染したことを疑うも、今度はポール一家の犬が何者かによる外傷を負って発見され、さらにはある人物の不可解な発言…外から迫る、姿が見えない外部の恐怖に耐え続け、家の中には相互不信と狂気が渦巻く。彼らを追い詰める“それ”とは一体・・・。

***********************************

監督・脚本:
製作総指揮・主演:ジョエル・エドガートン

出演:クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ、ケルビン・ハリソン・ジュニア、ライリー・キーオ

2017年/アメリカ/英語/92分/カラー/シネスコ
原題:IT COMES AT NIGHT
字幕翻訳:伊原奈津子

配給:ギャガ・プラス
© 2017 A24 Distribution,LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハンパなくブッ飛んだ野心作!『アンダー・ザ・シルバーレイク』日本版予告編&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2015年アメリカで4館から1600館に異例の拡大公開、さらには全世界で大ヒットとなり、クエンティン・タランティーノに「こんなホラーは観たことがない」と言わしめた『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の最新作『アンダー・ザ・シルバーレイク』が、10月13日(土)新宿バルト9他全国順次ロードショーとなります。

今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、海外メディアからは「想像以上にドップリ、ハマった。」(Variety)、「ハンパなくブッ飛んだ野心作!」(AV club)、「ヒッチコックとリンチを融合させた悪魔版「ラ・ラ・ランド」だ!」(la Repubblica)などと評され、世界中を震撼させている本作。日本公開が待ち望まれる中、この度、日本版予告編とポスタービジュアルが解禁となりました!

この街は、何かに操られている。

物語の舞台は、ダウンタウンとハリウッドの間に位置し、セレブやアーティストなど多くのクリエイティブな若者が暮らすLAの<シルバーレイク>。アンドリュー・ガーフィールド演じるオタク青年のサムは、仕事もなく夢もなく、煌びやかなこの街に住むには似つかわしくないほど人生に失望していた。

「ゲームのように人生がリセットできれば…」そんなことばかり考えながら無気力に生きていたサムの前に、不意に訪れた運命の恋。しかし、人生を変える恋が始まろうとした矢先、突如彼女は姿を消すのだった。

解禁となった予告編の冒頭では、サムと謎の美女・サラ(ライリー・キーオ)の淡い恋模様が描かれるが、約30秒後に様相が一変。サラの失踪を皮切りに、サムの周囲には不穏に満ちた空気が漂っていく。壁に書かれた暗号、ヒット曲に隠されたメッセージ、サブリミナル、都市伝説、仕掛け地図…、1つ1つの謎を解き進めていくうち、次第にサムは光溢れるL.Aの街<シルバーレイク>に隠された巨大な闇へと近付いていく。

ヒッチコック、R.E.M.、デヴィット・リンチ、ニルヴァーナといったあらゆるカルチャーが交錯し、ミッチェル監督の真髄とも言える幻想的な映像美と音楽に揺られ、隅々まで散りばめられた謎は、予告編を何度も見返すことで新たな発見を予感させる。「この街は、何かに操られている。」併せて公開となったポスタービジュアルにも意味深なメッセージが記され、観る者の想像力を掻き立たせること請け合いだ。

「本作には、沢山の謎が隠れていて、人が見つけてくれるのを待っている。」と語るデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督。

奇才が仕掛ける、夢と現実、真実と虚構が入り交じる極上のサスペンス「アンダー・ザ・シルバーレイク」は10月13日(土)より公開。なお、前売り券は、8月17日(金)より発売される。

映画情報どっとこむ ralph ▼前売り情報
発売開始日:8月17日(金)

前売り特典:「アンダー・ザ・シルバーレイク」特製クリアポーチ
前売り券料金(税込):1,400円

※劇場窓口にてお買い求めの方に先着でプレゼントいたします。
※特典は前売り券1枚の購入につき1個となります。
※特典は無くなり次第終了とさせていただきます。

映画情報どっとこむ ralph アンダー・ザ・シルバーレイク

10月13日(土) 新宿バルト9 他 全国順次ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/underthesilverlake  

物語・・・
“大物”になる夢を抱いて、L.A.の<シルバーレイク>へ出てきたはずが、気がつけば仕事もなく、家賃まで滞納しているサム。ある日、向かいに越してきた美女サラにひと目惚れし、何とかデートの約束を取り付けるが、彼女は忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。折しも、大富豪や映画プロデューサーらの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没し、街を操る謎の裏組織の存在が噂されていた。暗号にサブリミナルメッセージ、都市伝説や陰謀論をこよなく愛するサムは、無敵のオタク知識を総動員して、シルバーレイクの下にうごめく闇へと迫るのだが──。

***********************************

監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル『イット・フォローズ』『アメリカン・スリープオーバー』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』『アメイジング・スパイダーマン』、ライリー・キーオ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ほか
原題:UNDER THE SILVER LAKE/2018/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:松浦美奈
配給:ギャガ 
© 2017 Under the LL Sea, LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スティーヴン・ソダーバーグ監督最新作『ローガン・ラッキー』 11月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督最新作。
全米最大のカーレースの裏側で繰り広げられる現金強奪。
ダニエル・クレイグほか豪華キャスト出演のクライム・エンタテインメント!

監督から引退していたスティーヴン・ソダーバーグが新作”Logan Lucky”とともに帰ってきた!
邦題が『ローガン・ラッキー』に正式決定し、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/STAR CHANNEL MOVIESの共同配給により、11月に全国公開されます。

不運続きのジミーとクライドのローガン兄弟(チャニング・テイタム&アダム・ドライヴァー)は、爆弾に関して天才的な技術をもつ囚人ジョー(ダニエル・クレイグ)を脱獄させ、全米が夢中になるNASCARレースの最中に、その売上金すべてを金庫から盗もうと企てる。

映画批評サイト、ロッテントマトで93%の高評価(8月21日現在)を得た、スティーヴン・ソダーバーグ監督 注目の復帰第一作、いよいよ日本公開!

ローガン・ラッキー

11月 TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー

***********************************

監督:スティーヴン・ソダーバーグ『オーシャンズ11』シリーズ
出演:チャニング・テイタム『マジック・マイク』 アダム・ドライヴァー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
ダニエル・クレイグ『007』シリーズ ヒラリー・スワンク『ミリオンダラー・ベイビー』
ライリー・キーオ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
提供:東北新社
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/STAR CHANNEL MOVIES

© 2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ