「ライアン・ゴズリング」タグアーカイブ

デイミアン・チャゼル監督xライアン・ゴズリング『ファースト・マン』第43回トロント国際映画祭プレミア


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞で同時ノミネートされた他作品を圧倒し、世界各国でも大絶賛が巻き起こった『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)が、2019年2月より全国公開とおなります。

本日9月12日は、 “宇宙の日”!!!
日本にとって記念すべき日本時間9月12日に、カナダのトロント国際映画祭で、人類で初めて月面へ着陸を果たしたアポロ11号計画をニール・アームストロングの目線で描いた『ファースト・マン』の映画祭公式記者会見が行われました。(現地時間:9月11日)


映画『ファースト・マン』第43回トロント国際映画祭プレミア
公式会見:9月11日(水)10:30頃~ 
TIFF Bell Lightbox ※現地時間

参加者(敬称略):デイミアン・チャゼル(監督)、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、カイル・チャンドラー、コリー・ストール、パトリック・フュジット、オリビア・ハミルトン、リック・アームストロング/マーク・アームストロング(ニール・アームストロング息子)

映画情報どっとこむ ralph プレミアフォトコール
デイミアン・チャゼル監督、主演ライアン・ゴズリング、クレア・フォイほか出演者。さらにニール・アームストロングの息子兄弟も参加し終始和やかなムードで行われました。

チャゼル監督は製作のきっかけとして

チャゼル監督:『ファースト・マン』は『セッション』に続き同様のテーマで目標や野望を達成するために払う犠牲について探求する良い機会になると考えていた。」が、進めるうちに「アームストロングは今まで描いたそのような役柄と比べ、単なる野望にとどまらずたえず彼方にある何かを見たいという欲求があった。そんな彼が、歴史上あの期間に起きていた宇宙戦争のなかで、少年の頃から抱いた飛行への情熱であったり、その何かを見たいという欲求を、自身の任務を通して昇華させたという点に興味を引かれ、何とかして映画化したいという想いに突き動かされました!

と語り、監督から直々に本作の主演のオファーを受けたというライアン・ゴズリングは

ライアンさん:監督から神話のように語られるアームストロングの真実の姿を描きたかったと聞き、責任重大だと感じました!

と答えました。
月面着陸シーンで演じることの重要性については

ライアンさん:英雄的な瞬間を自分のことでなく、森羅万象に関わることとして名言を残した彼を理解すること、そしてその過程に携われたことは大変光栄なことでした。

と語った。


また妻のジャネットを演じたクレア・フォイは、アームストロングの人間性や、傍で支える妻の姿にスポットが当たった本作の脚本にとても感銘を受けたそうで

フォイさん:本作の素晴らしい点は、月に行く男たちの人間性という、誰も重要視せず、興味も持たなかった面に光を当てたこと。彼らには私生活があり、(月に行くにあたって)妻や子どもと口論をしたことなど、誰も気にかけなかった。今回は脚本を読んで、“是非出演させてほしい”と思いました。

とコメントした。


会見には、アームストロング本人の息子であるリック・アームストロングとマーク・アームストロングも登壇!

マークさん:本作は真実に忠実であることを物語っている。すでに4、5回観ているが、昨晩も観てまた泣いてしまった。映画の内容および出演者たちの演技が、いかに真に迫っているかを物語っている作品だと思います。

と本作に賞賛を贈った。ライアン・ゴズリングによると

ライアンさん:息子ら家族は撮影に協力と支援を惜しまず、宇宙シーンの撮影には実際のアポロ計画の宇宙飛行士ら、そしてセットには原作者のジェイムズ・R・ハンセンが常駐しました。皆さんがニールとジャネット、そして彼らの功績をとても大切にされていて、事実と異なる描写がされないようにあらん限りの情報を提供したいと思ってくださっていることを強く感じましたね。

と当時を知る協力者たちに感謝を述べました!



映画情報どっとこむ ralph 『ファースト・マン』
原題:『FIRST MAN』


全米公開:10月12日(金) 
日本では、2019年2月に全国公開。

アームストロングを演じるのは『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。

監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在の宇宙飛行士、アポロ11号船長ニール・アームストロング。全人類の夢であり未来を切り開いた偉業のすべてを、賞レース常連の実力派監督、脚本家、俳優らが集結し当時の記録に基づく綿密な研究と持ち前の手腕によって圧巻のリアリティと臨場感たっぷりに描かれる。本作は第75回ベネチア国際映画祭オープニング上映作品に選出され、上映後にはスタンディングオベーションが巻き起こり、主演ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声が上がった。トロント国際映画祭ではガラ・プレゼンテーション部門に選出。公式上映はIMAXスクリーンの劇場で行われ、視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。海外の映画評論家からますますの高評価が集まっている。

本作は、今後釜山国際映画祭、ハンプトンズ国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待される。第43回トロント国際映画祭の授賞式は現地時間9月16日(日)に行われる。

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)  
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和


デイミアン・チャゼル、ライアン・ゴズリングら登場!『ファースト・マン』ベネチア国際映画祭でワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞で同時ノミネートされた他作品を圧倒し、世界各国でも大絶賛が巻き起こった『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)が、2019年2月より全国公開されます。

この度、本作が第75回ベネチア国際映画祭のオープニング上映作品に選ばれ、主演ライアン・ゴズリング、ヒロインのクレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、オリヴィア・ハミルトンといった個性光る演技派俳優らとアカデミー賞監督のデイミアン・チャゼル、同賞受賞の脚本ジョシュ・シンガーら豪華キャストと制作陣がベネチアに集結!映画祭の初日を華々しく飾るワールドプレミアが開催され、映画祭公式記者会見にも参加。

全世界から注目を浴びる『ファースト・マン』の作品に込めたそれぞれの想いが語られた。

映画『ファースト・マン』 第75回ベネチア国際映画祭 概要】
参加者(敬称略)
デイミアン・チャゼル(監督)、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、オリヴィア・ハミルトン、ジョシュ・シンガー(脚本)他
日付:8月29日(水)
8月29日(水)14:30頃~ Excelsior Hotel
公式上映(ワールドプレミア):
8月29日(水)19:00頃~ SALA GRANDE
※すべて現地時間

映画情報どっとこむ ralph 映画祭公式会見には、前作『ラ・ラ・ランド』で同年のアカデミー賞を席巻したデイミアン・チャゼル監督最新作ということもあり、会場には250人のキャパシティが満席になるほどのマスコミ陣が殺到!

大きな歓声とフラッシュの嵐に歓迎されながら、メガホンを取ったチャゼル監督、ニール・アームストロングを演じたライアン・ゴズリング、アームストロングを支える妻ジャネットを演じたクレア・フォイ、アームストロングとともにアポロ計画に参加する友人で宇宙飛行士エド・ホワイトを演じたジェイソン・クラーク、ジェイソンの妻パットを演じたオリヴィア・ハミルトン、脚本のジョシュ・シンガーが登壇し、大勢の海外メディアからの溢れんばかりの質問に丁寧に答えた。

人類初となる月面着陸を成し遂げたアポロ11号船長、ニール・アームストロングをテーマに本作を製作したことについて「月面着陸を象徴的な画像や断片的な映像でしか知らない世代としては簡単にできたことだと感じてしまうが、実際はそうでなく、実現までの道のりを段階的に描きたかった」とチャゼル監督は語り、アームストロングを演じたライアン・ゴズリングは役作りについて「彼の息子たちや妻だったジャネットなど家族や幼なじみまで会い、飛行機の操縦法を身につける訓練もした。アームストロングはテストパイロット時代、その時点で開発中のテスト機に乗り込み、知識を向上させるために命がけでテスト飛行に臨むことができるような特殊な人で、自分(ライアン)には到底できない、その違いを認識することが役作りにおいて重要だった」とも語った。

チャゼル監督は、よくある美しくロマンチックな宇宙映画とは全く異なる本作について「博物館で宇宙船の実物を観て、宇宙計画の文献や映像などからは感じられない、恐ろしくよく成功したなというリアルな想いを大切にしたかった」とチャゼル監督ならではの視点が語られた。本作ではアームストロングは偉業を成し遂げた“ヒーロー”でなく、家族を通して性格や心情が描かれ、脚本ジョシュ・シンガーは「アームストロングをよく知る元NASA長官マイク・グリフィンから『象徴的な物語でなく人間的な物語にするなら協力を惜しまない』と言われ、それはこの会見に臨む我々全員の目標だった」、アームストロングの妻、ジャネット役を演じたクレア・フォイは「アームストロングの子供たちにとって両親たちがどのように映っていたかを尊重した」と語った。今までの作品で音楽・音響に注目されてきたチャゼル監督は「月面探査時にヘルメットを通し、聞こえるライアンの呼吸音のシーンは実際にアポロ16号で月面探索したジョン・ヤング宇宙飛行士のヘルメットを使用した」というこだわりの製作エピソードも明かした。

映画情報どっとこむ ralph 映画祭公式会見の後、ワールドプレミアが開催され、レッドカーペットには華やかにドレスアップしたキャストと制作陣が登場。
錚々たるスタッフ・キャスト面々を一目見ようと、大勢の観客とマスコミが詰めかけたベネチア国際映画祭のレッドカーペット会場。期待と興奮で熱気が高まるなか、ライアン・ゴズリングはさわやかな白のジャケット、クレアは映画祭開催国が輩出したハイブランドのバレンチノのドレス、ジェイソン・クラークは黒のタキシードで登場した。デイミアン・チャゼル監督は、自身の妻であり、本作にも出演しているオリヴィア・ハミルトンとともに仲むつまじく撮影に応じた。メディアや観客からは「ライアンコール」が沸き起こるなど、ファンやマスコミの熱狂的な呼びかけに気軽にサインや撮影に応じた。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、今後トロント国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待されています。

ファースト・マン
原題:『FIRST MAN

日本では、2019年2月に全国公開される。

公式Twitter:
https://twitter.com/firstmanmoviejp

公式Facebook:
https://www.facebook.com/firstmanmoviejp/

監督、脚本、出演俳優らそれぞれによる綿密な研究を元にリアリティが追求され製作された本作。史上最も危険なミッションに人生を捧げ、命がけで成功へ導いたアームストロングの人生と月面着陸計画が臨場感たっぷりに壮大なスケールで描かれる。

原作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファーストマン」。アームストロングには、『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

***********************************

監督:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、ほか
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)
※全て作品公開年は日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用/©Universal Pictures and DreamWorks Pictures
映像用/©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
   


映画『ファースト・マン』ベネチア国際映画祭、オープニング上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 僕らが生まれるずっと前のアポロのお話を・・・・
『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)が、2019年2月より全国公開。

この度、本作が今年開催される第75回ベネチア国際映画祭のオープニング作品として上映されることが決定しました!!!
ベネチア国際映画祭は、世界三大国際映画祭の一つ。その年のアカデミー賞を占う<最初の前哨戦>として注目される映画祭で、過去には、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)、『ゼロ・グラビティ』(13)、『ブラック・スワン』(11)などオスカーを賑わせた数々の作品がオープニング上映作品に選出されている。デイミアン・チャゼル監督の作品がベネチア国際映画祭のオープニングに選出されるのは2度目。チャゼル監督は、「ベネチア国際映画祭の招待を受けて恐縮しています、そして再びベネチアへ戻れることに感激しています。とりわけ月面着陸の記念日※に近い日にこのニュースをお伝え出来ることにとても感動しています。この作品をこの映画祭で上映できることを本当に楽しみにしています」とコメント。『ラ・ラ・ランド』(17)では、主演のエマ・ストーンが同映画祭の最優秀女優賞を受賞したのを皮切りに、その年の映画賞を席巻、アカデミー賞では過去最多タイでノミネートされ、自身は最年少でアカデミー賞監督賞を受賞。同様に、『ファースト・マン』は早くもアカデミー賞大本命と全世界から注目を集めている。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、「人類が夢に見た景色」を胸に抱き、前人未踏の”未知なるミッション”である月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで挑んだ男(ヒーロー)、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの壮大な旅路を描く。アームストロングには、チャゼル監督と『ラ・ラ・ランド』でタッグを組み、ゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞したライアン・ゴズリング。『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は“若き天才”デイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

第75回ベネチア国際映画祭は8月29日(水)~9月8日(土)に開催、審査委員長には昨年同映画祭で金獅子賞、アカデミー賞では作品賞ほかを受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』監督のギレルモ・デル・トロが務めます!

映画『ファースト・マン
原題:『FIRST MAN』
全米公開:10月12日(予定)

公式サイト:
http://www.firstman.jp/

公式Twitter:
@firstmanmoviejp

**********************************


監督:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、ほか

脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18) ※全て作品公開年は日本公開年

原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン 配給宣伝:東宝東和 ※月面着陸の日(7月20日)



写真用クレジット:©Universal Pictures and DreamWorks Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


月面着陸 記念日7月20日 アポロ11号アームストロング船長の人生『ファースト・マン』特報映像初解禁


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞を席巻した『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)。日本公開は人類が月面着陸を果たした1969年から50周年のメモリアルイヤーとなる2019年2月に決定しました。

着陸を果たした世界的な記念日の7月20日(金)に待望の特報映像が初解禁!!。

“That’s one small step for (a) man, one giant leap for mankind. (「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」)”。史上最も危険なミッション、月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導き、前出の名言を残したヒーロー男、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を壮大なスケールで描く『ファースト・マン』(日本公開2019年2月決定)の特報映像が解禁となった。原作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファーストマン」。アームストロングには、『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

映画情報どっとこむ ralph 最新映像技術を駆使、劇場で観るとまるでアポロ11号に乗船しているような臨場感溢れる映像
 
特報映像には、オレンジ色に光る噴射炎とともに打ち上げられる宇宙船を一点に見つめるニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)。「最初に月を歩く、すごいな」という力強い台詞から始まる。技術の進歩が不可欠な人類初の「月面着陸」。その偉業に果敢に立ち向かう乗船員たちやNASAのプロジェクトチームの生死をかけた訓練、一方で船員の人命を犠牲してまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意をもって臨むアームストロングの姿が描かれる。ロケット発射のカウントダウンともに一般的な暖かい家庭の父親として妻や子供たちとの日常生活がフラッシュバックし複雑な心情も。アームストロングの人生をそして命をかけた月面着陸計画。人類にとっては夢であり偉大な飛躍となった壮大なミッションの真実が圧倒的な緊迫感と共に描かれる。記念すべき2019年2月に公開される本作、あなたは“アポロ11号の4人目の乗務員“となって月面着陸を体感する!



***********************************

原題:『FIRST MAN』 全米公開:10月12日(予定) 
監督:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、ほか
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)  ※全て作品公開年は日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン 
配給宣伝:東宝東和 

©Universal Pictures and DreamWorks Pictures
©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


『ブレードランナー 2049』ライアンとハリソンとの格闘シーンメイキング映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ハリソン・フォードがスタントなしでキレキレのアクションを披露!

勢い余って、左ストレートがライアン・ゴズリングに直撃してしまうハプニングも!特典ディスクに収録のメイキング映像を一部公開!

フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、SFとフィルム・ノワールを融合し、それまで存在しなかったジャンルを確立して映画史に金字塔を打ち立てた、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』。
Harrison Ford in Blade Runner 2049 in association with Columbia Pictures, domestic distribution by Warner Bros. Pictures and international distribution by Sony Pictures Releasing International.

映画の世界のみならず、アニメ、音楽、アート、ファッションなどあらゆるカルチャーに影響をもたらし、なお語り継がれる前作のDNAを受け継いだ正統続編『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDを、3月2日(水)発売、同日レンタル開始致します。

本作は、第90回アカデミー賞(R)の美術賞をはじめとする5部門でノミネートされており、受賞が期待されます!
Ryan Gosling and Harrison Ford star in Alcon Entertainmentユs sci fi thriller BLADE RUNNER 2049 in association with Columbia Pictures, domestic distribution by Warner Bros. Pictures and international distribution by Sony Pictures Releasing International.

★本作のリリースに先駆け、特典ディスクに収録される映像特典より、K役を演じるライアン・ゴズリングとリック・デッカード役を演じるハリソン・フォードとの格闘シーンのメイキング映像を一部公開致します!



映画情報どっとこむ ralph ブレードランナー 2049

ブルーレイ&DVD&3D&UHD 3月2日(水)発売&レンタル開始
デジタル先行配信中

■ブルーレイ【初回生産限定】4,743円+税
■DVD【初回生産限定】3,800円+税
■IN 3D【初回生産限定】5,695円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイセット【初回生産限定】6,800円+税

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2017 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ブレードランナー2049』公式ホームページ

***********************************