「ヨコハマ映画祭」タグアーカイブ

第40回ヨコハマ映画祭にて『寝ても覚めても』が最多6冠を受賞!


映画情報どっとこむ ralph 本日行われた第40回ヨコハマ映画祭にて『寝ても覚めても』が最多6冠を受賞!

日本映画ベスト10で第1位を獲得し、出演者、スタッフが揃って出席した。主演男優賞に東出昌大、助演女優賞に伊藤沙莉、最優秀新人賞に唐田えりか、撮影賞にカメラマンの佐々木靖之。監督賞を受賞した濱口竜介監督の代理でC&I山本晃久プロデューサーが登壇し、作品賞を全出演者、スタッフを代表しビターズ・エンド定井勇二プロデューサーが受け取った。

★唐田えりか「女優としてまだまだです」

この日登壇した『寝ても覚めても』チームの中でトップバッターを切った唐田。
受賞の喜びと共に、これからの女優としての決意を新たにした。

「私は『寝ても覚めても』も大好きで、朝子も大好きなんですけど、受賞の知らせを聞いてどこか他人事の様にも思います。それはまだ私が女優としてまだまだ未熟で、自分自身に納得していないから。この作品の現場では、濱口監督から「何も考えなくていいから東出さんや周りの出演者の様子をしっかり観察してください」と言われたままにしていたら、自然と自分の中から出てくるものがあって、その感情のままに動きました」と劇中の朝子と同じように、飾らない唐田本人の心からの言葉を述べた。挨拶の最後には新人にも関わらずたくさんお花束が贈られた。

映画情報どっとこむ ralph ★伊藤沙莉「私にはお芝居しか武器がない」
本作と『榎田貿易商』の2作品での助演女優賞となった伊藤は、子役からの決して短くはないキャリアの中で、本賞を受賞出来たことに感無量だった。
「私は小さい頃から何をやっても続かなくて、家族も大丈夫か?と心配していたと思う。でもその中で唯一続いたのがお芝居。好きなことをやって好きなお芝居でこうして受賞できたことが本当に嬉しいです」と丁寧に口にした。昨年はテレビにドラマに引っ張りだこ、さらに今年ブレイクの注目女優としても名前の上がる伊藤。さらに、共に切磋琢磨する同世代の俳優たちを見て「お芝居しか武器がないので、たくさんの武器を持っている人をみると不安や焦りを感じることもあります。でも荷物が少ない分身軽でいいなとも思ってます。これからも感謝の気持ちと初心を忘れないように頑張ります。この人が出てるから観に行こうと足を運ぶきっかけになりたいです」と決意表明をした。

★東出昌大「みなさんがいい影響を与えてくださっている」
MCから名前を呼ばれると、客席から黄色い声援が聞こえた「このような賞を頂き大変光栄です」とゆっくりと口にした東出。昨年は話題作5本に立て続けに出演した。
「今の事務所に入って6年目。いまだにお芝居って何だろうと思います。同じ役はふたつとありません。でも、一緒にお仕事をする監督から「主演は受け芝居が多いな」と言われました。主演というのは人間的成長を描かれることが多いんです。外的な共演者からの影響を受けて最後までカメラの前に立ち続けます。ですので、本当にお世辞ではなく、みなさんが良い影響を与えてくださったから、今の僕がいるんです。これからも頑張ります」とあいさつをした。

映画情報どっとこむ ralph 共演した唐田、伊藤も参加して現場での東出の印象を聞かれると伊藤は「読めない、幻想的!?」、唐田は「常に消えそうで何を考えているのか…」との回答に会場は大爆笑。フォローになってないとMCからのツッコミが入ると、伊藤がすかさず「ミステリアスな人ですね、やっと似合う言葉が出た」と返すように言葉を発した、それにもまた会場に笑いが巻き起こった。現場の時から常に先陣切ってキャスト、スタッフを引っ張ってきた東出に、信頼関係があるからこその絶妙なボケツッコミ合戦となった。

東出があいさつを終えると、会場から一斉にファンが駆け寄り、会場の後ろまで届く長蛇の列ができた。一人一人から丁寧に花束を受け取る東出に、会場からは幸せのため息が漏れ聞こえた。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの日会場に来れなかった濱口監督からは喜びのコメントが届いた。

ヨコハマ映画祭において『寝ても覚めても』6部門受賞という結果を聞き、大変驚くとともに、心から嬉しく思っています。ただまさにこの授賞式の日に先約があり、伺えず申し訳なく思っております。メッセージをプロデューサーの山本さんに代読していただきます。2017年の夏、2週間ほど毎日雨が降り続けるのをかわしつつの撮影でしたが、それすら味方についたような、運のいい撮影でした。ただこの映画にとって一番の幸運は東出さん、唐田さん、伊藤さんはじめ、素晴らしい俳優の皆さんがカメラの前に立ってくれたことです。一人一人の輝きがどんどん増していくのを実感しながら、佐々木さん共々カメラの後ろにいた夏は、今もとても幸せな記憶としてあります。ただ、単に自分がこの俳優さんを好きだから輝いて見えるだけなのかもしれない、という不安は、封切りのその日まで意外とずっとあるものなのです。それだけに映画ファンの皆さんの投票で決まるヨコハマ映画祭の賞を『寝ても覚めても』がこんなにもたくさん受賞したことを心より嬉しく、また誇らしく思っています。自分が現場で素晴らしいと思っていたものが、観客にとってもそう思ってもらえるものなのだと、とても勇気づけられました。ありがとうございます。


改めて、
東出さん、主演男優賞おめでとうございます。
唐田さん、最優秀新人賞おめでとうございます。
伊藤さん、助演女優賞おめでとうございます。
佐々木さん、撮影賞おめでとうございます。
プロデューサーの皆さん、作品賞おめでとうございます。
そして自分には監督賞おめでとう、と言っておきます。


この場を借りて、『寝ても覚めても』を作らせてくれた、原作の柴崎友香さん、プロデューサーやスタッフたち、キャストの皆さんに御礼を言わせてください。ありがとうございました。また一緒にお仕事をしましょう。

ヨコハマ映画祭の皆さん、『寝ても覚めても』をご覧くださった全ての皆様にも御礼申し上げます。
ありがとうございました。新作を見ていただけるように、今後とも精進します。

『寝ても覚めても』監督 濱口竜介

映画情報どっとこむ ralph 表彰式最後の集合写真の後には、東出とともに、同じく登壇した山崎努、役所広司、松坂桃李4名の俳優 が手を取り合い客席を沸かせる一幕もありました。


映画『寝ても覚めても

◆ストーリー
東京。
丸子亮平は勤務先の会議室へコーヒーを届けに来た泉谷朝子と出会う。ぎこちない態度をとる朝子に
惹かれていく亮平。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら朝子も惹かれていく。
しかし、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、2年前に朝子が大阪に住んでいた時、
運命的な恋に落ちた恋人・鳥居麦に顔がそっくりだったのだ――。

5年後。
亮平と朝子は共に暮らし、亮平の会社の同僚・串橋や、朝子とルームシェアをしていたマヤと時々食事を
4人で摂るなど、平穏だけど満たされた日々を過ごしていた。ある日、亮平と朝子は出掛けた先で
大阪時代の朝子の友人・春代と出会う。7年ぶりの再会。2年前に別れも告げずに麦の行方が
分からなくなって以来、大阪で親しかった春代も、麦の遠縁だった岡崎とも疎遠になっていた。
その麦が、現在はモデルとなって注目されていることを朝子は知る。
亮平との穏やかな生活を過ごしていた朝子に、麦の行方を知ることは小さなショックを与えた。

一緒にいるといつも不安で、でも好きにならずにいられなかった麦との時間。
ささやかだけれど、いつも温かく包み、安心を与えてくれる亮平との時間。
朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだった……。


***********************************

◆スタッフ/キャスト
出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/
仲本工事/田中美佐子
監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊) 音楽:tofubeats
主題歌:tofubeats「RIVER」(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ