「ユーロスペース」タグアーカイブ

河東梨香x鈴木マサル『希望のかなた』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ユーロスペースではキュレーションアプリ「antenna*」と共同で、 ユーロスペースがプッシュする素晴らしい映画と、映画に描き出されるライフスタイルにフォーカスを当てたトークショーを 組み合わせた、映画の新しい楽しみ方を提案するイベントを定期開催。

その第1弾として、大ヒット上映中の2017年ベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)受賞のフィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督最 新作『希望のかなた』をピックアップし、12月23日(土・祝)の上映後に、北欧にゆかりの深いテキスタイルデザイナーの河 東梨香さんと鈴木マサルさんをゲストに迎え、フィンランドの生活風景とそこに生きる人たちの姿を独特の視点で描き出 したこの作品を入り口に、北欧ならではのデザインや色彩感覚について語りました。

<antenna*cinema vol.1 映画『希望のかなた』トークイベント>
日時:11月23日(土・祝)
場所:渋谷・ユーロスペース
登壇:河東梨香(テキスタイル・インテリアデザイナー) 、鈴木マサル(テキスタイルデザイナー)
司会:小川智宏(antenna*)
主催:antenna*×ユーロスペース

映画情報どっとこむ ralph デンマーク人の母を持つテキスタイル&インテリアデザイナーの河東梨香さんと、2010年よりマリメッコのデザインに参 加し自身のファブリックブランドも持つテキスタルデザイナーの鈴木マサルさん。ともにムーミン関連のデザインも手掛け ているという共通項も持つ北欧にゆかりの深い二人が、映画『希望のかなた』上映後のトークイベントに登壇した。

実はカウリスマキ作品を鑑賞するのははじめてだったと告白した河東さんは、映画『希望のかなた』について、

河東さん:はじめは 独特のリズムに戸惑った。難民という難しいテーマを描いているが、決してつらく悲しいだけでない希望のある終わり方。

と感想を述ました。また

「光の描き方がおもしろい。まるで絵画のよう。

とレストランオーナーのヴィクストロムが一人で酒を飲むシーンをお気に入りに挙げた。一方の鈴木さんは開口一番

鈴木さん:知り合いがたくさん出ていてびっくりした!寿司屋の シーンで登場する(日本人エキストラ)の半分くらい。僕が普段やってるデザインはいわゆるジャパニーズ 北欧というか、わりとかわいいイメージで日本ではとらえられているが、カウリスマキ作品は、彼独自の世界観はあるにせよ、実際のフィンランドのある種の暗さをとらえていて案外リアルだった。

と映画の印象を語った。

河東さんはフィンランドについて自身がよく知る

河東さん:デンマークともまた全然違っている。どちらかというと幼いころ住んでい たロシアに似てる。歴史的にも統治下にあった影響が色濃く残っているのではないか。

と北欧諸国でも国によってそれ ぞれ違った個性を持っていることを伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、鈴木さんは自身も携わるフィンランドを代表するブランドで、ポップな印象のあるマリメッコについて、

鈴木さん:マリメッコは まだできて60年そこそこのブランド。日本では北欧ってカラフルなイメージがあると思いますが、フィンランドはマリメッコ以 前には全然そうではなかった。何もないフラットな空間があったからマリメッコのような鮮やかなデザインがポンと入ってき たんだと思う。カウリスマキ監督の作品はタイプライターが出てきたりとレトロな世界観。きっと昔のフィンランドのイメージを意識してるのかもしれないですね。

と分析した。

トークの後半ではお二人が北欧で撮影した写真をスライドに流しながら北欧デザインの特徴について掘り下げた。河東さんは福祉施設や公共施設の写真を複数紹介。

鈴木さん:壁や床にブルーや水色が多用されている。そこに対になる赤の椅子を 持ってきている。こういったコントラストはブルーの壁、赤い絨毯といったカウリスマキ作品に通じる。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
1930年代に著名な建築家アアルトがデザインしたヘルシンキにある「レストラン・サボイ」を紹介。カウリスマキ作品に登場 するレストランに雰囲気が似ているとして、会場の皆さんにオススメした。続いて鈴木さんはやはりカウリスマキ作品のレス トランに似ているとして、ヘルシンキ郊外のオールドスタイルのレストランの写真を紹介。

鈴木さん:モノを大切にする文化があって、食器とかもずっと同じブランドのものを使い続けるからスタイルが変わらない。

と説明した。昨今、日本で北欧デザインのブームが続いており、カウリスマキ監督も小津安二郎を意識するなど日本びいきとしても知ら れている。北欧と日本の共通点について

鈴木さん:シンプルなものを好む。精神性が近いのかもしれない。東の果てと北 の果て、どちらにも辺境の美学があるのではないか。

と分析した。劇中でのトンデモ寿司屋が強烈に印象に残ったというお二人。最近ではヘルシンキに寿司バイキングができるほどに実際 寿司ブーム。オススメのネタはやはりサーモンとのこと。

antenna*×ユーロスペースでは今後も良質な作品からライフスタイルをテーマに語り合うコラボトークイベントを定期的に 開催する予定。



希望のかなた

原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN
英語題:THE OTHER SIDE OF HOPE

kibou-fllm.com

物語・・・
内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘル シンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおり か、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、 自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞ れの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。


***********************************

監督・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜ /カラー
/字幕翻訳:石田泰子/提供:ユーロスペース、松竹
配給:ユーロスペー ス/宣伝:テレザ
後援:フィンランド大使館、協力:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人国連UNHCR協会
推薦:カトリッ ク中央協議会広報
© SPUTNIK OY, 2017
   


アキ・カウリスマキ監督 『希望のかなた』35ミリフィルム上映決定のお知らせ!


映画情報どっとこむ ralph フィルム撮影にこだわる続けるフィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督の最新作『希望のかなた』が12月2日(土)より渋谷・ユーロスペース、新宿ピカデリーほか全国順次公開となります。

このたび、本作の日本語字幕版35ミリフィルムでの上映が一部劇場にて決定しました。

カウリスマキ監督といえばデジタルでの映画製作が主流となった現在でも一貫してフィルムでの映画製作にこだわり続けていることで知られています。本作『希望のかなた』も撮影から編集まで全ての行程をデジタルを一切介さずに作られた作品です。上映用のプリントもオリジナルネガからダイレクトに焼かれたものとなります。劇場の上映環境もデジタルが主流となった今、2017年公開の新作外国映画で、35ミリフィルム上映は、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』(9月9日公開)と本作『希望のかなた』のみだそうです。




映画情報どっとこむ ralph ユーロスペース支配人の北條誠人さんコメント
たぶん、ユーロスペースで、35㎜フィルムの新作を上映することが『希望のかなた』で最後になる予感がします。アキ・カウリスマキ監督もその思いで撮影、ポストプロダクション、そしてベルリン映画祭でのプレミア上映に臨んできたのではないでしょうか。その気持ちに近づきたいと思いました。またデジタル上映では観えないことがフィルム上映では観えることにも、今回、気がつきました。いくつかの劇場からも上映してくれる申し出をいただき、とてもうれしく思います。


映画情報どっとこむ ralph 【35ミリフィルム上映を実施予定の劇場】(2017.11.27現在)

東京/渋谷・ユーロスペース
愛知/名古屋シネマテーク
北海道/札幌・シアターキノ
石川/金沢・シネモンド
山口/山口情報芸術センター[YCAM]
群馬/シネマテークたかさき           

…ほか3劇場(予定)
公式HP:
kibou-film.com

※期間・上映回等、限定での上映となります。すべての回が対象ではございません。
35ミリフィルム上映実施回につきましては各上映劇場までお問合せください。

映画情報どっとこむ ralph 希望のかなた
原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN/英語題:THE OTHER SIDE OF HOPE

公開表記:12月2日(土)より、渋谷・ユーロスペース、新宿ピカデリー他全国順次公開

生き別れた妹を見つけたい。そのひたむきな願いを叶えるのは、

名もなき人々のちいさなやさしさ。

シリア難民の青年カーリドは、北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。彼の願いは“いい人々のいい国”だと聞いたここフィンランドで、生き別れた妹を見つけて暮らすこと。しかし難民申請は却下され、街中では理不尽な暴力にさらされてしまう。そんなカーリドにしがないレストランオーナーのヴィクストロムは救いの手をさしのべ、自身のレストラン“ゴールデン・パイント”に雇い入れる。世間からすこしはみ出たようなゴールデン・パイントの店員たちもカーリドを受け入れはじめた頃、彼のもとに妹が見つかったという知らせが入り…。

2017年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したフィンランドの名匠アキ・カウリスマキが前作『ル・アーブルの靴みがき』に続き、難民問題に正面から向き合った新たな傑作。主演のシリア人俳優シェルワン・ハジを迎え入れたのは、サカリ・クオスマネンをはじめとする個性的なカウリスマキ組の常連俳優たちと、カウリスマキの愛犬ヴァルプ。フィンランドのベテランミュージシャンによる演奏シーンの数々や、痛烈な“わさびネタ”も必見です!

***********************************

監督・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン 2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜/カラー//字幕翻訳:石田泰子/提供:ユーロスペース、松竹
配給:ユーロスペース
宣伝:テレザ
後援:フィンランド大使館、
協力:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
推薦:カトリック中央協議会広報

© SPUTNIK OY, 2017 


原一男監督 『ニッポン国 VS 泉南石綿村』 釜山国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 韓国 釜山で2017年10月12日-21日にかけて開催された第22回釜山国際映画祭(PUSAN International Film Festival)において原一男監督の最新作映画『ニッポン国 VS 泉南石綿村』が、 ワイドアングル部門にてセメナ賞(最優秀ドキュメンタリー)を受賞しました!

映画祭開催期間 2017年10月12日‐10月21日
釜山国際映画祭公式HP:
http://www.biff.kr

映画情報どっとこむ ralph 原一男監督、受賞コメント

釜山国際映画祭で BIFF メセナ賞(最優秀ドキュメンタリー賞)を受賞しま した。泉南の原告団、弁護団、市民の会の人たちと喜びを分かち合いたいと 思います。釜山での上映に韓国のアスベスト被害者の人たちが駆けつけてく れて泉南の人たちと交流しましたが、韓国の被害者のおじさんが、自分の奥 さんがアスベストの被害でひどく苦しみながら死んでいった、映画を見なが らその奥さんのことを思い出して泣けて泣けて……と私に語ってくれまし たが、その話を聞いて私が泣きそうになってしまいました。この映画はやは り、日韓のそうしたアスベストの被害者の人たちのものである、と今、しみ じみ考えています。

映画情報どっとこむ ralph
また、今後は第 18 回東京フィルメックス(11月18~26 日)にて特別招待作品として上映予定です(上映日時25日 10:00‐) 。

劇場公開は、2018 年3 月、ユーロスペースにて公開です。

映画情報どっとこむ ralph イントロダクション

明治の終わりから石綿(アスベスト)産業で栄えた大阪・泉南地域。

肺に吸い込むと長い潜伏期間の末に肺 がんや中皮腫を発症するアスベスト疾患の責任を求めて、工場の元労働者と家族、周辺住民らが国家賠償請 求訴訟を起こす。

最高裁判決までの8年以上にわたる原告と弁護団の闘いを支援者として丁寧に記録する一方、映画作家として被害者、家族らの揺れ動く生の感情をカメラの前に引き出し、裁判終結までの痛切な闘争のドラマを描き出した。
***********************************

監督:原一男 製作:小林佐智子
撮影:原一男、構成:小林佐智子
編集:秦岳志
整音:小川武 音楽:柳下美恵、
制作:島野千尋
助成:大阪芸術大学芸術研究所 JSPS 科研費
製作・配給:疾走プロダクション
配給協力:太秦
宣伝協力:スリーピン
2017 年/215 分/DCP/16:9/日本/ドキュメンタリー
©疾走プロダクション
       


萩原みのり、久保田紗友『ハローグッバイ』初々しい初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 菊地健雄監督作品『ハローグッバイ』が公開初日を迎え、キャスト登壇の舞台挨拶が行われました。

本作は、孤独と秘密を抱える正反対の女子高生2人の間に友情が生まれる様子を繊細に描き出した、瑞々しい青春ドラマ。
その初日舞台挨拶が萩原みのりさん、久保田紗友さん、もたいまさこさん、渡辺シュンスケさん、渡辺真起子さん、岡本夏美さん、川瀬陽太さん、菊地健雄監督が登壇して行われました。


映画『ハローグッバイ』初日舞台挨拶
日時:7月15日(土)
場所:ユーロスペース
登壇:萩原みのり、久保田紗友、もたいまさこ、渡辺シュンスケ、渡辺真起子、岡本夏美、川瀬陽太、菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 萩原みのりさんと久保田紗友さんの若手2人が主演を務める映画『ハローグッバイ』。

本作が初の主演となる萩原さんは開口一番

萩原さん:今日が初めての舞台挨拶なので、ものすごく緊張しています。
と現在の気持ちを明かした。同じく初主演の久保田さんは

久保田さん:ついにこの日がやってきて。去年の撮影からあっという間でしたが、今は幸せな気持ちです。
と笑顔を見せた。

映画情報どっとこむ ralph 認知症のおばあさん小林悦子役を演じた名女優もたいまさこさんとの共演に

萩原さん:私達、もたいさんのことが本当に大好きすぎて。カメラが回っていない時もずっと一緒にいてくれたことがとても嬉しかったです。商店街のシーンでお団子屋さんがあって、二人で『お団子美味しそう』と話していたら、後からもたいさんがお団子を買ってきてくださったんです!撮影中は終始もたいさんの前でキャッキャしていました!

と楽しそうに振り返り、それに対し

もたいさん:可愛かったですよ~

と優しい眼差し返しで会場はを温めました。

また、本作でもたいさんの娘、小林早紀役を演じた渡辺真起子さんは本作を振り返り

渡辺さん:本当に撮影時はアスファルト溶けちゃうんじゃないかってぐらい暑くて、監督もしつこいし(笑)。でも炎天下の中の撮影でしたけど、幸せな時間でした。

と話、萩原みのりの友人役を演じた岡本夏美さんは

岡本さん:主演2人とは違ったい生き方をした女子高生を演じて、少しでも2人の関係性にスパイスのようなものを加えられたらと思い演じました!

との岡本さんの演技に対し、

萩原さん:正直、怖かったです!『私達、友達だよね?』という台詞があるんですけど、その時の顔がものすごく怖くて…。でも普段は本当に優しいです!

と言うと

岡本さん:逆にそのフォローだめ!

というやりとりに会場は大盛り上がり。

映画情報どっとこむ ralph 最後に会場の方へのメッセージにて

萩原さん:すごく素敵な作品に主演という形で出させていただいて、とても幸せでした。私はこの作品が本当に大好きなので、みなさんにも好きだと思ってもらえたら幸せです!

久保田さん:この作品を作る段階からすべてが一期一会だと思っていました。短距離走のような機関の中ですごく濃密な時間を過ごせました。あの当時16歳の私だったからこそ生まれる感情を出せて、それを映し出せた作品になっていると思います。この作品を観て、少しでもポジティブに、そして共感して頂ければ嬉しいです。

と感謝の気持ちを語った。
もたいさん:ここを観てほしいというシーンはなく、むしろ全てを楽しんで観て欲しいです。でも特に私が推すのは渡辺シュンスケさんが演じるシーン。生のシュンスケさんはとても素敵ですよ。

と褒め、渡辺シュンスケさんは照れることしきり。 最後に本作の監督を務めて

菊地監督:みなさん一人一人が存在してくれた作品になりました。1回見ただけでは気づかない細かい部分もあるので、2度3度見るたびに新たな発見ができる作品となっていますので、ぜひみなさん何度も足を運んでいただければと思います。

とメッセージ。

映画『ハローグッバイ

は7月15日より渋谷ユーロスペース他全国順次公開中。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えられなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

***********************************

出演:萩原みのり、久保田紗友、渡辺シュンスケ、渡辺真起子、小笠原海(超特急)、岡本夏美、松永ミチル、望月瑠菜、桐生コウジ、池田良、川瀬陽太/木野花/もたいまさこ

監督:菊地健雄
脚本:加藤綾子
主題曲/音楽:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)
企画・プロデュース : 内田わか
プロデューサー:平林勉
製作・提供:Sony Music Artists Inc.
配給:アンプラグド

2016年/日本/80分/1.1.66/5.1ch/カラー
©2016 Sony Music Artists Inc. hello-goodbye.jp
  


佐々木芽生監督、最新ドキュメンタリー『おクジラさま ふたつの正義の物語』


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画。

『A WHALE OF A TALE』の邦題が『おクジラさま ふたつの正義の物語』として9月よりユーロスペースにて全国順次公開の運びとなりました。本作は、2010 年公開、東京で25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー!

紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。

追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として 400 年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという 2010 年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 ― 捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 ― という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。

歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?

今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画に。
そして・・・
今回解禁されたポスタービジュアルは、現代美術アーティストとして最も人気が高い芸術家のひとりでもある 山口晃さんが本作の為に描き下ろしたものとなっています。 過去に浅田次郎の『一路』や三浦しをんの『風が強く吹いている』の書籍表紙を手掛けられてますが、映画のポスタービジュアルを描いてくださったのは本作が初めてだそうです。

映画情報どっとこむ ralph 【特報映像】 今回公開された特報映像では、「捕鯨問題」によってたまたま世界のメディアの的 となってしまう、本来のどかな町、太地町が映し出される。 『食料難の時にくじらで助けてもらった』太地町の人々に対し、捕鯨に反対する外 国人が押し寄せ、二つの意見がぶつかり合う様子を淡々とした映像と、日本人女 性監督の視点で、太地町で起こる事実にカメラを向け続ける。


映画情報どっとこむ ralph 佐々木芽生 監督よりコメントが到着!
なぜ日本は、クジラやイルカのことで世界の非難を浴びるのか?その答えを探すために何年も太地に通っていたら、 今私たちが、世界が抱えている多くの問題にぶちあたりました。そして知れば知るほど、自分がいかに知らないかに悩みました。問題は、捕鯨やイ ルカ漁に賛成か、反対かではないのです。なぜ動物を巡って私たちは対立し、憎み合うのか。今世界で起きていること、みなさんの人生に起きて いること、どうすれば私たちは分かり合えるのか。そのヒントをこの映画から見つけて貰えれば嬉しいです。

『おクジラさま ふたつの正義の物語』

原題:A WHALE OF A TALE

9月ユーロスペースにて待望の公開!

***********************************

2017年 / 日本・アメリカ / 97分 / HD / 16:9

制作:FINE LINE MEDIA JAPAN

制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム