「ユン・ソクホ監督」タグアーカイブ

監督も含め爽やかな風が吹く初々しい『心に吹く風』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『心に吹く風』が 6月17 日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなり、その公開初日を祝して、舞台挨拶イベントが行われました。映画上映後の舞台挨拶では、韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督ほか眞島秀和さん、真田麻垂美さん、鈴木仁さん、駒井蓮さんが登壇して撮影時の暖かエピソードを語りました

『心に吹く風』 初日舞台挨拶イベント 開催概要
日付:6月17 日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:眞島秀和、真田麻垂美、鈴木仁、駒井蓮、ユン・ソクホ監督

映画情報どっとこむ ralph 眞島さん:撮影から約1年。今日から始まりました。嬉しくほっとしています。心に届いたものがあれば嬉しく思います。
役が繊細な人物だったので演じるのは大変でしたが、監督も一人で日本に来ているわけですし、真田さんも久し振りの復帰作だったので、この映画のために全力で頑張りました。監督は最初からカメラを回して撮っていくので戸惑いましたが、作品を作っていく演出は普段とあまり変わらなかったです。

映画の為に体重を増やしていたそうで、映画とは違う雰囲気の真田さん。
真田さん:少しでも皆さんの心に風が吹けばと思っています。監督との偶然の出会いで16年ぶりにこうして戻ってくるととは思ってもいませんでしたので、新鮮な気持ちで演じました。現場はとても刺激的ながら家族のようでしたのでありがたかったです。

眞島さんと真田さんの高校生時代役の初々しいお二人
鈴木さん:初めての役者の仕事ですが自分なりに一生懸命やらせていただきました。監督が温かく接してくださって本当にこの作品に携えられて嬉しかったです。
駒井さん:感想が気になります。台本上はセリフはなかったのですが、アドリブで会話をしていました。今回が初めて恋愛作品なので、わからない部分は、監督の描く純粋な愛を感じ出て、私の中にも新しい風が吹いた気がします。
ソクホ監督:ミンサンコンニチハ!オアイデキテウレシイデス。初めての映画の初日を迎えられて感動しています。昨日は眠れなくて。。凄く緊張して皆さんの感想を心配しています。(良かったことを大きな拍手で答える観客)日本はスケジュール通りに完璧に取っていくそうですが、私はその時その時の感情で撮っていったので、日本人俳優スタッフが大変だったと思います。例えば風待ち、風にキュー出せないので、女優さんに気持ちを作ってもらうのは大変でした。

眞島さん:いろいろ待ちましたね(笑)

真田さん:でも、待ち時間も楽しかったですよね。

この後サプライズで監督にお手紙が・・
真田さん:親愛なる監督。監督とは面接で出会い、年明けからの北海道ロケ、キャンペーン。とても沢山の時間を映画とともに過ごした日々は宝物です。本当に楽しく充実した日々でした。監督から学んだのはあらゆる偶然の繰り返しの中で出会いが生まれ、それは大自然の一部であり素直に生きることが大切だと教えていただきました。。。こころからありがとうございました。

監督:本当にありがとうございます。縁を大切にしていきたいと思います。
映画情報どっとこむ ralph 映画『心に吹く風』

6 月 17 日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

物語・・・
舞台は北海道。ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。20 年ぶりの再会、春香には 夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。お互いを思いながらも別々の人生を 歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。そして、2 日間の道行の末に。春香は越えてはいけない一線を越える決 意をするのだが…。

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング 制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス <日本/2017/ビスタ/107 分/5.1ch>
©松竹ブロードキャスティング
製作:松竹ブロードキャスティング
配給:松竹ブロードキャスティング
アーク・フィルムズ (日本/2017/ビスタ/107分/5.1ch




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ユン・ソクホ監督x眞島秀和,真田麻垂美『心に吹く風』にぺ・ヨンジュン、チェ・ジウらコメント!


映画情報どっとこむ ralph 映画『心に吹く風』が6月17 日㈯より公開する運びとなりました。 本作は、“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト(『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオー ケストラ』)の第 4 弾となります。
「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大な自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を 描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生しました。
監督は、韓国ドラマ「冬のソナタ」で日本中に韓流ブームを巻き起こし、韓国ドラマ界の巨匠 として不動の地位を築いたユン・ソクホ監督。本作は、ユン・ソクホ監督の初の劇場映画であり、初の日本作品となる。出演は、映画・テレビ・演劇で幅広く活躍する人気男優・眞島秀和と、この作品が16年ぶりの映画復帰作となる伝説の女優・真田麻垂美(『眠る男』『月とキャベツ』)。

映画情報どっとこむ ralph 今回、日本において一大韓国ドラマ旋風を巻き起こした「冬のソナタ」でお馴染みのキャスト、また豪華著名人から続々と感動のコメン トが到着しましたのでご紹介。

「冬のソナタ」カン・ジュンサン、イ・ミニョン役 ぺ・ヨンジュン
ぺ・ヨンジュン ユン・ソクホ監督とともにお仕事していた時のことを思い起こすと、繊細な感情を引き出してくださる演出力とたくさんの 人々を包容する暖かさに毎回感動していたことを想い出します。純粋で切ない初恋の感性を誰よりも上手に表現される 監督ですので、今回の『心に吹く風』もまたたくさんの方々に愛されると期待しています。日本での公開を心からお祝い申 し上げるとともに、これからも良いお知らせがたくさん届くことを願っています。

「冬のソナタ」チョン・ユジン役 チェ・ジウ
久しぶりにユン・ソクホ監督の暖かくて感性的な映画を見ることができてとても嬉しかった。 純粋で美しい映画です。

「いま、会いにゆきます」 市川拓司(作家)
ぼくは以前、自分の小説の中に「ひとは一生、初恋の相手の夢を見続けるものなのだろうか?」と書いたことがありまし た。その答えをこの映画の中に見たような気がしました。ある種の人間は一生に一度しか恋に落ちることがなく、その記 憶は人生を貫く目映い光となって彼らを照らし続けます。リョウスケのその強い思いと覚悟に気付いたとき、ぼくは涙を止 めることが出来なかった。そして、もう一度映画を最初から見返したのでした。

『月とキャベツ』 篠原哲雄(映画監督)
すれ違いメロドラマの王道を久しぶりに堪能しました。そして何より真田麻垂美が邦画界に帰ってきた事が嬉しい。 北海道でしかあり得ない美しい風景と風の音が微妙に心にざわめきを起こしてくれた。

田中雅美(スポーツコメンテーター)
初恋とは誰にも触れることができない自分だけの宝箱。 北海道の風が奏でる木々や草花の声が美しく、そして切なく、一人一人の心の宝箱を優しくノックする作品。

輪島功一(スポーツジム会長)
男と女、違うからこそ求めあう。お互いにすれ違いながらも、大自然の中で愛を育む2 人は、純粋で人間くさい。 人間の素直な心を映した奥の深い、まさに北海道らしい映画です。

映画情報どっとこむ ralph 心に吹く風

6月17日(土)新宿武蔵野館他全国順次ロードショー!


物語・・・
舞台は北海道。ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。20 年ぶりの再会、春香には 夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。お互いを思いながらも別々の人生を 歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。そして、2 日間の道行の末に。春香は越えてはいけない一線を越える決 意をするのだが…。

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス <日本/2017/ビスタ/107 分/5.1ch>
©松竹ブロードキャスティング
製作:松竹ブロードキャスティング
配給:松竹ブロードキャスティング
アーク・フィルムズ
日本/2017/ビスタ/107分/5.1ch
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

眞島秀和、真田麻垂美ら登壇『心に吹く風』完成披露試写舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『心に吹く風』が 6 月 10 日(土)より 北海道にて先行公開、 6 月 17日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなります。
全国公開に先駆け、 本日 5 月 17 日(水)、映画『心に吹く風』の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶では、「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督のほか、主人公のビデオアーティストのリ ョウスケ役を演じた眞島秀和、高校時代の恋人・春香を演じた真田麻垂美、高校時代のリョウスケを演じた鈴木仁、同じく高校時代の春香を演じた駒井蓮が登壇。
豪華俳優陣達を迎え、撮影中のエピソードや、また 60 歳の誕 生日を迎えるユン・ソクホ監督へのバースデーサプライズなど大いに盛り上がったイベントとなりました。

日付:5 月17 日(水)
場所:スペースFS汐留
登壇:眞島秀和、真田麻垂美、鈴木仁、駒井蓮、ユン・ソクホ監督

映画情報どっとこむ ralph 本イベントには、眞島秀和、真田麻垂美、鈴木仁、駒井蓮、ユン・ソクホ監督が登壇。

まず、日本で映画を撮ることになった際の心情について尋ねられ、

ユン監督:今まで映画を撮るチャンスがなく、松竹BC さんからお誘いを受けた時は 大変驚きました。また韓国ではなく、日本で映画を撮るというのは慣れないことへの挑戦でしたが、同時に ときめきも感じ、大変嬉しかったです。

とコメント。 本作では喪失感を抱きつつ、ミステリアスな映像作家という影のある役を演じた眞島さん。今回の役柄について、

眞島さん:本当に難しい役でした。ラブストーリーは何か大きな事件や物事が起きたりするわけではないので特に繊 細に気持ちを表していくことは自分の中には無い感覚だったので監督と相談し合いながら作り上げていき ました。

監督とのエピソードについては、

眞島さん:よく言われたのは優しくなってください、と。目つき があまりよくないので油断すると冷たい表情に見える時があったらしく、色々とご指導いただきました。

と笑いを交えながらコメント。

映画情報どっとこむ ralph また、本作が 16 年ぶりの復帰作であり、ユン監督のワークショップオーディションでヒロインに選ばれた という

真田さん:初めてのワークショップを体験させていただきましたが、監督がそれぞれの個性を引き出す ような雰囲気作りをしてくださったおかげで心を自由に動かせるような、貴重な時間を過ごさせてもらいました。

と当時の様子を語った。また本作で 10 キロ増量し挑んだことについて

真田さん:春香という女性を考えたら、 普通のことを当たり前にできる女性でありたいなと思った。毎日を大切に生きることをしようと。自分の生活を 変えて(春香に)合わせたら朝、昼、晩と、しっかりご飯を食べた。そしたら自然に 10 キロ太ったんです。

と苦笑いで役作りを振り返った。


本作でリョウスケ〈眞島秀和〉の高校生時代を演じ、実生活ではメンズノンノのモデルとしても活躍してい る鈴木さん。撮影エピソードなどを聞かれると、

鈴木さん:ユン監督からパートナーの駒井さんとコミュニケーションを とって欲しいと言われましたが人見知りを発揮してしまい・・。ですがだんだんと慣れ、楽しみながらでき ました。

とコメント。続けて、春香〈真田麻垂美〉の高校生時代を演じた駒井さんは

駒井さん:台本上で台詞はありま せんでしたが、撮影を進めて行く中で雰囲気で感じたことを想像しながら話していたので仕草や距離感に表れているんじゃないかと思います。

と自身の役どころについてコメント。

映画情報どっとこむ ralph そして、来月6月4日に還暦を迎えるユン・ソクホ監督に共演者からバースデーサプライズが!
真田さんからは 赤いちゃんちゃんこ、駒井さんからは頭巾、共演者全員からは、大吟醸酒(「心に吹く風」ラベル)のプレゼン ト!

サプライズに驚きつつも、ちゃんちゃんこと頭巾にばっちりと身を包んで

ユン監督:こういう経験は 初めてなので、びっくりしています。とても嬉しく感動しています。

と照れながらも嬉しそうな様子。

最後に、会場の皆さんにメッセージを求められ、

ユン監督:俳優の皆さんにもたくさん助けられ、たく さん学びました。私の知らない日本の演じ方や雰囲気をみせてくれた。私自身新しい自分に出会えたようで 嬉しいです。その雰囲気を是非スクリーンで感じ取って欲しいです。

と作品についてアツく語った。

サプライズも大成功し、あたたかい空気に包まれながらも、本イベントは大盛況の内に幕を閉じました。



***********************************

出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス

製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス <日本/2017/ビスタ/107 分/5.1ch>
©松竹ブロードキャスティング




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ゆうばり映画祭3日目。小林直己、石井杏奈、ユン・ソクホ、眞島秀和ら登壇


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017(会期:3月2日(木)~3月6日(月))が開催中です。
その3日目。

「冬のソナタ」ユン・ソクホ監督らが登壇した『心に吹く風』、小林直己、石井杏奈、錦織良成監督登壇の『たたら侍』舞台挨拶、さらに北海道から全国区へマルチな才能を発揮する鈴井貴之が登場するトークイベントなど、盛りだくさんの内容となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『心に吹く風』舞台挨拶
3月4日(土)10:30~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

ドラマ「冬のソナタ」で日本に一大ブームを巻き起こしたユン・ソクホ監督の、待望の映画初監督作品『心に吹く風』が、ゆうばり映画祭でジャパン・プレミア上映を迎えた。舞台挨拶には、ユン・ソクホをはじめ出演の眞島秀和、真田麻垂美、撮影監督の高間賢治が登壇。
ソクホ監督は、かつて日本中に巻き起こった“冬ソナ”ブームについて「一生忘れられない」と感慨深げに振り返り、今回日本映画で監督を務められたことを喜んだ。また、劇中での眞島の恰好が「冬のソナタ」の“ヨン様”ことペ・ヨンジュンに似ていることに触れられると、監督は「特に意識はしていないが、自分の好みは出ているかもしれない」と語り、“冬ソナ”ファンの観客を盛り上げた。眞島は本作への出演を喜びつつも、撮影現場では、リハーサルを行わずいきなり本番を迎えるソクホ監督の現場に、新鮮味を感じたと語った。本作が16年ぶりの映画復帰作となる真田は、役柄のイメージに寄せるために、監督の「絶対に痩せないで」というリクエストから10キロ太って撮影に挑んだことを告白。舞台上でのスレンダーな姿からは想像もつかない、渾身の役作りに会場からは驚きの声が上がった。また、本作の舞台となった北海道・富良野と美瑛は監督のこだわりで選ばれたことや、変わりやすい天気との戦いなど撮影秘話が語られ、作品を見たばかりの観客は終始盛り上がりを見せていた。

ユン・ソクホ監督コメント
「こうして映画を通してみなさんとお会いできることを嬉しく思います。この映画で描いているのは、色々あっても生きることに価値がある、生きることは美しいということ。みなさんの印象に残ることができたら嬉しいです。」

映画情報どっとこむ ralph 『たたら侍』舞台挨拶
3月4日(土)13:30~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

午後からは、EXILE HIROプロデュースの時代劇『たたら侍』ジャパン・プレミア上映が開催され、大歓声のなか出演の小林直己、石井杏奈、錦織監督が登場した。

小林と石井は初めての夕張来訪となったが、あたたかな歓迎ムードに「映画祭に参加できて嬉しい」と笑顔でコメント。本作は、戦国時代の奥出雲の村で伝統の継承を背負った青年が、さまざまな葛藤を経て真の武士へと成長していくさまを描いた時代劇。舞台となる島根県奥出雲の山中には、役者陣も大絶賛するほどクオリティの高い「村」のセットが実際に建てられ、ドラマだけでなくビジュアル面でも壮大なスケールを誇る一作となっている。本作が映画初出演となる小林は、本作への出演を喜ぶとともに、「普段はEXILEや三代目 J Soul Brothersの活動を通して、みなさんの支えになれればいいと思いやっているが、今度は映画を通してメッセージを込めた」と熱い思いを打ち明けた。錦織監督は小林について、「殺陣もうまく、セリフが少なくてもたたずまいからほぼ侍のようで、新ヒーローが誕生したと思った」と絶賛。一方で、小林が撮影中に、圧倒的自然を前に1時間山を見つめて立ち尽くす不思議な姿を目撃したエピソードも披露し、会場に笑いを巻き起こした。女優としても活動するなか時代劇初挑戦となる石井は、最初は不安を覚えたものの、本作でプロデューサーを務めるHIROが現場を見に来て感想をくれたことで気合が入ったと当時を振り返った。さらに本作では、華麗な巫女舞も披露。E-girlsとしてキレの良いダンスも披露してきた石井だが、巫女舞は勝手が違い苦労したと語るも、彼女が踊るシーンでは美しい朝日やスーパームーンに偶然遭遇していたことが明かされ、監督からも「(運を)持ってる」と称賛された。

また錦織監督は本作の製作にあたり、プロデューサーであるHIROから「本物を作ってくれ」とオーダーがあったことを告白。「若い人たちはこうした作品はなかなか見ないかもしれないが、本物を作れば気づいてくれる」と若い世代へも熱意を込めて作られた作品であることを語った。また小林は、撮影中に本作でプロデューサーを務めたHIROより、激励メッセージや「コンビニの差し入れ」があったことを告白。山の中での撮影により買い物が容易でなかったため、豊富に物資を差し入れてもらったと明かすと、スケールの大きすぎるサポートに会場からもどよめきが起こった。最後には、この映画で日本が持つ文化や精神の素晴らしさを再確認したという小林から、公開にあたって「日本が誇る素晴らしいものを伝えていきたい」と意気込みが語られ、惜しみない拍手が送られた。

映画情報どっとこむ ralph 北海道ロケトークスペシャル第3弾 鈴井貴之監督作品
『雪女』からみる旧産炭地の魅力

3月4日(土)11:00~ 会場:合宿の宿ひまわり 武道場

合宿の宿ひまわり 武道場では、伝説的バラエティー番組「水曜どうでしょう」をはじめ多岐にわたり才能を発揮する、北海道を代表するクリエイター・鈴井貴之氏が登場。監督を務めたドラマ「不便な便利屋2016 初雪」から生まれたショートフィルム『雪女』の上映、そして鈴木直道夕張市長も交えてのトークセッションが実施された。上映後、鈴井と鈴木市長が登壇すると、まずは開口一番、市長が「本当に(監督の出身地である)赤平愛で溢れていましたね」とコメント。鈴井は、かつて赤平も財政破綻になるという、夕張と似たような直面を迎えた際、実はいろんな地域活性の会議に参加していたことを告白した。「赤平市出身とはいえ、会議が終わってしまったら札幌に帰るので、(自分が)よそ者のような気分がして。これではいけないと思い、赤平に住居を構えて住民票も移したんです」と”赤平愛”を明かし、会場を驚かせた。さらに「財政破綻に陥った時、町(赤平)は悲惨な雰囲気なのかと思ったら地元の人たちはとてもポジティブで。元気づけようと思って赤平に行ったのに、逆に元気をもらいましたね」とコメントしつつ、「東京で仕事をしていたら悩むこともあるけれど、赤平の町に行くと活性化されて元気になれて、リフレッシュ出来るんです。そういう力がローカル(地方)にはある」と力強く語った。対する市長も「鈴井監督が持つその”本気さ”や、地元の人の『やるぞ!』という気持ちが、こういう形に繋がっているんだと思います」と語り、ふたりの”北海道愛”が伝わるトークイベントとなった。

***********************************

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ