「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」タグアーカイブ

藤森慎吾ビジネスチャラ男認めた!?『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』初日


映画情報どっとこむ ralph 全米初登場No.1、全世界で興収5億ドルを突破し、シリーズ最高記録を更新したシリーズ最新作『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』が、10 月19日(金)よりユナイテッド・シネマ、シネプレックスにて劇場公開となりました。


その初日舞台挨拶が、10 月 19 日(金)にユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、日本語吹替版キャストの山寺宏一さん、川島海荷さん、藤森慎吾さん、観月ありささんの4名が登壇し行われました。

日付:10月19日
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:山寺宏一、川島海荷、藤森慎吾、観月ありさ

映画情報どっとこむ ralph 本作は世界中からモンスターたちが癒しや憩いを求めてやってくるモンスター・ホテルが舞台。ホテル切り盛りしているドラキュラ (山寺)とその娘・メイヴィス(川島)、人間のジョナサン(藤森)、そしてモンスターの仲間たちを描く大ヒットシリーズ。
シリーズ3作目と なる今作は、ドラキュラが家族旅行で訪れるミステリアスなクルーズ船を舞台に船⾧・エリカ(観月)と恋に落ち、アトランティスに向か う道中で繰り広げられる大騒動が描かれています。

1作目から吹替えを担当している山寺さん、川島さん、藤森さんの 3人は、登場すると最初から息ぴったりなトークを展開。しかし・・・

藤森さん:数年に一度しか会わないんですよね。仲良くなっても、久々に会うと『あっ!お久しぶりです』ってなるんです!

と実際の関係性をぶっちゃけ!一方で

川島さん:会えて本当に嬉しいです。(1作目に参加した時は)まだ10代だったので、もう 24 歳になりました!
とすると、

山寺さん:どんどん綺麗になって。こっちは老け込むばっかりですよ(笑)
といろいろあったことも含め?自虐。


今回、海外アニメーションの吹替えに初挑戦となった観月さんは

観月さん:すごく分量が多くて。良い時とダークな時と二面性のある役なので、いろいろな声を使い分けなくてはいけなりませんでした。
と苦労も多かったご様子。ですが

山寺さん:もう、ぴったり!最初からこの役は観月さんっぽいなと思っていて。誰がやるんですか?と聞いたら、観月さんって聞いて本当に驚きました。綺麗で 可愛くて、素晴らしかったです!

と大絶賛。

また今回、観月さんはキャラクターをイメージした白いマリンテイストのワンピースの衣装。そんな観月さんの姿を見て

藤森さん:いや、好きです。はい!映画ではドラキュラがビビンと来ますけど、男性だったら誰でもビビンと来ちゃいますよ。 本当にお美しい!
とらしいチャラさを発揮。しかし、これに対して

観月さん:普段はすごく紳士的な方なんです。全然チャラくないの。

と藤森の素顔を暴露。すかさず

藤森さん:そんなことないですよ!やっぱり観月さんに会ったら緊張するじゃないですか!

とたじたじ。すると

川島さん:実は シャイですよね!

山寺さん:生真面目だよ!

とたたみかけられ、

藤森さん:チャラ男にシャイとか生真面目なんて絶対言わないで! まあ、2012年からチャラ男になったので、ビジネスチャラ男と言われても仕方がないですけど・・・

と認め、会場の笑いを誘っていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

川島さん:モンスターたちが暴れ回る姿がすごく愛らしい。たくさん笑って皆さんも温かい気持ちになって家族愛を感じて いただけたら嬉しいです。

とアピール。そして

山寺さん:僕はこのシリーズが本当に大好きです。今作はますます面白くなっていますし、 もっと多くの方に知っていただきたい。今日来ていただいた皆さんには、『モンスター・ホテル』の魅力を知らない方に是非おすすめし ていただけたらと思います!

と呼びかけ、イベントを終了!

『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』

絶賛公開中!


***********************************

ユナイテッド・シネマ、シネプレックスにて公開中/デジタル同時配信!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
※12月5日(水)ブルーレイ&DVD発売!
© 2018 Sony Pictures Animation Inc. and MRC II Distribution Company LP. All Rights Reserved.



『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』日本語吹替 山寺宏一・川島海荷・藤森慎吾


映画情報どっとこむ ralph アダム・サンドラー、セレーナ・ゴメス、 アンディ・サムバーグらが声を務める大ヒットアニメ映画シリーズ『モンスター・ホテル』の最新作 『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』を、2018年10月19日(金)より ユナイテッド・シネマ、シネプレックスにて劇場上映となります。

『モンスター・ホテル』は、世界中からモンスターたちが癒しや憩いを求めてやってくるモンスター・ ホテルが舞台。
ホテルを代々切り盛りしているドラキュラとその娘メイヴィス、そこに偶然やって来て 婿になった人間のジョナサン、そしてモンスターの仲間たちを描く大ヒットシリーズです。前作 『モンスター・ホテル2』では、メイヴィスとジョナサンの間に生まれたドラキュラと人間のハーフの男の 子・デニスをめぐる物語を描き、オープニング興収で 4,864 万ドルを記録、全米で公開された 映画の週末興収初動で歴代1位を記録しました。

本作では、これまで娘や孫を心配ばかりしていたドラキュラがなんと恋に落ちます。 家族旅行 で訪れる豪華客船を舞台に繰り広げられる恋の大騒動が描かれています。

映画情報どっとこむ ralph そして!この度、シリーズを通して日本語吹替版に出演する 山寺宏一さん(ドラキュラ) 川島海荷さん(メイヴィス) 藤森慎吾さん(ジョナサン)よりコメントが到着しました!

ドラキュラ役 山寺さん:
私が主人公のドラキュラ役を演じる『モンスター・ホテル』が、シリーズ第 3弾として、この秋さらにパワーアップして帰ってきます!いつもの舞台のホテルを飛び出して、家族旅行 で向かった豪華クルーズ船でドラキュラが恋に落ちてしまう、というストーリーです。これまでは父親として の面が描かれてきましたが、今回は一人の恋する男として、恋心を抱く相手にメロメロになったりと、 ドラキュラの新たな一面を楽しめると思います。今年のハロウィンは是非劇場で『モンスター・ホテル』 最新作をご覧ください。


メイヴィス役 川島さん:
今回もモンスターたちが起こすミラクルが本当にバリエーション豊かで 面白いです。あいかわらず『モンスター・ホテル』の世界はクオリティが高く出来上がっているなと思い ました。前作に続きメイヴィスというドラキュラの娘をやらせてもらっているのですが、今回は父の背中を 押す娘、そして娘ならではの複雑な感情もあり、モンスターだけど人間らしい共感できる部分もあると 思います。 ぜひ劇場に見に来てください。

ジョナサン役 藤森さん:
ついにシリーズ第 3 弾ということで、またジョナサンが登場してくれて よかったです。今回、活躍のシーンが多いので、やりがいもありましたし、今までちょっと抜けたチャラチャラ したジョナサンでしたけど、かなり頼りがいのある一面もあり、いつも通り可愛らしいメイヴィスにメロメロな 部分もありますけれども、かなりキーになってくるんじゃないかと思っています。ぜひみなさん劇場で一家の 活躍をご覧いただきたいと思います。最高の夏休みになると思います。



映画情報どっとこむ ralph 『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』
【原題】 HOTEL TRANSYLVANIA 3: A MONSTER VACATION


2018年10月19日(金)よりユナイテッド・シネマ シネプレックスにて劇場公開
(上映は日本語吹替版のみ)
2018年冬ブルーレイ&DVD発売

公式サイト:
monster-hotel3.jp

Twitter:
@SonyPicturesJP

365日ホテルで働きっぱなしのドラキュラ。それを見かねたメイヴィスは、家族旅行を提案。 行き先はモンスターご用達の豪華客船クルーズ!はじめは乗り気ではなかったドラキュラだが、ミステリアスな船長エリカに出会い、恋に落ちてしまう!
Dracula (Adam Sandler) and Ericka (Kathryn Hahn) in Sony Pictures Animation’s HOTEL TRANSYLVANIA 3: SUMMER VACATION.

彼女に不信感を抱くメイヴィスは父を止めようとするが…。 ドラキュラの恋の行方はいかに!?

***********************************

ドラキュラ・・・・・・・・・・・・・・・山寺 宏一(アダム・サンドラー)
メイヴィス(ドラキュラの娘)・・・・・・・川島 海荷(セレーナ・ゴメス)
ジョナサン(人間)・・・・・・・・・・・・藤森 慎吾(アンディ・サムバーグ)
ウェイン(オオカミ男)・・・・・・・・・・我修院 達也(スティーヴ・ブシェミ)
フランケンシュタイン・・・・・・・・・・チョー(ケヴィン・ジェームズ)
マーレイ(ミイラ)・・・・・・・・・・・・三ツ矢 雄二(キーガン=マイケル・キー)
グリフィン(透明人間)・・・・・・・・・・若本 規夫(デヴィッド・スペード)
デニス(メイヴィスとジョナサンの子供)・・大谷 育江(アッシャー・ブリンコフ)
ユーニス・・・・・・・・・・・・・・・・磯辺 万沙子(フラン・ドレシャー)
ワンダ・・・・・・・・・・・・・・・・・雨蘭 咲木子(モリー・シャノン)
フランケン・レディ・・・・・・・・・・・渡辺 早織(タラ・ストロング)
エリカ・・・・・・・・・・・・・・・・・【???? 近日公開!】(キャスリン・ハーン)
クラーケン・・・・・・・・・・・・・・・【???? 近日公開!】(ジョー・ジョナス)

【STAFF】
監督・脚本・・・・・・・ゲンディ・タルタコフスキー
脚本・・・・・・・・・・・・マイケル・マッカラーズ
原案・・・・・・・・・・・・トッド・デュアハム
製作総指揮・・・・・・アダム・サンドラー、アレン・コヴァート、ロバート・スミゲル
音楽・・・・・・・・・・・・マーク・マザースボウ


【製作年/国】 2018年 アメリカ 【上映分数】 約97分 (日本語吹替版) 【配給】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント © 2018 Sony Pictures Animation Inc. and MRC II Distribution Company LP. All Rights Reserved.