「ムロツヨシ」タグアーカイブ

ムロツヨシ!玉木宏と木南晴夏を祝福も、自分は暫くは独身を楽しむ宣言『50回目のファーストキス』一人舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 山田孝之&長澤まさみW主演、福田雄一監督『50回目のファーストキス』が現在大ヒット公開中ですが・・・・。

神奈川県のイオンシネマみなとみらいで、出演者で横浜出身の俳優・ムロツヨシが“凱旋”舞台挨拶を行いました!!!

ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田)との、一生に一度の恋を描く大人のラブストーリー。ムロは大輔の親友・ウーラ山崎を演じている。

通常の舞台挨拶の場合、司会者と登壇者の掛け合いで展開していくのですが、そこはムロさん。“凱旋”舞台挨拶だけに、司会者不在のムロ独壇場として観客とのQ&Aを実施しました!!!


日付:6月22日(金)
場所:イオンシネマみなとみらい
登壇:ムロツヨシ

映画情報どっとこむ ralph ムロさん:はっきり言いますが、山田孝之と長澤まさみがサプライズで来るとかありません!絶対に来ません!中身も何も用意していない、ずっと質問コーナーでいきます!

と宣言!!!

ムロさん:あと玉木宏と木南晴夏の質問はダメです!私は一切関係ありません。

とホットな話題を差し込んで冒頭から爆笑を巻き起こした。


玉木と結婚報道が出た木南とは、福田監督のテレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズで共演しているので「質問はダメ!」としながらも自ら

ムロさん:木南の結婚が本当だとしたら…ビックリした。だって玉木宏だぜ。生で聴いてもいい声をしているんだよ。めちゃくちゃナイスガイ!

と結婚の話題を持ち出して祝福していた。


そんなムロは、自身の結婚願望を聞かれ

ムロさん:願望はないわけではない。3年前はないと答えて、去年はないわけでは…と答え、現在はないわけではないと答えています。50代目前で結婚された堤真一さんからは『焦らなくてもいい』と言われたので、その言葉を信じています。

としばらくは独身を楽しむ構え。木南さんとの結婚報道で“玉木ロス”が広がっているが

ムロさん:自分の時は“ムロロス”とか言われるのかな?そんな日がくるのかな?ムロロスって言ってくれるのかな?


と来る日の反響を想像していた。

映画情報どっとこむ ralph さらに自身が過去に恋人に対して行ったロマンチックすぎるバースデーサプライズを告白するくだりでは

ムロさん:今日は客席に妹とその子供もいるし・・・・

と大テレで

ムロさん:記事に書かないで!

と報道陣からペンを取り上げて“強制記事化NG”に!


また長澤まさみさんの可愛さを聞かれると

ムロさん:よく笑うので、こっちまで明るくなる。とにかく可愛い、どう表したらいいのさ、あれは可愛いぜ~。何ていったらいいのかわからない。

と可愛さを表現できないほどの可愛さだと語ります。


この日の舞台挨拶は、質問者ではないファンからツッコミがあがり、それに対してさらにムロがツッコムという終始笑いの絶えないアットホームな雰囲気。

学生時代に神社で当時の恋人としたキスを改めて俯瞰で見たいというムロの願望に客席が一気に凍り付くという一幕もあったが、客席にはムロの名前が書かれたお手製うちわが揺れ

ムロさん:うちわとか作るの大変でしょ?アイドルじゃないんだから!嬉しいじゃない、恥ずかしい。妹と姪っ子が引いている。

と苦言も満面の笑み。

映画情報どっとこむ ralph 最後は・・・

ムロさん:今後も映画で、できることならば喜劇を作りたい。その時は今日のように変な服を着て、観客から洋服のコンセプトを聞かれるような役者でいたい。

と笑いにこだわったメッセージで、単独ライブと化した舞台挨拶は幕を降ろした。

『50回目のファーストキス』

公式サイトURL: 
50kiss.jp 

公式Twitterアカウント: 
@50kissjp

ストーリー
ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。
しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。
実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。
彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。
事情を知った大輔は、毎日、自分を覚えていない彼女に一途に愛を告白し続ける。瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。
大輔の機転と努力により結ばれた二人だが、大輔の本当の夢を知った時、瑠衣はある行動に出る。

***********************************

主演:山田孝之 長澤まさみ
ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜/大和田伸也 佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一 
プロデューサー:北島直明 松橋真三 製作:『50回目のファーストキス』製作委員会  制作プロダクション:Plus D  
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 

(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会 


長澤まさみ 彗星キスは嫌!映画『50回目のファーストキス』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務め、『銀魂』 『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田雄一監督が手掛ける初のラブストーリー、映画『50回目のファーストキス』が6月1日(金)より公開となりました。

ハワイでコーディネーターをするプレイボーイ弓削大輔はある日、カフェで藤島瑠衣という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェであった彼女は大輔のことをまるで覚えていない。実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶が1日で消えてしまうのだった。事情を知った大輔は、翌日から毎日彼女に告白をし続けるが・・・

そして、2日目となる6月2日に公開記念舞台挨拶が行われ福田組感が強い、山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督が一堂に会して行われました!
どんなキスが良いか?に長澤まさみは流星キスは嫌!と明かしました。

日程:6月2日(土)公開記念舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督

映画情報どっとこむ ralph 一番好きな人にキスをしたくなる1本。

平井堅さんの主題歌に乗ってキャストと監督が現れると温かな拍手で迎え入れる観終えたばかりの観客の皆さん。


山田孝之さん:旅立つ気持ち嬉しくもあり。こうして皆で集まれる回数が減ると思うと寂しくもあります。

長澤まさみさん:ちゃんと福田組は初めて。仲間に入れてもらえたことが嬉しかったですし。早く見ていただきたくてこの日を楽しみにしていました。

福田雄一監督:本当にうれしいです!昨日、大賀といまして・・・舞台挨拶に名前のパネル嬉しいですよね。
面子的に若手イケメンの映画じゃないでしょ。あるとしたら大賀だけが頼りだと思っていたらいました!!ムロムロムロ・・・今日大賀の!いるんですよ!
大賀さん:ありがとうございます。初めてです。

ムロツヨシさん:無事10回目のファーストキスが(佐藤さん:タイトル違ってる!)50回目に来ていただいてありがとうございます。満足していただけた顔してますね。
佐藤二朗さん:映画の内容自体も良くて。福田組初のこういう映画に参加できて光栄です・・・心残りは、晴れの舞台にパンチパーマだということです。カラスが昨日僕の頭をけっていきました!たぶん巣?違った!と飛び去りました!
と、エピソード付きでパンチパーマ<昭和おばちゃんパーマな佐藤さんは無念がります。

大賀さんは先ほど見つけたファンに向かって挨拶!

大賀さん:去年の五月に撮影して本当に先輩方に仲良くしていただいて、楽しかったです。終わるのが寂しくてできればもう少しみんなといたいなと思っています。今日は頑張るんで。楽しんで。よろしくお願いいたします。
と話す大賀さんに絡むムロさんと監督。

山崎紘菜さん:山崎さん:いかがでしたでしょうか。私にとってターニングポイントになる映画になりました。・・・皆さんにとっても・・・心に残る作品になったら嬉しいです。
佐藤さんが顔を知被け過ぎで話しずらそうな山崎さん。

一番の思い出は?

山田さん:・・・・毎日楽しかったので、一番は思い浮かばない!
ムロさん:宿泊先のプールサイドでそうめんパーティーで飲んで・・・長澤さんが水着で、目のやり場に困るだろうから、長めのTシャツを着て。それ男子が一番好きな奴でしょ!で、プールに飛び込んで出てきた時の姿。スタッフもう酔えない。いい酒でした。
と大興奮

山田さん:そうめん大量に買ってきて、ゆでていた僕のおかげでしょ!
と、長澤さんの水着エピソードの功績を譲らない男子メンバー!

佐藤さん:俺の時は、白のTシャツ?白の!!!なぜ後半落ち期はやってくれなかったの!

と悲しがる佐藤さん。


大切な人とキスをしたくなる映画、理想のキスは?

山田さん:理想のキスは・・ハワイでたくさんしました。映画では博物館の奴。

耳もとでささやかれる言葉は映画館で確かめてみて。

監督:パイナップル畑のシーン。風が強くて何度も撮って。山田に謝ったら「これはこれで良かったです」と。格好良かった!

佐藤さん:長澤まさみとキスしてきたって!嬉しそうに帰ってきたときね。

と、山田さんキスシーンを楽しんでいたそう。一方、長澤さんは、
長澤さん:・・・特にない。唐突な奴。

ムロさん:食い気味な奴?
長澤さん:さりげないやつ。スムーズなの。名前呼ばれて間が欲しい。彗星みたいのは嫌!

ムロさん:OKできる!

となぜかキスする気満々のムロさん。

そして、ここで公開記念鏡開きに!
映画情報どっとこむ ralph 山田孝之×長澤まさみ
福田雄一監督 初のロマンスムービー!

映画『50回目のファーストキス』
ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。

実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。

彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。事情を知った大輔は、毎日、自分を覚えていない彼女に一途に愛を告白し続ける。瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。大輔の機転と努力により結ばれた二人だが、大輔の本当の夢を知った時、瑠衣はある行動に出るー

公式サイトURL:
50kiss.jp 
公式Twitterアカウント:
https://twitter.com/50kissjp

***********************************

キャスト・スタッフ 
主演:山田孝之 長澤まさみ
ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜/大和田伸也 佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
プロデューサー:北島直明 松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会


山田孝之、長澤まさみら福田組ハワイロケを大いに語った!『50回目のファーストキス』レッドカーペットセレモニー


映画情報どっとこむ ralph この度、山田孝之さんと長澤まさみさんがダブル主演を務め、『銀魂』 『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田雄一監督が手掛ける初のラブストーリー、映画『50回目のファーストキス』が6月1日(金)より全国ロードショーとなります。


公開を前にお披露目をしたいと、完成披露では欠席のムロさんも出席して、東京の表参道ヒルズにてレッドカーペットセレモニーが行われ、主演の山田孝之さん、長澤まさみさん、共演のムロツヨシさん、佐藤二朗さん、勝矢さん、太賀さん、山崎紘菜さんが参加しました。でも、今回は福田監督が欠席(T_T)。


映画『50回目のファーストキス』レッドカーペットセレモニー
日程:5月22日(火) 
場所:表参道ヒルズ 本館 吹き抜け大階段
登壇:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗、勝矢、太賀、山崎紘菜

映画情報どっとこむ ralph ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田)との一生に一度の恋を描いた大人のラブストーリー。

表参道ヒルズの大階段にひかれたレッドカーペット。
先ずは、TV向けのサウンドバイツとお客さんへのサービス。

その後、大階段を全員で下りトークイベントが行われました。

「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで、もはや福田組といっても過言ではない山田さん・・・と言うMCの紹介に、

山田さん:え!?この二人でしょ!福田組と言ったら・・・
と、ムロさんと佐藤さんを指しつつも

山田さん:いつも通り楽しい現場でした。仲良く楽しく真面目に頑張ってます。
と作品完成に自信。

ムロさん:まさにご褒美。ハワイでは撮影時間の制限もあったので、その中で集中して撮影し、終わったら遊ぶ。ハワイの空気を感じて、食べる、飲む。それが毎日できて楽しかった~。
とハワイを満喫したそう。ロコにしか見えない勝矢さんは

勝矢さん:ワチャワチャやってハッピー。でも完成した作品を観たら、あんなにふざけていたのに皆さんが完璧に仕事をしていたので…なんか申し訳ない。

とハワイをエンジョイしすぎて反省も。

映画情報どっとこむ ralph 福田監督といえば、佐藤さんが「もはや“ゆるキャラ”」と表すほどで、撮影現場も「ゆる~い」感じかと思いきや、

長澤さん:確かに撮影現場は穏やかで楽しいけれど、一発本番が多いので気が抜けなかった。ピリッとした現場。福田監督には柔らかいイメージがあるので、撮影もゆるい感じかと思ったら、そうではなくピシパシ動いていましたね。

とイメージとは真逆の演出を紹介。それに

ムロさん:人に笑ってほしいと思う時は緊張感がありますよね。
と、本気で取り組んだからこそ生まれる“笑い”の神髄を説いていた。場を持ってくムロさんに・・・ちょっと不満そうな佐藤さん(笑)。

太賀さん:ハワイという贅沢な環境で素晴らしい先輩方とご一緒できたのは嬉しかったです。福田さんの現場は緊張しますね。だからファーストシーンで気合を入れすぎて喉を枯らしました!
と力が入りすぎたことを明かしました。続いて、福田組初参加の山崎さんは

山﨑さん:監督を含め、皆さんが温かく迎え入れてくれた。ハワイという素晴らしい土地で最高の夏を過ごすことができました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、完成した映画を観て、泣いたシーンや面白いシーンを聞かれると

そんな山崎さんは泣いたシーンとして、雨が降る中での長澤さんと山田さんの切ないシーンをチョイス。

そのシーンに関して

長澤さん:(山田さんとは)お互い集中してあまり喋らなかったですね。
と振り返るも、

山田さん:雨を降らしているので、セリフを後でアフレコ収録するのが大変だなぁと思いながらやっていました。
と皆のハワイで浮かれた様子とは違う冷静な山田さん。

太賀さんが一番笑ったシーンに挙げたのは、バットを持った長澤さんがムロさんを追いかける場面。

ムロさん:バットもまあまあ固いヤツで本当に痛かったんで・・・

長澤さん:そこは本気でいかないと嘘になるので!

と女優魂?それともS感をチラリ。

ムロさん:それは一発でわかりました。本気で痛くて本気で逃げましたから!

と相当痛かった様子。そんなムロさんは

ムロさん:この作品はあえて泣けないと言いたい!それでも泣ける!

とPRしていました!

長澤さんが爆笑したというのは、山田さんがエンストした車のバッテリーをいじって感電するというシーン。
長澤さん:その山田さんのシーンは本当に笑える。そこが面白すぎて自分が負けると思った。怖がって悲鳴を上げなければいけないのに、笑っちゃうと思った。でも福田組に混ぜてもらったと感じたシーンでもあります。

と思い出し笑い。

山田さん:皆さん忘れていると思うけれど。二朗さんがとあるコスチュームを着て、とある人のマネをする。実際の本人を超えていて、それが一番面白かった。

と注目シーンとして佐藤さんのモノマネを。そこに

ムロさん:パイナップルですね!

と誰をマネたのかのヒントを出すと、佐藤さんは某ドラマの役作りのためにパンチパーマにした自身の髪の毛を意識して

ムロさん:そのためにパンチパーマにしました!
とジョーク。当該シーンのあまりのハジケぶりに山田さんは佐藤さんに「アドリブですよね?」と確認するも、

佐藤さん:いえ、一挙手一投足、福田の演出!

とアドリブを否定していました。

映画情報どっとこむ ralph ハワイでコーディネーターをするプレイボーイ弓削大輔はある日、カフェで藤島瑠衣という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェであった彼女は大輔のことをまるで覚えていない。実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶が1日で消えてしまうのだった。

事情を知った大輔は、翌日から毎日彼女に告白をし続けるが・・・

映画『50回目のファーストキス』

公式サイトURL:
50kiss.jp

公式Twitterアカウント:
@50kissjp

物語・・・
ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。

実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。

彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。事情を知った大輔は、毎日、自分を覚えていない彼女に一途に愛を告白し続ける。

瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。

大輔の機転と努力により結ばれた二人だが、大輔の本当の夢を知った時、瑠衣はある行動に出る。

***********************************

主演:
山田孝之 長澤まさみ
ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜/大和田伸也 佐藤二朗

脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
プロデューサー:北島直明 松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会


山田孝之、長澤まさみらもびっくり!平井堅登場!『50回目のファーストキス』完成披露舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務め、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田雄一監督が手掛ける初のラブストーリー映画『50回目のファーストキス』は6月1日(金)より全国公開となります。

この完成披露舞台挨拶イベントが行われ、山田孝之、長澤まさみ、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗、福田雄一監督が登壇して行われました。

そして、本日は出演がかなわなかったムロツヨシさんがビデオで挨拶。

更に!サプライズで平井堅さんも!!!!

50回目のファーストキス完成披露舞台挨拶イベント
日程:4月30日(祝・月)
場所:イイノホール
登壇:山田孝之、長澤まさみ、勝矢、太賀、山崎紘菜、佐藤二朗、福田雄一監督
ビデオ出演:ムロツヨシ
スペシャルゲスト:平井堅

映画情報どっとこむ ralph 客席を通ってゲストが通って登場すると大歓声が沸き起こり、福田組らしくテンション高めで登壇!
『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』『勇者ヨシヒコ』等コメディー色が強い作品を撮って来た福田監督が大人向けラブストーリーを手掛けた

福田監督:もともとラブストーリーがやりたかったんですよ(大笑)念願叶いました。基本LOVEで出来てるんです。感と泣けるドラマを作りました。
そんな、福田監督からオファーを受けて

山田さん:18年ぐらい俳優をやってきて、やっとご褒美が来ました!ハワイロケ、長澤まさみ。チューいっぱい!(大爆笑)
実は監督はメールでオファーしたそうで

福田監督:帰って来たのが断る理由が見つかりません!って
山田さん:一応探したんですけど、見つかりませんでした!4年ぐらい前からラブストーリーがやりたかったんです!

と山田さん長澤さん目当てではないともみ消そうとするも、既に時遅し。

映画情報どっとこむ ralph 一方、長澤さんは
長澤さん:銀太で福田さんとは一緒でしたが、がっつりではなかったので。やっとがっちりお仕事ができるなと思いました。あと、山田さんとはお芝居をできるのは楽しそうだなと。全部ハワイロケだったので楽しかったですね!ハワイってずっと浮かれちゃいました。たまに反省もしました。

そんな長澤さんはずっと笑顔だったそうで、それをマネした太賀さんは

太賀さん:僕が長澤さんのモノマネを思い切りやって、しかも山田さんと佐藤さんも混ざって3人のモノマネで長澤さんを囲んだ。そうしたら最初は笑っていた長澤さんが、ポロポロ泣き出して。
長澤さんを泣かしてしまったそう。(写真は笑う真似をした太賀さん。)


そして、福田組初参加の山﨑さんは
山﨑さん:ずっと福田監督のファンだったので、嬉しかったのと。ここにいらっしゃるっ素晴らしい俳優の方々の芝居を観て震えました。福田組のレベルの高さを感じました。
佐藤さん:どこが?これ監督って言うゆるキャラだよ!

山崎さん:こうやってすぐ面白いことを言えるのが凄いなーと
この回答に!監督業の話ではないんかい!と腰砕ける佐藤さん。
山﨑さん:あんなに面白いお芝居をする人達なのに、胸がギュッとなる芝居をするんですよ!

と話す山﨑さん。
映画情報どっとこむ ralph ここで、今回は登壇がかなわなかったムロさんはビデオで登場!

ムロさん:今日はそちらに行けなくてすみません!元気ですか?いいですね。完成して披露してますか!?ムロツヨシです!

ラブストーリーを演出する監督に関して

ムロさん:ハワイでのオールロケ。ゆとりがあって、ノビノビしてた印象でじっくり芝居を作っていました。

佐藤さん:純愛ストーリーですがいつもと監督は一緒。

とのことでしたが、長澤さんが監督泣いてましたよね。と暴露!

福田監督:泣きましたよ3回!(ネタバレで割愛)より僕が泣いてた!嗚咽。
佐藤さん:バカか!観てない人に!

太賀さん:ほとんど、今回の福田さんの姿しか見たことがないんで。僕が観た時の福田さんはモニター越しにシクシク泣いてました。
と福田さんが泣きながら演出していることを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そして、キャストも観客の皆さんも知らないスペシャルゲストと中継!なんと、主題歌を歌う平井堅さん!
平井堅さん:初めまして!脚本を読んで。ラフですが映画も見させていただいて、書き下ろしました。

福田監督:舞台挨拶でドキドキしたの初めて!居るの日比谷なんですね?近いんで来ちゃえば?繋いどくんで

平井堅さん:じゃ、タクシーで向かいます!(観客大興奮!!!!)

と、すぐに舞台袖から平井堅さんがひょっこり!
平井さんと山田さんは濃い顔同士でスペイン料理屋であったことがあるそう。
佐藤さんとは東京駅で会ったことなどエピソードを話し

平井さん:ストーリーが美しいので、お二人の関係性が一日一日が続くのが奇跡だと気づかされて幸せなものと背中合わせの壊れやすいものを表せればなと。福田組に入れたかなと。

福田監督:平井さんの曲聴くだけで泣けます。サイコーなんですよ!

と平井堅さん愛があふれて絶賛の福田監督。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

長澤さん:笑って泣いて感動する映画が出来ました。世代問わず楽しんでいただけると思います。自信もっています。
山田さん:気楽に観て下さい。感情移入していただけると思います。
福田監督:今回はちょっと自信あります!よろしくお願いします!

と、福田組ならではの面白完成披露試写会となりました。

50回目のファーストキス

6月1日(金)全国ロードショーです。是非。

本作はハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター大輔(山田孝之)との一生に一度の恋を描いた大人のラブストーリー。

瑠衣にひとめぼれをした大輔が、彼女の症状を知ってもなお愛を告白し続け、彼女の人生すら変えていく様子は、全女性の心を虜にします。
二人の脇を固めるのは、ムロツヨシ、佐藤二朗、太賀といった福田組の面々。優しくユーモアに満ち溢れながら、悩みながら愛し合う二人を見守る親友や家族を演じ笑いと涙に色どりを添えました。

脚本・監督を務めるのは、2017年ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝く、福田雄一監督。自身も撮影や編集をしながら泣いたという福田監督が、今作で初めて渾身の“ラブストーリー”に挑みます。

***********************************


主演:山田孝之 長澤まさみ
ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜/大和田伸也 佐藤二朗

脚本・監督:福田雄一

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会
   


ムロツヨシ、芳根京子 他豪華登壇『ボス・ベイビー』​ ​​​初日舞台挨拶 早くも続編の話に!


映画情報どっとこむ ralph ​3月21日(水・祝)​より『ボス・ベイビー』​323館335スクリーンにて公開しました。​

初日舞台挨拶を実施​!​
吹き替えキャストのムロツヨシさん、芳根京子さん、宮野真守さん、乙葉さん、石田明(NON STYLE)さん、山寺宏一​という​豪華キャストが登壇​しました​。

映画『ボス・ベイビー』​ ​​​初日舞台挨拶
日時:​3​月​21​日(水​・祝​) 
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ SC​7​
登壇:ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(​NON STYLE​)、山寺宏一

映画情報どっとこむ ralph この日、約500人が詰めかけた満席の会場から溢れんばかりの拍手を受け登壇した、ムロさん、芳根さん、宮野さん、乙葉さん、石田さん、山寺さんの豪華吹き替えキャスト陣。

山寺さん:予告編のナレーションも務めているんですが、そこで映像を観たときからすごい面白そうだと思っていました!そして本編を観て、素晴らしくて早くご覧いただきたいとずっと思っていました!なので今日この日を迎えることができて本当に嬉しいです!

石田さん:僕の演技違和感なかったですか…?今日からエゴサーチしようと思います!

乙葉さん:映画館で予告編を観たときから面白そう!と思っていたので、今回のお仕事のお話をいただけて本当に嬉しかったです!エキサイティングで楽しい映画なので、是非多くの皆さんに観ていただきたいなと思っています!

宮野さん:ボス・ベイビーが本当に可愛らしいといっていいのか?わからないですが(笑)リアリティがありつつユーモアのたっぷりのキャラクターで今回のお仕事を通して大好きになりました!笑えて最後にポッと感動してしまうところも魅力です!本日は是非楽しんでください!

芳根さん:今日この日を迎えられてとても嬉しいです!たくさんの方にこの作品を愛していただけたらなと思っています!

と、それぞれに挨拶。

映画情報どっとこむ ralph
ムロさん:主演の人が!最後なわけなんですね~こういう挨拶は!みなさんどうでした?!

と話しかけ、呼応して拍手がかえってくると

ムロさん:やっぱりいいものだね!拍手には嘘がないもん!今日は何時の回にお越しいただいたんですか?あ、8:45?!雨の降る中、朝早くからお越しいただき本当にありがとうございます!

と感謝の気持ちを述べ、またこの日、T字カミソリで髭を剃った際に失敗してしまい、カサブタをつくったまま来たというエピソードを披露すると、すかさず

石田さん:T字とか別にそんな情報いらんやろ!あとその喋り方ないやろ!目も泳いでるし!

とツッコミを入れるなど息のあった二人の掛け合いに会場は笑いに包まれました。


映画情報どっとこむ ralph 完成報告会見の際に、ドリームワークスは映像技術の高さ、そして感動する要素が素晴らしいと話していた山寺さんですが、今回本格始動する『ボス・ベイビー』についてその魅力を問われ

山寺さん:ドリームワークス作品は名作が多いのに、海外でヒットしていても日本ではDVDや配信のみになってしまいなかなか劇場で公開されないんですよね…。でも、今作からユニバーサルと組んで本領発揮!といった感じでとても嬉しく思います!魅力は全て!ギリギリまで笑わせて最後にはしっかり感動させる、いろんな世代がそれぞれに楽しみを見出せる作品だと思います!

と熱くコメント。

既に続編の公開も決まっている本作ですが、ボス・ベイビーとティムのどのようなその後が描かれるのか問われ、

芳根さん:“見た目は赤ちゃん、中身はおばさん“という設定のものがみたいと思っていました

と明かすと、

ムロさん:やらせます

と即断言。その様子に

石田さん:え、そんな権限あったけ?!

とすかさずツッコミ!また、次回作で自身が声を務めたボス・ベイビーは登場しなくても、出演し続けたいというムロさんは

ムロさん:悟空・悟飯、悟天の声優さんが同じなようにドラゴンボール形式で全部僕がやりますよ!そう、”ドラゴン・ベイビー“です!

というと、

宮野さん:七つのベイビーを探すとかね。

石田さん:え、それ七つ子ってこと?!

とそれぞれに乗っかり、会場は爆笑!

映画情報どっとこむ ralph 今回他キャスト陣とは初顔合わせとなる

宮野さん:すごいハッピーな舞台挨拶で、みんなしゃべるな~すごいな~と思いました(笑)

とコメント。また、ティムが大人になった役柄でナレーションを務めるだけでなく、エルヴィス・プレスリー風のキャラクターを演じることでも話題となった宮野さんですが、このエルヴィスのシーンについて

宮野さん:演出をつけていただく上で、何を言っているのかわからなくていいですと言われていました。

収録時を振り返ると、

ムロさん:アメリカでは、日本でいうアントニオ猪木さんやビートたけしさんのモノマネのように、エルヴィス・プレスリーのモノマネがポピュラーなんです。何を言っているのかわかならいという芸なんですね。

と説明すると、エルヴィスのモノマネを披露!宮野さんもそれに乗っかり、劇中でのシーンを再現すると会場から歓声が起こりました。


それぞれに子供を持つ親である乙葉さん、石田さんですが、春休みは家族で『ボス・ベイビー』を観る予定はあるかと問われると、

乙葉さん:勿論です!子供の同級生の間でも話題になっているので、みんなも観てくれると思います!

とコメント。一方、MCから相方の井上さんとご覧になる予定はあるんですか?と問われた

石田さん:井上と行くわけないでしょ!この前、僕のSNSで<ボスベイビーは3月21日からですよー。おもしろいよ!これが軌道に乗ればブスバイビーだ!(井上とはお別れだ!)>と投稿したんですが、まさしく言ってやりますよ、ブスバイビーだと!赤ちゃんと一緒に観られる回があるから、それで家族と観に行こうと思います!

とコメントし、会場は笑いに包まれました。


映画情報どっとこむ ralph また作品にちなみ、吹き替えキャストそれぞれの子供時代について問われると

山寺さん:モノマネは家族の前でしか披露できない、かなり内弁慶な子供でした…。

石田さん:友達もいなくて辛かった子供時代でしたが、僕の場合独特で、ただただ畳の網目を数えているというのと世界地図に蟻を這わせて実況とかしていました。家族に心配させてましたね。

乙葉さん:私も独特で、学校から帰るとき、瞬きの数を数えたり、息をするタイミングをはかったたりみたいなことをしていました。

宮野さん:通知表には落ち着きのない子と書かれていましたね。あとは、劇中でのティムのように人形で遊んでいました。映画を観て、このくらいの年齢の子だと同じなんだなと思いましたね。

芳根さん:4歳離れた兄がいるんですけど、子供の頃は本当に大好きで、兄が友達の家に遊びに行こうものならギャンギャン泣いて、騒いで…それで私をおぶってよく連れていってくれていましたね。

ムロさん:親戚の家にずっと預けられていたんですけど、僕は幸せです!っていう顔をしていましたね!悲壮感を消すという作業です!事務所のスタッフには暗くなるからあまり家族の話はしないよう言われているんですけど、こんなめでたい日なのでどんどん言っていきましょう!

とそれぞれにユーモア溢れる回答を披露。

映画情報どっとこむ ralph

最後に・・・

ムロさん:主演だとこうやって最後の一言があるんですよね~!この挨拶自体本当にありがとうございます!作品を背負い引っ張て行く人間として、ここはビシっと行かせてもらいます!ハッピーになるために人は生まれてくる!愛が来る日はいつか来るのだとわかる!そういう映画です!好きな人と友達、家族で是非見に来て欲しいです!あと、最近SNS上での口コミによる宣伝効果が非常に高いそうで!是非どんどん声を広げていってくださいね!

とお願いしてイベントを締めました。

ボス・ベイビー』​
原題:THE BOSS BABY 

物語・・・
パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだったのだ!!

公式HP:http://bossbaby.jp/ 
公式TW:@BossBabyJP 


***********************************

監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか
吹き替えキャスト:​ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)、山寺宏一ほか

配給:東宝東和 
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.