「ミッドナイト・バス」タグアーカイブ

モテ男・原田泰造、元妻&年下恋人に挟まれ「汗が出ています!」『ミッドナイト・バス』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『ミッドナイト・バス』の初日舞台挨拶がスバル座にて行われ、原田泰造さん、山本未來さん、小西真奈美さん、七瀬公さん、舞川みやこさん、長塚京三さん、竹下昌男監督が登壇しました。モテ男・泰造、元妻&年下恋人に挟まれ「汗が出ています!」


映画『ミッドナイト・バス』初日舞台挨拶
日程:1月27日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:原田泰造、山本未來、小西真奈美、七瀬公、舞川みやこ、長塚京三、竹下昌男監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の原田泰造さん、共演の山本未來さん、小西真奈美さん、七瀬公さん、舞川みやこさん、長塚京三さん、そして竹下昌男監督が登壇すると暖かな拍手が沸き起こり其々が挨拶。

撮影のために大型自動車免許を約3か月で取得した原田さんは、

原田さん:最初は怖かったけれど、テイクを重ねていくうちにプロ並みの腕前になりました。免許取得も一発OK。運が良かったんです。教習所の先生とも相性が良くて『いい腕してるね、運転手になれるよ』と言われました

とドライビングテクニックを自画自賛。

元妻・美雪役の山本さんは、夫・原田泰造に

山本さん:サイコーですよ。泰造さんが演じた利一は頼りない、だらしのないような役ですが、泰造さんが演じるからこそ、引き付けられる魅力的な男性になっています。

と話すと。利一の年下の恋人・志穂役の小西さんは

小西さん:不器用な女性でもあり、利一さんに10年間ずっと寄り添って真っすぐに向き合っていこうとしている女性。そこがいじらしくも、もどかしい。まっすぐに生ききれない大人ならではの状況も描かれるので、後半部分にも注目して!

とアピール。

壇上で元妻と現恋人に挟まれ、両手に花状態の原田さん

原田さん:この映画では凄くモテています。でも今は山本さんと小西さんの間に挟まれて、汗が出ています。ドギマギしていて、役がまだ抜け切れていないのかも…

と苦笑いだった。

映画情報どっとこむ ralph 利一と美雪の息子・怜司役の七瀬さんは、役柄と母子家庭という自らの境遇を重ね

七瀬さん:親への感謝を伝えられる役だと思ったので、自分の親を泰造さんに見立てて愛をぶつけました。泰造さんは広い心でそれを受け止めてくれました。LINEを送るとすぐに返事をしてくれる。優しい方です。

と父に感謝。それに対し原田さんは

原田さん:七瀬君は子供としてぶつかって来てくれたので、ガチっと受け止めました。七瀬君は本当に可愛い犬みたい。『僕、お腹減っています。僕、お金ありません』というアピールが上手い。

と目を細めていた。

利一の娘・彩菜の友人役・舞川さんは現役アイドルでもあり、映画初出演。

舞川さん:オーディションで選ばれたけれど、普段の秋葉原での活動が役に立ちました!

とニッコリ。美雪の父を演じた長塚さんは共演者に向けて

長塚さん:普段は幸せな方々なのに、不幸な演技が上手。これはかなわないぞと、おとなしく演じました。原田さんがなぜモテるのか?と研究するのも、この映画の見方の一つですね。

と客席に向けてアピールしました。

映画情報どっとこむ ralph 約3年かかった映画化までの道のりを振り返り、

竹下監督:ようやく長い夜が明けた気がします。先週先行公開された新潟では、7館で集客1万人を超えました!

と大ヒットを報告し

竹下さん:キャストたちがどのような物語を紡いでいくのか観てほしい。宣伝費も少ない映画なので、観客の皆さん一人一人で盛り上げてほしいです。

と東京でのヒットを観客にお願い。


最後に・・・

原田さん:色々な人たちが心を込めて作った映画。家族の映画であり、恋愛映画でもある。様々なメッセージが込められた映画。観客の皆さんにも何かを受け取ってもらいたいです。

とイベントを締めました。


映画『ミッドナイト・バス』

1月20日(土)より新潟先行ロードショー
1月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

物語・・・
バツイチ中年男の高宮利一(原田泰造)は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。
東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞め、帰ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す。

***********************************

出演:原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三

監督:竹下昌男
原作:伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)
製作:竹下昌男 渡辺美奈子 小田敏三 星野純朗
プロデューサー:本間英行 遠藤日登思
脚本:加藤正人
音楽:川井郁子
撮影:丸池納(J.S.C.)
照明:山川英明/録音:白取貢/美術:飯塚優子/
編集:奥原好幸/助監督:佐野友秀/制作担当:間口彰/ラインプロデューサー:姫田伸也
制作プロダクション:ストラーダフィルムズ
制作協力:アミューズ
企画協力:文藝春秋
製作:ストラーダフィルムズ 新潟日報社
配給:アークエンタテインメント
2017/日本/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/157分
(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原田泰造、山本未來、七瀬公、竹下昌男監督登壇!『ミッドナイト・バス』の完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日、1月27日公開の映画『ミッドナイト・バス』の完成披露舞台挨拶が実施されました。

舞台挨拶を華やかに彩ったのは、本作で主演を務めた原田泰造、山本未來、七瀬公といった豪華キャスト陣と竹下昌男監督。

『ミッドナイト・バス』完成披露 舞台挨拶
日程:1月18日(木)
場所:ニッショーホール
登壇:原田泰造、山本未來、七瀬公、竹下昌男監督
MC:襟川クロ

映画情報どっとこむ ralph 原田泰造、息子役は「柴犬以上になついた」

作家・伊吹有喜氏の直木賞候補小説を原作とした、新潟発の映画『ミッドナイト・バス』が、1月27日(土)から全国公開される。その公開を直前にした18日(木)には東京のニッショーホールで完成披露試写会が行われ、主演の原田泰造、共演の山本未來、七瀬公、そして竹下昌男監督が参加した。

長距離深夜バス運転手でバツイチの高宮利一が、16年前に別れた妻と偶然再会したことから、男として父親として家族や恋人と向き合いながら、新たな一歩を踏み出していく姿を重厚な演出で描き出す。

高宮利一役の原田は、初主演映画『ジャンプ』以来2度目となる

竹下監督:人間の感情の揺れ動きを表すのが上手い監督。勝手に先生だと思っている。監督に会うとピシッとするので、まるで先生と生徒です。

と最敬礼。原田さんは撮影のために大型自動車免許を取得し

原田さん:3か月くらい教習所に通いました。教習所の先生からも『仕事がなくなったらやりなよ』と言われた。

とスジの良さを自画自賛した。

映画情報どっとこむ ralph 16年前に別れた利一の元妻・美雪役の山本さんは

山本さん:原田さんが演じた役とは微妙な距離があるので、知り過ぎないようにと思い、撮影中はあまり話しかけませんでした。

と振り返り、本作を通して

山本さん:離れていても、一緒に住んでいても、軸として繋がっているのが家族だと思った。

と家族のカタチにシミジミ。


利一と美雪の息子・怜司役の七瀬さんは、役柄と自身の境遇を重ねながら

七瀬さん:片親だからこその苦労や大変さを知っているところからスタートできたのは、自分にとって大きな利点だった。

と話した。

そんな七瀬さんに

原田さん:自分の本当の息子も同い年。でもこんなに肌はツルツルじゃない。

と七瀬さんのキメの細かい美肌ぶりをイジリ

原田さん:「距離感は実際の息子と同じで、なついてくれた。劇中に柴犬が出てきますが、それ以上になついてくれました。

と仲の良さをアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 長編映画監督第2作目となって

竹下監督:真冬の新潟で撮りたくて、企画は2年だが、撮影は昨年3月に25日間でやったので大変だった。

と明かすと、

原田さん:スケジュールもギュウギュウ。久々に立って寝ているスタッフを見た。でも撮影は本当に楽しかった。

と充実した表情で、

山本さん:役はきつかったがやりがいもあり、楽しい撮影だった。

と回想。

今月20日に先行上映される新潟では上映チケットの完売もあり最後に・・・

原田さん:みんなで大事に作った映画です。ゆっくりとみてほしいです!

と思いを込めた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ミッドナイト・バス

2018年1月20日(土)より新潟先行ロードショー
1月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式サイト:midnightbus-movie.jp

物語・・・
バツイチ中年男の高宮利一(原田泰造)は、新潟〜東京間を走る長距離深夜バスの運転手。東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞め、帰ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。

そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、

動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す──。

***********************************

原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三
監督:竹下昌男
原作:伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)

製作:竹下昌男 渡辺美奈子 小田敏三 星野純朗

プロデューサー:本間英行 遠藤日登思 脚本:加藤正人/音楽:川井郁子/撮影:丸池納(J.S.C.)/照明:山川英明/録音:白取貢/美術:飯塚優子/編集:奥原好幸/助監督:佐野友秀/制作担当:間口彰/ラインプロデューサー:姫田伸也/制作プロダクション:ストラーダフィルムズ/制作協力:アミューズ/企画協力:文藝春秋/製作:ストラーダフィルムズ 新潟日報社/配給:アークエンタテインメント/2017/日本/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/157分

(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原田泰三主演『ミッドナイト・バス』舞台挨拶&記者会見@東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年1月27日公開の映画『ミッドナイト・バス』が11月2日に東京国際映画祭特別招待枠作品にて上映。今回の上映がワールドプレミア。記者会見が行われ、その後、場所を劇場に移して舞台挨拶が行われました。

登壇したのは主人公のバツイチ中年男・高宮利一を演じた主演の原田泰造さん、高宮の元妻を演じた山本未來さん、高宮が再婚を考える恋人を演じた小西真奈美さん、高宮の息子・怜司を演じた七瀬公さん。更に竹下昌男監督に加え、音楽の川井郁子さん、星野純朗P(記者会見のみ)が登壇しました。

記者会見・舞台挨拶
日程:11月2日(金)

会場
記者会見:六本木ヒルズ タワーホール
舞台挨拶:TOHOシネマズ六本木 スクリーン2

登壇:原田泰造、山本未來、小西真奈美、七瀬公、竹下昌男監督 川井郁子、製作・星野純朗(※記者会見のみ)

映画情報どっとこむ ralph 記者会見

ものすごい硬い表情の原田さんと、それが伝染したのか他キャストの皆さんも表情が硬い。
そして、山本さんは、ご自宅でケガをされたそうで車いすでの登場となりました。製作の星野さんからの挨拶の後、
原田さん:皆さお越しくださってありがとうございます。緊張してます。曲がったことが大嫌い!はーらだ泰三です!

財布の中身は2千円!はーらだ泰三です!(拍手)

と、2連発でお決まりのフレーズで場を和ませつつ続けて
原田さん:初めて映画を観た時にこんなに綺麗な映画なんだと。ストーリーもゆっくり流れて、とても暖かい映画です。本当にがんばってよかったと思います。そして、こんなに写真を撮られてよかった!!本当にうれしいです。

との挨拶からスタート。
山本さん:いよいよ一般のお客様に、東京国際映画祭で観ていただけることで緊張しています。東京国際映画祭で上映される作品に出演できたことがとても光栄です。

小西さん:現場でも原田さんが場を和ませてくれる方で、ご一緒できて嬉しく感謝しています。撮影のときは新潟の皆様には優しく接していただいて感謝しています。出来上がった作品は日本の景色がが美しく描かれている作品に仕上がっていると思いますのでよろしくお願いします。

可愛らしいイケメンが緊張で顔がこわばっている七瀬さん、

七瀬さん:心臓の音がマイクに入らないかと心配しています。オーディションで出演が決まったのですが、出演が決まったことを母に報告した時、初めて母が新潟に住んでいたことがあることを知りました。不思議な縁を感じます。

音楽を担当した川井さんは
川井さん:新潟の美しい自然と日本人特有の誠実な不器用な優しさが映し出されていて素晴らしい作品でした。そして・・・ヨーロッパ映画の余韻を感じるような作品だと思います。映像とともに音楽が皆さんの心に残っていただけると嬉しいです。

そして、メガフォンを取った竹下監督は
竹下監督:一年前はまだ製作にも入っていなかったのに、一年経って、東京国際映画祭に立っているのが感慨深いです。新潟の皆さんのサポートがあっての作品です。出来るだけたくさんの方に観ていただきたいと思ってます。

と其々挨拶。


映画情報どっとこむ ralph 今回、この記者会見の後の東京国際映画祭の上映がワールドプレミアになる本作。

映画化について監督は

竹下監督:小説に出会いましたのが3年前。別の撮影で新潟の風景は映画を豊かにしてくれるロケーションだと思っていた時に、この原作に出会い、新潟で映画化したいと思いました。

と説明。

原田さんは、本作で利一を演じるにあたり大型自動車の免許を取得し、劇中で実際にバスを運転したそうで、
原田さん:監督に運転してるところも撮りたいと言われて、でも、はっきりではないんですが。。。で取りに行きました。教習所の方にも協力していただいてとても楽しかったです。実際にバスを運転して、撮影で脇にいる本当の運転手さんに褒められたのが嬉しくて・・・。自分は褒められて育つタイプだと思いました。

山本さんが演じた利一の元妻は、一度別れた夫と再会し、再び夫に思いを寄せていく女性を演じているが、その複雑な心境の女性について
山本さん:別れた夫にまた惹かれてしまう女性がいるのかとということについて監督やスタッフの方々と話をしていくなか、迷いながら演じていましたが、原田さんのたおやかで優しい人柄と利一のキャラクターが重なり、こういう男性にならまた惹かれていくということもあるかもしれないなと思うことができ、役に共感できることができました。

と語り、一方で、恋人を演じた小西さんは、
小西さん:利一と志穂は10年という長い歳月を一緒に過ごしているので、その年月の長さを表現することに注意していましたが、原田さんが楽しい方だったので、とても助けられました。

と、二人の女優に褒められながらも、
原田さん:今、元妻と恋人の間に座っているんですが、今も僕の中にかすかに利一が残っているようで、複雑な気持ちになります。改めて石田純一さんってすごいな!と、思います。

との発言に会場は大爆笑!明日の情報番組はこの部分が流れるなと誰もが思ったであろうスマッシュヒット!

また息子を演じて
七瀬さん:怜司の気持ちに共感できて、自然体で演じることができたと思います。母の山本さんとは撮影後も一緒にご飯を食べたり、原田さんとも仲良くさせていただいて、家族の雰囲気は自然に表現できているのではないかと自負しています。

と、自信をのぞかせました。

最後に、楽曲を

川井さん:曲作りへの一番強いインスピレーションを受けたのは夜行バスです。そして、それを運転する原田さんの表情です。バスを運転する原田さんがとてもかっこよく見える曲に仕上がったと思います。そして、自分にとっては最初で最後になると思いますが、劇中に登場するアイドルが歌う曲も書きました。

とエピソードを披露してくれました。

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア舞台挨拶

記者会見後、場所を変え、観客の前での舞台挨拶。15分という短い時間のなかで、登壇者たちが撮影地となった新潟でのエピソードを披露。

原田さん:一言でいうと寒かったけれど、新潟の人たちが温かくて、食べ物もおいしくてパワーのある土地だなとおもいました。

山本さん:おいしいご飯に恵まれて幸せだった。

小西さん:撮影の合間にのっぺ汁や、いろんな種類の笹団子があったりして楽しかったです。白鳥が登場するシーンは、自然の雄大さを痛感した場所でした。天候も変わりやすかったです。でも雪が途中でやんじゃったのは、私のせいですよね?

と天候の話を持ち出すと、

原田さん:小西さんは本当に晴れ女なんです。雪が降らなければいけないシーンでも小西さんがいると雪がぴたっとやんでしまったり・・・。そうすると監督が「小西さんを隠せ!」って、車に監禁されてましたよね(笑)

竹下監督:軟禁です!

と現場での思いがけないエピソードを披露してくれました。晴れがほしいプロデューサーさんは小西さんをkyスティングすべし!

そして最後に

原田さん:真心を込めて作った作品です。ご覧になっていただいて何かを感じ取っていただけたら嬉しいです。本日はご来場いただき本当にありがとうございます。

とイベントを締めくくった。

ミッドナイト・バス』は2018年1月20日(土)より新潟先行ロードショー、1月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーです。

物語・・・
バツイチ中年男の高宮利一(原田泰造)は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。

東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞め、帰ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。

そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す。

***********************************

出演:原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三  
監督:竹下昌男/原作:伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)
製作:竹下昌男 渡辺美奈子 小田敏三 星野純朗/プロデューサー:本間英行 遠藤日登思
脚本:加藤正人/音楽:川井郁子/撮影:丸池納(J.S.C.)/照明:山川英明/録音:白取貢/美術:飯塚優子/
編集:奥原好幸/助監督:佐野友秀/制作担当:間口彰/ラインプロデューサー:姫田伸也
制作プロダクション:ストラーダフィルムズ/制作協力:アミューズ/企画協力:文藝春秋
製作:ストラーダフィルムズ 新潟日報社/配給:アークエンタテインメント
2017/日本/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/157分
(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原田泰造 主演『ミッドナイト・バス』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 来年1月公開の映画『ミッドナイト・バス』1月20日新潟先行ロードショー、1月27日有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

直木賞候補の傑作ヒューマンドラマ、伊吹有喜の同名小説『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)の完全映画化。新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘、そして現在の恋人との葛藤のなかで、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描いた物語。

《この夜を越えたら、きっと希望が待っている》


このたび解禁される予告編は、本作のゆったりとした情緒深い空気感を意識して作られました。
「トンネルを抜けると男で、新潟に戻ると父親」をキーワードに主人公の揺れる心情を表現しつつ、その家族のそれぞれの人生再出発する先にはきっと希望があるだろうという、温かな目線で描かれた予告編となりました。
また、ヴァイオリニストの川井郁子が担当した劇判音楽も、このたび初解禁です。「ミッドナイト・ロード」というタイトルが付けられた穏やかで憂いのあるメインテーマは、彼女の7年ぶりとなるオリジナルアルバム「LUNA」に収録されます。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、俳優としても活躍著しい原田泰造。

関越トンネルを挟んで「父性」と「男性」を往ったり来たりする難しい役柄を見事に演じきっている。また撮影に先立って大型自動車免許を取得、吹替えなしで関越道を自走するシーンは必見。主人公の元妻・加賀美雪に、山本未來。かつて残してしまった子どもへ負い目を感じつつも利一の優しさに心乱れる元妻を熱演。また演技派女優・小西真奈美が、ひたむきに利一を想う天真爛漫な恋人・志穂を切なく演じている。幼い頃置き去りにした母を許せず葛藤する兄妹を、若手俳優の七瀬公、NHK連続テレビ小説『わろてんか』の主演に抜擢された注目株、葵わかなが好演している。
そしてベテラン・長塚京三が、認知症を患う美雪の父・山辺敬三役で存在感を発揮している。

原田泰造 主演『ミッドナイト・バス』予告編解禁

監督は、東陽一、藤田敏八、大林宣彦、原田眞人、エドワード・ヤン、根岸吉太郎といった錚々たる名匠の作品で助監督経験を積んできた竹下昌男。自身の長編映画初監督作品にして原田の初主演映画『ジャンプ』以来、原田とは2度目のタッグとなる。音楽は『北のカナリアたち』で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞したヴァイオリニスト・川井郁子が担当。撮影は、ほぼ全編新潟ロケを敢行。白鳥の郷や雪景色など、新潟の美しい風景が刻まれている。


物語・・・
バツイチ中年男の高宮利一(原田泰造)は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。
東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞め、帰ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す。

***********************************

出演:原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三
監督:竹下昌男/原作:伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)
製作:竹下昌男 渡辺美奈子 小田敏三 星野純朗
プロデューサー:本間英行 遠藤日登思
脚本:加藤正人/音楽:川井郁子/撮影:丸池納(J.S.C.)
照明:山川英明/録音:白取貢
美術:飯塚優子/
編集:奥原好幸/助監督:佐野友秀
制作担当:間口彰/ラインプロデューサー:姫田伸也
制作プロダクション:ストラーダフィルムズ
制作協力:アミューズ/企画協力:文藝春秋
製作:ストラーダフィルムズ 新潟日報社
配給:アークエンタテインメント
2017/日本/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/157分

(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ