「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」タグアーカイブ

ダチョウ倶楽部がトム・クルーズの超絶スタント!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』イベント!


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。

その最新作となるシリーズ第6弾!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)。

この度8月6日(月)に本作の公開記念イベントが行われ、ダチョウ倶楽部が登場!

前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のイベントでも、トム・クルーズ自身が実際に行った“6分間水中息止め”に挑戦した彼らが、今回は、上空約8000mからの超高速スカイダイビング<ヘイロージャンプ>に挑戦!

トムが実際のスタントを行う前に何度も練習を行ったセットを再現した会場で、時速320㎞という新幹線並みの速度で落下する風速と、地上遥か彼方超高度からの疑似落下する景色に耐えながら、課せられるミッションの遂行にチャレンジしました!


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公開記念イベント
日程:8月6日(月)
場所:パンダスタジオ浜町
登壇:ダチョウ倶楽部【肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵】

映画情報どっとこむ ralph 「ミッション」シリーズの応援といえば、ということで今回も応援隊長を務めることとなったダチョウ倶楽部さん。

全身黒で揃え、サングラスをかけ、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントさながらの恰好で登場したダチョウさんは、

「三人揃って、トム・クルーズ!ヤー!」

と挨拶。

映画の感想について問われると、

肥後さん:アクションが本当に見どころ!全力のアクションが素晴らしい!

寺門さん:ダチョウも身体はってきているけど、トム・クルーズさんはそれを凌駕している!あんなアクロバティックなヘリの操作も自分でしちゃうなんて、本当にすごすぎますよ!

とそれぞれ興奮気味に語る二人。しかし・・・・

上島さん:面白かったですよ!アクションがすごい!ヘリの操縦もすごくて…

と肥後さんと寺門さんと同じ感想を披露した為に、

感想が薄いんだよ!

と突っ込まれ、笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph またトム・クルーズと同世代だというダチョウさんですが、印象に残ったスタントシーンについては、<ヘリスタント>と<ヘイロー・ジャンプ>を挙げ、<ヘリスタント>については、実際にヘリを操縦した経験があるというダチョウさんは、操作の難しさを熱弁!

<ヘイロー・ジャンプ>については、スカイダイビングをする際に、パラシュートなしで上空を飛び、途中で受け取るという危険な体験もしたことがあったそうで、そのハードすぎる経験談に、会場は笑いに包まれました。また、肉体派として知られ

寺門さん:トムは鍛え方が違う!俺みたいに肉ばっかり食っているわけじゃない!自分で本当にスタントをやっているとやっぱり映像から伝わる臨場感が違うよね!

と改めてトムの凄さを語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ大ヒット応援隊長として、トムが挑んだスタントを体感し、さらに魅力を伝えてもらうことに!
イーサン・ハントが<ヘイロー・ジャンプ>に挑んだ輸送機のハッチに見立ててつくられたステージを目の前に狼狽えるダチョウさん達。

お決まりの押し問答があった末、結局既にハーネスを装着していた上島さんが挑戦することに!

上島さんがワイヤーを装着している間、肥後さんと寺門さんがスタッフに向かって、

肥後さん:ワイヤーは二本ある内一本は切ってしまっていいんで…

寺門さん:思わぬアクシデントがあった方が新聞に出る枠が大きくなるんで…

と、悪魔なささやきをする二人に

上島さん:ふざけるんじゃないよ!

とお約束の怒り芸を披露!


すると、日本語吹き替え版で、イーサン・ハントを翻弄する謎の女・ホワイト・ウィドウの声を務め、先日本作の大ヒット祈願イベントに登場した広瀬アリスさんより、応援メッセージが到着している旨が伝えられ、「素敵なアクションに期待しています!」と広瀬さんからエールを贈られると、

上島さん:アリスちゃんがこんなにも応援してくれるのなら!

と力をみなぎらせました。

そして、いよいよ上島さんがミッションに挑戦!

地上から約3メートル程の高さまで吊るされた上島さんは、必死の剣幕でトム・クルーズさながらのジャンプを披露!肥後さんと寺門さんに邪魔されながらも、

上島さん:イーサン・ハント~!トム・クルーズ~!戸田奈津子~!

と叫び続け、なんとかミッションクリア!実際に体験してみての感想を問われると、

な上島さん:めていたら、意外とこわかった…

と涙目で答えた上島さん。その様子をみて

寺門さん:りゅうちゃんが今やっているのをみるだけでも臨場感がすごいから、是非本物を映像でみてほしいね!

と映画をアピールしました。

その後行われたフォトセッションは、吊るされたまま応じた上島さん。
しかし終了すると肥後さんと寺門さんはスタスタと降壇していき、檀上にひとり残され

上島さん:おい!おかしいだろう!降ろせよ!

と猛抗議。その上島さんの抗議を受けて、檀上に再び戻ってきたふたりですが、寺門さんがワイヤーを取り外すのを手伝う一方で、それをただ眺めるだけの肥後さんの態度に激怒した上島

上島さん:なんで吊るしっぱなしにしてんだよ!リーダーだったら一番に気づかないと!

などと言いながら、肥後さんに近づいていき、最後には仲直りのキス!

その定番芸に会場は笑いに包まれ、終始笑いが絶えず大盛り上がりの内にイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph
ミッション:インポッシブル/フォールアウト

原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

大ヒット公開中!!

公式HP:
http://missionimpossible.jp/
公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp
(#mijp)


物語・・・
何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。イーサン・ハントとIMFチームは、 “同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵”を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。今度のミッションの不可能は一つではなく、連鎖したたみかけるようにIMFに迫る!

***********************************

監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』

製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ、ジェイク・マイヤーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』<レベル9>4DXエクストリーム版も公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作!
史上最高のスパイ イーサン・ハントが究極の不可能なミッションに挑む『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を、8/3(金) より4DXで上映する運びとなります。
『ミッションインポッシブル:フォールアウト』は、スパイ組織IMFチームと、最強のスパイ、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が、不可能なミッションに挑む大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作で、モーションチェアの究極な最大レベルで4DXモーションが楽しめる”4DXエクストリーム”版で公開!”4DXエクストリーム”版は、『ワイルド・スピード ICE BREAK』4DX版上映以来、1年4ヶ月ぶりとなります!

都内では、観測史上初めての40度超えの暑さが続き、毎日のように話題となるこの夏、暑さをぶっ飛ばせる、スマートな暑さ対策!それは、暑さに絶対負けない、トム・クルーズの究極なアクションを4DX劇場で体験すること!『マッドマックス 怒りのデスロード』や『ワイルド・スピード ICE BREAK』で採用されて話題の”4DXエクストリーム”版の演出で期待をあつめております!前後・左右・上下に動く4DXモーションチェアの動作レベル1〜9の中で最も高い<レベル9>に設定され、ライディングアクションに特化した”4DXエクストリーム”版は、トム・クルーズが、骨折して話題となった【陸上選手さながらのビルジャンプ】、【ヘリコプターにしがみつき、落下までするアクション】、【2000時間の飛行訓練を経たヘリコプター操縦】、そして【成層圏寸前!高度7620mからのヘイロージャンプ】まで、思わず悲鳴をあげるほどの迫力と爽快感、そして、スリルなアクションも最大限体感できる!

特に、4DX版で注目してほしいシーンは、
①パリ都心部で行われるカーチェイスとバイクアクションシーンと、物語の後半に登場する
②ヘリコプターのアクションシーン。レベルMAXの動きで、曲がりくねった道路を最高のスピードでカーブ、ジャンプ、階段を通過するなど、モーションチェアが表現できる全てのアクションを詰め込んだ体験ができるという。また、ヘリコプターでのアクションシーンでは、モーションチェアだけではなく、雪まみれという舞台の雰囲気をSNOW効果や風効果が絶妙に加わり、スクリーンから何かが出てきそうな!演出も味わうことができる。そこで、アクションをと・に・か・く!思う存分に楽しみたい方は、比較的に前の列でのご鑑賞をオススメ!前の列のモーションチェが激しく揺れまくる姿を見渡しながら、わいわいと激しいアクションを楽しめたい!という方は、比較的に後ろの例でのご鑑賞をオススメ!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の4DX上映を記念し、⦅無人4DX360°動画 ⦆が公開!

PC画面上では、youtube再生画面の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで、4DXシアターで上映されている『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告映像が確認できる!また、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度見回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!!これを観れば絶対『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を4DXシアターで観たくなること間違い無しな、映像となっております!

SNS上では、「この夏の楽しみミッションインポッシブル4DXで見る!」、「お盆休みはミッションインポッシブルやるから4DXいこ!」、「ミッションインポッシブルも4DXで観よー!!!揺れるし水かかってくるし、なんなら匂いもついてくるからめっちゃおもしろいよ!!!」など、4DX上映を待ちわびる声も続々!

4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万人を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米20〜30代を中心とし、【観る映画の代案】として若い層に人気上昇中!全世界59カ国、546劇場で運営中、日本国内では55劇場に導入中。(※2018年8月現在)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
《無人4DX 360°動画》



映画情報どっとこむ ralph 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX上映劇場

※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】(18劇場)
【シネマサンシャイン】(6劇場)
【USシネマ】(5劇場)
【フォーラム那須塩原】
【109シネマズ】 (8劇場)
【コロナシネマワールド】 (9劇場)
【イオンシネマ】 (7劇場)
【アースシネマズ姫路】


映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』について

公式ホームページ:
http://missionimpossible.jp/

物語・・・
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていた。だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。この事件の裏側には、シンジケートの生き残り勢力が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前と彼が接触する“ホワイト・ウィドウ”と呼ばれる謎めいた女の存在のみ。だが今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを監視役に同行させることを条件とした。イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”と対立してしまう。一方、同行するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、二人はやがて対決の時を迎える。やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる・・・。

***********************************

原題:Mission: Impossible – Fallout
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、アレック・ボールドウィン、ほか
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


日比谷にヘリコプター!!トム・クルーズら登場!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、8月3日(金)より日本公開いたします(全米公開7月27日)。

この度、公開に先駆け、トム・クルーズを筆頭にヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4名がプロモーションの為に来日。

昼間に行われた記者会見に続き、ジャパンプレミアが行われました。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア
日時:7月18日(水) 
場所:東宝ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
登壇者:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督

映画情報どっとこむ ralph 夕方からジャパンプレミアが行われました。

スチール、ムービー合わせ、約130名程のマスコミと、会場内のプレミア招待客500名と、トムを一目でも見ようと会場周囲に集まったファン合わせて約1000人が待ち構える中、トムを筆頭にレッドカーペットに登場したキャスト、監督がそれぞれに登場すると、ファンは大熱狂!

レッドカーペット上で、

トム:とても興奮しているよ!信じられないくらいワクワクしている。日本のファンとは温かい関係が築けていると、来日する度に感じているんだ。日本のファンが作品を観てどんな反応をみせてくれるのか期待しているよ。

とコメント、続いて

ヘンリー:日本の歴史や文化がとても好きなんだ。こうやって仕事じゃなくて、今度は是非休暇で来たいね。

サイモン:前回来日したときよりも暑いね(笑)日本は毎回来るのが楽しみなんだ。どんなときでも来たいと思っているよ!

マッカリー監督:前回よりも暑くないから少し快適だ(笑)日本が大好きだよ。作品は本国で今とても良い反応を得られていて、非常に誇りに思っている。みんなが一生懸命取り組んでくれたお陰だね。前作の反応がとてもよかったから、続編を担当する監督は大変そうだなんて思っていたら、結局自分がやることになったわけだけど(笑)

とそれぞれにコメントを寄せました。

また、マスコミの取材をこなしたあとは、その熱狂ぶりに応えるように、一人ひとり丁寧にファンサービスを行い、ワールドプレミア時と同様にカーペット上ですれ違うと声を掛け合うなどし、仲睦まじい様子もみせました。

その丁寧で優しさ溢れる対応に、ファンは「来れてよかったね~!」と口にするなど大興奮!今年最高の猛暑が東京を襲った中、約2時間にもわたるファンサービス。

映画情報どっとこむ ralph その後・・・ステージイベントが行われました。

作品の中で登場する同系列モデルのヘリコプターと、今回のジャパンプレミアの為に、ドイツから日本に送り届けられたという、本作仕様のBMW M5モデルが華を添えるステージに、ヘンリー、サイモン、マッカリー監督が登場し、再び観客から大歓声があがる中、突如ヘリが霧に包まれ、そこからトムが登場!

本作の完成を待ちわびていた日本のファンに向けて、

トム:こんばんは、よく来てくれました!とても暑いけど、温かい歓迎に本当に感謝しています。これが日本だね!みんな大好きだ!ベストを尽くしてつくった映画です。きっとワクワクするはず!みんなの為につくったよ!
とコメントすると、ファンからは「トーム!」「I love you!」といった声が多数あがりました。


続いて

ヘンリー:僕は君(トム)を上回る日本好きなんだからね。日本のみんなのことが大好きです!歴史や伝統が豊かな国だし、もっとゆっくり来てみたいです!

といい、続けて

ヘンリー:今度マッカリー監督の、日本を舞台にした、トムが主演の、勿論僕も出演する、サイモンにも一役買ってもらって(笑)映画をつくれればと思うけどどう思う?

とファンに呼びかけると大きな拍手が向けられました。


サイモン:コンニチワ!日本の全てが好きです!みんなこの暑い中、すごい熱気で迎えてくれて、その忍耐力はたまらなくクレイジーだと思うけど(笑)熱烈な応援に感謝します。早く観てもらいたいな!

とコメント。

マッカリー監督:この面子で最後に挨拶となると、もう何もいうことなくなっちゃうな(笑)日本大好き!本当に来てくれてありがとう!

とコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph 一歩間違えれば命に係わる、ノースタントでのアクションが注目を浴びている本作ですが、そのこだわりについてトムは設置されたヘリに近づき、撮影を思い出すように機体を触りながら

トム:このヘリはとても楽しんで操縦したんだ。急降下してスピンもしたよ!ヘリが僕のことをよくめんどうみてくれて、こうやって無事に撮影を終えることができたんだ。

と明かしました。
世界的大ヒットシリーズにはじめて参加したことについて

ヘンリー:このような人気シリーズに参加できること自体光栄だし、この素晴らしいキャストたちと共演できたこと、そして、最高の監督であるマッカリーと仕事ができたことを本当に嬉しく思っているんだ。その中でも、トムと毎日顔を合わせることということが一番スペシャルな出来事だった。トムは優しく寛大で親しみのある人物だ。朝、互いのファーストネームを呼びながら挨拶する日が訪れるなんて、とてもクールな経験だったよ。

と感無量の様子で語りました。

シリーズを重ねるごとに役割が多くなってきている大人気キャラクターであるベンジーですが、次回作ではスタントもやってしまうのでは?といった質問が及ぶと、

サイモン:実は全て僕がトムのマスクを被って演じていたんだ。大きな格闘シーンがあるんだけど、生きながらえるか是非スクリーンで確認して!

とユーモアたっぷりに回答し笑いを誘いつつ、

サイモン:ヘンリーが言うように、みんなとの仕事は特別な経験だ。超一流の役者と超一流の監督がいたからね

と語ると、

トム:僕もこれだけの素晴らしい俳優たちと一緒に仕事ができて、本当に幸せだった。毎日、撮影場所にいくのが楽しみでたまらかったよ。マッカリーと仕事することも大好きなんだ。本当に楽しいんだ!

と語ると、

マッカリー監督:ヘンリーは一生懸命で役者として素晴らしい。そして、イケメンだ(笑)サイモンだって、ハンサムだ!今回彼がこの作品において、人間らしさの部分を担ってくれている。でも、第一にトムなしでつくれなかったけどね!

と語るなど互いを称賛し合いました。

また、トムとの仕事について質問が及ぶと、

マッカリー監督:トムとは、これまでに10年以上仕事をしてきたけど、実は正式に映画をつくろうと話したことはないんだ。だから何年もかけて貯めていたアイディアがこの映画にも含まれている感じなんだ。前作でトムがヘリにしがみついたシーンだって、最初はジョークだったんだよ!でもそれをトムは真剣に受け止めてしまった。今後はジョークでさえ気を付けないといけない(笑)自分で演出するにあたり、僕もヘリなどに乗らないといけないわけだから、二度とやらない!僕は面白くないんだ!

と茶目っ気たっぷりに回答し、会場は笑いに包まれました。また、マッカリー監督は、記者会見でも多く語られた、トムの骨折エピソードも披露!その驚愕のエピソードに会場からは驚嘆の声があがりました。

最後に・・・

トム:23回も日本に来ているなんて信じられない。初めて日本に来たことを覚えている。あのときも温かい歓迎を受けて、本当に感動したんだ。そのときのことを思い出しながら、自分はこんな良い人生をおくっているんだと今日改めて思った。みんなが楽しめるものを届けたいと思ってやってきた。その結果、みんなの楽しみの一つとして僕を選んでくれてありがとう。温かい笑顔をありがとう。素晴らしい会話をありがとう。こんなにも日本に来れることは本当に名誉なことだと思っています!!

と挨拶。その熱のこもった愛情たっぷりのコメントに、ファンは更なる拍手と歓声をトムたちに向けました。


またステージ上を去る前に、マッカリー監督の妻と娘をステージ上に呼び、紹介を始めたトム。

トム:このふたりの助けがなければ、この映画はつくることができなかった。彼女たちは本当に素晴らしいんだ。

と拍手をおくる場面もみられるなど、トムの愛情深く、誠実な一面も垣間見らました。去り際までも「トムー!」「ヘンリー!」「サイモン!」「I love you!」「Thank You!」と歓声は続き、このジャパンプレミアの様子を生中継していたTwitterライブの視聴数は200万人を超え、国内映画業界最高数値レベルを叩き出し、さらに、Twitterトレンドにもあがるなど、現場以外での場所でも大盛り上がりの中、ファンも大満足のジャパンプレミアは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ジャパンプレミア後には、日本最速の一般試写会が行われ、その舞台挨拶が行われました。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT 

公式サイト:http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:@mimovie_jp 
#mijp

***********************************

日本公開:8月3日(金) 全米公開:7月27日(金)予定
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、
ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
 
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズらMI6チーム来日に1000人のファンがお出迎え!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、8月3日(金)より日本公開となります。

そして!!!!!!!

この度、公開に先駆け、トム・クルーズを筆頭にヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4名が7月17日(火)、プロモーションの為に来日しました。
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズ来日 空港取材概要
日時:7月18日(火)  
場所:羽田空港 国際線到着ロビー

映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督らとともに、本作のプロモーションのために来日しました。

トム・クルーズの来日は『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶりにして実に通算23回目!

トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』(13)以来5年ぶり、

前回『スター・トレック BEYOND』(16)の来日時に一際大きな声援を浴び日本での大人気ぶりを示したサイモン・ペッグは約2年ぶり、

そしてトム絶大の信頼のもとシリーズ初の続投監督を務めたクリストファー・マッカリー監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来3年ぶりとなります。

羽田空港の到着ロビーでは、多くの報道陣と、子供から大人まで、男性、女性問わず、幅広い層のファン約1000人が、「Welcom to Japan」と書かれたお手製のボードや、お手製のトム写真入りうちわを握りしめ、到着をいまかいまかと待ちわびました。

そしてロビーにトム、ヘンリー、サイモン、クリストファー監督が姿を現した瞬間、悲鳴にも似た大きな歓声があがり、あちこちから「トムー!」「ヘンリー!」「サイモン!」といった声で溢れるなど、ファンは大熱狂!!白熱した雰囲気の中、キャスト、監督それぞれが、一人ひとり丁寧にサインや握手、写真撮影に応じるものの、その中で一番ファンが白熱していたのがトムの神対応のファンサービス!いつまでもおさまらぬ、来日史上最大規模の熱狂ぶりに、トムの不動の人気ぶりを証明しました。
映画情報どっとこむ ralph マスコミの前にも姿を現し

トム:また日本に帰ってこれて本当に嬉しいです。明日のジャパンプレミアで、またファンの皆さんにお会いできることに興奮していますし、とても楽しみにしています。

と笑顔でコメントを寄せました。
4人は揃って登場する7月18日(水)に開催される予定の記者会見とジャパンプレミア レッドカーペット・イベントでは日本のファンに向けて、どんな言葉が繰り出されるのか?

ご期待ください!


ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

8.3(金)日本公開 2D/3D/IMAX/4D

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
(#mijp)

***********************************

監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、
ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズ ら来日が決定!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収3000億円以上(※1ドル=109円換算)、トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金) 日本公開となります。

この度、トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の来日が決定しました!

映画界きっての親日家としても有名なトム・クルーズは、『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶりにして実に通算23回目の来日!大人気テレビ番組に次々出演したり、一日で大阪・福岡・東京の三大都市を弾丸ツアーで駆け抜けたり、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)では、歌舞伎町セントラルロードを大々的にプレミア会場とするなど、来日する度に我々を驚かせ、神対応すぎるファンサービスでも日本を沸かせてきたトム。

トム:日本に行くのが待ちきれないよ!いまクリス・マッカリーと映画を仕上げているんだ。7月に皆さんに会えるのを楽しみにしているよ!

とコメント。本シリーズのプロデューサーも務めるトムが”シリーズの集大成”と豪語する最新作を引っ提げ、今度はどんな形で我々を喜ばせてくれるのか期待が高まります!!

映画情報どっとこむ ralph さらにシリーズ初登場のキャラクターとして大きな注目を集めている、トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』(13)以来5年ぶり、前回『スター・トレック BEYOND』(16)の来日時に一際大きな声援を浴び日本での大人気ぶりを示したサイモン・ペッグは約2年ぶり、そしてトム絶大の信頼のもとシリーズ初の続投監督を務めたクリストファー・マッカリー監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来3年ぶりの来日を果たします。

4人は揃って、7月18日(水)に開催される予定の記者会見とジャパンプレミア レッドカーペット・イベントに登場し、その模様は当日Twitterでの生中継も予定!2018年・日本の夏が、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に熱狂すること間違いありません!


ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 

原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT 
8月3日(金) 日本公開

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
(#mijp)

すでに、【パリ・凱旋門前を爆走するバイクアクション】、
全世界のメディアで大々的に報じられた【トムが骨折したビルジャンプ】、
2000時間の飛行訓練の末にトム自ら “ヘリコプター”を操縦し上空で展開する【超絶ヘリスタント】、
成層圏ギリギリの高度約8,000mから特殊マスクを装着しスカイダイビングし地上寸前でパラシュートを開く【ヘイロージャンプ】など、

トム・クルーズ自らがノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でもさらにパワーアップ!”フォールアウト=予期せぬ余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるという、さらなるストーリーの拡がりにますます期待が高まります!

***********************************

全米公開:7月27日(金)
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.