「ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン」タグアーカイブ

『ミス・サイゴン』レア・サロンガ コメント!新妻聖子・山崎育三郎らも決定!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で愛され続ける傑作ミュージカル「ミス・サイゴン」。

2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化。

映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』と題し、2017年3月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて公開されます!注目は、今までに見たことのない臨場感あふれる映像。この映画のために再度キャストを集結させ、観客を入れずに追加撮影を実施。

このたび本作『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』の公開、そして本年で日本初演から25周年を迎えるミュージカル「ミス・サイゴン」を記念し、日本公演における歴代キャストから、お祝いコメントがリレー式に到着しておりましたが、ラストを飾る3名に、今大注目のミュージカル俳優である、新妻聖子さん、山崎育三郎さん、知念里奈さんからコメントが寄せられることが決定!
※映像は順次公式HPにて公開。

映画情報どっとこむ ralph さらに、「ミス・サイゴン」キム役オリジナル・キャストであり、ディズニー映画『アラジン』『ムーラン』のヒロインの歌唱を担当した経歴をもつレア・サロンガから、「ミス・サイゴン」映画化にあたってのコメントと日本の観客に向けたメッセージも到着!

レア・サロンガ
劇場にいなかった人たちとも共有できて、また、「ミス・サイゴン」を愛する観客が、数年後でも、あのガラ公演(25周年記念スペシャル・フィナーレ)を見て一緒に祝えるということは、とても幸せです。「ミス・サイゴン」は日本でも非常に人気があると聞いているので、映画館で見る人たちも楽しんでもらいたいし、きっとこのショーを大好きになるわ!

レア・サロンガほか新旧キャストのコラボレーションが実現する<25周年記念スペシャル・フィナーレ>も見どころの本作。
日本からも豪華メンバーからコメントが寄せられるなど、25周年を記念し、世界中で大きな盛り上がりを見せています!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

1970年代のベトナム戦争末期、爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムと、長引く戦争に対する疑問と虚無感に苛まれるアメリカ兵クリスは、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、急速に惹かれあう。

だが、サイゴン陥落の混乱の中、非情にも2人は引き裂かれ、クリスはキムを残しベトナムを離れてしまう。

戦争が終わり、キムはクリスの帰りを待ちながら彼との息子タムを育て、懸命に生きていたが、帰還したアメリカで今もベトナムの悪夢に苦しむクリスは、妻エレンと共に新たな人生を歩き始めていた。

時がたち2人が再会するとき、キムは愛するタムを前に、ある悲壮な決意を固めるのであった。

公式HP:miss-saigon-movie-25.jp

***********************************

製作:キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽:ロード=ミッシェル・シェーンベルク
キャスト: エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー
スペシャル・ゲスト:ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン

上映時間: 3時間7分 ※休憩2回含む
配給:東宝東和株式会社 
制作:ユニバーサル・ピクチャーズ
(C)2016 CML
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』女性限定試写会で満足度90%越え!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で愛され続ける傑作ミュージカル「ミス・サイゴン」。2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化。映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』と題し、2017年3月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて公開となります!


注目は、今までに見たことのない臨場感あふれる映像。

観客を入れずに追加撮影を実施。
キャストの生き生きとした表情をとらえ、全く新しい「ミス・サイゴン」になっています。

2月 27日に行われた泉見洋平、上原理生さんの本作トークイベントでも、泉見さんも「ライブ映像を超えたものですよね。また新しいものを観た気がしました。」

と語っていました。

また舞台上演後に行われた<25周年記念スペシャル・フィナーレ>には、特別ゲストとして、ジョナサン・プライス(エンジニア役)、レア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)を始め、初演時のオリジナル・キャストが総出演!チョット感涙ものです。

映画情報どっとこむ ralph そして!今日ご紹介するのは、3月3日(金)雛祭りの日、東宝東和株式会社 試写室にて開催された女性限定試写会。

当日は厳正な抽選で選ばれた25名の女性が試写室に集結し、まるで女子会のような華やかな雰囲気の中、映画を堪能。休憩時間中もお友達やご家族と映画談義に花が咲き、終映後にはアンケートを実施。女性ならではの視点から本作の感想を。

まず、映画『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』の満足度をうかがったところ、その平均値は91.25%!

さらに、この映画を他の人に薦めますか?という質問に対しては、“はい”と答えた方がなんと100%に上りました!



お薦めしたいポイントとして、

「迫力のある歌唱が鳥肌モノで感動した」
という音楽やキャストの演技、また
「ミュージカルが初めてでも、映画なら気楽に観られるし、見応えがある」
「カメラワークが映画のようで、普段ミュージカルや舞台を見ない人にも受け入れてもらえそう」

というように、舞台でミス・サイゴンを観たことがある方から《ミュージカル初心者を誘って映画館に行きたい!》という声が多く寄せられました。

映画情報どっとこむ ralph 次に、映画に登場する女性の中で一番好きな女性をうかがったところ、68%の方がキムを支持。キムの一途なクリスへの愛と母としてのたくましさに共感する女性が多く、「大人になって内容により共感できた」と自分が歳を重ねたことで感じ方が変わったという感想も。
舞台でミス・サイゴンを観たことがある方からは、「キャストの表情が見える、迫力と臨場感あふれる映像に感動!」という声に加え、特に<25周年記念スペシャル・フィナーレ>に対する称賛の声を多くいただきました。また、これまでミス・サイゴンを観たことがなかった方からも、「当時の時代背景を知ろうと思った」「生の舞台も観てみたいと思うきっかけになった」という声をいただき、新たなサイゴン・ファミリー(サイゴン・ファン)を獲得しています!

観劇経験の有無に関わらず高い満足度を得た本作。

映画情報どっとこむ ralph 記者も別日に試写させいていただきました。
エバ・ノブルザダの半端ない歌声に最初から引き込まれますし、その表情は、一見の価値ありです!寄りの画は、舞台では見ることが出来ないほど、役者が入り込んでいるのがわかるので、映画としての完成度も素晴らしいです。ODSの最高峰。

ただ『ミス・サイゴン』舞台を相当回数観に行った記者の経験ではありますが、男性は内容的にカップルで行かない方が良いと思います。ご注意を。

映画情報どっとこむ ralph でも、本当におすすめ!
映画館で本場のミュージカルを体験を。

ミス・サイゴン

公式HP:
miss-saigon-movie-25.jp

物語・・・・
1970年代のベトナム戦争末期、爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムと、長引く戦争に対する疑問と虚無感に苛まれるアメリカ兵クリスは、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、急速に惹かれあう。だが、サイゴン陥落の混乱の中、非情にも2人は引き裂かれ、クリスはキムを残しベトナムを離れてしまう。戦争が終わり、キムはクリスの帰りを待ちながら彼との息子タムを育て、懸命に生きていたが、帰還したアメリカで今もベトナムの悪夢に苦しむクリスは、妻エレンと共に新たな人生を歩き始めていた。時がたち2人が再会するとき、キムは愛するタムを前に、ある悲壮な決意を固めるのであった。



***********************************

製作:キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
キャスト:エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー
スペシャル・ゲスト:ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン
上映時間:3時間7分 ※休憩2回含む
配給: 東宝東和株式会社
制作:ユニバーサル・ピクチャーズ 
(C)2016 CML
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

泉見洋平、上原理生トークイベント『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』


映画情報どっとこむ ralph 1989年から世界中の観客を魅了し続け、ミュージカル史上に燦然と輝く金字塔「ミス・サイゴン」。

2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化したものが、映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』として、いよいよ日本では3月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて公開となります!

この公開に伴い、本作のトークイベント付き一般試写会が行われ、2004年から2014年までトゥイ役を演じた泉見洋平さんと2012年から昨年2016年までジョン役を演じている上原理生さんが登壇しました。

映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』トークイベント
日程:2月 27日(月)
場所:東宝東和
登壇:泉見洋平、上原理生

映画情報どっとこむ ralph ミュージカル界の貴公子のお二人を迎えて、熱く面白いトークが行われました。
会場に集まった観客のほとんどがお二人のミス・サイゴンを劇場で観た方たちばかり。

ミス・サイゴンの魅力を

泉見さん:実は皆さんと一緒に見させていただいてました。ミス・サイゴンは音楽が素晴らしい作品ですよね。すでに卒業していますが体が反応しますね。部隊映像を録画したものだけじゃなく、映像もインサートされて。ライブ映像を超えたものですよね。また新しいものを観た気がしました。


と、音楽の力を力説する泉見さん。上原さんも

上原さん:舞台上の景色がよみがえりますよね。ベトナム戦争が舞台ですが、悲惨な中に、普遍的な悲しみ、愛や生きるということの厚さが伝わってきて、観ている人たちをひきつけてやまない映画になっていますよね。新演出からプレゼンテーション的に演技をするのをやめようと。この映像だと、その演出がよい形で生きていますよね。

と、映画版の魅力を語りました。

劇場出演での、今だから話せることはという質問には

泉見さん:10年間でキムの情念に355回撃たれたわけで。毎回トゥイで生きなければ、この物語は伝えられないという感覚で、毎回殺された後に自分に戻れないこともありました。

と、相当のめりこんでいたと話し、
先月講演が終わったばかりの上原さんは

上原さん:普段間違えることないんですけど・・・・帰国した彼をというところを遅刻したって。。へこみました。

と、後悔する上原さんに、ここに来るのが遅くなったという意味でとろうと励ます泉見さんですが、

上原さん:スケールが小さくなってる。

と、さらに小さく。。。ほかにも、キムの拳銃がなかなか、カバンから出てこなかったり、逆に早く鳴ってしまったりといろいろなエピソードが飛び出しました。

映画情報どっとこむ ralph
上原さんから見た泉見さん?

上原さん:亡霊のところは すごい怖かったんですよ。鬼気迫るというか。情念が込められてて

泉見さんからみた上原さんは?

ジョンとは絡むシーンがなくて、でも、新演出ではボートピープルのところでは一緒に出ていて、GIのときはジョンそのものなのにボートピープルも似合う。幅広い役者さんだなと。

と、互いを称え、


カーテンコールの演出に

泉見さん:サプライズ氏に来てる方たちが、サプライズ感を味わえてるのが 最高ですよね。

上原さん:キャデラックで出てくるところすごいですよね。あの演出。サイゴンファミリーとしてうれしかったです。舞台から伝えられるようにと思える良い時間でした。

と、サイゴンファミリーの証のタグをみせ、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 公式HP:miss-saigon-movie-25.jp

物語・・・
1970年代のベトナム戦争末期、爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムと、長引く戦争に対する疑問と虚無感に苛まれるアメリカ兵クリスは、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、急速に惹かれあう。

だが、サイゴン陥落の混乱の中、非情にも2人は引き裂かれ、クリスはキムを残しベトナムを離れてしまう。

戦争が終わり、キムはクリスの帰りを待ちながら彼との息子タムを育て、懸命に生きていたが、帰還したアメリカで今もベトナムの悪夢に苦しむクリスは、妻エレンと共に新たな人生を歩き始めていた。

時がたち2人が再会するとき、キムは愛するタムを前に、ある悲壮な決意を固めるのであった。


***********************************

製作:キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽】ロード=ミッシェル・シェーンベルク
キャスト】 エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/
クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/
トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー
スペシャル・ゲスト】 ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン
(C)2016 CML 
上映時間:3時間7分 ※休憩2回含む
配給:東宝東和株式会社 

制作:ユニバーサル・ピクチャーズ 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ