「ミシェル・ウィリアムズ」タグアーカイブ

4DX映画史上、最も破壊力満載!!『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!


映画情報どっとこむ ralph この度、スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な《悪》として新たに誕生する『ヴェノム』が、11月2日(金)より、全国の4DXシアターにて公開。
主人公のエディ(トム・ハーディ)が<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまい、エディの体にとてつもない変化が起こり始める。解き放たれた〈悪〉が、体を蝕み、増殖していくにつれ4DX効果も激化していく!

この演出により、まるで⾃分もエディと同様に、徐々に4DX劇場に浸食されていくような感覚が体験できる!4DX演出は、本編開始から最高潮に達し、風やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全身で味わえる。超高層ビルでのアクションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、そして、熱風、フラッシュ、風の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンでは、”破壊的な4DX演出”が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく手に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリル、爽快感も最高潮になるはず!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の4DX上映を記念し、『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!



『ヴェノム』の予告映像に併せて、実際どのような4DX演出が披露されるのかが確認できし、4DXファンにはつい反響が。PC画⾯上では、youtube再生画⾯の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで確認でき、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度⾒回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!

これを観れば絶対『ヴェノム』を4DXシアターで観たくなること間違い無しな、映像となっております!

また、「FEELTHEFIRSTANTI-HEROactionin4DX」というメッセージが刻まれた、4DXオリジナル・イラストも到着!ヴェノムを演じるのは『マッドマックス怒りのデス・ロード』『ダークナイトライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技⼒を誇る、トム・ハーディ。


この秋、『ヴェノム』4DX版を、是非!!

映画情報どっとこむ ralph
『ヴェノム』

原題:VENOM
公式ホームページ:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
未確認飛行物体の墜落現場でシンビオートと呼ばれる地球外生命体を発見した〈ライフ財団〉。ライフ財団が“それ”を用いた人体実験で死者を出しているという噂をきいたジャーナリストのエディは、その真相を暴くべく取材を進める中でシンビオートに寄生されてしまう。その日から自分以外の“何か”の声が聞こえはじめ、自分の身体がコントロールできなくなる。次第に増幅していく内なる〈悪意〉。エディとシンビオート、2つの人格が一つになるとき、ヴェノム誕生の時がついに訪れる─。

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 他
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©&™2018MARVEL.©2018CPII.AllRightsReserved.


UVERworldの「GOOD and EVIL」が『ヴェノム』日本語版吹替版主題歌に!コメントあり


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』が11月2日(金)に公開となります。この度、UVERworldの新曲「GOOD and EVIL」(読み:グッドアンドイーヴル)が本作「ヴェノム」の日本語版吹替版主題歌に決定しました!

主人公である正義感溢れる敏腕ジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)に<シンビオート>と呼ばれる意思を持った地球外生命体が接触したことで誕生するのが、ヴェノムだ。2つの魂で1つの存在にして、マーベル史上最も残虐な悪であるヴェノムは、スパイダーマン最大の宿敵としても知られる。

そのハードでクールな世界観にぴったりの楽曲を今回書き下ろしたUVERworldのメンバー、TAKUYA∞さんはもともとマーベル作品のファンであると言います。

映画情報どっとこむ ralph その喜びコメントが到着!
UVERworld メンバーコメント
【作詞:TAKUYA∞ 作曲:UVERworld】
スパイダーマンも大好きでマーベル作品をずっと見てきていたので、決まったときはすごく嬉しかったです。
“自分たちらしさ”というものはひとまず置いておいて、世界観にちゃんと寄り添った、このダークな感じ、そして疾走感もあって、最後に向かって上がっていく力強い感じをイメージして、曲を作りました。普段自分たちのコンセプトとは全く違うところでのコンセプトで曲が作れるなと思い、取り組む前から楽しみにしていましたし、作り上げていく中で、いつもと違った表現方法、力強い思いというか、かっこいいサウンドを追いかけていくのが楽しかったです。UVERworldとして一丸となって、映画『ヴェノム』の世界観というのをしっかりと引き立てられるように、普段以上に曲と向き合い、ライブをしながらまた曲と向き合ってという、ツアー中のなかで出来上がった曲なので、本当に生きた音が入っています。映画と楽曲の二つが一つになって、いい相乗効果が生まれると信じています。いい楽曲ができました。すごく素晴らしい映画だと思います。みなさん楽しみにしていてください!

◆シングル情報
2018年11月7日リリース
UVERworld「GOOD and EVIL / EDENへ」

・初回限定盤(CD+DVD)
SRCL-9904~5 ¥1,667(税抜)

・通常盤(CDのみ)
SRCL-9906 ¥1,204(税抜)

<収録曲>
1. GOOD and EVIL 映画『ヴェノム』日本語吹き替え版主題歌
2. EDENへ テレビ東京 ドラマ25 「インベスターZ」オープニングテーマ


<初回限定盤DVD収録内容>
結成18年を迎えた2018年6月6日に熊本B.9 V1で行われたライブから
「ODD FUTURE」「earthy world」を収録!

映画情報どっとこむ ralph 映画のアメリカ公開を目前に控え、全世界的に「ヴェノム」熱が過熱する中、UVERworldの疾走感のあるサウンドがさらにヴェノムの世界観を盛り上げる!

ヴェノム』 
原題:VENOM  

11月2日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/ 

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL


中川翔子 高速ペロペロ舐めたい!ボディーペイントで“ヴェノム化”メイキング写真到着!


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪の存在として新たに誕生する『ヴェノム』が11月2日(金)に公開となります。

今月6日には中村獅童さん、中川翔子さん、そして諏訪部順一さんの3名が本作の日本語版吹替声優に決定するなどますます注目を集める本作ですが・・・・。

その声優の一人である中川翔子さんが“ヴェノム化”する衝撃的な写真が解禁となりました。

9月25日(火)に公式Twitter(@VenomMovieJP)に突如、地球外生命体<シンビオート>に寄生されヴェノムとなったとある芸能人の映像がアップされ、ソーシャル上では全身メイクのクオリティの高さとヴェノムの正体について様々な憶測が飛び交う中、トム・ハーディさん演じる主人公エディ・ブロックの彼女、アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)の吹替声優を担当する中川翔子さんが、そのヴェノムの正体であることが判明!

本作で登場するヴェノムは、正義感溢れる敏腕ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)に<シンビオート>と呼ばれる意思を持った地球外生命体が寄生したことで誕生する最も残虐な悪の存在。そんなシンビオート自身にも意志があり、寄主と会話をすることも可能だ。寄生された人間は恐るべき腕力や俊敏性、回復力を得ることができ、感情や衝動をシンビオートと共有することで、さらに強い力を発揮するようになる。

そんな超人的かつ“最悪”な力を中川さんに与えたのは、世界的特殊メイクアーティストの JIROさん。近年では特殊メイクや造形の枠を超え、広告やファッション界でも活躍しています。威嚇するような目に鋭い歯、とてつもなく長く薄気味悪い舌というグロテスクな容姿を持つヴェノムが、全身手描きによってリアルに、そして美しく再現された。長い舌は唯一特殊造形で作られており、透明の液体を使い、ヴェノムの“したたる舌”が見事に表現された。今回のメイクについて今回のメイクについて

JIROさん:ヴェノムと中川さんの骨格は違うのでバランスよく描くことを意識しました。中川さんの骨格を殺さないといけないところと、表面を立体感を含めた艶を表現するのが難しかったです。

と約8時間にも及ぶ制作過程を振り返りました。

一方で、中川さんは自身に施されたJIROさんの特殊メイクについて、

中川さん:私も絵を描いたりするのですが、JIROさんにとっては短時間の作業だったと思います。メイク中、ヴェノムの血管をエアブラシで、迷いなく描いていかれるのは気持ちよさそうでしたし、メイクが仕上がった瞬間に『ヴェノムでしかないじゃん!』っていう完成度の高さと説得力がありました。ヴェノムの特徴的な舌で猫たちを高速でペロペロ舐めたいです!」

とイジリーさんのお株を奪うかもしれないコメントを寄せてくれました!

そんな彼女のヴェノム化までのメイキング映像は映画公式SNS(@VenomMovieJP)で確認することができます。


映画情報どっとこむ ralph
ヴェノム
原題:VENOM

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。

エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!



***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)

脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL


映画『ヴェノム』新予告&日本版ポスタービジュアル&前売り特典解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月2日(金)に日本公開を予定しておりますの新予告と日本版ポスターが解禁となります。

マーベル・コミックで高い人気を誇るキャラクター、ヴェノム。その強烈なビジュアルがこれまでの予告編のラストで大々的に披露され、ファンの期待がさらに高まる中、今回解禁となった新予告ではヴェノムの“悪の魅力”が一気に炸裂!最も残虐な悪の存在として、ますますインパクトを強めたビジュアルの全貌が明らかとなった。

そして日本独自に制作されたポスターも同時に解禁となり、「最悪」というコピーに違わない姿で、日本に堂々と降臨を果たす!


世界を変えるのは、<最悪>だけだ。

 敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。

ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。悪党に対し、両手両足の次に顔を食いちぎってやる、と喜々として脅す。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく。

ヴェノムと対峙するキャラクターは、先日行われた“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”で発表された<ライオット>。ライフ財団によって作り出されたであろうその悪の存在もまた、ヴェノム同様、強烈なインパクトで登場する!

主演は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ヒットで知られ、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞®助演男優賞に初ノミネートされたトム・ハーディ。またヒロイン役として、同じくアカデミー賞®ノミネート俳優のミシェル・ウィリアムズ。<ライフ財団>の社長、カールトン・ドレイクを演じるのはリズ・アーメッド。監督は、長編デビュー作『ゾンビランド』の成功で知られ、『L.A.ギャング・ストーリー』でハードボイルドな世界を描いたルーベン・フライシャー。

映画情報どっとこむ ralph <前売り情報>
発売日:8月10日(金)
※取り扱い劇場の詳細は公式サイトをご参照ください。
http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=venom
券種:ムビチケカード 一般1,400円(税込)

特典:オリジナル・ミニフィギュア(巻きつくベロ付き)
※数量限定 ※一部劇場を除く ※コードは付属しません ※写真はイメージです

映画情報どっとこむ ralph 『ヴェノム
原題:VENOM

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

***********************************

全米公開:10月5日

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL


『ヴェノム』マーベル映画史上、最も凶悪なダークヒーロー 日本公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、当初12月に予定していた『ヴェノム』の日本公開日が、11月2日(金)に決定しました!

マーベル映画史上、最も凶悪なダークヒーロー、そしてスパイダーマンの最大の敵としてマーベル・コミックに登場し、『スパイダーマン3』(07)でその存在をファンに強烈に印象付けたヴェノム。

この破壊的で唯一無二のヒーローを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード 』『ダークナイト ライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技力を誇る、トム・ハーディ。


映画情報どっとこむ ralph 《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。

それは、世界を変えるはずだった。

正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。

この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく。


エディと一体となったヴェノムは、

「俺たちは――ヴェノム」

と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れて・・・。



ヴェノム』 
原題:VENOM  

11月2日(金) 全国ロードショー

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

***********************************

全米公開:10月5日
監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL