「マーク・ウェブ」タグアーカイブ

マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開されます。
The Only Living Boy in New York

この度、本作の本編映像が解禁された。

主人公トーマスと、彼が想いを寄せる女の子ミミが2人で訪れた美術館での一コマ。冗談を言い合い、仲良さげな雰囲気の2人。ところが、ミミの「クロアチアのザグレブに留学するかもしれない」という突然の告白で空気は一変する。「それってひどい。君は僕の唯一の安らぎだ。あの夜は本物だった。」と2人の恋愛関係を強く訴えるトーマスに対し、ミミは「あれは一夜限り」と軽く一蹴する。恋にのめり込み、子どもっぽさをのぞかせるトーマスとあくまでドライなミミは、今も根強い人気を誇るボーイミーツガール映画の金字塔『(500)日のサマー』のトムとサマーを彷彿とさせ、あのビタースウィートな気持ちを蘇えらせる。

必死にミミの気を引こうと、「“友達”はよせ。」「美人の常套句だからさ。」と強気の決め台詞を吐き、背を向けて歩き出すトーマス。しかし結局は、そんなトーマスを横目に立ち去っていくミミの後を追いかけていってしまう。あしらわれながらも好きな女の子を追いかけてしまう、まさに『(500)日のサマー』のトムを思い起こさせるワンシーンだ。



キュートな小悪魔的ヒロインが登場する以外にも、主人公の名前が共に“トーマス”であることなど、共通項は多々見受けられる。『(500)日のサマー』で象徴的なシーンに登場する、名作『卒業』。そのテーマソングといえばサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』であり、本作でも、同じくサイモン&ガーファンクルの『ニューヨークの少年』が印象的に使われている。また、両作品ともナレーションをのせたイラストを使用していること、音楽を軸にしたおしゃれでスタイリッシュな演出を行っていることも、センス溢れるウェブ監督作品の特徴といえるだろう。

映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督のファンを公言し、自身の監督作『モテキ』でも『サマー』へのオマージュを捧げた大根仁監督は、「『(500)日のサマー』で、青春に忘れ物をしたままのオレたちのハートを掻きむしったマーク・ウェブ監督が帰ってきた!」と本作を大絶賛。『(500)日のサマー』が“夏”なら、『さよなら、僕のマンハッタン』は監督が8年ぶりに作り上げた、『サマー』に続く“秋”の青春映画と言えるかもしれない!?

トーマスとミミの恋の行方は、トーマスの父の愛人ジョハンナが登場することで『(500)日のサマー』とは違った様相を呈してくるので、本編をお楽しみに!

さよなら、僕のマンハッタン

4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開

公式サイト:
www.longride.jp/olb-movie/


大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
   


マーク・ウェブ監督 『さよなら、僕のマンハッタン』サイモン&ガーファンクル流れる劇中シーン解禁


映画情報どっとこむ ralph 『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開となります。

この度、原題(The Only Living Boy in New York)と同名のサイモン&ガーファンクルの「ニューヨークの少年」が流れる劇中シーンが解禁された。人生迷走の真っ只中、想いを寄せるミミからも迷いを見透かされてしまい、雨の中行き場を無くしたトーマスが向かったのは実家の自身の部屋。そんな彼に寄り添うかのように優しく流れる「ニューヨークの少年」。

ひとりニューヨークに残されたポール・サイモンが役者としてメキシコに飛び立ったアート・ガーファンクルに向けて作ったというこの曲。ポールの、どこか取り残されてしまったような孤独な気分がトーマスの心情とシンクロする。


映画情報どっとこむ ralph 撮影中も役者たちに音楽を聴くよう勧めていたというMV監督出身のマーク・ウェブ。ジェフ・ブリッジスがビル・エヴァンスの「ピース・ピース」という曲を持ち寄り、最終的に劇中でも使用することになったり、ケイト・ベッキンセールの役名がボブ・ディラン「ジョアンナのヴィジョン」から取られていたり、「音楽や詩はナレーションのような役割を果たせると思っています」という監督の言葉通り、『(500)日のサマー』に続き今作でも音楽は、物語を彩る重要な要素として取り入れられている。
NEW
上記以外にも、ルー・リード「パーフェクト・デイ」など青春を思い出す名曲が数多く使用されている。音楽通で知られるウェブ監督のプレイリストを、是非劇場で堪能してほしい。公式HPでも劇中曲が紹介されているので要チェック!


さよなら、僕のマンハッタン

公式サイト:www.longride.jp/olb-movie/

STORY
大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。
***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
    


『さよなら、僕のマンハッタン』豪華女優陣が着こなすNYファッションに注目!


映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開となります。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。
The Only Living Boy in New York


映画情報どっとこむ ralph この度、本作を彩る女性キャスト陣の衣装が目を引く新場面写真が解禁。

ケイト・ベッキンセール演じる主人公の父の愛人ジョハンナ、シンシア・ニクソン演じる主人公の母親ジュディス、カーシー・クレモンズ演じる主人公が想いを寄せる女の子ミミ。それぞれのキャラクターに合わせマンハッタンの中で住まう地区も違う3人は、衣装でもそのカラーを体現している。

高級ブティックが立ち並ぶソーホーに住みフリー編集者として働くジョハンナは、グレーのコートとサングラスでクールにまとめながら、ヴィヴィッドな色のバッグでハイセンスな遊び心をプラス。(写真6)
若いアーティストが集うロウワー・イーストサイドに住むミミは、キュートなミニワンピースの日もあれば(写真2)、
黄色のニットコートにアクセントのベルト、ダメージジーンズをあわせてカジュアルに決める日も(写真4)。 
高級住宅街のアッパー・ウエストサイドに住む元アーティストのジュディスは、ブロンドの髪に映えるオリエンタルなシースルーガウンを(写真7)
ゴージャスな印象からは「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズでシンシアが演じたミランダを思い起こす人もいるのでは?また、ニューヨークの社交界には欠かせないパーティに、ジョハンナはボディラインが強調される黒のマーメイドドレス(写真1)
ミミは背中が大胆にあいたミニドレス (写真5)
そしてジュディスは大ぶりの花柄が印象的な上品なネイビーのドレスを選択(写真3)
日常もドレスアップも、個性を生かしたファッションを楽しむのがニューヨーカー流だ。

衣装を担当したのは『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でオスカー受賞歴を持つアン・ロス。彼女は『めぐりあう時間たち』(02)、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(11)、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(14)などNYに暮らす人物が登場する作品の衣装を手掛ける、まさにNYファッションを熟知した人物。今回アンは各キャラクターを形作るため、ファスト・ファッションチェーンH&Mからオートクチュールまで幅広く調達し、NYに住むキャラクターをリアルに描くことに成功している。

映画情報どっとこむ ralph 劇中には今回解禁された以外の衣装も登場するので、本編で是非確かめて!!

さよなら、僕のマンハッタン
原題:The Only Living Boy in New York

4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開

公式サイト:www.longride.jp/olb-movie/ 

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

監督がインディペンデントに戻り、家族の素晴らしさを描いた『gifted/ギフテッド』を経て、『サマー』から8年ぶりに描くファン待望の青春ドラマ。退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。

悩める主人公トーマスを瑞々しく演じるのは2018年冬公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演が決定した大注目の若手英国俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、『DOPE/ドープ!!』などで人気急上昇中の若手女優カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
2017年/アメリカ/英語/88分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch
提供:バップ、ロングライド 配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
                   


小粋で、セクシーで、洗練されていて・・・マーク・ウェブ監督最新作『The Only Living Boy in New York』公開決定


映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督最新作、原題『The Only Living Boy in New York(ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク)』が、この度2018年4月より新宿ピカデリーほか全国公開する運びとなりました。
Maroon 5やWeezerなどこれまで数々のアーティストのミュージックビデオを手掛け、音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』(09)でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督。

その後、『アメイジング・スパイダーマン』、『gifted/ギフテッド』に続く最新作は、ニューヨークを舞台に、原題と同じサイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy in New York」にのせて贈る大人のロマンティック・ラブストーリーです。

大学卒業を機に親元を離れた主人公(カラム・ターナー)は、同じアパートに住む小説家の男(ジェフ・ブリッジス)と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子(カーシー・クレモンズ)と行った店で、偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したことから、思わぬ事態に展開していく。

主人公を演じるのはイギリスの大注目俳優、新鋭カラム・ターナー。他、出版社を経営する父親にピアース・ブロスナン、母親にシンシア・ニクソン、主人公の隣人の小説家にジェフ・ブリッジス、愛人役にケイト・ベッキンセールなど豪華キャスト陣で固めています。

映画情報どっとこむ ralph メディアも本作を絶賛!

ニューヨークへのラブレター -FILM JOURNAL
今年のベスト映画の一つ! – The Washington Times
小粋で、セクシーで、洗練されていて…今年もっとも心ときめく! -DEADLINE

The Only Living Boy in New York(ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク)

2018年4月、新宿ピカデリーほか全国公開です。

公式サイト:
www.longride.jp/olb-movie/ 

***********************************

監督:マーク・ウェブ『(500)日のサマー』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ『gifted/ギフテッド』 
脚本:アラン・ローブ『ロック・オブ・エイジズ』『素晴らしきかな、人生』
出演:カラム・ターナー『グリーンルーム』『アサシン クリード』、ケイト・ベッキンセール『アンダーワールド』シリーズ、ピアース・ブロスナン『007』シリーズ、シンシア・ニクソン『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズ、ジェフ・ブリッジス『キングスマン:ゴールデン・サークル』、カーシー・クレモンズ『フラットライナーズ』
提供:バップ、ロングライド 
配給:ロングライド
2017年/アメリカ/英語/88分

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


関根麻里登壇で!子育てエピソード映画『gifted/ギフテッド』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph ハートウォーミング・ファミリードラマの傑作映画『gifted/ギフテッド』(原題:gifted)が11月23日(木・祝)より日本公開。

この公開を記念して、ママになって2年目関根麻里さんをゲストにお迎えし、公開直前イベントが行われました!

イベントでは、叔父のフランクが数学の天才メアリーの子育てに悩み奮闘する本作の物語にちなみ、関根麻里さんの子育てエピソードや、お子さんに秘められた才能(ギフテット)について語りました。

映画『gifted/ギフテッド』公開直前イベント
日時: 11月22日(水)
場所: 六本木CLAPS
登壇:関根麻里

映画情報どっとこむ ralph 明るく元気いっぱいで、ご自身もアメリカの大学を優秀な成績で卒業した関根麻里さんが登場!

本作のポスターをイメージした黄色い花柄のワンピースで現れると

関根さん:今日はハッピーなイエローカラーで、温かみがあって、まさにこの映画にピッタリな衣装を着てきました!どうぞよろしくお願いします。

とご挨拶。


早速、MCに本作をご覧になった感想について問われると、

関根さん:沢山笑って泣きましたね!どのキャラクターも場面も魅力的でずっと語っていたいくらい素晴らしい作品です!マッケナ・グレイスが演じているメアリーが本当にかわいくて、『メリーに首ったけ』(99)ならぬ、メアリーに首ったけになりました。メアリーのペットの猫ちゃん(フレッド)もキーとなるキャラクターとして活躍していて助演ネコ賞を与えたいくらい!クスクスと笑うところもあれば、心が詰まってぽろっとくる、最後には温かい気持ちになる素敵な映画だと思います。

と熱弁!

関根さんも絶賛するように、本作を語る上で欠かせないのは、天才的な数学の才能を持つ少女メアリーを熱演の天才子役マッケナ・グレイス。

関根さん:彼女を観た時に、天才子役現る!って思いましたね。まさに彼女の才能がギフテッド。いろんな表情を表す目の演技が本当に素晴らしくて、今後が期待できると思います。黒板に書く長い数式を歌にして覚えたとのことですが…彼女自身が天才ですよね!

とマッケナの演技力を大絶賛。

また、とある学生がTwitterに上げた予告編が瞬く間に9万4千リツイート、24万8千いいねという驚異的な数字を叩き出したことついて問われると

関根さん:すごいですね…!予告編だけで映画のパワーが伝わったんでしょうね。わたしもまた映画が観たくて何度も予告編を観たのですが、劇中のいろんな場面を思い出してグッと涙が出てきそうになります。

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 叔父のフランクが慣れない子育てに奮闘する姿が描かれる本作にちなみ、ママになって2年目の関根さんの子育てエピソードについて問われると、

関根さん:もう2歳なんて、あっという間ですね。そろそろイヤイヤ期にはいりますが、今のところうちの娘は意思が強そうだなと思っています。(笑)ピンクの服がいい時は”ピンキュ(ピンク)着る!”って色を指定してきたりするんですが、ハロウィンでは”ピンキュのピーピーパン(ピーターパン)着る!”って譲らなくて、最終的に私が衣装をを手作りしたんですけど、当日はその衣装でピーターパンのモノマネをしてノリノリになっていました。
これでまだ2歳前ですからね、洋服への強いこだわりは完全にパパ似だと思います。(笑)

と微笑ましいエピソードを明かしました。



また、本作ではメアリーの才能に気づいた祖母のイブリンが英才教育を施そう現れ、叔父のフランクと意見が食い違う様子も描かれますが、おじいちゃんとの仲は・・・

関根さん:うちの父はこうしなさいとかは全く言わなくて、娘に会うと”おじいちゃんだよ~!”ってデレデレになりますね。娘はまだ”じいじ”と言えなくて、”どぅどぅ”って呼ぶんですけど、父は”俺だけのニックネームだ!”って自慢げになっています(笑)

と明かしました。

大人でも簡単に解けない難解な数式を次々に解いていくメアリーと同じく、インターナショナルスクールからアメリカの大学に進学し、1年の飛び級を経て優秀な成績で卒業した関根さん。まだ”ギフテッド教育”が浸透していない日本とアメリカの教育に違いについて問われると

関根さん:劇中でもメアリーがペットの猫・フランクを紹介するシーンがありますが、アメリカでは”Show and tell”っていう自分のお気に入りものなどを見せてプレゼンする授業があるんです。
小さい時から人前に立って自分で話すことを重視しているようで、アメリカならではの授業だなと思います。

とコメントしました。


また、関根さんのお子さんはご自身の事務所に所属するキャイ~ンさん、ずんさん、イワイガワさんといったおじさん軍団とも交流があるようで、

関根さん:わたしが一人っ子なので、兄代わりのおじさんが事務所に沢山いるんですが、キャイ~ン・ウドさんと、ずん・ヤスさんとイワイガワ・ジョニ男さんらと食事にいったときに楽しくなった三人が突然コントをし始めたんですよ。最初、娘は驚いてずっと真顔だったんですが、家に帰ってからタイムラグで大爆発したみたいで、その時のハイテンションでモノマネをはじめちゃったんですね。最近も顔にしわを寄せておじいちゃんの真似をしたりしていて…同じ血を受け継いでいる感じがします。(笑)

と、早くもお子さんに開花し始めているお笑いの才能(ギフテッド)エピソードについて明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

関根さん:笑いたい人、泣きたい人、とにかくすべての人に観てほしい!観た後にハッピーになれる映画です。そして、映画を観た後は是非一緒に語りたいです!(笑)

と、メッセージを寄せ、大盛り上がりのイベントは和やかな雰囲気のなか幕を閉じました。

以下、囲み取材

Q,映画をご覧になっていかがでしたか?

すごく笑いましたし、泣きましたし、心が温まるヒューマンドラマでした。そして、子供にとっての本当の幸せって何だろうって考えさせられましたね。

Q,イベントでも絶賛していた天才子役のマッケナ・グレイスちゃんはいかがでしたか?

この女優さんは本当に皆さんに注目してほしい!笑顔だったり、切ない表情だったり、子供らしかったり、大人びていたり…、子役とは思えないくらいいろんな表情を持っていて、
彼女を見るだけでも、この映画を観る価値があると思います!何よりまつ毛が長いですね。うちの娘はマッケナちゃんのようなクリンとしたまつ毛ではなく、まっすくまつ毛タイプなので、羨ましいですね!

映画情報どっとこむ ralph 映画『gifted/ギフテッド』

公式サイト:
http://gifted-movie.jp/ 
公式Facebook:
@FoxSearchlightJP/ 
公式Twitter:
@foxsearchlightj
公式Instagram:
@foxsearchlight_jp/
#giftedmovieJP



フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。

その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。
メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。
フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。
メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?​

***********************************

監督:マーク・ウェブ『(500)日のサマー』
キャスト:クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、ジェニー・スレイト、リンゼイ・ダンカン、オクタヴィア・スペンサー
全米公開:4月12日 
原題:gifted
配給:20世紀フォックス映画 
(C)2017 Twentieth Century Fox