「マルク・スジーニ」タグアーカイブ

『ルイ14世の死』公開記念特集上映<21世紀の前衛>監督:アルベルト・セラ お前は誰だ!?


映画情報どっとこむ ralph 日本初登場となるアルベルト・セラ監督作品『ルイ14世の死』の公開に先駆けて、セラ監督の過去作とお気に入り映画を集めた特集上映を開催されます。

<21世紀の前衛>と呼ばれ、ヨーロッパではすでに大きな注目集める映画作家である、アルベルト・セラ。1975年、スペイン・カタルーニャ州、バニョラス生まれ。長編劇映画第1作『騎士の名誉』以来、歴史上・創作上の良く知られた人物を題材に誰も見たことがないような映画を創造し、世界を驚かせつづけている。映画のみならず、戯曲の執筆、映像によるインスタレーション、パフォーマンスなど手掛ける異才。2013年にはパリのポンピドゥーセンターにて大規模な回顧展が開催され、2018年2月にはベルリンのフォルクスビューネ劇場でイングリット・カーフェン、ヘルムート・バーガーを主演に迎えた舞台『リベルテ』を初演し、喝采を浴びた。長編劇映画4作目となる『ルイ14世の死』で、いよいよ日本劇場初公開となる。

このたびの特集上映『<21世紀の前衛>アルベルト・セラ お前は誰だ!?』では、その異才ぶりを過去の長編4作品(『騎士の名誉』(06)、『鳥の歌』(08)、『主はその力をあらわせり』(11)、『私の死の物語』(13))と、セラ自身が選んだお気に入り映画5作品(ニコラス・レイ『孤独な場所で』(50)、ルイス・ブニュエル『砂漠のシモン』(65)、グラウベル・ローシャ『狂乱の大地』(67)、アレクサンドル・ソクーロフ『牡牛座 レーニンの肖像』(01)、ラヴ・ディアス『立ち去った女』(16))で体験するまたとない機会だ。

さらに、会期中にはアルベルト・セラ監督の来館も決定!

舞台挨拶や、『ルイ14世の死』公開初日にはセラ監督による特別講演<セラが語りつくすセラ>も開催されます!

英断なのか暴挙なのか?!今どきの日本でアルベルト・セラが公開されること自体がある意味、奇跡かもしれない。とにもかくにも21世紀にこんな監督がいるという幸福に浸りながら、この新しい才能を堪能してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 【特集上映<21世紀の前衛>アルベルト・セラ お前は誰だ!? 概要】

■上映作品 ※各作品の解説は添付リリースをご確認ください

<アルベルト・セラ監督作品>
①騎士の名誉 
②鳥の歌 <同時上映>:キューバ・リブレ 
③主はその力をあらわせり 
④私の死の物語 
私の死の物語(c)RomanYnan

<セラ監督のお気に入り作品>
①『孤独な場所で』 
②『砂漠のシモン』 <同時上映>:アンダルシアの犬
③『狂乱の大地』 
④『牡牛座 レーニンの肖像』
⑤『立ち去った女』 

会期:5月19日(土)~25日(金)
会場:シアター・イメージフォーラム(東京都渋谷区渋谷2-10-2)
料金:当日料金:一般1500円/学生・シニア1,200円/会員1,100円

*特別割引:特集上映の半券および『ルイ14世の死』の前売り券ご呈示の方は当日一般料金より200円割引

(オンラインチケットでは本割引はご利用できません。)

タイムテーブル:詳細は公式サイトにて。
http://www.moviola.jp/louis14 

映画情報どっとこむ ralph 会期中イベント:アルベルト・セラ監督来館!

★5/24(木)&5/25(金)13:30の回上映前&16:00の回上映前 舞台挨拶

★5/26(土)13:45の回上映後&16:10の回上映前 舞台挨拶

★特別講演<セラが語りつくすセラ> 5/26(土)16:30〜18:00

出演:アルベルト・セラ ほか 
会場:イメージフォーラム 3F  定員:50名
入場料:1000円/『ルイ14世の死』の半券または前売り券提示の方は無料

映画情報どっとこむ ralph 最新作:『ルイ14世の死
原題:La Mort de Louis

5/26(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

時空を超える異才が描く、偉大なる“太陽王”の豪奢で陳腐な死。
かのヴェルサイユ宮殿を建造し、”太陽王”と呼ばれたルイ14世。その死の床の数週間を仔細に描いた、その果ての感嘆!恐るべき現代性で、18世紀の王の死に新たな血肉を与えて時空を超える、誰も見たことのない傑作の登場!

公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/louis14_movie 

***********************************

監督:アルベルト・セラ 

出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ 

配給:ムヴィオラ XIV|2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語 
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016


ジャン=ピエール・レオ主演 アルベルト ・ セラ監督作品 『ルイ14世の死』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 『ルイ14世の死』は、ヨーロッパで「21世紀の前衛」と称される異才アルベルト・セラ監督×伝説のジャン=ピエール・レオ主演による注目の作品。セラ監督の長編第4作で、日本の劇場初公開作が5月26日(土)に公開となります。

その題材は、フランスの王ルイ14世(1638-1715)。“太陽王”と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿をつくったこの歴史的人物を演じるのは、ジャン=ピエール・レオ。ヌーヴェルヴァーグの申し子と呼ばれ、今年74歳になる伝説の俳優が、どんなルイ14世を演じるのかと思いきや、なんとセラ監督は死の床の数週間だけに焦点をあて、左脚の壊疽から死に向かう王=レオは、ほぼベッドの上。

セラ監督は、宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ 14世宮廷日誌」をもとに、死にゆく王と、その周りの医師や側近、貴族たちをまるで昆虫を観察するように仔細に描きます。フランス南東部にある城の中に5週間かけて作ったセットは当時の国王の寝室の空気感までもが再現され、監督自身が語る「過去を現実として生きるような映画」となっています。

映画情報どっとこむ ralph このたび完成した予告編では、
来賓の貴族たちに帽子を脱いでみせるだけで拍手がおこったり、ボルゾイというかつて王室で人気だった種の愛犬と戯れたり、後のルイ15世となる幼子を抱き寄せ「偉大な王になれ」と囁く姿など、今年74歳を迎えるジャン=ピエール・レオの存在感を映し出します。左脚の壊疽から死に向かう王の姿を、ロウソクの火が照らしだす絢爛たる美術や豪華な衣装とともに、貴族たちの陳腐さをも見ることができます。久々に「こんな映画見たことない」という驚きを感じられる映画ファン待望の魅力を想像させる予告編となっています。

また予告編の最後には、『ルイ14世の死』公開記念として開催される、セラ監督の全旧作長編+セラ監督のお気に入り映画による特集上映の案内も。なんともカッコいいセラ監督自身の姿も登場しています。


映画情報どっとこむ ralph 『ルイ14世の死』公開記念特集上映<21世紀の前衛/アルベルト・セラお前は誰だ!?>開催決定!

セラ監督過去作+セラ監督お気に入りセレクションを上映。(詳細は後日発表します)

会期:5月19日(土)~25日(金) 
会場:シアター・イメージフォーラム(東京都渋谷区渋谷2-10-2)

上映作品:アルベルト・セラ監督過去作 『騎士の名誉』『鳥の歌』『私の死の物語』『主はその力をあらわせり』『キューバ・リブレ』 + セラ監督お気に入りセレクション『狂乱の大地』(クラウベル・ローシャ監督)、『牡牛座 レーニンの肖像』(アレクサンドル・ソクーロフ監督)ほか3作品予定

アルベルト・セラ、5/24~27来日決定!
初日舞台挨拶やトークを予定しているそうです!

映画情報どっとこむ ralph
ルイ14世の死

物語・・・
ルイ14世の苦しみは1715年8月9日に始まり、9月1日に終わった。その死は、72年に及ぶ、フランスの歴史において最も長い治世の終わりを意味した。1715年8月、ルイ14世はまもなく77歳となろうとしていた。そしてその体には、心不整脈から引き起こされた左脚の塞栓症によって壊疽がはじまろうとしていた。

5/26(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14/

公式Twitter:
@louis14_movie 

***********************************

監督:アルベルト・セラ 
出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ 
原題:La Mort de Louis XIV|2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語 
配給:ムヴィオラ
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016

セラ監督写真:©RomanYnan


日本初登場アルベルト・セラ監督×ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、日本初登場アルベルト・セラ監督×ヌーヴェルヴァーグの申し子ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』を、5月、シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開することが決定。合わせてメインビジュアルが到着しました。


時空を超える異才が描く、偉大なる“太陽王”の豪奢で陳腐な死。

これは一体・・・!?

風車の出てこないドン・キホーテ物語『騎士の名誉』(2006カンヌ国際映画祭監督週間)やカサノバとドラキュラが出会う『私の死の物語』(2013ロカルノ国際映画祭最高賞)などで世界を呆然とさせてきたカタルーニャ出身の異才アルベルト・セラ監督。

古典や歴史上の著名な人物を題材にしながら、「恐るべき」というべき躊躇ない現代性で、誰も見たことのない、時空を超える映画を創造しつづけている。その才能は映画のみならず、戯曲の執筆、舞台の演出、映像によるインスタレーション、パフォーマンスなども自由に手掛け、ヨーロッパで「21世紀の前衛」と称される異才の、その驚くべき作品が、ついに日本で劇場初公開となる。

映画情報どっとこむ ralph アルベルト・セラの長編劇映画4作目にあたる『ルイ14世の死』の題材は、フランスの王、ルイ14世(1638-1715)。“太陽王”と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿をつくったこの歴史的人物には、ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェルヴァーグの申し子と呼ばれ、今年74歳になる伝説の俳優が、どんなルイ14世を演じるのかと思いきや、なんとセラ監督は死の床の数週間だけに焦点をあて、左脚の壊疽から死に向かう王=レオは、ほぼベッドの上。セラ監督は、宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ 14世宮廷日誌」をもとに、死にゆく王と、その周りの医師や側近、貴族たちをまるで昆虫を観察するように仔細に、ドラマチックなクライマックスを排除した大胆さで描いている。

絢爛たるヴェルサイユの王の寝室で、ロウソクの火が照らしだす美術や衣裳とともに、食欲も失せた王がビスケットを口にしただけで「ブラヴォー!」と叫ぶ貴族の陳腐さをも映しだす。
恐るべき現代性で、18世紀の王の死に新たな血肉を与えて時空を超える、誰も見たことのない傑作。

ルイ14世の死
原題:La Mort de Louis XIV

5月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14

***********************************

監督:アルベルト・セラ
出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ

2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語

配給:ムヴィオラ
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016
©RomanYnan