「マリ=ジョゼ・クローズ」タグアーカイブ

自殺か、他殺か?『修道士は沈黙する』ポスタービジュアルと予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作『Le confessioni(原題)』が邦題『修道士は沈黙する』として 2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマ ほか全国順次ロードショーが決定しました。

ロベルト・アンドー監督が今回題材として選んだのは、“物質主義 vs 精神主義”の構図を核に据えた知的でスタイリッシュな異色ミステリー。


イタリア人修道士ロベル ト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。アンドー監 督とは『ローマに消えた男』以来 2 度目のタッグを組んでいる。キーパーソンとなる議会の重要 人物、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニ エル・オートュイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪華共演作となっている。

スタイリッシュでミステリアスなポスタービジュアルと予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度公開された予告編では、清貧に生きるイタリア人修道士サルスが世界経済を牛耳る 大臣たちの集まりに招かれ、そこで起きた思わぬ事件に次第に巻き込まれていく様子が描か れている。 舞台はバルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれるG8(先進国首脳会議)。議会に参加する予定の8か国の大臣と、ロックスター、絵本作家、そして修道士という異色の3人はゲストとして、天才的エコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会に招かれる。

会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられるがその翌朝、ビニ ール袋をかぶったロシェの死体が発見されるのだった。容疑者として真っ先に浮上したサルスは戒律に従って沈黙を続ける。

自殺か、 他殺か?

そしてサルスがロシェから聞いたものは一体――?


映画情報どっとこむ ralph オペラの舞台演出も手掛けてきたロベルト・アンドー監督がクラシックやポ ップスミュージックを織り交ぜ、権力批判が横溢しつつ、全体のトーンはシリアスにまとめられたサスペンス作品。

修道士は沈黙する

2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
shudoshi-chinmoku.jp

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/ モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ
2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル

原題:Le confessioni /字幕:寺尾次郎
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス
©2015 BiBi Film-Barbary Films


巨匠ヴィム・ヴェンダース監督『誰のせいでもない』日本版予告編完成


映画情報どっとこむ ralph 巨匠ヴィム・ヴェンダース監督の7年振りの劇映画であり、豪華キャストが出演する『誰のせいでもない』の日本版予告編が完成しました。



本作で、昨年のベルリン国際映画祭金熊名誉賞を受賞したヴェンダース監督だが、予告編の冒頭でこれまでのフィルモグラフィーが紹介され、あらためて偉大な監督であることを実感させる。それに続く、真っ白な雪に包まれた街。走る車。そして急ブレーキ。この映像の連なりを見るだけでも、ヴェンダース・ファンなら本領発揮の予感が・・・。

誰のせいでもないm
加えて、豪華で魅力あふれる俳優たち。主人公の作家に『スパイダーマン』『127時間』『スプリング・ブレイカーズ』のジェームズ・フランコ。彼がひき起こした事故に息子が巻き込まれる母親には、伝説の『シャルロット・フォー・エヴァー』から最近はラース・フォン・トリアー作品で大胆な演技を見せるシャルロット・ゲンズブール。フランコ演じる作家に別れを告げられる恋人には『アバウト・タイム』や『スポットライト 世紀のスクープ』のレイチェル・マクアダムス。フランコに惹かれていく編集者に『みなさん、さようなら』『潜水服は蝶の夢を見る』のカナダ女優マリ=ジョゼ・クローズ。

映画情報どっとこむ ralph 本作は本来3D作品として撮影され、日本では2Dと3Dでの上映が予定されていて

監督:人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい。

と言うヴェンダースの言葉通り、俳優たちの表情や内面を、ロードムーヴィーの名手ヴェンダースらしく風景のランドスケープのように映しだす独特なカメラの動きも感じ取れます。


一つの事故。一人の男。三人の女。

魅力的なキャストとヴェンダースならではの感情のランドスケープ。

誰のせいでもない

原題:Every Thing Will Be Fine

11月12日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 誰のせいでもない物語・・・

カナダ、ケベック州モントリオール郊外。作家のトーマスは恋人サラと暮らしているが、仕事がうまくいかずその関係はぎこちない。

ある大雪の日、車を走らせていたトーマスは目の前に飛び出してきた何かに驚き急ブレーキをかける。そこには車の前で虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。幸い怪我もなくほっとしたトーマスが彼を家まで送ると、母ケイトは息子の姿を見て半狂乱になる……。

トーマス、恋人のサラ、編集者のアン、そして少年の母ケイト。

誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。

***********************************

CAST
ジェームズ・フランコ
シャルロット・ゲンズブール
レイチェル・マクアダムス
マリ=ジョゼ・クローズ

監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
配給 トランスフォーマー

2015年 ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー 118min

©2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.