「マリン・アッカーマン」タグアーカイブ

人類はTHE END!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』ロック様が紙相撲で大はしゃぎ!!映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、5月18日(金)より全国ロードショーになります。
日本公開に先駆けて4月13日(金)に、全世界で公開された本作は、イギリス、中国、ロシアなど主要国を含めた、なんと世界16ヶ国で週末興収No.1を叩き出し、大ヒットスタート!!

この度、5月5日の“こどもの日”に合わせて、ドウェイン・ジョンソンほか、アカデミー賞ノミネート女優ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、ブラッド・ペイトン監督が勢揃いし、日本の遊びにチャレンジ!!

今回は、巨獣たちが大乱闘する本作にかけて、特別に日本の国技である相撲!?で大乱闘することに!

ただし、相撲は相撲でも、今回キャストたちが挑戦したのは、“紙相撲”!!無邪気に紙相撲で大盛り上がりするハリウッドスターたちの姿を観ることできる貴重な映像です。


また今回の映像の終わりには、「人類はTHE END」という衝撃的な言葉でスタートする、最新スポット映像が付いており、
「第九(ベートーヴェンの交響曲第9番)」に合わせて、マシンガンを撃ちまくるドウェインの姿や、暴れまわる巨獣たちのハイテンションな映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph ランペイジ 巨獣大乱闘

5月18日(金)より全国公開

公式サイト:
rampagemovie.jp 
公式Twitter:
@warnerjp

#巨獣大乱闘

物語・・・
それは人類の誰も気づかぬうちに始まった。最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!
ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。
ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!
シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************

スタッフ・キャスト: 
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、
マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


ドウェイン・ジョンソン『ランペイジ 巨獣大乱闘』最恐巨獣のスペック大公開


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、5月18日(金)より全国ロードショーになります。

本作は、最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、巨大化、凶暴化してしまったアルビノの白いゴリラ、オオカミ、ワニの巨獣達が街中で大暴れするという作品。その巨獣たちに立ち向かうのは、人類最強の男、「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン!!

この度、最強の男を最弱の男にしてしまう程の強大なパワーを持った巨獣たちの最新ビジュアル&スペックが解禁に!


最初は、アルビノの白いゴリラで、名前はジョージ。
しかし謎の緑煙を体に浴び、成長が止まらないサメの遺伝子や、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さなど、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物へと変貌を遂げてしまうのだ。最終的にジョージは、全長12m、体重9.06トンというあり得ない大きさに成長する!

続いては、ラルフという通称のオオカミ。しかし一気に成長を遂げ、全長26m、体重13.8トンのモンスターと化す。
そんなラルフの最大の特徴は、なんと空を飛べること!突然変異でムササビのような羽を得たラルフは、街中を縦横無尽に飛び回り、高層ビルをなぎ倒していく。

最後は、ワニ!通称リジー。リジーも普通のワニだったが、急成長し、全長68.5m、体重150トンと巨獣の中でも一番大きい、超ビッグサイズの怪物に!!
その黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ワニの頃の面影はなく、ドラゴンと恐竜が合体したような姿へと変貌する。

そんな強すぎる巨獣達の出現によって、図らずも最弱となってしまった人類側の代表はロック様。
ドウェイン・ジョンソン(ヒト)全長:1.96m 体重:118kg 元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー

映画情報どっとこむ ralph 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』

5月18日(金)全国ロードショー




公式サイト:
rampagemovie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/warnerjp
#巨獣大乱闘

【ストーリー】
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。
しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************

監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン   
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


巨大化が止まらない! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』田島光二デザインの日本版オリジナルポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)が、5月18日(金)より全国ロードショーになります。

この度、ハリウッドが認める日本人アーティスト田島光二さんがデザインした日本版のオリジナルポスターが解禁になりました!!

田島さんは、ルーカス・フィルムから直接お声が掛かったという逸話を持ち、鬼才ティム・バートン監督作や『ブレードランナー 2049』、『パシフィック・リム:アップライジング』などのコンセプトアートを手がけ、最近では『ファンタスティック・ビースト』のコンセプトアートも担当しています。

ハリウッドの最前線で活躍している田島さんは、『ランペイジ 巨獣大乱闘』のポスターのオファーが来た時の心境について、

田島さん:予告編など見て楽しみにしていた映画なので、そのポスターを書かせていただけるなんて!と喜びと驚きを感じました!素晴らしい映画のポスターを描かせて頂けてとても光栄です。怪獣映画というジャンルは、世界の中でも日本は確立している存在なので、これが日本が描く怪獣だ!というモチベーションで、そして何よりもこのポスターを楽しみながら描かせてもらいました。怪獣映画を見たときのあのワクワクをこのポスターから感じていただけたら嬉しいです。

と日本が誇る怪獣文化への思いを寄せました。


田島さんが手掛けた日本版のポスターは、巨大なアルビノゴリラ、オオカミ、ワニが、牙を剥き出し、毛を逆立て、建物をなぎ倒し、大暴れしているド迫力なもの!

さらに巨獣たちの足元には、街中で大乱闘する巨獣たちの恐怖から必死に逃げる、あまりにも小さく無力な人間たちの姿も描かれており、恐怖感満載のビジュアル。
ゴジラ、モスラ、ガメラなど怪獣好きにはたまらない、今後の日本の怪獣史に残るであろう、日本だけの特別なポスターとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘

5月18日(金)全国ロードショー

公式サイト:rampagemovie.jp 
公式Twitter:@warnerjp
#巨獣大乱闘


物語・・・
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。
しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。
怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?
人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************

スタッフ・キャスト: 
監督:ブラッド・ペイトン 
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.



ドウェイン・ジョンソン「キョダイカガトマラナイ!」『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)の日本公開が、5月18日(金)に決定しました!(全米公開は2018年4月20日予定)。

本作は1986年に発売されたアーケード・ゲーム[RAMPAGE]を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるというストーリー。更に世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」社がCGを担当し巨獣達をリアルに表現されています。

映画情報どっとこむ ralph この度ドウェイン・ジョンソンの日本だけの特別コメント付き特報が解禁に!!

ドウェイン:よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン

と自ら日本語で名乗り・・・

ドウェイン:今日日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ。日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!

とが作品の魅力を語り、すると最後に何度も練習したという日本語で

ドウェイン:キョダイカガトマラナイ!

を、ノリノリで披露しております。



特報は、巨獣たちが続々と参戦し、大都会を舞台に人間そっちのけで大乱闘するド迫力の映像!!インパクトあり過ぎな“巨大化が止まらない!”の言葉と共に突如現れたのは、大暴れする白い毛色のアルビノ種ゴリラ!!

ゴリラだけでなく何故かオオカミも到底考えられないサイズへと巨大化し、大暴走!!人間に牙を剥き、ヘリコプターに飛び掛かる。それを見た人々は「動物たちに異変が」「いったい…?」と戸惑いを隠せない…。

謎のガスを浴びて、普通サイズだったゴリラの身体がどんどん巨大化!!そして巨獣と化したゴリラは檻を破壊し、人を投げ飛ばし、所構わず暴れまくり、さらに凶暴化!!

都会のど真ん中で雄叫びをあげ、巨大なオオカミと共に、戦車を吹き飛ばし、高層ビルまでもブッ壊す!!さらには翼のある巨獣までもがビルを破壊しながら参戦し、街を舞台に大乱闘する!!

終盤には、「まだ他にもいるのか?」と水中にいる新たな巨獣の登場を期待させ、さらなる大乱闘を予感させる。

映画情報どっとこむ ralph
一体なぜ巨獣たちは同じ街に集まり、破壊を続けるのか?そして彼らはどこまでデカくなるのか?!人間には彼らを止める術があるのか。巨大化し続ける獣達が続々と登場する大迫力な映像となっている。

ランペイジ 巨獣大乱闘

原題:RAMPAGE の意味は大暴れとか暴れまわるです!

2018年5月18日(金)より全国公開

公式サイト:rampagemovie.jp
公式Twitter:@warnerjp

#巨獣大乱闘

物語・・・
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************


監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルドスピード』シリーズ)、ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)、マリン・アッカーマン(TV「ビリオンズ」シリーズ)、ジェイク・レイシー(TV「GIRLS/ガールズ」シリーズ)、ジョー・マンガニエロ(TV「トゥルーブラッド」シリーズ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(TV「ウォーキング・デッド」シリーズ)


ホプキンス × パチーノ 初共演シーンついに解禁『ブラック・ファイル 野心の代償』


映画情報どっとこむ TJ 映画『ブラック・ファイル  野心の代償』が、2017年1月7日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国公開。

野心家の弁護士、腐敗したCEO、黒ずくめの謎の男、ブロンド美女…。野心と欲望にまみれた登場人物たちが人生を狂わせる巨大な陰謀を仕掛ける!
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホンだけでなく、主人公の妻を『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが、謎の愛人を『ウォッチメン』のマリン・アッカーマンが妖艶に演じています。

そして、この度、本作にて奇跡の初共演を果たしたアンソニー・ホプキンスとアル・パチーノの共演シーン動画が解禁です!


ハリウッドを代表する名優2人は本作で巨大製薬会社のCEOと有名弁護士事務所の代表という敵対する役柄で初共演!解禁となるシーンは唯一の共演シーンで、“証言録取”と呼ばれる裁判所での審理の前に証言を記録し書面化する重要なシーン。

映画情報どっとこむ TJ 本作の監督シンタロウ・シモサワは

監督:初共演だからといって共演シーンを乱発するのではなく、重要なシーンに限定したかった。

と語り、2人が顔を合わせたのはこのシーンのみとなりました。現場での様子を聞くと、ホプキンスはスタッフとの距離が近く、休憩中には技術スタッフのスマホにレクター博士の物まねをしたボイスメッセージを吹き込むなどして現場を楽しんでいたと監督は明かします。

一方、パチーノは現場でアドリブを連発。本作のクライマックスでシェイクスピアの詩を使って主人公に忠告するシーンはパチーノ自ら現場で提案したシーンだったと監督は語ります。

映画情報どっとこむ TJ %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc物語・・・
全米を牛耳る巨大製薬会社。世間ではその薬害問題が報じられていたが、チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は決定的な証拠を掴めずにいた。そんな中、野心家の若手弁護士ベン・ケイヒルは金髪の美女エミリーと出会い、機密の臨床ファイルを受け取る。

その出会いをきっかけに、人間達のありとあらゆる欲望<出世欲・金欲・独占欲・愛欲…>が複雑に絡み合い、ケイヒルの人生は予想もつかない意外な展開に巻き込まれていく―。

映画『ブラック・ファイル 野心の代償
原題:MISCONDUCT 

2017年1月7日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国公開。

***********************************

監督:シンタロウ・シモサワ 
脚本:アダム・メイソン、サイモン・ボーイス 
製作:エレン・ヴァンダー 
音楽:フェデリコ・フシド
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン、アリス・イヴ、マリン・アッカーマンほか
2015/アメリカ/106分/シネスコ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:松竹メディア事業部