「マッツ・ミケルセン」タグアーカイブ

マッツ・ミケルセン日本向けインタビュー映像解禁『永遠の門 ゴッホの見た未来』


映画情報どっとこむ ralph 『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題:At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国公開いたします。

シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォーは、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たして大変な注目を集めました。

本作が描くゴッホは世の中で認められず、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きます。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作です。

この度本作より、ゴッホに重要な問いを投げかける聖職者を演じたマッツ・ミケルセンのインタビュー映像が解禁となりました。周囲とのトラブルを抱え、孤独に苛まれるゴッホと対話し、世の中に絶望しているゴッホから言葉を引き出す聖職者を演じたマッツ・ミケルセンは「監督からは2つの役のオファーをもらっていて、そこから聖職者を選んだ」ことを明かし、出演したシーンの素晴らしさを語ります。ゴッホが実際に過ごしたアルルでの撮影に関しては、「舞台劇のような雰囲気があった」、「画家としての目を持っている彼(ジュリアン・シュナーベル監督)にしか撮れない映画だ」と振り返り、「真の芸術家であり、独自の視点を持つ監督だ。」と監督を大絶賛。そんな監督が実際に描いた、劇中に登場する絵画は「1枚もらったんだ」と言い、自身は絵を描くかと尋ねられると、苦笑いしながら「以前少し挑戦したが、残念ながら失敗に終わった。」と絵は苦手な様子。それでも友人とコミックを作成したことがあり、その際はストーリー作りを担当したことを明かします。日本で美術館に訪れる時間はないが、奥様は訪れるようで、「(妻からの)レポートを楽しみにしているよ」と仲の良さもアピールしています。日本でも絶大な人気を誇るマッツ・ミケルセン。アップで映るマッツ・ミケルセン演じる聖職者も是非劇場の大きなスクリーンでお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
原題:At Eternity’s Gate

11月8日(金)新宿ピカデリー他 全国順次ロードショー
永遠の門 ゴッホの見た未来
<STORY>
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか。
永遠の門 ゴッホの見た未来

***********************************

監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』
脚本:ジャン=クロード・カリエール『存在の耐えられない軽さ』

出演:ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』、ルパート・フレンド『スターリンの葬送狂騒曲』、

マッツ・ミケルセン 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、オスカー・アイザック 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

マチュー・アマルリック『潜水服は蝶の夢を見る』、エマニュエル・セニエ 『潜水服は蝶の夢を見る』

2018/イギリス・フランス・アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/111分/字幕翻訳:松岡葉子
配給:ギャガ、松竹
© Walk Home Productions LLC 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤仁美 マッツ・ミケルセンに共感しきり!!映画『残された者』ジャパンプレミア上映会


映画情報どっとこむ ralph 『ハンニバル』(13-15)や『ドクター・ストレンジ』(16)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)で知られる“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン主演作『残された者-北の極地-』が11月8日(金)より新宿バルト9ほか全国公開となります。

そしてその公開に先駆けて、新宿バルト9にてマッツ・ミケルセンさんが登壇するジャパンプレミア上映会が行われ、花束ゲストとして佐藤仁美さんも登壇しました!
マッツ・ミケルセンx佐藤仁美映画『残された者』ジャパンプレミア上映会
日時:2019年9月12日 (木)
場所:新宿バルト9
登壇:マッツ・ミケルセン、佐藤仁美

映画情報どっとこむ ralph 今回は『残された者』のプロモーションと、明日から開催されるハリウッド・コンベンションのために来日したというマッツさん。実は6日からすでに日本に来日していたそうで、京都を巡りをしていて、

マッツさん:京都では自転車を借りて、いろいろとまわっていたんです。美しい街のお寺を巡ったり、丘を越えて温泉に入ったりしました。それから毎日、日本食をいただいたりしていたんですよ。ただ自転車で9時間くらい移動したときは驚かれましたけどね。

と笑っていました。 厳しい自然の中で行われたという本作。

マッツさん:常に事件が起きているという状況で、35日間の予定が、19日しか撮影ができなかったんです。例えば作品で嵐のシーンを撮ろうとすれば、突然お日様が出てきたり。天気の中で撮影しようとすると雪が降ってきたりして。だから途中からあきらめて、天気に合わせてフレキシブルにやろうということになりました、

と振り返ります。

本作のメガホンをとったのは新人監督のジョー・ペナ。
この作品に出演する決め手について

マッツさん:エージェントから、いくつか読んでほしい脚本が送られてくるんですけど、今回は『ハンニバル』のマーサ・デ・ラウレンティスから電話がありました。映画を撮ったことがない若者の脚本で、今読むべき脚本だと言われて。だから(積んであった脚本の中の)下にあったそれを読んだんです。すごいな、美しいなと。誠実に書かれているなと思ったんです。それから監督のジョーさんと2時間ミーティングをしたんだけど、僕が感じたことを彼も同じように感じていて。2か月後にはアイスランドで撮影をしていたんだ。ただラッキーだったのは、この企画は最初は火星が舞台だったんで。そのままならアメリカ人の役者が配役されたかもしれないので、よかったなと思いました。

と笑いながら付け加えました。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの日は、花束ゲストとして結婚出来ないキャラとして大ブレークした“残された者”佐藤仁美さんが登場。
マッツ・ミケルセンx佐藤仁美映画『残された者』ジャパンプレミア上映会
マッツさんに花束を渡して

佐藤さん:素直にかっこいいですね。ハッピーオーラがすごい。すごくカッコいい。それは皆さんと同じ気持ちです。

とコメント。一方のマッツさんは日本語で「アリガトウ」と返していました。佐藤さん自身、テレビのロケで北極圏の過酷さを経験したことがあり、

佐藤さん:わたしも(カナダの)レゾリュートというところに行って、映画と同じ体験をしました。その寒さを思い出しました。

と感じるところもあった様子。 さらに

マッツさん:実は北極圏では、寒さよりも風の強さの方が大変でした。風が吹くととても寒くなるんです。

と語ったマッツさんの言葉に

佐藤さん:分かります。ちょっとでも風が吹くとすぐに行けるところが1時間くらいかかってしまって。心身ともにやられるんですよね。

と共感した様子の佐藤さん。さらに

マッツさん:寒すぎると食べることが出来ずやられるんですよね。

と語ると、

佐藤さん:分かります。

と共感しきり。さらに

マッツさん:そして・・・やはり人は一人では生きていけない。誰かがいないと駄目なんです。

という言葉に、

佐藤さん:人のぬくもりは大事だと思います。恋人だったり、家族だったり、友だちだったり。生かされてるのはまわりのおかげ。こういう人のぬくもりって大事だなと思いますね。

とかみしめるように語る佐藤さんでした。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、飛行機が墜落し北極で窮地に立たされた男を描くサバイバル映画。極寒の白い荒野にたった一人取り残された男。彼を囲むのは、寒さ、飢え、そして肉食獣。やがて、その孤独が終焉をむかえたとき、男は待つことをやめた。とどまることを捨てた。極限状態の中、自らの心の奥底に何を見るのか? 平均気温-30℃、刻々と変わりゆく天気の中で行われた撮影は、マッツに“これまで経験した中で最も過酷な撮影だった”と言わしめるほど。説明的な台詞、映像表現を一切削除。リアルな極限と本物の感動が観る者の心を強烈に揺さぶる、迫真のサバイバル・ドラマがこの冬誕生。
マッツ・ミケルセン映画『残された者-北の極地-』

映画『残された者-北の極地-』
原題:Arctic

は11月8日(金)より新宿バルト9ほか全国公開。
www.arctic-movie.jp

【STORY】
飛行機事故で機体を北極地帯に不時着したパイロット、オボァガードは、壊れた飛行機をその場しのぎのシェルターに留まりながら、白銀に包まれた荒野を毎日歩き回り、魚を釣り、救難信号を出すという自ら定めた日々のルーティーンをこなしながら、救助を待っていた。しかし、ようやく救助に来たヘリコプターは強風のために墜落し、女性パイロットは大怪我を追ってしまう。目の前の確実な「生」を獲得してきた男は、瀕死の女を前に、ついに自らの足で窮地を脱しようと決心する。危険は承知。しかし、行動しなければ女に未来はなく、自身にも明日は来ないかもしれない。現状の安住を捨て、勇気ある一歩を踏み出すが・・・。

***********************************

監督・脚本:ジョー・ペナ
共同脚本:ライアン・モリソン
製作:クリストファー・ルモール、ティム・ザジャロフ、ノア・C・ホイスナー
音楽:ジョセフ・トラパニーズ
撮影:トーマス・エーン・トマソン
出演:マッツ・ミケルセン、マリア・テルマ・サルマドッティ

2018年/アイスランド/英語/カラー/シネスコ/5.1ch/97分/DCP/G/日本語字幕:チオキ真理

配給:キノフィルムズ/木下グループ 宣伝:ポイント・セット
© 2018 Arctic The Movie, LLC.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

生き残る!!マッツ・ミケルセン主演『残された者-北の極地-』予告編を解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ハンニバル』(13-15)や『ドクター・ストレンジ』(16)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)で知られる“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン主演作、『残された者-北の極地-』(11月8日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開)の予告編を解禁。

本作は、飛行機が墜落し北極で窮地に立たされた男を描くサバイバル・ドラマ。極寒の白い荒野にたった一人取り残された男。彼を囲むのは、寒さ、飢え、そして肉食獣。やがて、その孤独が終焉をむかえたとき、男は待つことをやめた。とどまることを捨てた。極限状態の中、自らの心の奥底に何を見るのか?今、明日の「生」に向けて決意の旅が始まる!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった予告編からは、マッツに“これまで経験した中で最も過酷な撮影だった”と言わしめた過酷さがスクリーンを通じて伝わってくる。「SOS」の文字を大地に刻み、簗で魚を捕獲し、破損したプロペラ機を活動拠点に手作業で救難信号を探る。ようやく救助に来たヘリコプターが目の前で墜落し、女性パイロットが大怪我を追ってしまう。それまで不用意な移動を避け、目の前の確実な「生」を獲得してきた男は、瀕死の女を前に、ついに自らの足で窮地を脱しようと決心する。

果たして、残された2人は生き残れるのか?

一遍のサバイバル映画の枠を超えて、一種の人生訓、寓話ですらある様だ。そして、今回予告編のナレーションをマッツ・ミケルセンの過去作の日本語吹き替えを数多く手がけた声優・井上和彦が担当する。
井上和彦

『キャスト・アウェイ』(00)や『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』(13)、『ゼロ・グラビティ』(13)、『オデッセイ』(15)など、孤立無援の傑作サバイバル映画群と引けをとらず、最も優れたサバイバル映画の1つと絶賛された本作。平均気温-30℃、刻々と変わりゆく天気の中で撮影され、説明的な台詞、映像表現を一切削除することで、観客は自らがそこにいたらどうするかなどを考えながら観ることが出来る体感型映画にもなっている。監督を務めたのはブラジル出身のジョー・ペナ。製作総指揮に「ハンニバル」のマーサ・デ・ラウレンティスが参加し、『グレイテスト・ショーマン』などを手掛けるジョセフ・トラパニーズが音楽を、そして「ゲーム・オブ・スローンズ」のクルーら強力な制作陣がリアリティを徹底的に追及した。そして、マッツ・ミケルセンがキャリア史上最高の演技で魅せる。

映画情報どっとこむ ralph “北欧の至宝”マッツ・ミケルセンのキャリア史上最高の演技とも評された本作。台詞で多く語らず自然の過酷さと生命の素晴らしさを、静の演技で魅せる。9月14日、15日に開催される「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」での、約2年ぶりとなる来日も待ち遠しい!

『残された者-北の極地-』
原題:Arctic

11月8日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開

【STORY】
飛行機事故で北極地帯に不時着したパイロット、オボァガードは、壊れた飛行機をその場しのぎのシェルターにし、白銀に包まれた荒野を毎日歩き回り、魚を釣り、救難信号を出すという自ら定めた日々のルーティーンをこなしながら、救助を待っていた。しかし、ようやく救助に来たヘリコプターは強風のために墜落し、女性パイロットは大怪我を追ってしまう。目の前の確実な「生」を獲得してきた男は、瀕死の女を前に、ついに自らの足で窮地を脱しようと決心する。危険は承知。しかし、行動しなければ女に未来はなく、自身にも明日は来ないかもしれない。現状の安住を捨て、勇気ある一歩を踏み出すが・・・。
残された者--北の極地-

***********************************

監督・脚本:ジョー・ペナ
共同脚本:ライアン・モリソン
製作:クリストファー・ルモール、ティム・ザジャロフ、ノア・C・ホイスナー

音楽:ジョセフ・トラパニーズ
撮影:トーマス・エーン・トマソン
出演:マッツ・ミケルセン、マリア・テルマ・サルマドッティ

2018年/アイスランド/英語/カラー/シネスコ/5.1ch/97分/DCP/G/日本語字幕:チオキ真理

配給:キノフィルムズ/木下グループ
宣伝:ポイント・セット
© 2018 Arctic The Movie, LLC.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マッツ・ミケルセン主演作 『アダムズ・アップル』14 年目にして、待望の日本劇場初公開


映画情報どっとこむ ralph マッツ・ミケルセン主演作 『アダムズ・アップル』新宿シネマカリテにて公開となります。

名脚本家アナス・トマス・イェンセンが、盟友マッツ・ミケルセンと共に作り上げ、大好評を博した予測不能なヒューマンドラマ! 草原にぽつんとたたずむ教会を舞台に、過酷な試練に直面し人生の道標を見失った人間たちが織りなす奇妙な人間模様。人は変わ ることができるのか?一度壊れた人生をやり直すことは可能なのか?希望とは?幸せとは?そんな普遍的かつ根源的なテーマをこ れまでにない切り口で描き出したヒューマンドラマが、デンマーク本国で封切られてから14 年目にして、待望の劇場初公開です。

監督は世界的名匠スザンネ・ビアの主要作品『しあわせな孤独』『真夜中のゆりかご』などの脚本を手掛けてきたアナス・トマス・イェンセン。

主演は『偽りなき者』でカンヌ映画祭男優賞を受賞、ハリウッドでも活躍する世界的な名優であるマッツ・ミケルセン。 名脚本家として映画通を唸らせてきた鬼才イェンセンが、盟友ミケルセンと共に練り上げた本作は、本国デンマークで 2005 年 4 月に封切られ、高く評価されました。 そしてその年のデンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞、脚本賞、特殊効果/照明賞を受賞したのをはじめ、欧米 の多くの映画祭で賞を獲得しています。
日本での初公開は2017 年。北欧映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル2017」では絶大な支持を得ました。

旧約聖書の『ヨブ記』と “アダムの林檎” の寓話をベースにした予測不能なストーリーとブラックなユーモアは、観る人の世界観 を変えてしまう程のインパクトをもたらすことでしょう。

映画情報どっとこむ ralph 『アダムズ・アップル』
英題:Adam’ s Apples

作品公式サイト:
www.adamsapples-movie.com

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクションⓇ2019にて先行プレミア上映決定」
10 月新宿シネマカリテほか全国順次公開

物語・・・
ある日、仮釈放されたスキンヘッドの男アダムが更生施設を兼ねる田舎の教会へ送り込まれてくる。指導役の聖職者イヴァン は快く迎えるが、ネオナチ思想に染まったアダムは神も人の情けも信じていない。目標をイヴァンに問われたアダムは、「庭の リンゴを収穫してアップルケーキを作る」と適当な答え。しかし、この教会はどこかおかしい。同じ境遇にあるパキスタン移 民のカリドとメタボ男のグナーは、更生するどころか暴力とアルコールに蝕まれている。聖職者のイヴァンですら過酷な現実 から逃避し、妄信的に神を愛することで自分を守ろうとしている。それを知ったアダムは執拗にイヴァンの自己欺瞞を暴こう とするが、時同じくしてアダムのアップルケーキ作りを妨害するかのように奇怪な災いが次々と降りかかる。それは悪魔の仕 業か?それとも神が人間に与えた試練なのか……。

***********************************

監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)
配給:アダムズ・アップルLLP
2005 年/ デンマーク・ドイツ合作/ デンマーク語/94 分/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

僕には見える。他の人には見えない世界が。『永遠の門 ゴッホの見た未来』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題:At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国公開となります。

シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォーは、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たして大変な注目を集めました。

本作が描くゴッホは、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きます。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作です。

映画情報どっとこむ ralph この度本作よりショート予告が解禁となりました。
ゴッホの「僕には見える。他の人には見えない世界が。」という言葉から始まる映像は、冒頭より“ゴッホが見た”世界の美しさを捉えており、観る者を一瞬にして惹きつけます。そして、大自然に身を置き、木々を描く姿、日本でも有名な「医師ガシェの肖像」を描く姿からは「生まれながらの画家」ゴッホを主演のウィレム・デフォーが実際に筆を入れながら熱演している様子がうかがえます。また、ゴーギャンを演じたオスカー・アイザックや牧師を演じたマッツ・ミケルセンなど豪華キャストも映像に彩りを加えます。生きている間に理解されず苦悩しながらも、130年後の今を生きる私たちに感動を与えてくれる「この世界に生きた証」を遺したゴッホ。彼の「美しい世界を永遠に残したい」という信念を強く感じることのできる映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
原題:At Eternity’s Gate

11月8日(金)新宿ピカデリー他 全国順次ロードショー

ゴッホを熱演したウィレム・デフォーは、アカデミー賞、ヴェネチア国際映画祭以外にも、サテライト賞最優秀主演男優賞(ドラマ部門)に輝き、第76回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)、放送批評家協会賞主演男優賞、フロリダ映画批評家協会賞主演男優賞ほか数々の賞にノミネートされるなど、世界で高い評価を獲得しており、11月の日本公開も益々期待されます。

***********************************

監督:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』

出演:ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
オスカー・アイザック 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
マッツ・ミケルセン 『偽りなき者』
マチュー・アマルリック 『グランド・ブダペスト・ホテル』

配給:ギャガ、松竹
© Walk Home Productions LLC 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『悪党に粛清を』上映中の新宿武蔵野館で「ハンニバル」特別映像が登場!


マッツ・ミケルセン主演『悪党に粛清を
上映中の新宿武蔵野館で「ハンニバル」特別映像が登場!

2014年カンヌ国際映画祭に正式出品されるや大絶賛ウェスタン・ノワール

悪党に粛清を』が、新宿武蔵野館ほかにて全国絶賛公開中です。

本作で妻子を殺されたことから孤独で壮絶な復讐劇に身を投じていく孤高の主人公ジョンを演じたのは、カンヌ国際映画祭主演男優賞俳優にして“北欧の至宝”とさえ言われるマッツ・ミケルセン。

悪党に粛清を

彼が主演し世界中で大人気となっているTVドラマ「ハンニバル」(スターチャンネルにて2015年7月以降放送予定/本ニュース掲載の際はこの放送表記を必ずご記載ください)でミケルセンが演じているのは、かつてアンソニー・ホプキンスが演じ、世界で最も有名な殺人鬼ことレクター博士。
ハンニバル
衝撃的な狂気の顔を比類なき気品と優美さで包み込み、全く新しいレクター像を作り上げた。

先日、現在アメリカNBCで放送中の最新シリーズ・シーズン3をもって終了するとアナウンスが!!!

本ドラマの熱狂的なファンを指す”ファンニバル”の間で、「#SAVEHANNIBAL」というハッシュタグで番組救済を望む声が世界中で広まっています。

そんな中、『悪党に粛清を』もこの動きを陰ながらバックアップすべく!?

『悪党に粛清を』のメイン館である新宿武蔵野館で異例とも言える「ハンニバル」の特別映像を7月11日(土)よりロビーで放映することが決定!(終了日未定)かねてより放映中の『悪党に粛清を』のミケルセン日本語メッセージやインタビュー映像などに続いて、「ハンニバル」のミケルセンや共演者らが語る製作秘話や特典映像をたっぷり見ることができます。

スターチャンネルによると同ドラマの映像を映画館に提供するのは初めての試み。『悪党に粛清を』をスクリーンで堪能した後、同じ場所でミケルセンの全く違った一面を見られるこのレアな機会をお見逃しなく!

なお、現在同館ロビーで放映中のミケルセンによる“新宿武蔵野館ロビー用コメントNGテイク”映像は10日(金)で終了となるそうです!急いで。

悪党に粛清を

物語・・・
1870年代アメリカ―。デンマークから新天地アメリカへ渡った元兵士のジョン(マッツ・ミケルセン)は、開拓地で非情にも妻子を殺されてしまう。犯人を追いつめ射殺したジョンだったが、犯人が悪名高いデラルー大佐の弟だったことから怒りを買う。更にその情婦で声を失った謎の女も巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐がはじまる…。

新宿武蔵野館ほか全国で大ヒット公開中!

過去記事も良かったらどうぞ!
マッツ・ミケルセンのインタビュー!『悪党に粛清を』 
マッツ・ミケルセンのオフィシャルインタビュー3

実は気さくなマッツ・ミケルセン 初来日『悪党に粛清を』舞台挨拶! 
マッツミケルセン_ファンサービス

********************************************************************

出演:マッツ・ミケルセン(「ハンニバル」TVシリーズ)、エヴァ・グリーン(『300スリーハンドレッド 帝国の進撃』)、ジェフリー・ディーン・モーガン(『レッド・ドーン』)   

監督:クリスチャン・レヴリング(『キング・イズ・アライヴ』)
配給:クロックワークス/東北新社  Presented byスターチャンネル
2014年/デンマーク・イギリス・南アフリカ/シネマスコープ/カラー/93分/原題:The Salvation/R15+
公式HP akutou-shukusei.com
© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa

『悪党に粛清を』 © 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa/「ハンニバル」シーズン2 ©2014 Sony Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マッツ・ミケルセン1日限定で【グリーン割】『悪党に粛清を』


マッツ・ミケルセン主演!ウェスタン・ノワールが、新宿武蔵野館ほかにて全国大ヒット公開中です。

そして!今週末の7月5日(日)がヒロイン・マデリンを演じているエヴァ・グリーンが誕生日であることにちなみ、1日限定で割引企画【グリーン割】の実施が決定!

対象者は名前に“緑”という字が入っている方(緑川さん、○○みどりさん など)、そして、緑の服や小物を身に着けている方・・・とかなり広範囲にわたっており、該当する方には1,100円で本作をご覧いただける太っ腹企画です。

エヴァ・グリーン

『悪党に粛清を』
エヴァ・グリーン誕生日記念【グリーン割】 実施概要

悪党に粛清を_ポスター
実施日:7月5日(日)
実施劇場:新宿武蔵野館ほか全国の上映劇場(一部劇場除く。詳細は各劇場へお問合せください。)

割引対象者:名前に“緑”という字が入っている方(緑川さん、○○みどりさん など)、緑の服や小物を身に着けている方

割引内容:一律1,100円
※当日の一般料金のみ対象となります。 
※他の割引券、割引制度との併用は出来ません。 
※劇場窓口のみ有効。WEB予約での利用は出来ません。

物語・・・
1870年代アメリカ―。デンマークから新天地アメリカへ渡った元兵士のジョン(マッツ・ミケルセン)は、開拓地で非情にも妻子を殺されてしまう。犯人を追いつめ射殺したジョンだったが、犯人が悪名高いデラルー大佐の弟だったことから怒りを買う。更にその情婦で声を失った謎の女も巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐がはじまる…。

悪党に粛清を

ちなみに。。。

公開最初となった週末は往年のウェスタン映画ファンを中心に映画ファンが数多く詰めかけ、ネットでは現在公開中の別作品になぞらえて“マッツ怒りのデス・ロード”と表現する人が続出しているんだそうです!!

悪党に粛清を
原題:The Salvation
公式HP akutou-shukusei.com

********************************************************************

出演:
マッツ・ミケルセン(「ハンニバル」TVシリーズ)
エヴァ・グリーン(『300スリーハンドレッド 帝国の進撃』)
ジェフリー・ディーン・モーガン(『レッド・ドーン』)   
監督:クリスチャン・レヴリング(『キング・イズ・アライヴ』)
配給:クロックワークス/東北新社  Presented byスターチャンネル
2014年/デンマーク・イギリス・南アフリカ/シネマスコープ/カラー/93分/R15+

© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マッツ・ミケルセンのインタビュー!『悪党に粛清を』


今週末27(土)に公開『悪党に粛清を』。
本作の主演マッツ・ミケルセンのインタビュー!&映像が到着しました!

マッツ・ミケルセンのオフィシャルインタビュー2

『悪党に粛清を』マッツ・ミケルセン オフィシャルインタビュー

Q:まずは役柄について聞きますが、過去のウェスタンにいなかったタイプですね。
マッツ:ジョンは、兄と2人でアメリカに移住してきたデンマーク人の元兵士なんだ。逃亡した訳ではないけど、従軍して酷い目に合っている。完成した映画では深く触れていないけどね。

マッツ・ミケルセンのオフィシャルインタビュー3

Q:『悪党に粛清を』はウェスタンですが、細かな心理描写が見られます。一般的なウェスタンではあまり心理は描かれませんが、この映画は違っていますね。
マッツ:それこそがクリスチャン・レヴリング監督の狙いで、彼は映画に普通の人間を登場させた。彼はあまりウェスタンのヒーローらしくなく、普通の人間なんだ。そんな普通の男が追いつめられた時にどのような行動を起こすか。この映画は、ヒーローの活躍ではなく、誰にでも起こりうる事態を描いている。

Q:脚本のアナス・トマス・イェンセンは知った仲でしょうが、監督と組むのは初めてですね。この役を受けた理由は?
マッツ:デンマーク人監督が作るウェスタンと聞いて、僕も最初は驚いたんだ。でも実は、1860年から1870年代の欧州移民が今日のアメリカの土台を築いた。デンマーク人も含めてね。だからウェスタンは欧州とも縁がある。そう納得したので出演を決めた。監督も脚本家も魅力的だったし馬にも乗れるという理由もあったよ。

Q:ウェスタンの主役らしくない男をあなたは演じました。一方であなたはジョン・フォード作品やイーストウッド作品を見てきているでしょう。こういった作品からの影響はありますか?
マッツ・ミケルセンのインタビュー1

マッツ:避けるのは難しい。『悪党に粛清を』は、監督のウェスタンに対するオマージュだからね。でも、僕は監督と違い幼い頃に憧れはしなかった。ウェスタンも見たけど、一番はブルース・リーだ。カンフー映画はウェスタンとよく似ているけどね。オマージュはすべて監督のアイデアで、5歳の頃からウェスタンが好きだった彼の愛の証しなんだ。それをぶち壊したら申し訳ないよ。
でも、映画作りとは監督の夢の具現化だからね。普段と同じく監督の意図を理解し表現するだけよ。普段の仕事のプレッシャーと何も変わらない。

Q:本作にはいくつものオマージュがあるとか。監督から詳しい説明は?
マッツ:しばらくの間はね。でも僕の反応が薄いので次第になくなっていったよ。「あの教会の釘はもともと有名な映画の…」と説明が始まるんだけど、僕はそれを観ていなくて「悪いが見てない」と。ジェフリー・ディーン・モーガンのほうがいい聞き手だったろうね(笑)

Q:あなたの敵はそのジェフリー演じるデラルーでしたね。邪悪な敵と対決したわけですが演じてみた感想は?
マッツ:すごく楽しめた。英語圏の作品で演じるときは僕がいつも悪役だからね。でも、今回は逆で、アメリカ人のジェフリーが悪役だ。デラルーは悪人であると同時に、人間的なキャラクターでもあるんだ。彼の行動は彼なりの理屈に基づいている。だから観客は彼を人間とみなせる。見事なアプローチだと思う。

Q:好きなシーンを教えてください。
マッツ:お気に入りのシーンは2つあるんだ。1つ目は駅で家族と再会するシーン.。家族と7年越しの再開を果たすとても幸せな瞬間だからね。そのシーンが一番のお気に入りなんだ。それから、悪党2人が馬車に乗ってくるシーンもだよ。

Q:『悪党に粛清を』のテーマは何だと思いますか?
マッツ:ウェスタンだから復讐劇であるとは言えるね。復讐劇といえばウェスタンに限らずシェイクスピアや、それこそ黒澤明監督の作品だったり。なかでもこの作品は復讐を果たすことで、人間性は失われるのか、どの時点で人は人間性を失うのか。世界中で様々な戦争が起こっている中で、現代人だれしもが、日々自問自答しているテーマだと思うよ。

Q:日本のファンへメッセージをお願いします。
マッツ:日本のファンの皆さんがいなければ、僕の出演作が日本で上映されることもない。『偽りなき者』や「ハンニバル」シリーズもね。だから、この場を借りてファンの皆さんに御礼を言いたい。いつも応援してくれてありがとう。

そして!

マッツ・ミケルセン「新宿武蔵野館ロビー用コメント 撮影の裏側・・・」新宿武蔵野館ロビーにて上映決定です!
期間:6月27日(土)~7月10日(金)の2週間限定
場所:新宿武蔵野館ロビー
 
悪党に粛清を
マッツ・ミケルセン主演 世界中の映画祭が熱狂したウェスタン・ノワール

『悪党に粛清を』

6月27日(土)新宿武蔵野館ほか全国公開です。

公式サイト:akutou-shukusei.com

********************************************************************

出演:マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガン

監督:クリスチャン・レヴリング
配給:クロックワークス/東北新社  Presented by スターチャンネル
© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa

2014年/デンマーク・イギリス・南アフリカ/シネマスコープ/カラー/93分/原題:The Salvation/R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『悪党に粛清を』クリスチャン・レヴリング監督インタビュー


27日に公開となりますマッツ・ミケルセン主演のウェスタン・ノワール

悪党に粛清を

クリスチャン・レヴリング監督オフィシャルインタビューが到着しました!

クリスチャン・レヴリング監督

Q:あえてウェスタンを撮った理由は?

監督:確かに人気ジャンルとは言えない。だがそれでも僕にとっては子供の頃からの夢だった。ウェスタンに憧れていたんだ。映画への入り口がウェスタンだったからね。ある時、製作会社の社長とお互いに何がきっかけで映画に魅かれたかを話した。僕はウェスタンだと言うと彼は驚いていた。

1960年代のデンマークはテレビのチャンネルが1つだけだったんだ。土曜はウェスタンを放送していたからそれを撮ることは原点への回帰だった。まだとても幼くて映画が大好きだったあの頃にね。ウェスタンの形式は映画としては純粋すぎて、中には大嫌いだと言う監督もいればもちろん逆もいるけどね。

Q:純粋な映画とはどんなものでしょうか。ウェスタンのどこが純粋でその優れたところは?

監督:何が純粋かというと人と風景だ。地平線が延びる風景はとても純粋で力強い。だからどのシーンも画面の構成はとても純粋でシンプルなものになる。こうした純粋さは物語にも影響を与えるんだ。もちろん心理面を扱うウェスタンもあるけど、たいていは心理表現よりも物語に中心が置かれる。登場人物は複雑な内面を持たず見た目どおりの性格だ。悪人か善人かはほとんど一目で分かる。さらにどのウェスタンにも共通することだけど、セリフは短く切り詰められ凝縮されている。だからどの作品もセリフが少ない。

もちろん活劇全般にそういう傾向はあるけど、多くはウェスタンに由来してる。最古の活劇だからね。

Q:ウェスタンにはかなり詳しいようですね。
アナス・トマス・イェンセンと脚本を書き始めた時どんな作品をイメージしていました?「ブレージングサドル」?あるいは「許されざる者」?それともマカロニ・ウェスタン?どんな話を作りたいと考えたのでしょうか。かなりの作品を見返したのでは?

監督:アナスはもちろんウェスタンをよく知っている。でも僕が見てきた作品を全部見てる訳じゃない。色んなウェスタンに触れるため彼に見てほしい作品をいろいろな時代から選んだよ。「ブレージングサドル」はなかなか鋭かったね。実は時々影響されそうになった。2人とも好きだったから、ついその方向へ流されたりもしたけど、パロディーの連続により笑いを生み出す作品だから、もちろん軌道修正したよ。クリスチャン・レヴリング監督2方向性が違いすぎたからね。僕らは、方向性が合っていたセルジオ・レオーネやジョン・フォードの作品を見た。あと、黒澤明の「七人の侍」もアナスに紹介した。東洋の映画だけど僕にとってはウェスタンだ。ウェスタンともつながりが深い。レオーネの「荒野の用心棒」にしても黒澤作品のリメイクだからね。
だから黒澤映画も一種のウェスタンとして考えた。そして、鑑賞が済めば次は自分の作品をいちから作る。
見た作品は頭の隅に残っているけど、模倣はしたくなかった。コピーしても何の意味もないし、僕なりの作品を作りたい。でもウェスタンというジャンルの再生までは考えていない。ただ思い入れがあるだけで。あえてウェスタンを撮ることで愛の証しを立てたい、そんな思いが強かったんだ。

Q:本作には数々のオマージュが見られます。中には観客が気づかないほど細かいものもあり、監督の個人趣味と言ってもいい。でも下手をすると[模倣作品|パスティーシュ]になりかねません。その危険をどうやって避けましたか?

監督:シリアスさを守ることでかな。物語と登場人物を軽く扱うことはなかった。ジョンについては特に慎重に生身の人間のように扱った。他の登場人物に対しても同じだよ。
危ないのはすべてが作り物になって真実味がない時だね。そうなるとパスティーシュになるし、下手な役者を使えばやはりぶち壊しになる。芝居をするのは結局は役者だから、リアリティーは彼ら次第なんだ。役者の存在はとても大きくて、彼らが真実味を与えてくれる。芸術とは常に[風刺|カリカチュア]だけど例外はない。常にそれを念頭に置いて鑑賞するべきだと思ってる。

Q:監督は本作で多くの仕事を兼任し、プロダクション・デザインも担当されています。大変な手間をかけて時代考証をされたのではないでしょうか。建物・衣装・銃器などすべてを扱うわけですしね、もちろん監督としてのお考えがあったことでしょう。でも私にはあなたが個人的に重視していたようにも思えます。

監督:僕の中ではどの仕事もつながっているし、肝心なのは真実味なんだ。僕が作るセットはセットというより…ロケ地みたいだ。実際に撮影する場所にセットを建て内も外もきちんと作る。役者に真実味を感じてもらうにはスタジオで撮影するより効果的だ。
つまり、真実味の確保がまず1つで、もう1つの理由は、僕はヨーロッパ人でロケ地が南アフリカだからだ。
この映画をアメリカ人が見た時に違和感を感じさせてはいけない。舞台が嘘くさく見えたらすべてが偽物に見えてしまう。
イタリア人のレオーネがウェスタンを撮影する時は、フォードよりずっと細部に気を配ったに違いないよね。でも、フォードには必要ない。なぜなら彼は本場で撮影できたし何でも知っていた。年齢的にも西部開拓時代に近かった。いろいろな遺物も自分の目で見られたと思う。
でも僕らはヨーロッパ人で事情が全く違う。だから正確性の追求が重要になるんだ。もしかしたら観客はそこまで考えないかもしれない。だけど、時代考証はきちんとしたいんだ。舞台が1872年なら1882年製の銃は使わない。あらゆる物についてささいな事柄まで時代に合うか確かめるよ。

Q:本作は[復讐]と同時にデンマーク人移住者の物語も描きます。当時アメリカは工業化の夜明けにあり古い時代は終わろうとしていました。そして映画の世界では人々は無法な社会の中で文明的であろうとします。この物語はどこから生まれたのですか。アナスとはどんな風に練り上げを?

監督:僕らが魅了されたのは復讐の応酬という展開だ。主人公のジョンは冒頭の20分で復讐を果たしてしまう。あとは彼の行動から何が引き起こされるか描く。これ自体は古典的なウェスタンの筋書きだけど、そこに僕たち独自の視点を加えてみた。他にも文明化に関する多くのことに興味を覚えた。
当時のアメリカはとても興味深いよ。1つの国境内にある同じ国でありながら東部には洗練された都会、ボストンやワシントン、NYがある。ところが西部の開拓地は全くの無法地帯だ。その頃すごい速度で国が作られていた、だから文明と無法が共存した。蒸気機関の恩恵を受けて大きな鉄道会社もできたし、製造業も育ち始めていた。その一方でフロンティアはまだ残っていて開発途上だったんだ。そこが面白いよね。

Q:本作のキャストも国際色が豊かで主役はデンマーク人です。マッツ・ミケルセンはウェスタンにとても合っていますね。役者はどのように選んだのですか?

監督:マッツはいかにもデンマーク人らしい。本人は心外かもしれないが一目瞭然だ。いい役者だし何といっても体で表現する。面構えもウェスタン向きで、脚本はマッツのために書いたようなものだった。彼はウェスタンに合っているし、馬にも問題なく乗れるし能力は十分だ。だから早い段階でマッツに目をつけていた。僕らは脚本を改訂する度に彼に何度も読ませ話を作り上げていった。
エヴァ・グリーンにも早くから注目していて、彼女に会って出演を打診した。マデリンは話すことができない役だから、強く印象に残る顔立ちの役者を探していたんだ。美しいだけでなく目に力がある人がいい。エヴァは適役だった。だから彼女もすぐに決まった。ジェフリー・ディーン・モーガンは少し遅れて参加した。彼は何と言うか、すごくアメリカ人らしい演技をする。ヨーロッパの役者の演技とはアプローチが少し違うんだ。僕はアメリカ人的な演技をする役者を求めてたんだけど、彼はカメラ映りがよくて間の取り方も素晴らしかった。ジェフリーはまさにイメージどおりだった。外見が善人そうなところも気に入ったよ。

西部劇への強いこだわりを持つ監督をはじめ主人公ジョンの兄ピーターを演じるミカエル・パーシュブラント、町の保安官マリックを演じるダグラス・ヘンシュオールといった出演者達が西部劇への想いを語る特別映像が解禁になりました

俳優陣が口々に「子どもの頃から出たかった」と西部劇への想いを語るその表情からは、幼い頃からの頃からの夢を叶えた俳優としての充実感が伺え、そうした彼らの熱い想いが本作を支えていることが伺えます。

悪党に粛清を

6月27日(土)新宿武蔵野館ほか全国公開です。
公式サイト:akutou-shukusei.com

********************************************************************

【STORY】 愛を奪われ復讐という業を背負った男と声を失った女。 1870年代アメリカ、命の価値は駅馬車以下だった―。
悪党に粛清を1870年代アメリカ―。元兵士のジョン(マッツ・ミケルセン)は敗戦で荒れたデンマークから新天地アメリカへと旅立つ。7年後、事業も軌道に乗り妻子を呼び寄せ再会を喜び合っていたのもつかの間、非情にも目の前で妻子を殺されてしまう。怒りのあまり犯人を見つけ撃ち殺したジョンだったが、犯人はこの辺り一帯を支配する悪名高いデラルー大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)の弟だったことから彼の怒りを買う。更にその弟の情婦で声を失ったマデリン(エヴァ・グリーン)も巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐がはじまった…

出演:マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガン
監督:クリスチャン・レヴリング
2014年/デンマーク・イギリス・南アフリカ/シネマスコープ/カラー/93分
原題:The Salvation/R15+
配給:クロックワークス/東北新社
  Presented by スターチャンネル

© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa
クリスチャン・レヴリング(監督/共同脚本) Kristian Levring,Director/Co-writer




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『悪党に粛清を』に各界“文化人”から絶賛コメントが到着!


2014年カンヌ国際映画祭に正式出品されるや大絶賛され、以降世界中の映画祭で熱狂をもたらしたウェスタン・ノワール

悪党に粛清を

が、6/27(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。

悪党に粛清をs2

先日初来日を果たした際、ミケルセン自身も『七人の侍』が好きだと語り、本作のことを「黒澤明監督からインスパイアを受けた歴史的なウェスタン」とも語っていた。
過去記事:実は気さくなマッツ・ミケルセン 初来日『悪党に粛清を』舞台挨拶!

そんな、ミケルセンが体現する“サムライ”ぶりに、日本の各界を代表する“文化人”から早くも『悪党に粛清を』への“漢(おとこ)”な応援コメントが次々と寄せられてました!

『悪党に粛清を』への絶賛コメント一覧

片岡愛之助(歌舞伎俳優)
腕力だけがものをいう非情な開拓時代の描写に圧倒されます。そして侍のように寡黙に己の筋を通すマッツ・ミケルセンの魅力全開。ラストカットが秀逸。単なるウエスタン、単なるノワールではございません。

貴志祐介(作家)
ここまで爽快な殺戮シーンは、めったに見られない。現代に蘇ったマカロニ・ウェスタンの最凶の後継者。

北村道子(スタイリスト)
乾いた画面から聞こえる存在の鼓動。月あかりのクローズアップ。コンポジションに息をのむ。異国のウエスタンからアメリカ合衆国の歴史が観えてくる秀逸なキャスティングの映画でした!

小島秀夫(ゲームデザイナー/「メタルギア」シリーズ監督)
子供の頃に夢中になった、血湧き肉躍るボクらの「西部劇」が帰ってきた!これぞ王道の「西部劇」! だからこその面白さ、ここに極まる。

さいとう・たかを(劇画家)
この映画を観て黒澤明の『用心棒』を思い出した。『用心棒』では侍の袴が汚れているように、この主人公も砂埃にまみれすごくリアルだ。往年の西部劇とはひと味も二味も違う。こういう映画を長年待っていた。

光石研(俳優)
マッツ・ミケルセン。どこまでも寡黙に静寂の中、報復のため、ただただ銃口を向ける。こんな男(俳優)に今からでもなれるだろうか。最高でした。

柘植久慶(作家・軍事ジャーナリスト)
人は復讐を空しい行為だと言う。だが、鑑賞し終えた直後のこの爽快感は何だ!

馳星周(作家)
スカンジナビアン・ウェスタンに瞠目せよ。北欧の男たちによって、寡黙な西部のガンマンたちがよみがえった!

樋口有介(小説家)
主人公はシブイしヒロインは絶世の美女。全編に哀愁もただよっていて、娯楽作品はやっぱり、こうでなくては。

火野正平(役者)
俺にとって『ダンス・ウィズ・ウルブズ』以来の西部劇。子供の頃からずっと観てきた西部劇。日本の時代劇ももうちょっと頑張らなきゃな。

降旗康男(映画監督)
久しぶりの西部劇!虐げられた者たちの、怒りと哀しみに引きずり込まれました。

松本次郎(漫画家)
シンプルイズベスト!余計な物はいらないのである! 西部劇好きなら思わずニヤリとしてしまう過去作品のオマージュの数々。ご当地ゾンビ映画ブームに習ってご当地西部劇映画ブームの先駆けになるのではと期待を抱かずにはいられない、そんな力作である事には間違いありません。

矢作俊彦(小説家)
2人のデンマーク人がワイルドウエストに再構築したハムレットの源流。流浪の王子と荒ぶる神による復讐という名の宮廷史劇。優れたフィルムノワールは必ず神話に遡行する。

物語・・・
愛を奪われた男と声を失った女
1870年代アメリカを舞台にした壮絶な復讐劇!

デンマークから新天地アメリカへ渡った元兵士のジョン(マッツ・ミケルセン)は、開拓地で非情にも妻子を殺されてしまう。犯人を追いつめ射殺したジョンだったが、犯人が悪名高いデラルー大佐の弟だったことから怒りを買う。

更にその情婦で声を失った謎の女も巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐がはじまる…。

公式HP akutou-shukusei.com
悪党に粛清を

********************************************************************

悪党に粛清を_ポスター出演:マッツ・ミケルセン(「ハンニバル」TVシリーズ)、エヴァ・グリーン(『300スリーハンドレッド 帝国の進撃』)、ジェフリー・ディーン・モーガン(『レッド・ドーン』)   
監督:クリスチャン・レヴリング(『キング・イズ・アライヴ』)
配給:クロックワークス/東北新社  
Presented byスターチャンネル
2014年/デンマーク・イギリス・南アフリカ/シネマスコープ/カラー/93分

原題:The Salvation/R15+

© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ