「マカオ国際映画祭」タグアーカイブ

日本人男性初の大快挙!片寄涼太アジア・スター・アップネクスト賞 受賞!


映画情報どっとこむ ralph 「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中のみきもと凜の同名少女まんが「午前0時、キスしに来てよ」が片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈をW主演に迎えて実写映画化、12月6日(金)に全国公開。
午前0時、キスしに来てよ この度、米「Variety」が期待するアジアの次世代スターに贈られるアジア・スター・アップネクスト・アワードが発表されアジアのスター俳優たちと共に日本からの国際派若手俳優として、片寄涼太が日本人としては今年唯一受賞し、さらに、日本人男性として初の快挙になりました!

今回選ばれたのは片寄のほか、BNK48に所属しているタイ出身のプレーワー・スタムポンとジェニス・オープラサート、「コンフィデンシャル/共助」や「EXIT」に出演している韓国出身のユナ(少女時代)、第31回東京国際映画祭で東京ジェムストーン賞に輝いたベトナム出身のリエン・ビン・ファット、今年のマカオ国際映画祭で上映予定の「Homecoming(英題)」に出演しているインドネシア出身のアスマラ・アビゲイル。さらにNetflix作品のキャストから、「A Second Chance」に出演しているフィリピンの女優ベア・アロンソ、「慕情のアンソロジー」に出演しているインドの女優ブミ・ベドニカルも選出。今回の受賞者は、12月5日から10日に開催される第4回マカオ国際映画祭での授賞式に出席予定です。

11月28日(木)、国民的スーパースターと一般女子高生との間に生まれた【夢】のような恋を描いた本作にちなみ「ドキドキ♡ドリームNIGHTイベント」を実施。主演の片寄涼太をはじめ、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、野田理人、宇佐卓真、内藤秀一郎が登壇したこの日、世界的映画誌「Variety」が選ぶアジアの次世代スター8人のうちの1人に、日本人男性から初めて選ばれたことが発表された片寄。来月開催のマカオ国際映画祭では授賞式も行われ、映画の中の役どころだけでなくリアル・スーパースターとなったことに「国境を超えて人と心をつなげられたり、橋渡しになるような人に少しでも近づけたら」と想いを語ると、「DREAM」 をテーマにしたイベントということで、夢に向かって突き進む学生たちにも「自分が思い描いていなかったことの方が多かったけれど、柔軟に自分らしく期待に応えていこうとしてきた結果が今につながってきたと思っています。夢を持つことも大事だけど、いろんな人の声に耳を傾けたりすることも大切だと思います」とエールを送った。

映画情報どっとこむ ralph ★映画『午前0時、キスしに来てよ』オリジナル・サウンドトラック発売決定!

2019年12月6日(金)に全国で公開する映画「午前0時、キスしに来てよ」(以下、「0キス」)のオリジナル・サウンドトラックの発売が12月4日(水)に決定しました。ボーナストラックには、BTS,安室奈美恵等への楽曲提供でも知られるSUNNY BOYとEXILE THE SECOND、湘南乃風、YOSHI等への楽曲提供でも知られるD&Hのオリジナル楽曲「KISS ME」が収録。本楽曲は、映画の中に登場する架空のアイドルグループFunny bone(ファニーボーン)が歌っており、俳優として映画に参加した主演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)をはじめ、鈴木勝大、野田理人、宇佐卓真、内藤修一郎が実際にレコーディングに参加し制作しています。
この度、オリジナル・サウンドトラックの発売にあたり、映画本編では聴くことのできない「KISS ME」の<フルバージョン>が収録されることになりました。

また本映画の劇伴は坂本龍一が見初めた才能・林イグネル小百合による描き下ろし楽曲をはじめ、ラブ・ストーリーを彩るポップな歌モノなど数多くのボーカル曲を収録しています。映画を見終えた後、余韻に浸れる素敵なサウンドトラックを是非堪能いただければ幸いです。

■CD情報
【CD】RZCD-86983 ¥2,500(本体価格)+税 (JAN:498806486983/1)


映画情報どっとこむ ralph 『午前0時、キスしに来てよ』

2019年12月6日(金)全国公開!

<STORY>
優等生の日奈々(橋本環奈)は誰もがみとめる超・マジメ人間。でも、ほんとはおとぎ話のような王子様との恋にあこがれる夢見がちな女子高生だった…。そんなある日、国民的スーパースター・綾瀬楓(片寄涼太)が、映画の撮影で学校にやってきた!運命の出会いをするふたり。ま、まさか、これはおとぎ話のはじまりっ?!楓の気取らない性格とやさしさにふれ、どんどん楓のことが好きになっていく日奈々。絶対バレてはいけないスーパースターとJKのヒミツの恋の行方は?最高にファンタジックで、ロマンティックなリアル・シンデレラLOVEストーリーの誕生です。


***********************************


原作: みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載)
※ 原作者・みきもと先生のお名前は旧字の「凜」となります(新字「凛」ではありませんのでご注意ください)

出演:
片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE
橋本環奈
眞栄田郷敦 八木アリサ 岡崎紗絵 鈴木勝大
酒井若菜 遠藤憲一

監督:新城毅彦
脚本:大北はるか
音楽:林イグネル小百合
配給:松竹
制作スケジュール: 2019年4月中旬クランクイン、6月上旬クランクアップ
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

奥山大史監督「僕はイエス様が嫌い」マカオ国際映画祭スペシャル・メンション受賞!


映画情報どっとこむ ralph このたび、奥山大史監督(22)が、自ら脚本を執筆、監督・撮影・編集を手掛けた長編映画『僕はイエス様が嫌い』が、12月14日、マカオ市内で開催された第3回マカオ国際映画祭のアワードセレモニーにてスペシャル・メンションを受賞しました。マカオ国際映画祭のコンペティション部門における日本人監督作品の受賞は初めてのことです。


さらに今回の受賞は、第66回サンセバスチャン国際映画祭における最優秀新人監督賞、第29回ストックホルム国際映画祭における最優秀撮影賞に続く3度目の受賞となり、本作が出品された全ての国際映画祭で受賞しています。

奥山大史監督コメント
初めて作った長編映画と共に旅する3つ目の映画祭も、温かく迎えていただきました。そして多くの方から主演の佐藤結良くんに対する称賛をいただきました。この賞はきっと彼のお芝居に対するご褒美なのだと思います。参加する映画祭それぞれで異なる賛辞をいただくごとに、この映画に関わってくださったスタッフ、キャストの皆さんに感謝しています。本当にありがとうございました。

主演・佐藤結良のコメント
このような賞をいただける作品に参加できたこと、とても嬉しいです。今回がはじめての海外でしたが、とても良い経験をさせて頂きました。ここに連れてきてくださった奥山監督と、スタッフの皆さんに感謝です。ありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph チェン・カイコー氏をはじめとする審査員たちによって発表された選考理由

この映画は、全編を通して、完璧なリアリティと絶妙なユーモア、そして詩的なストーリーテリングが通貫されていました。さらに主演の佐藤結良くんと、彼だけに見える小さなイエス様は、私たち審査員を強く魅了しました。これらの理由から「僕はイエス様が嫌い」にスペシャルメンションを授与します。

映画情報どっとこむ ralph 僕はイエス様が嫌い
英語タイトル:JESUS

あらすじ・・・
祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方の小学校へ転校することになったユラは、新しい同級生たちと行う礼拝に戸惑いを感じていた。やがてその行為にも慣れ、周囲と打ち解け始めた頃、目の前に小さなイエス様が出現。ユラは、願い事を必ず叶えてくれるイエス様の力を信じるようになっていくが……

2019年に日本での劇場公開も予定しており、今後のさらなる展開が期待されています。
***********************************

監督・脚本・撮影・編集:奥山大史
プロデューサー:吉野匡志
出演:佐藤結良 大熊理樹 チャド・マレーン
木引優子 ただのあっ子 二瓶鮫一 秋山建一/大迫一平 北山雅廉/佐伯日菜子
制作:閉会宣言
スペック:2019/日本/カラー/スタンダードサイズ
©『閉会宣言』




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斎藤工、白石和彌監督も困惑!?マカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』まさかの出品中止!


映画情報どっとこむ ralph カジノ大国も怯むギャンブル映画、誕生。

映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より、全国公開となります。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している齊藤工さん。

10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。
そして、いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌監督が仕掛けます!

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生!

そして、本日開幕のマカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』ワールドプレミアを行う予定のはずが!

まさかの出品中止となってしまいました!

と、言うことで仕切り直し!どういう形になるかわかりませんが・・・・

その全貌を世界に向かって披露できる日を、主演の斎藤工を筆頭に、白石監督や関係者一同、心待ちにしているそうです。

映画情報どっとこむ ralph
『孤狼の血』により年末年始の賞レースを独走している白石和彌監督が、かつてない大胆なエンターテイメントを放ちます。2020年の未来、熱き男が躍動し、予想を覆すギャンブル・ドラマに、ぜひ、ご期待ください!平成最後、そして新元号が発布される4月に、いまを生きる人々にとっての<未来予想図>幕を開ける!!

映画『麻雀放浪記2020

2019年4月5日(金)全国ロードショー!

***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小日向文世レッドカーペットに自転車で!『サバイバルファミリー』inマカオ


映画情報どっとこむ mari ネオンの街マカオに“電気なし”の映画で参戦!?
サバイバルファミリー
『ウォーターボーイズ』(01)、『スウィングガールズ』(04)、『ハッピーフライト』(08)、『ロボジー』(12)といった、独自の視点で観客の好奇心をくすぐるヒット作を生み出してきた矢口史靖監督。

待望の最新作が

サバイバルファミリー

これまでの矢口作品の例にもれず、矢口監督によるオリジナル脚本によって、誰も観たことのない世界を徹底してリアルに描きながら、矢口流ユーモア満載の作品になっています。

そんな本作が、中華人民共和国マカオ特別行政区にて開催された第1回マカオ国際映画祭(12月8日~12月13日)【コンペティション部門】にて上映され、主演の小日向文世と矢口史靖監督が現地で舞台挨拶を行いました。
マカオタワーを展望
マカオタワーを展望

マカオ初の政府主導の国際映画祭である本映画祭は、世界各国から監督・俳優・映画界のキーパーソン500人を招き入れ、アジア有数の映画祭として地位を築いていくことを目指して創設。世界から注目を集める記念すべき第1回の開催において、邦画で唯一本作が【コンペティション部門】に選定されました。

第1回マカオ国際映画祭(12月8日~12月13日)
日付:12月12日
場所:中華人民共和国マカオ特別行政区マカオタワー
登壇:小日向文世、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ mari
聖ポール天主堂跡にて
聖ポール天主堂跡にて

俳優人生40周年という節目の年に初の国際映画祭参加となる小日向さん

小日向さん:初めてのマカオ、そして初めてのレッドカーペットに興奮しています。マカオがこんなにも明るい場所だとは思いませんでした。ネオンが素晴らしいですね。

とコメント。一方の

矢口監督:次回作ではマカオの電気を全て消してみたいです。

と作品に因んでマカオへの感想を述べていました。
カジノホテル群前
カジノホテル群前

映画情報どっとこむ mari 会場となったのは、当地のランドマークである、高さ338メートルのマカオタワー内にあるスクリーン。

小日向さんと矢口監督は、電気がない世界において、自転車で日本列島を旅する本編の設定にちなみ、会場前に敷かれたレッドカーペットに自転車で登場!?
%e5%85%ac%e5%bc%8f%e4%b8%8a%e6%98%a0%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%882 その颯爽とした姿に、レッドカーペットにつめかけていた観客たちからは、驚きの声とともに歓声があがりました。

%e6%8e%88%e8%b3%9e%e5%bc%8f%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88 レッドカーペットでの簡単な挨拶では・・・

小日向さん:この映画はごく一般的な家族が、危機に際していがみ合いながらも、そこから絆を見つけていく物語です。そして家族の再生をじっくり見ることができる映画です。

矢口監督:電気がなくなって崩壊した世界で、サバイバル能力が全くない一家の七転八倒を楽しんで観ていただきたいです。

と紹介。また、「電気がなくなったら?」という共通質問に対しては、

小日向さん:とても不便だとは思いますが、映画にもあるように素晴らしい星空を見ることができ、素敵な夜が過ごせるんじゃないでしょうか。

矢口監督:私は普段電動自転車に乗っているような人間なので、おそらく生き残れません。

と、答えていました。

映画情報どっとこむ mari 上映前舞台挨拶では

小日向さん:(現地広東語)こんばんは、小日向文世です。今日はカジノのために全財産持って日本からやってきました。映画を楽しんでいってください。

と挨拶。会場は爆笑と拍手に包まれ大いに盛り上がりました。観客は、若者を中心とした客層が多く集まり、中には矢口監督の過去作「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」の英語チラシを持つコアファンの姿も。また別の部門にて同映画祭に出席していた黒沢清監督も来場され、映画を鑑賞されていました。

上映中は、平凡な家族の日常風景やダメなお父さんの姿が映される度に笑いが起こり、また、サバイバル的な生活の知恵が登場する度、感嘆の声が上がったかと思えば、やっとの思いで食料を手に入れるシーンでは拍手が起こるなど、大盛況の上映となりました。

%e5%85%ac%e5%bc%8f%e4%b8%8a%e6%98%a0%e5%be%8c%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc 上映後のコメントが届いています!

小日向さん:こんなに反応がはっきりと出るとは思いませんでした。まずはほっとしています。監督の脚本を読んだときの感想が観客にもストレートに伝わっていると感じました。広東語の挨拶を準備しましたが、はっきりと大きな声で言ったら伝わったようで、とても嬉しかったです。今朝東京を発ち、先程マカオに着いたので、実感が湧きませんでしたが、あたたかい拍手を受け、来てよかったと思いました。この瞬間が一番嬉しいです。本当に楽しんで観てくれているのが伝わりました。

矢口監督:日本文化の中の細かいネタが多い作品なので、海外のお客様に伝わるのか心配していましたが、こちらが反応して欲しいネタには100%笑ってくださいました。ワールドプレミアもコンペティション部門への出品も初めてですが、嬉しいものですね。

この映画は見るだけで分かる物語なので海外の方々にも受け入れていただけたのだと思います。お客様の反応が素晴らしかったので、自信をもって日本に帰ることができます。


映画情報どっとこむ mari 観客のコメント

・20代女性
電気がなくなることでこんなに影響がでるとは思っていなかった。本当に意味深い作品。
・20代男性
最初バラバラだった一家の関係が良くなっていく過程が作品の魅力だと思った。
・20代男性
矢口監督のこれまでの作品にも通じる作品だと思った。日本映画としての特殊なスタイルが見られる。
・30代女性
とても面白く色々なことを考えさせられました。たくさんの若い人に観てほしい。
・30代女性
とてもこの作品が好きになった。もう一度観たい
・10代男性
実は重いテーマなのに、軽妙な笑いに包まれているところが素晴らしいと思った。自分だったらどうするだろうと考えさせられた。
・20代男性
家庭のあたたかさや団結の重要さを表していた。

映画情報どっとこむ mari サバイバルファミリー

2017年2月11日(土) 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト:
http://survivalfamily.jp/
『サバイバルファミリー』② 東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族、ありふれた日常に、ある朝突然緊急事態発生!テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道まで、電気を必要とするあらゆるものが完全にストップ!! 乾電池さえ使えない原因不明の「電気」消滅によって情報も絶たれた中、超絶不自由生活がスタート。そんな中、普段は頼りない父が一世一代の大決断を下し、鈴木家のサバイバルライフの幕があがります!!

***********************************

原案・脚本・監督:矢口史靖
出演:小日向文世 深津絵里 泉澤祐希 葵わかな
時任三郎(友情出演) 藤原紀香 大野拓朗 志尊 淳/渡辺えり 宅麻 伸(友情出演) 柄本 明/大地康雄

主題歌:「Hard Times Come Again No More」SHANTI(日本コロムビア)
(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ