「マイケル・ムーア」タグアーカイブ

超過激マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。予告日本上陸!新作 『華氏119』


映画情報どっとこむ ralph 出演:アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ!
マイケル・ムーアの最新作 『Fahrenheit 11/9(原題)』が邦題 『華氏119』として11月2日TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となります。

ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルとなっている。

本作よりティザーポスター、超過激予告映像が解禁されました。

先ずご紹介は印象的なポスター!

昨年ワシントンで行われたウィメンズ・マーチで熱烈にトランプ大統領を批判した際のマイケル・ムーア監督の写真と星条旗の上に書かれた「マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。」。直球です!

映画情報どっとこむ ralph 予告映像は「あのアポなし突撃男が帰ってきた!!」と自身の故郷であるミシガン州の州会議堂に乗り込むマイケル・ムーア監督が登場し、早速、何かやらかしてくれるだろうという雰囲気を漂わせる冒頭映像からスタート。

そして「アメリカこそが最も偉大な国だ」という全米ライフル協会のTシャツを着た親トランプ派の男性に続き、ムーア監督の“今度の標的”であるトランプ大統領が登場。「私も有色人種を憎むが殺しはしない」と、大統領とは思えない発言をしたトランプ大統領の過激さを強調するかのように、昨年バージニア州シャーロビッツビルで勃発した白人至上主義団体(クー・クラックス・クラン)と反対派の衝突事件を思い出させる、ネオナチとクー・クラックス・クランの恐ろしい儀式の映像が続きます。トランプの朋友で参謀のロジャー・ストーン氏の「大変な報復を受けるだろう」という警告も気にせず、突撃をやめないムーア監督。怒りの矛先はトランプ大統領だけでなくミシガン州のスナイダ―知事へ。

2016年に大統領の非常事態宣言までも出たムーアの故郷フリント市で起きたアメリカ史上最悪ともいえる水道水汚染事件の報復ともとれるフリントの汚染水を知事邸に放射!リンキン・パークの歌にも使われた60年代の政治活動家のマリオ・サビオの最も有名なスピーチ「国が人民を無視し自由を与えないなら、身を呈して止めなければいけない」を皮切りに、反トランプ派として、今年2月に起こったフロリダ州高校銃乱射事件の被害者であり、そして銃規制の訴えの新たなシンボルとなった短く剃り上げた髪が印象的な女子高生エマ・ゴンザレスや今年6月のニューヨーク州の民主党予備選にて大番狂わせで当選した28歳のヒスパニック系アレクサンドリア・オカシオ・コルテスが、このトランプ暗黒時代の“抵抗軍”として登場します。「アメリカンドリームは終わった」「抵抗は無意味だ」「私の地位は揺るがない」と次々とアメリカを崩壊へと導くトランプ大統領の姿が映し出され、最後は「この映画が公開されれば、トランプ王国は必ず崩壊する」というムーア監督の自信たっぷりの言葉で映像は終わります。


映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、大統領選のさなか「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き変人扱いを受けながらもその予測を見事に的中させたムーア。

果たして、2年前の11/9にスタートしたアメリカの、世界のファイナルカウントダウンは止める事はできるのか?

11月の中間選挙に打撃を与える事はできるのか?ムーアVSトランプの宿命のリアルエンターテイメント日本上陸!第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品でプレミア上映された本作は大喝采を浴び、マイケル・ムーア監督満を持しての最高傑作との呼び声も上がっており、早速Rotten Tomatoes では100%フレッシュを獲得しています。

華氏119
原題:Fahrenheit11/9

STORY
2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?!
なぜこうなった?どうしたら止められる?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント

***********************************

監督:マイケル・ムーア
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ

2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018


トランプ政権発足 緊急公開決定!『すべての政府は嘘をつく』


映画情報どっとこむ ralph このたび、オリバー・ストーン製作総指揮のドキュメンタリー映画『すべての政府は嘘をつく』の緊急公開が決定しました。
今回の米大統領選を動かしたとも言われる”フェイク・ニュース”の影響力がさらに加速する今、真実を報道するために闘うフリー・ジャーナリストたちを追った本作を、テレビ・ネット・映画館のクロスメディアで一斉公開。映画館での公開初日(2月4日)には、日本のジャーナリズムを代表するゲスト3名を招いたシンポジウムも開催します。

公開記念シンポジウム
日時:2月4日(土) 開場18:00/上映18:30~20:05/シンポジウム20:10~22:00
会場:アップリンク渋谷(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
ゲスト:岩上安身(IWJ代表/ジャーナリスト)、津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)、竹下隆一郎(ハフィントンポスト日本版編集長)
司会:浅井隆(アップリンク 代表)

映画情報どっとこむ ralph <公開スケジュール>

2/1(水)・2(木)NHK BS1 「BS世界のドキュメンタリー」(23:00~)にて放映
www6.nhk.or.jp/wdoc


2/3(金)オンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて配信スタート
予約受付開始:1/27(金)14:00
視聴価格:1,200円/1年間(10%OFFの予約割引あり。1,200円→1,080円)

予約割引プロモーションコード:ALLGOVSLIE10 (2/3(金)13:59まで有効)

www.uplink.co.jp/cloud

2/4(土)アップリンク渋谷にて上映スタート
※不定期上映
www.uplink.co.jp/event/2017/47389

映画情報どっとこむ ralph 作品紹介
ポスト・トゥルース時代に“真実”を追求するフリー・ジャーナリストたちの闘い
公益よりも私益に走り、権力の欺瞞を追及しない大手メディア。それに抗い、鋭い調査報道で真実を伝えるフリー・ジャーナリストたちが今、世界を変えようとしている。
彼らに多大な影響を与えたのが、1940~80年代に活躍した米国人ジャーナリストのI.F.ストーンだった。I.F.ストーンは「すべての政府は嘘をつく」という信念のもと、組織に属さず、地道な調査によってベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いていった。

本作はそんな彼の報道姿勢を受け継いだ、現代の独立系ジャーナリストたちの闘いを追ったドキュメンタリー。

「メディアは地球上に平和をもたらす最強の武器になりえる。それなのに、現在は戦争の武器として使われている。すべての政府は嘘をつく。特に戦争の最中には」──I.F.ストーン

「ジャーナリズムの本質は、真実を書き、弱者を守り、正義のために闘い、憎しみや恐怖心に癒しの視点をもたらすこと。いつの日か、多様性ゆえに殺し合うのではなく、その多様性を享受できる世界が実現することを願って」──I.F.ストーン

*ポスト・トゥルース[post-truth]:客観的事実よりも、個人の感情や信念への訴求の方が、世論形成に大きく影響する状況を表す形容詞。

映画情報どっとこむ ralph

◇2017年2月1日(水)・2日(木)NHK BS1 「BS世界のドキュメンタリー」(23:00~)にて放映
◇2017年2月3日(金)アップリンク・クラウドにて配信スタート
◇2017年2月4日(土)アップリンク渋谷にて上映スタート(※不定期上映)


公式サイト:
www.uplink.co.jp/allgovernmentslie
Twitter:
@allgovtslie_jp

***********************************

原題:ALL GOVERNMENTS LIE – Truth, Deception, and the Spirit of I.F. Stone
オリバー・ストーン製作総指揮
監督:フレッド・ピーボディ
出演:ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)、マイケル・ムーア(映画監督)、エイミー・グッドマン(報道番組『デモクラシー・ナウ!』創設者)、カール・バーンスタイン(元『ワシントン・ポスト』記者)、グレン・グリーンウォルド(元『ザ・ガーディアン』記者/ニュースサイト『ジ・インターセプト』創立者)、ほか
●2016年トロント国際映画祭正式招待
●2016年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式招待
2016年/92分/カナダ/英語/日本語吹替
© 2016 All Governments Lie Documentary Productions INC.


『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』予告編解禁!


映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は5月27日(金)に公開となりますが・・。

今回お知らせするのは予告編解禁!



“侵略”する先々で知ることになる事実、ちりばめられたブラック・ユーモア、予定調和で終わらない“侵略”行為。

今回ムーアに課せられたミッションは、世界のジョーシキを根こそぎ略奪すること。

それは、今のアメリカに最も必要なものなのだ。

そのジョーシキとは、

「フレンチフライを食べないフランス」
「休日の部下への連絡が違法なドイツ」
「殺人犯がムショでナイフを持つノルウェー」
「宿題をしないが秀才だらけのフィンランド」

など、強烈なものばかり。

果たしてこれらのジョーシキには、どんな意味が、そしてどんな価値があるのか!?

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
アメリカ人だけでなく、我々も、いや世界中の誰が見ても驚きと笑いと感動を隠せない、マイケル・ムーアの作品がついに完成。

映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』
Where To Invade Next

公開は5月27日(金)全国ロードショーです。

********************************************************************


マイケル・ムーアの世界侵略のススメポスター超過激なアポなし突撃取材と歯に衣着せぬ物言いで、社会問題を独自の視点で一刀両断してきたマイケル・ムーア。『ボウリング・フォー・コロンバイン』で米アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞を、『華氏911』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞するなど、国内外を問わず大絶賛の評価を得て一躍巨匠監督の仲間入りを果たした。これまで、銃規制、対テロ戦争、医療保障、資本主義など、アメリカ国内に巣食うタイムリーな問題を取り扱ってきたムーア。待望の最新作”Where To Invade Next”は、『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』という邦題で、KADOKAWA配給で5月に公開することが決定!しかし、今回の作品はいつもとはかなり違う!アメリカ国内ではなく、ムーアはついに世界へと旅立つのだ!しかも、これまで一貫して批判してきたはずの権力の片棒を担ぎ、なんとアメリカの “侵略”政策に参加してしまう!ムーアに課せられたミッションは、侵略する国に存在する【あるモノ】を根こそぎ略奪しアメリカに持ち帰ること―。なぜムーアは“侵略者”となったのか?もう昔のムーアではないのか?【あるモノ】とは何なのか?そして、マイケル・ムーアの真の目的とは?
“侵略”する先々で知ることになる事実、ちりばめられたブラック・ユーモア、予定調和で終わらない“侵略”行為。アメリカ人だけでなく、我々日本人も、いや世界中の誰が見ても驚きと笑いと感動を隠せない、マイケル・ムーアの集大成作品がついに完成!
『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』『シッコ』『キャピタリズム~マネーは踊る~』を経て、マイケル・ムーアがたどり着いた境地!今まで彼が取材し、悩み、問いかけ、追い求めてきた全ての答えがここにある!!現代に生きる全ての人に捧ぐ、世界“侵略”ドキュメンタリー!!
製作・監督・脚本・出演:マイケル・ムーア
配給:KADOKAWA
2015年アメリカ映画 119分

(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS

   


マイケルムーアじゃねーよ!今までの。『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』公開決定!


超過激なアポなし突撃取材と歯に衣着せぬ物言いで、社会問題を独自の視点で一刀両断してきたマイケル・ムーア。

これまで、銃規制、対テロ戦争、医療保障、資本主義など、アメリカ国内に巣食うタイムリーな問題を取り扱ってきたムーア。

待望の最新作”Where To Invade Next”は、『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』という邦題で、5月に公開することが決定しました!

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
しかし、今回の作品はいつもとはかなり違うんです!

アメリカ国内ではなく、世界へ!
しかも、これまで一貫して批判してきたはずの権力の片棒を担ぎ、なんとアメリカの “侵略”政策に参加してします!


ムーアに課せられたミッションは、侵略する国に存在する【あるモノ】を根こそぎ略奪しアメリカに持ち帰ること。なぜムーアは“侵略者”となったのか?もう昔のムーアではないのか?【あるモノ】とは何なのか?そして、マイケル・ムーアの真の目的とは?

“侵略”する先々で知ることになる事実、ちりばめられたブラック・ユーモア、予定調和で終わらない“侵略”行為。アメリカ人だけでなく、我々日本人も、いや世界中の誰が見ても驚きと笑いと感動を隠せない、マイケル・ムーアの集大成作品がついに完成!

『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』『シッコ』『キャピタリズム~マネーは踊る~』を経て、マイケル・ムーアがたどり着いた境地!今まで彼が取材し、悩み、問いかけ、追い求めてきた全ての答えがここにある!!現代に生きる全ての人に捧ぐ、世界“侵略”ドキュメンタリー!!

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

原題・英題:Where To Invade Next

2016年5月 全国ロードショー

********************************************************************

製作・監督・脚本・出演:マイケル・ムーア
配給:KADOKAWA
2015年アメリカ映画 119分
(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS