「マイケル・キートン」タグアーカイブ

映画『アメリカン・アサシン』AR(拡張現実)でCIA訓練を疑似体験!?特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ・ラップ。

その想像を絶する運命を壮大なスケールで描くスパイ・アクション映画『アメリカン・アサシン』が6月29日(金)に全国公開となります!


この度、ミッチ・ラップがARを活用した訓練を行う特別映像が解禁!!

冒頭、モニター越しに訓練の様子を観察するCIAテロ対策担当の女性幹部ケネディ(サナ・レイサン)の姿が映し出されると、次にミッチ・ラップを中心としたCIA秘密部隊の訓練生達が映し出される。ARゴーグルと、電気ショックが流れる特殊ベストを装着し、訓練用の銃を構えながら何かを狙うように歩き出す訓練生達の姿。ミッチの顔が映し出され、次にミッチの視点に変わるとARゴーグル越しに3Dで映し出される様々な人達の姿が。AR訓練ではその中からターゲットを撃てば得点となり、外したら電気ショック、ターゲット以外を撃つとより強いショック、そしてもしターゲットに撃たれたら…。辺りを注意深く観察しながら、ターゲットを撃破していくミッチ。教官ハーリーは訓練の様子を観察しながら、ミッチの恋人を殺したテロリスト アル・マンスールを映し出す。ターゲットに設定されていなマンスールを撃ってしまうと電気ショックをくらうことになるが、復讐心に囚われているミッチは思わずマンスールを撃ってしまう…。


本作の主人公像について

オブライエン:この世には多くのスパイ映画がありますが、彼らがベテランになる前にどうしてスパイになったのかを描いた作品は滅多にありません。20代の青年が凄まじい悲劇を経験し、自分を変える新しい道を発見していく。それを目撃するのはとても面白いと思います。

と語り、従来のスパイ映画とは違う、トラウマと葛藤に囚われている青年がどうしてスパイになっていくのかという成長譚も楽しめる、新世紀のアクションヒーローを表現しています!


映像解禁と併せて、解禁された場面写真は、ミッチが他の訓練生と共にARゴークルと、特殊ベストを装着しながら訓練用の銃を構えている画像が解禁。奥にはまさに電気ショックを受けている訓練生も見え訓練の壮絶さが垣間見れる場面写真となっております!

映画情報どっとこむ ralph 主演のミッチ・ラップ役は『メイズ・ランナー』シリーズ主役に大抜擢され、ハリウッド注目の若手俳優ディラン・オブライエン。そしてミッチを鍛える鬼のような指導官には近年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『スパイダーマン:ホームカミング』など話題作に出演し、絶賛再ブレイク中の名優マイケル・キートン。無鉄砲な新人スパイ×鬼のような指導官がバディを組む、ノンストップ・スパイ・アクション映画。

無差別テロで恋人を殺された青年ミッチ・ラップ。テロリストへの復讐を果たすためだけに、己を鍛え上げテロリストに近づく。その潜在能力を高く評価したCIAは、対テロ極秘スパイチームにスカウトをする。そこでスタンという元ネイビー・シールズで暗殺のスペシャリストの指導のもと、猛特訓を積み、テロ最前線で闘うまでに成長する。彼らの任務はテロ組織を破滅させること。ミッチは「私怨」と「使命」の狭間で揺れ動きながらも、恐るべき核テロの脅威が迫り来るが―。


テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公。
その想像を絶する運命を壮大なスケールで描く!

映画『アメリカン・アサシン

6月29日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷他 全国ロードショー

american-assassin.jp

物語・・・

旅行中に無差別テロ事件に遭い、恋人を殺された青年ミッチ・ラップ。凄まじい怒りと悲しみに駆られ、テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意した彼は、その潜在能力を高く評価したCIAの対テロ極秘スパイ・チームにスカウトされる。元ネイビー・シールズの鬼教官ハーリーのもとでハードな特訓を積んだミッチは、テロの最前線で活躍するまでに成長する。

ロシアから流出したプルトニウムで核兵器製造をもくろむテロリストの陰謀を阻むため、ヨーロッパでのミッションに身を投じていく。しかし正体不明で神出鬼没のテロリスト“ゴースト”に翻弄されたミッチは、恐るべき核テロのカウントダウンが刻まれるなか、自らの真価を試される最大の試練に直面する……。

***********************************

出演:ディラン・オブライエン(『メイズ・ランナー』シリーズ) マイケル・キートン(『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 テイラー・キッチュ
監督:マイケル・クエスタ (「HOMELAND」)

原作:ヴィンス・フリン「American Assassin」
2017年/アメリカ映画/英語/カラー/シネマスコープ/112分/R15+ 
日本語字幕:松崎広幸
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
 


ディラン・オブライエンが大変身!な特別映像が解禁『アメリカン・アサシン』


映画情報どっとこむ ralph この度、テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利⽤しようとする主人公ミッチ・ラップ。
その想像 を絶する運命を壮⼤なスケールで描くスパイ・アクション映画『アメリカン・アサシン』が 6⽉29⽇(⾦)に全国公開となり ます!  

この度、ディラン・オブライエンの、衝撃の大変身っぷりがわかる特別映像が解禁!!


冒頭ボサボサの髪に、無精髭でマシンガンを構えるミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)の姿が映し出されると、的に向かいマシンガンを連射し、さらに拳 銃に持ち替えて、安全ラインを超え突き進み銃弾を放つミッチ。次に⾃宅で上半身裸になり、怨みを晴らすかのごとくサンドバックにひたすら拳を叩きつける姿が。 そしてそんなミッチの姿を隠しカメラでとらえ、モニターで観察するCIAが映し出される。深夜にはナイフ投げの訓練に励み隣⼈に注意される姿も。追い詰められた 表情のミッチがナイフを投げた先には、恋⼈を殺されたビーチでのテロ事件の新聞記事とその⾸謀者であるテロリストの写真が…。復讐者となったミッチが⾃らを鍛 え上げCIAからスカウトされるまでのスキルを会得した、特訓シーンが凝縮された特別映像が解禁です!  『メイズ・ランナー』シリーズ(15・18)でのティーン俳優のイメージからガラッと変わった、ヒゲモジャ姿で⼀⾒するとテロリスト!?にも⾒える、ディラ ンの野性味溢れる成⻑した姿と、『メイズ・ランナー 最期の迷宮』(18)撮影時に負ったケガでの回復中の撮影だったにも関わらず、鍛え上げれた細マッチョな⾁体美 も披露しており、ファン必見の映像となっております!

映画情報どっとこむ ralph またその他のシーンの写真も合わせて⼀挙解禁!

イヤーマフ、サングラスを装着した無精髭姿で拳銃を⼿に持ち狙いを定める姿、
ジムで総合格闘技のスパーリングをこなす姿、
⾃宅でPCに向かいカタキのテロリスト との接触を図るべくアラビア語でチャットする姿、
テロリストとのコンタクトに成功しリビアに降り⽴ちテロリストたちのアジトに向かう姿。

復讐に燃えるスパイは・・・

映画『アメリカン・アサシン

公開日は6⽉29⽇(⾦)に決定

american-assassin.jp

主演のミッチ・ラップ役は『メイズ・ランナー』シリーズ主役に⼤抜擢され、ハリウッド注⽬の若⼿俳優ディラン・オブライエン。そしてミッチを鍛える ⻤のような指導官には近年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『スパイダーマン:ホームカミング』など話題作に出演し、絶賛再 ブレイク中の名優マイケル・キートン。無鉄砲な新⼈スパイ×⻤のような指導官がバディを組む、ノンストップ・スパイ・アクション映画。  

無差別テロで恋⼈を殺された⻘年ミッチ・ラップ。テロリストへの復讐を果たすためだけに、⼰を鍛え上げテロリストに近づく。その潜在能⼒を⾼く評価 したCIAは、対テロ極秘スパイチームにスカウトをする。そこでスタンという元ネイビー・シールズで暗殺のスペシャリストの指導のもと、猛特訓を積み、 テロ最前線で闘うまでに成⻑する。彼らの任務はテロ組織を破滅させること。ミッチは「私怨」と「使命」の狭間で揺れ動きながらも、恐るべき核テロの脅威が迫り来るが―。


***********************************

出演:ディラン・オブライエン(『メイズ・ランナー』シリーズ) マイケル・キートン(『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 テイラー・キッチュ 他

監督:マイケル・クエスタ (「HOMELAND」) 
原作:ヴィンス・フリン「American Assassin」 
2017年/アメリカ映画/英語/カラー/シネマスコープ/112分/R15+
⽇本語字幕:松崎広幸
配給:キノフィルムズ/⽊下グループ
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.


映画『アメリカン・アサシン』“CIA新人” が恐れ戦くシゴキ場面写真一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ・ラップ。その想像を絶する運命を壮大なスケールで描くスパイ・アクション映画『アメリカン・アサシン』が6月に全国公開となります!

主演のミッチ・ラップ役は『メイズ・ランナー』シリーズ主役に大抜擢され、ハリウッド注目の若手俳優ディラン・オブライエン。そしてミッチを鍛える鬼のような指導官には近年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『スパイダーマン:ホームカミング』など話題作に出演し、絶賛再ブレイク中の名優マイケル・キートン。無鉄砲な新人スパイ×鬼のような指導官がバディを組む、ノンストップ・スパイ・アクション映画。

無差別テロで恋人を殺された青年ミッチ・ラップ。テロリストへの復讐を果たすためだけに、己を鍛え上げテロリストに近づく。その潜在能力を高く評価したCIAは、対テロ極秘スパイチームにスカウトをする。そこでスタンという元ネイビー・シールズで暗殺のスペシャリストの指導のもと、猛特訓を積み、テロ最前線で闘うまでに成長する。彼らの任務はテロ組織を破滅させること。ミッチは「私怨」と「使命」の狭間で揺れ動きながらも、恐るべき核テロの脅威が迫り来るが―。

4月からの新社会人に送る、プロの厳しさがわかる場面写真解禁!

この度、鬼教官スタン・ハーリーの冷酷っぷりが一目でわかる、場面写真が解禁!!

「個人的感情は捨てろ」と言いながら新人スパイ、ミッチ・ラップの首をコードで締め上げる修羅の顔をしたスタンの姿から、
自室のトレーニングルームで拳銃の整備を済ませ眼光鋭く拳銃を握りしめる姿、
森の中での合同訓練でミッチ・ラップに「俺を殺せ」と襲いかかせるが返り討ちに、さらに喉元にナイフを突き立てる姿など、

どの写真も新人スパイをしごきあげ、ベテランスパイの怖さと強さをまざまざと思い知らされる、戦慄必至の内容となっております!


『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)や『スパイダーマン:ホームカミング』(17)で追いつめられた人物役の極限の演技を見せていたマイケル・キートンが、今作では新人スパイを極限まで追い詰め、パワハラ、かわいがりではすまない、新境地の“新人詰め”演技を魅せる!


またその他のシーンの写真も合わせて解禁!

PCを囲み逆探知を試みるミッチ、スタン、そして美人エージェント・アニカ(シヴァ・ネガー)の姿、イスタンブールにて張り込み調査を行うミッチとアニカと2ショット、
猛犬に追われ車の上を走り回るミッチの姿と、
テロリストを追い詰めるために翻弄するCIA極秘ミッション遂行チームでのオブライエンの奮闘っぷりが垣間見える。

映画情報どっとこむ ralph テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公。
その想像を絶する運命を壮大なスケールで描く!

映画『アメリカン・アサシン

6月より、TOHOシネマズ 日比谷他 全国ロードショー

american-assassin.jp

物語・・・
旅行中に無差別テロ事件に遭い、恋人を殺された青年ミッチ・ラップ。凄まじい怒りと悲しみに駆られ、テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意した彼は、その潜在能力を高く評価したCIAの対テロ極秘スパイ・チームにスカウトされる。元ネイビー・シールズの鬼教官ハーリーのもとでハードな特訓を積んだミッチは、テロの最前線で活躍するまでに成長する。ロシアから流出したプルトニウムで核兵器製造をもくろむテロリストの陰謀を阻むため、ヨーロッパでのミッションに身を投じていく。しかし正体不明で神出鬼没のテロリスト“ゴースト”に翻弄されたミッチは、恐るべき核テロのカウントダウンが刻まれるなか、自らの真価を試される最大の試練に直面する……。

***********************************

出演:ディラン・オブライエン(『メイズ・ランナー』シリーズ) マイケル・キートン(『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 テイラー・キッチュ

監督:マイケル・クエスタ (「HOMELAND」)
原作:ヴィンス・フリン「American Assassin」

2017年/アメリカ映画/英語/カラー/シネマスコープ/112分/R15

日本語字幕:松崎広幸
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved. 


関ジャニ∞(渋谷すばる、安田章大、大倉忠義)スパイダーマンと初対面!


映画情報どっとこむ ralph マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、15歳の高校生スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』。
公開初日を記念して『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンアンバサダーを務め、日本語吹替版主題歌を担当する関ジャニ∞のメンバーが登壇しての舞台挨拶が行われ、遂にスパイダーマンとの初対面を果たしました。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』初日舞台挨拶
日程:8月11日(祝・金)
場所:TOHOシネマズ 日劇
登壇:関ジャニ∞(渋谷すばる、安田章大、大倉忠義)

映画情報どっとこむ ralph 公開初日となったこの日、全国で779スクリーンでの公開が行われ、早くも興行収入40億円を超える勢いのスタートを見せている『スパイダーマン:ホームカミング』。

そんな中、3月のジャパンアンバサダー就任以降、LAで行われたワールドプレミアでの渋谷と大倉の現地でのレポート、さらには、日本語版完成披露試写で安田が作詞・作曲を手掛けた日本語版主題歌「Never Say Never」の観客の前でのサプライズ披露など、さまざまな形で本作を盛り上げてきた関ジャニ∞のメンバー。そして、集大成となる初日舞台挨拶に渋谷、安田、大倉のメンバー3人が登壇すると、映画を鑑賞し終え、興奮状態の観客からは悲鳴にも似た大きな歓声が巻き起こった。

この日、ジャパンアンバサダー就任時と同じ、赤と青のスパイダーマンをイメージしたスーツで登壇したメンバーは、公開初日を迎え、

渋谷さん:初めてメンバー(安田)が作った映画の主題歌を歌うこともそうですが、聞いていただいてうれしく思います。

と渋谷が語れば、

安田さん:とにかく映画を届けられることがうれしいです!

続けて、

大倉さん:(渋谷)すばる君とLAプレミアにいっていたので、映画に出ているわけではないのですが、公開するのが楽しみでした。今日、ほんとに感激しています。

とそれぞれコメント。本作の日本吹替版主題歌である「Never Say Never」をわずか3日で制作した安田さんは自身の楽曲が映画のエンドロールに流れた感想を

安田さん:関ジャニ∞の歌が流れということで予想外で人生プランにないことだったのでうれしく思います。Chance(好機) challenge(挑戦) chain(絆)のキーワードをもらって自分たちの歩んできた道に重ねました。関ジャニ∞がこれまで多くのチャンスや挑戦する場をもらって失敗をし、苦悩や葛藤をしながらも絆を深めて、少しずつ成功するようになってここまでこれた経験を被らせて作りました。

と自信に満ちた表情で語ると、レコーディングでは歌詞の多さ悪戦苦闘していた大倉さんは

大倉さん:ヤス(安田)ってたくさん言葉を知っていたんだとビックリした。

と会場を笑わせると、

安田さん:今までにない曲調でみんな苦しんでいた。自分のパートが難しかったので歌えた時は嬉しかった。

と感想を語る一方、レコーディング時間20分という早さで終えた渋谷さんは

渋谷さん:すごく力強い曲なので、歌ってみて気持ち良かったです。

というと安田は嬉しそうに反応していた。

映画情報どっとこむ ralph そんな、

「Never Say Never」の歌詞の一節である“CRYして塞いでもTRYする価値がある”になぞり、メンバーそれぞれに歌詞同様の価値があるものについて質問が及ぶと

安田さん:この曲を作らせてもらったこと。

と語る一方で、

渋谷さんと大倉さん:LAプレミアでヒロイン・リズ役の(ローラ・ハリアー)を見たり、アイアンマンことロバート・ダウニーjr.に話しかけることが出来たことに価値があった。

と口を揃え、さらに本作の魅力や好きなシーンついて

安田さん:ピーターとトニー・スタークの車中ハグシーン。新喜劇みたいで声を出して笑ってしまったと!

と語れば、大倉は最後のシーンを、渋谷はヒロイン・リズの可愛さを絶賛していた。

続けて、

安田さん:最初は右も左もわからない新人。チャレンジすることの大切さ、失敗してもあきらなめないで信念を持って取り組むことを大事にしてほしい。年齢問わず楽しめる作品で、関ジャニ∞もスパイダーマンを応援しています。主題歌の「Never Say Never」も聞いてください。

と観客に想いを告げると場内は歓声に包まれた。

そして、イベントの終了後にはスパイダーマンがサプライズで登場!
3人は興奮!舞台上で、遂に初対面を果たしたスパイダーマンからこれまでのアンバサダー活動を労われ、さらにスパイダーマンの顔を模った巨大ケーキが贈られ・・・
場内は再び歓声に包まれ舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『スパイダーマン:ホームカミング』

ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まる――。
ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

公式サイト:
Spiderman-Movie.JP 

公式Facebook:
@SpiderManJapan 

公式Twitter:
@spidermanfilmjp
#スパイダーマン

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』) キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


マクドナルド革命前夜! 『ファウンダー ハンバー ガー帝国のヒミツ』本編特別映像


映画情報どっとこむ ralph 『ウォルト・ディズニーの約束』『しあわせの隠れ場所』のジョン・リー・ハンコック監督、『バードマン あるいは(無知がもた らす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートのマイケル・キートンを主演に迎えた最新作、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国公開となります。
THE FOUNDER



その本編特別映像が公開。

マイケル・キートン演じるレイ・クロックが、マクドナルド兄弟のもとへ赴き、 店舗のフランチャイズ化を持ちかける。レイのあまりの迫力と熱意に圧倒 されるが、どこか胡散臭いセールスマンの雰囲気が漂うレイの提案に堅 実なマクドナルド兄弟はなかなか首を縦に振らない。レイは「神を冒涜す る気はないが―アーチに通じるものがある」と〝マクドナルド“という店が、 アメリカの信念の象徴である、<国旗>と<教会>に匹敵すると演説を ぶつ・・・。
アメリカ中西部にあった小さなハンバーガーショップがやがてアメ リカ全土、世界へと広がることになるが、その決定的瞬間とも言えるかもしれない。マクドナルド兄弟のみならず、 観ている観客もレイ・クロックというカリスマ性を秘めた男に心を掴まれる瞬間を垣間見るそんな映像です。

映画情報どっとこむ ralph ファウンダー ハンバー ガー帝国のヒミツ
原題『The Founder』

7月29日(土)、角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国ロードショー

公式サイト:thefounder.jp

サラリーマン人生も半ばを過ぎた50代にして鳴かず飛ばずのミキサーのセールスマンだったレイ・クロック(マイケル・キートン)に運命的 な出会いをもたらしたのは、カルフォルニア州南部にあるバーガーショップ”マクドナルド”を経営していたマック&ディック兄弟だった。

その革 新的なシステム<スピード・サービス・システム>を目の当たりにしたことで彼の人生は一変。

この事業に勝機を見い出し、熱い情熱で 挑戦を続け、世界有数の巨大企業を築き上げた彼は英雄なのか。それとも、欲望を満たす為にすべてを飲み込む冷酷な怪物なのか。

***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/
© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA