「マイク・シェーラー」タグアーカイブ

“飛べないカラス”山寺宏一の美声が響く!『小さい魔女とワルプルギスの夜』本編映像到着


映画情報どっとこむ ralph 全世界47ヶ国で翻訳され、60年間世界中で愛され続けている児童文学の傑作「小さい魔女」(学研プラス刊)。本国ドイツでは『ハイジ アルプスの物語』を超える大ヒットとなった映画が、『小さい魔女とワルプルギスの夜』のタイトルで、11月15日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開となります。
小さい魔女とワルプルギスの夜 (1)[1] 宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』にも影響を与えた世界的児童文学作家、オトフリート・プロイスラー。「大どろぼうホッセンプロッツ」、「小さいおばけ」など、誰もが一度は読んだことのある児童文学を生み出してきたプロイスラー作品の中でも一番有名な「小さい魔女」が遂に実写映画化!手がけたのは『パディントン』『ハイジ アルプスの物語』などを送り出してきたスタジオカナル。半人前の“小さい魔女”と相棒であるカラス・アブラクサスの成長を描いた至極のファンタジーが、いよいよ日本に上陸! 吹き替え版では127歳でありながら未だに半人前の“小さい魔女”を坂本真綾、そして100年以上飛んでいないおしゃべりカラス・アブラクサスを山寺宏一が担当し、この秋、家族で楽しめる上質な一本となっている。

“大きい魔女”だけが招待される魔女にとって大切なお祭り<ワルプルギスの夜>に忍び込んだ罰として、1年間で7,892個の呪文を覚えることになった“小さい魔女”。彼女の相棒のアブラクサスは、カラスでありながら“小さい魔女”に助言や苦言を呈する父親のような存在でもある。しかし、アブラクサスも完璧なカラスではなく、実は外の世界が怖くて100年間も飛んでおらず、飛び方を忘れてしまっていた。ほんの少しの動きで様々な感情を見せるアブラクサスは、一部をCG加工しているものの基本的には精巧に作られたパペットが使用された。オールCGではなく、リモコン操作で胴体と頭を20通りに動かしたり、ウインクもできるアニマトロニクスパペットと撮影することで、“小さい魔女”を演じたカロリーネ・ヘアフルトの演技もより表情豊かになったという。

そんなユニークなアブラクサスが、<良い魔女>になるため日々奮闘している“小さい魔女”のために128本のロウソクを準備し、自慢の歌で誕生日を祝う「サプライズバースデー」のシーンが解禁!アブラクサス演じる山寺宏一の美声が響く、幻想的でキュートな映像です!


映画情報どっとこむ ralph 『小さい魔女とワルプルギスの夜』

11月15日(金) よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー

公式サイト:
littlewitch-movie.jp


<STORY>
森の奥でカラスと暮らす “小さい魔女”の夢は、魔女のお祭り“ワルプルギスの夜”に招待されること。しかし、参加できるのは大きい魔女だけ。127歳の“小さい魔女”はまだまだ半人前で、今年も招待状は届かない。
 あきらめられない“小さい魔女”は、こっそりと祭りに忍び込む。だが、喜んだのも束の間、ルンプンペルおばさんに見つかってしまった。大目玉を食らいながらも、何とか一番えらい“大きい魔女”から、来年の〈ワルプルギスの夜〉で〈良い魔女〉のテストに合格したら、踊ってもいいと約束してもらう。ただし、もし出来なければ、恐ろしい罰が待っている。
 帰宅した“小さい魔女”は、さっそく“大きい魔女”から渡された〈魔法辞典〉を開き、1年で7,892個の呪文をすべて覚えるという宿題に取りかかる。果たして、小さい魔女は無事に〈良い魔女〉になれるのか……。

***********************************


監督・脚本:マイク・シェーラー
出演:カロリーネ・ヘルフルト、ズザンネ・フォン・ボルソディ、アクセル・プラール(声)
日本語吹替キャスト:坂本真綾 山寺宏一
2018/カラー/5.1ch/ドイツ・スイス/ドイツ語/103分/原題:Die kleine Hexe
日本語字幕:吉川美奈子 配給:ショウゲート 配給協力:イオンエンターテイメント
原作:オトフリート・プロイスラー「小さい魔女」(学研プラス刊)
© 2017 Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Zodiac Pictures Ltd / Studiocanal Film GmbH / Frank-Markus Barwasser – All Rights Reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ