「ポンチョに夜明けの風はらませて」タグアーカイブ

太賀もはしゃぐ!忘れらんねえよライブつき上映『ポンチョに夜明けの風はらませて』イベント


映画情報どっとこむ ralph 将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たち。彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。廣原監督のもとに太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さん、染谷将太さん、佐津川愛美さん、阿部純子さんら若手実力派俳優が集結しました。『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。


この度『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)公開に先駆けて、主題歌「明日とかどうでもいい」を書き下ろした、忘れらんねえよライブつき上映イベントを実施。ライブからスタートした本イベントで、「スマートなんかなりたくない」、「世界であんたは一番綺麗だ」、「いいひとどまり」の3曲が披露され、ラストに「明日とかどうでもいい」が始まると、客席後方からスタッフに担がれた太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さんが登場。
大盛り上がりの観客たちとハイタッチをしながら、忘れらんねえよのステージに登り、バンドメンバーとキャストによる一夜限りのコラボが実現しました。

日時:10月17日(火)
場所:タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
登壇者:太賀、中村蒼、矢本悠馬、忘れらんねえよ(柴田隆浩、梅津拓也)、廣原暁監督
MC:角田晃広(東京03)

映画情報どっとこむ ralph ライブ後には本作でラジオDJ・ジャミラ役として声の出演を果たした角田晃広(東京03)さんがMCを務め、太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さん、忘れらんねえよさん、廣原暁監督による爆笑トークイベントを行いました。


MC角田:今回、忘れらんねえよさんは映画のために書き下ろしたんですよね?MVにもキャストの方が出ているということで。演出も廣原監督ということで、映画とコラボということですが撮影はどんな感じでしたか?
太賀さん:めちゃくちゃ楽しかったです!
MC角田:大騒ぎで本当に楽しそうでしたよね。
柴田さん:この人(梅津)、撮影が楽しすぎてベースを叩き割ってましたからね(笑)
梅津さん:楽しすぎて、撮影の序盤でもう壊しちゃいました。
MC角田:ライブでも楽器を壊すという場面は見ますが、終わった後に後悔することなんかあるんじゃないですか?
梅津さん:後悔は特には無いんですが、結構カッコよく壊したんですけど、その映像が全然使われてなくて…。補修されたガムテの跡だけが残ってて(笑)
MC角田:監督!クレームが入りました!
監督:壊してる時に梅津さんを撮ってなかったんですよ。まさか壊すとは思っていなくて、みんなびっくりして…
柴田さん:最後はみんなでプールに飛びこんで。3人だけ入る予定だったのに、盛り上がって、みんなで入って抱き合って、「やべえ!」ってね!
MC角田:楽器ごと飛び込んでましたよね?
柴田さん:まあ、借りた楽器なのでね(笑)
MC角田:監督は撮影の苦労などありましたか?
監督:責任重大な仕事だと思ってたんですが、本当に楽しくて、幸福な現場でした。


映画情報どっとこむ ralph MC角田:映画も主題歌も青春がテーマですが、皆さんの青春時代はお聞きしても?太賀さんはバンドをやっていたという情報がありますが
太賀さん:中学生の頃、結成しては解散してました。バンド名がやばくて…最初は「モスキートノイズ」。
中村さん・矢本さん:やばいね〜(笑)
MC角田:中二の臭いがしますね。
太賀さん:それは1ヶ月で解散して。その次が「ヌードトランプ」。
MC角田:絶妙にダサい(笑)!
太賀さん:その後が「ゴールドアンダーヘアーズ」。ずっと下ネタが続いて、最後は「森羅万象」。漢字になりました(笑)。
MC角田:なんでそんなに解散しちゃうんですか!?
太賀さん:僕も含めて、みんな下手すぎて。スタジオに入ったはいいんですけど、どうにもならない。どんなカバーをしてもなんのカバーにもならない。そして空気悪くなって解散(笑)
MC角田:いっぱい組んで解散した思い出なんだね。担当は?
太賀さん:足りないとこやってました
MC角田:弾けるならかっこいいけど…
太賀さん:まったく弾けてない(笑)
梅津さん:MV撮影のとき様になってましたよ。
柴田さん:ゴールドヘアーズが続いてたら売れてたと思うよ。
太賀さん:じゃあ、再結成しようかな(笑)。いつも気持ちだけはあるので!

MC角田:中村さんと矢本さんはバンドは?
中村さん:一切無いです。中学時代はサッカー部でした。
全員:鬼モテじゃん!
中村さん:いやいや!中学なんて女子と「おはよう」とかも話さなかったです。
柴田:めっちゃいい感じですね!好感度上がりました!
中村さん:ありがとうございます(笑)
矢本さん:僕も中学でサッカーをやってました。大好きだったのに、映画『ピンポン』を観て翌日、卓球部に入っちゃって。『ピンポン』を観た全員が、サッカー部から卓球部入って、弱小から強豪になったという(笑)
梅津さん:剣道部。夏は汗臭い持てはない。
柴田さん:僕はテニス部。中学の頃、スラダンの影響でバスケ部の補欠。高校は「テニスの王子さま」の影響ででテニス部
に…
矢本さん:僕もです!ブーメランスネイクを打つのが夢で、高校はテニス部入りました!
監督:バスケ部で一生懸命やりすぎて年間で3回骨折しました。部活は応援か筋トレだったんですけど、体育のバスケの授業でジャンプボールした瞬間、審判と当たって…

MC角田:バスケ部なのに!?理由がダサすぎる!
監督:泣きながら先生に謝りました(笑)

映画情報どっとこむ ralph MC角田:主題歌を書き下ろされた映画の感想はいかがですか?

柴田さん:面白いし、ちゃんとエンターテインメントとしてど真ん中で、役者さんの演技も熱量もこもっていて、王道の青春の面白さ。でも、それだけじゃない深みもある。静謐な悲しさが根底に流れてます。すごくいいですよ!

監督:主題歌が素晴らしくでて、そのおかげでこの映画の切実な部分、必死さを引き出してもらったという感触があります。「明日とかどうてもいい」が劇中でどう使われているのか、注目して観て頂ければ嬉しいです。


物語・・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊) 監督:廣原暁  脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC) 
配給・宣伝:ショウゲート 
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
     


『ポンチョに夜明けの風はらませて』 廣原暁監督 特集上映が決定!


映画情報どっとこむ ralph 早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生、又八、ジン、ジャンボの3人。
彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。廣原監督のもとに太賀、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太、佐津川愛美、阿部純子ら若手実力派俳優が集結しました。

この度、撮影現場写真が解禁。
自他共に認めるカメラ好きの太賀の師匠でもある三宅氏による、劇中のドタバタぶりとはちょっと違う、 “ズッコケ3人組”のクールな姿です。

映画情報どっとこむ ralph また、新宿武蔵野館では本作の公開を記念して、廣原暁監督作品の特集上映が決定! 大学の卒業制作作品で、海外の映画祭、そして黒沢清監督が絶賛した『世界グッドモーニング!!』を始め、『HOMESICK』、『返事はいらない』など全9作品が、10/21(土)より1週間限定で上映となります。10/25(水)には、太賀、廣原監督、そして太賀が出演し公開が控えている『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督によるトークイベントを実施致します。自身も大学の卒業制作作品が海外の映画祭で受賞し注目を浴びた冨永監督は、廣原作品をどう見たのか!? 映画ファン必見のトークイベントとなります。

『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開記念トークイベント

日時:10月25日(水) 『世界グッドモーニング!!』 20:45の上映回 上映終了前
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F)
※廣原監督特集上映及び、本イベント詳細は劇場HPをご参照ください

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美

原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊)
監督:廣原暁
脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
配給・宣伝:ショウゲート
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会


『ポンチョに夜明けの風はらませて』忘れらんねえよMVでコラボ!


映画情報どっとこむ ralph 早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10月28日(土)より公開となります。
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たち。彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービー。廣原監督のもとに太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さん、染谷将太さん、佐津川愛美さん、阿部純子さん ら若手実力派俳優が集結した作品です。

そして主題歌「明日とかどうでもいい」を歌うのは、ロックバンド忘れらんねえよ。

この度、その主題歌となる「明日とかどうでもいい」のミュージックビデオが完成しました。映画を撮った廣原暁監督の演出のもと、映画キャストの太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さんが出演し、忘れらんねえよとの初コラボが実現しました。

ペンキで選挙ポスターに落書きをして警察に追いかけられ、行き着いたプールで青春を爆発させるようにパーティーで大熱唱!忘れらんねえよのファンとして公言もしている萩原聖人も選挙ポスターで特別出演しています。

映画情報どっとこむ ralph 廣原暁監督コメントが届いています。

廣原監督:サイレント時代のコメディー映画のような、見ていて楽しくなるものを目指しました。

太賀君、矢本君、中村君の、無邪気で溌溂とした笑顔。忘れらんねえよさんの、感動と笑いが同時に湧き上がってくるような、魅力に満ちた演奏パフォーマンス。

とても幸福な撮影現場でした。短いながらも見所は多いので、みなさんも見て、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph ポンチョに夜明けの風はらませて

10月28日(土)新宿武蔵野館他にて全国ロードショー

物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美

原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊) 
監督:廣原暁
脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会 
企画・制作:RIKIプロジェクト
配給・宣伝:ショウゲート
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会


太賀と原作:早見和真がHMVトークイベントに登壇『ポンチョに夜明けの風はらませて』


映画情報どっとこむ ralph 早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たち。彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。

廣原監督のもとに太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さん、染谷将太さん、佐津川愛美さん、阿部純子さんら若手実力派俳優が集結しました。

この度公開に先駆けて、書店イベントを実施し、主演の太賀と、原作の早見和真が登壇。

「原作」とは呼べないほどに大胆な脚色に、一部で話題の本作について、「原作にテーマが10個あるとしたら、その中の1つを輝かせるために頑張ってくれた。僕の書いた又八は、太賀の又八で間違いないし、いい意味でヘンテコで、そこに高校生4人が宿っているいい映画」と原作者が太鼓判を押しました!


『ポンチョに夜明けの風はらませて』書店イベント
日時:10月11日(水)19:30~20:00
場所:HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
登壇:太賀、早見和真

映画情報どっとこむ ralph 「ひゃくはち」に続いてのタッグですね。

太賀さん:早見さんとは2008年に出演させて頂いた「ひゃくはち」以来です。

早見さん:高校野球を舞台にした「ひゃくはち」というデビュー作をいきなり映画にして頂いた。主役級以外の子たちは遠い存在だったけど、太賀くんはすごく印象に残ってた。1シーン、2シーンくらいのセリフなのに、すごく鮮烈に覚えてる。この子はきっと売れるんだろうなと、思ってました。実は「ひゃくはち」は、太賀主演説もあったんだよね。

太賀さん:それを聞いて斎藤(嘉樹)君はどんな気持ちでいるんだろう…

早見さん:斎藤だからいいかなって(笑)

太賀さん:なんで俺にしてくれなかったんですか! と、そこはぐっとこらえて素直に嬉しいです(笑)


映画情報どっとこむ ralph 本作の原作「ポンチョに夜明けの風はらませて」を書かれたきっかけは?

早見さん:僕の小説としての原体験は「ひゃくはち」です。でも、「いつまでもこのテーマではやれないな」と思ってました。だからこそちゃんと清算したい、どこかできちんと閉じたいと思っていた。だから、「ひゃくはち」と同じ、男の子4人の物語を書きたかった。主演は太賀君と聞いてめちゃくちゃ嬉しかった。プロデューサーは現役の高校生ではない俳優でのキャスティングに不安があったみたいですが、僕は全然信頼していた。映画の感想として「おっさんが高校生を演じてる」という人もいるらしいけど、僕にはちゃんと高校生に見える。そこに太賀君の魅力がある。高校生も30代の役もこなせる、面白い役者だと思う。
ところで実際どういう経緯でこの話を受けたの?

太賀:撮影の1年くらい前にプロデューサーから脚本をもらいました。勉強不足で廣原監督のことは知らなかったのですが、原作が早見さんで、プロデューサーが「ひゃくはち」の永井さんということで即決で出たい!と。高校生役についての抵抗や気負いは正直なかったですね。脚本を読んで、素直に又八という役に対して眩しい、魅力的だなと思いました。

早見さん:ところで、俺のこと苦手だよね?

太賀さん:恐れず言うと…怖い(笑)。隠してるわけではないのに自分の未熟さがバレるというか。眼差しの鋭さに足がすくみます。

早見さん:何度か飲んだんだけど、屈託なくないんですよね(笑)もう一人、共通の知り合いに石井裕也監督もいるんですが、石井さんも苦手だよね(笑)?

太賀さん:苦手とかじゃなくて!生半可なことは言えないな、と。リスペクトしている分、中途半端な自分で居られない。今日のトークも一ヶ月前から震えてたんですよ。プロデューサーからも「早見さんは、鋭く来るよ」と言われてたし…(笑)

早見さん:僕は本当に太賀ファン。僕は素人だし偉そうに言えないけど、着実に進んでる。同世代の役者が脚光を浴びていくことをどう見ているんだろうと思ってた。染谷くんとか同級生だけどどう?

太賀さん:将太は高校の同級生だし、その中では一番最初に日の目を浴びた存在。すごく羨ましくも、悔しくもあった。今は、比べてもしょうがない。どうあがいても彼にはなれないし、と思うんですが。彼、彼らに対してではなく、「演じる役」に対して僕は嫉妬していたんだと思います。でもそれは彼らだから演じられた。そういう大事なことを見逃していたんじゃないかなと。役の巡り合わせとか、それは縁なんじゃいかなと、どしっと構えられるようになりました。

早見さん:太賀君の出演作品を観すぎて、もうしばらく観たくないと思いましたが、観ながら書いたメモに「10時間見てられる」とあった。それが太賀の特性じゃないかなって。実際に10時間観たら嫌になるだろうけど(笑)

映画情報どっとこむ ralph 完成した「ポンチョに夜明けの風はらませて」を観た感想は?

太賀さん:僕はめちゃくちゃホッとしました。又八という主人公は周りが全然見えてなくて、目の前のことを楽しむことをテーマにアプローチした。客観性とかをまったく考えてなかったので、怖くて仕方なかった。でも、映画を見てその役割をしっかり監督が拾ってくれてました。それがホッとしたという一番の理由です。

早見さん:原作者としてもホッとした。製作陣はしきりに気にするんですが、全然原作と違うんですよ(笑)。なんですけど、みんなが思うほど違うと思ってない。決定稿までに、もっともっと違う、迷走した脚本を山ほど読んできた。監督の苦しみの過程をずっと見てきたし、最後に原作にすがってくれたのが見て取れた。原作にテーマが10個あるとしたら、その中の1つを輝かせるために頑張ってくれた。だから、原作読んで全然違うと思われるかもしれませんが、原作者としては全然そんなことは思ってない。僕の書いた又八は、太賀の又八で間違いないし、いい意味でヘンテコで、そこに高校生4人が宿っているいい映画。ぜひ見て欲しいなって思います。

太賀さん:今回撮影に入るにあたって、原作を読まずにやらせてもらいました。それは自分なりの決意表明で、又八という役を読んだ時に守りに入りたくなかったんです。持ち合わせたすべてでぶち当たりたかった。主人公を演じることはそこまで多くはないので、ひとつの正念場だと感じて臨みました。映画ができあがって原作を読みましたが、びっくりするくらい話し違って、「こんなに違うんだ!?」と(笑)。早見さんがおっしゃってたように原作と映画は別物でもあるけど、どちらも「ポンチョに夜明けの風はらませて」である、と。

早見さん:中村(蒼)くんとも「ひゃくはち」以来だし、10年前に出会って今回で一つの結晶になってる。またやろうね。今度は高校生以外で(笑)

太賀さん:ありがとうございます!

映画情報どっとこむ ralph ポンチョに夜明けの風はらませて

物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。



***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊) 
監督:廣原暁  
脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会 
企画・制作:RIKIプロジェクト 
配給・宣伝:ショウゲート 
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
       


太賀、中村蒼、矢本悠馬「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露


映画情報どっとこむ ralph ただなんとな~く青春を過ごしてしまった高校生3人が、卒業間近にあてのない、ハチャメチャな旅に出る物語。

早見和真先生の同名小説を、世界が注目する新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露イベントが行われ、ハチャメチャ高校生を演じた大人な3人、太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さんと黒沢清監督の生徒だったh0音策監督廣原暁監督が登壇しました。

映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露イベント
日時:9月12日(火)
場所:新宿武蔵野館
登壇:太賀、中村蒼、矢本悠馬、廣原暁監督

映画情報どっとこむ ralph 太賀さん:今日は一足先に見に来ていただきありがとうございます。いろんな世代の方々に観ていただきたい作品です。

中村さん:無事に完成しまして、皆さんに観ていただけるのが嬉しいです。

矢本さん:完成したものを観ていただくと年代によって見え方が違うようです。感想が楽しみです!

廣原監督:素晴らしい俳優と出会えて一生懸命作った映画です!最後まで楽しんでください!

本作への想いを。。
太賀さん:今回お話をいただいて嬉しくて。物語の面白さも監督とも面白くできるのじゃないかと引き受けました。自分のすごした青春とは全然違いますが、新たな青春を追体験したようでした。実は・・・・完成したもの観てものすごくホッとしました。演じてるときは、明日のことを顧みない役だったので、映画の全体像をあえて見ないで撮影にのぞんだので、出来上がったのを観て「いい映画」だったんだと気づきました。

監督:(大爆笑)

中村さんの学ランが似合っていたのですが・・・というMC。

中村さん:2人といると違う世界に連れて行ってくれる感じで、僕も役を楽しみました。それは、転校していて、楽しさが少ない高校生だった気がするんです。高校時代を謳歌した覚えがないので。今回ハチャメチャが出来て、できなかった青春を疑似体験した気がしました。出来上が他のを観てですか?太賀と一緒でホッとしました。

監督:(苦笑い)

一方矢本さんは心優しいムードメーカー役。

矢本さん:台本を読んで、このキャラはかわいく演じたいなと。僕の引き出しに持っているKAWAIIを全部引っ張り出してめっちゃブリコしました。全編みて・・・僕もホッとしました。

3人に出来上がりをホッとされた監督。今回初めて原作ものを手掛けたそうで、
監督:原作小説が面白くて、これはいいなと思って映画にしようと思ったんですが・・・じつは、小説ほどの思い切りの良さは映画では出せないんです。そこで試行錯誤して、小説の魂・心意気を活かしながら、映画としてキャラクターを生きさせたいなと。頑張りました。

映画情報どっとこむ ralph 今回高校生役だった三人、高校時代を振り返って・・部活動は?

太賀さん:部活は入ってなくて、同級生と映画撮ろうと。一緒にやった相方が同級生の染谷君でした。脚本書いたり、撮影したり。今回、一緒だったので不思議な感じでした。

高校時代がネガティブな思い出の中村さんは
中村さん:もちろん部活は、入ってないし、スポーツも勉強もできなかったし。。。何もできない。友達も少ない・・・(笑)。東京の遊びについていけませんでした。でも、やり直せるなら高校時代やり直したいです。

と、無駄にイケメンな青春を過ごしてしまった中村さんに対し、矢本さんは

矢本さん:僕はテニス部。レギュラーで!もてました。蒼君とは正反対な青春を謳歌しました。

好きだったアイドルを聞かれて・・・・

太賀さんは蒼井優さんで、共演したときはヤバいと思ったそうで気に入られようとしたそう。中村さんは、憧れはKRAVAさんで東京のシティーボーイでカッコいいなと思っていたそう。矢本さんは小学生のころキャメロンディアス、高校生で柴崎こうさんで、今は乃木坂46に落ち着いたそう。

映画情報どっとこむ ralph そして、高校時代のハチャメチャエピソード

中村さん:ルール破ったことないんです。あえて言うと、一人暮らしの時に友達と夜騒いで、大家さんに怒られたことですかね。

と、あくまでもまじめなかわいいエピソードを披露する中村さん。

矢本さん:学園祭のオブジェを作ったのにハイになって壊して・・・無茶しました。

太賀さん:蒼井優関連。高校時代の友達の名前に蒼井優を使ってました。着信に蒼井優。父はジョージクルーニーで母はスカーレット・ヨハンソンに今でもしています。

と、面白エピソード。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

太賀さん:この映画が完成して、僕たちなりに青春を追体験して楽しみながら、そして観ていただくために表現しました。受け止め方は色々だと思いますが、共感してもらったり、懐かしく思ったり。女性は男たちの青春を小ばかにしながらも可愛いと思ってくれたらと思います。
監督:リアルな高校生でなかったので、これだけ弾けた映像が撮れたと思います。バカバカしいものを沢山詰め込みました。3人がそのバカバカしいものを演じてくれて、切実な何かを探しているのを感じました。皆さんにも、何かを感じていただければと思います。



物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太
佐津川愛美 阿部純子/角田晃弘(東京03)/佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社)

監督:廣原暁 脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
音楽:渡邊崇 青木健
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
企画・製作:RIKIプロジェクト 配給:ショウゲート

(C)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会