「ポレポレ東中野」タグアーカイブ

”知られざる歌”を巡る音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律』予告解禁&公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 人生の歌、友愛の歌、仕事の歌、苦い記憶の歌―

すべてを歌にのせて人々は生きていく。

”知られざる歌”を巡る音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律(しらべ)』の公開日が10月6日(土)に決定。加えて、本映画の予告編が解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph
インド東北部、ミャンマー国境付近に位置するナガランド州。そこに広がる棚田には、いつも歌が響いている。村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた棚田の準備、田植え、穀物の収穫と運搬といった作業を、“組(ムレ)”というグループごとに手作業で行っている。そして、その作業の間はいつも歌を歌う。

この度、解禁された予告編では、その一部を垣間見ることができる。「私たちに怠けている時間はない」と復唱しながら急な棚田をの草を刈っている女性たちのグループ。猛々しい歌にあわせて、泥水を耕す男性のグループ。「リ」と呼ばれるこの歌は、一人が時に即興的に歌詞を紡ぎながら、それに集団が呼応して進行していく。体の動きにあわせるように歌われるその姿を見ると、彼らの労働と歌が切り離せない形で繋がっていることに気付くはず。



そして、歌は労働のことだけが歌われるのではない。
それは例えば幸せな時、「私たちは恋人に向けて恋の歌を歌う」とある女性は話す。続く場面では、「あなたがいないと私には何もない。一緒にいられれば、これ以上のことはない」と歌いながら女性たちが田植えをしている姿をみることができる。反面、「歌うどころか話すことさえ不可能だった」と話す男性。この地域は、1950年代からナガの独立運動を巡って激化したインド軍との長きに渡る銃撃戦が行われていた。古来から受け継がれ歌い継がれる歌は、半世紀に及ぶ独立闘争を越えて存在する。
共同監督の、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールは、インドの南部出身。ナガランドに古くから伝わるこの音楽に魅了された彼らは、2011年より断続的にその地を訪れ、そこに生きる人々の生活と山々に広がる棚田の雄大な風景や季節の移り変わりをカメラに収めた。


予告編の最後に女性が語る台詞が印象的だ。「もし、あなたがいなければ、真実の愛はみつけられない」という彼らの歌の一節を紹介し、それは「愛する人だけじゃなく、音楽についても言えるわ」と語る。人と共に生きることの大切と共に、彼らが音楽や歌うことをとても大事に思っていることがよく分かるエピソードだ。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞のW受賞したのを始め、世界各国の映画祭で人々を静かに深く魅了した音楽ドキュメンタリーが遂に日本公開となります。

あまねき旋律(しらべ)
原題:kho ki pa lü
英題:Up Down & Sideways

10月6日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー!以降全国順次公開

公式;:
amaneki-hirabe.com

***********************************


監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール
製作:ウ・ラ・ミ・リプロジェクト
配給:ノンデライコ
2017/インド/83分/チョークリ語/16:9/カラー
©the u-ra-mi-li project


戦場ジャーナリスト桜木武史『ラジオ・コバニ』公開初日で「奮闘する人々の姿に胸を打たれた」


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラジオ・コバニ』は、「イスラム国」(IS)との戦闘により瓦礫と化したシリア北部の街コバニでラジオ局を開設し、番組「おはようコバニ」でDJを務めた20歳の大学生ディロバンを追ったドキュメンタリー。 2018年5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野にて公開となりました!

そしてその公開を記念し、戦場ジャーナリスト桜木武史さんが登壇しての初日イベントが行われました!

日時:2018年5月12日(土)
会場: ポレポレ東中野
ゲスト: 桜木武史(ジャーナリスト)

桜木武史(ジャーナリスト)プロファイル
1978年、岐阜県高山市生まれ。東海大学文学部広報メディア学科を卒業後、フリーランスのジャーナリストとして、主に南アジアの国々に取材に出掛ける。取材先はインド、パキスタン、アフガニスタンがある。2010年末から中東で起きた「アラブの春」に関心を持ち、2012年3月から2015年4月まで計5度に渡り、シリアに足を運ぶ。2005年11月、インドのカシミールで戦闘に巻き込まれ、重傷を負う。その体験をまとめた著書、『戦場ジャーナリストへの道―カシミールで見た「戦闘」と「報道」の真実』(彩流社)がある。最新刊は『増補版 シリア戦場からの声』(アルファベータブックス)。

映画情報どっとこむ ralph 「クレイジージャーニー」でお馴染みの戦場ジャーナリストの桜木武史さんがイベントに登場!

実際にコバニで撮影した写真や動画をスクリーンに映しながら当時の街の状況など解説した。

映画が撮影されていた時期と同時期でもある、2015年の4月に コバニに訪れた桜木さん。

桜木さん:イスラム国(IS)が街を撤退したその2か月後。ちょうど復興がはじまりだした時期に僕は訪れたので、今日また改めて映画を観て、復興への道のりの険しさ、それを乗り越えようと奮闘する人々の姿に胸を打たれ、励みになりました。

と感想。続けて当時の状況について

桜木さん:アメリカの空爆、「イスラム国」(IS)の自爆テロ、激しい市街戦でコバニは街の70%が全半壊していていました。人が戻ってきてもいいように、食べ物などの工場が再開していましたが、資材や食料、ガソリンやガスなどの燃料は全て密輸に頼っていました。

と解説。

映画に登場するクルド女性防衛部隊(YPJ)の活躍について

桜木さん:コバニでは当たり前のように女性が活躍しています。それは ” 男女平等”という考えかたからで、女性も銃を持ちます。家事をする男性いれば、武器を握る女性もいます。

と説明。

最後に、・・・
何故シリアについて興味を持ったのかの問いに

桜木さん:2012年の春にダマスカスに訪れてからです。命をかけても守りたい自由や、尊厳。そして、人が無差別に殺されすぎているのを見て、伝えたいと思ったのがきっかけです。

と熱く語りイベントを終えました!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラジオ・コバニ

は、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか絶賛公開中。

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/kobani/

Twitter:
@RadioKobaniJP



ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街・コバニで手作りのラジオ局をはじめる大学生のディロバン。
ラジオから聞こえる彼女の「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける―。

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。
生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。
監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。
地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。
本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

***********************************

監督・脚本:ラベー・ドスキー
(2016年/オランダ/69分/クルド語/2.39:1/カラー/ステレオ/DCP)
配給:アップリンク
字幕翻訳:額賀深雪
字幕監修:ワッカス・チョーラク


3/8は国際女性デー:シリア国境の町でラジオ局をはじめたディロバン・キコインタビュー


映画情報どっとこむ ralph 瓦礫と化した街で女子大学生がはじめたラジオ局『ラジオ・コバニ』。
ラジオから聞こえる彼女の「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける。

映画『ラジオ・コバニ

は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

3月8日は国際女性デーに併せ、シリア国境の町でラジオ局をはじめたディロバン・キコインタビュー が届きました。
(2017年12月27日、ラベー・ドスキー監督を通じてメールにてオフィシャル取材)

映画情報どっとこむ ralph
―「イスラム国」(IS)との戦闘で瓦礫と化したシリアの街コバニでラジオ局を立ち上げ、「おはよう コバニ」の放送を始めた経緯を教えてください。

ラジオは2014年に始めました。私自身が自分にとって役に立つ正確な情報を求めていたからです。コバニからトルコに逃げている時、私はコバニで何が起きているのか知るために、ずっとFacebookを見ていました。父と兄がコバニの街を守るために戦っていたので、とても心配だったのです。そういった経験から、コバニに戻って「おはよう コバニ」を始めることにしました。自分や
他の女性たちに必要だったのです。


―映画の女性たちの強さに惹かれました。武器を持ち闘う女性の戦闘員がいるのもそうですが、あなたや住民の意思の強さを感じました。その強さについてあなたはどう考えていますか?

中東に生きる女性の人生は過酷です。「イスラム国」(IS)であれ、男性が作った他のシステムであれ、その中で生きるのは厳しいことです。女性は男性たちの性の対象と見なされ、家の中に閉じ込められます。しかし、シンジャールでISが3000人以上の女性と子供を拉致し、性奴隷として売ったことを知り、私たちは立ち上がりました。コバニにISが攻めてきた時、私たちは逃げるか、戦うしか選択肢を持ちませんでした。

コバニの女性たちの多くがシンジャールのヤジディ教徒のようになりたくなかったのです。あるものは逃げ、あるものは自らの名誉を守るために武器を手にして戦いました。この戦争によって、女性の地位は以前より向上したとおもいます。


―映画は「まだ生まれていない子供への手紙」によって語られていく構成ですが、ラベー・ドスキー監督から手紙を書くよう依頼を受けてどう思いましたか?

「まだ生まれていない子供への手紙」のアイディアが固まったのは、撮影が進み、戦争の状況も進展してからです。子供と言われて最初は戸惑いましたが、ラベーから新しい世代のメタファーだと聞き納得しました。自分の身に起きたことをすべて書き、彼が手紙としての形を整えるために多少手を加えました。それは、日常的に書くような手紙ではないので、もちろん大変でした。自分の感情について語るのは難しいし、私には子供がいないので、子供に宛てて書くという点も難しかったです。また、私は悲惨なことを知りすぎていたために、最初はうまく文章にできませんでした。自分自身の記憶、友達の死、街から逃げたこと、私にとって戦争とは何か。どれも書くのは大変でした。


―映画は2014年~2016年のコバニを捉えています。現在の様子ついて教えてください。

コバニの街は敵に囲まれています。片方はトルコに、他方はシリアやイラクなどにです。コバニが解放されてから、トルコ当局により国境が封鎖されました。ISを支持するトルコ大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアンは、ISの敗北を何が何でも受け入れようとしないのです。980kmも続くロジャバ(シリア北部)との国境に壁を作り、通行を禁じています。また、エルドアンはイラクの北部との国境も封鎖し、私たちの街の再建を阻もうとしています。再建に必要なセメントや鉄が手に入らないのです。コバニの街の再建こそが多くの雇用をうむのに、人々は働く機会も得られず、現時点で街の60%が放置されたままです。戦争の間は世界がコバニに注目していたのに、戦争が終わった今、皆はコバニを忘れてしまっています。国際的な支援組織は特にそうです。


―最後に、最近いちばん楽しかったことを教えてください。

パートナーがサプライズで私を喜ばせてくれました。結婚1周年の記念日に、レストランに連れていってくれたのですが、そこに大勢の友達も招いていたのです。友達と一緒に結婚記念日を祝いたいと考えてくれたのはうれしい驚きだったし、私にはない発想でした。その後、もう1つ素晴らしい変化がありました。戦争が始まる前、私はアレッポ大学で社会学を学び、教師を目指していたのですが、戦争のせいで仕方なく学業を中断し、コバニに戻ったのです。

でもこの1年で短期間の教習コースを修了し、ラジオを辞め新しい職を得ました。私は今は小学生を教えています。教師になるという夢がついに叶いました。ラジオは友人たちが続けています。今は教師として伸び盛りの子供たちをサポートできてとても幸せです。多くの子供たちが心に傷を負っており、私もまた同じ悲惨さを経験してきました。大人は悲惨さを自分の中で処理できますが、子供たちはそうではありません。そうした子供たちを少しでも助けられることがうれしいのです。この場所からコバニに希望を取り戻し、教育を通じて、憎しみを持たない新しい世代を育てたいと願っています。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ラジオ・コバニ

2018年5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/kobani/

Twitter:
@RadioKobaniJP

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。
生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。

本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

***********************************

監督・脚本:ラベー・ドスキー
(2016年/オランダ/69分/クルド語/2.39:1/カラー/ステレオ/DCP)
配給:アップリンク
字幕翻訳:額賀深雪
字幕監修:ワッカス・チョーラク


映画『息衝く』公開記念 木村文洋監督一挙上映!鈴木邦男、宮台真司ら登壇!2.23前夜祭イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、2月24日よりポレポレ東中野にて公開する木村文洋監督最新作『息衝く』の公開記念として、木村文洋監督による過去長編作『へばの』『愛のゆくえ(仮)』、そして幻の初期傑作『なしくずしの志』がポレポレ東中野にて、2月17日より一週間、特別上映が決定しました。また、2月23日に前夜祭イベントをロフト9渋谷で行います。

木村文洋監督の作品群を一挙上映!
宗教・原発・家族をテーマに掲げ、宗教団体で育った青年たちの群像を描く木村文洋監督の最新作『息衝く』の公開を記念し、公開劇場であるポレポレ東中野では、公開前週の2月17日(土)から23日(金)の一週間、木村文洋監督の過去作を特集上映します。

木村監督の長編デビュー作『へばの』は、3.11の福島第一原発事故が起こる以前より、その問題意識により制作された作品。核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、それと共存し生きる土地の人々が、被ばくや環境変化を経ても尚もそこに残るのか、そうでないのかを問うた、今なお刺激的な作品です。

『愛のゆくえ(仮)』は、「地下鉄サリン事件」オウム真理教の幹部・平田信と、逃亡を助ける女性の、実在の話をベースに、そのありえたかもしれない束の間の愛のすがたを描いた作品。この宗教のモチーフが『息衝く』にも引き継がれていることは言うまでもありません。

そして今回蔵出し上映となる『なしくずしの志』は木村監督の初期作品。外では正体不明の衝突が起こっている中、室内で世界を俯瞰するための“地図”をつくる集団の議論とやり場のない想いが描かれます。『息衝く』に繋がるテーマをもった初期衝動溢れる異形の作品です。

常に社会と個のあり方と関わりに、鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督の作品群を俯瞰して鑑賞するまたと無い機会となります。是非、お見逃しなく。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木邦男、宮台真司ら登壇!宗教、政治について徹底的に語り尽くす!

2.23前夜祭イベントをロフト9渋谷で開催!
宗教団体「生長の家」での青年時代と集団生活、その思想を三島由紀夫没後「一水会」へ結集させ、今なお、政治活動家として発言を続けている鈴木邦男氏。戦後の日本の宗教団体とその思想、そして鈴木氏自身が、何を内なる動機として活動を続けてきたのか。加えて本作の宗教団体と登場人物たちを鈴木氏がどう見たのかを伺います。

加えて、90年代、オウム真理教事件より社会学者のキャリアをスタートさせ、政治、社会、性愛に至るまで広く現代日本を射程に捉えている宮台真司氏さんも登壇。宮台氏がこの現代社会で必要な“正しさ”をどう考えるのか。また3.11以後のこの社会の姿を、本作を軸として語って頂きます。
映画側からは、98年、京都大学在学中に創価学会に一年所属し、その後自主映画製作を開始した木村文洋監督。そして本作の脚本にも関わり、ゼロ年代より派遣労働やフリーター問題に密接にコミットし、『フリーターにとって「自由」とは何か』などの著作もある批評家の杉田俊介さんに登壇頂きます。

トーク後には、本作の音楽を務めたミュージシャンの北村早樹子さんによるミニライブを行います。

息衝く
2018年2月24日(土) ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

URL: ikiduku.com

***********************************

監督:木村文洋
出演:柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 木村知貴 齋藤徳一 西山真来 川瀬陽太 坂本容志枝 小宮孝泰 寺十吾/
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋/撮影:高橋和博/撮影・照明:俵謙太/俗音:近藤崇生/助監督:遠藤晶/編集:上田茂/音楽:北村早樹子/録音・ミックス:葛西敏彦/宣伝美術:大橋祐介/宣伝・配給協力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017

2017年/DCP/16:9/130分
©teamJUDAS2017
 


『ZEN FOR NOTHING~何でもない禅~』ポレポレ東中野にてお正月公開!


映画情報どっとこむ ralph 昨年公開した『幸福は日々の中に。』のヴェルナー・ペンツェル監督&茂木綾子監督の新作となる『ZEN FOR NOTHING~何でもない禅~』が、2018年1月2日よりポレポレ東中野にてお正月公開が決定しました!
兵庫県の日本海沿岸部にある深い山間に位置する曹洞宗の禅道場「安泰寺」。自給自足と厳しい坐禅修行の場として、世界中の人々に門が開かれています。

住職はドイツ人禅僧ネルケ無方。
スイス人女優のサビーネ・ティモテオが2013年から1年間修行する様子を追った本作は、かつての安泰寺住職でもある伝説的禅僧・澤木興道の思想と安泰寺の日々が織りなす、静かに激しく自己を見つめる人々の記録です。

公式HP

音楽は、90年代に話題となったあの音楽映画「step across the border」に出演する前衛音楽家フレッド・フリス。

今回「step across the border」の監督ヴェルナー・ペンツェルと再びタッグを組み、全編を通しフレッド・フリスのサウンドによって独特の世界観を生み出している。
この映画の舞台になっているのは、安泰寺という兵庫県の山奥にあるお寺です。


安泰寺
「安泰寺は曹洞宗の寺院であり、道元禅師の教えを純粋に行じるために設けられた修行道場です。日本人と外国人が切磋琢磨しながら自給自足を営み、坐禅を中心とした修行生活を送っています。一年を通して坐禅(年間1800時間)に専念できるように、生活は簡素で質実です。檀家を一切とらず、田畑を耕して米と野菜を栽培し、竈(かまど)の燃料となる薪は山から原木を切り出して割っています。12月~3月、雪で外部との往来ができない冬季は坐禅と教学に充実した雪安居が続きます。悟りを求めることなく、修行がそのまま悟りである仏道を今、日々の生活の中で実践しようとしています。」

(安泰寺HPより)

物語・・・
時間のフライトの後、サビーネは長距離バスに疲れて座っている。窓の外には、神戸付近の海岸にある産業地帯の風景が流れてゆく。鈍行列車に乗り換え、風景は日本海側の寂れた景色に変わっていく。リュックサックを背負い、さらに徒歩で山奥へと向かう。森の中の道はやがて長い石段に続き、石段を終わりまで登るとようやく曹洞宗の禅道場安泰寺に着く。修行僧のあいさつを受けた後、サビーネに禅寺での作法が示される。まだ暗闇い早朝3時45分に起床し、禅堂で白い壁を前に座り続ける長い坐禅の日々が始まる・・・・
***********************************

監督:ヴェルナー・ペンツェル・茂木綾子
出演:サビーネ・ティモテオ、ネルケ無方
音楽:フレッド・フリス引用句:澤木興道
引用詩:ジャック・ブレヴェール
朗読:山田脩二
撮影:ヴェルナー・ペンツェル
音声:茂木綾子編集:茂木綾子
制作:werner penzel film production/rectv
協賛:ZDF-arte/SRG/Berner Filmförderung/Bundesamt für Kultur Switzerland/Bundeskultusministerium Germany
配給silent voice
宣伝佐々木瑠郁協力P3 art and environment/東長寺映画祭DokfestMunich/Solothurn Filmfestival
映画賞Bern Film Award “Best Documentary film 2016”
2016年/100分/カラー/ステレオ