「ボリウッド」タグアーカイブ

ランヴィール・シン新境地『ガリーボーイ』女性監督ゾーヤー・アクタル来日決定!場面写到着


映画情報どっとこむ ralph インドのスラムで生まれ育ったある青年がラップと出会い、それまでの人生が一変、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す、実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』が10月18日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開となります。
ガリーボーイ

この度、『ガリーボーイ』を引っ提げ、ゾーヤー・アクタル監督が9月5日、6日に来日することが決定。

今回の『ガリーボーイ』での来日についてアクタル監督は

「特に90年代のヒップホップ音楽が大好きです。(モデルとなったラッパー)Naezyは自分のラップを通して実体験を語っていたの。この作品の核となっているのは階級差別に対する闘いです。このテーマは、インドだけに限ったものではありません。社会の一員として私たちは抑圧をなくし、人が自分を表現できる能力を磨き、自分に自信を持って夢を追いかけることができる世界にしていかなければならないと思います。日本に行くのを楽しみにしています。」
『ガリーボーイ』女性監督ゾーヤー・アクタル来日決定!場面写到着 とコメントを寄せている。

映画情報どっとこむ ralph あわせて、場面写真が一挙解禁!
厳しい格差、宗教的差別、抑圧された社会の底辺で生きてきた主人公ムラド(ランヴィール・シン)。どうしようもない現実に真っ向から立ち向かおうとする彼の熱い様々な表情に期待が膨らむ。
ガリーボーイ ガリーボーイ ガリーボーイ ガリーボーイ ガリーボーイ
本音をラップにのせて、スラムを飛び出し世界に発信していく“ガリーボーイ”。観る者の心を揺さぶる魂のラップで世界中に感動を巻き起こした傑作が遂に日本公開となる。


『ガリーボーイ』
原題Gully Boy

10/18(金)より 新宿ピカデリー他“本音開放ロードショー”

ガリーボーイ:ポスターチラシ 【STORY】
インドのムンバイにあるスラム出身のムラド(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラドがまっとうな仕事に就くことができるよう、彼を大学に通わせる為に一生懸命働いていた。しかしムラドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友と車上荒らしに手を染め、内緒で身分の違う医者の父を持つ恵まれた家庭出身の彼女まで作っていた。俺の人生はこの先も並み、何も変わらない…そう思っていたムラドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

***********************************


主演:ランヴィール・シン(『パドマーワト 女神の誕生』)
監督: ゾーヤー・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
出演:アーリア-・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2018/インド/154分
日本語字幕:藤井 美佳/字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/ビスタ
配給:ツイン


“ワケわからん度”がパワーアップ。最強“おじさんロボット” 『ロボット2.0』超絶怒涛のぶっ飛び特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「意味が分からないがそれが良い」「本当にワケがわからないアクションが最高」と日本人の心を鷲掴みにし大ヒットを記録した伝説級の作品『ロボット』。

その続編となる『ロボット2.0』(原題:『2.0』)が10月25日(金)に日本上陸決定!

『ロボット2.0』
ファンの間ではすでにお祭り騒ぎになっている本作の超絶怒涛のぶっ飛び特報映像が解禁!!

人類という強大な敵を前に、縦横無尽に暴れまくったチッティ。
最強“おじさんロボット”の次なる敵は…スマホ!?
前作から7年の月日がたち、製作費も前作の倍以上である90億円をかけているのに、敵のスケールがダウンしている…?
いや!スマホはスマホでも、チッティの前に立ちはだかるのは全インド人のスマホ。

約13億人を超える(2018年時点/総務省統計局調べ)全インド人のスマホが襲い掛かるという、前作よりも“ワケわからん度”がパワーアップ。



この膨大な数のスマホが合体し、巨大な鳥やロボットになって人々を襲うようだが…。
まさにインド史上最大の悪夢と言っても過言ではない。


360度死角なしの銃を乱射!? 前作よりもさらに球体に近づいた合体技も!!
インド映画史上最高の製作費90億円も納得のVFX技術と、前作を上回るぶっ飛びアクションが期待できる本作。
新たな「チッティ軍団」が、どのような暴れっぷりを見せてくれるのか。

全世界が再びインド映画にくぎ付けになること間違いなし!



映画情報どっとこむ ralph さらに、『アベンジャーズ』(12)『ジュラシック・ワールド』(15)などのVFXを手掛けた特殊効果製作スタジオ「レガシーエフェクツ」が、本作の特殊メイクとアニマトロニクスを担当。
ハリウッドの最前線で活躍するスタッフによって、前作で好評だったアクションも衝撃のパワーアップに成功している。

『ロボット2.0』
原題『2.0』

『ロボット2.0』
***********************************

公開日:10月25日(金)
監督・脚本:シャンカル『ロボット』
音楽:A.R.ラフマーン『スラムドッグ$ミリオネア』
VFX:レガシー・エフェクツ
衣裳デザイン:メアリー・E・ヴォクト  
出演:
ラジニカーント『ロボット』、
アクシャイ・クマール『パッドマン 5億人の女性を救った男』、
エイミー・ジャクソン
日本語字幕:吉田裕子
字幕監修:深尾淳一
配給:アンプラグド・KADOKAWA
©2018 Lyca Productions. All rights reserved.


いとうせいこう字幕監修 ラップで運命を変える!『ガリーボーイ』 ポスター&予告編が到着!


映画情報どっとこむ ralph インドのスラムで生まれ育ったある青年がラップと出会い、それまでの人生が一変、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す、実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』が10月18日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開となります。

インドで活躍するアーティスト Naezy の驚きの実話を基に描かれ、海外で封切りになるやい なや全世界で大ヒット!主演は Facebook だけで 1,000 万人のフォロワーを誇る、次 世代のキング★オブ★ボリウッドの呼び声高いランヴィール・シン!北インド界の実力派女 性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーには US ヒップホップ史に燦然と 輝く名曲の数々で知られるラッパーNAS(ナズ)が名を連ねる。

ポスターは、劇中で印象的に使われる歌詞「My time will come(俺の時代が来る)」、 「Change your fate(運命を変えろ)」が配され、主人公の見つめる先に光が差し込み、希望を感じさせられるものとなっている。
ガリーボーイ:ポスターチラシ
映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁される予告編では、インドの厳しい格差社会の中で、貧しい生活に怒りと諦めを 抱えながら生きるムラド(ランヴィール・シン)が「大きな夢をみたら迷わず追うべきか」と葛藤 し悩む姿が。そこから一転、胸に秘めた思いをラップにのせ、止まることなくムラドは“ガリーボー イ”として突っ走ることを決意―。すべてランヴィール・シン自身が歌っている劇中のラップ曲にも注目です。



ムンバイ最大のスラム「ダラヴィ」を駆け巡り、高揚感に満ちたものとなっている。 また本作の字幕監修を作家、クリエーターのいとうせいこう氏が担当することが決定!

いとうさん:ラップが決め手のストーリーですから、どう訳すと頭に入りやすいか、体がノリや すいか、今から楽しく悩んでいます。乞うご期待。

とコメントを寄せている。
いとうせいこう
映画情報どっとこむ ralph 物語の背景にはインドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願う今を生きる若者の姿が描かれ、どうしようも ない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。本音をラップにのせて、スラムを飛び出し世界に発信していく“ガリーボーイ”。 観る者の心を揺さぶる魂のラップで世界中に感動を巻き起こした傑作が遂に日本公開!
ガリーボーイ
『ガリーボーイ』
原題 Gully Boy

【STORY】
インドのムンバイにあるスラム出身のムラード(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラードがまっとうな仕事に就くことができるよう、彼を大学
に通わせる為に一生懸命働いていた。しかしムラ-ドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友と車上荒らしに手を染め、内緒で身分の違う医者の父を持つ恵まれた家庭出身
の彼女まで作っていた。俺の人生はこの先も並み、何も変わらない…そう思っていたムラ-ドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生 MC
Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

***********************************

監督: ゾーヤー・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
主演:ランヴィール・シン(『パドマーワト 女神の誕生』)
出演:アーリア-・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2018/インド/154 分
日本語字幕:藤井 美佳
字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/ビスタ/
配給:ツイン


『バジュランギおじさんと、小さな迷子』インド映画名物のキュートなミュージカルシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph インド映画としての世界での興行収入歴代No.3を誇る注目のインド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、2019年1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。

バカ正直でお人好しなインド人の青年と、声を出せないパキスタンからの迷子の少女の二人旅を、国や宗教、人間愛についてのメッセージと、ほっこりとした笑いに包んで描き、世界中から人種や信条を超えた熱い支持を受けた本作。


インド映画なミュージカルシーンを捉えた本編映像が解禁となります!

パキスタンから母親とともにインドのイスラム寺院にしゃべれるようになるための願掛けにやってきたシャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は、不運からたったひとりインドに取り残されるが、お人好しの青年パワン(サルマン・カーン)と出会い、彼が居候する家族の元に身を寄せることになる。そんなある日、シャヒーダーが家から突然姿を消し、パワン達が必死に探し回った末に見つけたシャヒーダーは近所の家で鶏肉を食べていた。

この映像は、熱烈なヒンドゥー教の信者であるパワン達が肉を口にすることは決してないためその姿に驚きつつも、シャヒーダーのために鶏肉が食べられる食堂にやってきた場面だ。店員による聞き慣れない怒涛のメニュー紹介にパワン達は唖然としつつ、お薦めをと注文。

突然、母親が恋しくなったシャヒーダーが泣き出してしまうが、パワンはその姿を前に何もすることができない。すると、パワンの恋人であるラスィカー(カリーナ・カプール)がシャヒーダーの元に歩み寄り、シャヒーダーのためにキュートな“雄鶏”の歌を歌い始める。こうしてパワンを中心としたインド映画名物のミュージカルシーンへと繋がっていくが、本作はドラマ重視で物語に沿ったミュージカルが採用されており、涙を流すシャヒーダーを元気づけたいというきっかけゆえ動きもどこかコミカルで、観る者も思わず笑顔になれる可愛らしいシーンとなっている。


映画情報どっとこむ ralph この楽曲、その名も「Chicken KUK-DOO-KOO」は2番へと続いていくが、この後、全く手がかりのなかったシャヒーダーの“身元”が意外な形でついに明らかになる。その時、その真面目さで周りに慕われるパワンはどんな行動に出るのか?

バジュランギおじさんと、小さな迷子
原題:Bajrangi Bhaijaan

2019年1月18日(金)新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
公式HP:
Bajrangi.jp 

公式twitter:
@Bajrangi_movie

【STORY】
底抜け正直者のインド青年と、声をなくしたパキスタンの迷子。ふたりの旅が、世界にステキな奇跡を巻き起こす!
パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー。幼い頃から声が出せない障害を持った彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。 それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?


***********************************

出演:サルマン・カーン ハルシャーリー・マルホートラ カリーナ・カプール ナワーズッディーン・シッディーキー
監督:カビール・カーン 
配給:SPACEBOX
宣伝:シネブリッジ
2015年/ヒンディー語/シネスコ/5.1ch/159分/映倫G
©Eros international all rights reserved. ©SKF all rights reserved.