「ベン・キングズレー」タグアーカイブ

若かりしヒュー・グラント・ルパート・グレイヴス「モーリス 4K」ジェームズ・アイヴォリー監督よりコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 20世紀初頭のイギリスを舞台に、青年2人の愛と苦悩を描いた文芸ロマンの名作が4Kデジタル修復で美しく甦る!

映画『モーリス 4K』が、いよいよ4月28日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他全国で公開!30年ぶりのリバイバル上映に際し、本作の監督と脚色を務めたジェームズ・アイヴォリーが1987年製作当時を振り返ったコメントとメイキング写真が到着しました!

メインキャストのヒュー・グラントやルパート・グレイヴスは、今やイギリスを代表する人気俳優となったが、『モーリス』製作時は、まだまだ無名の若手役者。
ジェームズ・アイヴォリー監督は、

アイヴォリー監督:ヒュー・グラントは、オックスフォード大学在学中に学生映画の『オックスフォード・ラブ』(劇場未公開)で俳優活動を始めていて、ジェームズ・ウィルビーとルパート・グレイヴスは舞台の経験があったが、3人ともまだ駆け出しの頃だった。

と当時を振り返り、劇中のモーリスとクライヴのお互いへのぎこちない触れ合い方について、

アイヴォリー監督:演技でいきなりキスして絡み合うのは、ストレートの若い俳優2人にとって気まずいことだ。実生活で同じシチュエーションに置かれたら、ぎこちなくなるのは当然だし、そこが役に立った部分もある。ただ、イギリス人俳優の方が、アメリカ人俳優と比べて肉体的というか、性的な触れ合いに積極的だと感じる。

と語った。

また、映像の美しさが称えらえる『モーリス』だが、それとは裏腹に撮影班には事件が起こっていた。

アイヴォリー監督:撮影班に仲違いが起こり、よりにもよって、モーリスとクライヴが喧嘩をする重要なシーンを撮影する日にボイコットが起きたんだ。キャストの準備ができ、いざカメラを回そうとしたら、突然カメラクルーがいない。代わりのクルーを探し出すのに何時間もかかり、キャストを気落ちさせてしまわないか心配したが、彼らがテンションを上げてくれたおかげで、現場にいた全員が元気づけられた。

と、驚きのエピソードを明かした。
さらに、

アイヴォリー監督:『モーリス』は、『眺めのいい部屋』(同監督の前作品)のコインの裏側のようなもの。両作とも、偽りの人生、真実の人生、自分にとって大切な本当の感情とは何かを描いている。

と作品についてコメントした。
映画情報どっとこむ ralph
モーリス 4K
原題:Maurice

4/28(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

公式HP:
http://cinemakadokawa.jp/maurice

***********************************

出演:ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グラント、ルパート・グレイヴス、デンホルム・エリオット、ベン・キングズレー
監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作:イスマイル・マーチャント
原作:E・M・フォースター「モーリス」
脚色:ジェームズ・アイヴォリー、キット・ヘスケス=ハーヴェイ
音楽:リチャード・ロビンズ
撮影:ピエール・ロム
衣装:ジョン・ブライト、ジェニー・ビーヴァン
1987年/イギリス/141分/カラー/ビスタ/5.1ch/R-15//字幕翻訳:戸田奈津子
配給:KADOKAWA  
©1987 Merchant Ivory Productions Ltd. A Merchant Ivory Film in association with Film Four International and Cinecom Pictures


ライアン・レイノルズ主演『セルフレス/覚醒した記憶』特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 特殊部隊の肉体に頭脳を転送!その先にあるのは・・・
ライアン・レイノルズ主演最新作『セルフレス/覚醒した記憶』の公開日が9月1日(木)に決定!ポスタービジュアル、特報映像が解禁となりました!



〈NYを創った男〉と称えられる著名な大富豪の建築家ダミアン・ヘイルは、余命半年と宣告される。
支配的な父を嫌うひとり娘のクレアとの仲も修復できず絶望するダミアンに、天才科学者のオルブライトが、遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送しないかともちかける。

莫大な料金と引き換えに68歳のダミアンは死に、エドワードとして新たな人生が始まる。

しかしその新しい肉体は、マークという妻子ある特殊部隊の軍人だった!真実を知ったダミアンとマークの妻は、オルブライト率いる秘密組織に命を狙われる。果たして、組織の正体とは? 今、NYを支配した頭脳×特殊な戦闘能力を持つ肉体=〈最終兵器〉に生まれ変わった男の、たった一人の闘いが始まる──!
セルフレス/覚醒した記憶
映画情報どっとこむ ralph ダミアンの頭脳を転送された若いダミアン/マークを演じるのは、世界120カ国以上で初登場No.1、数々の興行成績新記録を更新中の『デッドプール』製作・主演のライアン・レイノルズ。

セルフレス/覚醒した記憶s1アメリカではトム・クルーズやブラッド・ピットに続く国民的スターと認められています。

富も名誉も権力もすべてを手に入れた代わりに、家族の愛に見放されたダミアンに、『ガンジー』でアカデミー賞®を受賞してからも3度のノミネートを果たした名優サー・ベン・キングズレー。

セルフレス/覚醒した記憶s2人類史上世紀の開発とも言える転送装置を創り上げたマッドサイエンティストのオルブライトには、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才科学者の秘密』のマシュー・グード。

監督は、『ザ・セル』『インモータルズ ─神々の戦い─』で悪夢のように残酷で、魔法のように美しい映像世界を作り上げてきた奇才ターセム・シン。頭脳の転送、頭の中に眠る他人の記憶など、誰も想像できない未知の映像に挑んでいる。

映画情報どっとこむ ralph Selfless_posterこの度公開されたポスタービジュアルは、背後が擦れたエドワードの肉体に転送された大富豪のダミアンが佇む姿が映し出され、

「彼らは脅威の“最終兵器”に変貌する―」

とキャッチコピーと併せて、「特殊な戦闘能力」を身に着けたダミアンの変貌が本作の大きな見どころであることを感じさせる、近未来感溢れるビジュアルに仕上がっています。


セルフレス/覚醒した記憶

9月1日(木)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーです!

公式サイトURL:
www.selfless.jp

***********************************


監督:ターセム・シン(『ザ・セル』『インモータルズ ─神々の戦い─』)

出演:ライアン・レイノルズ、ベン・キングズレー、マシュー・グード、ナタリー・マルティネス、ミシェル・ドッカリー、ヴィクター・ガーバー、デレク・ルーク 他

2015年/アメリカ/117分/5.1ch/シネスコ
字幕翻訳:松浦美奈
© 2015 Focus Features LLC, and Shedding Distribution, LLC.
   


『アウトバーン』激走!運命に抗う賭けの行方は!


映画情報どっとこむ TJ ニコラス・ホルト主演最新作!!速度無制限の高速道路
アウトバーン』へようこそ!

誰も見たことのない世界を体感せよ!

アウトバーン
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で人気爆発中のニコラス・ホルト主演。アカデミー賞ノミネート女優フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』「ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー(原題)」)と派手なカーアクションを繰り広げます。
アウトバーンs2 アカデミー賞主演男優賞に輝く2大名優<アンソニー・ホプキンスVSベン・キングズレー>の悪のダブル・アクトも見逃せません!

映画情報どっとこむ TJ 気になる物語は・・・

ドイツ・ケルン。
麻薬、高級車、500万ユーロ・・・
アウトバーンs1
巧妙に仕掛けられた危険な取引に巻き込まれたケイシー(ニコラス・ホルト)は、2つの巨悪組織から逃れて恋人のジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)を救うため、高級車を乗り換え速度無制限の高速道路【アウトバーン】を激走する!運命に抗う大きな賭けの行方は――?!



映画情報どっとこむ TJ ヤバ過ぎる取引、消えた運命の女

アウトバーン
原題・英題:COLLIDE

6月10日(金)より、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

公式サイト:
http://autobahn.asmik-ace.co.jp/

***********************************

キャスト:
ニコラス・ホルト、フェリシティ・ジョーンズ、マーワン・ケンザリ、ベン・キングズレー、アンソニー・ホプキンス 

製作:ジョエル・シルバー、ベン・ピュー、ブライアン・カバナフ=ジョーンズ、ロリー・エイトケン、ダニエル・ヘッツァー

原案:F.スコット・フレイザー
脚本:F.スコット・フレイザー、エラン・クリーヴィー
監督:エラン・クリーヴィー
配給:アスミック・エース
協力:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016年/イギリス・ドイツ/上映時間:99分/カラー/スコープサイズ/5,1chデジタル/字幕翻訳:風間綾平

© 2015 IM GLOBAL FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED
    


なぜその一歩を踏み出すのか?特別映像解禁『ザ・ウォーク』


ついに全米公開!!!
ニューヨーク映画祭でも鳴り止まぬ絶賛の嵐!

ザ・ウォーク

第53回ニューヨーク映画祭オープニング作品に続き、第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映され、2016年1月23日(土)日本公開となります。

1271033 - THE WALK
ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演作品の本作は、1974年 NYのワールド・トレード・センター間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティが、フランスからニューヨークに渡り、誰もが思いつかなかった未知の世界にチャレンジするまでを描いたヒューマン・エンタテインメント超大作です。

9月30日(水)にIMAX3D劇場限定で全米公開を迎えた本作。先日おこなわれた第53回ニューヨーク映画祭ではオープニング作品として上映され、批評家からは「ゼメキス監督の最高傑作」、「類を見ない映像体験」、「この作品の為にIMAX3Dは開発された」といった絶賛の声が多数上がり大きな話題に。

THEWALK_3
この高評価という結果とゼメキス監督の来日を間近に控え、この度、ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるフィリップ・プティが前代未聞の挑戦に至るまでの過程を描いた特別映像を解禁させていただきます。



今回解禁された特別映像で描かれているのは、本作の主人公プティが彼の夢であるツインタワーの空中闊歩に挑むまでの想いと、それを支えた人々の姿です。「“死にたいのか”って?」「これが生きてるってことだ」と語るプティ。
THEWALK_5
その強烈な個性と無謀すぎる夢に「正気じゃないわ」、「完全にイカれている」と言いながらも、恋人や仲間はまるで磁石のように彼に引き寄せられていきます。

前代未聞の挑戦に向け、着々と準備を進めるプティと仲間たち。
その過程で、彼が傾けた情熱、挑戦への不安、アーティストとしての信念や美学といった想いを垣間見ることが出来ます。

そして映像は常識を超えた運命の瞬間へ――。

そして、作品の完成度を裏付けるように、各メディア・批評家もこぞって本作を絶賛しております!

ニューヨーク映画祭で絶賛の嵐

超越的。「ゼロ・グラビティ」で味わえた宇宙経験の様だ。大画面でしか体験できない作品。
―John Powers / VOGUE

圧倒される覚悟を。強盗映画であり、ハイテック体験であり、詩的表現でもある。
―François Grelet / PREMIERE

素晴らしい!「ザ・ウォーク」は今年のもっともスリリングな映画。ゼメキス監督の最高傑作。圧倒され、映画という魔法を再認識させられた。ジョセフの演技も最高。どうやってこの映画を実現させたかはわからないが、出来てよかった!誰もが楽しめる純粋なるエンタテインメントだ。是非体験を。
―Pete Hammond / DEADLINE)

正に「ザ・ウォーク」の様なスペクタクルの為にIMAX 3Dは開発された。美しく、魅了され、映像に圧倒されるスペクタクル。
―Sam Hallenbeck / CBS/Tampa

類を見ない映像体験。見る人は最初から最後まで息をとめているであろう。美しく、爽快。正にIMAX3Dにぴったり。
―Scott Mendelson / FORBES.COM

1271033 - THE WALK
2016年1月23日(土)日本公開

ザ・ウォーク

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

原題:The Walk監督:ロバート・ゼメキス、
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか  
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント            
全米公開:9月30日(IMAX3D限定公開)/10月9日(ワイド公開)

監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール
 


『ザ・ウォーク』ニューヨーク映画祭オープニング上映レポ


2016年1月23日(土)日本公開となります、ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演作品『ザ・ウォーク』。

第53回ニューヨーク映画祭オープニング作品に続き、第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映される事が決定しています!

この度、9月26日(土)日本時間に第53回ニューヨーク映画祭が開幕。

同映画祭のオープニング作品である『ザ・ウォーク』のN.Yプレミアが開催されました。

ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィットほかキャスト、スタッフが顔を揃え、そして主人公のモデルとなったフィリップ・プティ本人も来場。ゼメキス監督やキャスト達によるレッドカーペットイベントと記者会見が行われました。

The-Walk_NYプレミア2(舞台挨拶)
レウ_ィットとフ_ティ本人
レウ_ィットとフ_ティ本人
監督は本作の制作にあたり苦心した件について

ゼメキス監督:1974年を正確に再現するのにとても時間を費やしたよ。

と述べ、最も注力した部分について

ゼメキス監督:フィリップ・プティが、ワールド・トレード・センターの間に張ったワイヤーロープを初めて踏み出す瞬間こそが最も美しい瞬間。その瞬間を集中して描きたかった。夢を追いかける人は本当に好きだし、尊敬する。

とプティを賞賛しました。

そして、会見では映画『マン・オン・ワイヤー』(『ザ・ウォーク』と同じく、フィリップ・プティがワールド・トレード・センターを渡ったことを題材にしたドキュメンタリー映画)について、

ゼメキス監督:『マン・オン・ワイヤー』公開よりも先に権利も取得しており、ドキュメンタリーと3D大規模作品と立ち位置は異なります。どちらの作品にも言えることはプティの偉業を示すことである。ただ、記録がないためドキュメンタリーでは彼が歩く姿を動画で見せることが出来ませんでした。

と述べました。また監督は、1974年当時はこの事件のことを知らなかったと言い、のちに子供向けの本「The Man Who Walked Between the Towers, by Mordicai Gerstein.」でこの事実を知ったといいます。監督は、その時の想いを

ゼメキス監督:ほんの小さな8ページの本に惹かれ、調べていくうちに、魅力的な映画を作る為のすべての要素が備わっていることがわかりました。

と語りました。

The-Walk_NYプレミア3(みんな仲良し!)
主演のジョセフは今回の主演にあたり集中したことは

ジョセフ:最初の一歩を踏み出す瞬間、そこに集中しました。誰もが不可能だと思う夢は、自分自身もあきらめてしまいがちだが、プティは周りの意見に惑わされることなくやり切った素晴らしい人だ。彼の施設は素晴らしいよ。

とも。そして、今回は役作りにあたり、フランス人のプティになり切る為にフランスなまりのアクセントを習得、さらには人間離れしたハイワイヤーアーティストぶりを再現する為に厳しい鍛錬を積んだことにふれ

ジョセフ:ロープを渡ることは痛みを伴うけど楽しい。

とコメント。そのジョセフのフランスなまり英語について、共演のフランス出身、シャルロット・ルボンは、

ルボン:彼のアクセントはすばらしかったわ!

と称賛を贈っていました。

The-Walk_NYプレミア4(キャスト集合)
ニューヨーク映画祭は過去にも『ソーシャル・ネットワーク』や『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などアカデミー賞を多く受賞した作品がオープニングに選ばれており、『ザ・ウォーク』もプレミア上映後の映画評ではTHE TELEGRAPHの“★★★★★”(五つ星)のように高評価を多数獲得し、今後の賞レースを盛り上げる期待作のひとつとして大きな注目を集めています。

第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映で!

ザ・ウォーク

は2016年1月23日(土)、全国ロードショー。

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

本作は、1974年 NYのワールド・トレード・センター間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティが、フランスからニューヨークに渡り、誰もが思いつかなかった未知の世界にチャレンジするまでを描いたヒューマン・エンタテインメント超大作です。

原題:The Walk監督:ロバート・ゼメキス、
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、
ジェームズ・バッジ・デールほか  配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント            
全米公開:
9月30日(IMAX3D限定公開)
10月9日(ワイド公開)