「ベン・キングズレー」タグアーカイブ

英国イケメン俳優 テオ・ジェームズ主演『バグダッド・スキャンダル』新場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス『バグダッド・スキャンダル』が11/3(土)よりシネマカリテ他全国順次公開となります。

本作で主演を務めるのは、女性ファンも多い英国イケメン俳優のテオ・ジェームズ。

『ダイバージェント』(14-16)シリーズでシャイリーン・ウッドリーの恋人役で人気を博し、一躍有名となった方。

難民キャンプに赴くなど社会問題解決にも関心が高く、本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねています。

本作でテオは、外交官だった父の跡を継ぎたいという想いのもと国連に入り、希望に胸を膨らませる若き青年マイケルを演じ、イラクの人道支援「石油・食料交換プログラム」に携わることになり、熱い想いで人道支援に取り組むが、そこで目にしたのは理想とは程遠い現実…。

大物政治家や大企業の政治的思惑に翻弄され、希望と現実の間で揺れ動く様をテオは見事に演じている。
また、フセイン政権下で追われていたクルド人女性ナシーム(ベルシム・ビルギン)を懸命に守る姿も見所。2人の恋愛模様にも注目だ。このほど解禁された新場面写真は、『ダイバージェント』シリーズから世の女性を魅了しているテオの肉体美が堪能できるショットやナシームを見つめる甘いマスク、敵対する相手と向き合う凛々しい目をしたテオといった様々な表情を見ることができる。

映画情報どっとこむ ralph 待機作には、カーラ・デルヴィーニュ&アンバー・ハード出演作『London Fields』(原題)も控えています。

是非この機会に、英国イケメンテオ・ジェームズの雄姿を劇場の大スクリーンで!

バグダッド・スキャンダル

は、11月3日(土)よりシネマカリテほか全国順次公開です。

公式HP:http://baghdad-s.com/

Story
2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。実話を基にしたポリティカル・サスペンス。

***********************************


原作:マイケル・スーサン
監督・脚本:ペール・フライ
脚本:ダニエル・パイン
出演:テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、 ベルシム・ビルギン
2018年/デンマーク=カナダ=アメリカ/原題:Backstabbing for Beginners /106分/5.1ch/シネスコ/カラー 配給:アンプラグド
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


『バグダッド・スキャンダル』予告編と場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph ポリティカル・サスペンス『バグダッド・スキャンダル』が11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開となります。

この度、本作の予告編と場面写真が解禁となりました。
本作は、元国連職員のマイケル・スーサンが自身の体験を基に書き起こした2008年のベストセラー小説「Backstabbing for Beginners」の映画化作品。困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油・食料交換計画」の裏で行われていた政治スキャンダルを描く。

主演は、世界的に大ヒットした『ダイバージェント』(14-16)シリーズで人気を博したテオ・ジェームズ。
また、『ガンジー』(82)で第55回アカデミー賞主演男優賞受賞したベン・キングズレーや名作『ブリット』(68)で鮮烈な印象を残したジャクリーン・ビセットといった名優たちが脇を固める。

この度解禁された予告編は、フセイン政権下で混乱するイラクの実情を目にしたマイケル(テオ・ジェームズ)の困惑する表情から始まる。当時24歳の彼は、父の跡を継ぎたいという思いのもと国連に入社。国連の管理下で石油を販売し、その売上でイラク国民に食料を配給するという理想的な人道支援「石油・食料交換計画」に従事する事になる。しかし、彼が目の当たりにしたのは理想とはほど遠い現実だった。謎の死を遂げた前任者にマイケルに近づくCIA。事務次長パシャ(ベン・キングズレー)は、果たして敵なのか味方なのか⁉200億ドルものお金はどこへ消えたのか⁉国連史上最悪のスキャンダルの真実に迫る。ミステリアスな女性との関係を匂わせるショットも気になるところだ。


映画情報どっとこむ ralph 原作者のマイケル・スーサンは、Googleのトークショーに出演した際に「映画に描かれていることは紛れもない事実」と事の重大さを語っている。

バグダッド・スキャンダル

原題:Backstabbing for Beginners

は、11月3日(土)よりシネマカリテほか全国順次公開です。


物語・・・
2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。実話を基にしたポリティカル・サスペンス。

***********************************

原作:マイケル・スーサン
監督・脚本:ペール・フライ
脚本:ダニエル・パイン

出演:テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、レイチェル・ウィルソン

2018年/デンマーク=カナダ=アメリカ
106min/5.1ch/シネスコ/カラー
配給:アンプラグド
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


国連史上最悪の政治スキャンダルを描いた『バグダッド・スキャンダル』全国順次公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、国連史上最悪の政治スキャンダルを描いた『バグダッド・スキャンダル』が11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開することが決定。また、公開に合わせましてポスタービジュアルも解禁となりました。


本作は、元国連職員のマイケル・スーサンが自身の体験を基に書き起こした2008年のベストセラー小説「Backstabbing for Beginners」の映画化作品。

困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油・食料交換プログラム」の裏で行われていた国連史上最悪の政治スキャンダルを描いています。

映画情報どっとこむ ralph 「石油・食料交換プログラム」とは、国連がイラクの石油を管理し、その販売金で食料を購入、それを市民に配給するという支援計画。

しかし、総額640億ドル(約7兆1千億)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し2003年に終了した。

当時、プログラムを管理していた国連事務次長のベノン・セバン自身(本作での役名はコスタ・パサリス)の関与がのちの調査により発覚したが、国連は調査協力を拒否したため現在も全貌が明らかになっていない。

ハドソン研究所首席研究員の日高義樹氏は

「OFFP(石油・食料交換プログラム)で大金を手にしたサダム・フセインのバース党幹部は、イラク戦争後シリアに逃れ、ISISを作り上げた。中東がとめどもない混乱に陥っているのは、このOFFPに端を発していると言って良い。この映画で国連の実態を知り、世界の現実について正しい認識を持ってほしい」

と語ります。

主演のマイケルを演じたのは、世界的に大ヒットした『ダイバージェント』(14-16)シリーズや『アンダーワールド』(03-17)シリーズで人気を博したテオ・ジェームズ。

彼は、難民キャンプに赴くなど社会問題解決にも関心が高く、本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねています。

脇を固めるのは、『ガンジー』(82)で第55回アカデミー賞主演男優賞受賞し、その後も主演男優賞、助演男優賞合わせ3回もアカデミー賞にノミネートされているベン・キングズレーや名作『ブリット』(68)で鮮烈な印象を残し、最新作ではフランソワ・オゾン監督の『2重螺旋の恋人』(17)にも出演しているジャクリーン・ビセットといった名優たちです。

監督は『ストックホルムでワルツを』(13)でスウェーデン映画界最高の栄誉である第49回ゴールデン・ビートル賞で監督賞を受賞したペール・フライが務めています。

映画情報どっとこむ ralph バグダッド・スキャンダル
原題:Backstabbing for Beginners

11月3日(土)シネマカリテほか全国順次公開です。

物語・・・
2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次官の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。実話を基にしたポリティカル・サスペンス。

***********************************

原作:マイケル・スーサン
監督・脚本:ペール・フライ
脚本:ダニエル・パイン
出演:テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、レイチェル・ウィルソン  
2018年/デンマーク=カナダ=アメリカ//106min/5.1ch/シネスコ/カラー
配給:アンプラグド
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


若かりしヒュー・グラント・ルパート・グレイヴス「モーリス 4K」ジェームズ・アイヴォリー監督よりコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 20世紀初頭のイギリスを舞台に、青年2人の愛と苦悩を描いた文芸ロマンの名作が4Kデジタル修復で美しく甦る!

映画『モーリス 4K』が、いよいよ4月28日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他全国で公開!30年ぶりのリバイバル上映に際し、本作の監督と脚色を務めたジェームズ・アイヴォリーが1987年製作当時を振り返ったコメントとメイキング写真が到着しました!

メインキャストのヒュー・グラントやルパート・グレイヴスは、今やイギリスを代表する人気俳優となったが、『モーリス』製作時は、まだまだ無名の若手役者。
ジェームズ・アイヴォリー監督は、

アイヴォリー監督:ヒュー・グラントは、オックスフォード大学在学中に学生映画の『オックスフォード・ラブ』(劇場未公開)で俳優活動を始めていて、ジェームズ・ウィルビーとルパート・グレイヴスは舞台の経験があったが、3人ともまだ駆け出しの頃だった。

と当時を振り返り、劇中のモーリスとクライヴのお互いへのぎこちない触れ合い方について、

アイヴォリー監督:演技でいきなりキスして絡み合うのは、ストレートの若い俳優2人にとって気まずいことだ。実生活で同じシチュエーションに置かれたら、ぎこちなくなるのは当然だし、そこが役に立った部分もある。ただ、イギリス人俳優の方が、アメリカ人俳優と比べて肉体的というか、性的な触れ合いに積極的だと感じる。

と語った。

また、映像の美しさが称えらえる『モーリス』だが、それとは裏腹に撮影班には事件が起こっていた。

アイヴォリー監督:撮影班に仲違いが起こり、よりにもよって、モーリスとクライヴが喧嘩をする重要なシーンを撮影する日にボイコットが起きたんだ。キャストの準備ができ、いざカメラを回そうとしたら、突然カメラクルーがいない。代わりのクルーを探し出すのに何時間もかかり、キャストを気落ちさせてしまわないか心配したが、彼らがテンションを上げてくれたおかげで、現場にいた全員が元気づけられた。

と、驚きのエピソードを明かした。
さらに、

アイヴォリー監督:『モーリス』は、『眺めのいい部屋』(同監督の前作品)のコインの裏側のようなもの。両作とも、偽りの人生、真実の人生、自分にとって大切な本当の感情とは何かを描いている。

と作品についてコメントした。
映画情報どっとこむ ralph
モーリス 4K
原題:Maurice

4/28(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

公式HP:
http://cinemakadokawa.jp/maurice

***********************************

出演:ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グラント、ルパート・グレイヴス、デンホルム・エリオット、ベン・キングズレー
監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作:イスマイル・マーチャント
原作:E・M・フォースター「モーリス」
脚色:ジェームズ・アイヴォリー、キット・ヘスケス=ハーヴェイ
音楽:リチャード・ロビンズ
撮影:ピエール・ロム
衣装:ジョン・ブライト、ジェニー・ビーヴァン
1987年/イギリス/141分/カラー/ビスタ/5.1ch/R-15//字幕翻訳:戸田奈津子
配給:KADOKAWA  
©1987 Merchant Ivory Productions Ltd. A Merchant Ivory Film in association with Film Four International and Cinecom Pictures


ライアン・レイノルズ主演『セルフレス/覚醒した記憶』特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 特殊部隊の肉体に頭脳を転送!その先にあるのは・・・
ライアン・レイノルズ主演最新作『セルフレス/覚醒した記憶』の公開日が9月1日(木)に決定!ポスタービジュアル、特報映像が解禁となりました!



〈NYを創った男〉と称えられる著名な大富豪の建築家ダミアン・ヘイルは、余命半年と宣告される。
支配的な父を嫌うひとり娘のクレアとの仲も修復できず絶望するダミアンに、天才科学者のオルブライトが、遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送しないかともちかける。

莫大な料金と引き換えに68歳のダミアンは死に、エドワードとして新たな人生が始まる。

しかしその新しい肉体は、マークという妻子ある特殊部隊の軍人だった!真実を知ったダミアンとマークの妻は、オルブライト率いる秘密組織に命を狙われる。果たして、組織の正体とは? 今、NYを支配した頭脳×特殊な戦闘能力を持つ肉体=〈最終兵器〉に生まれ変わった男の、たった一人の闘いが始まる──!
セルフレス/覚醒した記憶
映画情報どっとこむ ralph ダミアンの頭脳を転送された若いダミアン/マークを演じるのは、世界120カ国以上で初登場No.1、数々の興行成績新記録を更新中の『デッドプール』製作・主演のライアン・レイノルズ。

セルフレス/覚醒した記憶s1アメリカではトム・クルーズやブラッド・ピットに続く国民的スターと認められています。

富も名誉も権力もすべてを手に入れた代わりに、家族の愛に見放されたダミアンに、『ガンジー』でアカデミー賞®を受賞してからも3度のノミネートを果たした名優サー・ベン・キングズレー。

セルフレス/覚醒した記憶s2人類史上世紀の開発とも言える転送装置を創り上げたマッドサイエンティストのオルブライトには、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才科学者の秘密』のマシュー・グード。

監督は、『ザ・セル』『インモータルズ ─神々の戦い─』で悪夢のように残酷で、魔法のように美しい映像世界を作り上げてきた奇才ターセム・シン。頭脳の転送、頭の中に眠る他人の記憶など、誰も想像できない未知の映像に挑んでいる。

映画情報どっとこむ ralph Selfless_posterこの度公開されたポスタービジュアルは、背後が擦れたエドワードの肉体に転送された大富豪のダミアンが佇む姿が映し出され、

「彼らは脅威の“最終兵器”に変貌する―」

とキャッチコピーと併せて、「特殊な戦闘能力」を身に着けたダミアンの変貌が本作の大きな見どころであることを感じさせる、近未来感溢れるビジュアルに仕上がっています。


セルフレス/覚醒した記憶

9月1日(木)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーです!

公式サイトURL:
www.selfless.jp

***********************************


監督:ターセム・シン(『ザ・セル』『インモータルズ ─神々の戦い─』)

出演:ライアン・レイノルズ、ベン・キングズレー、マシュー・グード、ナタリー・マルティネス、ミシェル・ドッカリー、ヴィクター・ガーバー、デレク・ルーク 他

2015年/アメリカ/117分/5.1ch/シネスコ
字幕翻訳:松浦美奈
© 2015 Focus Features LLC, and Shedding Distribution, LLC.