「ベン・ウィショー」タグアーカイブ

今度は英国。紳士なクマ!映画『パディントン』ポスター解禁!


世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童書「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した『パディントン』。2016年1月15日(金)より全国公開となります。

そのキュートなポスタービジュアルが到着しました!

パディントン_ポスター赤い帽子とダッフルコートがトレードマークの紳士なクマの“パディントン”。

解禁されたポスタービジュアルでは、クリクリした目と思わずさわりたくなるようなもふもふした毛並み、ちょっと野生的。

大好物のマーマレードを常備して、スーツケースに礼儀正しくちょこんと座る姿がなんとも愛らしい!舞台は大都会ロンドン。

最も有名な時計台「ビッグベン」、赤い制服に黒い帽子をかぶった「近衛兵」、赤い2階建ての「ロンドンバス」に「電話ボックス」、、、とロンドンの街並みが青い空に映え、ポップでカラフルなパディントンワールドが広がる。

パディントン
“小さな紳士”のパディントンが、ペルーのジャングルの奥地からロンドンで大冒険を繰り広げるさまを描いた本作。

この冬、映画史上もっとも紳士なクマが、ハッピーと笑顔をとどけます!

パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショー

公式サイト:paddington-movie.jp


********************************************************************

出演:
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド

配給:キノフィルムズ
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
   


紳士なクマ『パディントン』日本公開決定!特報映像解禁!


ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)より全国公開されることがわかりました。

今回のしゃべる熊は、とっても紳士!!

世界40ヶ国語で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した『パディントン』。

パディントン
本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録し、アメリカをはじめ全世界で321億円を超える大ヒットを記録!アメリカ映画批評サイトRottenTomatoでは「98%Flesh!」という驚異の支持を集めました。

そして、日本公開決定のお知らせと共に特報も到着!!!

舞台は、イギリスの首都・ロンドン。ペルーのジャングルの奥地からパディントン駅にやってきたのは、真っ赤な帽子を被った小さな紳士。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・“クマ”だから!

今回、解禁された映像には、映画史上もっとも紳士なクマ“パディントン”がひょっこり顔出す愛らしい姿がおさめられている。やっと出会った親切なブラウン一家に “パディントン”と名づけられた彼が、どんな心躍る冒険を繰り広げるのか!!



パディントンの声を担当したのは、『007 スペクター』のベン・ウィショー。

ブラウン一家には、「ダウントン・アビー」の英国伯爵グランサム役で日本でもおなじみのヒュー・ボネヴィル、 『ブルー・ジャスミン』のサリー・ホーキンス。『ハリー・ポッター』シリーズのジュリー・ウォルターズやジム・ブロードベントも出演。さらに、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセントに、『めぐりあう時間たち』でアカデミー賞®を獲得し『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』でグレース・ケリーを演じ話題になったニコール・キッドマン、と豪華キャストが集結しました。

作っているのは、『ハリー・ポッター』の全シリーズ、『ゼロ・グラビティ』を手掛けたデヴィッド・ハイマンなんです!

この冬、映画史上もっとも紳士なクマが、ハッピーと笑顔を届ける!
ご期待ください!

パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショー

公式サイト:paddington-movie.jp

********************************************************************

出演:
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、
ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、
ベン・ウィショー(声の出演)

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
  


誰もが心奪われた。ロンドン、愛の物語『追憶と、踊りながら』予告編


LILTING追憶と踊りながらポスターベン・ウィショー最新主演のイギリス映画

追憶と、踊りながら

5月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

その、感涙必至の予告編が完成!!

誰もが心奪われた。

ロンドン、愛の物語。

ロンドンの介護ホームでひとり暮らすカンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)。

英語ができない彼女の唯一の楽しみは、優しく美しく成長した息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会にくる時間。しかしカイは、自分がゲイで恋人リチャード(ベン・ウィショー)を深く愛していることを母に告白できず悩んでいた。そして訪れる突然の悲しみ。

リチャードはカイの”友人”を装ったまま、ジュンの面倒をみようとするが……。

ベン・ウィショーのふとした視線の動きや声の揺れだけで愛する人を失った悲しみを繊細に伝え、瞬間のまなざしの強さに情熱を溢れさせるベンの演技に惹きつけられます。

これまで、18世紀や19世紀の青年やロックスターなどを特徴的なキャラクターが多かったベンだが、本作では現代のロンドンに暮らす普通の青年。等身大の佇まいを初めてスクリーンで見せているのも大きな魅力です。

また、ベン演じるリチャードの恋人の母親ジュンには、武侠映画の伝説のヒロインだったチェン・ペイペイ。ペイペイのイメージを一新する静かな演技とともに、リチャードの恋人を演じる新人アンドリュー・レオンの美しさも要チェックです。


監督は、カンボジア生まれでロンドン・ベースの若手ホン・カウ、待望の長編第一作。デビュー作として異例のオープニング作品に選ばれたサンダンス映画祭では、見事撮影賞を受賞、ブリティッシュ・インディペンデント・アワードやBAFTA英国アカデミー賞でも多数ノミネートされています。
2014サンダンス映画祭オープニング作品 最優秀撮影賞受賞
2014ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード
主演女優賞(チェン・ペイペイ)/プロダクション賞/新人監督賞ノミネート
2015 BAFTA英国アカデミー賞 英国デビュー賞(ホン・カウ)ノミネート

予告編は、中国系のジュンが愛する李香蘭(山口淑子)が歌う名曲「夜来香」で幕開けし、ジュンとリチャードとの関係性が明かされていくなかで、息子の真実を知らない母と、真実を隠し続けようとする青年の葛藤を垣間見せます。

恋人への愛の大きさゆえに、感極まって言葉を失い、涙するリチャードの姿に予告編だけでも胸しめつける。

あなたが<母>なら?

あなたが<恋人>なら?

という問いに、本編でぜひ答えを。



追憶と、踊りながら

公式サイト:www.moviola.jp/tsuioku

********************************************************************

監督・脚本:ホン・カウ

出演:ベン・ウィショー、チェン・ペイペイ、アンドリュー・レオン、モーヴェン・クリスティ、ナオミ・クリスティ、ピーター・ボウルズ

主題歌:「夜来香」(李香蘭)
原題:LILTING
イギリス映画|2014年|英語&北京語|カラー|1:2.35|5.1ch|86分|DCP 配給:ムヴィオラ

© LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014


ベン・ウィショー主演『追憶と、踊りながら』公開&邦題決定!


ベン・ウィショー(007 スカイフォール/クラウド アトラス)主演!
『追憶と、踊りながら』日本公開&邦題決定!ポスタービジュアル解禁!


イギリス映画「LILTING」を、『追憶と、踊りながら』の邦題で、5月23日(土)より新宿武蔵野館を皮切りに全国順次公開が決定しました!

LILTING追憶と踊りながらポスター原題の「LILTING」には、“軽やかな、弾むような”という意味があります。
邦題にもそんなニュアンスが生かされていて、今回解禁されたビジュアルは、ベン・ウィショーとチェン・ペイペイの繊細な表情を捉えた写真をメインに、物語のキーとなるアンドリュー・レオンがまるで追憶の中のように浮かび上がっている。

果たして、この三人におこるドラマとは?愛する者を失った喪失の痛みと、それでも消えることのない記憶の輝きを、深くやさしく描き、溢れる涙をいつしか軽やかな旋律に変える追憶と、踊りながら。

キャストは・・・

衝撃的な『パフューム ある人殺しの物語』での映画主演デビュー以来、『クラウド アトラス』や「007」シリーズのQ役など数々の作品で強い印象を残し、現在の英国俳優ブームをベネディクト・カンバーバッチらとともに牽引する、ベン・ウィショー。共演に、アジア映画の伝説のヒロインとして知られるベテラン女優チェン・ペイペイ。

この2人が驚くべき化学反応で映画を輝かせ、サンダンス映画祭のオープニングを飾り、見事撮影賞を受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・アワードでは主演女優賞、プロダクション賞、新人監督賞の3部門にノミネート、BAFTA英国アカデミー賞でもホン・カウ監督が英国新人賞にノミネートされた注目作です。

2014サンダンス映画祭オープニング作品 最優秀撮影賞受賞
2014ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード
主演女優賞(チェン・ペイペイ)/プロダクション賞/新人監督賞ノミネート
2015 BAFTA英国アカデミー賞 英国デビュー賞(ホン・カウ)ノミネート


ロンドンの介護ホームでひとり暮らすカンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)。英語ができない彼女の唯一の楽しみは、息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会にくる時間。ジュンは、息子の友人リチャード(ベン・ウィショー)が嫌いだ。けれどリチャードは、彼女の幸福を気にかけ、ジュンが同じホームの英国人男性アラン(ピーター・ボウルズ)と交際できるよう、言葉が通じない彼らのために通訳を雇うが……。

追憶と、踊りながら

公式HP:www.moviola.jp/tsuioku

********************************************************************

監督・脚本:ホン・カウ
出演:ベン・ウィショー、チェン・ペイペイ、アンドリュー・レオン、モーヴェン・クリスティ、ナオミ・クリスティ、ピーター・ボウルズ 
主題歌:「夜来香」(李香蘭)原題:LILTING イギリス映画|2014年|英語&北京語|カラー|1:2.35|5.1ch|86分|DCP 配給:ムヴィオラ
© LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014