「ベルリン国際映画祭」タグアーカイブ

ベルリン国際映画祭にて長久允監督『ウィーアー リトルゾンビーズ』欧州プレミア


映画情報どっとこむ ralph 長久允監督が長編作品に初挑戦した『ウィーアー リトルゾンビーズ』が異例の早さで本年のサンダンス映画祭からの招待を受け、先日ワールドプレミアで上映されました。その結果はなんと、見事日本人初の快挙となる審査員特別賞オリジナリティ賞を受賞!


そしてこの度、開催中の第 69 回ベルリン国際映画祭にて、現地時間の 2 月 8 日(金)(日本時間 9 日)ジェネレーショ部門のオープニングセレモニーが行われ、本作のヨーロッパプレミアが上映されました。

映画情報どっとこむ ralph 会場に長久允監督と主演の二宮慶多さんが登場すると、日本から訪れた若き天才二人を「ようこそ」と招き入れるかのように暖かな拍手が巻き起こった。

上映前の舞台挨拶では、

長久監督:この映画は『ウィーアーリトルゾンビーズ』という名前なんですが、ゾンビはでてきません。ご めんなさい(笑)でもきっと楽しんでもらえると思います。

と会場をわかせ温かく受け入れてくれたベルリンの地に感謝の気持ちを述べた。続いて主演の二宮慶多さんは 12 歳にして初めてのベルリン国際映画祭の舞台に立ち、緊張した様子だったが

二宮君:この映画には僕 自身も共感できる部分がたくさんあって、見るたびに新しい発見があります。だからこの映画は、ヒカリやリトルゾンビーズだけのものではなく、僕らの世代、みんなのための物語です。ぜひ楽しんで見てください。

としっかりとした言葉でコメント。
120 分の上映が終わると、会場のボルテージは最 高潮に達し、日本の新しく若い才能の持ち主に熱い拍手が送られた。再び登壇した長久監督に質問が殺到。

企画の開発から、キャスティング、幸福についての考え方まで幅広いなかで質問が相次いだ。観客からは映像表現や音楽シーンの感動はもちろん、“死” に関する観点の面白さや“幸福とは”といった本作のもつ哲学的、概念的なエッセンスを指摘する感想も多く挙げられた。 ベルリン国際映画祭は社会派の作品が集まる傾向があり、毎年世界各国から 選りすぐられた作品は世界に向けて発信され、受賞作品の多くは世界的な興行 で成功を収めている。近年は若手の新人監督発掘に力を入れており、同映画祭から輩出される監督は常に注目を集めている。

これまでに 441 本の日本映画が上映されており、 黒澤明監督、今井正監督、 今村昌平監督、 宮崎駿監督、園子温監督など、数多くの監督や俳優が賞の受 賞を経験している。2018 年度は行定勲監督の『リバーズ・エッジ』、黒沢清監督 の『予兆 散歩する侵略者 劇場版』、山中瑶子監督作『あみこ』などが正式出 品された。そんな中、長久監督は本映画祭に“正式招待”され期待度が高いだ けに、受賞への兆しが、より現実味を帯びてきた。 授賞式は現地時間 2 月 15 日(金)15 時(日本時間 15 日(金)23 時)からスタ ート。何かと“初”が続く長久允監督の恐るべき才能に、ジェネレーション部門の 最優秀賞であるクリスタル・ベア賞の日本人初の受賞に期待がかかる!


ヒカリ役・二宮慶多
<プロフィール> 2006年8月13日生まれ、愛媛県出身。2011年デビュー。主な出演作に「半 沢直樹」(TBS/13)、『そして父になる』(13)、「希望ヶ丘の人々」 (WOWOW/16)、『八重子のハミング』(17)、「アイアングランマ 2」(NHK BS プレミアム/18)、『旅猫リポート』(18)などがある。

長久允監督 <プロフィール> 1984年生まれ、東京都出身。大手広告代理店にてCMプランナーとして働く 傍ら、映画、MV などを監督。2017 年、脚本・監督を務めた短編映画『そうし て私たちはプールに金魚を、』が第 33 回「サンダンス映画祭」ショートフィル ム部門にて日本人史上初めてグランプリを受賞した。今作が長編映画デビ ュー作となる。


映画情報どっとこむ ralph
映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』

サンダンス映画祭グランプリ監督と、感情をなくした 4 人の 13 歳。 2019年、新時代の才能による、映画革命 ★2019 年サンダンス映画祭 World Cinema Dramatic Competition 部門正式招待作品 ★第 69 回ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門正式招待・オープニング作品 第 33 回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、埼玉県・狭山市で実際にあった事件を題 材とした短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』が、日本映画初のグランプリを獲得した監 督・長久允。審査委員から「これまで誰も見たことがない!何にも似ていない!」とその圧倒的な オリジナリティと表現力から“ネオジャパニーズ”と称された長久允監督の長編デビュー作となる。 物語の主人公であり、劇中バンド<リトルゾンビーズ>を演じるのは、『そして父になる』にて福山 雅治の息子役を演じた二宮慶多。テレビ CM や『クソ野郎と美しき世界』での好演も記憶に新しい中島セナ。ドラマ『嘘の戦争』など多くの作品に出演 するぽっちゃり俳優水野哲志。天才似顔絵師として話題の奥村門土。4 人の新しい才能の発掘により、瑞々しくもかつてない少年少女像が誕生し た。 また、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮、村上淳など日本を代表する豪華名優たちも、監督の才能に共感して大集結!「音楽を通 じて成長する子どもたち」といった普遍的な物語を、まるで冒険RPGゲームを想起させるかのようなギミック満載の映像表現や、天性のリズム感で放 たれ続ける台詞回しなど、その独創的スタイルが観るものの想像力を掻き立てる!
〈ストーリー〉
「両親が死んだ。悲しいはずなのに泣けなかった。
彼らはゴミ捨て場でとびきりのバンドを組むと決めた。こころをとりもどすために」 火葬場で出会ったヒカリ(二宮慶多)、イシ(水野哲志)、タケムラ(奥村門土)、イクコ(中島セナ)は両親を亡くしても泣けなかった。ゾンビのように感 情を失った少年少女たちはこころを取り戻すために、もう誰もいなくなってしまったそれぞれの家を巡リ始める。冒険の中でたどり着いたゴミ捨て場で、 結成したとびきりのバンド、その名も“LITTLE ZOMBIES”。そこで撮影した映像が話題となり、社会現象となるまでに大ヒット。しかし、小さなゾンビた ちは予想もしない運命に翻弄されていく。嵐のような日々の中で、4 人が最後に見つけたのはー?


***********************************


脚本・監督:長久 允 (サンダンス映画祭短編部門グランプリ 『そうして私たちはプールに金魚を、』)

出演:二宮慶多 水野哲志 奥村門土 中島セナ 佐々木蔵之介 工藤夕貴 池松壮亮 初音映莉子 村上淳 西田尚美 佐野史郎 菊地凛子 永瀬正敏 <出演順>康本雅子 夏木ゆたか 利重剛 五月女ケイ子 山中崇 佐藤緋美 水澤紳吾 黒田大輔 忍成修吾 長塚圭史 池谷のぶえ 戌井昭人 赤堀雅秋 清塚信也 山田真歩 湯 川ひな 松浦祐也 渋川清彦 かっぴー いとうせいこう CHAI 菊地成孔 森田哲矢(さらば青春の光) 吉木りさ(声) 柳憂怜 三浦誠己

製作:吉崎圭一/新井重人/水野道訓/井上肇/加太孝明 プロデューサー:山西太平/ 高橋信一/ 横山治己/ 長谷川晴彦 ラインプロデューサー:鈴木康生/小柳智則 アソシエイトプロデューサー:國枝礼子/橘佑香里/熊澤瑠里 撮影:武田浩明 照明:前島祐樹 サウンドデザイン:沖田純之介 美術:栗林由紀子 装飾:渡辺誉慶 衣裳:下山さつき ヘアメイク:光野ひとみ 助監督:平井淳史 キャスティング:田端利江 スクリプター:大西暁子 演出補:長田亮 制作担当:宮森隆介 編集:稲本真帆 カラリスト:根本恒 VFX スーパーバイザー:二瀬具洋 音楽プロデューサー:山田勝也 リトルゾンビーズ音楽:LOVE SPREAD リトルゾンビーズ衣裳:writtenafterwards リトルゾンビーズメイク:加茂克也 アートワーク:magma 8bit デザイン/オープニング:たかくらかずき アートディレクション/ロゴデザイン:間野麗 製作幹事:電通 配給:日活 制作プロダクション:ROBOT 特別協賛:フェイスマスクルルルン/ グライド・エンタープライズ ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS(電通/日活/ソニー・ミュージックエンタテインメント/パルコ/ ROBOT)


映画『リバーズ・エッジ』ベルリン国際映画祭・国際映画批評家賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 岡崎京子原作の伝説のコミックを原作に、行定勲監督が手掛け欲望と焦燥の中で生きる若者たちの姿を鮮烈に描いた『リバーズ・エッジ』。

本年度のベルリン国際映画祭でのパノラマ部門のオープニング作品として出品されていたが、この度、国際批評家連盟賞を受賞することが決定し、現地時間23日18時より授賞式が行われました。

レッドカーペット時の写真


映画情報どっとこむ ralph 由緒ある賞の二度目の受賞という快挙に、

行定監督:まさかの受賞を心から嬉しく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とその凄さが世界に認められたことを誇りに思います。

と喜びのコメン。また、映画祭オープニングのレッドカーペットを飾ったメインキャストの2人からも感激のコメントが届いている。


映画情報どっとこむ ralph 二階堂ふみさんからのコメント
二階堂さん:夢のようです!行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。本当に本当にダンケシェンです!
初日舞台挨拶時の画像


吉沢亮さんからのコメント
吉沢さん:とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたことはこれからの役者人生において、とても大きな力になる気がしています。リバーズ・エッジがこんなに素敵な賞を頂けたこと、リバーズ・エッジに出会えたことを誇りに思います。みんな見てね!
初日舞台挨拶時の画像


映画情報どっとこむ ralph 国際批評家連盟賞は、コンペ、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られる賞で、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。

邦画がパノラマ部門で同賞を受賞するのは、実は2010年の行定勲監督の『パレード』以来。ベルリンでの上映後、観客からは「役者の感情表現が信じられないぐらい奥深かった」(男性)、「登場人物たちは少年少女でありながら、とても大人びていることに衝撃を覚えた」(女性)などの感想が上がっていた。

過去のベルリン国際映画祭での国際批評家連盟賞は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』をはじめ、市川準監督、大林宣彦監督、相米慎二監督、SABU監督、園子温監督ら日本を代表する監督たちが受賞してきた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『リバーズ・エッジ

は、現在全国絶賛公開中です!
movie-riversedge.jp

⾃由に⽣きようとする女子高生・ハルナを演じるのは、圧倒的な存在感と演技⼒で、20 代の⼥優の中で唯⼀無⼆の光を放つ⼆階堂ふみ。執拗なイジメを受けるゲイの山田には、主演待機作が⽬⽩押しの⼈気俳優、吉沢亮。そして、摂⾷障害を起こしているモデルのこずえにSUMIRE、暴⼒の衝動を抑えきれないハルナの恋⼈・観⾳崎に上杉柊平。さらに山田への異常な愛を加速させるカンナに森川葵と、これからの⽇本映画の新時代を担っていく華やかな若⼿俳優たちが集結し、その実⼒をいかんなく発揮!衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで⾶び込み、リアルで鮮烈な「⽣」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京⼦と親交があり、その固い絆で知られる⼩沢健⼆が書き下ろし、ひとつの⻘春の終わりを暖かな希望の光で包み込んでいる。
***********************************


出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社


主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』日仏共同製作、海外セールス決定!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。

この度、河瀬直美監督『あん』、黒沢清監督『岸辺の旅』、深田晃司監督『淵に立つ』などのプロデューサーとして知られる澤田正道氏が本作のコー・プロデューサーとして名を連ね、海外セールスを大手MK2が担当、本作が国際映画として製作されていることがわかりました。

現在開催中のベルリン国際映画祭のマーケットでも情報解禁され、すでに『ハッピーアワー』でロカルノ国際映画祭をはじめ国際的に高い評価を得た濱口監督の商業デビュー作とあって、世界中の映画関係者から注目を浴びています。

映画情報どっとこむ ralph フランスを拠点に活躍する映画プロデューサー澤田正道氏は、河瀬直美監督『2つ目の窓』(2014年)、『あん』(2015年)、黒沢清監督『岸辺の旅』(2015年/ある視点部門監督賞受賞)、深田晃司監督『淵に立つ』(2016年/ある視点部門審査員受賞)、河瀬直美監督『光』(2017年)と、手がけた作品が4年連続でカンヌ国際映画祭に正式出品されるなど、日本の才能を世界に広めてきた第一人者。その彼が、濱口監督の才能に惚れ込み、本作への参加を決めた。

そして、本作の海外セールスを担当するのはMK2。オリヴィエ・アサイヤス、ジャ・ジャンクー、グザヴィエ・ドラン、ヨルゴス・ランティモスなど鬼才たちの映画の共同制作、海外セールスを手がけ、また、チャップリン、トリュフォー、キアロスタミ、キェシロフスキ、デヴィット・リンチ、バスター・キートンなどの名作の数々をリストアし上映してきたフランスが誇る映画会社。新たな才能発掘には定評があり世界のバイヤーから絶大な信頼を寄せられているMK2が、濱口監督の新作と聞いて本作に飛びついた。


ベルリン国際映画祭よりコメント到着!

澤田正道氏コメント
私はフランスにいて新しい才能との出会いには常に興奮を覚えます。濱口監督の『ハッピーアワー』5時間17分を思わず一気に見てしまった時の喜びは3つ星のレストランで3時間を過ごすより豊かでした。私は偶然にも本作の原作「寝ても覚めても」を読んでいて、この映画的語り方に惹かれていました。その偶然性も重なり作品が私を呼び寄せてくれた予感がします。世界に向けて日本の新しい世代の先端を走り続けてほしい作家です。

MK2 ジュリエット・シュラメックコメント
濱口竜介監督『寝ても覚めても』の脚本を読んで、私は興奮し、すぐに参加を決めました。MK2は常に新たな才能との出会いを大切にしてきました。今回、近年稀に見る、日本の若き“将来の巨匠”の作品にコミットできることをとても嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph 寝ても覚めても

晩夏、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

本作は、ミステリアスな自由人・麦(読み:ばく)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をしたふたりの男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描く恋愛映画。

濱口監督が、原作が持つストーリーの荒唐無稽さと緻密な生活描写に惚れ込み自ら映画化を熱望、メガホンを取っています。

東出昌大は、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・麦と亮平という初の一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じています。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子といった豪華キャストが脇を固めている。

あらすじ・・・
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(読み:ばく)と運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。
戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが―。

www.bitters.co.jp/netemosametemo

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか
瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / comme des cinéma
    


二階堂ふみ、吉沢亮、行定勲監督ベルリン凱旋「リバーズ・エッジ」公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2月18日キャスト・監督登壇付きのベルリン凱旋・公開記念舞台挨拶を開催する運びとなりました。

⽣きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描き出し、⻘春漫画の⾦字塔として今なお熱狂的な⽀持を集める岡崎京⼦の「リバーズ・エッジ」がついに映画化!2月16日に公開となりました。

そして!第68 回ベルリン国際映画祭パノラマ部⾨で上映された本作。⼆階堂ふみさん、吉沢亮さん、⾏定監督が現地でレッドカーペットやQ&Aを行った後に3名が帰国。森川葵さん、上杉柊平さん、SUMIREさん、土居志央梨さんも登壇しての凱旋・公開記念舞台挨拶を行いました。

さらに、主題歌を担当している小沢健二さんからのサプライズの手紙の朗読も。

「リバーズ・エッジ」ベルリン凱旋・公開記念舞台挨拶
日時:2月18日(日)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph ベルリンから昨日凱旋帰国したばかりの二階堂ふみさん、吉沢亮さん、行定勲監督と森川葵さん、上杉柊平さん、SUMIREさん、土居志央梨さんらが登場すると見終えたばかりのお客様から大きな拍手が!

二階堂さん:皆さんにこうしてお披露目できて本当にうれしく思います。

行定監督:二階堂ふみから「リバーズ・エッジ」やらないかと声を掛けられてから、本当に出来上がるのかと思った本作がこうして初日を迎えられてうれしく思っています。

第68 回ベルリン国際映画祭の感想を問われ
吉沢さん:会場の熱気も凄くて。僕は映画祭自体初めてだったので、お祭りみたいにワイワイやっていて。凄い楽しかったです!

と興奮気味に語る吉沢さん。
第68 回ベルリン国際映画祭
二階堂ふみ&吉沢亮&行定勲監督


二階堂さん:すごく緊張しました。この作品でベルリンに行くことが出来て幸せを感じました!

と、自分発信から出来上がった作品の海外映画祭への進出に感慨深げ。
二階堂さんによると現地の方々はプリントした写真を持ってきてサインをねだるそうで、行定監督の凄く若い写真とかを持ってくるファンもいたそう。

行定監督:今回3回上映完売だったそうで。熱気がありました。どの国もティーンを描くときはエッジが優し物ばかり。でもこの作品は違うので。ベルリン側も勇気があるし、刺さっている観客も多かったようです。感激しました。

一緒に観客と鑑賞して
吉沢さん:ドキドキでした、そこで笑うんだ!というところもあって。面白い発見でした。

二階堂さん:Q&Aも気付かされることもあって、そう解釈するんだと。一つの映画からこんなに多面的にものが見せられるのは刺激的でしたと。
海外の方たちの感じ方の違いも楽しんだよう。

映画情報どっとこむ ralph 実は二階堂さんと吉沢さんは94年生まれで、羽生結弦選手と同じ年。バスの中で羽生さんの話題で持ち切りだったそう。特に上杉さんは泣くほどハマったそうで。

上杉さん:テレビの前で、観ることが出来て幸せでした。
羽生さんのマネも飛び出しました!

映画情報どっとこむ ralph そして、話は映画の方へ。森川さんは、役柄と似ているそうで、
森川さん:編み物が好きなのが似ていて、編み物はもともとやっていたので、演技の方に集中できました。ベレー帽はこの映画からもっと好きになりました。
と、可愛らしい森川さん。

上杉さんは、演じる熱量が大きすぎたのか、衣裳の靴を壊したそう。
上杉さん:当時のものを用意してくれて、パッと見たらそこだけ抜けちゃって、途中で色違いの自前のものに変えました。動きが激しかったからかなと。

SUMIREさんは行定組は初めて、そして過食のシーンは大変だったのでは?というMCさんに
SUMIREさん:演技自体の経験があまりないんです。でも過食&吐くシーンはこの映画の世界観に必要だと。

行定さん:まじ吐きますか?って。気持ちだけもらいました(笑)
SUMIREさん:行定組は初めてですが、共演者が同じぐらいの年だったのでみんな話しやすかったので、楽しかったです。二階堂さんと吉沢さんは思っていたより気さくでした。

と話すSUMIREさんに

二階堂さん:SUMIREさんと柊平君がムードメーカーでした!
上杉さん:僕とSUMIREさんがよくいじられてました!

土居さんも体を張った演技もさることながら、衣裳やメークも監督からの指示で大変だったそう。
土居さん:あんな格好(90年代)はしないのですが・・・前髪は原作のとおりに前髪を上に浮遊させたいと監督がおっしゃったので、現場で立ち上げました!でも段々下がってきて・・・大変でした。
映画情報どっとこむ ralph 吉沢さんは、苦労した点を聞かれ
吉沢さん:周りから見られているのものとのギャップ。余白をどう埋めるのか。ずっと悩んで。でもそういう役を出会えるのは役者として幸せでした。

と、語ります。

原作に16歳で出会って、ずっと映画化したかったそうで
二階堂さん:叶うもんなんだなと。この7年間の中での出会いがすべて、こうやって、結実したので、私にとって意義のある大切な作品になりました。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を担当している小沢健二さんからのサプライズの手紙の朗読が行われ、

二階堂さん:感無量です。

行定監督:映画が完成するということは奇跡的なこと。二階堂ふみと出会って、リバーズエッジ興味あるかと聞かれ、ないわけがないが、できるのか?という思いがありました。私がやるにはもう時間がないと二階堂ふみが言うわけです。ある種若い後輩からの挑戦状。おっさんが動く。多くの力を借りて奇跡的に、今日皆さんに観ていただいて帰結しています。できれば多くの人に広がってくれればと思っています。

と、イベントは終了。

今日イチの笑顔をいただきました!ありがとうございます!


映画『リバーズ・エッジ』は絶賛!全国ロードショーです。

movie-riversedge.jp

⾃由に⽣きようとする⼥⼦⾼⽣・ハルナを演じるのは、圧倒的な存在感と演技⼒で、20 代の⼥優の中で唯⼀無⼆の光を放つ⼆階堂ふみ。執拗なイジメを受けるゲイの⼭⽥には、主演待機作が⽬⽩押しの⼈気俳優、吉沢亮。そして、摂⾷障害を起こしているモデルのこずえにSUMIRE、暴⼒の衝動を抑えきれないハルナの恋⼈・観⾳崎に上杉柊平。さらに⼭⽥への異常な愛を加速させるカンナに森川葵と、これからの⽇本映画の新時代を担っていく華やかな若⼿俳優たちが集結し、その実⼒をいかんなく発揮!衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで⾶び込み、リアルで鮮烈な「⽣」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京⼦と親交があり、その固い絆で知られる⼩沢健⼆が書き下ろし、ひとつの⻘春の終わりを暖かな希望の光で包み込んでいる。



***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
 


映画『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭にRADWIMPS・野田洋次郎と夏木マリの参加決定!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年5月より全国公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーション。
この度、第68回ベルリン国際映画祭に日本人ボイスキャストを代表して、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんの参加が決定しました!!

カンヌ、ベネチアと並んで世界三大映画祭のひとつとして数えられるベルリン国際映画祭。

そんな盛大な祭典のオープニングで開催されるレッドカーペットに本作の日本人ボイスキャストを代表し、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんが初参加!
野田さん:今回『犬ヶ島』のワールドプレミア上映に際し、はじめてベルリン国際映画祭に行かせて頂きます。ひょんな流れから出演のお話をもらい、まさか映画祭にまでお邪魔できるとは想像もしていませんでした。せっかくなのでまだ出会っていない共演者、監督たちと共に楽しんできたいと思っています。

と意気込みを明かし、

夏木さん:ある日、私がiPhoneで録音した声がベルリン国際映画祭のオープニングになるなんて、ビックリ仰天!!!!!
とオープニング作品に選ばれたことに対して喜びのコメントを寄せています。未だ本作ワールドプレミアの全登壇者が発表されていないことから世界中からますます期待が高まっている本年度のベルリン映画祭。日本を敬愛するウェス・アンダーソン監督から本作のキャスティングを受けた2人は世界の映画ファンにどのように迎えられるのか?前例のない顔ぶれがそろう過去最大のレッドカーペットでのふたりの活躍、そしてコンペティション部門での本作の受賞結果に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph また、併せて提供開始させていただく場面写真では愛犬を探す主人公の少年と、首輪、服、犬種から個性的際立つ犬たちの姿が公開!これまでの作品でも風変りな性格を持つキャラクターたちを数々生み出してきた監督ですが、本作で登場する犬たちはそれぞれどんなキャラクター性を持ち合わせているのか・・?さらに、主人公が身につけている衣服には日本語の文字も垣間見え、ウェス・アンダーソン監督独特の世界観で日本の文化がどのように描かれるのかますます期待が膨らみます!

単に日本を舞台としているだけでなく、天才監督、ウェス・アンダーソン監督の視点を通じた日本のカルチャーを世界へ発信する一大プロジェクト『犬ヶ島』は、世界の観客の目にどのように写り込むのか?

本作は、声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣も参加しています。


『犬ヶ島』
原題『Isle of Dogs』

2018年5月、全国公開です。
***********************************

監督:ウェス・アンダーソン
声優陣:
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ
日本人ボイスキャスト:
RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙