「プレミア」タグアーカイブ

サバイバルホラー『クワイエット・プレイス(原題)』 エミリー・ブラントら登壇NYプレミア


映画情報どっとこむ ralph エミリー・ブラント主演、ジョン・クラシンスキー出演・監督のサバイバルホラー最新作『クワイエット・プレイス(原題)』が、4月6日(金)にアメリカ公開されます。

この度、本作の公開を記念して、4月2日 [現地時間] に、NYプレミアが開催されました!!!
会場には主演のエミリー・ブラントをはじめ、ジョン・クラシンスキー、二人の子供達を演じるミリセント・シモンズ、ノア・ジュペが登場し、ファンの声援に応えました。



『クワイエット・プレイス(原題)』NYプレミア
日程:4月2日 [現地時間]
場所:AMCリンカーンスクエア
参加キャスト・スタッフ:
ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュペ等

映画情報どっとこむ ralph 音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り生き延びる1つの家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、音にだけ反応する。その“何か”に聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らに、想像を絶する恐怖が降りかかる―。と言う本作。

プレミア会場では、ホラー映画らしい黒を基調とした装飾に、鮮やかなレッドカーペットが敷かれイベントがスタート!!

豪華キャスト・スタッフ陣を一目見ようと、多くのファンとマスコミ陣が会場に詰めかけ、熱気に包まれるなか、主演のエミリー・ブラントが、ワインレッドとフリルのピンクの組み合わせが美しいオスカー・デ・ラ・レンタのドレスでプレミアに到着。出演と監督を兼ねるジョン・クラシンスキーら豪華面々が続々と登場。

映画情報どっとこむ ralph Rotten Tomatoes 100%の前評判の影響もあってか会場には、ライアン・レイノルズ『デッドプール』とブレイク・ライブリー「ゴシップ・ガール」夫妻や、スタンリー・トゥッチ『トランスフォーマー/最後の騎士王』、ジョーダナ・ブリュースター『ワイルド・スピード』ら豪華セレブが続々と来場し、会場は歓声に包まれ大盛り上がりとなりました。

静寂に包まれた世界で、3人の子供を育てる母親エヴリンを演じたエミリー・ブラントは作品の出来に関して、

「この作品に関わった全ての人にとって、とても愛着を持てる特別な作品となりました。」

と語り、夫のリー役を演じたジョン・クラシンスキーは、自ら監督も務めた本作について

「これだけ一本の作品に尽力したことはなく、最も興味深い体験になった。しかも、それを妻と共に成し遂げたので最高だったよ。是非また彼女と一緒に仕事をしたいね。」

と撮影を振り返り、実生活でも夫婦であるエミリー・ブラントとの共演を喜びました。

また、とても奇抜なアイデアを脚本にまとめ上げた注目の新鋭脚本家コンビのブライアン・ウッズとスコット・ベックは、

「無音の静寂とそれを断ち切る恐怖の連続に、観客は他では経験したことの無いような、予測不可能なジェットコースターに乗ったような経験をすることになる。」

と作品のオリジナリティ溢れる恐怖体験に自信をのぞかせました。

エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキーはプレミアの間、共演した子役のミリセント・シモンズとノア・ジュペと終始コミュニケーションを取り、まるで本当の家族のような絆を見せつけ、ファンサービスも熱心にこなし、熱狂的な雰囲気に包まれたプレミアイベントは大盛り上がりの中、幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『クワイエット・プレイス(原題)』
原題:A Quiet Place



音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り生き延びる1つの家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、音にだけ反応する。その“何か”に聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らに、想像を絶する恐怖が降りかかる―。

本作は、3月に開催された映画や音楽など様々なエンタテイメントが集う世界最大マルチメディアの祭典、サウス・バイ・サウスウエスト2018(SXSW)で初めてお披露目され、そのスリリングなシチュエーションと息つく暇も無い恐怖に、会場は大絶賛の嵐に包まれた。その後も、激賞の声は留まることを知らず世界最大映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、『ゲット・アウト』や『ドント・ブリーズ』を超える驚異の100%という、ホラー映画としては前代未聞のスコアを叩きだし、大きな話題を集めている。(2018年4月2日現在)

Emily Blunt in A QUIET PLACE, from Paramount Pictures.


静寂に包まれた世界で、3人の子供を育てる母親エヴリン役には、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の実力派女優エミリー・ブラント。彼女を支える夫リー役には、実生活でもエミリーと夫婦で知られる『プロミスト・ランド』の演技派ジョン・クラシンスキーが扮し、監督も務めている。他にも、聴覚障害を持った娘役は、自身も役柄と同じ障害を持つ『ワンダーストラック』の新星ミリセント・シモンズが好演。製作は『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイと、その製作会社「プラチナム・デューンズ」が手がけている。

***********************************

監督・脚本・出演:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ- 
キャスト:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュペ
全米公開:4月6日

配給:東和ピクチャーズ
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


宮沢りえ、森川智之、朴璐美、サラ・オレイン登壇!『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』Jプレミア


映画情報どっとこむ ralph フィンランドの作家、トーベ・ヤンソン原作。世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。その映画最新作となるパペットアニメ『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』が2017年12月2日(土)より丸の内TOEIほか全国公開となります。

そして、丸の内TOEIにてジャパンプレミアを開催。
主役のムーミントロールの声を務めた宮沢りえさん。声優界中でも超実力派である森川智之さん、朴璐美さん。そして主題歌「ウィンターワンダーランド」を担当した3オクターブの歌声を操る、サラ・オレインさんの4名とムーミン、スナフキン、リトルミイが登壇しました。

日付:11月14日
場所:丸の内TOEI
登壇:宮沢りえ、森川智之、朴璐美、サラ・オレイン
ムーミン、スナフキン、リトルミイ

映画情報どっとこむ ralph 会場にはまるで劇中から出てきたような、クリスマスツリーも用意され、一足先にクリスマスの雰囲気が満載のジャパンプレミア。サラ・オレインさんお歌が流れる中、それぞれのキャラクターと一緒にキャストが現れると、ムーミンファンでいっぱいの会場からは暖かな拍手が。

宮沢さん:小さな時から好きだったムーミンの声をやらせていただいて、興奮しましたし凄く幸せでした。新しいムーミンの魅力を感じていただければと思います。

森川さん:ムーミンと言う素晴らしい作品に参加できて光栄です。しかも、スナフキン、ムーミンパパ、ヘムレムさん、郵便配達員、メソメソの五役をさせていただきました!

朴さん:先輩方が演じてきたムーミンと言うことで、最初は大変緊張していました。台本をいただいたら、あっちもこっちも朴璐美、朴璐美、朴璐美。何かの間違いか思いましたが、13役一生懸命演じ分けました!
と話すレジェンド声優のお二人は、舞台挨拶でも笑のツボを心得ていらっしゃる。


主題歌を歌っているサラさんはオーストラリア人。
サラさん:ムーミンが子供のころから大好きで、このような夢のような恋会をいただけて光栄です。オーストラリア出身ですので、雪のクリスマスは体験してなくて、本作のムーミンと同じ感じでした。心の温まるパペットアニメ『ムーミン』楽しんで!THANK YOU VERY MUCH!

と挨拶。

映画情報どっとこむ ralph ムーミンは20代女性の99%が認知度。ムーミンの魅力は?

宮沢さん:いつも冬眠してしまうムーミンが、初めてクリスマスを経験するために奮闘するストーリー。凄く気持ちよかったですね。シンプルな中に豊かな表情が国境を超えて愛されるゆえんかなと思います。

と、話す宮沢さんですが、声を入れるにあたり
宮沢さん:今までのイメージや今回の海外版の声もあるので、私の声がムーミンのこの体に合わさったときにどう見えるのか?戸惑い話ありましたが新しいムーミンとして受け止めていただければ嬉しいなと思います。性別はあまり考えずに、ピュアな心と暖かな生活をしているムーミンを演じました。

一方、レジェンドながら、初ムーミンの森川さん
森川さん:昔TVシリーズのムーミンのオーディションをスナフキン役で受けてたんですけど・・・落ちました。たぶん、今回のために神様がとっておいてくれたのかなと。嬉しかったです。ファンの皆さんはキャラクターに対する愛情があるので、一生懸命5役演じました。

と、仰天の告白。
朴さん:誰が13役もやらせることを考えたんですかね?収録は何も考えずに、一つ一つ入れました!是非始まり方を楽しみに。

日本語版WINTER WONDERLANDだけでなく、本国の英語版もサラさんの歌府が使われていることに関して

サラさん:フィンランドから直接のオファーで日本語の主題歌のデモを入れて、母国語が英語なので英語も一応収録して送ったんです。そして、去年のクリスマスの頃にフィンランド大使館のSNSにムーミンの曲が二十何か国語でアップされていて、日本語版クリックして感動して、英語版も聞いてみたら、私ので。クリスマスプレゼントのようでした。本当に送ってみるもんだなと思いました。それから赤いリスの役の声も演じさせていただきました。ムーミンと話せたのは、ファンとしては嬉しかったです。
と、森川さんよりも仰天告白!チャレンジは必要です!

映画情報どっとこむ ralph クリスマスに欲しいもの

宮沢さん:新しいトランク。旅行に行きたいです。

森川さん:50なんですけど。健康な体がほしい。

朴さん:隅田パークスタジオソウで、12月12日から25日までしるべという劇に出ています。25日素敵な千秋楽を迎えておいしいお酒が飲めますように!

サラさん:ムーミンの故郷フィンランド旅行に行きたいです!

とジャパンプレミア舞台挨拶は終了。上映に。

物語・・・
はじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつきますが、好奇心いっぱ いのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。そこで知ったのは、まもなくやってくるという 「クリスマス」の存在。”クリスマスさん”って誰? どんな人? ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそうと大騒ぎ! やが てムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・・・・。ムーミンたちが初めてクリスマ スを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。


『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』
原題:『MOOMINS and the WINTER WONDERLAND』
公式サイトURL:
www.moominswonderland.jp

***********************************

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン

【エグゼクティブ・プロデューサー】トム・カーペラン
【声の出演】宮沢りえ、神田沙也加、森川智之、朴璐美
【主題歌】サラ・オレイン(ユニバーサル ミュージック)
【配給】東映 【コピーライト】
©Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters ™


『ジュラシック・ワールド』キャスト・スタッフ来日決定!


地球史上最大のテーマパークが遂にオープン!

ジュラシック・ワールド

が、いよいよ8月5日(水)より全国公開となります。

この度、本作の日本公開に合わせ、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソンらキャストをはじめ、コリン・トレボロウ監督、フランク・マーシャルプロデューサーの来日が決定いたしました!!

ジュラシック・ワールド2
誰もが待ち望んだ夢のテーマパークがここ日本でも開園を迎える事を記念し決定した今回の来日。

パークの最高責任者クレアを演じるダラス・ブライス・ハワードは、『ターミネーター4』以来約6年ぶりの来日となり、パークに訪れるグレイとザックを演じ、ハリウッドの新世代を担う若手俳優として注目されているタイ・シンプキンスとニック・ロビンソンは今回が初来日!

さらに、初の長編作がサンダンス映画祭で高く評価された気鋭の新人コリン・トレボロウ監督とスピルバーグ作品常連のプロデューサー、フランク・マーシャルも夢のテーマパークオープンを目前にやってきます!!

コリン・トレボロウ監督 ブライス(写真上)、タイ(写真下前方)、ニック(写真下後方)
来日ゲストは7月13日(月)に実施予定のプレミアイベントに参加予定で、主人公オーウェンの日本語吹替えを担当する玉木宏や、クレア役を演じる木村佳乃、グレイ役の松岡茉優ら日本版キャストと豪華対面を果たす予定です!

今回、主人公オーウェンを演じるクリス・プラットはスケジュールの都合で来日が叶いませんでしたが、
日本のファンに向けて、

「コンニチハ、日本のファンのみなさん!今回はみなさんの元へ行くことができずにごめんなさい。でも『ジュラシック・ワールド』を楽しんでくれると嬉しいな!またすぐに会えますように!アリガトウ。」

とメッセージを贈っています。

ジュラシック・ワールド3
『ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

8月5日(水)より全国公開
公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

********************************************************************

原題:Jurassic World
監督: コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和
Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment