「プリズン13」タグアーカイブ

堀田真由が壊れた看守役映画『プリズン13』予告映像&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界で最も邪悪な心理学実験として知られる、“スタンフォード監獄実験”を基に描く映画『プリズン13』の予告編と場面写真が公開。
『プリズン13』 監督・脚本は映画『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作。

主人公マリを演じるのは「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」などで鮮烈な印象を残す堀田真由。

その他、マリを救い出そうと奮闘する姉・ユマを歌手、タレント、女優など幅広く活躍する板野友美、ユマの夫・コウキをCM「au三太郎シリーズ」の前野朋哉、元ヤンキーの囚人グレを元Popteenモデルの中島健、看守長ゲーテをTVドラマ「SUITS/スーツ」の岩井拳士朗が演じる。

看守と囚人役に分かれ監獄で7日間過ごす実験により、理性が破壊された堀田が熱演を見せ、新境地を開拓している。

物語の主人公は、監獄実験の被験者となり、看守と囚人に別れた12人の男女。
むき出しになる被験者たちの邪悪な側面、実験をコントロールする13人目の存在Vtuberソフィアの正体捜しへの追及。
囚人と看守による壮絶なゲームの中、理性は失われ、事件は起こる。
果たしてこの密室から生き残ることはできるのか?

映画情報どっとこむ ralph 予告編は、壮絶な実験現場の様子が容赦なく映し出されていく。エスカレートしていく監獄実験を進めるマリの理性は遂に破壊される…。あわせて、マリとユマらをとらえた場面写真も公開された。地面にたたきつけられたマリの姿や、ユマとコウキが配信を見守るシーンなどを切り取っている。


映画情報どっとこむ ralph 『プリズン13』

は2019年8月30日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか公開です。

「プリズン13」
ストーリー
7日間の実験で100万円の高額報酬。
人気V tuberソフィアの公開実験<監獄実験>の被験者に選ばれたマリ(堀田真由)は、4m四方の巨大な檻が鎮座する奇妙な実験室にいた。囚人と看守に別れた被験者12人。看守となったマリだったが、優しさがアダとなり、囚人の暴走を許してしまう。怒り狂った看守たちは戯れを理由に、囚人たちを苛め抜き、マリの立場も危うくなっていく。そして、ヒートアップする実験をさらに煽る13人目の存在ソフィア。1日2回アップされる配信動画は、圧倒的な視聴回数を記録。配信を見守るマリの姉であるユマ(板野友美)は、夫のコウキ(前野朋哉)の助けを借り、マリを救出すべく動き出すが…。

***********************************

出演:堀田真由
中島 健  岩井拳士朗  矢野優花  芹澤興人  宇野祥平
伊藤麻実子  立石晴香  岡部 尚  宮下かな子  岡本智礼  近野萌子
前野朋哉    板野友美
監督・脚本:渡辺謙作『舟を編む』(日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞)
主題歌:「Fandom(Remix For A Film)」LEO今井
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C)2019「プリズン13」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

堀田真由主演 監督・脚本:渡辺謙作『プリズン13』特報映像&ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 物語の主人公は、監獄実験の被験者となり、看守と囚人に別れた12人の男女。

むき出しになる被験者たちの邪悪な側面、実験をコントロールする13人目の存在Vtuberソフィアの正体捜しへの追及。

囚人と看守による壮絶なゲームの中、理性は失われ、事件は起こる。果たしてこの密室から生き残ることはできるのか?監督・脚本は映画『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作。

主演は「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」などで鮮烈な印象を残す堀田真由。その他、監獄実験に参加した主人公マリを救い出そうと奮闘する姉・ユマを歌手、タレント、女優など幅広く活躍する板野友美、ユマの夫・コウキをCM「au三太郎シリーズ」の前野朋哉、元ヤンキーの囚人グレを元Popteenモデルの中島健、看守長ゲーテをTVドラマ「SUITS/スーツ」の岩井拳士朗が演じる。

公開された特報映像では、堀田演じるマリが「7日間の監獄実験」に半信半疑ながら、意を決して参加する姿が。だが、被験者となった12人の男女の理性は失われていき、マリはユマに助けを求める。密室ゲームを舞台に、若手スターたちの感情剥き出しの演技バトルが繰り広げられる。


映画情報どっとこむ ralph また、LEO今井は本作のために書き下ろした「Fandom(Remix For A Film)」について、
LEO今井 LEO今井さん:カバーEP『6 Japanese Covers』のレコーディング作業を終えた5月中旬ごろ、渡辺監督の熱い依頼を受け、急遽、同EP収録の「ヤングたかじん」用に自分で作ったバンドアレンジのトラックをリミックス感覚で弄り始めた。それに新しいメロディーと歌詞を乗せて新曲「Fandom」を完成させた。曲調としては、去年リリースした5枚目のアルバム『VLP』、特に「Wino」という曲の延長線上にある。映画の世界観が持つ不穏な闇と余韻を感じさせるメタルなレナード・コーエンをイメージして作った。

とコメント。
なお同楽曲は7月24日発売カバーEP『6 Japanese Covers』に収められる。


監督の渡辺謙作は

渡辺監督:撮影前、エンドロールで余韻にひたらせたくないな、現実が映画と地続きみたいな感覚をもってもらいたいな、と考えていて、ふとLEO今井のデーモニッシュな歌声が脳内をよぎった。彼の「VLP」というアルバムは傑作で、一曲目の「WINO」の曲調が映画とドンピシャだと思ったのだ。しかしいかんせん歌詞世界は「WINO(飲んだくれ)」で、映画とはマッチしない。更に諸問題が噴出し、座礁しかかった時、LEO君の方から奇跡的なアイディアが寄せられ、そこからは神の思し召しのように実現した。僕はLEO今井の世界の捉え方を信頼していたし、そこに彼のあの声が乗れば、そりゃカンペキだ、と出来上がりをワクワクして待ちましたが、いただいた曲はカンペキを軽く超えていた。ありがとう!

と太鼓判を押している。

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルは、巨大な檻が鎮座する奇妙な実験室に集められた12人の男女が看守と囚人役を演じている。そして、モニターには、配信を見守るユマと、コウキが。タイトルが意味する「13」人目の存在の謎は深まる一方だ。
「プリズン13」ポスター
『プリズン13』

は2019年8月30日(金)に公開

プリズン13 堀田真由
<ストーリー>
7日間の実験で100万円の高額報酬―。人気V tuberソフィアの公開実験<監獄実験>の被験者に選ばれたマリ(堀田真由)は、4m四方の巨大な檻が鎮座する奇妙な実験室にいた。囚人と看守に別れた被験者12人。看守となったマリだったが、優しさがアダとなり、囚人の暴走を許してしまう。怒り狂った看守たちは戯れを理由に、囚人たちを苛め抜き、マリの立場も危うくなっていく。そして、ヒートアップする実験をさらに煽る13人目の存在ソフィア。1日2回アップされる配信動画は、圧倒的な視聴回数を記録。配信を見守るマリの姉であるユマ(板野友美)は、夫のコウキ(前野朋哉)の助けを借り、マリを救出すべく動き出すが…。

***********************************

出演:堀田真由
中島 健  岩井拳士朗  矢野優花  芹澤興人  宇野祥平
伊藤麻実子  立石晴香  岡部 尚  宮下かな子  岡本智礼  近野萌子
前野朋哉 板野友美

監督・脚本:渡辺謙作『舟を編む』(日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞)
主題歌:「Fandom(Remix For A Film)」LEO今井
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C)2019「プリズン13」製作委員会






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

堀田真由主演 スタンフォード監獄実験密室サスペンス映画『プリズン13』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 世界で最も邪悪な心理学実験として知られる、“スタンフォード監獄実験”を基に描く、未体験・密室サスペンスゲームムービー『プリズン13』が2019年8月30日(金)に公開決定しました。
物語は・・・
女子大生のマリが、人気Vtuberソフィアの公開実験に参加することに。マリが実験現場に到着すると、そこには4メートル四方の巨大な監獄が。これから行われる実験は、12人の被験者を看守と囚人に分け、監獄生活を疑似体験させる<監獄実験>らしい。ソフィアは、そこで立場や役割によって人格が変化するかを確かめるという。7日間、この奇妙な部屋で看守になることになったマリ。しかし、実験は次第にエスカレートしていき。遂に死者が出しまう…。

映画情報どっとこむ ralph 監獄実験に参加することになった主人公マリは、堀田真由さんが演じる。TVドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で注目を浴び、本作の他、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(9月6日公開)、『超・少年探偵団NEO -Beginning-』(10月25日公開)、『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(2019年秋公開)、『殺さない彼と死なない彼女』(2019年秋公開)など、2019年だけでも公開待機作5本を控える若手ナンバーワン演技派女優・堀田さんが、監獄の中の心理実験という極限状態に追い込まれた演技に挑戦する。

堀田真由さんのコメント(ほったまゆ:マリ役)

このお話は実際にスタンフォード大学で行われた心理学の実験をもとにしており、年齢や性格もばらばらな男女が閉鎖された空間で看守と囚人という2つの役割を課せられた時、人間がとってしまう予想もしなかった行動や言動の数々が本作の見所です。

現場では12台のカメラを設置して撮影を行ったのでドキュメンタリーのような臨場感溢れるリアルな映像になっているのではないかなと思います。

マリをはじめとするキャスト一人ひとりの視点に寄り添うと何通りもの見え方が生まれ、受け取っていただける感情も様々で面白いと思います。

ぜひ、老若男女問わず沢山の方に観ていただけますように。

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本には、映画『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が決定。オリジナル脚本で、『エミアビのはじまりとはじまり』以来、3年ぶりにメガホンを取った。

渡辺謙作監督からのコメント

沁みだした悪意がヒトを狂わせる。そこには腑に落ちる理由など無い。
死活問題が遊びや戯れという名で上塗りされるイジメの構造と類似しています。
見終わった後、笑う人と吐く人が半分も出ればこの映画は成功と言えるでしょう。

聡明さや器用さは俳優にとって諸刃の剣で、撮影中、堀田とそれに連なる話しをしました。
その日から堀田は変わりました。
この作品には堀田の、なかなか見られない姿が映っているのでは、と思います。

映画情報どっとこむ ralph 『プリズン13』

2019年8月30日(金) よりシネマート新宿・心斎橋ほか公開

●公式HP : 
https://prison13.com/

●公式Twitter : 
https://twitter.com/prison13movie

***********************************

主演:堀田真由
監督・脚本:渡辺謙作『舟を編む』(日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞)
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C)2019「プリズン13」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ