「ブレンダン・グリーソン」タグアーカイブ

『パディントン2』日本公開決定!松坂桃李ら声優陣の続投も決定!


映画情報どっとこむ ralph かわいすぎる映像&松坂桃李ら豪華声優陣の続投も決定!

全世界で大ヒットを記録し、日本でも2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が、続編『パディントン2』として2018年1月に日本公開が決定!特報映像が解禁となりました!


解禁された映像には、紳士な佇まい、クリクリした目、そして思わずさわりたくなるようなもふもふした毛並みのパディントンの姿が再び!大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日にプレゼントを買うため、“窓拭きバイト”に挑戦するも、洗剤を頭からかぶってしまう相変わらずの“おっちょこちょいな”一面はもちろん、不思議な出来事が街中で起こるなか、お馴染みのブラウン一家とともに大事件を追いかけるパディントンの可愛らしい姿に、再び日本中が笑いと感動に包まれます!


映画情報どっとこむ ralph 前作でニコール・キッドマン演じるミリセントに命を狙われたパディントンでしたが、続編でまたしても身の危険にさらされてしまいます。今作でパディントンを狙う敵役、フェニックス・ブキャナンを演じるのは、英国の人気俳優、ヒュー・グラント。<虚栄心が強く、チャーミングで、かつては人気だったが最近は落ち目の俳優>というブキャナンを、グラントがどう演じるのか注目されます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、前作に引き続き、超豪華日本語版声優陣の続投も決定!

パディントンのように礼儀正しく、好青年でありながら、チャーミングな印象がパディントンにぴったりな松坂桃李さんはじめ、親切なブラウンさん一家の父・ブラウンさん役に古田新太さん、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴さん、そして一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディに三戸なつめさんが、再び声をあてます。各キャストから、続投への喜びのコメントも届きました!

パディントン:松坂桃李コメント
日本公開が決まり、素直に嬉しいです。
アフレコはこれからになりますが、紳士でおっちょこちょいなパディントンが今回はどんなことをしてくれるのか、成長しているのか、相変わらずなのか、
今から楽しみで仕方ありません。皆様にパディントンのパワーアップした世界をお届けできるよう、全力で言葉を吹き込んでいきます。

ブラウンさん:古田新太コメント
またあの礼儀正しい彼に会えるのか。これは楽しみだ。いろんなスマイル、トラブル、サプライズを起こしてくれるのだろうな。お父さんとしては、イライラとワクワクしかないな。

ブラウン夫人:斉藤由貴コメント
パディントンのpart2が製作されるとのこと、また声の参加ができること、とても嬉しいです。
ミセスブラウンは優しくて温かいお母さんであると同時にアーティストで、独特の美的センスの持ち主で、ちょっと変わり者で(笑)大好きなタイプです。ある意味、共通点も多いし、なんというか共感出来るところが多く、親しみを感じています。イギリスの持つ独特な品の良い空気感が作品全体を包み、パディントンの紳士ぶりが作品を観る側の背中をしゃんとさせ、なのに同時にそのおっちょこちょいぶりにホッとさせられ…この作品に関わることで、私もいろんな「心のプレゼント」をいただけます。今回はどんな素敵なプレゼントをいただけるのか、今から楽しみです! 

ジュディ:三戸なつめコメント
パディントン2が日本でも始まると聞いた時からすごく楽しみにしていました!本当におめでとうございます!あの可愛いパディントンにまた会えるのが楽しみでしかたありません!そして今回もジュディの吹き替え声優をさせていただける事とても嬉しく思います。パディントン2ではどんなジュディを演じられるか、ワクワクしてます。口グセのキモイ病はなくなったかな?とかトニーとは今も仲良くやってるのかな?とか考えるだけで口元が緩みます。たくさんの方にパディントンを見ていただけるように頑張ります!宜しくお願い致します!

映画情報どっとこむ ralph 『パディントン2』あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!

2018年1月 全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp 

***********************************


『ヒトラーへの285枚の葉書』サスペンスと夫婦愛のドラマが感動を呼ぶ予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph ペンと葉書だけを武器にヒトラー政権に抵抗したごく平凡な夫婦の驚くべき実話をフランスの元祖フェロモン俳優ヴァンサン ペレーズが完全映画化製作の過程で明らかになった家族のルーツと本作との類似性2016ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

90年代フランス映画界きってのフェロモン俳優だったヴァンサン・ペレーズの長編監督作3作目になる『ヒトラーへの285枚の葉書』。

いまだ甘い美貌は衰えないペレーズ監督ですが、半分ドイツ人の血を引く彼の本作と重なるルーツゆえ、テーマと真摯にむき合い、あの時代に生きた人間ひとり、ひとりのドラマが浮き上がる映画となっています。

予告編では、ヒトラー政権時代の不穏な空気の中、戦争、政府に異議を唱えることがどれだけ危険な行為だったのかを想像させる緊迫感あふれるサスペンスタッチから、お互いへの愛情と敬意を再確認する切ない夫婦愛のドラマも盛り込まれ、引き込まれる映像となっている。この度、ヒトラー政権に挑んだ平凡な夫婦を演じたイギリスの名優エマ・トンプソンとブレンダン・グリーソン、そして彼らを追い詰める警部ダニエル•ブリュールらの緊迫感あふれる予告編が完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーへの285枚の葉書』映画化まで

600ページを越す大著を、わずか4週間足らずで書き上げたハンス・ファラダの集大成とも言うべき原作「ベルリンに一人死す」がドイツで出版されたのは戦後すぐの1947年だが、ペレーズ監督は2007年にフランス語版が出版された際に初めて読み、その内容に感動し映画化へと動き出すが資金繰りで難航。
その後2010年にアメリカ、イギリスで英語版が発売されるやベストセラーとなり、状況が好転し、英語での映画製作が進みはじめる。

本作が英語映画になったことに対して

ペレーズ監督:どこの国、いつの時代でも極端な人間が急に現れる可能性がある、大切なのは、あらゆる場所に住む人たちにこの話を伝えることだ。そして、誰でも闘うことができる、そして闘うには勇気が必要になると示すことが大切だった。だったら、英語の作品にする方がよいだろうと感じた。そうすることでみんなの計画が進むし、この話はいろいろな人に知ってもらうべきだからね。

と語る。

映画情報どっとこむ ralph 本作の製作過程で、母親がドイツ人であるペレーズ監督(監督自身はスイス生まれ、スイス育ち)は『ヒトラーへの285枚の葉書』でのクヴァンゲル夫妻との共通点を知りました。
それは、ロシア戦線で亡くなった17歳の叔父の存在。本作の主人公クヴァンゲル夫妻は、まだ若い一人息子をロシア戦線で失ったことで、戦争とヒトラーの政策に疑問を持ち、葉書にメッセージを書き、世間の人々へ訴えます。そして、ペレーズ監督のもう一人の叔父は戦時中精神病院に収容されており、後にガス室に送られ亡くなっています。また監督の父親はスペイン人であり、祖父は25歳の時に、右翼政党ファランヘ党員に射殺されている。それらのことが重なり、本作の映画製作に使命を感じ長い年月をかけ完成させたのです。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーへの285枚の葉書』
英題:Alone in Berlin


物語・・・
イギリスの名優が演じるナチス政権下での平凡な夫婦の抵抗と愛
フランスがドイツに降伏した1940年6月、ベルリンの古めかしいアパートで暮らすオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のクヴァンゲル夫妻のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りをポストカードに記し、アンナとともにそれを街中にこっそりと置くというささやかな活動を繰り返すようになる。

だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポのエッシェリヒ警部(ダニエル・ブリュール)の猛捜査がクヴァンゲル夫妻に迫りつつあった―。

***********************************

監督:ヴァンサン・ペレーズ『インドシナ』『王妃マルゴ』出演/『天使の肌』監督
出演:エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット
2016年/独・仏・英/英語/103分/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:吉川美奈子/
原作:『ベルリンに一人死す』(みすず書房) 
後援:ドイツ連邦共和国大使館
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
© X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016
   


『ヒトラーへの285枚の葉書』ポスター&場面写真


映画情報どっとこむ ralph 『インドシナ』(1992)で大女優カトリーヌ・ドヌーヴ、『王妃マルゴ』(1994)ではイザベル・アジャーニの相手役を務め、カルラ・ブルーニ(サルコジ前フランス大統領の妻)らと浮名を流した90年代のフランス映画界きってのフェロモン俳優だったヴァンサン・ペレーズの長編監督作3作目になる『ヒトラーへの285枚の葉書』。
フランスの美男俳優だと思われていたペレーズ監督ですが、本作と重なるルーツも製作過程で明らかになり、またドイツの美男俳優ダニエル・ブリュールがゲシュタポ役で出演しているのも話題です。

この度、ヒトラー政権に挑んだ平凡な夫婦を演じたイギリスの名優エマ・トンプソンとブレンダン・グリーソンの緊迫感あふれるポスターが完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーへの285枚の葉書』映画化まで

600ページを越す大著を、わずか4週間足らずで書き上げたハンス・ファラダの集大成とも言うべき原作「ベルリンに一人死す」がドイツで出版されたのは戦後すぐの1947年だが、ヴァンサン・ペレーズ監督は2007年にフランス語版が出版された際に初めて読み、その内容に感動し映画化へと動き出すが資金繰りに難航する。その後2010年にアメリカ、イギリスで英語版が発売されるやベストセラーとなり、状況が好転し、英語での映画製作が進みはじめる。
ペレーズ監督:どこの国、いつの時代でも極端な人間が急に現れる可能性がある、大切なのは、あらゆる場所に住む人たちにこの話を伝えることだ。そして、誰でも闘うことができる、そして闘うには勇気が必要になると示すことが大切だった。だったら、英語の作品にする方がよいだろうと感じた。そうすることでみんなの計画が進むし、この話はいろいろな人に知ってもらうべきだからね。

映画情報どっとこむ ralph 本作と監督の類似性 ロシア戦線で亡くなった叔父とガス室送りになった叔父
本作の製作過程で、母親がドイツ人であるペレーズ監督は『ヒトラーへの285枚の葉書』でのクヴァンゲル夫妻との共通点を知りました。それは、ロシア戦線で亡くなった17歳の叔父の存在。本作の主人公クヴァンゲル夫妻は、まだ若い一人息子をロシア戦線で失ったことで、戦争とヒトラーの政策に疑問を持ち、葉書にメッセージを書き、世間の人々へ訴えます。そして、ペレーズ監督のもう一人の叔父は戦時中精神病院に収容されており、後にガス室に送られ亡くなった。また監督の父親はスペイン人であり、祖父は25歳の時に、右翼政党ファランヘ党員に射殺されている。それらのことが重なり、本作の映画製作に使命を感じ長い年月をかけ完成させた。


ハリウッドでも活躍するドイツの美男俳優ダニエル・ブリュール、ゲシュタポ役で出演
『グッバイ、レーニン!』で一躍注目され、『イングロリアス・バスターズ』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのハリウッド作品にも出演している実力派イケメン、ダニエル・ブリュールがクヴァンゲル夫妻を追い詰めていく頭脳明晰なエッシェリヒ警部役で出演。ちなみに彼は父親がドイツ人、母親がスペイン人でバルセロナ生まれだが生後すぐにドイツのケルンに移り、育つ。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
イギリスの名優が演じるナチス政権下での平凡な夫婦の抵抗と愛。
フランスがドイツに降伏した1940年6月、ベルリンの古めかしいアパートで暮らすオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のクヴァンゲル夫妻のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りをポストカードに記し、アンナとともにそれを街中にこっそりと置くというささやかな活動を繰り返すようになる。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポのエッシェリヒ警部(ダニエル・ブリュール)の猛捜査がクヴァンゲル夫婦に迫りつつあった―。

ヒトラーへの285枚の葉書

英題:Alone in Berlin

7月8日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次公開です。

***********************************

監督:ヴァンサン・ペレーズ『インドシナ』『王妃マルゴ』出演/『天使の肌』監督

出演:エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット

2016年/独・仏・英/英語/103分/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:吉川美奈子
原作:『ベルリンに一人死す』(みすず書房) 
後援:ドイツ連邦共和国大使館
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
© X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016


『ヒトラーへの285枚の葉書』ヴァンサン・ペレーズ監督来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「ドイツ人だが、ガス室に送られた叔父、ナチスに抵抗し闘った祖母に捧げる」

ペンと葉書を武器にヒトラー政権に抵抗したごく平凡な夫婦の驚くべき実話。

「Alone in Berlin」が『ヒトラーへの285枚の葉書』として、7月8日(土)より日本公開が決定しました。

また、公開に合わせ、本作の監督であるヴァンサン・ペレーズの来日も決定です。


映画情報どっとこむ ralph 物語は・・・

フランスがドイツに降伏した1940年6月、ベルリンの古めかしいアパートで暮らすオットーとアンナのクヴァンゲル夫妻のもとに一通の封書が届く。

それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ペンを握り締めたオットーは

「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」

とヒトラーへの怒りをポストカードに記し、アンナとともにそれを街中にこっそりと置くというささやかな活動を繰り返すようになる。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査がクヴァンゲル夫婦に迫りつつあった。


映画情報どっとこむ ralph ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録から終戦直後に書き上げ、今世紀になって欧米でベストセラーとなった小説『ベルリンに一人死す』の映画化。
ヴァンサン・ペレーズが俳優から監督へと活躍の場を移す前の2007年、彼はフランス語版のファラダの本を読み、この話の重要性に気づき、第二次世界大戦中の一般的なドイツ人の姿を描いていることに特に強い啓示を受けたのでした。映画化権の獲得、資金の調達に奔走し、その過程で、自らの「おじがガス室送りになっていたこと」を知ることになりました。


監督の言葉:
父親はスペインの出身だ。祖父は共和国軍のためにスペイン内戦でフランコ将軍のファシスト政権と戦い処刑された。母親の家族はドイツ系だが、ナチスから逃れて国外へ脱出した。母は1939年に生まれた。そして他の多くの人たちのように国外へ脱出し、5年間あちこちを転々と歩き回り、戦後にドイツに戻ってきた。ドイツ人の血が流れている人間なら、たくさんの疑問を抱えているはず。僕はそれらの答えを見つける必要があった。僕にはおじが3人いて、ひとりはロシアの戦線で殺された。精神科病院に入っていた大おじは、試験的なガス室で殺された。こうした精神科病院やガス室を僕は訪ねた。ドイツ人は過去の記憶を残しておくのが上手だ。何が起こったのかを誰も忘れるべきではないと考えているんだ。旅の間に、家族の中でナチス党員だった人は誰もいないという事も知った。これは重大な事実だ。当時ナチス党員でなかったという事で、家族はかなり辛い思いをしたはずだ。あらゆる場所に住む人たちにこの話を伝えることが大切だ。そして、誰でも闘うことができる、そして闘うには勇気が必要になると示すことが大切だった。

映画情報どっとこむ ralph ヒトラーへの285枚の葉書
原題:Jeder stirbt für sich allein

7月8日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次公開です。

hitler-hagaki-movie.com

***********************************

監督:ヴァンサン・ペレーズ

出演:
エマ・トンプソン(「ハワーズ・エンド」でアカデミー賞主演女優賞)
ブレンダン・グリーソン(「未来を花束にして」)
ダニエル・ブリュール(「グッバイ・レーニン!」)
ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット

2016年/独・仏・英/英語/103分

提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
© X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016
    


ベン・アフレック 監督・主演最新作『夜に生きる』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph ​アカデミー賞®7部門にノミネートされ、作品賞始め3部門を受賞した『アルゴ』(12)で監督・主演を務め、主演作『ザ・コンサルタント』の公開が間近に控えるベン・アフレックの監督・脚本・主演最新作

夜に生きる』 
原題:Live By Night

が5月20日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショーとなることが決定!そのポスターと予告が到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁させていただく予告編は、ギャングの剛腕ボスの金と愛人を横取りするというタブーを犯し、故郷のボストンを追われたジョー(ベン・アフレック)が、フロリダで出会った美女・グラシェラ(ゾーイ・サルダナ)と共謀し、ラム酒の密輸を企てるシーンから始まります。


警察官の父の下、厳格な家庭に育ったジョー。「俺の生きる道はここだ」というセリフと共に、過去を捨て去り、様々な欲望渦巻くギャングの世界に足を踏み入れていく姿が緊迫感あふれる演出で描かれます。

ギャングのボスに「お前がこの世界を選ぶなら後戻りはできん」と忠告される緊迫のシーンでは、ジョーが裏社会でのし上がるために背負った代償がどれほど大きいのか窺い知ることができます。

“夜に生きる”ことを覚悟した男が愛と裏切りの果てに手にするものは一体何なのか……。ギャング同士の抗争で繰り広げられる手に汗握るガンアクションや迫力あるアクションシーンもちりばめられ見どころ満点の本作。本編が待ちきれない予告編に仕上がっています。

予告編、ポスターは1月21日(土)以降、上映劇場ほかにて順次掲出予定です。​

映画情報どっとこむ ralph 激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマ。

映画『夜に生きる』 原題:Live By Night

公式サイト:
http://yoruni-ikiru.jp/


物語・・・
舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。

ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった…

それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく……。

復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。
デニス・ルヘイン(「ミスティック・リバー」「シャッター・アイランド」)による傑作ノワール小説をもとにベン・アフレックが自ら監督・主演・脚本も担当する。

***********************************

監督:ベン・アフレック
キャスト:ベン・アフレック、エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、
ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー他

配給: ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.