「ブルボンヌ」タグアーカイブ

映画『ラ・チャナ』に カニサレス、小島章司ら コメント第二弾到着!


映画情報どっとこむ ralph 世界中の人々を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』が、2018年7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開いたします。

世界最高峰のフラメンコ・ギタリストで、9月には来日公演を控えているカニサレスさん、日本のフラメンコ界を牽引するフラメンコダンサーの小島章司さんほか、第一線で活躍するアーティストの方たちより第二弾コメントが到着。

また、第二弾コメントの到着と併せて、新ビジュアルも解禁となりました。若かりしラ・チャナと現在のラ・チャナのステージシーンが向き合う新ビジュアルでは、 「肉体が従うのは、私の塊」というキャッチコピーが添えられ、壮絶な人生を乗り越えてた彼女の、不屈の精神と情熱を感じることができます。

新ビジュアルが使用されたフライヤーは、全国の劇場にて随時配布予定。フライヤーには、これまでに寄せられた各界の著名人からの絶賛コメントと、公開を記念して開催されるプレゼントキャンペーンの詳細が紹介されています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ』コメント第二弾 *敬称略・順不同

ブルボンヌ(女装パフォーマー)
スペインジプシーの血筋、保守的な伝統芸能、そして女であること。彼女の魂(コンパス)は全ての鎖を振りちぎる。自分でいられるステージを見つけるために、ラ・チャナの超絶ステップに踏んづけてもらいましょ!

小島章司(フラメンコダンサー)
内から溢れ出る汲めども汲みつくせぬフラメンコと深い愛の深まりが劇場内を包み込み、風雪に耐え抜いて来た者にのみ許されるドゥエンデの光臨を共有させてくれた。

カニサレス(フラメンコ・ギタリスト)
これ以上ないほど力強く、同時に触れた瞬間に壊れてしまいそうな繊細な彼女のフラメンコの魂は、全盛期はもちろんのこと、歳を重ねてからも彼女の中に確かに存在する。ひとたび舞台に上がりスポットライトを浴びた瞬間に生き生きと若返り、その美しさが彼女の内面からほとばしるのを目の当たりにして、強く心を動かされた。

レオナ(タップダンサー)
一音目から、あぁ好きだと思った。踊っているというより 魂が動き鳴っているように響いてました。生で浴びたい!!

アントニオ・カナーレス(フランメンコ・ダンサー)
ラ・チャナはカルメン・アマヤの後、神が遣わしたフラメンコの女王。

カリメ・アマヤ(フランメンコ・ダンサー)
私の踊りのお手本はラ・チャナ

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ』コメント第一弾 *敬称略・順不同


藤井隆(芸人)
瞬発力だけじゃなく積み重ねることを求められ、続けていると、途方もなくてくじけそうになる時があります。「ラ・チャナ」を観て、甘ったれず目の前のことを頑張らなければいけないと背中を押された気分です。


槇村さとる(漫画家)
親愛なるチャナ♡今日、映画で初めてあなたの存在を知りました。身体の奥がマグマのように煮えました。シリアスすぎるあなたの人生を追っているのに、あっちこっちでふき出して笑いました。あなたが踊り終った瞬間に涙がボタボタ落ちました。大好きチャナ♡


湯川れい子(音楽評論・作詞)
「男には黙って従え」と言われてきたけれど、ラ・チャナは私。そして貴女。老いても魂は愛情深く、歳を取らない。なぜなら女は、踊るために生まれてきたのだから。きっと最後は、誰もが感動の涙を流すことでしょう。


ファンタジスタさくらだ
一挙一動が可愛すぎる愛しいチャナ!でも彼女が踊り始めると空気の流れは変わって、逞しくて情熱的で、魂の全てをぶつけながら舞う姿はまるで嵐のようだった。女性に発言権のない時代を生き抜いた彼女から出るひとつひとつの言葉から、勇気と、女性としての誇りをもらった気がします。悲しい日がきたらまた観たいな。


阪本順治(映画監督)
人生において、自分の身に起きたことなど、どうでもよくなるくらい、感動しました。彼女の「拍手さえ、重要ではない」という言葉に衝撃を受け、『魂』という言葉の、本当の意味を初めて知ることができました。ラ・チャナは、私の新しい母です。


湯山玲子(著述家、プロデュ―サー)
この時代、超絶技巧の演者はたくさんいるが、彼女のように高速かつ微細なサパテアード(ステップ)が、人間の思惑を越えて、魂の持つ本質的なエネルギーと最初から直結している例はあまりない。ピーター・セラーズの映画中に出てくる彼女の舞台は圧巻。全盛期、ナマの踊りを観たかった。


日向秀和(ストレイテナー / Nothing’s Carved In Stone)
素晴らしいドキュメンタリー映画!天才フラメンコダンサー「ラ・チャナ」の、アーティストとしての情熱、愛、そして息づかいまで聴こえてくる緊張感のある描写。逆境な環境でありながらも、1人踊り続ける彼女の姿を感じて、僕も1人の表現者として鳥肌が立ちました!このドキュメンタリー映画を観て、絶大なるコンパス(リズム)を、感じて欲しいと思います!


柚木麻子(作家)
抑圧からどうやったら自由になれるのか。たとえ彼女のような才能はなくとも、生きてる実感を得られる何かを見つけること。生きているリズムを感じること。どんな人にも届くメッセージが込められている。


柴田聡子(シンガーソングライター)
フラメンコについて彼女が話す中で殊更まっすぐ心に届く、魂や、生きること、情熱。誰の人生にも通じ、時にとりとめなくなりがちなそれらが、感情そのものの上で躍動するのでなく、彼女が足で、手で、常に確かに刻みこむコンパスというリズムに根ざしているということが、真面目に一生、私の宝になりました。


岩室純子(DJ SUMIROCK/餃子壮ムロ店主)
ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』とラ・チャナを絶賛いたします。ラ・チャナの天性の踊りの才能、センスそれを磨き上げる努力。
彼女の魂から生まれる哲学。どん底から立ち上がる根性。そして彼女がつかみ取ったコンパス(リズム)、それをラジオで勉強したという彼女の勤勉さ。すべてを主に仰ぎ、主に感謝する彼女の信仰の深さ。71歳にしてステージに立ち続けるラ・チャナに、大きな感銘を受けました。ラ・チャナを広く世界に知らしめたルツィア・ストイェヴィッチ監督に感謝致します。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ラ・チャナ

公式HP:
http://www.uplink.co.jp/lachana

Twitter:
@lachana_jpn

笑い、吠え、踊り、生きる!

結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い——現在71歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。

若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。



世界中の映画祭で観客賞を受賞!!

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート


***********************************

監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016年/スペイン、アイスランド、アメリカ/86分/カラー、モノクロ/16:9)

提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム


男性ストリッパー『ラ・ベア マッチョに恋して』に才木玲佳、ブルボンヌ、マッチョ 29らコメント!


映画情報どっとこむ ralph 男性ストリッパーたちの仕事・友情・恋愛を赤裸々に映す真実のドキュメンタリー『ラ・ベア マッチョに恋して』がいよいよ12月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開となります。

その公開を記念して新宿二丁目メインストリート。
仲通り沿いにある激熱スポットALAMAS CAFE / AiiRO CAFÉとのタイアップコラボメニューが登場です。

さらに、テレビなどで活躍の大注目の“ムキドル”こと筋肉アイドルの才木玲佳さん、ブルボンヌさん、マーガレットさんなど各界の著名人や、先日11/ 21 (火)開催のワンマンライブ in 赤坂BLITZ~お前ら全員ムッキムキにしてやんよ!~を大成功させた「筋肉で日本を笑顔にする」をモットーに活動する、世界で最も「キレている」 筋肉エンターテインメントグループのマッチョ29のメンバー総勢13マッチョたちからも大絶賛のコメントが寄せられました。

才木玲佳(筋肉アイドル)
私が今まで観た映画の中で、筋肉率 No.1! 偏見を持たれがちな派手な世界の真実。 私たちに見えているものを“1”とするなら、その裏には“100”もの見えない努力や苦労がある。 彼らの筋肉はもちろんのこと、絶え間ない努力や一流のプロ意識を称えたい。

マーガレット(ドラァグクイーン、ホモ本ブックカフェ「オカマルト」店主)
イイ男と、彼らのキレイな体は、ア・タ・シ・達の共有財産なんだからね! イイ男好きの女も、ゲイも、必見の男性ストリップ・ムービーよ。

ブルボンヌ(女装パフォーマー/ライター)

なんて生々しい「裸を売る男」たち! 食い入って楽しめるおねえさんはもちろんだけど、 彼らに羨望と恥を同時に感じる男性陣も観るべし。 「エロい目で観られる側」のプロ意識を思い知って~!

映画情報どっとこむ ralph ※以下はマッチョ 29 メンバー総勢 13 マッチョのコメントです

相澤飛鳥(マッチョ 29)
マッチョな男性ストリップダンサーはただ裸を見せるのではなく、ロマンスやエンターテインメント性を重視することで観客を虜にしているということが、今のマッチョ 29 の展望に必要な課題だと感じました。

相澤翼(マッチョ 29)
ラ・ベアのマッチョたちは男性らしい妖艶なステージショーを繰り広げていました。メンバー一同仲がとても良い感じがしてステージに立ってるのも誇らしげで楽しそうで、正直自分はラ・ベアのステージに憧れを持ちました。

今井耕二(マッチョ 29)
「マッチョ」と「エロティシズム」
昼間中心にイベントを行う“健全な”マッチョ 29 メンバーやファンの決して語れない心の奥に秘めた“本音”を、海の向こうの大先輩達がこの映画でズバッと代弁してくれました!昼間中心にイベントを行ってる“健全”なマッチョ 29 メンバーやファンが語る事のできない心の奥に秘めた“本音”を、この映画で海の向こうの大先輩達が代弁してくれました!

植田知成(マッチョ 29)
男性ストリッパーというエンターテイメント性の強い職業の裏側とステージングに対する個々の想いがインタビューを通じて伝わって来る。 同じようにステージで表現している僕らにも共感できたし、ダンサーの心構えにも為になる部分もあり、いい作品でした。

菊地翔也(マッチョ 29)
僕達はエンターテイメントグループとして活動しているので、同じエンターテイナーのダンサー達に共感できるところがたくさんありました。人を楽しませる為には自分自身がまず楽しまなくては、と強く感じました。

コアラ小嵐(マッチョ 29)
誠実だったりチャラかったりするけど、みんな真面目にストリッパーという仕事と向き合っていて、楽ではないけど楽しそうに見えた。やっぱマッチョ最高。字幕読んで筋肉見てと忙しいので何回も見たくなるかも!

サイヤマングレート(マッチョ 29)
様々なマッチョが夢に向かう姿勢に感動しました。 食事管理やトレーニング、パフォーマンス全てにおいてストイックにこなす彼らはまさに本物のアスリートです

坂本賢太(マッチョ 29)
アメリカ・テキサス州ダラスで働く2人のカウボーイが繰り広げるダンスパフォーマンスで女性をとりこにしている所が見所の映画です。 またストリップダンサーの素顔にもご注目下さい!!

菅原辰馬(マッチョ 29)
見事な肉体を作りながらもファンを楽しませる技術を磨き努力を怠らない男性ダンサーの生きざまに感動! 日米における肉体の果たす性的魅力の役割や筋肉に対する価値観の差もよく見てとれ、それが羨ましくもあります。

高橋直人(マッチョ 29)
人それぞれ筋肉のつき方も違うけど、筋肉の魅せ方も違う。 僕たちとは少し異なる魅せ方だけど、みんな違ってみんないい。 ビバマッチョ。

田中綾(マッチョ 29)
男性ストリッパーと言うマイノリティな世界をとても濃いヒューマンドラマで描いた作品。ジェンダーフリーの背景に男性だからこその困難や局面があり、葛藤しつつも各々の目的のために全力のパフォーマンスをする姿に心を打たれる内容です。エンターテイメントに関わるもしくは関わろうとする人にはモチベーションが上がる作品ですので是非見てほしいです。

山崎徳義(マッチョ 29)
鍛えた体で踊って魅せる!と言う部分にすごく共感できましたね! ただ、我々は踊ることが全然できてないので肉体美でキレイに踊るのを見たい方におすすめの作品だと思います(笑)

レストレポ(マッチョ 29)
“ストリップ”というビジネスの為にお酒も飲まず、しっかり栄養をとる、自己管理を徹底している真面目すぎてつまらないビジネスマンの映画です。

映画情報どっとこむ ralph ヒューマントラストシネマ渋谷では公開初日の 12/9(土)にはゲストにマッチョ 29 さん、才木玲佳さんを迎えての上映トークイベントが、翌週の 12/16(土)にはバーレスクショー上映イベントが開催されます。

映画公式 HP :
http://www.labare-movie.jp
ストーリー カウボーイのコスチュームに身を包んだ二人のイケメンが向かったのは一軒の住宅。そこに集う のは女性たち。マッチョダンサーによるパフォーマンスが始まる! ステージでは男たちが輝いていた。「努力を惜しまない、セックスアピールの塊」ランディ“マスターブラスター”や、『マジック・マイク』をきっかけにこの世界に飛び込んだ “チャニング” など魅力あふれるダンサーたちが登場する。店をまとめるのはやり手経営者のジョー・ミラーとア レックス。そしてパトロンのマーガレット。 そんな彼らに深い悲しみが訪れる。カリスマ性を持つトップダンサー・アンジェロが亡くなった ―そこから見える彼ら現役ストリップダンサーたちの人生、愛、笑い、そして苦悩。男性ストリッ パーの未知の領域を真摯に映し出す話題作!

***********************************

出演:マスターブラスター チャニング チェイス トレント DJ ニック・アダムス シーザー コール ジョー・ミラー アレックス JD オースティン ほか
監督/プロデューサー:ジョー・マンガニエロ プロデューサー:ニック・マンガニエロ
編集:クリス・グローバン
撮影監督:アンドリュー・ホイーラー
音楽:Z-TRIP 製作:3:59
原題:La Bare 字幕:宍戸レイ 2014 年/91 分/アメリカ/カラー
© 2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved


ブルボンヌ&ナジャ・グランディーバ 初ツーショット登壇!『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』


映画情報どっとこむ ralph 10 月 12 日(木)YEBISU GARDEN CINEMA にて映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特別試写会が行われました。

高級エスコートガールだった過去を自伝的に描いた処女作でフランス文壇に高い評価を受け、美と名声を手にしながら36歳という若さでこの世を去った実在の作家ネリー・アルカンの実人生と過激で激情に満ちた作品世界に込められた深層心理を織り交ぜながら展開していく物語です。

生と性のはざまで葛藤しながら、理想の自分を様々に演じ、分身たちを生み出し、やがて本当の自分を見失っていってしまう。<見られたい自分><理想の自分>様々な分身を生み出すことによって、結果的に本当の自分を見失っていってしまう主人公ネリー・アルカン。

上映前にはブルボンヌさん(女装パフォーマー/ライター)、ナジャ・グランディーバさん(ドラァグクイーン) をお招きし、女性の複雑な深層心理を様々な視点から語るスペシャルトークショーが行われました。

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』スペシャルトークショー
日時:10月12日(木)
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:ブルボンヌ、ナジャ・グランディーバ

映画情報どっとこむ ralph 21世紀フランス文学界に彗星のごとく現れた実在の作家ネリー・アルカン。

わずか36 歳の若さでこの世を去った彼女の、愛と激 情の人生を綴った映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』が 10月21 日から公開されるのを記念して 12日、YEBISU GARDEN CINEMA にてスペシャルトークショー付きの特別試写会が開催された。


トークショーを行なったのは、新宿二丁目を飛び出し様々な雑誌で連載を抱える女装パフォーマーのブルボンヌさんと関西を中心にドラァグクィーンとして活動するナジャ・グランディーバさん。

東西の女装界を代表する二人は、15 年以上の親交がありながらもツーショットで公式に登場するのは初めてとのこと。
作品を鑑賞したナジャは、最近のテレビでは観ることが少なくなったダイレクトなエロ描写に衝撃を受けたと語りはじめ、

ナジャさん:台詞ひ とつひとつに意味が込められていて見逃せなかった。こんなに集中して映画見たのは初めて!

とすっかり本作の虜になったことを明かした。一方でブルボンヌは、ネリーの人生観が心に響いたとうっとりしながら

ブルボンヌさん:人生においてすごく大事なことを教えてくれる作品。

と表現。


映画情報どっとこむ ralph 劇中で様々な姿を演じ分けているネリーと同じように、プライベートでは「男性」として生活をし、パフォーマンスとして「女性」を演じる二人。
ナジャさん:よく男性の気持ちも女性の気持ちもわかるって言われるけれど、本当は女性の気持ちはあんまりわからない。だから、女性を演じているというよりは、自分のやりたいことをやらせていただいているだけ。

と本音を語るナジャ。

働いていたゲイバー のパーティで初めて女装をした時から

ナジャさん:周りと違う目標を持って、周りの目を気にせずにやってきました。

と振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また、Instagram をはじめとした SNS の普及によって、一般人にも演じ分ける機会が増え、「インスタ映え」という言葉のように「自分を盛る」ことが主流になっている昨今。ドラァグクィーンとして自分を盛ることに長けた二人ではあるが、普段の生活ではSNS映えをするような生活をしていないという、意外な一面を明かしました。

しかも「盛る」こととは逆行して、テレビに出るたびに化粧が薄くなってきたと告白した
ブルボンヌさん:現実から乖離した自分を作って、“いいね!”をもらうことが自分の価値だと考えてエスカレートしていく時代は、周りの評価を気にしてしまうネリーと同じ。

と 作品につなげ、

ブルボンヌさん:だからその点でこの映画は“いましめ〜”

と、どこかで聞いたイントネーションで会場を盛り上げた。


物語・・・
高級エスコートガールだった自らの過去をモデルに、美しくも残酷なエロスを描いた小説でデビューしたネリーは、一大センセーションを巻き 起こす。自伝的小説のヒロインが「性」に翻弄され、小説家として自らの「生」に苦悩するはざまで、男たちを虜にするエスコートガール、刹那 的に愛を求めるジャンキー、社交界で注目を集めるセクシーアイコン…次々と生み出した分身たちに彼女自身がやがて蝕まれていく。

映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で
原題:NELLY
公式サイト:
nelly-movie.com

2016年10月21日よりYEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国順次ロードショー

***********************************

監督・脚本:アンヌ・エモン
プロデューサー:ニコール・ロベール
出演:ミレーヌ・マッケイ/ミカエル・グアン/ミリア・コルベイ=ゴーブロー
2016 年/カナダ 映画/フランス語/カラー/ヴィスタ//99 分
配給:パルコ
(C)FILM NELLY INC.
    


行定勲、辛酸なめ子「ナラタージュ」松本潤:葉山の「自分からいかないズルさ」に共感!?


映画情報どっとこむ ralph 島本理生先生原作の恋愛小説「ナラタージュ」を嵐・松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督(『世界の中心で、愛をさけぶ』)がメガホンを取り映画化、10月7日(土)に全国公開となる。

9月17日(日)、本作の監督を務めた行定勲と漫画家でコラムニストの辛酸なめ子、MCに女装パフォーマーのブルボンヌが登壇する、恋愛トークショー付試写会が行われました。
日時:9月17日(日)
場所:アスミック・エース
登壇:行定勲監督、辛酸なめ子
MC:ブルボンヌ

映画情報どっとこむ ralph 映画では、主人公であり離れて暮らしているけれど離婚が成立していない教師の葉山(松本潤)、そんな葉山先生をひたすら一途に想い続ける泉(有村架純)、そして、泉を好きになりながらも葉山を想う泉の気持ちに悩み嫉妬に狂っていく小野(坂口健太郎)という3人の恋模様が描かれるています。

三者三様のタイプの違う“愛する“表現が描かれていますが・・・、

観客に一番気持ちが分かる人物は?を問うと、半数以上が「泉」に手があがる。

しかし、行定監督と辛酸さんともに答えたのは、「葉山」。
辛酸さん:感情を見せずに相手が罠にかかるのを待ってるというような、自分からいかないズルさが表れていますよね。

といい、その曖昧な態度という点では、

行定監督:理解できる。葉山は、何度も謝るじゃないですか。『ごめん』て憂いのある顔で。でも謝っても自分自身を変えようとしない。

という葉山像を語る。葉山を演じたのは、国民的アイドル・嵐の松本潤。もっさり頭にメガネで曖昧な態度をとる葉山のイメージは松本さんとはかけ離れていますが・・・

行定監督:嵐の松本潤をまったくなくすことが狙い。松本もその役、俺じゃなくていいことですよね?それ、面白いですね。と、オファーを受けてくれました。

と、出演を快諾したことを明かしました。一方、葉山を全身全霊で愛する泉を演じた有村さんは、出演にあたり、

行定監督:泉のようなディープな経験をしたことはなく、どういう表情を出せるか、監督が求めるものが出せるか、分からないし不安だけど演じてみたい。と、(映画の中で)美しい表情と醜い顔、カッコイイところとどうしようもないなという顔がないと、ただの説明になってしまう

と行定監督が語る通り、素ではないかと思わせるほどのそれぞれの役者のカッコ悪い一面が映し出されています。

一方、ブルボンヌさんの回答は、
ブルボンヌさん:小野くん。相手に携帯を見せろって言ったり、感情を露わにされるとより理解できる。一回カーッとなって酷いことをいうけど、あとで謝ってしまうというシーンを見て、デジャブかな?って。映画ではイケメンの坂口くんが言うから許せるんですけどね。

と自身の過去の恋愛と重ねながら、笑い飛ばした。

本作は、高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる様を描いた大人のための恋愛映画。

映画情報どっとこむ ralph 今回、観客からの恋愛相談を実施。

Q:結婚と恋愛は違うんですか?という質問に対し、
行定監督:違う!

と断言。本作で原作と映画との設定の違いの一つとして、小野の夢が「靴」職人ということ。それは、「靴は恋愛と似ているから」という脚本家の提案で、

行定監督:小野君は靴を作るけど与えて強いている役割、泉は裸足になる権利もあって。靴はサイズがあってピッタリと思っていても、必ず靴ずれをする。靴ずれをしても気に入った靴は履き続けるけど、気に入らなかったら捨ててしまう。気に入ったものを履き続けるっていうことが「結婚」にあたるんです。

と分かりやすく解説すると、会場全体から感嘆の声があがった。さらに、

Q:大人の恋愛は、お互いが依存しあわない=自立している関係と思っているのですが、どう思いますか?という質問が飛ぶと、

辛酸さん:自立して、お互い波動があって高め合える、人道的な関係じゃないですかね。

と言うと、

行定監督:自立しているとそれはうまくいきますし、そうでないとうまくいかない気はします。映画は障害があるほどドラマチックになる。苦しい想いをしたら、そこから逃れようと、変化しようとするのですが、変化することって難しい。『ナラタージュ』は『変化しないこと』を描いています。それがリアルなんです。なかなか変化できないから、ズルズルとした関係になってしまう。縁があってはじまったことはなかなか終わらせられないのが大人の恋愛だと思います。

と現実の恋愛について自論を述べた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

辛酸さん:湿度が高い作品。水分によって、観ていると女性ホルモンが高まってくる。枯れていたのが蘇りました。映画を観てて思ったことは、女性は自分から追ってはいけないということです。男性の嫉妬とかズルさとか業が渦巻いた作品で、生態が理解できました。

行定監督:いま見て理解できなかったとしても、時間をおいて見ると、見る度に分かってくる。それは成長したということです。映画を観て、似たような感情にふれたとき、きっと大人になったって分かるんじゃないかと思います。映画はきっかけを作っているだけで、観た後に考えてくれることが一番嬉しいです。分かりやすい映画が多い中で、分かりにくい映画ということで心に残る、考えさせられる映画もあるということを広めてもらえればと思います。

と、力強くアピールし、イベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph うち(映画情報)のおっさんたち、松本潤:葉山の「自分からいかないズルさ」って、若い子に行くなら当然でしょって!来たら勝ち!って、どうかしてる!

映画情報どっとこむ ralph いいえ、正直なだけ!



映画情報どっとこむ ralph ナラタージュ

壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

10月7日(土)全国ロードショー 

***********************************

松本 潤 有村架純 
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲 
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊) 
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) 
作詞・作曲:野田洋次郎
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会


お悩み相談に辛酸なめ子が回答!ブルボンヌMCで『神様メール』


映画情報どっとこむ TJ いよいよ、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品『神様メール』が、5月27日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。

カトリーヌ・ドヌーヴ、ピリ・グロワーヌ出演する本作は、本年度ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート、本年度ベルギーアカデミー賞(マグリット賞)最多主要4部門(作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞)受賞、本年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出品など世界中で高い評価を得ている作品です。
辛酸なめ子&ブルボンヌ
この度、映画の公開を前に漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、早稲田大学出身の高学歴女装家のブルボンヌという異色の顔合わせによるトークイベントを開催いたしました。人気コラムニスト辛酸なめ子の登場を楽しみに集まった満員の観客たちは、ひょうひょうとしながらミラクル回答(?)を連発するなめ子に終始大笑いのイベントに!

フェロモンが出るエッセンスを時々飲んでいるというなめ子さんはシースルーのワンピースで登場し、会場を沸かせました~!!

『神様メール』公開直前トークイベント 概要
日時:5月25日(水)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
登壇者:辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)ブルボンヌ(女装パフォーマー)

映画情報どっとこむ TJ なめ子:ここアンスティチュ・フランセ(旧日仏学院)には15年くらい前に通って、フランス語に挫折した思い出の場所で。こんなステージに上がらせてもらえるなんて感激しています。

ブルボンヌさん:まずは映画の感想を教えて。

なめ子さん:この映画を観た時には、ブラックな感じが“裏アメリ”というか、法則とかも面白かったですし、少女もかわいいですし、神様に対して常日頃不満を抱いたのが、溜飲が下がったというか、そういう下剋上的な面白さが良かったです。神様対しては案外自由に特にクレームもつかずにいけるものなんですね

ブルボンヌさん:映画の中のひとつひとつの細かいネタがおかしいと思って、カトリーヌ・ドヌーヴよゴリラのカップルって最高じゃない?

辛酸なめ子なめ子さん:そうですよね。カトリーヌ・ドヌーヴがよく引き受けられたなと思いますよ。

ブルボンヌさん:カトちゃん(ドヌーヴ)は喜んだはずよ! ああいう大女優とかってゴリラとか好きなのよ。一人ひとりの奇跡がこんな形で映像化されて、こんな設定でいいんだっていうのもいいね。しょうもない奇跡やしょうもない登場人物なのもいいですよね、生々しさが。

なめ子さん:余命ものの映画とかはみんな泣かせる方向にいくのに、この映画は笑わせる方向にいってるからいいですね。ただの余命ものだとずるいな、っていう映画が多いので。それに、お母さんが矢野顕子に似てます(場内笑)。お母さんが最後に起こす奇跡も良かったです。この映画を観て思ったのは、神様がパソコンで(運命を)操作していて、ある一説によると人間も宇宙人が作ったとかいう話もあって・・・。

ブルボンヌさん:でもあるよね。アカシックレコードみたいな大きなデータの一部なんじゃないかっていう説もあるよね。シニカルなギャグてんこ盛りの中に、ほんの数秒のでも行間が読めそうなウルっとくる話も盛り込まれているし、テンションの高い面白い話の中にそういうものがさりげなく入っていたりするのもカッコイイ映画だわ。

なめ子さん:仕事を辞めて探検に行くとかね。

ブルボンヌさん:そう、あれも中年男性へのエールというか、日本のくさくさしてる男たちも冒険に出ちゃえよ! っていうエールだよね。

映画情報どっとこむ TJ なめ子さん:余命を知ると人は強くなるんですかね?

ブルボンヌさん:もしなめ子さんに余命を知らせるメールが届いたらどうしますか?

なめ子さん:その年数にもよるんですけど、タクシーに乗りまくりますかね(場内笑)。自分が死ぬときの貯金額が分からないので、いまタはクシーに乗るのも躊躇してます。貧乏性なので、タクシーに乗れないんですよ。でももし余命が算出されて、結構短かったらタクシーに乗ったり贅沢がしたいですね。

ブルボンヌブルボンヌさん:まさしく時間によるんだよね。すぐに思いつくのは周りのイケメンを手当たり次第に襲おうかなとかベタなことだけど。映画だと性風俗に日割りで行こうとする人もいたから、それと発想は一緒かな。

なめ子さん:死を前にしたら特殊なフェロモンが出て、モテまくるかも?

ブルボンヌさん:最近特殊なことをしてるんでしょ?

なめ子さん:風俗店ではないですが、フェロモンが出るっていうエッセンスをたまに飲んだりしてますけど(場内爆笑)。そしたら、近くの民家の窓から、10歳くらいの小学生の少年二人に「お姉さん」と呼び止められたんです。そういえば実際に、余命を当てちゃう人がいて、その人に取材に行きませんかと言われて、行くことになったのですが、私は聞きたくないので、一緒に行く人の余命だけ知らせてもらうようにしました(笑)。手相占いの都市伝説では、手相を見た途端「何も見えないから帰って」と言われて、帰りに交通事故に遭ったとか。だからたまに見える人はいるみたいですよ。

ブルボンヌさん:見るからに健康な人に短いことを言って当たったら怖いものがあるね。

映画情報どっとこむ TJ なめ子さん:私、飛行機に乗るときには一緒に乗る人の回を見て死相が出てないかっていうのはあります(場内笑)。

ブルボンヌさん:もし自分が神様で不快の法則を作る側になったらどんな法則にしますか?

なめ子さん:作る側というか、よく起こることとしては、保存してないときに限ってパソコンがフリーズするのがよくあるし、ヒートレックを着た日に限って暑くなって、何も羽織ってない日に限って15度以下になるとか(場内笑)、最近本当に気温が読めなくて。トイレに入ると宅急便が来るのもよくあります。

ブルボンヌさん:私もメイクが7割がたできた時に宅急便が来ると困る。まださなぎじゃん、蝶になった後ならいいんだけど、7割、5割の時が一番つらいのよ。

なめ子さん:フェスで何か食べた時に限って食べたものがこぼれる、さらにバッグの中のおしぼりが全部乾いている(場内笑)。こういうのが普段よく起こることで、これも法則を作られていたのかなと思います。

ブルボンヌさん:それでは、ここで会場の皆さんから募集したお悩み相談をします。『薄毛で悩んでいます、その事実が辛いです。うまくその状況と付き合っていける方法は?』なめ子さんいかがでしょう?

なめ子さん:外国の方はスキンヘッドがセクシーだったり、カッコイイですよね。

ブルボンヌさん:そうなの、ブルース・ウィリスとか(ハゲ)ちらかってる感じをセクシーに見せたりね。

なめ子さん:薄毛については私も抜け毛がひどかったのでチベット体操をしたら抜け毛が減ってきました(場内笑)。チベット体操という若返る体操があるので調べてやってみてください。

ブルボンヌさん:私たちの業界では(ハゲ)ちらかってる人はモテるんですよ。男性ホルモンの象徴だから、それ自体がギンギンみなぎっているみたいに見えるみたいで。


映画情報どっとこむ TJ ブルボンヌさん:次の方のお悩みは『金がない時の友達との付き合い方は?』です。

なめ子さん:お金のある人と食事に行くとメニューも見ないで伊勢海老とアワビとって頼みだすんですよ。それで最終的にワリカンになって困るので、デリとか最初に会計がある店に行って自分は1,000円以下に抑えるというような感じとか? あとは緑色のものを身に着けると豊かさが身に着くと言いますよ(場内笑)。緑色が豊かさを引き寄せると言います(場内笑)。

ブルボンヌさん:お金は、無い時は無いという生き様を見せた方が良いよ、見栄はらないで。次のお悩みは『1歳の子供がいるんですが、家にはテレビがないのでトラウマにならないでしょうか?』

なめ子さん:テレビって、ニュースも含めてネガティブなものばっかりで恐怖をあおるようなニュースが多いので、お子様的には流さないほうが最終的に良いのかもしれませんね。でもアンパンマンは良いので、アンパンマンだけ映るテレビとか?DVDでアンパンマンを見るとか。いまテレビ離れが多いと言いますからね。

ブルボンヌさん:次のお悩みは『フランスに住んでいる日本人の彼と遠距離恋愛なのですが、アナログ人間なのでスカイプやりません。メールではささいなことで行き違いになるので、直接やりとりしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?』これどのレベルで向こうが本気か疑いたくなるお悩みですね。

なめ子さん:念を飛ばすとか思念波を送る方法とかいろいろあるらしいんですよ(場内大爆笑)インドの聖者の本とか読んでたら念を飛ばすとかって(場内爆笑)、それから相手の夢に出るというのが良い方法なんですよ(場内大爆笑)。夢に出ると意識しちゃうじゃないですか。私も名前出せないんですけど、ジャニーズの人が夢に出てきて。名前を出すとファンの人が怒ってしまうと思うんですが、相手の夢に出るというおまじないもあると思うんですよ(場内笑)。なので、ぜひそれを調べてほしいです。

ブルボンヌさん:なめ子さん、夢に出る方法ってあるんですか?

なめ子さん:夢に出る方法としては、手鏡を使うおまじないがあるらしいので(場内笑)、調べてみてください。

ブルボンヌさん:最後のお悩みです。『飼っているカメが大きくなって困っています』

なめ子さん:それは、カメをルンバに乗せるとかですかね(場内笑)? カメが場所をとるならルンバに乗せれば、その場が治まるかなと。かわいいですしね。

ブルボンヌさん:映画みたいに主人公のエアちゃんに奇跡を起こしてもらうなら、どんな奇跡を起こしてほしい?

なめ子さん:最近メディチ家についての展示に行きまして、家系図の一番下に自分の名前を書きたかったのですが、スタッフの人がいない時に書こうかなと思ったけど、どうしても監視があって書けなくて。どうしてもメディチ家の家系図に自分の名前がほしいっていう(場内笑)。

映画情報どっとこむ mari 最高にハッピーな結末に、欧州各国で熱狂的支持を得た痛快!ミラクル・コメディ!!

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督 × カトリーヌ・ドヌーヴ

『神様メール』

原題:LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT
英題:THE BRAND NEW TESTAMENT

5月27日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他〈ミラクル〉ロードショー!

公式サイト:
http://kamisama.asmik-ace.co.jp/
#神様メール

映画情報どっとこむ mari 物語・・・

“神様メール”で余命を知ってパニックな人間たちのトンデモ選択に、思いがけない爆笑!

『神様メール』10歳のエアの、寂しい男女をハッピーにしていく小さな奇跡の旅!

神様はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配して人間の運命を変えたりしている。ある日、神様の娘10歳のエアは人間に運命に縛ら れずに生きて欲しいと思って、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送る。だけど、彼女の意図に反して、世界中は大パニックに!エアはそんな世界を救う旅に出るが、できることは寂しい男女に小さくてヘンテコな恋の奇跡を起こすだけ。会社員は鳥を追い北極まで大冒険へ、殺し屋は不死身の美女と恋に落ち、主婦はゴリラと恋に落ちるーー。つい にエア自身も、”恋の奇跡”ウィリーに巡り会い!?そんな小さな奇跡たちが呼びおこす、神様のパソコンからの人類への〈最高にハッピー〉なメールとは?

***********************************

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本:ジャコ・ヴァン・ドルマル、トーマス・グンズィグ
出演:ピリ・グロワーヌ「サンドラの週末」、カトリーヌ・ドヌーヴ「8 人の女たち」、ブノワ・ポールヴールド「ココ・アヴァ ン・シャネル」、フランソワ・ダミアン「エール!」、ヨランド・モロー「ミック マック」
2015年 フランス、ベルギー、ルクセンブルク/カラー/115分/スコープサイズ/5.1ch サラウンド/フランス語/日本語字幕:松浦美奈
宣伝協力:メゾン、
AWAKE 配給:アスミック・エース 【PG12】
© 2015 – Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/JulieUe Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage