「ブリー・ラーソン」タグアーカイブ

『キャプテン・マーベル』4DX公開記念!ブリー・ラーソン × ジェンマ・チャン期待コメント映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2019年初のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)4DX映画『キャプテン・マーベル』が、3月15日(金)より、上映スタート!マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる本作では、歴代マーベル・ヒーロー4DX映画史上、最強にダイナミックで、最もエモーショナルな4DX演出を披露することに期待が集まっています。

『キャプテン・マーベル』4DX公開記念!

ブリー・ラーソン × ジェンマ・チャンによる、『キャプテン・マーベル』4DXイ・チ・オ・シ期待コメント映像到着!

そして、この度、『キャプテン・マーベル』4DX公開を記念し、 キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン、ミン・エルヴァ役のジェンマ・チャンによる、『キャプテン・マーベル』4DXイ・チ・オ・シ期待コメント映像が到着!『キャプテン・マーベル』4DXの期待ポイントについてブリー・ラーソンは「宇宙でのシーンは、まるで自分が宇宙に浸れるような気持ちになると思う」と言い、ミン・エルヴァ役のジェンマ・チャンは「冒頭の戦闘シーンは、4DXで観るとすごいかも」とコメントし、“ 4DX宇宙戦闘シーンが、サイコー!“というメッセージから、宇宙を背景に広がる迫力の4DXアクションへの期待を膨らませる!

映画情報どっとこむ ralph 4DX映画『キャプテン・マーベル』

3月15日(金)より、上映スタート!

公式サイト
captain-marvel.html


【STORY】
過去の記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。彼女の記憶には、恐るべき戦いの引き金となる “秘密”が隠されていた。正体不明の敵に狙われた彼女が、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?禁断の記憶をめぐるサスペンスフル・アクションが幕を開ける!

***********************************

監督:アンナ・ボーデン&ライアン・フレック
製作:ケヴィン・ファイギ 
キャスト:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L.ジャクソン、ベン・メンデルソーン

ⒸMarvel Studios 2019


劇中で撃ち合い!オフショットは仲良し写真解禁!!『フリー・ファイヤー』


映画情報どっとこむ ralph マーティン・スコセッシ製作総指揮 × ベン・ウィートリー監督で贈る、豪華スター共演のガンアクション『フリー・ファイヤー』が先週末より全国で公開中!
本作は2016年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門(世界中からエッジの効いた破天荒な映画を集めた部門。2013年には、園子温監督『地獄でなぜ悪い』(13)が受賞するなど、近年では日本の映画ファンからも大注目される映画賞!)で見事、最高賞の”観客賞”を受賞し、全世界を熱狂の渦に巻き込んだ話題作!!!

とある倉庫で行われた銃取引に集う2組のギャングが、些細な行き違いからまさかの大乱闘バトルロワイアルに発展!!
罵声飛び交う90分間ノンストップ銃撃戦の末、最後に笑うのは一体誰だ!?
ノンストップ・ハイテンションで繰り広げる銃撃戦と、どこか間抜けなギャングたちの掛け合いがブラックな笑いを誘う、GW最もヤバい最狂映画に早くも映画ファンを中心に「大興奮!」「アドレナリン全開!」の声が多数!! そんな本作より、劇中では見せない出演者たちのにこやかな“仲良しオフショット”画像が解禁となります!

映画情報どっとこむ ralph 全員クセモノギャングを演じ超過激な銃撃戦や大乱闘を繰り広げる本編とは打って変って現場ではブリー・ラーソンも「とっても楽しい現場」と語るほどキャスト&スタッフの仲良しぶりがうかがえるメイキング画像が3点到着。

劇中では取っ組み合いの殴り合いをみせる”キレ者な武闘派”クリス役を演じるキリアン・マーフィと“ナルシストな伊達男”オード役を演じるアーミー・ハマーの和やかなオフショット。

ファイトシーンでヨレれた服に傷だらけメイクで休憩中のキリアンとアーミーのリラックスした現場雰囲気がうかがえる。

そして監督とスタッフに囲まれ両手でサムズアップをしながらはしゃぐ“チンピラギャング”を演じたキュートなサム・ライリー。いかに楽しそうな現場であることがこの一枚。

最後はアーミー・ハマーとベン・ウィートリー監督の2ショット。クールな役で劇中では笑みを見せないアーミーの笑顔がまぶしい一枚となっている。

映画情報どっとこむ ralph 出演者が口をそろえて「楽しい現場」だと答える劇中とは真逆の、本当は仲良しなキャストたちによる白熱の演技合戦は互いの信頼があってこそ。日ごろの鬱憤やストレスを吹き飛ばす、アドレナリン全開となること間違いなしの本作に是非、ご注目ください!

フリー・ファイヤー

90分間ノンストップで撃ちまくる!大乱闘バトルロワイアル勃発!

物語・・・
ある場末の倉庫。銃取引のために集まった、アイルランド人のクリス(キリアン・マーフィ)とフランク(マイケル・スマイリー)、武器商人のヴァーノン(シャールト・コプリー)とオード(アーミー・ハマー)率いるギャング、そして仲介役のジャスティン(ブリー・ラーソン)。一見、何事もない取引に思えたが、ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に発展してしまう!全員瀕死の発狂状態の中で、最後に大金を手に笑うのは一体誰だ!!?

***********************************

製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:ベン・ウィートリー『ハイ・ライズ』『サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~』

出演:ブリー・ラーソン『ルーム』/シャールト・コプリー『第9地区』/キリアン・マーフィ『インセプション』/アーミー・ハマー『コードネーム U.N.C.L.E.』/ジャック・レイナー『シング・ス
トリート 未来へのうた』 /サム・ライリー『マレフィセント』

2016/イギリス、フランス/英語/90分/カラー/
原題:FREE FIRE
提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four
Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown


ブリー・ラーソン『フリーファイヤー』超過激本編映像解禁! 


ブリー・ラーソン『フリーファイヤー』超過激本編映像解禁! 

映画情報どっとこむ ralph マーティン・スコセッシ製作総指揮、ベン・ウィートリー監督(『ハイ・ライズ』)の最新作『フリー・ファイヤー』が4月29日(土)よりGW全国ロードショーとなります。

罵声飛び交う90分間ノンストップ銃撃戦の末、最後に笑うのは一体誰だ――!? ハイテンションで繰り広げる銃撃戦と、どこか間抜けなギャングたちの掛け合いがブラックな笑いを誘う、今年のGW最もヤバい最狂映画に日本も熱狂すること間違いなし!

いよいよ今週末土曜日の公開を控え、益々盛り上がりを見せる本作よりこの度、ブリー・ラーソン、アーミー・ハマー、キリアン・マーフィ、ジャック・レイナー、サム・ライリー、シャールト・コプリーほか、映画界が誇るスター総出の超過激本編映像が到着しました!!

このたび解禁される映像は、銃取引の交渉決裂後、それぞれが廃倉庫の死角に息を潜め一触即発の緊張状態の中、台車を盾にキリアン・マーフィ演じるクリスが動き出したのを合図に一斉に銃を乱射!アドレナリン全開の大銃撃戦に発展する大迫力のシーン。
四方八方に飛び交う銃弾は敵味方関係なしのまさに“フリー・ファイヤー(撃ち放題)”状態に。そんな中、アーミー・ハマー演じるオードが隙を見てクリスに飛びかかり取っ組み合いの殴り合いも勃発!ひげを引っ張りながら『香水をつけやがって』となじるクリスに対し、『ひげ用オイルだ』と対抗しながら殴り返すオードの様子はまるで子供同士のケンカのよう。イケメン俳優二人による大人気ない肉弾ファイトシーンにも注目していただきたい。そして、本映像の最後は流れ弾により露わになった大量のガスボンベに銃弾が当たり着火、大爆発!!!!銃弾と野次と罵詈雑言が飛び交う全く収拾のつかないカオスな状況が超ド派手の爆撃で一瞬にして吹き飛び、休戦状態に…。クライマックスかにも思われる超過激な本映像だが、この銃撃戦は更なる泥沼デスマッチへの序章に過ぎなかった!


90分間ノンストップで撃ちまくる!大乱闘バトルロワイアル勃発!
フリーファイヤー
原題:FREE FIRE

4月29日(土)よりGW全国ロードショー


物語・・・
ある場末の倉庫。銃取引のために集まった、アイルランド人のクリス(キリアン・マーフィ)とフランク(マイケル・スマイリー)、武器商人のヴァーノン(シャールト・コプリー)とオード(アーミー・ハマー)率いるギャング、そして仲介役のジャスティン(ブリー・ラーソン)。一見、何事もない取引に思えたが、ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に発展してしまう!全員瀕死の発狂状態の中で、最後に大金を手に笑うのは一体誰だ!!

***********************************



製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:ベン・ウィートリー『ハイ・ライズ』『サイトシアーズ~殺人者のための英国観光ガイド~』
出演:ブリー・ラーソン『ルーム』/シャールト・コプリー『第9地区』/キリアン・マーフィ『インセプション』/アーミー・ハマー『コードネーム U.N.C.L.E.』/ジャック・レイナー『シング・ストリート未来へのうた』 /サム・ライリー『マレフィセント』
2016/イギリス、フランス/英語/90分/カラー
提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown


『フリー・ファイヤー』日本のクセモノ著名人からコメント!


映画情報どっとこむ ralph この度、REGENTS配給にて、マーティン・スコセッシ製作総指揮、ベン・ウィートリー監督の最新作『フリー・ファイヤー』が4月29日(土)よりGW全国ロードショーとなります。
ある倉庫で行われた銃取引に集う2組のギャングが、些細な行き違いからまさかの大乱闘バトルロワイアルに発展!!罵声飛び交う90分間ノンストップ銃撃戦の末、最後に笑うのは一体誰だ――!?ノンストップ・ハイテンションで繰り広げる銃撃戦と、どこか間抜けなギャングたちの掛け合いがブラックな笑いを誘う、今年のGW最もヤバい!最狂映画に日本も熱狂すること間違いなし!

本国のイギリスでは、日本より約1カ月早い3/31に公開!早くも大興奮の声がSNS上に続々と投稿されている中、なんと!今年の12/15(金)に日本でも公開されるスター・ウォーズシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督ライアン・ジョンソンが、自身のTwiter(@rianjohnson)に『フリー・ファイヤー』を早速鑑賞したコメントを投稿!

「超最高!クレイジーで完璧なノリ!どうやってこんな映画を作ったんだ!!」と、賛辞を贈っています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、日本でも各界が誇るクセモノ著名人からの応援コメントが到着です!

◆大友啓史(映画監督)
「映画」というオモチャを手にしたオトナ達が、本気で遊んでいるサマが眼に浮かぶ。快楽ってのはそういうもんだ。誰かが本気で楽しんでいると、それを見るだけでこっちも楽しくなってくる。無数の銃撃音の合間に、腹の底から込み上げてくる笑い。
ああ、こういう映画、作りたいよねえ。

◆みうらじゅん(イラストレーターなど)
大乱闘銃撃のバックに流れるやけに優しいラブソング。肝はジョン・デンバーの歌に有り!涙が出るほど笑った。

◆松尾スズキ(作家・演出家・俳優)
登場人物全員虫かごに入れて、ずーっと観察して優越感に浸りたい。

◆坂上忍(俳優)
ヤベェ面白過ぎる!ヤベェクソ面白い!「レザボアドッグス」を超える密室劇は不可能とおもわれたが、可能にしちゃいましたね。銃撃戦だけで90分間もたせようなんてこの監督は狂ってる。あっという間の90分間とかよく言ってるけどこの作品を観た後に果たして言えるだろうか?

◆大川豊(大川興業総裁)
登場人物全員国会で証人喚問だ!銃民主党の銃撃戦だ!

◆寺門ジモン(芸人)
生き残る為には友情、根性、愛情?この映画を観ると銃弾の数ほどサバイバルヒントがもらえる!

◆大仁田厚(プロレスラー)
これが史上初の男女混合による銃撃戦ヒューマンバトルロイヤルじゃ!!とにかくグイグイ引き込まれる展開、ユルイようで激しく深い。こんなに人は簡単に銃をぶっ放し、呆気なく傷を負い死に、そして狂っていくんだと、淡々とした中にユーモア溢れる登場人物にリアリティを覚える描写。しかし総じて、マッドネス!こいつら全員狂ってやがる!!

◆丸山ゴンザレス(犯罪ジャーナリスト) 
裏社会では交渉の言葉を弾丸に例えることがある。だから、いざとなるとお構いなしにどいつもこいつもぶっ放すのだ!

◆ジャンクハンター吉田(フリージャーナリスト)
マヌケな悪党たちが小さなことから銃撃戦を繰り広げるバトルロイヤル劇だが、ジワジワくる会話劇も必見!

◆ギンティ小林(フリーライター)
虫けらたちの身勝手きわまりない私利私欲が銃弾 と共にスパークした結果、 絶妙なハーモニーを奏でてしまい、バイオレンス 映画史上類を見ない傑作 がいま誕生した!

映画情報どっとこむ ralph 90分間ノンストップで撃ちまくる!大乱闘バトルロワイアル勃発!

最新作『フリー・ファイヤー
原題:FREE FIRE   



ものがたり・・・
ある場末の倉庫。銃取引のために集まった、アイルランド人のクリス(キリアン・マーフィ)とフランク(マイケル・スマイリー)、武器商人のヴァーノン(シャールト・コプリー)とオード(アーミー・ハマー)率いるギャング、そして仲介役のジャスティン(ブリー・ラーソン)。一見、何事もない取引に思えたが、ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に発展してしまう!全員瀕死の発狂状態の中で、最後に大金を手に笑うのは一体誰だ!!?

***********************************

製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:ベン・ウィートリー『ハイ・ライズ』『サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~』
出演:ブリー・ラーソン『ルーム』/シャールト・コプリー『第9地区』/キリアン・マーフィ『インセプション』/アーミー・ハマー『コードネーム U.N.C.L.E.』/ジャック・レイナー『シング・ストリート 未来へのうた』 /サム・ライリー『マレフィセント』       
2016/イギリス、フランス/英語/90分/カラー
提供:ポニーキャニオン/REGENTS  
配給:REGENTS
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown
 


ブリーラーソン特別インタビュー映像解禁『フリー・ファイヤー』


映画情報どっとこむ ralph マーティン・スコセッシ製作総指揮、ベン・ウィートリー監督(『ハイ・ライズ』)の最新作『フリー・ファイヤー』が4月29日(土)よりGW全国ロードショーとなります。

とある倉庫で行われた銃取引に集う2組のギャングが、些細な行き違いからまさかの大乱闘バトルロワイアルに発展!!


罵声飛び交う90分間ノンストップ銃撃戦の末、最後に笑うのは一体誰だ――!? ノンストップ・ハイテンションで繰り広げる銃撃戦と、どこか間抜けなギャングたちの掛け合いがブラックな笑いを誘う、今年のGW最もヤバい最狂映画に日本も熱狂すること間違いなし!

本作でキリアン・マーフィ、シャールト・コプリー、アーミー・ハマー、ジャッ・レイナー、サム・ライリーなど錚々たる俳優陣が強烈でアクの強いクセ者ギャングを演じる中、ひときわ目を引く紅一点の女ギャングに扮するオスカー女優 ブリー・ラーソンの特別インタビュー映像がこのたび到着! 

映画情報どっとこむ ralph
“登場人物の中で一番ミステリアスで魅力的な役柄”と語る彼女は本作の出演にあたり

ブリー:ベン(・ウィートリー監督)と会って本作の話をした時に共感できるところが多いと感じました。何が映画をおもしろくさせるか、アートとは何か、どこで生まれるのか。こんなにクールな作品に参加できるなんて。

と語り、本作のプロジェクトを通じ監督と意気投合した様子が伺える。
さらに初めて脚本を読んだときは、ワンシチュエーションで登場人物も多く混乱したというが

ブリー:読み重ねていくと次第に典型的なガン・アクションではないなと感じ始めました。登場人物みんなが自分の心の声に耳を傾けながら主導権を握ろうと必死にバトルを繰り広げているのではないかと(思い)、とても興味深い脚本だと思いました。

と語るブリー。また、共演者との現場の様子については “常に誰かの歌声やギターの音色が鳴り響き、現場には卓球台もある”と語り、

ブリー:まるで自分たちの村みたいでとっても楽しい。

と、にこやかに笑う。そんな本作の見どころは

ブリー:この作品には特にユーモアや人間らしさが詰め込まれています。いい映画は面白いだけではなく、観終わった後に考えさせられます。この映画もそう。

と単なる銃撃戦だけではなく、奥が深い作品であると本作を熱烈アピールしています!



映画情報どっとこむ ralph 本作は2016年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門(世界中からエッジの効いた破天荒な映画を集めた部門。2013年には、園子温監督『地獄でなぜ悪い』(13)が受賞するなど、近年では日本の映画ファンからも大注目される映画賞!)で見事、最高賞の”観客賞”を受賞した全世界大注目の話題作!

最新作『フリー・ファイヤー
原題:FREE FIRE 

物語・・・
ある場末の倉庫。銃取引のために集まった、アイルランド人のクリス(キリアン・マーフィ)とフランク(マイケル・スマイリー)、武器商人のヴァーノン(シャールト・コプリー)とオード(アーミー・ハマー)率いるギャング、そして仲介役のジャスティン(ブリー・ラーソン)。一見、何事もない取引に思えたが、ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に発展してしまう!全員瀕死の発狂状態の中で、最後に大金を手に笑うのは一体誰だ!!?

***********************************

製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:ベン・ウィートリー『ハイ・ライズ』『サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~』
出演:ブリー・ラーソン『ルーム』/シャールト・コプリー『第9地区』/キリアン・マーフィ『インセプション』/アーミー・ハマー『コードネーム U.N.C.L.E.』/ジャック・レイナー『シング・ストリート 未来へのうた』 /サム・ライリー『マレフィセント』       
2016/イギリス、フランス/英語/90分/カラー/  
提供:ポニーキャニオン/REGENTS  
配給:REGENTS
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown