「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」タグアーカイブ

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』全国公開中激かわメイキング写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されるや、観客総立ちで拍手喝采を浴び世界中のジャーナリストたちに、“最高傑作”-LAタイムズ/ローリング・ストーン、“歴史に残ることが運命付けられた作品”—アイリッシュタイムズ、“この映画は、ディズニー・ワールドよりマジカルだ!”-アリゾナ・リパブリックと絶賛され、全世界で107ノミネート57受賞(2018.3.5時点/IMDB調べ)し、アカデミー賞助演男優賞(ウィレム・デフォー)ノミネートの話題作『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』が全国公開中です!

本作で初めての共演にも関わらず、まるで本当の親友のようにぎゅーっとハグをする子供たちの様子や、くしゃくしゃの可愛らしい笑顔をカメラに向けている写真などが悶絶級に可愛らしい写真が一挙解禁!

他にも母親役のブリア・ヴィネイトとウィレム・デフォーが楽しくスマホを覗きながら談笑している様子など、演じている本人たちがとても楽しそうに過ごしている貴重なオフショットが収められています!

子供は大人と違いコントロールするのがなかなか難しいものですが、本作で見事に子供たちの魅力を引き出した監督のショーン・ベイカー。

意外にも子役と仕事をするのは本作が初めてだそう!
子供たちに甘いものを与えすぎると元気になりすぎてコントロールができないと考えた監督は、子供たちには内緒でアイスやお菓子をシュガーフリーのものを出していたそう!

公式サイト:
floridaproject.net 

Twitter:
https://twitter.com/FP_movie0512 

あらすじ・・・
6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

***********************************

監督・脚本・編集:ショーン・ベイカー
出演:ブルックリン・キンバリー・プリンス、ウィレム・デフォー、ブリア・ヴィネイト

2017年/アメリカ/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/112分
提供:クロックワークス、アスミック・エース
配給:クロックワークス
(C)2017 Florida Project 2016, LLC.


ショーン・ベイカー監督 貴重で熱いQ&A『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 70回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されるや、観客総立ちで拍手喝采を浴びた話題作『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 が5月12日(土)新宿バルト9他にて全国公開となります!

そして!待望のジャパンプレミアが行われ監督を務めたショーン・ベイカー登壇の熱いティーチインイベントとなりました!

ショーン・ベイカーと言えば、これまでに全編iPhoneのみで撮影をしたり、SNSで俳優をキャスティングするなど今最も前衛的で才能溢れる監督の一人!本作では世界中の映画賞を席巻し、さらなる才能を批評家たちに知らしめたショーン・ベイカーが観客との熱いQ&Aに答え本作の魅力・制作秘話について明かしました!

日時:4月9日(月)
場所:新宿バルト9
登壇:ショーン・ベイカー監督

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、登場したショーン・ベイカー監督はとっても優しそうなイケメン!
暖かな拍手に迎えられ、映画を観終えたばかりの観客に向い

ベイカー監督:今日は来てくださってありがとうございます。映画はどうでしたか?皆さんからの質問を楽しみにしています。

と挨拶し、ティーチインイベントをスタート。


先ず話されたのは、日本での公開について、

ベイカー監督:日本では3作目(劇場公開は2作目)の作品ということで、大変嬉しいです。

とし、子供たちの瑞々しい演技が特徴的な本作について、

ベイカー監督:子供たちがエネルギーをもたらしてくれました。観客の方々にはムーニー(主人公の女の子)とその仲間たちのひと夏を観察するのではなく、彼女たち、ちびっこギャングの一員になったような気持ちで、いたずらや様々なアドベンチャーに参加した気持ちで観てもらいたいです。

と語った。また、フロリダのロケーションに関して

ベイカー監督:ロケーションもキャラクターになり得ます。今回のロケ地もユニークで惹かれました。共同脚本のクリス・バゴーシュが(今作の舞台である)192号線沿いで起きている現状の新聞記事を送ってくれたのがきっかけで知りました。彼の母親がその地域に住んでいたことがあって、詳しく教えてくれたんです。子供たちにとっては世界で最も幸せな場所と言われているディズニーワールド。そのすぐそばの安モーテルで定住する家を失った人々が暮らしている。その対比がとても鮮烈で心に刺さりました。

と本作を制作したきっかけを熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、観客とのQ&Aでは非常に多くの手が挙がり、ディズニーワールドと、そこへ続く道沿いに立ち並ぶモーテルの対比についてや、キャスティングに関して質問が挙がった。

キャスティングに関して・・・

ベイカー監督:僕はストリートキャスティングが好きです。本作は、そこに実際に暮らしている人たちにも出演してもらいました。本作のキャストはあまり有名な俳優はいませんが、演技未経験の役者(監督はファーストタイマーと呼ぶ)とウィレム・デフォーのようなプロフェッショナルな役者をミックスさせるのが好きなんです。彼らはとても素晴らしい演技をしてくれました。

と、独特な手法を明かした。

子役の演技について高評価を得ている日本の作品として是枝裕和監督の『誰も知らない』(04)について聞かれると、

ベイカー監督:もちろん知っています。本作の製作にあたって改めて観ました。子役たちの演技が素晴らしい作品だと思います。子供たち向けにアクティングコーチに入ってもらって演技指導をお願いしました。是枝監督は口頭で子供に台詞を伝え、演技指導をされると聞いたことがあります。僕自身、子供と仕事をすることが初めてだったことや、この映画では演技未経験の子供たちが多かったこともあり、子供たちには基礎をしっかり覚えてもらうため台本を渡し台詞を頭に入れてもらいました。でも主役のブルックリンはアドリブもとても上手で関心させられました。彼女のアドリブはとてもユニークで本編にも活かされています。

という秘話も飛び出した。

多くの手が挙がる中、惜しくも終了の時間となり、最後に観客に向けて

ベイカー監督:ありがとうございます。作品をもし気に入ってくださったら是非周りに広めていただけたら嬉しいです。

とメッセージを述べた。観客の熱量を物語る再びの盛大な拍手とともにイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『フロリダ・プロジェクト』

公式サイト:
floridaproject.net 
Twitter:
@FP_movie0512 


監督・脚本は、全編iPhoneで撮影しロサンゼルスの街で暮らすトランスジェンダーの女性たちをポップに描いた『タンジェリン』(15)で世界中を驚愕させたショーン・ベイカーが今度は全編35mmで撮影。

本作の舞台は“世界で最もマジカルな場所”といわれるフロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル。

どこか現実離れしたパステルカラーに彩られた世界で、夢に満ちた毎日を生きる幼いムーニー、変えられない現実に抗う母ヘイリー、そして同じく社会の片隅で生きる人々の日常を、眩いほどの映像美でカラフルにそしてリアルに描き出します。主人公ムーニーを演じたのは本作で数々のブレイクスルー賞を受賞した天才子役ブルックリン・キンバリー・プリンス。

ヘイリー役には監督自身がインスタグラムで発掘した演技未経験のブリア・ヴィネイト、さらにモーテルの管理人ボビーを演じるウィレム・デフォーは本作でアカデミー賞®助演男優賞にノミネート、本年度ベルリン国際映画祭でこれまでに100本以上の映画に出演した功績をたたえ名誉銀熊賞が贈られた。

物語・・・
6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

***********************************

監督・脚本・編集:ショーン・ベイカー
出演:ブルックリン・キンバリー・プリンス、ウィレム・デフォー、ブリア・ヴィネイト
2017年/アメリカ/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/112分
提供:クロックワークス、アスミック・エース 配給:クロックワークス
(C)2017 Florida Project 2016, LLC.
     


観ている誰もが魔法にかかる『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ポスター完成


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されるや、観客総立ちで拍手喝采を浴び世界中のジャーナリストたちに、“最高傑作”-LAタイムズ/ローリング・ストーン、“歴史に残ることが運命付けられた作品”—アイリッシュタイムズ、“この映画は、ディズニー・ワールドよりマジカルだ!”-アリゾナ・リパブリックと絶賛され、全世界で96ノミネート56受賞(2018.2.7時点/IMDB調べ)し、現在もアカデミー賞助演男優賞(ウィレム・デフォー)ノミネートの話題作『フロリダ・プロジェクト』(原題)の邦題がついに

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』に決定!

5月12日(土)新宿バルト9他にて全国公開となりました!

監督・脚本は、全編iPhoneで撮影しロサンゼルスの街で暮らすトランスジェンダーの女性たちをポップに描いた『タンジェリン』(15)で世界中を驚愕させたショーン・ベイカーが今後は全編35mmで撮影。本作の舞台は“世界で最もマジカルな場所”といわれるフロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル。フロリダの眩いほど鮮やかなブルーの空、モーテルのピンクやパープル。どこか現実離れしたパステルカラーに彩られた世界で、その日暮らしを送るシングルマザーと6歳の娘の破天荒な生活、そして同じくモーテルで暮らす人々の一夏の物語を6歳のムーニーの視点からカラフルに描き出す。

主人公ムーニーを演じたのは舞台となるフロリダ出身のブルックリン・キンバリー・プリンス。第二のダコタ・ファニングとの呼び声も高い天才子役は撮影当時6歳にして、本作で数々のブレイクスルー賞を受賞。ムーニーの母親ヘイリー役には、監督のショーン・ベイカーがインスタグラムで発掘した演技未経験で映画初出演となるブリア・ヴィネイト。そしてムーニーやモーテルで暮らすみんなの父親的な存在である管理人ボビーを本作で本年度アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされているウィレム・デフォーが演じています!

映画情報どっとこむ ralph で!邦題決定と合わせてかわいらしいポスタービジュアルが完成!
フロリダの鮮やかな青空の下でショッピングカートに乗った主人公の女の子ムーニーとシングルマザーのヘイリーがおでこをくっつけながら無邪気に笑い合う姿は、見ているこちらが微笑ましくなるほどの仲の良さが伺えます。また、カラフルでポップなデザインは思わず“いいね♥”したくなるような “インスタ映え”するデザインとなっております!


フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

5月12日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式サイト:
floridaproject.net

Twitter:
@FP_movie0512

***********************************

監督・脚本・編集:ショーン・ベイカー
出演:ブルックリン・キンバリー・プリンス、ウィレム・デフォー、ブリア・ヴィネイト
2017年/アメリカ/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/112分
提供:クロックワークス、アスミック・エース
配給:クロックワークス (C)2017 Florida Project 2016, LLC.