「フリオ・ディアス」タグアーカイブ

麻薬撲滅戦争の暗部『ローサは密告された』DVD発売決定


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞!フィリピンを蝕む麻薬撲滅戦争の暗部を抉り出した衝撃作『ローサは密告された』、DVD発売決定!特典映像には監督インタビューも!
フィリピン・マニラのスラム街で雑貨屋を営むローサとその家族は、家計のため、本業の傍ら少量の麻薬を扱っていた。ある日何者かに密告され、夫婦ともに逮捕されてしまう。取り調べを受ける彼らに警察は恐喝まがいの無茶な要求を次々と突きつける…。東南アジア最大のスラム街を擁するマニラで、雑貨を売るのと同列に麻薬を売り、この無法地帯でただ毎日を生きる、ある女とその家族を描いた衝撃作『ローサは密告された』。全編がまるでドキュメンタリーのような生生しいタッチで描かれ、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が進める過激な麻薬撲滅運動の暗部が映し出される衝撃の作品だ。「第3黄金期」と呼ばれる現在のフィリピン映画シーンを牽引する存在であり、クエンティン・タランティーノやショーン・ペンらが絶賛、今や世界中が注目する鬼才・ブリランテ・メンドーサ監督の最新作となる本作が、2018年3月2日(金)にDVDで発売されることが決定した。

映画情報どっとこむ ralph 本作は本年度のアカデミー賞外国語映画賞フィリピン代表に選出され、さらに第69回カンヌ国際映画祭では、ローサを演じるジャクリン・ホセが、クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、レア・セドゥ、イザベル・ユペールら名立たる俳優たちを抑えて、フィリピン初の主演女優賞を獲得するという快挙を成し遂げた。
審査員のひとりだったドナルド・サザーランド(『ハンガー・ゲーム』シリーズ、『スペース・カウボーイ』)はホセを「超一流の演技」と絶賛し、キルステン・ダンスト(『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、『スパイダーマン』シリーズ)は、本作のラストシーンに感動して涙を流したのだという。
この度発売されるDVDには、映像特典としてブリランテ・メンドーサ監督の新録インタビューと劇場予告編が収録される予定だ。監督曰く「俳優たちは、撮影が進むにつれ、自分の演じる人物の置かれた苦境を感じてゆくことになります。何が起こるか分からない不確かさが、スクリーンに定着される」という衝撃の本作を、ぜひDVDでお楽しみいただきたい。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
ローサはマニラのスラム街の片隅でサリサリストアを夫ネストールと共に経営している。かつての日本の下町のように、密接して暮らす人々のつながりは深い。ネストールはいつもだらだらしてばかりだが気は悪くない。店を切り盛りするのはローサ。ローサには4人の子供がおり、彼らは家計のため、本業に加えて少量の麻薬を扱っていた。ある日、密告からローサ夫婦は逮捕される。さらなる売人の密告、高額な保釈金……警察の要求はまるで恐喝まがいだ。この国で法は誰のことも守ってくれない。ローサたち家族は、したたかに自分たちのやり方で腐敗した警察に立ち向かう。

【キャスト】
ジャクリン・ホセ
フリオ・ディアス
マリア・イザベル・ロペス
【スタッフ】
監督:ブリランテ・メンドーサ

【商品情報】
ローサは密告された DVD
2018年3月2日(金)
発売 ※DVDレンタル同日スタート
品番:PCBE.55837 
価格:¥3,800+税
収録時間:本編110分+特典映像
特典映像:
■ブリランテ・メンドーサ監督インタビュー 
■日本版予告編

発売元:ビターズ・エンド
販売元:ポニーキャニオン
(C)Sari-Sari Store 2016

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ローサは密告された』スラム街混沌に各界から絶賛の声!


映画情報どっとこむ ralph 第 69 回カンヌ国際映画祭でフィリピン映画界に三大映画祭で初めての主演女優賞をもたらした『ローサは密告された』が7月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開致します。

本作は、第69回カンヌ国際映画祭で、クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、イザベル・ユペールらを抑えて、ローサを演じるジャクリン・ホセに東南アジア初の主演女優賞をもたらした。

監督は、45 歳のデビュー作「マニラ・デイドリーム」で 2005年ロカルノ映画祭ビデオ・コンペ部門金豹賞を受賞し、「第3黄金期」と呼ばれるフィリピン映画界を牽引しているブリランテ・メンドーサ。

世界三大映画祭のコンペ常連であり、カンヌ国際映画祭監督賞のほか、世界中で50を超える賞を獲得し、タランティーノやキルステン・ダンストがその才能を絶賛するなど各国の映画人から高い評価を得ている。

マニラのスラム街で暮らすローサとその家族。家計のため、少量の麻薬を扱っていた彼女たちは密告され、ローサ夫婦は逮捕されてしまう。釈放されるために彼らがした決断とは。

貧困が深刻なフィリピン。人の結びつきが強いスラムで、麻薬密売がローサ家族を危機に導く。
臨場感たっぷりに伝わってくる、警察の汚職と麻薬がはびこる社会に驚愕!各界からの熱い絶賛のコメントが到着!!(順不同・敬称略)

映画情報どっとこむ ralph ◎カンヌも納得の演技!世界中の映画人が絶賛!
世界で活躍する映画人がジャクリン・ホセの演技と本作の力強さを絶賛!!東南アジアに初の主演女優賞!受賞スピーチにはドランが泣いた!

ドナルド・サザーランド(俳優)
超一流の演技だ!

クエンティン・タランティーノ(映画監督)
なんて大胆な映画だ!―

キルステン・ダンスト(俳優)
ラストシーンに感動して涙がこぼれた。

マッツ・ミケルセン(俳優)
絶対的に美しい主演女優によるパフォーマンス!

アルノー・デプレシャン(映画監督)
誰もが納得の演技!素晴らしく、強く心を動かされた。 

映画情報どっとこむ ralph ◎あの“人気ご意見番”もオドロキ!世界の暗部を垣間見る…!
「ひるおび!」「サンジャポ」でおなじみのコメンテーターも知られざる真実に驚愕!麻薬汚染、警察の腐敗。ここに光は見えるのか――?

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)
市民も警察もどちらも貧しく、モラルの線が見えない。
そのジレンマがどう解決されるか
最後まで目が離せなかった。
タイムリーな題材でいて普遍的な「家族」がテーマのディープな映画。
『ローサは密告された』を観るように友達に密告しました!

室井佑月(作家)
貧困に、腐敗した権力に、嫌な気持ちになった。
しかし、絶望の中にも光はある。
家族の絆という、ほんの些細なものだけど。


◎現地を知るジャーナリストも納得のリアリティ。
人気旅番組「クレイジージャーニー」でおなじみの危険地帯ジャーナリストなど、現地を知る著名人も絶賛!

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)
一気に見逃し料の話をする警察の雑さ、商店街のタバコ屋などで
覚せい剤を扱っている感覚など、思わず「アレ知ってる!」と反応したくなる
異様なリアリティがある。

石井光太(作家)
社会の底辺の人は、時として罪を背負わなければ生きていけない。
法がそれを罰するものであれば、芸術はそんな人間を愛しむものであるべきだ。
本映画は、芸術の役割を残酷に、かつ見事なまでに果たしている名作だ。

石川直樹(写真家)
助け、助けられる。チクり、チクられる。
蜘蛛の巣のように張り巡らされた濃密な人間関係のなかで国や行政のルールではなく、
自らの信念と欲望に忠実に生きる善良で邪悪な人々。
混沌を混沌のまま描いた傑作としか言いようがない。

映画情報どっとこむ ralph ◎日本映画にはない、この迫力!
『バンコクナイツ』の脚本家、『ゆきゆきて、神軍』などの作り手もこぞって絶賛!

相澤虎之助(空族/『バンコクナイツ』『サウダーヂ』脚本)
この映画を観ている最中に鳴っていた曲はレゲエの「ポリスとコソ泥」だ。ローサたちの汗と涙はことごとく紙幣に変わり、そのことに想いを馳せる者は誰もいない。

原一男(映画監督)
フィリピン社会の持つ矛盾と腐敗、絶対的貧困。そして警察権力の賄賂の横行。そんな唾棄すべき世界の中で、そこでしか生きられない民衆に注ぐ映画人の優しい眼差し。この作品の最大の見所は、庶民を見つめる作り手の優しい眼差し、そのものである。

小野正嗣(作家)
信じられるのは家族だけ?
降りしきる雨とともに画面を曇らせるのは、フィリピン現代社会の闇、生きようともがく家族の汗、そして彼らの奮闘(ルビ:ストラグル)を見つめる私たちの吐息。

樋口毅宏(作家)
麻薬、腐敗、暴力、極貧……
這い上がることなど不可能な、天使が死んだ街。フィリピンの「ストレイト・アウタ・コンプトン」。タランティーノがぬるま湯に見える。

映画情報どっとこむ ralph ローサは密告された

7月 29 日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密 告からローサ 夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう 脱するのか? ローサ たち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

www.bitters.co.jp/rosa
Twitter: @ma_rosa2017
Facebook:fb.com/marosa2017

***********************************

監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:ジャクリン・ホセ、フリオ・ディアス
2016/フィリピン/110 分
提供:ビターズ・エンド、サードストリート
配給:ビターズ・エンド
id rosa pass bitters ©Sari-Sari Store 2016
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

石井光太 スラム街の怖さを語った! 『ローサは密告された』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 第 69 回カンヌ国際映画祭でフィリピン映画界に三大映 画祭で初めての主演女優賞をもたらした『ローサは密告された』が 7月29日(土)より、シ アター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開となります。

この度、公開を記念して一般のお客さんに『ローサは密告された』を初お披露目!

上映後には 「ここ数年のアジア映画で No.1」と本作を絶賛してくださった作家の石井光太さんをが登壇するトークショーが行われました。

日時:7月3日(月)
場所:映画美学校試写室
登壇:石井光太(作家)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、第69回カンヌ国際映画祭で、クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、イザベル・ユペー ルらを抑えて、ローサを演じるジャクリン・ホセにフィリピン初の主演女優賞をもたらした。

試写会後の反応では

「普通の店で麻薬を売っているのも驚きな ら、それを取り締まる警察の荒廃振りも驚き。フィリピンで今、起きている「現実」を前に、我々には成す術のない無力感が、観た後も 重く腹に響く。」「食料品屋が覚醒剤を何の不思議もなく置いてるの に衝撃!」と一般の方々からフィリピンの現実を突きつけられた衝撃の声が並んだ本作。

石井さんはどうご覧になったのか?


本作の感想を聞かれ

石井さん:映画だからこそできる人間の生き方を描いた素晴らしい映画だと思っています。

と第一声から 本作を大絶賛!

石井さん:スラムに住む彼らの、ひいては人間の生き方をリアルながらもドラマチックに描いた作品だと思います。この地域に住む人々は白黒はっきりする生き方をできません。生きるために麻薬を売ったり、売春したり、人を騙したり。彼らは生きるために悪いことを していますが、人間の尊厳をギリギリ保っているのです。それは日本にも通じるところがあると思います。この『ローサは密告された』は、 そのグレーの世界を政府が白黒をはっきりさせようとしたときに、その世界のバランスは崩壊してしまう、というお話しです。

映画情報どっとこむ ralph スラム街はリアルそのもの!実際にあったコワい経験を語る!

実際にスラム街を取材されたことのある

石井さん:『ローサは密告された』のスラム街はリアルそのもの。

と大絶賛。

石井さん:貧困と麻薬は結 びづきが強いけれど、海外には日本にない‘麻薬の恐ろしさ’が存在します。それは、麻薬の資金は、反政府組織だとか、テロリストに繋がっていくのです。だから、貧乏なジャンキーが一人増えた、というだけの話ではありません。そのため政府は貧困層の中毒者にも 容赦無く、制裁を加えようとするわけです。

と、激化の一途を辿るフィリピンの麻薬撲滅戦争の根強い問題をあげた石井さん。

「実際 のスラムで怖い経験はありましたか?」という問いには、

石井さん:この状態は気をつけろ、と自分で決めているものがあります。ひとつは、相手が正 気な状態かどうか。中毒者であれば突然、「バン!」と撃たれて「ドス」と刺される可能性がありますからね。もうひとつには、取材する 人の周りに人がいるかどうか。知り合いがいると、かっこつけて危ないことをしようとする人がいます。だから集団でいる人たちへの取材 は極力避けます。でも気をつけても、トビラ開けたらぶっ壊れている人間が 10人ぐらいいる部屋に入ってしまったときには「オーマイガ ー!」ってなりましたね(笑)

と気を付けていても危険に出会ってしまう、スラム街の怖さを語りま した!

映画情報どっとこむ ralph 驚愕!フィリピンの警察は腐りきっている!!

「なぜフィリピンの警察の汚職が進んでしまうのでしょうか」という問いには、

石井さん:そもそも警察の給料がかなり低いんですよね。だから警察の仕事していても生きていけません。だから、あのような密告事件 が多発し、捕まった人たちへの高額な見逃し料の要求に繋がります。また、取り締まる人と捕まる 人との教育レベルの差が日本人の我々が想像する以上にあります。売人には幼稚園さえ出ていない、という人間もいるのです。そうすると常識というものがズレこむんですよね。さらに多国籍な国 だと言語が通じないこともある。そうすると、なにか騒ぎがおきると銃が出てきちゃうわけです。事件は減ることを知りません。

とフィリピンの警察が直面している容疑者との関係、そして汚職が生まれてい く原理を解説しました。

最後に

「物語に登場する食べ物の味はいかがものなんでしょう?」という問いに

石井さん:マズいに決まってるでしょう!(笑)血の塊を固めたもの、ご覧になっていた皆さまも、食べたいとは思わないでしょう?

と石井さんの冗談に会場は大きな笑い声が。そして大きな拍手の中、トークイベントは終了しました。


ローサは密告された

7月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開
www.bitters.co.jp/rosa

***********************************

監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:ジャクリン・ホセ、フリオ・ディアス
2016/フィリピン/110 分
配給:ビターズ・エンド




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ