「フランス」タグアーカイブ

日本初登場アルベルト・セラ監督×ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、日本初登場アルベルト・セラ監督×ヌーヴェルヴァーグの申し子ジャン=ピエール・レオ主演『ルイ14世の死』を、5月、シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開することが決定。合わせてメインビジュアルが到着しました。


時空を超える異才が描く、偉大なる“太陽王”の豪奢で陳腐な死。

これは一体・・・!?

風車の出てこないドン・キホーテ物語『騎士の名誉』(2006カンヌ国際映画祭監督週間)やカサノバとドラキュラが出会う『私の死の物語』(2013ロカルノ国際映画祭最高賞)などで世界を呆然とさせてきたカタルーニャ出身の異才アルベルト・セラ監督。

古典や歴史上の著名な人物を題材にしながら、「恐るべき」というべき躊躇ない現代性で、誰も見たことのない、時空を超える映画を創造しつづけている。その才能は映画のみならず、戯曲の執筆、舞台の演出、映像によるインスタレーション、パフォーマンスなども自由に手掛け、ヨーロッパで「21世紀の前衛」と称される異才の、その驚くべき作品が、ついに日本で劇場初公開となる。

映画情報どっとこむ ralph アルベルト・セラの長編劇映画4作目にあたる『ルイ14世の死』の題材は、フランスの王、ルイ14世(1638-1715)。“太陽王”と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿をつくったこの歴史的人物には、ジャン=ピエール・レオ。

ヌーヴェルヴァーグの申し子と呼ばれ、今年74歳になる伝説の俳優が、どんなルイ14世を演じるのかと思いきや、なんとセラ監督は死の床の数週間だけに焦点をあて、左脚の壊疽から死に向かう王=レオは、ほぼベッドの上。セラ監督は、宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ 14世宮廷日誌」をもとに、死にゆく王と、その周りの医師や側近、貴族たちをまるで昆虫を観察するように仔細に、ドラマチックなクライマックスを排除した大胆さで描いている。

絢爛たるヴェルサイユの王の寝室で、ロウソクの火が照らしだす美術や衣裳とともに、食欲も失せた王がビスケットを口にしただけで「ブラヴォー!」と叫ぶ貴族の陳腐さをも映しだす。
恐るべき現代性で、18世紀の王の死に新たな血肉を与えて時空を超える、誰も見たことのない傑作。

ルイ14世の死
原題:La Mort de Louis XIV

5月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://www.moviola.jp/louis14

***********************************

監督:アルベルト・セラ
出演:ジャン=ピエール・レオ、パトリック・ダスマサオ、マルク・スジーニ、イレーヌ・シルヴァーニ

2016年|115分|フランス・ポルトガル・スペイン|フランス語

配給:ムヴィオラ
©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016
©RomanYnan
    


ディーン・フジオカからのメッセージ『海を駆ける』インドネシア国内向けに製作発表


映画情報どっとこむ ralph 11月2日から7日にかけてインドネシア・ジャカルタで開催されていた国際交流基金主催「日本映画祭2017」の会場で7日(火)16:30(ジャカルタ時間)日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』がインドネシア国内向けに製作発表が行われました。

今回、「日本映画祭2017」では『淵に立つ』の上映が決まり、これに合わせて招待を受けジャカルタへ渡航した深田晃司監督は、同作の舞台挨拶と共に、新作『海を駆ける』の製作発表記者会見も行いました。この『海を駆ける』は、今年8月5日から28日の約1ケ月間に渡り、全編インドネシア、バンダ・アチェで撮影が行われ、会見には、イルマ役として出演した女優セカール・サリが出席。

深田監督コメント
バンダ・アチェを知ったのは、2011年東日本大震災後の12月に京都大学とバンダ・アチェのシアクアラ大学が共同で震災と復興に関するシンポジウムに同行する機会を得ました。そこで、震災の傷跡と共に、復興した街を目の当たりにして、日本人とインドネシア人では死生観や復興への取り組み方が違うことが興味深く、カルチャーショックを受けました。また、バンダ・アチェには多くのトーチカが残されていて、日本とこの地は第二次世界大戦や、津波という共通する歴史体験を持っているということも知りました。そのような素地の場所に、日本の若者たちが降り立ったらどのような景色が見え、何を思うのだろうということを映画にしたいと思いました。
バンダ・アチェで撮影をするということは、何かと大変ではないかと色々な人から心配されましたが、これまでで一番快適な撮影となり、全く問題はありませんでした。日本から来たスタッフとキャストを迎え入れてくれた、インドネシアのスタッフと俳優たち、アチェの地元の皆様に感謝しております。

セカール・サリさんからのコメント
とても印象深い1ヶ月の撮影期間でした。アディパティさん、そして太賀さんと阿部さんとの共演は本当に楽しく、良い経験になりました。まだ彼らとの時間がとても大切に私の中に残っています。今回アチェ人の女性を演じたのですが、私はジャワ人なので、役者としてとてもいい経験をすることができました。台本を初めて読んだ時に、とても面白く、また深田監督の「淵に立つ」をジョグジャカルタの映画祭で拝見して感銘を受けていたので、台本をもらった時に、本当に是非参加したいと思いました。この作品はインドネシア語、アチェ語(アチェ地方の方言)、英語、日本語が使われていて、とても楽しい撮影でしたが、アチェ語はインドネシア語とは全く別の言葉でしたので、撮影前にだいぶ勉強をしました。これもとてもいい経験となりました。


映画情報どっとこむ ralph また、映画が公開される2018年がインドネシアと日本の国交60周年記念に当たることから記者会見には、在インドネシア日本国大使館広報文化センター長・公使:中村亮氏、国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長塚本倫久氏、本作への出資及びインドネシア国内での配給を行うカニンガ・ピクチャーズ(Kaninga Pictures)の代表:ウィラワティ氏(Mrs.Willawati)、プロデューサー:ジョヴァンニ・ラフマデヴァ氏(Mr.Giovanni Rahmadeva)が出席。

映画情報どっとこむ ralph 会見では、本作のインドネシア語タイトルが『Laut』(よみ:ラウ/意味:海/ディーン・フジオカが演じるキャラクター名)に決定し、インドネシアでは2018年の中頃に劇場公開されることが発表。また、ディーン・フジオカより英語でのビデオ・コメントが届き、披露されました。

ビデオ・レター:ディーン・フジオカさんからのメッセージ
(英語のため、以下日本語訳)
記者会見に参加できなくて残念ですが、この作品が公式にインドネシアで製作発表されることをとても嬉しく思っています。私にとってインドネシアはとても特別な国なので、とても嬉しいです。今回、この企画に才能あるキャスト、スタッフの皆さんと参加することができたことは、本当に特別な体験でした。バンダ・アチェには初めて行きました。撮影は全てその周辺で行われましたので、私は素晴らしい時を過ごすことができました。人々の活気を感じてとても刺激を受けました。インドネシアの皆さんに、来年この作品をお届けできることが本当に楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』

公式HP:umikake.jp

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、深田晃司監督のオリジナル最新作。
深田監督は、2011年東日本大震災後に大学研究チームの震災復興のリサーチに参加して2004年にスマトラ島沖大震災で津波で壊滅的な被害を受けつつも復興をした町バンダ・アチェを訪れた際に本作のアイデアを想起したという。自然が時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込むという、人間の生活が自然と共にある様をインドネシアの美しい海と、国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出します。

ディーン・フジオカは、ラウと名付けられ、奇跡を起こす正体不明の男を演じます。NHK連続テレビ小説「あさが来た」、映画『結婚』で俳優の顔を持つ一方、ミュージシャン、報道番組のインフルエンサーなど幅広く活躍。日本とは違うロケーションの中、彼がどんな奇跡を見せてくれるのか、ぜひご期待ください。そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目参加となる鶴田真由。その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。そして、タカシの従妹を『二つ目の窓』で主演を好演し新人賞や主演女優賞歴のある若手実力派女優阿部純子が務めます。

***********************************

【キャスト】
出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由


【スタッフ】
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給    :東京テアトル  
(C)2018「海を駆ける」製作委員会  


カトリーヌ・ドヌーヴのこれまでのキャリアを振り返る特別映像が公開!『ルージュの手紙』


映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する2大女優『シェルブールの雨傘』『8人の女たち』のカトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロが初共演にして、息の合った“母・娘の掛け合い”で観る者を楽しませてくれる映画『ルージュの手紙』が2017年12月、シネスイッチ銀座ほか全国公開となります。

そして、女優人生60年!
カトリーヌ・ドヌーヴのこれまでのキャリアを振り返る特別映像が公開!

本日、10月22日に74歳になるカトリーヌ・ドヌーヴの女優人生60年を振り返る特別映像が公開。前半では、過去にドヌーヴと一緒に仕事をしたアルノー・デプレシャンやロマン・ポランスキー、マーティン・スコセッシなど有名監督たちからのメッセージが、これまで相手役を務めてきた往年のイケメン俳優たちの映像と共に紹介され・・・・。
後半では、ドヌーヴの代表作でのヒロイン姿が抜き出され、一躍、世界的スターとなったきっかけの作品『シェルブールの雨傘』(63)での可憐な姿から、年齢を重ね、艶やかに美しく変化していく姿を一気に見ることができます。

映画情報どっとこむ ralph ドヌーヴ最新作『ルージュの手紙

では、今なお衰える事のない美しさに加え、歳を重ねたからこその、チャーミングな魅力が・・・・74歳にして新たな役に挑戦しています。
監督・脚本は『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』など女性を描くことに定評のあるマルタン・プロヴォ。また、『少年と自転車』のオリヴィエ・グルメが出演しています。

2017年12月、シネスイッチ銀座他全国ロードショーです。

物語・・・
セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。

***********************************

監督・脚本:マルタン・プロヴォ『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『8人の女たち』『しあわせの雨傘』、カトリーヌ・フロ『大統領の料理人』、オリヴィエ・グルメ『少年と自転車』
2017/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/117分
日本語字幕:古田由紀子 <G>
配給:キノフィルムズ
© CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA © photo Michael Crotto
    


エリーズ・ジラール監督来日「静かなふたり」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館にて、パリの古書店を舞台にしたラブストーリー・映画「静かなふたり」がいよいよ明日から公開となり、エリーズ・ジラール監督が来日。舞台挨拶が行われました!

映画「静かなふたり」初日舞台挨拶
日付:10月14日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇:エリーズ・ジラール監督、月永理絵(聞き手/映画酒場編集室)

映画情報どっとこむ ralph 現実に存在する人をそのままのキャラクターで映画に登場させるよりも、映画でしかできえない創作のキャラクターを登場させたい。監督が作り上げたキャラクターに俳優さんたちが挑んでいってほしい、と語るエリーズ・ジラール監督。

主演2人の起用について、

監督:シナリオを書き上げていくなかで、マヴィのシーンにさしかかるといつもロリータ・シャマの顔が浮かんでいました。彼女とは普段からよく会う友人でもありました。一方ジャン・ソレルは10年以上映画に出演していなかったこともあって連絡を取るのが難しかった。しかし脚本を見せてから半日で出演は快諾してくれました。年を重ねてもハンサムな彼には、この映画において“50歳の年の差がある男女にロマンスが生まれる”ということへの説得力があります。

また、

監督:マヴィは時代錯誤なキャラクターで、現代的な女性とかけはなれた服装や関心ごと、独特なものを目指しました。パリの女性はこんな感じなのかもしれない、と思う方は多いかもしれませんがパリジェンヌが全て素敵で美しいというのは素敵な妄想にすぎないのです。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 今回の作品は本当に美しいラブストーリーとして出来上がっていますが、年の差の物語を描くことに不安はなかったのか、

監督:心配は全くありませんでした。ラブストーリーと聞いてみなさんが思い描くようなラブシーンを映画像として私は描いていないのです、もちろん2人のロマンスを映画は語っていますが、いわゆるそういうシーンは回避して作り上げていくことを元々目指していました。

舞台となる書店について、

監督:書店探しにはロケハンを重ねました。今回出演しているパスカル・エルボーが古書店にとても詳しくて、彼が選んでくれた書店を回ってみて、見つけました。実際にあるお店ですが普段はロシアの本を多く扱ったお店です。劇中よりずっと整然としていますね。店主の方がすごく気難しそうな方で、ちょっとジョルジュと被りますね(笑)交渉の末に撮影許可を取ったがそれにも時間がかかりました。店主の方は私たちが撮影している合間もお店を営業したかったようですが、撮影中は混乱状態になってしまいますから、説得していきました。

次回作は日本での撮影を予定、撮影を心待ちにされていました。

映画情報どっとこむ ralph 公開日の10月14日にはエリーズ・ジラール監督の来日舞台挨拶も決定しています。

映画『静かなふたり』
原題:Drôles d’oiseaux

2017年10月14日(土)より新宿武蔵野館ほかにてロードショー

http://mermaidfilms.co.jp/shizukanafutari/

***********************************

監督:エリーズ・ジラール 
脚本:エリーズ・ジラール、アンヌ=ルイーズ・トリヴィディク
出演: ロリータ・シャマ、ジャン・ソレル、ヴィルジニー・ルドワイヤン、パスカル・セルボ 
2017年||フランス|カラ―|70分|日本語字幕:寺尾次郎
ベルリン国際映画祭2017フォーラム部門招待作品
提供:マーメイドフィルム 配給:コピアポア・フィルム
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
©KinoEletron – Reborn Production – Mikino – 2016


Le Coeur en brailleを邦題『はじまりの*ボーイミーツガール』で12⽉16⽇全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph フランスのベストセラー⻘春⼩説を映画化した『Le Coeur en braille』 (原題)が『はじまりの*ボーイミーツガール』の邦題で、2017年12⽉16⽇(⼟)に新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて 全国公開となることが決まりました。
アムールの国の⼈々が夢中になっ た⼩さな恋の物語が、⽇本でキュートなときめきを巻き起こします!

落ちこぼれのヴィクトールは、クラスの優等生マリーに恋する12歳。 全く相⼿にされていなかったはずが、近ごろ急接近され変な感じ。マリ ーの⾃宅に招待され、プロチェリストになる夢を打ち明けられ舞い上がるが、誰も知らないマリーの秘密を知ってしまう。その秘密を守るため利用されていたことに気付くが、マリーの情熱に動かされ、彼⼥を助けることを決意する。

その⽇から2⼈の秘密の作戦が始まった!
12歳にして男⼦を振り回す⼩悪魔マリーに扮するのは、フランスで天 才ヴァイオリニストとして知られる、アリックス・ヴァイヨ。
意地っ張りだが健気なヴィクトールには、『ミモザの島に消えた⺟』のジャン=ス タン・デュ・パック。
さらに、ヴィクトールの恋のライバル、ロマンや 悪友の双⼦の兄弟など美少年たちが多数出演し、思春期の⼊り⼝に立つ少年たちの、ユーモアとエスプリのきいた掛け合いを楽しませてくれます!

監督は『⾚ちゃんに乾杯』などでコメディ俳優として活躍してきたミシェル・ブジュナー。 100万を動員した監督デビュー作を経て、3作⽬の監督作となります。また、『エル ELLE』のシャルル・ベリン グや『もうひとりの息⼦』のパスカル・エルベらフランスを代表する名優たちも顔を揃えました。

はじまりの*ボーイミーツガール

原題:『Le Coeur en braille』

***********************************

監督:ミシェル・ブジュナー
脚本:ミシェル・ブジュナー/アルフレッド・ロット
原作:パスカル・ルテール「LE CŒUR EN BRAI」
出演:アリック ス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュ・パック、シャルル・ベルリング『エル ELLE』、パスカル・エルべ『もう⼀⼈の息⼦』
2016年/フランス/89分 /スコープ/カラー/5ch/⽇本語字幕:古⽥由紀⼦ G
© 2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY
配給:キノフィルムズ