「フランス」タグアーカイブ

斎藤工主演、松田聖子共演エリック・クー監督最新作『家族のレシピ』劇場公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工さん主演、松田聖子さん共演、シンガポールを代表する巨匠エリック・クー監督最新作でシンガポール・日本・フランス3ヶ国合作映画『ラーメン・テー(Ramen Teh)』の邦題が『家族のレシピ』と決定しました!

楽しみな劇場公開は、2019年3月より、シネマート新宿をメイン館に全国順次ロードショーとなります!


本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。

斎藤工さん演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走します。

共演の松田聖子さんは、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする役。

その他に、伊原剛志さん、別所哲也さんら日本人キャストに加え、シンガポールからは、人気コメディアンのマーク・リーさんや国民的女優のジネット・アウさんらが出演。

監督は、カンヌ・ヴェネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得ているシンガポールを代表する映画監督で、2011年にはマンガ家・辰巳ヨシヒロの漫画を原作に初の長編アニメーション『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で日本でも広く知られるエリック・クー監督です。

写真もレスリー・キーさんととっても豪華です!

映画情報どっとこむ ralph また本作には、美食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが劇中に続々と登場し、映画ファンはもちろん世界の美食家たちから熱視線を受けているそう。

過去に、映画『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密世界一予約のとれないレストラン』なども上映され話題となったベルリン国際映画祭の食をテーマに秀逸な作品を選出する「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にて、今年の2月開催でワールドプレミアを行い、エリック・クー監督や斎藤工さん、松田聖子さんも出席した食事会付き上映は大盛況で評判となりました。

また、9月開催の「世界一の美食の街」と謳われるサン・セバスチャン国際映画祭(9/21~29)の「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にも正式招待が決まり、食事付き上映会を9月23日(日)現地時間18時半より披露。

現地には、エリック・クー監督、主演の斎藤工さん、松田聖子さん、シンガポールより女優のジネット・アウさんが出席する予定です。

映画情報どっとこむ ralph 『家族のレシピ』
原題:RAMEN THE

2019年3月、シネマート新宿 ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
www.ramenteh.com

公式ツイッター:
@RamenTeh


物語・・・
高崎でラーメン屋を営む真人は、一緒に働いていた父の突然の死に際し、一冊の古いノートを見つける。

真人が10歳の時に亡くしたシンガポール人の母が書いたもので、その中には、料理のレシピや写真など、様々な思い出が詰まっていた。幼い頃、シンガポールに住んでいた真人は、当時自分を可愛がってくれたシンガポールの家族のことを思い出す。忘れかけていた過去の1ピース、1ピースを埋めるため、真人はシンガポールへと旅立つ。

まずは行方が知れないかつての家族を探すため、以前より交流のあったシンガポール在住の日本人フードブロガー・美樹にアドバイスを頼むことになった。そしてシンガポールのソウルフード・肉骨茶(バクテー)のお店を営んでいた叔父との再会を果たす。祖母がまだ生きていること、父と母の出会い、自分を生む決意をした経緯など、初めて知る家族の過去と向き合うこととなる。

シンガポールと日本、一度はバラバラになってしまった家族を再び取りもどすため、真人が選んだ方法とは…?


***********************************


出演:斎藤工、マーク・リー、松田聖子、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン
監督:エリック・クー 『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
プロデューサー:橘 豊、フォンチェン・タン、ジュシアン・ハン、山口晋
撮影:ブライアン・ゴートン・タン
脚本:ウォン・キム・ホー  
料理監修:竹田敬介  写真:レスリー・キー
2017/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/2.35:1/89分
配給:エレファントハウス
宣伝:マジックアワー
(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
   


ディーン・フジオカ 主演・深田晃司監督作品『海を駆ける』Blu-ray&DVD発売決定


映画情報どっとこむ ralph 日本 フランス インドネシアの3か国共同で製作され、日本では今年5月26日に公開となった、深田晃司監督、ディーン・フジオカ主演の「海を駆ける」が12月5日(水)にBlu-ray&DVDで発売されることが決定しました。


■ 7年の歳月を費やし、インドネシアを舞台に描いた心揺さぶるファンタジー

監督は、2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞、更には今年6月、フランスの芸術文化勲章「シュバリエ」を受勲し、世界の映画人から注目を集める深田晃司。 深田監督が7年の歳月を費やした本作は、インドネシアのアチェを舞台に、海の豊かさ美しさを魅せる一方で時として脅威になる現実を、人種や国籍、宗教を越えて育まれる友情を交え、美しくも恐ろしい人生の不条理を描いている。

オリジナル脚本で描かれた本作の舞台は、2004年の大震災による津波で壊滅的な被害を受け、今もその傷跡が残るインドネシアのバンダ・アチェ。正体不明の謎の男「ラウ」を演じたのは、俳優だけでなく幅広い分野で活躍を続けるディーン・フジオカ。共演には、深田作品の常連でもある太賀、鶴田真由、映画「孤狼の血」で名立たる名優たちにも引けを取らない存在感と演技力で若手演技派女優として注目を浴びる阿部純子ら実力派キャストに加え、インドネシア現地の俳優陣も迎えた。ジャンルに縛られない、深田監督が世界に放つ渾身の衝撃作がBlu-ray&DVDになって、12月5日(水)に発売される。

■3か国共同製作の日本映画が海を越えてアジア、フランスへ!

本作は、深田監督の高い作家性と才能に惚れ込んだフランス×インドネシアと共同製作された新たな日本映画。11年の東日本大震災を経て、監督たっての希望で、今も自然災害の傷跡を残すバンダ・アチェで約1か月間のオールロケが敢行された。共に震災復興の道を歩む日本とインドネシアは国交の歴史は長く、奇しくも今年国交樹立60周年を迎え、記念碑的な意義ある作品ともなっている。

■深田監督短編作品とディーン・フジオカの撮りおろしインタビュー含む豪華メイキングを収録!

第39回PFF(ぴあフィルムフェスティバル(2017))の一環として企画上映された、深田監督が本作のロケ地インドネシアで撮影した短編ドキュメンタリー「8月のアチェでアリさんと話す」に加え、全編オールロケで行われたインドネシアでの撮影の裏側や秘話、現地で行われた主演ディーン・フジオカが英語で応対したインタビューを収録した豪華メイキングほか約90分の特典映像を通常版Blu-ray&DVD、アスマート限定版Blu-rayに収録。
     
映画情報どっとこむ ralph 「海を駆ける」Blu-ray&DVD概要 

公式サイト:http://umikake.jp/


#海を駆けてきた,

≪スタッフ≫
【監督・脚本・編集】深田晃司
【撮影】芦澤明子
【照明】永田英則                           
【音楽】小野川浩幸
【キャスト】ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子
アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由 ほか

≪ストーリー≫
日本からアチェに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に急ぐ。
記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことから、インドネシア語で「海」を意味するラウと名付けられる。ほかには確かな手掛かりもなく、貴子とイルマはじめ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しに奔走することになる。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しずつ不可思議な現象が起こり始めていた…。

映画情報どっとこむ ralph 全法人共通・初回購入特典: 海を駆けるマグネット

【商品仕様(予定)】 ※商品仕様は、予告なく変更する場合がございます。ご了承下さい。

≪Blu-ray通常版(BD+DVD 2枚組)≫
品番:ASBD-1215 JAN:4943566310984 
価格:5,800円(税別) 

≪DVD通常版(DVD2枚組)≫
品番:ASBY-6133 JAN:4943566310960 
価格:4,800円(税別) 

≪Blu-rayアスマート限定版(BD+DVD2=3枚組)≫
品番:ASBD-1216 JAN:4943566310991 
価格:6,800円(税別) 

≪DVDレンタル≫
品番:ASBX-6134 JAN:4943566310977 
同時発売

[特典映像](約90分予定)
深田晃司監督短編作品「8月のアチェでアリさんと話す」(企画:ぴあフィルムフェスティバル)
メイキング&インタビュー, 予告編集, 舞台挨拶(完成披露,東京初日) 
[アスマート限定特典映像] (約50分予定)
TVスポット集(「モンテ・クリスト伯」OA分ほか>), 海外特派員クラブ記者会見 , 2日目舞台挨拶(大阪)

【画面サイズ】 ヨーロピアンビスタ  
【音声仕様】 5.1ch、ドルビーデジタル
【字幕】 日本語
2018年  日本作品  本編107分
製作国:日本 フランス インドネシア
発売/販売元:アミューズソフト
© 2018“The Man from the Sea”FILM PARTNERS

過去記事:
ディーン・フジオカ、太賀、鶴田真由、阿部純子、セカール・サリら登壇!『海を駆ける』初日
http://eigajoho.com/111356


深田組の温かさ伝わる『海を駆ける』深田監督×阿部純子インタビュー
http://eigajoho.com/111948



***********************************



ポーラ、31 歳。「嘘つき、泣き虫、見栄っぱり」フラ ンス映画『若い女』本ビジュアル到着。


映画情報どっとこむ ralph 2017 年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)の受賞とともに、 フランスで最も権威のあるセザール賞にもノミネートされた映画『若い女』の本ビジュアルが到着。


本作は10年付き合っ た恋人に別れを告げられた 31 歳の女性ポーラが、自分の居場所をもとめ てパリを彷徨うコメディタッチのドラマ。

フランスでは、カンヌでの受賞の他、最も権威のある映画賞・セザール賞 にノミネートされ、主演のレティシア・ドッシュがリュミエール賞で最有 望女優賞を受賞するなど、長編デビュー作が異例の高評価を得ている。

本ビジュアルでは、面接室の中で爪を噛みながら挑発的 に見つめるヒロイン・ポーラの姿が映し出され、ポーラの強烈なキャラを表現した

「嘘つき、泣き虫、見栄っぱり」

のキャッチコピーが添えられています。

映画情報どっとこむ ralph 『若い女』
原題:Jeune Femme
英題:Montparnasse Bienvenüe

2018 年夏、渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開

公式サイト:
http://www.senlis.co.jp/wakai-onna
Twitter:
https://twitter.com/wakaionna_movie

ポーラ、31 歳。恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。 フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った年の離 れた恋人に突然捨てられる。お金も、家も、仕事もないポーラ は途方に暮れ、苦しまぎれに恋人の飼い猫ムチャチャを盗む。 猫を連れてきたことで、居候先の友人宅からも、安宿からも追 い出され、実家に戻ろうとするも、疎遠だった母親からは拒絶 されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。な んとか住み込みのベビーシッターのバイトを見つけ、ショッピ ングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を 見つけたかに思えたが……。

卒業制作の脚本をもとにした監督作がカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)の快挙! フランスの若手女性監督、鮮烈なデビューを飾る 監督のレオノール・セライユは 2013 年にフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとに本作を完成させ、見事 2017 年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞。カンヌを皮切りに数々の映画祭で様々な賞を獲得し、フラ ンスで最も権威のある映画賞・セザール賞にもノミネートを果たした。 主演のレティシア・ドッシュは本作での体当たり演技により、リュミエール賞最有望女優賞を獲得。今後が期待される才能 溢れる若手女優である。パリ中をエネルギッシュに動き回るポーラを体現したドッシュは、時代にふさわしい、何者にも媚 びない新しいヒロイン像を作り出した。
***********************************

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレマン・サイエ・ンディアエ
2017 年/フランス/フランス語/97 分/カラー
日本語字幕:手束紀子
配給・宣伝:サンリス
©2017 Blue Monday Productions
 


パリの街にメロディが響きだす「オーケストラ・クラス」予告編解禁‼


映画情報どっとこむ ralph 映画『オーケストラ・クラス』の公開日が決定し、8月18日(土)よりヒューマントラ ストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほかにて全国順次公開となります。
フランスで 2,000 人以上が体験した実在の音楽教育プロジェクト「Démos(デ モス)」。音楽に触れる機会の少ない子供たちに、無料で楽器を贈呈しプロの音楽家が音楽の技術と素晴しさを教えるこのプロジェクトにインスピレーションを得 て描かれたのが、本作『オーケストラ・クラス』です。『コーラス』など音楽映画の名プロデューサー、ニコラ・モヴェルネが製作し、パリ管弦楽団の本拠地として知ら れる大規模コンサートホール「フィルハーモニー・ド・パリ」の全面協力を得て、感動のヒューマンドラマが誕生。


この度、予告編が解禁となりました!

予告編説明:パリ 19 区にある小学校へ音楽教育プログラムの講師としてやってきたバイオリニストのシモン。任期は一 年後に開かれる夢の舞台-フィルハーモニー・ド・パリ-での演奏会まで。音楽家として行き詰まったシモンは、気難しく 子供が苦手な上に、6 年生の生徒たちは楽器に触れたこともなく、いたずら盛りで集中力が30秒も続かない…。そんな彼 らに音楽を教えるのは至難の業で、シモンはたちまち自信を喪失してしまう。しかし、クラスの中でひとり、バイオリンの才 能を持った少年アーノルドをはじめ、感受性豊かな子供たちは音楽の魅力に気づき、演奏することに夢中になっていく。ときには、練習中に喧嘩になったり、他校との合同練習で赤っ恥をかいたり、失敗や経験を重ねながら音楽をとおして少し ずつ成長していく子供たち。そんな彼らに向き合うことで、シモンもまた音楽の喜びを取り戻していく。最終目標の“スタン ディングオベーション”を目指して、シモンの人生も再び動き出す…!


映画情報どっとこむ ralph 映画『オーケストラ・クラス
原題:La Mélodie

8月18日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開

公式サイト URL:
http://www.orchestra-class.com
物語・・・
シモンは才能がありながら、人生に幻滅している中年のヴァイオリニスト。妻と離婚して失意の彼は、ある日、パリ労働 者階級地区のスクールでオーケストラのコーチの仕事を見つける。様々な子供たちのレッスンに戸惑う中、ただならぬ ヴァイオリンの才能を持っているシャイな生徒アーノルドを発見する。生まれながらにしての才能を持ち合わせたアーノ ルドの才能と他のオーケストラ・クラスの生徒たちの躍動感あふれるエネルギーに触発されたシモンは、自身も再び音 楽の歓びを感じ始めるのだった。そしてシモンとクラスの全員は年末に開催される名誉あるパリ・フィルハーモニー楽団 主催のコンサートに出場できるように数多くの困難を乗り越えようとするのだった…。

***********************************

出演:カド・メラッド(『幸せはシャンソニア劇場から』『コーラス』)、サミール・ゲスミ(『カミーユ、恋はふたたび』)
監督:ラシド・ハミ
脚本:ラシド・ハミ&ギィ・ローラン(『最高の花婿』)
製作:ニコラ・モヴェルネ (『幸せはシャンソニア劇場から』『コーラス』『オーシャンズ』)
2017 年/フランス/フランス・アラビア語102 分
配給:ブロードメディア・スタジオ
© 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINÉMA / LA CITÉ DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS


ピーターが『ダリダ~あまい囁き~』語った!生きざまがショー 一緒にやんちゃしたかった!


映画情報どっとこむ ralph “パローレ パローレ”のフレーズでご存知の方もいると思います「あまい囁き」や「18歳の彼」のフランスのシャンソン歌手ダリダ。

デビューからわずか2ヶ月後に30万枚の大ヒットを果たしゴールドディスクを受賞して以降、30年以上にわたって国民的スターであり続けました。今日までの総売り上げ枚数はなんと1億7000万枚。フランス最後のスターと呼ばれ、亡くなった今でもその功績は高く評価されています。

その波乱に満ちた生涯が描かれたフランス映画『ダリダ~あまい囁き~』が、5月19日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショーとなります。

本作の公開直前に、本作の宣伝大使で歌手・俳優のピーターさんが公開直前イベントに登場。本作とダリダの魅力を熱く語りました。


日付:5月16日(水)
会場:神楽座
登壇:ピーター

映画情報どっとこむ ralph ダリダの大ファンで自身のショーで「歌いつづけて」や「18歳の彼」といった彼女の名曲を歌っているというピーターさん。

ピーターさん:映画を観て久々に痺れた!ショッキングなシーンもあるけれど、一人の女性の生き様として、観終わったときに泣きました。

と感動の面持ちで、

ピーターさん:ダリダが男に振り回されていく中で歌が円熟していき、最後まで歌を歌い切ったその生きざまがショーになっている。日本にはいないエンターテイナー。

とその存在とともに映画を絶賛。

同時代を生きたフランスで最も愛された国民的シャンソン歌手エディット・ピアフを引き合いに出しながら、

ピーターさん:ダリダは色鉛筆のように様々な色合いのある方で、シャンソンというイメージがない。劇中でも描かれるけれどアメリカでショーをやったりしている。ピアフとはちょっと違う気がする

と不世出の歌手ダリダを分析。

映画情報どっとこむ ralph
劇中には「18歳の彼」「灰色の途」「歌いつづけて」といった数々の名曲がオリジナル音源で甦るが、

ピーターさん:“これダリダの曲だったんだ!”と改めて気づかされることもあったし、聴いていてワクワクする。また当時のファッション、車なども観ていて楽しかった。

と見どころアピール。毎日4時間にも及ぶ特殊メイクを施しながらダリダを演じた映画初主演のスヴェヴァ・アルヴィティについては

ピーターさん:最初は似てないと思いながら観ても、物語が進むにつれてどんどんダリダに見えてくる。感情移入をしてしまうので、最後はキュンとなりますよ。

と太鼓判を押していた。

映画は、歌手として歴史的な成功を収めた一方で、愛に何度も傷付き痛みを抱えその絶望を歌に昇華させていくダリダの生き様姿も描き出すが、

ピーターさん:今の芸能人は品行方正!昭和のスターはみんなやんちゃで危なっかしかったけれど、作品は素晴らしいという事が沢山あった。今は皆さんの目が裁判官のように厳しくなって“ダメだ!”となると皆で叩く時代。昔の芸能史に比べると、今はつまらない時代になったと思いますね。

とため息交じり。続けて、

ピーターさん:もしダリダと同じ時代に生きていたら、一緒にやんちゃなことをして楽しめたんじゃないかと思います。

とダリダへの想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 今年で芸歴50年を迎える自身の軌跡を振り返ると

ピーターさん:実は恋愛スキャンダルはないんです。わりとフラットに生きてきたので…。出会いもないし、男と女どっちを対象にするんだとなると面倒くさくて(笑) でも“この人好き!”とか“カッコいい!”というような気持ちは持っていたい。

と生涯現役宣言。

いつまでも若く輝く秘訣については

ピーターさん:自分を好きになること。一人でやっている分、褒める自分がいないとツライ。自分の頭を撫でてくれるもう一人の自分がいないとね。流れに逆らって激流を登る人生だから!

と笑い飛ばし

ピーターさん:自分へのご褒美は家です。帰ったときにオフを感じられる場所がいい。断捨離して4件から1件に自宅を減らしましたが、福岡にもう1件増えました。ただ離島願望があるので、奄美に行ったときに売り出し中の土地についつい目が行ってしまいます。

と照れ笑い。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
改めてダリダについて

ピーターさん:男性の趣味が幅広い!その人にしておけばいいのに…ソッチに行くの!?と周りから見るとハラハラするけれど、ダリダは男の人の腕の中に居場所を求めていて、そういった愛を糧にできた人でした。聴くとワクワクする素敵な歌が散りばめられています。どうぞ映画を楽しんで!

と宣伝大使としてアピールした。

ダリダ~あまい囁き~
原題『DALIDA』

公式HP:
dalida-movie.jp


“パローレ パローレ”のフレーズで日本でも大ヒットしたアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」や、年下の恋人との恋愛を綴った「18歳の彼」、「べサメ・ムーチョ」など、自由奔放な恋愛が赤裸々に歌われている。特に「あまい囁き」は、その印象的なアラン・ドロンの“囁き”で、日本でもCMや映画などにたびたび登場したりとまさに歴史に残る一曲となっている。
一方で、「わたしは病んでいるの」と、苦しい胸の内を歌った曲もある。ダリダの歌には喜びも悲しみもすべてがあり、人生とは何かをわたしたちに教えてくれる。時代を超えてもなお、観る人の心に響くその強く美しい生き様を、モデル出身で映画初主演のイタリア人女優スヴェヴァ・アルヴィティが見事に演じきっている。60年代~70年代の洗練されたファッションと、華やかなステージも必見です!!

***********************************


監督・脚本:リサ・アズエロス 『LOL(ロル) ~愛のファンタジー~』
製作:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス、ジェローム・セドゥ
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ、 ニコラ・デュヴォシェル、ニールス・シュナイダー  

2017年/フランス/127分/字幕翻訳:星加久実
配給:KADOKAWA

© 2017 BETHSABEE MUCHO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA