「フットボール」タグアーカイブ

日本のサッカー文化の発展を映画から!ヨコハマ・フットボール映画祭2018開催!


映画情報どっとこむ ralph 日本のサッカー文化の発展を目指す!!!
この度、ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会は、8回目の開催となるヨコハマ・フットボール映画祭2018を2月11日(日)、12日(休・月)の両日に開催。

名 称 :ヨコハマ・フットボール映画祭2018

主 催 :ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会
日 程 :2018年2月11日(日)~12日(休・月)

会 場 :横浜市 開港記念会館 横浜市中区本町1丁目6番地

映画情報どっとこむ ralph ■チケット情報
Yahoo! Pass Marketにて好評発売中。
映画祭公式サイトからアクセスください。

※映画祭会場では、チケットの販売は行いません。

上映スケジュール、トークイベント等の最新情報は、下記のメディアでご案内いたします。

WEBサイト:
http://yfff.org

ツイッター:
@yffforg

映画情報どっとこむ ralph ■1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館にちなみ、サッカーにまつわる様々な「歴史」をテーマにした4作品を上映

『You’ll Never Walk Alone』はリバプールFCや、ドルトムント、FC東京など世界各地のスタジアムで唄われるチャントのルーツに迫るドキュメンタリー。
『ヒックとドラゴン』主演のジェイ・バルチェルが、長年の夢だったセルティックFCを生観戦する旅に密着した『セルティック ソウル』。

八百長疑惑による降格を乗り越えて、何度目かの黄金時代を迎えるクラブの歴史と、それを支えるオーナー・アニエリ家の哲学を紐解く『ビアンコネッリ:ユベントスストーリー』。

ユダヤとイスラムの対立がイスラエルのサッカークラブで先鋭化した様子を記録した『ベイタル・エルサレムFCの排斥主義』。



■ワールドカップや、パラリンピック関連作品も

また、ワールドカップイヤーにふさわしい作品として、ルワンダの少年たちが南アフリカワールドカップを目指すアドベンチャー『アフリカ・ユナイテッド』がラインナップに加わりました。

そして、昨年好評だったWOWOWと国際パラリンピック委員会によるパラアスリートのドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」から、NTTdocomoのCM出演で日本でも注目が広がるベアトリーチェ・ヴィオ選手のエピソードを含む最新作2本を同時上映で上映いたします。

上記7作品に加えて、さらに1作品の上映を準備しております。(詳細は近日中に発表いたします。)



■会期中にはサッカーを様々な角度から楽しむイベントを開催

・サッカーをテーマに活動するクリエイターやサークルがその成果を発表するヨコハマ・フットボール文化祭

(主催:NPO法人横浜スポーツコミュニケーションズ、協力:古今東西社)

・英国サッカーの写真と雑貨のコラボイベント「イギリスじかん8」

・横須賀で活動する写真家による個展「FOOTARTIST JUN フットボールを愛する人に捧げる作品展」

・おはじきサッカー、フットメザの体験会、

映画情報どっとこむ ralph ヨコハマ・フットボール映画祭2018 上映作品

YOU’LL NEVER WALK ALONE <日本初公開>
“YOU’LL NEVER WALK ALONE”
1時間39分 ドイツ 2017年 監督アンドレ・シェーファー YFFF字幕監修


仲間とチャントを歌う歓び その先に

第2次世界大戦前、ハンガリーで上演された一編のオペラ。それが、海を越え、時代を経て世界一有名なサッカーソングへと昇華する歴史を追いかけたドキュメンタリー人々は、この曲にどんな想いを託し、そして何を受け取ってきたのか?サポーターとチームを繋ぐ強力なパワーについての物語。
© FLORIANFILM 2017


セルティック ソウル <日本初公開>
“Celtic Soul”
1時間26分 カナダ 2016年 監督マイケル・マクナマラ YFFF字幕翻訳
セルティックパークへの聖地巡礼旅
中村俊輔の活躍も記憶に新しいセルティックFC。
このクラブは世界中に多くのサポーターを抱えていることでも有名でアイルランド系カナダ人俳優ジェイ・バルチェルもその一人。
ファン仲間のキャラハンとふたり、祖先のケルト文化に触れつつ、憧れのセルティックバークを目指す。
© 2016 Celtic Soul, Markham Street Films

ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー
“Bianconeri Juventus Story”
2時間9分 イタリア・アメリカ 2016年 監督 マルコ&マウロ・ラ・ヴィッラ
これぞカルチョの神髄
イタリア随一の名門クラブ・ユヴェントス。そのエンブレムには、30回目の優勝を記念した3つの星が輝く。しかし、八百長疑惑により2つの優勝が取り消されたにも関わらず。。。ブッフォン、ピルロ、デルピエーロ、コンテ、アニエリ・オーナーへのインタビューで、これぞカルチョなクラブの哲学が浮き彫りになる。


ベイタル・エルサレムFCの排斥主義
“Forever Pure”
1時間27分 イスラエル・イギリス・ノルウェー・アイルランド 2016年 監督 マヤ・ズィンシュテイン
宗教、政治、金、差別、暴力、、、私たちにもありうる未来
イスラエル・プレミアリーグにて、唯一アラブ人選手を受け入れてこなかったベイタルFC。
あるシーズンの半ば、会長が、2人のチェチェン出身の選手を獲得する。ロシアとのビジネス拡大が目的だ。
イスラム教徒の加入に、サポーターは猛反発、応援を放棄し、選手たちを脅迫するものも。話題のドキュメンタリーが映画祭に登場。
© Duckin’ & Divin’ Films and Maya Films 2016


アフリカ・ユナイテッド
“Africa United”
1時間30分 イギリス・南アフリカ・ルワンダ 2008年 監督デブス・ガードナー・パターソン
サッカー版スタンド・バイ・ミー
W杯のエキシビションマッチに参加したい。その一心で、少年たちは、ルワンダから南アフリカまで、5000キロの道のりの旅に出る。トラブルまみれの旅を、少年たちは知恵と勇気を振り絞り、乗り切っていく。


WHO I AM ライリー・バット
“DANGER” from the Golden Squad:
◆正式名称
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 格闘球技 最強軍団の“危険な重戦車”:ライリー・バット(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)
50分 日本 2017年 演出:花枝祐樹
チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:坂口和之進 泉理絵
出演:ライリー・バット(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)
ナレーター:西島秀俊 音楽:梁邦彦 フォトグラファー:新田桂一

“最も激しいパラスポーツ”とも言われるウィルチェアーラグビー界において、長きにわたり最強軍団オーストラリアを牽引してきたライリー・バッド。
地元ではウォータースキーやモーターバイクを乗りこなし、モットーは「Anything’s Possible(何だってできる)」。
常にチームの勝利、長きにわたるオーストラリアの栄光を臨む”危険な重戦車”の真髄に迫る。
© WOWOW


WHO I AM ベアトリーチェ・ヴィオ
“The Golden Phoenix”
◆正式名称
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア/車いすフェンシング)
50分 日本 2017年 撮影/編集/ディレクター:中島悠
チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:大野丈晴 泉理絵
出演:ベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア/車いすフェンシング)
ナレーター:西島秀俊、音楽:梁邦彦、フォトグラファー:新田桂一

重い髄膜炎を患ったことによる炎症が原因で、両手足を切断、フェンシングから車いすフェンシングに転向したベアトリス(愛称べべ)。
驚異的なペースで勝利を重ねてきて迎えた2016年リオパラリンピックでも、圧倒的な強さで金メダルを獲得する。
“次世代のスーパースター”として、2020年東京パラリンピックでも、最も注目を集める選手の一人となることは間違いない。
© WOWOW


上記7作品に加え、追加の1作品を近日発表予定です。

映画情報どっとこむ ralph 更に恒例!映画祭が日本を巡る!
全国8か所で開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2018ジャパンツアー

1/21(日)
マツモト・フットボール映画祭 松本市民芸術館
上映作品:『WHO I AMリカルディーニョ』『You’ll Never WALK ALONE』
共催:マツモト・フットボール映画祭実行委員会

2/4(日)
神戸フットボール映画祭 中華会館 東亜ホール
上映作品:『You’ll Never Walk Alone』『ビアンコネッリ:ユヴェントスストーリー』
共催:神戸フットボール映画祭実行委員会

2/11-12(日~休)
ヨコハマ・フットボール映画祭 横浜市 開港記念会館


2/17(土)
ニイガタ・フットボール映画祭 新潟シネ・ウインド
上映作品:『TESE』『ホペイロの憂鬱』『Voy! ある選手たちの戦い』
共催:ニイガタ・フットボール映画祭実行委員会

3月
浦和フットボール映画祭
共催:浦和フットボール映画祭実行委員会


開催時期調整中

福岡フットボール映画祭
共催:福岡フットボール映画祭実行委員会

開催時期調整中
鳥栖フットボール映画祭
共催:鳥栖フットボール映画祭実行委員会

開催時期調整中
オキナワ・フットボール映画祭 会場調整中
共催:オキナワ・フットボール映画祭実行委員会

***********************************

   


磐田xサッポロx鳥栖x福岡で開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2016


映画情報どっとこむ TJ 1月30日仙台よりスタートしたヨコハマ・フットボール映画祭2016ジャパンツアー。すでに7箇所で開催!

今週末より4か所で集中的に開催されます!!!

ヨコハマフットボール映画祭2016ロゴ地元フットボール(サッカー)クラブなどとの連動の元、それぞれに趣向をこらしたゲストのキャスティングやランナップ選定の結果、オリジナリティ溢れる映画祭となっています。

日本のサッカーと映画!
文化の深化を推進する取り組みにぜひ参加してみてはいかがでしょう!

映画情報どっとこむ TJ 5/28(土) 磐田チャリティーフットボール映画祭  ←初開催!

■復興支援映画『MARCH』オリジナルTシャツ付チケット発売!
収益は全て東北をはじめとする災害被災地で実施のアニメ映画祭の費用に
会場:ワークピア磐田 (静岡県磐田市見付2989-3)
上映作品:『ディーマンシャフト』『ボカ・ジュニアーズ・ザ・ムービー』『アイ・コンタクト』『MARCH』

登壇ゲスト:中村和彦監督(『アイ・コンタクト』『MARCH』)、寺井名美選手(デフサッカー日本代表、元ジュビロ磐田レディース所属)、ちょんまげ隊長ツンさん(『MARCH』プロデューサー)

http://iwatafff.main.jp/


5/29(日) サッポロ・フットボール映画祭  ←昨年に続き2回目の開催

■北海道コンサドーレ札幌 クラブアドバイザリースタッフの吉原宏太さんがPR大使に就任!
会場:イベントスペースEDiT(北海道札幌市 中央区南2条西6丁目13-1 南2西6ビル)
上映作品:『ディーマンシャフト』『ガルーダ19』『フラメンゴxフルミネンセ』
登壇ゲスト:吉原宏太さん(北海道コンサドーレ札幌 クラブアドバイザリースタッフ)、水上玄太選手(Fリーグ・エスポラーダ北海道)

https://www.facebook.com/sapporoFFF/


映画情報どっとこむ TJ 6/5(日) 鳥栖フットボール映画祭  ←初開催!

■ベストアメニティスタジアムから会場まで徒歩6分。同日開催のサガン鳥栖 対 柏レイソル戦とあわせて、サッカー三昧の一日を!

会場:サンメッセ鳥栖(佐賀県鳥栖市本鳥栖町1819)
上映作品:『ディーマンシャフト』『メッシ-頂点への軌跡』『MARCH』

登壇ゲスト:よしたけふみさん(フリーアナウンサー)、宇都宮徹壱さん(サッカージャーナリスト)、森雅史さん(サッカー記者)、ちょんまげ隊長ツンさん(『MARCH』プロデューサー)

http://tosufff.wix.com/tsfff2016


6/12(日) 福岡フットボール映画祭  ←昨年に続き2回目の開催

■ブラインドサッカー日本代表ガイドがゲスト登壇。『盲目のストライカー』の素顔を語る!

会場:あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル)
上映作品:『ディーマンシャフト』『ボカ・ジュニアーズ・ザ・ムービー』『がんばれとかうるせぇ』『ノンフィクションW 盲目のストライカー 世界へ ~ブラインドサッカー日本代表 闘いの軌跡~』

登壇ゲスト:藤井潤さん(元ブラインドサッカー日本代表ガイド、アビスパ福岡所属)、池努さん(プロメンタルコーチ)、山本圭吾さん(アビスパ福岡サポーターグループ ウルトラオブリ代表)、中倉一志さん(スポーツ情報誌 INSIDE編集長)


映画情報どっとこむ TJ サッカー好きは結構気になるヨコハマ・フットボール映画祭ジャパンツアー2016 

お近くで開催時は是非!
全日程は!


1/30-31(土・日)  センダイ・フットボール映画祭
2/11-14(木・祝~日) ヨコハマ・フットボール映画祭
2/11(木・祝)  愛媛フットボール映画祭
2/20(土) ニイガタ・フットボール映画祭
2/28(日) 神戸フットボール映画祭
5/4(水) マツモト・フットボール映画祭
5/14(土) チバ・フットボール映画祭
5/28(土) 磐田チャリティーフットボール映画祭
5/29(日) サッポロ・フットボール映画祭
6/5(日) 鳥栖フットボール映画祭
6/12(日) 福岡フットボール映画祭
7/23(土) オキナワ・フットボール映画祭
近日 大阪フットボール映画祭

***********************************