「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」タグアーカイブ

ハリー・ポッター造形師ピエール・ボハナ来日決定!ファンイベント&前作試写会開催!!


映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)から全国ロードショーとなります。
新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、さらにパワーアップした作品に!

この度、作品の公開を記念して、「ファンタスティック・ビースト」と「ハリー・ポッター」の全作品で小道具を手掛ける造形美術監督のピエール・ボハナの来日が決定!

ピエールの来日に合わせて、全国7都市東京、札幌、仙台、福岡、広島、大阪、名古屋でのファンイベントを開催することに!

映画情報どっとこむ ralph ピエール・ボハナは、ロンドンを拠点に活躍する造形美術監督。

「ハリー・ポッター」魔法シリーズで見る者すべてをワクワクさせ、魔法の世界へと誘った「空飛ぶほうき」や「魔法の杖」、クイディッチの試合で使用された「スニッチ」など、シリーズ全作の小道具を手掛けており、『ファンタビ』でも魔法の杖や、主人公ニュートのトランクなどをの他数々の小道具制作を担当。

「ハリポタ」&「ファンタビ」シリーズのみならず、『ダークナイト』、『ゼロ・グラビティ』、『ジャスティス・リーグ』、『美女と野獣』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』など、近年のハリウッド超大作の小道具をすべて手掛けている大ベテランで、J.K.ローリングが創造した魔法世界を立体的に具現化した、映画製作の担い手のひとりです。

さらに公開記念として、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の試写会も同時開催!前作を大きなスクリーンで見られるチャンスでもあります。

映画情報どっとこむ ralph ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公式サイト:fantasticbeasts.jp

twitter:https://twitter.com/fantabi_jp

映画 公式ハッシュタグ #ファンタビ
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

【STORY】
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!
ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。
ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。
パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、
キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling


親と子のハリー・ポッターの入学式 ハリー杉山 、鈴木福、楽 兄弟登場!


映画情報どっとこむ ralph 本日、有楽町朝日ホールにて 11 月 23 日(金・祝)「ハリー・ポッター」魔法ワールド最新作 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開と、「ハリー・ポッター」出版 20 周年を記念して、 ファミリーを招待した「親と子のハリー・ポッターの入学式」が行われました。

イベントには、鈴木福くん、楽(たの)くん兄弟が生徒役として登場。

「ハリー・ポッター」の大ファンとしても知られる、ハリー杉山さんがダンブルドア先生役に扮し、 お二人に入学許可証を授与しました。

日付:8月28日
場所:有楽町朝日ホール
登壇:ハリー杉山 、鈴木福、鈴木楽

映画情報どっとこむ ralph 世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている、J.K.ローリングにより生み出された ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズ。1997 年に第 1 作「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売されてから瞬く間にベストセラーとなり、2001 年には映画が公開。

その後 2011 年までに全 8 作が製作され大ヒットシリーズに。そんな「ハリー・ポッター」魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開と、「ハリー・ポ ッターと賢者の石」の日本出版20週年に向けたアニバーサリーキックオフイヤーであることを 記念し、「親と子のハリー・ポッターの入学式」が行われた。イベントには延べ7,000通の 応募があり、約500名の親子が来場した。

本イベントには、「ハリー・ポッター」の大ファンであるハリー杉山さんが、ダンブルドア先生を イメージした衣装で登場。

その後、ニュート・スキャマンダーをイメージした衣装の鈴木福くん、ハリー・ポッターをイメージした衣装の鈴木楽くんが登場すると観客からは「可愛い!」と 歓声があがった。「親と子のハリー・ポッターの入学式」ということで『ハリー・ポッターと賢者の石』に関するクイズを出題されると会場の子どもたちも「ハイ!ハイ!」と手が挙がる中、「ハ リー・ポッター」シリーズが大好きで自宅で何度も観ているという楽くんも自信満々に回答。 見事正解すると会場から温かい拍手が送られた。



イベントが進み、「ファンタスティック・ビースト」シリーズについて聞かれると、ハリー杉山さんが、「キラキラしたものが大好きな魔法動物”ニフラー”のドヤ顔が素敵で会いたくなる」とキャ ラクターの説明をすると、ダンブルドア先生のようなわかりやすい説明に2人も「観たいです!」とキラキラした表情を見せた。

さらにハリー杉山さんは 11 月 23 日公開の『ファンタス ティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の注目ポイントに触れ「ジュード・ロウ演じるダンブ ルドアとジョニー・デップ演じるグリンデンバルドの関係性、そして『ハリー・ポッター』とのつなが りが気になりますね」と期待を寄せた。


さらに入学式ということで、ハリー杉山さんより「ものを引き寄せる魔法“アクシオ”で入学許 可証を引き寄せましょう!」と魔法をレクチャー。福くん、楽くんは杖を振りながら、会場の子供たちと一緒に練習。一斉に元気よく「アクシオ!」と唱えると、

入学許可証が届いて 会場は大盛り上がり。
ハリー杉山さんより、会場を代表して福くん、楽くんそれぞれの名前 の入った入学許可証の授与が行われた。入学許可証を受け取った福くんは「魔法を勉強 して本当に使えるようになりたい!」と嬉しそうに話し、楽くんも「嬉しい!楽しい!」と万遍 の笑みをこぼした。

最後に・・・

今日の感想を聞かれると「『ファンタビ』1作目も新作映画もみてハリー・ポッター の世界を楽しみたい」と福くん。ハリー杉山さんは「自分にとって『ハリー・ポッター』はお守りの ような存在。人生のヒントが書かれているので映画や本でより深く楽しんでほしい!」と PR してイベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
11 月 23 日(金・祝)3D/4D/IMAX同時公開

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


『ハリー・ポッターと賢者の石 & ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 魔法の世界 入学セット』
10 月 3 日発売
ブルーレイ 3,490 円+税/DVD 2,490 円+税

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

***********************************


芦田愛菜が “ファンタビ”オフィシャルアンバサダーに就任 !ニュート:宮野真守、ハリー:小野賢章が生アテレコ!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーとなります。
イギリスのホグワーツ魔法魔術学校にもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、捕えられていた強大な敵、“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリの魔法界へと向かう。

かつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか?

そして!!
今年は「ハリー・ポッターと賢者の石」が出版されてから20周年に向けたアニバーサリーキックオフイヤーであることから、この度、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの20周年セレブレーションイベントがハリーポッターの誕生日に行われました。

今回登壇したのはハリー・ポッター」魔法ワールドの大ファンであり、共に成長してきた読書家としても知られる芦田愛菜さん。最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルアンバサダーとして登場!

さらに「ファンタビ」シリーズで主人公ニュートの吹き替えを担当している宮野真守さんと、「ハリー・ポッター」シリーズでハリーの吹き替えを担当した小野賢章さんという奇跡の両シリーズの主人公同士のW登壇が実現しました!
​​​​
​最新作「ファンタビ」公開記念「ハリー・ポッター」魔法ワールド 20周年記念セレブレーションイベント
日時:7月31日(火)
場所:TOKYO FMホール
登壇:
芦田愛菜(アンバサダー)
宮野真守(日本語吹き替え版:ニュート・スキャマンダー役:声)
小野賢章(日本語吹き替え版:ハリー・ポッター役:声)

映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター、妖精ドビー、ニュートのコスプレなどをした約200名のファンたちが集まった熱気に包まれた会場
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルアンバサダーに就任した芦田愛菜さんが登場すると大きな歓声が!

「ハリー・ポッター」の原作は全て読み、スネイプ先生がお気に入りのキャラクターと語る芦田さん

芦田さん:本当に大ファンなので関わらせていただけてすごく嬉しいです!『ハリー・ポッター』シリーズが完結してしまって寂しかったので『ファンタビ』で新たなお話が始まって、『ハリポタ』に通ずる部分もあるので本当に映画の公開が楽しみです!世界中にファンがいると思うんですが、もっとたくさんの人に知って頂きたいです。映画の公開に向けてどの国も盛り上がっていくと思いますが、日本が一番『ファンタビ愛』に包まれたらと思います!!!!

とアンバサダーとしての今後の抱負について熱くアピール!


更に、ニューと:宮野さんとハリー:小野さんが登壇すると会場のボルテージも上がります!

実は、魔法ワールド関連でお2人が同じステージに立つのは初めてで、ハリーとニュートが並ぶというファンにはたまらない展開!!

『ハリー・ポッター』シリーズではパーシーの声を担当していた宮野さん。当時高校生だった宮野さんは、小学生だった小野さんとの共演を振り返り、

宮野さん:大人になってニュートとして出会うという不思議!

としみじみ。

小野さん:『ハリポタ』の死の秘宝が終わって結構な月日が経つので、今『ハリポタ』関連で関われる日がくるなんて!僕の持てる全記憶を頼りに今日は頑張ります!

と意気込みを見せるなか、
芦田さん:ハリーとニュートの間にいるなんて!!!

と本当にうれしそう!芦田さんに逆に宮野さんと小野さんはテレビで見てる芸能人だ!といじり会場を笑わせます。

映画情報どっとこむ ralph ニュート役のエディ・レッドメインから愛菜ちゃんにスペシャルメッセージ、サンディエゴコミコンの模様。そして最新予告が流されると、大興奮の会場と登壇者!

ニュートから自分宛てのメッセージを見て
芦田さん:ニュートに名前を呼んでもらえるなんて大興奮です!

と喜び、宮野さんは新たな映像が収められた映像を見て
宮野さん:スケール感がまたすごくなりましたね!またホグワーツを見ることができるなんてワクワクします!

と今から本作の公開が待ちきれない様子でした。また、宮野さんはニュートの恋愛模様や、クリーデンスの存在も気になる様子で

宮野さん:(クリーデンスが)1作目であんなに闇の力を秘めていたので、2作目でもかき乱してくれる予感がする。

と期待を込めます。一方で

芦田さん:二フラーが可愛くて好き!ニュートに見つかった時の顔が好きです。

とコメントを寄せると、

宮野さん:お騒がせ二フラーは出てこないとね!

と芦田さんに共感していました。

ホグワーツ魔法学校で入りたい寮について話が及ぶと

芦田さん:スネイプ先生が好きだけどグリフィンドール。

と、優等生な芦田さんにぴったり!

宮野さん:ハッフルパフと言いたいところですが、スリザリン。スリザリン感を秘めています(笑)
小野さん:グリフィンドールだと正義感が強いイメージなのでもうちょっと気楽なところがいいです(笑)。でもグリフィンドールに選んでいただけたら戦います。

と、思い思いに選びました。

映画情報どっとこむ ralph 「ファンタビ」でニュートの声を担当していた宮野さんと「ハリポタ」シリーズでハリー・ポッターの声を担当していた小野さんに生の公開アテレコをするコーナーに!

小野さんは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のシーンをリクエストされ

小野さん:僕、一番最後の作品が20歳とか21歳で、今年29歳になるので…。04年だから、僕が当時、14歳、中2…。無理です。

と困惑の様子ですが、

宮野さん:マジか!

と小野さんの年齢に驚きます。

エクスペクト・パトローナム!!!

小野さんがアテレコを披露すると、会場からは、拍手が起こり

宮野さん:当時より若いよ!すごい!

と大絶賛。

小野さん:最近の中で一番心臓がバクバクしました!

と胸をなでおろしました。

小野さんに続いて宮野さんもニュートの名シーンを披露すると、会場からは歓声が起こり、場内の熱気は更に上がります。

芦田さん:生のハリーとニュートを聞けて生きていてよかった!

と感動しきりでした。

映画情報どっとこむ ralph また、宮野さんと小野さんの公開生アテレコのお返しに、芦田さんが大好きな「ハリー・ポッターと賢者の石」の朗読をお2人の前で披露することに!
芦田さんが本を読み終えると芦田さんの朗読に聞き入っていた

小野さん:100点満点です。

宮野さん:みんな『ハリー・ポッター』を通ってきているんですね。素晴らしかったです。

と大絶賛していました。

最後に・・・
「ファンタビ」の公開、そしてハリー・ポッターの誕生日を記念してファンから送られたホグワーツ城が形どられたスペシャルケーキが登場!

イベントでは、宮野さんと小野さんによる公開生アテレコや芦田さんの朗読の他、
会場に集まったファンに抽選でプレゼントを贈呈したりするなど、スペシャル企画が盛り沢山となった会場は終始熱気に包まれたまま、イベントは幕を閉じました。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
11月23日(金・祝)、全国ロードショー 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:
fantasticbeasts.jp

twitter:
https://twitter.com/fantabi_jp
#ファンタビ

魔法界 公式サイト:
wizardingworld.jp

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2018 WBEI Publishing Rights © J.K.R.


米コミコンにエディ・レッドメインら集結!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


映画情報どっとこむ ralph 興行収入は全世界で約900億円、そして日本でも73.4億円の大ヒットを記録し、世界中を魔法の興奮で包んだ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から2年――。

さらにパワーアップした、今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の主要キャストが、7月21日、米・サンディエゴで開催された、世界最大級のポップカルチャーの祭典“コミコン2018”に勢ぞろいし、最新作について語った!
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 コミコン2018 & 最新映像解禁

日時:7月21日(土)
場所:米サンディエゴ、サンディエゴコンベンションセンター ホールH
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)  エズラ・ミラー(クリーデンス)、カラム・ターナー(テセウス)、ゾーイ・クラヴィッツ(リタ)、クラウディア・キム(マレディクタス)

映画情報どっとこむ ralph コミコン2018の会場となる超満員の熱気に満ちたサンディエゴコンベンションセンターのホールHには『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のプレゼンテーションを見るために詰めかけた約6500人の観客が集まり、本作の主人公:ニュートを演じたエディ・レッドメインを始めとする豪華キャストが登場!

観客から割れんばかりの歓声が起こるなか、エディが、杖の先に光を灯す呪文“ルーモス”と唱えると会場が明るくなり、
エディ:ここに呼んでくれてありがとう!この会場の中を歩いて来る時の気持ちったらとってもスペシャルだったよ!

と笑顔を見せた。ニュートのコスプレをしたファンから、「ハリーポッターシリーズならどの役を演じたい?」と質問を投げかけられると、同じ魔法動物を愛する「ハグリッドを演じたいな」と答える一幕も見られた。


続いて、コミコンで新たに解禁となった約3分にも及ぶコミコン予告編映像が流され、
https://www.youtube.com/watch?v=-8Ib6yGpyao ​

エディ:いつもこの世界にいられることをうれしく思っているよ。みんなに愛され、様々な言語に訳されているこのJ.K.ローリングの創り出した素晴らしい世界に。僕はただ従うだけ、というかこのクリエイティブで想像力豊かな(J.K.ローリングの)世界にぼくは身をゆだねて泳いでいるような感覚でいるんだ。

と、ウィザ―ディングワールドが世界に広がっていくことについての想いを述べた。

ウィザ―ディングワールドの“公式ファン”であると語るクリーデンスを演じたエズラ・ミラーは、予告編について

ミラー:萌えるシーンしかないですよね、すごすぎ!ホグワーツ、ダンブルドア、ニフラーたくさん出るし、(ニコラス)フラメルだよ!?

と興奮気味に本作の魅力をアピール。

映画情報どっとこむ ralph 若きダンブルドア先生を演じたジュード・ロウは、本作のダンブルドアは45歳であると明かし、
ジュード:『若い』ダンブルドアと呼ばれていることが嬉しいね。僕も今45歳だけど、もう若くないって感じているから(笑)

とおどけながら、

ジュード:デイビッド・イェーツは素晴らしい監督で、僕に自由にこのキャタクターを作り上げさせてくれたんだ。キャラクターの特徴で引き継いでる部分はたくさんあって、相変わらずお茶目で、人に影響を及ぼす手段を持っているよ。特にニュートに対してだけど。あとは秘密を持っているんだ。この点に関してはJ.K.ローリングが作り上げたキャラクターすべてに共通すると思っているよ。いくつかの闇の部分があって、それは物語上で徐々に説明されるよ。

と、秘密について語った。

また、

ジュード:いろいろ起こるんだ。魔法界とマグル(ふつうの人間)の世界の双方が絡み、魔法界に暮らしていた魔法使いたちが突如、魔法界と人間界のどちら側につくかの選択を迫られることになる。もしかしたらこれまでの魔法ワールドの物語のなかでも最も深みのあるストーリーかも!

と、ファンタビの世界で起こる危機について教えてくれた。 

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

ジョニー・デップが “黒い魔法使い”グリンデルバルドの姿でサプライズ登場するとどよめきが起こり、会場のボルテージはマックスに!

ジョニー:みなさん、拍手は僕のためではなく、あなたたちのためのものだ。私はマグルを嫌っているとずっと言われていたが、嫌っているというのは事実ではない。マグルは他のものと同等だと言っているのだ。価値があり、また価値を与えている。魔法は限られた魂にしか宿らないのだ。人間界のためにどのような世界を作るのか。本当の自由の中に生きられる世界。私たちにとって公平な世界が作られる瞬間が来るだろう。

と、グリンデルバルドとして演説し、観客を魅了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

11月23日(金・祝)、全国ロードショー 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:fantasticbeasts.jp 

公式twitter:@fantabi_jp
ハッシュタグ #ファンタビ  

魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

***********************************


監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他

© 2018 WBEI Publishing Rights © J.K.R.


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 キックオフ・ファンイベントレポ!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法シリーズ「ファンタスティック・ビースト」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、11月23日(金・祝)公開となります。

そして3月22日(木)、本作の先行前売り券発売と、キックオフを記念したイベントを開催。

前作のファンイベントでは、入場希望のファンが行列をなし、多数のコスプレしたファンが会場を埋め尽くして大盛況となった人気のイベントとなっていましたが、今回も魔法シリーズのファンである、全国のポッタリアン&ファンタビストたちが集結、朝5時から並ぶファンの姿も見られ、イベント開催前には前回を凌ぐ約800人が列をなしました。
今回のファンイベントでは、ハリー・ポッターシリーズの大ファンと公言する、高橋愛さんと、ハリー杉山さんが、魔法使いのような衣装でMCとして登壇し、最新作の注目ポイントの解説や、魔法の世界の魅力を語りつくす、ファンタビ愛を爆発! さらに、集まったファンの皆様に向けて、魔法シリーズに関するクイズ大会も実施、超難問の数々を多くのファンが高正解率でした!さすが!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』キックオフ・ファンイベント
日時:3月22日(木)
場所:新宿ピカデリー
司会:高橋愛、ハリー杉山

映画情報どっとこむ ralph
250人のファンが集まった会場に、ハリー・ポッターシリーズの大ファンである、グリフィンドールのローブを着た高橋愛さんと、主人公ニュートの恰好をしたハリー杉山さんが登場!

会場には、ダンブルドアやクイニ―、ホグワーツの制服を着こなす人々やボウトラックルを彷彿とさせるコスプレをしたポッタリアンとファンタビストの姿が。更に、ドビーの姿もあり、あまりのクオリティの高さにハリーさんは感動の様子でした。

高橋さん:中学校に持っていっていて、休み時間になると本を開いていました。

と、感慨深げに自身の思い出を振り返りました。

まずはファンタビの復習ということで、2016年に公開したファンタビシリーズの1作目である『ファンタスティック・ビースト 魔法使いの旅』を振り返る映像をファンたちと見ることに!高橋さんとハリー杉山さんが

“ルーモス”

という魔法の杖に灯りを灯す呪文を観客たちと唱えると、スクリーンに映像が!

映像内で映された原作者であるJ.K.ローンリング氏が語る「すべての人の中にビーストがいる」という言葉に高橋さんは感動の様子で

高橋さん:改めてワクワク感が高まります!『ハリー・ポッター』シリーズは書籍なので、映画はストーリーが分かっていますが、ファンタビの世界はJ.K.ローリングさんの頭の中、キャストの頭しかない。分からないことが描かれることが魅力!」と目を輝かせました。

続けて、ファンタビキャストの来日時の映像ダイジェストを鑑賞し、高橋さんは「エディとニュートのキャラの違いが良いですね。

ハリーさん:エディはチャーミングで純粋。全身で表現するから、ニュートと違って役者だなと思いますよね。

と、それぞれにニュートを演じたエディの魅力について振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 会場のボルテージが高まったところで、イベントでは定番となりつつあるハリーさんのドビーの声マネという一幕もありながら、全世界一斉に公開されたばかりの予告編を鑑賞することに!映像を見て

ハリーさん:震えが止まらない。エディ・レッドメインの珍しい姿もみられそうですよね!

と本作への高まる期待を隠せない様子。

高橋さん:心臓がバクバクしました。ダンブルドア先生役のジュード・ロウさんが、すごく格好よくて渋いです。ファッションがレトロで可愛くて注目ポイント。ビーストにも注目です!

と見どころポイントを明かします。

また、映像を観た2人は、今まで見たことのない魔法動物に注目したり、『ファンタスティック・ビースト 魔法使いの旅』で記憶を無くしたジェイコブの記憶について、ニュートの兄であるテセウスとニュートが合体呪文のようなことをしているシーン、クリーデンスがいるかどうか、そしてティナとニュートの関係性、レストレンジ家の家系図、キャラクター名がない謎の黒人男性の姿など、思い思いに気になるポイントを挙げ気になることが止まらない様子でした。

映画情報どっとこむ ralph そして、スペシャルグッズが当たるクイズ大会を実施!『ハリー・ポッター』シリーズ、『ファンタスティック・ビースト 魔法使いの旅』、そして本作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の3つのカテゴリーに分けたクイズを各5問出題し、勝った人には杖型のペン、書籍、ニュートのミニトランク、最後に勝ち残った方にはジャパンプレミアレッドカーペットの参加権が手渡されることに。「ハリー・ポッター」シリーズの大ファンであるハリーさんも事前に質問をみており、かなり難しいとコメントを寄せますが、会場に集まったポッタリアン&ファンタビストたちはツワモノばかりで

「クィディッチにおいてスリザリンチームが使用しているほうきの銘柄について」
「ほとんど首なしニックは何回斧で首をきりつけられたか」
「MACUSAの紋章に描かれている星の数について」
「Wizarding Worldのロゴは9本の杖でできていますが、その中に入っていないのは誰の杖か」

といった難易度の高い質問が次々と出されますが、なかなか脱落者がでずに、遂にはじゃんけんで勝者を決める結果に。そして、3人の優勝者の中から最後の問題が出題されに見事勝ち残った2人がファン代表として今後行われるイベントに参加して、宣伝活動にご協力をいただくファンフルエンサーに認定されました!


最後に高橋さんとハリーさんがエディやファンタビキャストに向けて「日本に来てね!」という掛け声をかけると、会場のファンたちは

「アクシオ―(呼び寄せの呪文)!」


と合唱して魔法使いのように指を突き出し、大興奮のままイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

公式サイト:
fantasticbeasts.jp 

公式ハッシュタグ:#ファンタビ
 
公式Facebook:
www.facebook.com/fantasticbeastsjp/

最新作の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かう物語となっています。
今作でダンブルドア先生を演じるのは、アカデミー賞2回受賞のイギリスの名優ジュード・ロウ。物語の鍵を握るグリンデルバルド役のジョニー・デップが魅力たっぷりに怪演しているほか、前作に引き続き、主人公の魔法使いニュートをアカデミー賞受賞俳優の若き名優エディ・レッドメイン、ニューヨークの魔法使いのティナ役のキャサリン・ウォーターストン、ティナの妹で魔法使いのクイニーをアリソン・スドル、魔法が使えない普通の人間のジェイコブ役:ダン・フォグラーらが続投します。より豪華になったキャストに加え、魅力あふれる魔法動物(ビースト)たちも多数登場いたします!

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品

原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング 

出演:エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)、
ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、ゾーイ・クラヴィッツ(レタ)、カラム・ターナー(テセウス)他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights