「ファンタジア国際映画祭」タグアーカイブ

雨宮慶太監督登場にファン盛り上がり!【牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人】ファンタジア国際映画祭レポート


映画情報どっとこむ ralph 人間の邪心に取り憑く魔獣“ホラー”と、それを殲滅する使命を帯びた“魔戒騎士”たちとの暗闘を描くアクションドラマ牙狼〈GARO〉シリーズ。
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』 2014年に放送されたTVシリーズ「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」に続く、冴島雷牙シリーズ待望の最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(10月4日(金)より新宿バルト9ほかにて公開)が、カナダ・モントリオールで開催中の第23回ファンタジア国際映画祭のアジアンセレクションに正式招待された。本作の監督である雨宮慶太は、映画祭側からの熱烈オファーを受けて映画祭に参加。舞台挨拶やクリエイターとしてワークショップに登場し、現地ファンから熱い歓迎を受けました。
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』 ファイナルファンタジーや、モンスターハンターといったゲームとコラボレーションしてきた牙狼シリーズや、自身も数多くのゲームのキャラクターデザインをしてきた雨宮慶太のファンも多く、本編上映やワークショップにはさまざまなファンや観客が集った。

映画情報どっとこむ ralph ■舞台挨拶
【牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人】ファンタジア国際映画祭レポート 現地時間30日の本編上映と舞台挨拶では、上映前には席を求める現地ファンが長蛇の列となった。満席となった会場には、北米では入手困難な雨宮慶太の初期作品や牙狼シリーズのDVDボックスを手にそわそわと待つファンの姿も。

上映前に今回雨宮監督の参加を熱烈オファーしてくれた映画祭プログラマーが、興奮気味に雨宮監督の経歴やこれまでの作品を説明すると、会場からは早くも歓声が上がり、紹介された雨宮監督が登壇すると会場から割れんばかりの拍手が送られた。

今回カナダに初訪問となった雨宮監督は英語で自己紹介をしたのち、

雨宮監督:カナダに来れてとてもうれしい。この映画は牙狼を知っている人はもちろん、知らない人も楽しめると思います。この上映がきっかけで僕の作品がもっとたくさんカナダで見てもらえるようになると嬉しい。この作品見て気に入ったら、ぜひ応援してほしい」とコメント。

また、牙狼を知っている人?という雨宮の質問に半分以上の観客が手を挙げ、牙狼や雨宮の人気の高さが伺えた。

本編上映中には、コミカルなシーンでは笑いがおき、先日日本でも情報解禁となった豪華キャストが登場すると、大きな口をあけて驚いたり、のけぞって喜ぶ観客の姿も。また、劇中で登場人物がお辞儀をするシーンがあると、一緒にお辞儀をする観客もおり海外ならではの反応も見れる、熱気に包まれた上映となった。

本編終了後には、雨宮監督との写真を求める列ができ、年齢や性別、人種を問わず様々なファンが握手を求めた。



■ワークショップ
【牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人】ファンタジア国際映画祭レポート また今回は舞台挨拶だけでなく、雨宮監督のクリエイターとしての話をぜひ聞きたいという映画祭からの熱い要望から、60分のワークショップも開催。

会場には多くの雨宮ファンや、日本文化に興味のある観客が集まった。

初期作品として、『ゼイラム』「仮面ライダーZO」「仮面ライダーJ」「魔法少女隊アルス」のキャラクターデザイン画を紹介。北米でも特に知名度の高い作品とあって、身を乗り出して食い入るようにスクリーンを見つめる観客の姿もあった。

牙狼シリーズのキャラクターデザイン画を紹介する際には、キャラクターが生まれた背景や雨宮監督のキャラクターデザインに関してのこだわりなどを紹介。また『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』のキャラクターデザイン画もこのワークショップで初公開され、貴重なデザイン画の数々に、紹介スライドが変わる度に会場からは感嘆の声がもれた。

ファイナルファンタジーのキャラクターデザイン画や、牙狼とゲームのコラボレーション動画も紹介し、ゲーム会社の聖地と言われるモントリオールにて、今後の展開も期待できるワークショップとなった。


ワークショップ後には、雨宮監督によるサイン会を実施。
【牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人】ファンタジア国際映画祭レポート 若手クリエイターや、往年の特撮ファンなど幅広いファンが監督のサインを求め。長蛇の列となった。

それぞれの好きなキャラクターを雨宮監督が色紙特別に筆で一筆描きするとあってファンは大興奮。雨宮監督ならではの筆使いやデザインの過程を真剣なまなざしで見つめた。

1時間半以上にも及んだサイン会は大興奮の熱気に包まれ、またファン同士の交流会にも発展し大盛況での終了となった。


映画情報どっとこむ ralph 『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』

10.4(Fri)、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://garo-project.jp/GEKKOU/

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』 【STORY】
守りし者として日々ホラー狩りをする魔戒騎士・冴島雷牙(さえじまらいが)。親から子へと受け継がれる黄金騎士であることに対する使命と重圧、そして父がいつまでも戻らないことに対する葛藤を心に抱えていた。一方、人の力になりたいと願うマユリは雷牙の元で日々花を育てる。静かな日常を送る2人であったが、ある満月の夜、2人の前に白き仮面の男・白孔<しろく>が現れる。「俺はお前のすべてを知っている」。不敵な笑みを浮かべる白孔の剣が雷牙を襲う。白孔の術によって夜の闇を彷徨うマユリ。マユリを追って雷牙は不思議な列車に乗りこむが、列車の汽笛が夜の闇を切り裂き、漆黒の闇から邪気が漂い始め・・・。

***********************************

原作・脚本・監督:雨宮慶太 
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆 アクション監督:横山誠 
出演:中山麻聖 石橋菜津美 水石亜飛夢 螢雪次朗 
江田友莉亜 倉持由香 川瀬陽太 つぶやきシロー 下條アトム / 松田悟志 渡辺裕之 / 小西遼生 京本政樹(特別友情出演)
特別協力:サンセイアールアンドディ 製作・配給・制作:東北新社 
エンディング主題曲:JAM Project「雷牙−月虹ノ旅人−」 
2019年/日本/カラー/106分/16:9/5.1ch 
©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社 


『HUMAN LOST 人間失格』が第23回ファンタジア国際映画祭アニメ部門・特別賞を受賞!


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。

破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年秋、全世界公開となります。
『HUMAN LOST 人間失格』
そして!

この度、カナダ・モントリオールにて開催の第23回ファンタジア国際映画祭にて劇場アニメ―ション『HUMAN LOST 人間失格』がアニメ部門・今敏アワードの特別賞を受賞しました。

6月開催の世界最大の国際アニメーション映画祭であるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭での公式上映や、7月開催の世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2019」でのスクリーニングに続き、海外での快進撃を続けております!
『HUMAN LOST 人間失格』
映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』

は、2019年秋に全世界公開となります。

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

HUMAN LOST 人間失格 『HUMAN LOST 人間失格』 『HUMAN LOST 人間失格』 「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。

しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。

埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。

日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。



***********************************


<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智

ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project


『ザ・ファブル』審査員満場一致で第23回ファンタジア国際映画祭Best Action Filmを受賞


映画情報どっとこむ ralph 笑撃大ヒット上映中の岡田准一主演『ザ・ファブル』。

この度、スイス・ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭での受賞に続き、カナダのモントリオールで行われた第23回ファンタジア国際映画祭のAction!部門において、Best Action Filmを受賞しました!

岡田准一主演『ザ・ファブル』
『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)で世界的に大ブレイクした、マ・ドンソク主演の「The Gangster, the Cop, the Devil」や、ブルース・リーの唯一の師にして人々の尊敬を集めた実在の武術家イップ・マンの半生を描き世界中で大ヒットを記録した『イップ・マン』シリーズ最新作『イップ・マン外伝 マスターZ』など、8作品のアクション作品もの中から本作が選ばれました。

受賞理由について

「岡田准一を筆頭にキャスト陣は、過去の日本の暗殺映画とは違う、全く新しく素晴らしい作品を作り上げた。ファブルは、パワフルなアクションと日本らしいユーモアが完璧に融合された作品だ」

と審査員コメントが出されるほど、審査員満場一致での受賞となりました!

***********************************

出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
公開:6月21日(金)
©2019「ザ・ファブル」製作委員会 


映画『シライサン』ファンタジア国際映画祭Asian Section選出決定!


映画情報どっとこむ ralph 人気モデルで女優の飯豊まりえが主演を務め小説家・乙一として知ら れる安達寛高の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品となる 映画『シライサン』が2020年1月10日(金)より全国公開されることが決定しました。

また、カナダにて開催される北米最大のジャンル系映画祭ファンタジア国際映画祭Asian Sectionに選出‼(7/11~8/1開催)

ファンタジア国際映画祭は1996年にジャンル映画祭として始まり、現在では会期中の来場者数が10万人にものぼる、北米最大のジャンル映画祭。アジア・ヨーロッパ・北米の作品を中 心に、ホラー・アクション・SF・ファンタジー・アニメなど様々なジャンルの作品が上映されます。過去日本からも数々 の話題作が上映され、『川の底からこんにちは』(石井裕也監督)、『リアル鬼ごっこ』(園子温監督)、『カメラ を止めるな!』(上田慎一郎監督)などが賞を受賞しました。 『シライサン』は観客の人気投票による“Audience Award for Best Asian Film”の対象作品となり、7月17 日(現地時間)に上映となります。

映画情報どっとこむ ralph ■飯豊まりえ <瑞紀 役> シライサンが出品されたと聞いて とても嬉しかったです。 シライサンが世界の方々に知って頂けることを今からワクワクしております。

■監督・脚本:安達寛高(乙一) 映画『シライサン』は、呪いをめぐる物語です。普通に暮らしていた者たちが、【シライさん】と呼ばれる存在に関 わってしまったことで、次々と命を落としていきます。【シライさん】の呪いを回避するために、主人公たちは行動を 起こします。はたして主人公たちは生きのこられるのでしょうか。 僕がこの映画を作ることにしたのは、映画『リング』や映画『呪怨』が好きだったからです。人を次々と殺していく霊 的な存在を創造し、観る人を怖がらせてみたいとおもいました。みなさんに、たのしんでいただけたら幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 飯豊まりえが恐怖におののく…! 新たな呪いの都市伝説”シライサン”に迫る 新場面写真も公開になりました!

併せて解禁となった場面写真は、相次ぐ不審死の原因を突き止めるため、”シライサン”の呪いの真相に近づいていく端紀(飯豊まりえ)と春男(稲葉友)らの姿を映したもの。
怯えた表情を見せる端紀と春男、
端紀達と共に事件を追う記者間宮(忍成修吾)、
作家である間宮の妻冬美(谷村美月)、
呪いの鍵を握る酒屋の店員渡辺(染谷将太)、
血の気が引いた顔で 何かを凝視する端紀の友人香奈(江野沢愛美)、
お札が貼られた不気味な古い家屋の中を覗き込む端紀など、
”シライサン” の呪いの恐ろしい秘密に迫る場面写真となっている。

映画情報どっとこむ ralph 『シライサン』(英題:Stare)

2020年1月10日(金) 全国公開

公式HP:
shiraisan.jp

公式Twitter:
shiraisan_movie


<ストーリー>
眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心不全だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたよ うな奇妙な共通点があった。 親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男(稲葉)。二人は共に 事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心 不全で死亡した。 事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン”の呪い…。核心に近づく三人の前に、理解 を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた・・・。

***********************************

出演:飯豊まりえ 稲葉友 忍成修吾 谷村美月 染谷将太 江野沢愛美 ほか
脚本:監督:安達寛高(乙一)
配給:松竹メディア事業部
©2020松竹株式会社


映画『ペンギン・ハイウェイ』ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)受賞!


映画情報どっとこむ ralph カナダ・モントリオールで開催中のファンタジア国際映画祭にて、現地時間25日(水)最優秀アニメーション賞にあたる今敏賞の長編部門を受賞した!

ファンタジア国際映画祭は、1996年にジャンル映画祭として始まり、現在はアジアやヨーロッパ、北米の作品を中心に約400作品を上映、会期中の来場者数は10万人にのぼる、北米最大のジャンル系映画祭。

「今敏賞」は、2010年に逝去したアニメーション監督、今敏監督の功績を称えて、2012年より「ベストアニメーション賞」から名称を変更した賞で、今敏賞長編部門での日本の作品の受賞は過去には『言の葉の庭』(新海誠監督)や、『ジョバンニの島』(西久保瑞穂監督)など。


映画祭のホームページでは

「表現も構成も美しく練り込まれた、愛と友情の物語。全ての世代の人々の心を強く感動させる、魅力的でふしぎなラブストーリーだ。 『ペンギン・ハイウェイ』は今敏賞にふさわしい。」

と受賞理由が発表されています。

映画情報どっとこむ ralph 石田監督と北さんからコメントが届いています!

石田祐康監督コメント
まずは何と言ってもこの『ペンギン・ハイウェイ』にとって初めていただく賞になるのでものすごく嬉しいのと、衝撃が走ってます。何故ならまだ日本でも公開していないのに、もう賞をいただいてよろしいのかと…!
また今敏さんは個人的に多大なる影響を受けた監督なので、その名を冠する賞をいただけることに非常に光栄な思いです!有難いことです。

北香那さんのコメント
自分にとって初めて命を吹き込んだ作品が、海外でこんなに素敵な賞を頂けるなんて、信じられない気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいです。
映画「ペンギン・ハイウェイ」を、早く日本の皆様にもお届けしたいという気持ちがより一層高まりました。

映画情報どっとこむ ralph <ファンタジア国際映画祭とは>
カナダ東部に位置するケベック州最大の都市モントリオールで開催される国際映画祭。
ファンタジア国際映画祭の歴史は1996年にジャンル映画祭として始まる。現在では北米最大のジャンル系映画祭として、アジアやヨーロッパ、北米の作品を中心に約400作品を上映し、会期中の来場者数は10万人にのぼる。
2012年からジャンル映画の企画開発や共同製作を推進するマーケット“フロンティア”が開催されており、業界向けイベントとして大きな注目を集めている。同映画祭はジャパニーズホラーを北米に紹介する先駆けとなった映画祭であり、中田秀夫監督の「リング」のプレミア上映がドリームワークスの目に留まり、アメリカ版のリメイクや北米配給につながっている。

映画情報どっとこむ ralph 本作は先月6月に、フランスで開催された世界四大アニメーション映画祭の一つ、アヌシー国際アニメーション映画祭にも招待され世界のアニメファンから高い評価を獲得。すでに北米、イギリス、フランス、台湾、韓国ほか世界11ヶ国以上で配給が決定している。

無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる、“果てしない世界の謎”と“冒険”。心弾む青春ファンタジー映画『ペンギン・ハイウェイ』。

日本公開は8月17日(金)です!

『ペンギン・ハイウェイ』

小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も、真面目に続けていた。

ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」 一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。

やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか――!?

***********************************

出演:北 香那、蒼井優
釘宮理恵 潘めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲 西島秀俊 竹中直人

原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
主題歌:宇多田ヒカル「Good Night」(EPICレコードジャパン)
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会