「ファンキー」タグアーカイブ

SSFF&ASIA別所哲也&EXILE/三代目JSB岩田剛典登壇!『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』


映画情報どっとこむ ralph 詩と音楽、映像を一つに融合した<CINEMA FIGHTERS project>の最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。6月22日(金)から好評公開中です。

公開2週目となるの30日(土)には、 <CINEMA FIGHTERS project> の企画者の一人であり SSFF & ASIA代表の別所哲也さんと、6作品のうち1作である『ファンキー』で主演を務めた岩田剛典さんが舞台挨拶に登場しました!

日付:6月30日
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:SSFF & ASIA別所哲也、EXILE/三代目JSB岩田剛典

映画情報どっとこむ ralph 上映後の興奮に包まれる中、別所哲也さんと岩田剛典さんが登場すると大歓声が。


MCからSSFF & ASIAで三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEがフェスティバルナビゲーターを務めたことについて

岩田さん:すごく豪華なセレモニーでした。出演者の方も物凄く豪華な方ばかりで、とても貴重な経験になりまし た。

と話すと、 SSFF & ASIA の代表の別所さんは

別所さん:セレモニー後のガラパーティーで、 岩田さんには乾杯の音頭をとってもらい、素敵に開幕することができました。

とエピソードを披露。

映画情報どっとこむ ralph そして、話は変わって出演作 「ファンキー」の脚本を読んだときの印象を聞かれ
岩田さん:正直初めて読んだ時は、“これはどれにかかっているの か”とか、色々な疑問が浮かんだのですが、(石井裕也)監督に相談したら、監督にはゴールがちゃんと見えていらっ しゃっていて、そういった“監督のみぞ知る”ことがあるので、石井さんを信じて撮影に挑みました。

と当時の心境を振り返りました。

また役作りや撮影の苦労について問われると

岩田さん:全編サングラスをかけている役は初めてだったので、 目の芝居ができないのが苦労しました。

と苦労を吐露。
別所さんはそんな岩田さんの演じた“純司のアニキ”の役柄について

別所さん:今、流行りの言葉でいうと、“純司のアニキ、 ハンパねえ”でした!傅きたくなりましたよね。

と、岩田さんの前に膝まづくシーンを交えつつ、

別所さん:役者は登場したときに、 この人はどんな人かわかるような色々な情報を持っていて、その1つである目の芝居をある意味サングラスで奪われる状態でしたが、スクリーンに登場したときから岩田さんの純司のアニキがどんな人なのかよくわかりました!

と岩田さんが演じる “純司のアニキ”を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph また、4日間行われた撮影の中、水中でのシーンが多かったという岩田さんは水中で服を脱ぐシーンについて
岩田さん:ジャケットを脱ぐのまではすぐにいけるんですが、その下を脱ぐのが大変でした。幸い水中での撮影が 進み、息を止めていられる時間が長くなってからのシーンだったので、助かりました。

とコメントし、実際に潜っていた時間は40~50秒だと振り返りました。

そんな岩田の水中のシーンについて

別所さん:実は、撮影の前にHIROさんと岩田さんの撮影について、水中で脱ぐって書いてあるけど、どこまでやるのがよいか?という話をしていました。実際に撮影終わってからも大丈夫だった?全部脱いでないよね?とまた話していましたよ。

と裏話を語り、岩田さんを驚かせました。


そして、作品のタイトルにかけて「最近“ファンキー”だった出来事」について問われ・・・

岩田さん:最近お仕事でフランスに行っ たのですが、フランスの人は仕事があってもお昼からワインを飲んでいたりするので、“飲んでも仕事できる”という国民性の違いがファンキーでした。

と岩田さんがエピソードを述べ、また別所さんは自身の“ファンキーな体験”として、

別所さん:最近歌番組に出まして…歌ったんですよ、ミュージカルアクターだから!

と歌番組への出演を上げ、

別所さん:歌番組ってこんなに大変なんだと改めて感じるファンキーな経験でした。歌番組のカメラワークの中で歌う緊張感や楽しさを感じました。ラジオではよく踊ってるんですが、それとは全然違いましたね。

とコメントし、客席からは笑いが起きました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

別所さん:ショートフィルムは、インターネットでも検索するとたくさん出てくるんですが、 今回のように小竹正人さんの詩と繋がっての新しい取り組みというのはすごく貴重なものです。これからもプロジェクトを育 てていければと思います。

と<CINEMA FIGHTERS project>の今後への意欲を語りました。
岩田さん:実は大学時代に、一度別所さんをインタビューさせていただいたことがあって、今日こうして一緒に舞台挨拶させていただ いているのがすごく不思議です。大学の先輩でもあるので、運命的なものを感じております。

と別所さんへのリスペクトを述べ、別所さんがハグ。会場が温かい拍手につつまれました。
***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS
    


映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』6つの作品に作詞家・小竹正人コメント!


映画情報どっとこむ ralph この度、6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』より、 本作のために新曲の歌詞を書き下ろした小竹正人からのコメントが解禁。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->の最新作、 映画『ウタモノガタリCINEMA FIGHTERS project-』。6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つの ショートフィルム。6つの新曲の”詩”は、これまでも様々なアーティストの楽曲を手がけてきた作詞家・小竹正人さんが担当!

そんな小竹さんのそれぞれの楽曲への想いが込められたコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 小竹さん:私の作詞作業において“誰が歌うか”というのは非常に大事なポイントです。歌い手を思い浮かべることで、その人物像 や声をヒントに言葉を手繰り寄せていける。

と語る小竹さん。『東京』は2013年『空に住む』という小説を出した頃に書い てずっと温めていた詞から起用し、他5曲はすべて今回の映画のための書き下ろしだ。すべての元となった6曲について、 その誕生秘話やアーティストに対する愛が滲み出る楽曲への想いを語ってくれました。


□「Canaria」
(歌:EXILE TAKAHIRO TAKAHIRO主演作『カナリア』の主題歌)

小竹さん:TAKAHIRO自身が持つイメージから生まれた詞。歌を忘れたカナリアの切なさ――しゃべらない寡黙な男を彼が演じた らぐっと来るだろうなと着想し、一気に書き上げました。

□「東京」
(歌:三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 岩田剛典主演作『ファンキー』の主題歌)

小竹さん:地元ではスターだった若者たちがこの街に来たとたん埋もれてしまい、夢破れる、そんな東京という街への思いを込め た、自分の中でも思い入れのある曲。この悲しい女性詞を女性が歌うとあまりにも悲壮感が漂うので(笑)、あえて三代目 の二人に歌ってもらったら、めちゃくちゃ素晴らしい仕上がりになって鳥肌が立ちました。

□「何もかもがせつない」
(歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE 白濱亜嵐主演作『アエイオウ』の主題歌)

小竹さん:タイトルが最初に浮かびました。GENERATIONSのメンバーは子供の頃から知っているので、ラブソングを歌ってもら うことに長いこと違和感があったんですが(笑)、気付けば彼らも大人。年相応、またはそれ以上の恋愛の曲にも挑戦して ほしいなと思って。個人的に、“切ない”って“絶望”や“悲しみ”より手前の、まだ少し余裕のある状態という気がしていて、 そこが若い子の恋愛に重なります。

□「あの子のトランク」
(歌:DANCE EARTH PARTY 石井杏奈/山口乃々華/坂東希主演作『Kuu』の主題歌)

小竹さん:ボーカルのShizukaが、よく悩んでいた昔の私にそっくりでとても親近感を覚えるんです(笑)。だから久々に彼女が歌う 詞を書けるこの機会に、おとぎ話風の世界に乗せて、自分からShizukaへのエールみたいな気持ちで書いたんです。個人的 に平林勇監督が手掛けた番組『しまじろうのわお!』が大好きなんですが、あのおしゃれさやマニアックな雰囲気が『K uu』にも出ていて、非常に光栄でした。

□「How about your love?」
(歌:JAY’ED & 鷲尾伶菜 青柳翔主演作『Our Birthday』の主題歌)

小竹さん:今回初めてご一緒したJAY’EDくんの歌声が想像以上に素晴らしく、その相乗効果で鷲尾(伶菜)もかつてない大人っぽ い歌い方で魅せてくれたという印象。映画ともぴったりです。

□「Baby Shine」
(歌:DEEP 山下健二郎主演作『幻光の果て』の主題歌)

小竹さん:恋愛というより“現実逃避している人たち”が自分の中のテーマ。例えば「夜光虫」など、シングル曲ではちょっと使い にくいような単語も、こういう企画でなら使えるので楽しかったです。

映画情報どっとこむ ralph HIROからの提案に小竹さんが賛同する形で実現した未発表の新曲を使ったCINEMA FIGHTERS projectの第二弾である本作。

歌詞を書き上げた後は、ほぼノータッチだったという小竹さんは、完成した作品を観ての感想を

小竹さん:本当に驚きの連続でした。「えっ! あの曲がこういうストーリーになったのか!?」と。6人の監督が大いにイマジネーションを膨らませ、自由に それぞれの世界を描き出してくださり、作詞した者としては正直、戸惑いもあったほどです。でもそれでこそクリエー ターだなぁと感服しましたし、どの作品も、最後にテーマソングが流れると不思議と違和感がなかった。すごく刺激を受 けました。監督たちの映画愛がひしひしと感じられ、何でもない場面なのに不意に胸が締め付けられるといったところも 多かったです。

と語る。

詩と楽曲、映像の融合を楽しむ「CINEMA FIGHTERS project」の第二弾、映画『ウタモノガタリ -CINEMA FIGHTERS project-』。

劇場でしか聴くことのできない新たな楽曲たちにも、是非ご期待ください。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアにてプレミア上映後、 6月22日(金) 全国ロードショー!

***********************************



“兄貴”岩田剛典と池松壮亮が踊って、踊って、大号泣!?『ファンキー』の新場面写真が解禁


映画情報どっとこむ ralph 6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』より、 岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers)主演作品『ファンキー』の新場面写真が解禁。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの最新作、 映画『ウタモノガタリCINEMA FIGHTERS project-』。6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つの ショートフィルム。その中の1作、『⾈を編む』の石井裕也監督がメガホンを取り、 EXILE / 三代目 J Soul Brothersの岩田剛典が主演を務める『ファンキー』は、ファンキーな集団のリーダー”純司の兄貴”の「亡くなった母親に会いたい」と いう強い願いが、ある一夜に奇跡を起こす物語。

今回解禁となった新場面写真では、サングラスとカラフルな衣装を身にまとった”ファンキー集団”が道端で、バスの上 で、ノリノリに踊る様子を見ることができる。
さらに黄色いジャケットがトレードマークの岩田演じる純司の自宅には、池松壮亮演じる洋一、前田航基演じるハジメ、芹澤興人演じるヤス、岡根拓哉演じる直人が集まりテーブルを囲む。

サングラスに無表情であまり表情のわからなかった踊るファンキー集団から一変、そこには悲しげに俯く者や、サングラスを外してくしゃくしゃの泣き顔を見せる兄貴の姿が!



一体、陽気で”ファンキー”な男たちが涙する理由とは?石井監督が生 みだすユニークな世界観やストーリーに期待が膨らむ場面写真となっております。

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

『ファンキー』

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアにてプレミア上映後、 6月22日(金) 全国ロードショー!

***********************************


『カナリア』
監督・脚本:松永大司
TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO

『ファンキー』
監督・脚本:石井裕也
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子
主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』
監督・脚本:安藤桃子
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二
主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』
監督・脚本:平林勇
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒
主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』
監督・脚本:Yuki Saito
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子
主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』
監督・脚本:岸本司
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也
主題歌「Baby Shine」byDEEP

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO 企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:LDH PICTURES
公式HP:utamonogatari.jp
©2018 CINEMA FIGHTERS


映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』TAKAHIRO・岩田剛典・・・メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲を6編のショートフィルムで描く、映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の「カナリア」「ファンキー」「アエイオウ」「Kuu」「Our Birthday」「幻光の果て」の、6作品のメインビジュアルが解禁。

今回初解禁となったのは本作の6つのショートフィルムのメインビジュアル。

『カナリア』の写真にはセットされていない無造作な髪で牛舎に佇むTAKAHIROの姿が。
監督・脚本:松永大司 
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO


『ファンキー』の写真には、帽子にサングラスとファンキーな装いの岩田剛典や池松壮亮ら5人の男たちの姿が映っている。
監督・脚本:石井裕也 
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子
主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE


『アエイオウ』の写真にはどこか重い表情で遠くを見つめる白濱亜嵐。
監督・脚本:安藤桃子 
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE


『Kuu』の写真には、岩場に斬新な髪型や服装の石井杏奈、山口乃々華、坂東希の姿が見られる。
監督・脚本:平林勇 
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒  主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY 


『Our Birthday』の写真には、幸せそうな笑顔で誕生日ケーキを持つ青柳翔と佐津川愛美の姿が。
監督・脚本:Yuki Saito 
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』の写真では、山下健二郎がモリを躍動感たっぷりに振り上げている。
監督・脚本:岸本司 
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

それぞれの作品の写真は、本作のキャッチコピーである“6tears・・・言葉たちが泣いている。”にあるような、主人公たちの深い想いを感じさせるものとなっていることから、それぞれの作品がいったいどのような音楽とともにドラマを魅せてくれるのか、ますます期待が高まりそうだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

は、6月22日(金)全国公開。

utamonogatari.jp

本作には『トイレのピエタ』で第56回日本映画監督協会新人賞を受賞した松永大司監督作『カナリア』にTAKAHIRO、『舟を編む』(2013)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典、『0.5ミリ』で第39回報知映画賞作品賞を受賞した安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐、『663114』がベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希、SSFF & ASIAで4度「観客賞」を受賞しているYuki Saito監督作『Our Birthday』に青柳翔、映画『こころ、おどる』で SSFF & ASIA 2015「ジャパン部門」にて優秀賞を受賞した岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎らに加え、映画界を代表する俳優たちが結集。
EXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPという、6組の豪華アーティストが歌い上げ、その世界観を6名の監督が映像化。それぞれの作品に、TAKAHIRO、岩田剛典ほか、豪華俳優陣が登場し早速話題の本作。各作品に登場する主人公たちの思いが物語と音楽に凝縮した、観るものの心を揺さぶる内容となっている。
***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO 
企画・プロデュース:別所哲也 
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS