「ファティ・アキン監督」タグアーカイブ

ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 登壇『女は二度決断する』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞作
突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは。

この度、映画『女は二度決断する』(4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開)のダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が来日。ジャパンプレミアがヒューマントラストシネマ渋谷にて行われました。

兼ねてからファティ・アキン監督のファンを公言するゲーム・クリエイターの小島秀夫さんも登場しました!


日時: 3月23日(金)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇: ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督
ゲスト:小島秀夫(ゲームクリエイター)

映画情報どっとこむ ralph 今回、11 年ぶりに来日を果たしたハリウッド女優ダイアン・クルーガーは、背中がパックリと開き、胸元を見せたセクシーな黒い衣装を纏い、ファティ・アキン監督、共演者のデニス・モシットらとともにジャパンプレミアに登壇。観客の大きな拍手に迎えられ・・・・

来日の感想を聞かれ

ダイアン・クルーガー(以下、ダイアン):こんにちは。久しぶりに日本に来ることができて、とてもワクワクしています。私にとって大 切な作品なので、お楽しみください。口コミもしてください。もしダメだったら…シャラップ!!(言わないでね)

デニス・モシット(以下、デニス):大好きな日本、大好きな東京に来ることができてとてもうれしいです!

ファティ・アキン監督(以下、監督):ありがとう。日本の観客に本作を見てもらうことはとても意味があります。私の作品は常に日本 の文化に影響を受けているからです。それを分かち合えるのもうれしいです。

とイベントスタート。

本作を制作をした想いを

監督:本作は僕のパーソナルな作品です。私自身、家族を持つ父でもあるので、 (家族を奪われることに) 恐怖や怒りがあります。その想いをカティヤ・ダイ アンを通して描くことができました。

映画情報どっとこむ ralph カンヌ映画祭女優章受賞の感想を

ダイアン:監督と役者が出会う時、共通の理解や情熱を持っていることがベストで、とてもラッキーなことに今回はそれができました。私の周りには、一緒にこの場に立っているデニスのような素晴らしい役者がキャスティングされた、ドイツの素晴らしい俳優とともに出演し、私助けてくれました。決して一人ではできません。今回、こういうみなさんに囲まれて演技できてうれしいです。25年も母国を離れていたので、ドイツ映画には以前からでたかったのですが、作品に恵まれませんでした。このファティ監督があらわれるまでは。ドイツ語で演技することは、故郷に帰ってきたような気持ちです。


監督、ダイアンとの共演はいかがでしたか?

デニス:本当にすばらしかった。共演ができて光栄に思います。役者としてのダイアンは、私たちを助けてくれる存在でした。ダイア ンのカティヤの演技は奇跡的です。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ファティ・アキン監督のファンを公言する世界的なゲームクリエイター小島秀夫さんが、桜の花束を持ってお祝いに登場!

小島さんとダイアンは以前からお知り合いのようで。

ダイアン:ロスで初めて会いました。実は、小島さんが制作しているゲームに私のパートナー(ノーマン・リーダース)が出ていて、そ の予告編の上映に呼んでもらったんですが、素晴らしかった。このような伝説の二人(監督、小島さん)と一緒できて、光栄です。

映画の感想を

小島秀夫さん:監督のいろんな作品を見て来ましたが、本作は集大成だと思います。エンタメ要素もあるし、スリリングでもある。最高傑作だと思います。傑作ですので、何回もみてください!ダイアンの演技は憑依しているようで、素晴らしかった です。

ダイアン:本当に恐縮です。(小島さんには)作品を深く理解してくれて、感動しています。この映画はドイツの事情を描いています が、世界で上映をしていますが、日本の方も理解、感動してくれることは、とてもいいしるしだと思います。これからご覧になる皆様 も共感していただけると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ダイアン:さよなら!映画を楽しんでください! 監督:楽しむというタイプの作品ではないですが、楽しんください。何か刺さるものがあったら、友達、家族全員、そして犬にも口コミ してください!そして初日(4/14)に観に来てください

映画『女は二度決断する

4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

物語・・・

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが

犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。

突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


『女は二度決断する』ダイアン・クルーガーらが渋谷に降臨!!チケット3/15から発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ダイアン・クルーガーが主演。
ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

そして!公開に先立ち来日するダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が3/23(金)にヒューマントラストシネマ渋谷で行うプレミア上映に登壇することが決定しました!

ダイアン・クルーガーはニコラス・ケイジと共にやってきた『ナショナル・トレジャーリンカーン暗殺者の日記』以来11年ぶりの来日。
ファティ・アキン監督は『ソウル・キッチン』より8年ぶり、
デニス・モシットは公式の来日は初めて。

そしてもう一人、世界的ゲームクリエイターの小島秀夫さんがスペシャルゲストで登壇決定。

たびたび自身のSNSでファティ・アキン作品を絶賛しているファティ・アキン好きの小島さん。初対面となるこの機会に、いったいどんな熱い想いが飛び出すのか?!
プレミア上映のチケット発売はまもなく!この貴重な機会をお見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph 【イベント開催概要】

■日時 3月23日(金)
18:15開場 18:30舞台挨拶開始 19:00本編上映開始 20:46終映予定

■会場 ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター1
(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目23−16 ココチビル7・8F)

■登壇者(予定) ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 ゲスト:小島秀夫

■料金 2,000円均一

※各種招待、無料券の使用不可
※特別興行の為『女は二度決断する』特別鑑賞券の使用不可

■チケット販売について

●オンラインチケット販売 3月15日(木) 19:00~

https://ttcg.jp/human_shibuya/topics/2018/03101200_2543.html

●劇場窓口販売 3月16日(金) 9:00~

※オンライン販売で完売の場合、劇場窓口での販売はございません

映画情報どっとこむ ralph 女は二度決断する

2018 年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのハリウッド超大作やヨーロッパ作品にも出演する国際女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。監督は30代で世界三大映画祭の主要賞を受賞し、本作でゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞と快進撃を続ける名匠ファティ・アキン。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた本作。突然のテロにより最愛の家族を失った女性、彼女を嘲笑うかのような犯人、思うように進まぬ裁判…。深い絶望の中、やがて彼女はどんな決断を下すのか。その衝撃のラストは大きく胸を揺さぶり、世界中で議論が巻き起こっている。人間の強さ脆さ、切なさに共感し、心に突き刺さる傑作サスペンスである!

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


ファティ・アキン監督 最新作『女は二度決断する』公開日決定!ビジュアルと予告篇到着


映画情報どっとこむ ralph ドイツの名匠ファティ・アキン監督、最新作『女は二度決断する』が2018年4月14日より全国公開となります。

本作は、実際の事件を元に生まれた社会派サスペンスです。この度本作のビジュアルと予告篇が完成、公開日が決定しました。


突然、最愛の家族を奪われた女。

絶望の中、彼女くだす決断とは。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコ移民のヌーリと結婚し、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた。

ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。外国人同士の抗争を警察は疑うが、ドイツ人による人種差別テロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤがくだす決断とは。

本作は、ベルリン、カンヌ、ヴェネチアの世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞経験を持つ、ドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作。主人公カティヤを演じたダイアン・クルーガーは、ワールドワイドに活躍しており、本作で初めて母国語であるドイツ語で演じ、見事、カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した。

解禁されたビジュアルは、俯きながら歩く主人公カティヤ(ダイアン・クルーガー)が大きく映し出され、タイトルの「二度」「決断」という言葉が目を引く。そして「砕かれた愛、癒えぬ悲しみ。この魂が私を突き動かす。」という最愛の家族を失った女が、深い悲しみの中で行動を起こそうとする強い意思を感じさせる。
映画情報どっとこむ ralph 予告篇では幸せに暮らしていた家族が突然の悲劇に見舞われ、ひとり残されてしまった悲しみをこらえて真正面から事件に立ち向かうカティヤの姿が映し出される。ヒトラー崇拝の人種差別主義者が外国人を狙って起こした爆発事件は様々な要因から裁判は思うように進まない。
“Aus Dem Nichts”

苛立ちながら放つ「夫が生き残ってたらこんな茶番蹴散らすわ」という言葉の真意とは何か、先の気になるサスペンスフルな予告篇となっている。



最新作『女は二度決断する

2018年4/14(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町 新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール 2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH