「ピーター・ブルック」タグアーカイブ

フィクション?ノンフィクション??『テル・ミー・ライズ』冒頭映像&コメント 解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、演劇界の巨匠ピーター・ブルックの第3作にあたる長編映画作品『テル・ミー・ライズ(原題:Tell Me Lies)』が、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開の運びとなりました。
本作は、1968年に激化したベトナム戦争を痛烈に批判した本作は、その年のカンヌ映画祭に選出されるも、その後突然の取り下げにより、上映中止に。

しかし同年のヴェネツィア映画祭に選出され、審査員特別賞次点とルイス・ブニュエル審査員賞の2部門受賞。

しかし本作はアメリカやイギリスの一部の劇場でしか公開されず、しかも様々な妨害を受け、短期間しか上映されませんでした。その後、本編も紛失し長年、幻の作品とされてきましたが、2011年に本編が発見。そして50年の時を超えて、ついに日本でも劇場公開決定となった。

今回解禁となった冒頭映像は、包帯で全身を覆われたベトナム戦争で被害にあった赤ん坊の写真から始まり、軽快なリズムでありながら

“ベトナム戦争についての嘘を聞かせるがいい”

という痛烈な歌詞が印象的な歌を聴く事が出来る。
そして映像の最後には、戦争被害者の写真を見た男性が“これを見ても同じことを続けるってどういう神経だ?”というピーター・ブルックのベトナム戦争への想いを代弁しているかの様なセリフも収めれている。



映画情報どっとこむ ralph 同時に著名人のコメントが解禁。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
最初は驚く低予算感とビミョーなミュージカル部分にもかかわらず、歴史的価値満載の映画です。また詳細は違っても50年前に起きていたことはまさに今再び起きていて、それにどう向き合うべきかというヒントが特に最後の辺りに濃厚に出ています。


鳥越 俊太郎
ベトナム戦争中の1967年に作られ,一旦消滅したと思われた 映像の復刻版。英国人のベトナム戦争に対する複雑で屈折した思いが ミュージカル風に綴られる。衝撃の焼身自殺や銃殺処刑シーンは実写だろう。 今でもショッキングだ。


作家・ジャーナリスト 佐々木俊尚
行動、暴力、国際政治、抗議の焼身自殺、徴兵拒否…あらゆる面からベトナム戦争とどう向き合うのかを問い詰め、「目的は手段を浄化するのか」「私たちの当事者性とは」という21世紀に通じる主題へとつながっていく。この重いテーマをミュージカルと合体させ、エンタメとしても成立させているピーター・ブルックの手腕に戦慄。この傑作が甦ったことに心底感動した。


国際政治学研究者 三浦瑠麗
西洋社会の戦争としてのベトナム戦争。知識人の煩悶と混乱。この映画は過ぎ去ったあの時代を蘇らせる。70年代とは、西洋の時代の終わりの始まりであったのかもしれない、とそんなことを、トランプ時代に生きる私はふと思わされた。


バレエダンサー 首藤康之
この映画はピータ・ブルック哲学の原点を垣間見る思いがする貴重なメッセージフィルムだ。そして、なにより真実と向き合う勇気をもたせてくれる。


写真家 操上和美
夢のように戦争は炸裂する。そして、自分の中に眠る残虐性をゆり起す。

映画情報どっとこむ ralph 巨匠ピーター・ブルックが手掛けた“究極の反戦映画”『テル・ミー・ライズ』は、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて順次公開。

『テル・ミー・ライズ(原題:Tell Me Lies)』

8/25(土) シアター・イメージフォーラムにてロードショー

公式HP:
tellmelies.jp

ギンズバーグのビート・ジェネレーションとブラックパンサー、カウンター・カルチャー・ポップが交差する1968年のスウィンギング・ロンドンを舞台に、傷ついたベトナム人の子供の写真に慄いた3人のイギリス人の若者が、ベトナム戦争における暴力のスパイラルを理解し、自分たちの無力感を乗り越えようとする…歌、証言、大衆デモを通して、ピーター・ブルックは彼の作品の中でも最も重要な作品の一本を監督した。戦争の不条理に対する破壊的なアイロニーを含んだ風刺映画である。

***********************************

監督:ピーター・ブルック 出演:マーク・ジョーンズ ほか
1968年|イギリス|英語|DCP|ビスタサイズ|98分
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© Brook Productions 2012 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ピーター・ブルック新作「驚愕の谷」日本公演の舞台写真をUP!


11月1日(土)~30日(日)にわたり開催中の演劇×ダンス×美術×音楽…に出会う30日間「フェスティバル/トーキョー14」で上演されました、演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルック最新作「驚愕の谷」の舞台写真が解禁となりました!

ピーター・ブルック驚愕の谷037
「驚愕の谷」
The Valley of Astonishment

作・演出:ピーター・ブルック、MHエティエンヌ
出演:キャサリン・ハンター、マルチェロ・マーニ、ジャレッド・マクニール
音楽:ラファエル・シャンブーヴェ、土取利行
ピーター・ブルック驚愕の谷032
日本公演日程:2014年11月3日(月祝)~6日(木)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
撮影:松本和幸
(C)Kazuyuki Matsumoto
主催:フェスティバル/トーキョー
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html

ピーター・ブルック驚愕の谷054ピーター・ブルック驚愕の谷059
そして、映画のお話。

9月20日(土)より公開され11月もロングラン上映を続ける、演劇史に名を残す偉大な演出家、ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
本作でピーター・ブルックが語る言葉の数々は、単なる演劇論を超え、人生論として深く心に刺さります。

テーマは「基準を上げる」

絶賛順次上映中です!!是非!

公式HP:http://www.peterbrook.jp/index.html



フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

********************************************************************






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岩松了×光石研トークショー『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』大ヒット記念イベント



11月もロングラン上映を続ける、演劇史に名を残す偉大な演出家、ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

は、大ヒット御礼を記念し、劇作家・演出家・俳優の岩松了さん、俳優の光石研さんによるスペシャルトークショーが開催されました!

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク2
開場前から待機列が出来るほどの期待感に包まれた今回のトークショーでは、芝居を始めた時に先生にピーター・ブルック著「なにもない空間」を渡されたという演出家の岩松了さんと、現在公演中の岩松了さん演出の舞台「水の戯れ」に出演している俳優の光石研さんが登壇。

岩松さんは、本作を観た感想を尋ねられると

岩松さん:稽古風景で、しかも映像で撮っているから、すごい距離がある。映像は基本的に過去じゃないので、時間的にも距離がある。この映画を見ながら自分の稽古を客観的に見るとこんな感じかなと思った。芝居の稽古は客観的にみると“何この人たち”と感じると思う。ピーター・ブルック自身も映画の冒頭で「(撮られることに対して)違和感がある」と言っている。自分の稽古場にも関係ない人が見に来たらそう思うのかなと思いながら観ました。

と演出家ならではの視点から感想を語りました。

続いて、ピーター・ブルックが映画の中で語っている「役者とは非日常を日常にする作業だ」という言葉から、舞台の稽古という非日常をどのように日常にしていっているかと問われた光石研さんは次のように語りました。

光石さん:(舞台は)映画のセットと同じように演技をしてみると、お客さんがいることで全然違う。映画などの映像の場合は演じる際に見られているという意識がない。舞台の場合は、まず皆が観るという大前提がある。お客さんが観に来ていることを意識しつつも、舞台を360度使えるような意識で演じている。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク
次に岩松さんは演出家から見たピーター・ブルックの稽古のアプローチについて問われると、

岩松さん:芝居で役者のやるべきことはなんだろうと考えた時に、なにか表現することを方法論的に考えるという考え方もあれば、一方で“なにもしない”という考え方もある。なにもしないというのは、リアクションの問題だと思う。表現するというより、リアクションすると表現した方がいい。ピーター・ブルックはリアクションというよりは、何らかの仮想されたものに対してのアクションを考えてるような気がする。

ピーターはよくシェイクスピアを引き合いに出しますが、シェイクスピアの芝居は人を殺そうとする人は「私は人を殺す」というセリフで説明する。一方でチェーホフは、人はホントのことは言わないという前提に立っている。それはひとは見られるからだという立場に立っており、見られているから「殺す」とは言わない。

ピーター・ブルックにすごく共感するのは、「はじめに戻そう」としていること。最初の一歩目はどうなの、というところに注目してやっている。二十歳ぐらいの時に「なにもない空間」を読んで、未だに覚えているのは「主婦が料理をするレシピはすごくドラマチックなものなんだ」という表現。我々が生活をしている上で、なにを大切にするべきか、疎かににしてはいけないこと、演劇の始まりはどこなのかということ。演劇そのものは無条件にあるものではなく、生活の中で抽出したものだと気づかせてくれる。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
最後にピーター・ブルックも語る演じていて“なにかが降りてきた”瞬間について、

岩松さん:5年ぶりの舞台(水の戯れ)で、まだ3日しかやっておらず、まだなにも降りてきていない。ただ夢中にやっている。ただお客さんの目をぐっと感じると僕が突き動かされると感じる。今やっている舞台のラストは僕というよりも皆さん力で感情が動くことをすごく感じている。是非観て欲しい。

と語りました。

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



********************************************************************


岩松了プロフィール
(劇作家・演出家・俳優)
1952年3月26日生まれ 長崎県出身自由劇場、東京乾電池を経て、劇作家・演出家・俳優として幅広く活躍。東京乾電池在籍中に「蒲団と達磨』(89)で第33回岸田国士戯曲賞、「こわれゆく男」「鳩を飼う姉妹」(94)で第28回紀伊國屋演劇賞個人賞、「テレビ・デイズ」(98)で第49回読売文学賞を受賞するなど、演劇界の鬼才として名を馳せる。
97年には映画「東京日和」で第21回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
俳優としてもドラマ・映画・舞台で活躍。近年は映画監督としても活動している。
*今後の予定*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
2015年3月~『結びの庭』(本多劇場他)

光石研プロフィール
(俳優)
1961年9月26日生まれ、福岡県出身。『博多っ子純情』(78/曽根中生監督)で主役に抜擢されて俳優デビュー。以後、数多くの映画に出演し、今や日本映画界において欠かせない存在。
*今後の出演作品*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
12月20日~『バンクーバーの朝日』(石井裕也監督)

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ピーター・ブルック 人生のヒケツを教えあうワークショップレポート


参加者大満足!予定時間をオーバーする熱気のこもった3時間!

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

公開直前特別ワークショップイベントレポート。

公開直前特別ワークショップイベント
本作は、いよいよ今週末(9月20日)に公開となります。

より深く味わってもらいたいということで、人生のヒケツを教えあう『shAIR(シェア)』にて、公開直前企画としてピーター・ブルックの創造のプロセスを一端を体感できる特別ワークショップを開催致しました。

公開直前特別ワークショップイベントレポート
参加者の声をご紹介します。

・人それぞれ感覚は違うが、自分の感覚に集中することの面白さを最終的に感じた。表現する上では自分の感覚に自信を持つことが大切なのだと発見した。綱渡りのエクササイズはとても疲れたが、一瞬でここまで集中することが演技では大切だと感じた。

・綱渡りのエクササイズがとても面白かった。足の裏にこんなに集中することがなく、新しい感覚がとても面白かった。

・全然リアルでない綱渡りでも、自分の中でのイメージを再現しようとしている身体からはとてもおもしろいものが生まれる。やったことのないものへの集中力を常に持続できるようにしていきたい。

・自分が感じている感じ方と、人の感じ方が全く異なることを学んだ。人の感じ方に影響を受けるとまた変化が生まれるのが面白い。やろうとしてやらなくても、集中して感じると新しい動きが生まれるので、ダンスなどで新しいムーブメントを作る際の発見となった。

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



********************************************************************


フランス・イタリア/86分
英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト
提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

テーマは「基準を上げる」世界一受けたいお稽古


演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

が、ついに今週9月20日(土)より公開となります。


本作のテーマは「基準を上げる」。

本作でピーター・ブルックが語る言葉の数々は、単なる演劇論を超え、人生論として深く心に刺さります。



ピーター・ブルックの言葉は、各業界のスター、偉人達が語る言葉とも共通する「基準を上げる」エッセンスがちりばめられています。

予告編URL:

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



今回、本作でピーター・ブルックが語る「終わりは、終わりではない」をテーマに一流に共通する”基準を上げる”至言の一部をご紹介します。

終わりは、終わりではない -ピーター・ブルック

あまりに早く終わり方を決めてしまうと、人は「探求」をやめてしまう。
自分自身の可能性が失われてしまうのだ。大事なのは終わりには、終わりがないということ。

どうしたらもっと強くなれますか? -錦織圭

「圭の強さの源は、あの”探究心”です」。かつてチリッチ選手に敗戦したときに、 錦織選手が敵方のコーチであるボブ・ブレッドのところへ来て「どうしたらもっと強くなれますか?」と教えを乞いにきた。


成績は出ているから今の自分でいいんだ -イチロー

成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。


********************************************************************


フランス・イタリア/86分/英語・フランス語
日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「ピーター・ブルック」 前売り券付き演劇ワークショップを開催!


演劇のワークショップに映画のチケットがつくという企画!決定!


演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

は、9月20日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開となりますが・・・


公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html

今回、『shAIR(シェア)』にてピーター・ブルックの創造のプロセスを実感できるような演劇のワークショップを開催が決定です。

映画を観るだけでも、様々なことを体験できる本作ですが、さらにより深く、ピーター・ブルックの創造のプロセスを実感できるような演劇のワークショップが企画されました。

自分では心を開いて、感覚を研ぎ澄ませて生活しているつもりでも、日常生活の中で知らず知らずの内に感覚が少しずつ閉じていき、感じる力が弱くなっていると感じる人も、このワークショップに参加していただくことで、本来の自分のクリエィティビティを再発見することができる内容となっているそうです。

講師は、インプロ(即興劇)のワークショップを10年以上おこなっている専門家が担当し、この企画のためだけに考案されたオリジナルワークショップです。 shAIR URL: https://www.shair.co.jp/oa_cmn/show/oa_table/c/c01/569.html

ワークショップ概要
日時:9月17日(水)19:30~22:00
場所:新宿ノアスタジオ3F
料金:ワークショップ代 3,800円
(映画の前売り券込み)
定員:16名

ワークショップ内容
2時間半で5~7つのワークショップを予定
感覚を呼び起こすエクササイス
なにもない空間に実感をうみだすエクササイズ
タイトロープ(綱渡り)にチャレンジしてみよう

ワークショップへの参加受付は9月6日(土)10:00よりスタートいたします。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
********************************************************************


フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト
提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

あなたのクリエイティブの教科書は?インタビュー


9/20(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー決定の

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

日本公開記念企画として、 アーティストやクリエイターなど、日々創作に携わる人達を中心に、「あなたのクリエイティブの教科書を教えてください!」というテーマで、ミニインタビュー特集を実施されます。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
様々なジャンルで活躍するクリエイター達が、どんなものに出会い、影響を受けて、表現することに向き合っているのでしょうか。

普段あまり語られることのないであろう、ど直球の質問にどんな答えが返ってくるのでしょうか。
きっとあなたのイマジネーションを刺激する情報が満載のインタビュー特集を実施いたします。

第1回は、「日本一深い海に潜る男」、プロフリーダイバーの篠宮龍三さん。
篠宮龍三 今後は、
演出家の岩松了さん、
俳優・光石研さん、
人気OKブロガー・はあちゅうさん、
コレオグラファー・梨本威温さん、
プロタップダンサー・Lilyさん、
ミュージシャン・SOUR Soheiさん、
カメラマン・沼田学さん、
音楽プロデューサー・山口哲一さん

ら、第一線のクリエイターたちが次々と登場します。

インタビュー掲載場所は、クリエイターとユーザーをつなぐことができる、 まったく新しいタイプのウェブサービス「note」内の下記URLをチェックしてください。

note URL:https://note.mu/pbokeiko

2012年、ベネチア映画祭アウト・オブ・コンペティション部門でも好評だった本作。観る者を単なるワークショップを超えた哲学的体験に導く、演劇人ならずとも必見の映像

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』
9/20(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー決定
9/20(土)〜26(金) 11:15/13:15 9/27(土)〜 11:15/21:15
※9/27(土)TOHOシネマズ梅田/TOHOシネマズ西宮ほか、全国順次公開

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



配給:ピクチャーズデプト
提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012

********************************************************************

 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ