「ピーター・ファレリー」タグアーカイブ

『グリーンブック』SP映像解禁!&ファレリー監督来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル&コメディ部門)を含む今年度最多の3部門を受賞し、アカデミー賞で作品賞を含む5部門でのノミネートが発表され、賞レースを席巻している『グリーンブック』。

今、最もオスカーに近いと注目の『グリーンブック』について、出演者、スタッフが語るスペシャル映像が解禁!


本映像では主人公トニー・リップの息子でありプロデューサー・脚本を手がけたニック・バレロンガが、「父についてなら15本くらい映画が作れる」というほどの数々のエピソードの中から特に心に残った、黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリーとのコンサートツアーについて映画化を決めたと、本作の経緯を説明。

そして本映像には、プロデューサーの一人であり、自身も“名作にこの人あり!”と名高いオスカー女優、オクタビア・スペンサーも登場し、「二人が旅を通して互いを知っていく、心温まる物語」と、本作の完成度に太鼓判を押している。トニーを演じたヴィゴ・モーテンセンは、実際のトニーに会ったことは無いものの、手紙や資料などから「ボビー・ダーリンやフランク・シナトラなど、すごい人たちとすぐに友達になる」人物だったと語る。

また、ピーター・ファレリー監督は、実際のトニーが書いた手紙と、ニックが父の話を録音したテープを元に作品を作り上げたことを明かしている。

映画情報どっとこむ ralph そんなファレリー監督が、アカデミー賞授賞式、そして日本公開直後に初来日し、3月3日に劇場での舞台挨拶に登壇することが決定!

グリーンブック

は3月1日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

公式サイト:
gaga.ne.jp/greenbook


誰も予想していなかったトロント国際映画祭で観客賞を受賞してから数々の賞レースを受賞し、遂にはアカデミー賞作品賞受賞に王手をかけるまでの作品となった『グリーンブック』。

ファレリー兄弟として『メリーに首ったけ』、『愛しのローズマリー』など下ネタやギリギリのブラックジョーク満載のコメディ映画を世に送り出してきたピーター・ファレリー監督が初めて手掛けるドラマ作品は、「イタリア系白人と黒人ピアニストによる、強い差別の残る南部への旅」という深刻なテーマを、爽やかな笑いを含む映画として作り上げた。

1962年の差別が色濃い時代、黒人用旅行ガイドブック<グリーンブック>を頼りにツアーへ旅立った、ガサツで無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)とインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。異なる世界に住むおじさん2人の壮大なズレに笑いつつも、胸を熱くし、最後には爽快な感動を呼ぶ実話に基づくヒューマンドラマ


***********************************


監督:ピーター・ファレリー
出演:
ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ
提供:ギャガ、カルチャア・パブリッシャーズ
配給:GAGA
原題:GREEN BOOK/2018年/アメリカ
上映時間:130分
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
   
 


綾戸智恵サロンコンサート&『グリーンブック』トークイベントレポ!演奏映像もどうぞ!


映画情報どっとこむ ralph 差別が色濃い時代、黒人用旅行ガイドブック<グリーンブック>を頼りにツアーへ旅立った、ガサツで無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)とインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。

異なる世界に住むふたりの壮大なズレに笑い、気づけば互いを理解しあっていく様子に胸を熱くなり、最後には爽快な感動を呼ぶ、実話に基づくヒューマンドラマ『グリーンブック』です。

本作の魅力の一つは、なんといってもドクター・シャーリーが奏でるピアノ演奏。
ジャズ、ポピュラーミュージック、クラシックなど様々なジャンルの音楽は、トニーとドクターの平たんではない旅を彩り、観る人の感動を誘う重要なシンボルです。

と言うことで、本日2月13日(水)、それらの珠玉の楽曲を綾戸智恵が演奏する“サロンコンサート&トークイベント”を行いました。

『グリーンブック』公開記念 綾戸智恵サロンコンサート&トークイベント
日時:2月13日(水)
場所:スタインウェイ&サンズ東京
登壇:綾戸智恵
演奏楽曲:「WATER BOY」「HAPPY TALK」「ONE MORE FOR THE ROAD」ほか

映画情報どっとこむ ralph ドクター・シャーリーはアメリカの高級ピアノ、スタインウェイのアーティストであり、劇中でもトニーに「会場についたらピアノがスタインウェイか確認すること」と真っ先に依頼しています。

このことから、本イベントは“スタインウェイ&サンズ東京”にて開催。

長年多くの名アーティストに支持されてきたスタインウェイピアノで綾戸さんが演奏するという贅沢な企画。
登場した綾戸さんは40年前のNYで腰を痛め、カーネギーホールの上のアパートメントに住む鍼灸師を訪れた際、隣から聞こえてきたピアノが実はドクター・シャーリーの練習中の音だったという、とっておきの秘話を明かしてくれました。

綾戸さん:その時に聞こえてきたのはこんな音楽です。

と流れるようにドクターが作曲した『WATER BOY』を演奏。

会場からは大きな拍手が巻き起こった。

綾戸さんは小学1年生の時のピアノ発表会で、客席からの拍手をもらうために『エリーゼのために』にアレンジを加えて演奏したところ、先生からの「ジャズじゃないんだから!」と叱られた言葉でジャズと出会った、というエピソードを披露。
クラシックを目指していたが、黒人だからという理由でジャズやポップスを弾かざるを得なかったドクターと、入口と出口は逆だが自分もドクターも異端児という共通点がある、と客席の笑いを誘う。続いて劇中でも重要なシーンで流れる『ONE MORE FOR THE ROAD』、『HAPPY TALK』を様々なバージョンで演奏し、ピアノでドクターやトニーの感情を説明するという、綾戸さんならではの方法で映画のストーリーを説明。そして、当時としては珍しい“インテリで裕福だけれども黒人”ということでどちらのコミュニティにも属しきれず「黒人でもなく、白人でもない自分は一体なんなのか」という葛藤を抱えるドクター。「本当はクラシックを演奏したい彼が、トニーに「ドビッシューやショパンが弾きたい」と打ち明けた時に、「君の音楽は君がやればいい」という答えがドクターの大事な芯に触れた。黒人だから夢が叶わないと思っていたドクターにとって、その言葉がトニーとドクターの人種も性別も超える友情のきっかけになったんです」と、実在のトニー・リップとドクター・シャーリーの生涯続いた友情について分析した。

映画情報どっとこむ ralph そして再度、コンサートでは常にイントロで拍手が起きたというドクターの名曲『WATER BOY』を演奏。

最後に・・・

綾戸さん:最近のアカデミー賞作品は人種だけでなくLGBTとか色々と、“自分と違う人を認めよう”という傾向があるように思います。『グリーンブック』はそれを、ただ上から教える映画ではなく、コメディにした。人生を慈しむという、年齢を重ねたから、経験を積んだからできる技。中でも一番よくできてるのは、ふわっと人種問題を入れたこと。どんな人でも観られる映画を作ったこと。これからピアノを勉強する子供にも、おっちゃんにもおばちゃんにも、広く、深く心に響く、涙も笑いもある映画。老若男女、世界中の人に観てほしいです。

と絶賛のコメントで締めました。『HAPPY TALK』演奏風景も届いています。



映画情報どっとこむ ralph グリーンブック
原題:GREEN BOOK

公式サイト:
gaga.ne.jp/greenbook

あらすじ・・・
1962年、差別が色濃く残る南部でコンサートツアーを計画する黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)を用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが・・・。

***********************************

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』
出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞) 
リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:GAGA  /2018年/アメリカ/130分
字幕翻訳:戸田奈津子

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.


映画『グリーンブック』ゴールデン・グローブ賞3部門受賞!


映画情報どっとこむ ralph 映画『グリーンブック』が、また新たな快挙!

米国時間1月6日(日)に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞で3部門を受賞。3部門での受賞は本年のゴールデン・グローブ賞での最多部門の受賞となりました!

第76回ゴールデン・グローブ賞3部門受賞!
★作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
★助演男優賞:マハーシャラ・アリ
★脚本賞:ニック・バレロンガ、ブライアン・カーリー、ピーター・ファレリー

(ノミネートのみ):
監督賞:(ピーター・ファレリー)主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門):ヴィゴ・モーテンセン)

映画情報どっとこむ ralph 受賞時のコメント
●作品賞:ピーター・ファレリー
本当に本当にありがとう。HFPA(ハリウッド外国人記者協会)ありがとう。映画をつくりはじめたときこんなこと夢にも思いませんでした。
妻のミランダ僕に起こった最高のことだ。子供のボブとアップルも混ざって登壇しています、最高です。プロデューサーピットのみなさん、この映画を立ち上げたひとたち。感謝の意をみなさんに捧げます。ユニバーサル、ドリームワークス、フォーカス、テッド・バーチューそして、(製作総指揮の)オクタヴィア・スペンサー、美しいだけでなく、優しくて、知的でこの映画にとって彼女がいたことは幸運だった。(制作の)チャーリー・ウェスラー、ジム・バークも。それからヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリ彼らなしではつくれなかった。リンダ・カーデリーニ、素晴らしい。映画の心と魂だ。撮影のジョン・ポーター、音楽のクリス・バウアー。トーニー・パーカーいるか?みんなありがとう!
この作品はドン・シャーリーとトニー・リップバレロンガの旅(終わりの音楽がなり)消して、やめてくれ、話させてくれ。もういいや。
ドン・シャーリーとトニー・リップが差別の残る1960年代に旅をする物語です。ドン・シャーリーは素晴らしい人だが、評価されない天才でした。演奏したい音楽を肌色が理由で演奏できなかった。彼は自分で音楽のジャンルをつくりだし、今も聞かれる素晴らしい音楽をつくりだしました。トニー・バレロンガはイタリア系の移民でブロンクス出身で、他者を受け入れない文化で育った。ドン・シャーリーとの旅で世代を超えて続く友情を育みました。この物語を初めて聞いたとき、希望を覚えました。その希望をみなさんと共有したいのです。なぜならわれわれはいまだにむしろ以前よりも分断された世界で生きています。そのための映画なのです。みんなの映画です。トニー・バレロンガとドン・シャーリーが協調できたなら我々みんなできるはず。話して、違いで偏見を持たないで共通のことを探すだけでいい。たくさんあるはずです。みんな欲しいのは一緒。愛、幸福、平等に扱われること。そんなに難しくないはず。ありがとう。

●助演男優賞受賞:マハーシャラ・アリ 受賞スピーチ
皆さん、ありがとうございます。グリーンブックの仲間にも感謝申し上げます。
ご存じのとおり、ドクター・シャーリーは素晴らしい方です。彼の情熱、才能、尊厳が彼を築き上げ、それが僕を後押ししてくれたことに感謝いたしますピーター・ファレリー監督、このような機会をくれてありがとうございます。一緒に仕事ができて心から感謝申し上げます。
あなたは、本当に辛抱強いですよね、というのも、僕とヴィゴ双方から深夜2時とかにメールが飛び交っても受け入れ、僕たちを導いてくれた。ヴィゴ、君も最高の共演者だよ、僕を毎日励ましてくれた。一日も休まずにね。そう、撮休ですら。本当に感謝するよ。大好きだ。
リンダ、少ししか過ごすことができなかったけど、あなたと仕事ができたことは素晴らしい経験だ。あなたはまさに本作の核、本当に美しい人だ。ユニバーサル、ジョナサン・キング、パーティシエント、ジム・ブリューク、ニック・バレロンガ、ブライアン・キャリー、みんなありがとう。ここにいれて最高だ。最後に、僕の妻、母、祖母にありがとう。

●脚本賞:ニック・バレロンガ受賞スピーチ
脚本家たちはキッチンにいたので登壇遅くなりすみません。HFPA(ハリウッド外国人記者協会)ありがとうございます。大変光栄です。一緒に執筆したブライアン・カーリー、ピーター・ファレリーもありがとう。プロデューサー陣、チャーリー・ウェスラーとジム・バークも。素晴らしいスタッフとキャストでした、リンダ・カーデリーニ、彼女をみることもできないです。母を演じてくれて彼女をみるだけで泣いてしまいそうで。天才のマハーシャラ・アリ。かつてない天才が天才を演じました。ヴィゴ・モーテンセンが父を演じてくれた。どれだけ感謝してるか言い表せない。全て彼のおかげです。家族や友人が助けてくれました。映画に登場した母、父、ドナルド・シャーリー。感謝してもしたりないです。本当に胸がいっぱいです。ありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『グリーンブック

公式サイト:
gaga.ne.jp/greenbook

3月1日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

あらすじ・・・
1962年、差別が色濃く残る南部でコンサートツアーを計画する黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが・・・。


***********************************

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』
出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞)
リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
提供:ギャガ、カルチャア・パブリッシャーズ
配給:GAGA  原題:GREEN BOOK/2018年/アメリカ/130分
字幕翻訳:戸田奈津子

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.


映画『グリーンブック』第76回ゴールデン・グローブ賞で5部門にノミネート!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞の行方を占うトロント国際映画祭で<観客賞>、世界最古の映画団体によるナショナル・ボード・オブ・プレビューで作品賞を受賞した話題の映画『グリーンブック』が、米国時間12月6日(木)に発表された第76回ゴールデン・グローブ賞で下記、5部門にノミネート!賞レースを疾走中です!

第76回ゴールデン・グローブ賞 5部門ノミネート!
★作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
★監督賞:ピーター・ファレリー
★主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門):ヴィゴ・モーテンセン
★助演男優賞:マハーシャラ・アリ
★脚本賞:ニック・バレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー
Viggo Mortensen stars as “Tony Lip” and Mahershala Ali as “Don Shirley” in GREEN BOOK.

差別が色濃い時代、黒人用旅行ガイドブック<グリーンブック>を頼りにツアーへ旅立った、粗野で無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)とインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。異なる世界に住むふたりの壮大なズレに笑い、胸を熱くするツアーの本当の目的に爽快な感動を呼ぶ実話に基づくヒューマンドラマです。

これまで2008年に『イースタン・プロミス』、2017年に『はじまりへの旅』で2度、同賞主演男優賞にノミネートされるも受賞には至らなかったヴィゴ・モーテンセン。ピーター・ファレリー監督は、弟ボビーと共に監督を務めた1999年の『メリーに首ったけ』の作品賞候補以来、約20年ぶりのノミネート。受賞を果たせば、単独監督で初の監督賞/作品賞受賞となります。2017年に『ムーンライト』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリも、ゴールデン・グローブ賞ではノミネートに止まっています。気になる第76回ゴールデン・グローブ賞は米国時間2019年1月6日(日)(現地時間)に発表となります。ピーター・ファレリー監督、そしてヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリにとって「初のゴールデン・グローブ賞受賞」となるのか!?ぜひ、ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『グリーンブック
2019年3月1日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

あらすじ・・・
1962年、差別が色濃く残る南部でコンサートツアーを計画する黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが・・・。

***********************************

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』
出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞)
リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
提供:ギャガ、カルチャア・パブリッシャーズ
配給:GAGA
原題:GREEN BOOK/2018年/アメリカ/130分
字幕翻訳:戸田奈津子
公式サイト:gaga.ne.jp/greenbook
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.


ピーター・ファレリー監督『グリーン・ブック』が第43回トロント国際映画祭で最高賞<観客賞>受賞


ピーター・ファレリー監督『グリーン・ブック』が第43回トロント国際映画祭で最高賞<観客賞>受賞

映画情報どっとこむ ralph これまで『愛しのローズマリー』『メリーに首ったけ』等数々のコメディ映画を送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督が、二人の名優ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリを迎え贈るヒューマンドラマ『グリーン・ブック』(原題)がこのたび第43回トロント国際映画祭(9月6日~16日まで開催)で見事最高賞である<観客賞>を受賞しました。

Viggo Mortensen stars as “Tony Lip” and Mahershala Ali as “Don Shirley” in GREEN BOOK.

本映画祭は北米最大規模の来場者数を誇る映画祭で、一般の観客の投票により決定する観客賞が最高賞となります。受賞についてピーター・ファレリー監督は「作品が受け入れられた反応に感動していたら、更に受賞できるとは信じられません。映画祭に感謝します。出品されただけでも光栄だったのに、このような賞を頂けるなんて、どんな夢も超えています。トロント映画祭の観客が世界一だとういう理由が分かりました。キャスト、スタッフ、そして共同脚本家たちを代表して感謝します」と喜びのコメントを寄せました。

近年同賞を受賞しているのは2017年『スリー・ビルボード』、2016年『ラ・ラ・ランド』、2015年『ルーム』、2014年『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などすべてアカデミー賞も主要部門を受賞しており、アカデミー賞前哨戦の一つとしても本受賞作には期待が高まります。このたびの受賞を受けて『グリーン・ブック』(原題)も本年度の賞レースに一気に躍り出ました!

日本の公開は2019年3月に決定しています。
グリーン・ブック

あらすじ
1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト、ドン・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが・・・。

***********************************

出演:
ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)

マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞)

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.